カテゴリーアーカイブ: インメモリー

来たれエンジニア! SAP DemoJAM Tokyo 開催

きたる2019年10月24日に、SAP TechX が開催されます。 特に、開発者の皆さん向けに、技術的なセッションを TechJAMとして位置付けています。 SAP Intelligent RPAや機械学習のお客様Po ...

SAP TechDays 2018 セッションハイライト~SAP HANA概要とビッグデータウェアハウス構築のための実装技術

圧倒的な高速処理を実現するSAP HANAの内部構造を解説 SAP HANAは、SAPの次世代ビジネススイートSAP S/4HANAを支える基盤として活用されているのはもちろん、ビッグデータ分析のような大規模な処理が必要 ...…

SAP TechDays 2018 セッションハイライト~SAP Data Hubで実現するビジネスデータとビッグデータの上手な連携

SAP Data Hubで実現するビジネスデータとビッグデータの連携 SAPでは企業のビッグデータ活用を促すデータソリューション「SAP Data Hub」を2017年9月に発表し、日本でも11月から提供開始しています。 ...…

SAP TechDays 2018 セッションハイライト~データから付加価値を生み出す SAP HANAの戦略的活用術

SAP HANAと独自の理念を融合し、データの価値を高めたNTTコムウェアと川崎重工業の先進事例 グループを横断した情報分析や、業務プロセス間でのリアルタイムな情報共有といった情報活用は、多くの企業のIT戦略における重要 ...…

お客様別SAP S/4HANA適合性診断BSR(Business Scenario Recommendation)日本語化のお知らせ

既存のSAP ERP6.0の使用状況から、SAP S/4HANAへの移行をした際に得られるメリットをお客様別に診断するBSR (Business Scenario Recommendation)は、SAP S/4HANAをリリースした3年前より、無料でサービス開始していますが、英語のみでのレポートのため、日本のお客様には少しハードルが高かったのが実情です。この度、日本のお客様向けに、このサービスを日本語化し、幅広く日本のお客様にご利用頂けるようになりましたので、BSRを初めて聞く皆さま含め、今一度こ…

農作物病害との戦いにビッグデータで立ち向かう ~ ウォーターワッチ・コーペラティブの挑戦

世界的な飢餓の問題は複雑であり、世界の食糧供給に対する脅威として、人口増加、耕作地の喪失、水資源の先細り、気候変動などがあげられます。
これら現代のチャレンジだけではなく、農業に従事する人々にとって何世紀にもわたる「敵」がいました。農作物病害です。害虫や病原体による農作物の損失は毎年数十億ドルもの損失となっています。

そこに最新の情報テクノロジーで古い敵との戦いの流れを有利にもっていくことができるのではないかと考えるイノベーターたちが現れました。…