カテゴリーアーカイブ: トレード

今もなお、仮想通貨で爆益を叩き出すツワモノは凡人トレーダーと何が違うのか?

 ひと頃の過熱感は後退した仮想通貨市場。バブル期に高値掴みをしたまま、含み損を抱えている人も少なくないだろう。一方で、仮想通貨界隈には、今なお変わらず爆益を出し続けているツワモノがいる。それが理論派として知られる古参トレーダーのヨーロピアン氏だ。…

ランダム度が高まる為替市場で、「無駄撃ち」は減らせるか? 10万部超のFX本の著者、田畑昇人氏に聞く

 ’15年、大学院在学時に出版した『東大院生が考えたスマートフォンFX』が累計10万部を超えるベストセラーとなった田畑昇人氏。相場が動きやすい時間帯に着目し、個人投資家が保有するポジションを「オアンダ」で確認するなど、独 […]…

億超えFXトレーダーが、12本の移動平均線を駆使して見る「真空地帯」とは?

「最近買ったもの、ですか。強いて言えば会社ですね。国内のある貿易企業です。たとえ恐慌が訪れたとしても生き残れるビジネスモデルを考えたところ、商いの基本である『安く買って高く売る』ことさえできればよいというのが根本的な考え方です」そう話すのは、億をはるかに超える資産を築いたトレーダーのフォレックスドッグ氏だ。…

億超えFXトレーダーが、12本の移動平均線を駆使して見る「真空地帯」とは?

「最近買ったもの、ですか。強いて言えば会社ですね。国内のある貿易企業です。たとえ恐慌が訪れたとしても生き残れるビジネスモデルを考えたところ、商いの基本である『安く買って高く売る』ことさえできればよいというのが根本的な考え方です」そう話すのは、億をはるかに超える資産を築いたトレーダーのフォレックスドッグ氏だ。…

ネット株投資で「海外(外国人)投資家の売買動向」をチェックすべき理由

 2008年9月のリーマン・ショックで暴落した日経平均はその後3年ほど、1万円前後で低迷を続けました。2012年12月下旬に第二次安倍内閣が発足し、景気浮揚を目指したアベノミクスが積極的に展開され、株価は上昇トレンドをた […]…

戦後の株価の「おおよそ」の動きを知り、ネット株投資の「相場観」を身に付けよう

 ネット株投資において、株価がどのような変遷を経て今日に至っているのかの「おおよそ」の動きを知ることは、自分なりの相場観を身に付けるために必要です。株価は常に、上昇・下落を繰り返しながら変化を続けています。  景気がよく […]…

ジェットコースター並なトルコリラ相場で荒稼ぎする一発逆転トレード。超リスキーな新興国通貨でいかに勝つか?

 8月に起きたトルコリラ・ショックでは多数の日本人が被害に遭ったとされる。リラを売買する個人投資家の95%が「買い」だったからだ。そのなかで、売りでも買いでも荒稼ぎした強者がいた! そのトレード術を初公開!! トルコリラ […]…