カテゴリーアーカイブ: ウクライナ

知られざる「ウクライナ不動産投資」。そのポテンシャルとリスクとは?

 ロシアのクリミア半島への侵攻以来、政情不安のイメージが根強いウクライナだが、実は投資対象国としては「穴場」になっているらしい。実際に現地で不動産を購入した内藤忍氏の話を元になかなか一般人が知りえない世界を紹介! ウクラ […]…

ウクライナが「投資の穴場」!? 現地で不動産購入した投資家が語るその理由とは

 ロシアのクリミア半島への侵攻以来、政情不安のイメージが根強いウクライナだが、実は投資対象国としては「穴場」になっているらしい。実際に現地で不動産を購入した内藤忍氏の話を元になかなか一般人が知りえない世界を紹介! 今がま […]…

十数億円を運用する投資家は、なぜ「ウクライナ」の不動産投資に注目したのか?

「運用資産額は全体で十数億円。でも、不動産投資用の借金も10億円以上ありますからね」そう言って笑うのは資産デザイン研究所代表の内藤忍氏だ。その投資対象は不動産にとどまらず、投資信託、FXをはじめ、太陽光発電、航空機リース、アンティークコイン、クラシックカー、ワイン、現代アートなど多岐にわたる。…

北方領土実効支配を強めるロシア、ウクライナでもクリミアに続きアゾフ海も実効支配を強める

 北方領土問題を棚上げしての平和条約締結を突然切り出して安倍晋三首相に赤っ恥をかかせたプーチン大統領だが、ロシアの周辺諸国への領土拡張の動きは止まらない。  ウクライナの自治区だったクリミアがロシアが実効支配するようにな […]…

ウクライナの質店は暗号通貨を担保にローンサービスを開始

1992年11月に設立されたウクライナの質店Skarbnytsyaは、暗号通貨を担保にしたローンサービスを開始した。彼らは300以上の支店を持ち、暗号通貨の種類、金額、価格に基づいて融資を提供する予定だ。 ウェブサイトによると、数百万人の顧客と1,200人の従業員を抱え、非銀行貸出市場における最高水準を掲げ「キエフとウクライナにおける最初の最大規模の非国家的な質屋のネットワーク」と主張している。 […]