カテゴリーアーカイブ: サウジアラビア

原油供給不安による高騰から一転下落……も、喜べない事情

原油急落後しばらくしてから下落したガソリン価格はどうなるか  原油価格が高騰し、10月3日にはNY原油が4年ぶりに高値を更新する1バレル=76.9ドルを記録した。背景にあるのは、供給不安だ。米国はイラン産原油の禁輸制裁を […]…

カショギ氏殺害録画の入手を否定してサウジ批判を避けるフランスの「事情」

 サウジアラビアのジャーナリストジャマル・カショギが、トルコ・イスタンブールのサウジ領事館を訪問して後に殺害された事件から2か月近くが経過した。  その間、トルコ政府はその現場の状況を録音したものを米国、英国、フランス、 […]…

カショギ氏殺害と岡口基一裁判官への戒告が暗示する「暗い未来」

言いたいことを封殺される世の中が行き着く先  年をとったからか、どうも最近、子供の頃のことばかり思い出して仕方ない。  父母が仕事で忙しかったため、昼間は家に祖父母がいた。学校で嫌なことがあったり先生に叱られたりして家に […]…

カショギ氏の死は、サウジの分割を導く導火線になるかもしれない

 すでにその死亡を巡る二転三転するサウジ側の説明や、噂されている残虐な殺害方法などが世界的に話題になっているサウジアラビアのジャーナリスト、カショギ氏の死。  もともとサウード家から重用され、諜報局長だったタルキ・アル・ […]…

度重なるトラブルで大幅に遅れたサウジの高速鉄道がようやく開通式典。しかし式典もまた波乱含み

 9月25日、当サイトでも過去に何度となく報じてきた、サウジアラビアでスペインが建設した高速列車の開通式典が行われた。2011年にスペインが受注して以来、数々の障碍を乗り越えて開通まで遅れに遅れての運行開始となったのであ […]…

中東・ヨルダンの市民による増税反対デモの背後に米国、イスラエル、サウジの影

 中東のヨルダンで、国民が政府の増税政策に反対して6月当初デモを行ったことが日本の報道でも取り上げられた。それが話題になった理由は、アラブの春を再現する王政崩壊に繋がるのではないかという懸念からであった。  ヨルダンは小 […]…

サウジ王宮へのドローン飛来騒動は、クーデター未遂だった!? 騒動後、王子が姿を見せずそんな噂が拡散

 4月21日の夜に首都リヤドの王宮付近で飛来して来たドローンを王宮の警備兵が撃墜したというニュースが世界に報道された。ところが、この出来事はクーデター未遂であったという可能性が強まっている。その周囲の市民からの情報でも銃 […]…