投稿者アーカイブ:

AI活用のPoCを実施した企業の7割が本番運用へ、人材不足がAI活用の障壁―トーマツ調べ | IT Leaders

デロイトトーマツグループは2020年1月24日、日本企業におけるAIの利用状況やリスク管理の実態をまとめた調査レポート『AIガバナンス サーベイ』の2019年版を公開した。全23ページのPDF資料としてダウンロードできる。調査はオンラインによるアンケート形式で、2019年9月18日~2019年11月15日にかけて実施、172件の有効回答を得た。…

カテゴリー:AI

キヤノンITS、JX手順のクライアントソフトに新版、電子証明書の取込や更新を自動化 | IT Leaders

キヤノンITソリューションズは2020年1月24日、JX手順のクライアント通信ソフトウェアの新版「EDI-Master B2B for JX-Client Ver2.2」を発表した。新版では、SSLクライアント証明書の取り込みと更新を自動化し、電子証明書の運用負荷を軽減した。同日販売を開始した。価格(税別)は、クライアント証明書(3年)付きが13万5000円で、クライアント証明書なしが12万円。…

20代はコラボレーションツールの効果を強く実感、一方で業務への弊害も実感―Dropbox Japan | IT Leaders

Dropbox Japanは2020年1月24日、国内の知識労働者など800人を対象に、ITツールの利用状況を調べた結果を発表した。20代と30代は、ITツールの利用効果を強く実感しており、特に「仕事相手とのやり取り、コラボレーションがしやすくなった」点に利点を見出している。調査は2019年10月にインターネットを介して実施した。…

Office 365の障害時でもメールを送受信できるバックアップサービス―サイバーソリューションズ | IT Leaders

サイバーソリューションズは2020年1月23日、Office 365のメールを使っている企業に向けて、Office 365の障害時や災害時でもメールを送受信できるようにするバックアップサービス「EMERGENCY MAIL for Office 365」を発表した。別ドメイン(同日提供)または同一ドメイン(2020年4月から提供)でメールシステムを利用できる。…

2020年不動産テックの行方–サブスクモデル最新動向から、新トレンドのデータビジネスとは

「OYO LIFE(オヨ ライフ)」のサービス開始から、定額制のコワークオフィスやシェアオフィスの増加など、新たな動きがでてきた2019年の不動産テック業界。働き方や住み方が変化する中、どんな形のオフィスや住まいが求められているのか。その課題解決にテクノロジーはどんな役割を果たすのか。前編では、2019年の動きを振り返りつつ、2020年の不動産テック業界を予測する。…

カテゴリー:未分類

2020年不動産テックの行方–サブスクモデル最新動向から、新トレンドのデータビジネスとは

「OYO LIFE(オヨ ライフ)」のサービス開始から、定額制のコワークオフィスやシェアオフィスの増加など、新たな動きがでてきた2019年の不動産テック業界。働き方や住み方が変化する中、どんな形のオフィスや住まいが求められているのか。その課題解決にテクノロジーはどんな役割を果たすのか。前編では、2019年の動きを振り返りつつ、2020年の不動産テック業界を予測する。…

カテゴリー:未分類

物議を醸すClearview AIの顔認識アプリ、米議員がCEOに質問状

米民主党のE・マーキー上院議員(マサチューセッツ州選出)は、米国の法執行機関で利用されているとして物議を醸している顔認識アプリについて、開発者に回答を求める公開書簡を発表した。…

カテゴリー:未分類

物議を醸すClearview AIの顔認識アプリ、米議員がCEOに質問状

米民主党のE・マーキー上院議員(マサチューセッツ州選出)は、米国の法執行機関で利用されているとして物議を醸している顔認識アプリについて、開発者に回答を求める公開書簡を発表した。…

カテゴリー:未分類