政府がデジタル・ガバメント実行計画を決定、法人設立手続きの電子化など盛り込む(ニュース)

 政府は2018年1月16日、電子行政の関係閣僚で構成する「eガバメント閣僚会議」を開き、法人設立や自動車保有、外国人の在留資格手続きのオンライン化やワンストップサービスの実現を盛り込んだ5カ年の「デジタル・ガバメント実行計画」を決定した。
Posted in 未分類

工場内のウイルス感染を可視化・検知して自動復旧、萩原電気がシステム販売 | IT Leaders

萩原電気は2018年1月15日、製造業向けに工場内の脅威を可視化するシステム「In-Line Security Monitor」を発表した。2018年4月から提供する。萩原電気、トレンドマイクロ、アラクサラネットワークスの3社が共同で開発した。ライセンス価格(税別)は、初年度が90万円から(構築費用は含まない)で、次年度以降が年額30万円から。

大石哲之:ビットコイン最新の見通し(1月16日)

以下は、フィスコ客員アナリストの大石哲之(「ビットコイン研究所)」代表、ツイッター@bigstonebtc)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

 中国につづき、仮想通貨取引所の全面禁止となるかといわれた韓国の動向だが、結局取引所への本人確認の実施、未成年の取引の禁止など、常識的な内容で収まったようだ。これらの本人確認は、どの国の取引所でもすでに行われていることであり、いままで行ってこなかったということが問題な上、一時取引の全面禁止を掲げてその後すぐに撤回するなど、非常にいきあたりばったりな規制当局も残念である。

韓国は取引高も多く仮想通貨市場に影響力を持つレベルになっており、今回の規制関連のニュースは実際にビットコイン価格に大きな影響を与えたことなどから、とりわけ残念に思える。

さて、先週は、これまで実態のなかったフォークコインがいくつか実際に動き始めた。先週はビットコイン・ダイヤモンドが実際に稼働して送金が可能になり、そのニュースをうけて、仮想通貨取引所Binanceで一時5倍超に値上がりするなど、投資家の思惑が交差している。その他、スーパービットコインも実際に送金ができるようになるなどの動向があった。

ただし、実際にこれらのコインを取り出すことは一般のユーザーの技術では難しく、現時点では実用というより、思惑を利用した取引所内での売買が主流となっている。

ビットコインに関しては、先週、Bitcoin Coreのクライアントのウォレットに、Segwitのアドレス生成や、署名、送金などの基本機能のプログラムがマージされた。正式版のリリースはもう少し後になろうが、これがリリースされると各サービスのSegwit対応が早まることになると思われる。

Segwitとは、ビットコインの機能向上のために昨年適用された技術だが、実際にSegwitへ対応することは技術的なハードルが高く、独自にこれを実装することができるのは技術力の高い一部の企業に限られる。Segwitの採用によって、ビットコインの取引手数料の低下といった効果が期待できる。また、現状ビットコインは10分で取引が完了せず長時間待つこととなる取引数の増加が問題となっているが、この未送信取引数の減少という効果も期待できる。

ビットコイン関連サービスの多くが、自社バックエンドの仕組みとしてBitcoin Coreを利用しているが、現時点ではSegwitのウォレットサービスがないため、独自の改造が必要な状態である。今後これがSegwit対応となれば、改造を要さずに自社の仕組みに組み込むことができるため、Segwitの普及が進むだろう。

ビットコインの取引処理能力向上のための改良策として、現在Lightning Networkという技術の開発が進められており、期待を集めている。このLightning Networkの実装にはSegwitの実装が前提条件として必要であることもあり、Segwitの対応が広がることはビットコインにとってプラスの材料となる。

※2018年1月16日12時に執筆
執筆者名:大石哲之
ブログ名:ビットコイン研究所

Posted in 未分類

信濃毎日新聞社と富士通がAI記事要約システム、ケーブル向け配信で4月導入(ニュース)

 信濃毎日新聞と富士通は2018年1月15日、富士通のAI技術を活用した記事要約の実証実験を実施、様々なメディア配信に活用できる自動記事要約システムを実現したと発表した。信濃毎日新聞は同システムをケーブルテレビ向けのニュース配信サービスに導入し、2018年4月に本格的な運用を開始する。
Posted in 未分類

週間ビットコイン相場 2018/1/10 − 16 下降トレンドが継続中、一方足場固めが進む

ビットコインは昨年の12月7日に最高値1BTC=240万円に到達した後、下降トレンドに入り最近の1ヶ月間は徐々に価格を下げる展開が続いています。一方、価格は150万のサポートラインを試す場面が何度かみられましたが、このラインを割らずに現在は171万円ほどで推移しています。それでは、今週のビットコインの相場を振り返ります。

bitbank.ccのBTC/JPYチャート

中国のマイニング業務の規制(1月10日)

中国政府の公式発表などはなく事実確認は取れていないものの、The Wallstreet Journalの報道によると中国当局がビットコインのマイニング事業の操業停止を求めているとのこと。これを受け市場では、ハッシュレートの低下などが懸念材料となりビットコインの価格は10%ほど下落しました。時を同じくして、ビットコインのマイニング機器の製造・販売をする中国のマイニング事業大手Bitmainが、スイスとカナダに新たなマイニング施設の建設を計画しているとのニュースもあります。

今後も、中国のマイナー事情の変化が価格に影響を及ぼす可能性は高いです。しかし、以下のdata.bitcoinity.orgのチャートを参照すると、ハッシュレートの大きな低下は現時点ではみられません。マイナーは、ビットコインの取引をブロックチェーンに取り込む作業を行う重要な存在です。一方で、機器と電力さえあれば世界中どこでも作業は可能なため、中国がマイニング事業を操業停止させたとしても、ビットコインのネットワークへの影響は限定的なものだと考えられます。

韓国の取引所規制(1月11日)

韓国には、世界最大の取引量を誇るBithumbをはじめとする仮想通貨取引所がある一方、規制などの法整備が進んでいません。顧客の本人確認などのKYC(Know Your Costomer)に関するコンプライアンスも存在していない状態でした。仮想通貨に対する規制の立案作業が進んでいるとの情報は昨年から度々報じられてきましたが、11日に突如として取引所の全面閉鎖のニュースが市場に伝わると価格は大きく下落しました。

韓国では仮想通貨の取引が大人気で、最近の調査では30%のサラリーマンが仮想通貨の取引を行っているとのデータもあります。また取引所閉鎖のニュースの後、閉鎖しようとする政府の規制に対する抗議活動もみられました。韓国政府は15日、改めて規制に関して声明を発表し取引所を直ちに閉鎖することはないとしました。現在、仮想通貨市場には資金が次々に流入している状態が継続しており、多くのトレーダーが利益を出しています。市民が利益を出している間は、中国などの共産主義国家でない限り世論を無視した取引所の完全閉鎖などの規制は難しいのではないでしょうか。

今後、市場が暴落し多くのトレーダーが大きな損失を計上するなどの状況が起きた場合に初めて政府は強力な規制に踏み切ると思われます。当面の規制は、KYCを強化し匿名アカウントの取引停止などの措置に収まるとみられており、健全な市場の形成を目指すようです。

ネガティブなニュースの裏で価格の下落は限定的

今週は、中国と韓国の規制がきっかけとなりビットコインの価格は下落しました。7日までの数日間は、価格が上昇しており205万円ほどまで回復していた場面で、2つの規制のニュースにより更なる価格上昇の腰を折られた形となってしまいました。一方、ここ1ヶ月間のレジスタンスラインだった150万円の価格帯まで下落することはなく160万円付近で下げ止まりました。大きなネガティブなニュースが続いたものの底堅さをみせたのではないでしょうか。今後の価格の上昇が十分期待できる一つの指標になっています。

モナーコインが小反発

bitbank.ccのMONA/JPYチャート

モナコインは、12月6日に1MONA=2200円の最高値を記録したものの、その後価格は下落を続け現在は940円付近で推移しています。元々投機的な動きで価格が上昇していたため、この下落は仕方のない価格調整だったのではないでしょうか。最高値から約60%ほど価格を下げている一方、1MONA=900円の辺りにサポートラインが存在するため、今が短期的な底値付近の可能性があります。モナーコインは、日本国内でコミュニティが広がりつつある日本発の仮想通貨で、今後の価格上昇の期待値は高いです。

NEC、産業制御システム向けにセキュリティアセスメントサービスを提供 | IT Leaders

NECは2018年1月15日、電力、ガス、水道、交通などの社会インフラや製造業などの工場における産業制御システムに向けたセキュリティアセスメントサービス「OT(Operation Technology)セキュリティ・アセスメントサービス」を発表、同日販売を開始した。価格は個別見積もり。米GEのデジタル事業部門である米GE Digitalとの提携による。

まえまえからウエアラブルの本命だと思ってるんですけど。。。

http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1801/15/news128.html

 

やっぱりこれでしょうね。

誰でもすぐにベルトを買えばウエアラブル。しかもフル機能が使える。単独で電話もできる。しかもいろいろなデザインが選べる。世の中に数億台以上あるのですぐにウエアラブルのカテゴリーとしてはトップシェアなんだけど。

Amazon S3をエクスプローラUIで操作するソフト、ロジックファクトリーが提供 | IT Leaders

ロジックファクトリーは2018年1月15日、Amazon S3互換のオブジェクトストレージを一括管理するソフト「firedrive」について、新たにWindows版を発表し、同日提供を開始した。従来はmac版しかなかったが、Windows版を追加した。価格は、記事執筆現在は無料で、ダウンロードして利用できる。

AIで「ビジネスマッチングサービス」を高度化――山口FGと山口銀行、日立が実証実験へ

山口フィナンシャルグループ(山口FG)と山口銀行は、日立製作所の「Hitachi AI Technology/H」を用いて、顧客企業のビジネスパートナーをマッチングするサービスの実証実験を行う。事業データと企業信用調査データを分析することで、マッチングの精度向上を目指す。

Posted in 未分類

INSエコシステム:3つの取引所に上場、トークン価格はセール時を大きく上回る

食料品メーカーと消費者を直接繋げることによって、小売業者の支配に打ち勝つことを目的とするINSは世界初のグローバル食料品分散型エコシステムである。

昨年末にINSトークンのセールを行い、目標額を達成したプロジェクトはトークンのリリースと共に3つの取引所に上場した。

coinmarketcap.com

トークン価格はセール時を大きく上回っている。上場取引所はBinanceEtherDeltaKucoinだ。

INSエコシステムの公式サイトはこちら

仮想通貨の禁止騒動は韓国を分断する?

 韓国では、テクノロジーに精通した若い世代を中心に仮想通貨が普及している。一方で、当局は取引の完全禁止を提案するまでに至った。仮想通貨をよりよい生活のための手段として見る世代と、投機的と見なす当局とで分断されているのである。

朴相基法務長官は11日、当局は仮想通貨取引を禁止する法律を準備していると述べ、これが国際的な仮想通貨価格の下落と仮想通貨市場の混乱を招いた。12日には、大統領府である青瓦台のホームページ宛に12万以上の反対署名が集まり、一時的にサイトがダウンする事態となった。こうした騒動を受け大統領からは「禁止案は確定事項ではない」だとのコメントがなされた。

こうした韓国政府の「手早く稼ぐ」システムへの懸念は、過去の影響によるものが大きいとの見方もあるようだ。米投資ファンドのローンスターは2003年に韓国外換銀行(KEB)を1兆3000億ウォンで買収、経営立て直しによる黒字化達成後、2012年に3兆9000億ウォンで売却した。これに対して韓国当局は株価操作などの疑いで同社を起訴した。この一件が韓国の資金が外国企業に流入することへの懸念を高めたとするほか、海外起源の市場に政府が注意するようになった要因の一つだとされている。

規制強化の動きを強めている韓国政府だが、いくつか考慮すべき点もあるようだ。一部ウェブサイトのデータによると、韓国のビットコイン取引量は全体の約15%にも及び、政府がどのような対策をとるかが大きな影響を及ぼす可能性が高い。規制により価格が急落し、資金を失う人々が増えれば、政府の責任を追及する人々が出るとする意見もある。

韓国での規制強化の動きは仮想通貨価格に大きな影響を及ぼしている。一方で、情報が二転三転している側面もあり、慎重に情報を見極めていく必要がありそうだ。

《DM》

Posted in 未分類

最近こういう人が増えていますね。

スマホを2台持っている人も増えてますね。

なんでも検索する人が増えました。

スマホでは、SNSをメインに使っている人多いですよね。

後はスマホゲームですね。

SIMフリーのスマホを使う人も増えましたね。

データSIMの活用も相当増えてます。

音声電話を使わない人も増えましたね。

今までのメールソフトを使わない人も増えました。

営業なら昔は普通にパソコン持ってましたが、最近はほとんどスマホで済ます人が増えましたね。

今までのテレビを見ない人も増えましたね。

週刊誌も新聞も買わなくなりました。

本はもっと買わないですね。

若い人でパソコンを使えない人もいますね。

まだまだあるだろうね。こんなのが。。。。

インドネシア中央銀行、仮想通貨取引を控えるよう警告

 インドネシア中央銀行は13日、インドネシア国内では仮想通貨の売買や取引を認めないとする声明を発表した。今回の声明は政府による正式な禁止を示すものではないが、仮想通貨に関連する全ての活動に対して警告している。

インドネシアでは2017年10月、国内に拠点を置く「BitBayar」と「TokoBitcoin」の2つの取引所が自主的に閉鎖していた。仮想通貨規制を強める他国と同様、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用されることを懸念しているようだ。

既に仮想通貨の取引を禁止している中国や、仮想通貨規制の強化が何度か報じられている韓国のほか、アルジェリアなどでも仮想通貨を規制する動きが強まっている。取引量の多い韓国の動きは、ビットコインなどの値動きにも大きな影響を与えていることもあり、規制強化による影響を慎重に見極めていきたいところだ。

《DM》

Posted in 未分類

Mysterium Network:Bittrexでの上場廃止で暴落中

最近クローズドプレアルファをアナウンスし、独自通貨が高騰していたMysterium Networkだが、Bittrexからの上場廃止アナウンスが行われ暴落している。

上場廃止は1月26日より行われる予定となっている。理由としてはBittrexの上場ポリシーがプロダクトを実装したプロジェクトでないといけないというものだ。分散型VPNを構築するためには時間が必要であり、Mysterium チームはBittrexとの交渉を続けているようだ。

Mysteriumは誰もが安全かつプライベートなインターネットに接続できるように分散型ヴァーチャルプライベートネットワーク(VPN)を構築する。このシステムはまた、余分な帯域幅をネットワークに共有するユーザーが報酬としてデジタル通貨を獲得できるように設計されている。

Mysterium Networkの公式サイトはこちら

参考元
medium.com

“老舗ベンチャー”ゑびや大食堂が「的中率9割」のAI事業予測をサービス化!ITビジネスに参入決断した「その理由」

[PR]三重県伊勢市で商店(土産物店)や和食堂・屋台などの商業施設を営む創業100年の老舗、有限会社ゑびや。「業務効率と収益率を上げて、未来への投資や賃金上昇、休暇の付与につなげたい」という信念のもと、来客予測・マーケティング効果測定による事業予測ソリューションを開発。

Posted in 未分類

XWIN:ブロックチェーンに基づいた安全なスポーツベッティングプラットフォーム

投資プロセスは、ICOまたはトークン生成イベントによって新たなものに革新されようとしている。ブロックチェーン技術の世界に存在する新しいビジネスモデルは、透明性、成功、セキュリティにより従来の資金調達キャンペーンを変えるものとなった。トレーディング目的で保有されているトークンを生成することで、このプロセスで資本が上昇する。

ICOの特異性は、暗号トークンを使用するという考えに基づいている。投資家にICOのサービスと製品を証明する主要な2つのトークンタイプは、ユーティリティトークン(アプリコイン)と株式トークンである。ビジネスが成功した場合、投資家は、暗号通貨取引所で取引することによって、現金または異なるコイン(例えば、ETH、BTC)でお金を得ることが可能だ。 ICOアドベンチャーは、ブロックチェーンに基づいてプロジェクトをさらに発展させる資本増強の視点となる。

2017年を通して、ICOはビジネスを開始するための資本を手に入れるための最も魅力的な投資方法となった。ギャンブル、金融、ヘルスケア、EラーニングなどのICOニッチは、投資家にとって大きな需要がある。

先に述べたように、従来のビジネスモデルをブロックチェーン技術の新しいものに置き換えることは、プロジェクト開発、資金調達、実現のための先進的な方法をもたらす。まず、投資家がICO投資に興味を持っている場合は、堅実なホワイトペーパーとウェブサイトの学習に時間を費やす必要がある。コアICOオーディエンスの完全な知見とICOの考え方は、投資を開始するためにも不可欠である。

毎週たくさんのICOと新しいトークンが出現し、それらの実現と持続可能な利益の可能性の理解は、海岸で穀物を探すようなことである。投資家は国のICO規則や主要ルールを認識しすべきであり、企業環境を十分に理解することで、財産となるICOと詐欺を区別する機会を得ることができる。

一般的に言えば、ICOはブロックチェーンスタートアップに関する問題の正しい解決策を見つけようとするものである。成功の秘訣は、ICO市場の微妙な側面、提案、および提供される解決策を理解することにある。

スポーツベッティングのためのさまざまな方法

最新のブロックチェーンPokerStarsウェブサイトを開発しようと多くの試みをした後、スポーツベッティングは、ベッティング業界でICOのサブニッチに変わりはなかった。投資家がきちんとしたギャンブル収入を必要とするほど、プレイヤーは安全な環境が必要であることは当然のことだ。 ICOのモデルは賭けのプロセスを単純化し、一般的な賭博産業を根本的に変える。

ブロックチェーンに基づいた安全なスポーツベッティングプラットフォーム

XWINは、ブロックチェーンベースの共有ベッティングイーサリアムプラットフォームである。クリプトブックメーカープラットフォームの開発は、XWINの主要な目標である。取引の透明性を確保するためにイーサリアムスマートコントラクトを使用することで、XWINはオンラインブックメーカー業界を革新し、投資家とプレーヤーの両方に対してベッティングから利益を得るための快適な環境を提供する。 XWINの投資家は、同社の利益から20%の手数料を得ることが可能だ。

XWINのビジネスモデルでは、1ベットあたり6~20%の利益率がある。この資金は、プレーヤーおよび投資家への授与、XWINプラットフォームの開発および改善に使用されることを意図している。

資金の配分

  • 25% – プレーヤーへの保証された支払い
  • 20% – メンテナンスと支払い管理
  • 35% – プロモーション、PRと広告、オンライン/オフラインマーケティング
  • 20% – 投資家間での分配

XWINのICOは1月30日まで開催される。取引レートは1XWINあたり0.0045ETHとなっている。現在、2,623,148 ドルが調達済みでボーナス10%が適応される。

XWIN公式ホームページはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。

飛騨高山に誕生した電子地域通貨「さるぼぼコイン」–アイリッジにその狙いを聞く

アイリッジは、同社が開発した電子地域通貨プラットフォーム「MoneyEasy」を活用して、飛騨信用組合と共同で岐阜県の飛騨高山地域における地域住民を対象とした電子通貨「さるぼぼコイン」の商用サービスを2017年12月4日から開始した。

Posted in 未分類