カテゴリーアーカイブ: ミドルウェア

富士通、企業内の認証方式を手のひら静脈認証で統一できるソフト「AuthConductor V2」を販売 | IT Leaders

富士通は2019年11月18日、企業内の認証方式を手のひら静脈認証で統一できるソフトウェア製品「FUJITSU Security Solution AuthConductor V2(オースコンダクター ブイツー)」を発表した。同日販売を開始した。2019年12月初旬から出荷する。価格(税別)は、100台のPCに手のひら静脈認証のPCログオン機能を提供した場合、320万円。販売目標は、今後3年間で150億円(関連ハードウェア、SI含む)。今後は、2020年度内にグローバルでの展開を目指す。…

分析しやすいようにデータを整形・加工するシステム、日立ソリューションズがシステム構築サービス | IT Leaders

日立ソリューションズは2019年10月24日、データを分析しやすいように加工する前処理(データプレパレーション)を支援するSI(システム構築)サービス「データプレパレーション基盤導入ソリューション」を発表した。データプレパレーションソフトを利用し、データプレパレーション基盤の設計・構築から運用・保守までを支援する。2019年10月25日から提供する。価格は、個別見積もり。…

サブスク型の課金ビジネス基盤「Zuora」がカスタマイズ可能に、直近で弁護士ドットコムなどが採用 | IT Leaders

サブスクリプション(従量・継続課金)型のビジネスを支援するソフトウェア「Zuora Central Platform」をSaaS型で提供しているZuora Japanは2019年10月16日、事業状況を説明する発表会を開いた。直近のニュースとして、ワークフロープロセスのカスタマイズやシステム連携を容易にする機能群を強化した。また、弁護士ドットコムとダイヤモンドが課金基盤として同社のサービスを採用したことを発表した。…

ネオアクシス、IBM i上で全銀TCP/IP手順・広域IP網を使えるようにするミドルウェア | IT Leaders

ネオアクシスは2019年10月11日、オフコンOS「IBM i」(IBM Power Systemsで稼働)向けのインターネットEDIソフトウェア「Toolbox 全銀TLS+」を発表した。全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)を使ってデータをやり取りできる。価格(税別)は、CPUのグレードによって変わり、最小構成(P05)で54万円から。販売目標は、5年間で300本。…

JCBと富士通、オンラインサービスのID情報を安全に流通させる基盤作りで共同研究を開始 | IT Leaders

ジェーシービー(JCB)と富士通は2019年10月10日、オンラインサービスのID情報をユーザーのコントロールの下で安全に流通できるようにするため、共同研究を開始すると発表した。ID情報の流通基盤を開発するとともに、複数のオンラインサービスに対して連絡先などの情報を一括して変更できるサービスなどを開発する。1年間の研究を経て、2020年度中の実用化を想定している。…

NTT Comと米Informaticaが協業、データ統合サービスを2020年1月に開始 | IT Leaders

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)と米Informaticaは2019年10月1日、企業のデジタルトランス変革(DX)を推進するデータ利活用ビジネスで協業し、2020年1月からデータ統合サービスを開始すると発表した。NTT Comは、NTTデータと連携してサービスを提供していく。…

レッドハット、マイクロサービス同士の通信を簡素化する「OpenShift Service Mesh」 | IT Leaders

レッドハットは2019年9月26日、会見を開き、コンテナ運用基盤「Red Hat OpenShift 4」の新機能でマイクロサービス同士の通信を管理する「Red Hat OpenShift Service Mesh」と、クラウド運用基盤の新版「Red Hat OpenStack Platform 15」について説明した。いずれも2019年9月に提供を開始した。…

NTT Com、ITリソースをオンデマンドで相互接続できるサービス「Flexible InterConnect」を提供 | IT Leaders

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2019年9月26日、ユーザーの拠点と、ユーザーが利用する様々なクラウドサービス、データセンターなどをオンデマンドで安全に接続可能な次世代インターコネクトサービス「Flexible InterConnect」を発表した。2019年9月30日から提供する。価格は要問合せ。…

Webサイトの画像を動的に軽量化するクラウドサービス「SmartJPEG Cloud」―ウェブテクノロジ | IT Leaders

ウェブテクノロジは2019年9月10日、画像の画質を落とさずにファイル容量を軽量化する「SmartJPEG」シリーズの新ラインアップとして、SaaS版の「SmartJPEG Cloud」を発表した。同日付けで提供を開始した。パイロット事例の1つとして、日本トイザらスのオンラインストアが同サービスを導入済みである。…

DAL、Web-EDIソフト「ACMS WebFramer」に新版、Web業務画面を見やすく改善 | IT Leaders

データ・アプリケーション(DAL)は2019年9月6日、Web-EDIサーバーソフト「ACMS WebFramer」の新版(V1.6)を発表した。Web-EDI画面を自動生成するオプション「ACMS WebFramer Webアプリケーション構築支援ツール」も新版(V1.6)とした。いずれも、同日提供を開始した。新版では、Oracle Database 18c/19cへの対応などを図った。…

NTTデータ、Apache Kafkaによる大規模データ処理基盤の構築・運用を支援 | IT Leaders

NTTデータは2019年8月29日、Apache Kafkaによる大規模データのリアルタイム処理を支援するSIサービス「Kafka構築・運用ソリューション」を発表、同日提供を開始した。Apache Kafkaによって、センサー情報や位置情報などをリアルタイムに活用するシステムを容易に構築できるとしている。同サービスの売上目標は、今後3年間で累計100億円。…

Webシステム実行環境「KUSANAGI」に最上位版、Web高速化エンジンを標準搭載 | IT Leaders

プライム・ストラテジーは2019年8月20日、Webシステムのバックエンドシステムを高速に動作させるための実行環境「KUSANAGI」の最上位版「KUSANAGI Premium Edition」を発表した。最大の特徴は、Webシステム高速化エンジン「WEXAL Page Speed Technology」を搭載していること。第1弾として、Microsoft Azure Marketplaceにおいて「KUSANAGI for Microsoft Azure Premium Edition」として提…

NTTテクノクロス、航空写真などの8K超の巨大画像を高速転送するソフト「SmartFileUploader」 | IT Leaders

NTTテクノクロスは2019年8月19日、巨大な画像ファイルを高速に転送できるファイル転送ソフト「SmartFileUploader(スマートファイルアップローダー)」を発表した。衛星画像やドローン撮影画像といった、インフラ保守作業のための8K解像度(7680×4320ドット)を超える高精細画像を高速に転送できる。撮影画像を分割・圧縮してクラウドストレージにアップロードする。2019年8月19日から提供する。…

ERPソフト「Biz∫」がWeb帳票発行「楽楽明細」とデータ連携、帳票の配送を容易に | IT Leaders

NTTデータ・ビズインテグラルは2019年8月8日、ERP(統合基幹業務システム)パッケージソフトウエア「Biz∫」(ビズインテグラル)を強化し、Web経由で帳票を発行するクラウドサービス「楽楽明細」(ラクス製)に帳票データを引き渡せるようにしたと発表した。オプションなどのカスタマイズ対応となるが、楽楽明細に取り込むためのフォーマットで帳票データを出力できる。…

Webシステム高速実行環境「KUSANAGI」のコンテナ版、プライム・ストラテジーが提供 | IT Leaders

プライム・ストラテジーは2019年8月8日、Webシステムのバックエンドシステムを高速に動作させるための実行環境「KUSANAGI」のラインアップを拡充した。サーバー仮想化環境で動作する既存のKUSANAGIに加えて、新たにDockerコンテナ環境で動作する「KUSANAGI Runs on Docker」(KUSANAGI RoD)を用意した。これまでβ版の扱いだったが、今回正規版の提供を開始した。…

丸紅ITソリューションズ、「Box」と連携するツールを拡充、オンライン会議など4製品を販売 | IT Leaders

丸紅ITソリューションズは2019年7月22日、「Box」と連携するツールを拡充し、新たに4つの新製品を発表した。2019年7月23日から提供する。オンライン会議の「ON PAD」、ファイルのロック/ロック解除を促す「MISOLock」、外部共有の状況をレポート化する「Log Reporter for Box」、コマンドでファイルを操作できる「Simple Kicker」である。販売目標は、2019年度に5億円。…

富士通、サブスクリプション型ビジネスの運営基盤をSaaS型で提供 | IT Leaders

富士通は2019年7月17日、サブスクリプション型ビジネスの運営基盤をSaaS型で提供するサービス「SNAPEC-PF S1/Platform」を発表した。同日提供を開始した。価格(税別)は、初期費用が1000万円から、月額費用が50万円から。販売目標
は、2021年度末(2022年3月末)までに売上10億円。…

DAL、EDIソフト新版「ACMS B2B 5.1」、SFTPのセキュリティを強化、鍵長を2048ビットに | IT Leaders

データ・アプリケーション(DAL)は2019年7月3日、EDI(電子データ交換)ソフト「ACMS B2B」および動作環境をWindowsに限定した廉価版「ACMS B2B LE」の新版「バージョン5.1」を発表した。新版では、SFTPクライアントの鍵交換アルゴリズムのセキュリティを強化し、鍵交換時の鍵長を1024ビットから2048ビットに改善した。同日、販売を開始した。さらに、国民の祝日に関する情報をあらかじめファイルに定義し、休日カレンダーなどへの設定を不要にした。…

デージーネット、リモート接続を集約するOSS「Apache Guacamole」を日本語化して公開 | IT Leaders

デージーネットは2019年7月2日、リモートワークにおけるリモートデスクトップ接続を安全に運用できるオープンソース「Apache Guacamole」を日本語化したと発表した。ユーザーによるアクセス制御ができるほか、リモートデスクトップ接続時の操作内容を記録できる。日本語化したソフトウェアは無償で入手できる。…

アステリア、データ連携ソフトのASTERIA Warp新版「1906」、Excelアダプタを標準添付 | IT Leaders

アステリアは2019年6月25日、「ASTERIA Warp」と「ASTERIA Warp Core」の新版(バージョン名は「1906」)を発表、同日販売を開始した。新版では、これまでオプションとして提供してきたExcelアダプタを標準で搭載した。価格(税別)は、ASTERIA Warpが480万円から、ASTERIA Warp Coreが月額3万円から。…

OKI、基幹業務システムをインターネットサービス化する「X-Tech」のためのミドルウェアを販売 | IT Leaders

沖電気工業(OKI)は2019年6月26日、基幹システムのデータを活用したインターネットサービスを実現するためのデータ変換・中継ミドルウェア「SDBC(スマートデバイスビジネスコネクター) for オープンAPI」を発表した。2019年10月から提供する。価格は個別見積もり。…

ウィプロ・ジャパン、TmaxSoftのミドルウェアで企業のレガシーマイグレーションを支援 | IT Leaders

日本ティーマックスソフトは2019年6月25日、ウィプロ・ジャパンと業務提携したと発表した。本契約に基づきウィプロは、日本ティーマックスソフトのミドルウェアを活用して、ユーザー企業のレガシーマイグレーションを支援する。…

NEC、生体認証・映像分析事業を強化、2021年度までに1000億円を目指す | IT Leaders

NECは2019年6月21日、生体認証・映像分析事業のデジタルフレームワークとデジタルHubを整備したと発表した。また、この一環として生体認証・映像分析統合プラットフォームを、先行して北米で2019年7月から提供開始する。NECは、同事業で2021年度までにグローバルで1000億円の事業規模を目標にする。…

サイオステクノロジー、定額課金と従量課金の仕組みを提供するミドルウェア「SIOS bilink」を販売 | IT Leaders

サイオステクノロジーは2019年6月20日、定額課金や従量課金の仕組みを提供するミドルウェア「SIOS bilink(サイオス ビリンク)」を発表した。定額課金制のサブスクリプション(購読)ビジネスや、利用量に応じた従量課金制のクラウドサービスなどを提供する事業者に向けて提供する。まずはβ版として、課金ルールエンジン機能を2019年6月20日付けで提供開始した。SaaS型クラウドサービスか、またはオンプレミス型で利用できる。…

データ連携ミドル「ACMS」に月額制ライセンスを追加、クラウドでの利用に留意 | IT Leaders

データ・アプリケーション(DAL)は2019年6月18日、データ連携ミドルウェア「ACMSシリーズ」のライセンス体系を拡充し、買取型だけでなく月額制でも利用できるようにすると発表した。月額制のサブスクリプションモデルは、2019年10月1日から提供する。…

UiPath、SAPへのマスターデータ登録を自動化する共通部品を無償提供 | IT Leaders

UiPathは2019年6月17日、SAP ERPおよびSAP S/4HANAへのマスターデータの登録作業をRPA(ロボットによる業務自動化)で効率化するための共通部品「Master Data Create Components(マスタデータ登録用コンポーネント)」を発表した。UiPath Go!を介して無償で提供を開始した。…

TIS、パーソナルデータ管理サービス「paspit for X」を販売、情報銀行を実現可能に | IT Leaders

TISは2019年6月13日、DataSignが提供するPDS(パーソナルデータストア)を内蔵した情報銀行サービス「paspit(パスピット)」の企業向けプラットフォームである「paspit for X」の販売代理店契約を締結したと発表した。属性情報や趣味・嗜好などのパーソナルデータ(個人の情報)を、便利かつ安全に活用できる情報銀行/PDSサービスを実現する。…

キヤノンITS、EDIのオプションで全銀EDIシステム(ZEDI)を利用可能に | IT Leaders

キヤノンITソリューションズは2019年6月11日、EDI(電子データ交換)ソフト「EDI-Master B2B Gateway」のオプションとして、全銀EDIシステム(ZEDI:ゼディ)を使えるようにするソフトウェア製品「EDI-Master B2B Gateway ZEDI連携オプション」を発表した。同日提供を開始した。ZEDIによって、売掛金を入金額と突き合わせる入金消込処理を効率化できる。…

MeeCap、基幹業務プロセスのフロー図を作成できるプロセスマイニング機能「HappyPath-ERP」 | IT Leaders

MeeCapは2019年6月7日、PCの操作内容を記録して可視化するソフト「MeeCap(ミーキャップ)」を強化し、業務システムのプロセスマイニング機能「HappyPath-ERP」を追加したと発表した。MeeCapでは、ツールの提供に加えて、ログデータの抽出や整形に関する技術支援、データ分析に関するコンサルティングサービスも提供する。新機能は、2019年6月から提供している。…

NTTドコモがドローンサービス基盤のユーザー認証にAuth0を採用、Auth0が会見 | IT Leaders

Webサービス開発者向けにID管理機能をクラウド型で提供しているAuth0は2019年6月4日、都内で会見し、事業状況をアップデートした。直近では、2019年3月に新たな大口ユーザーとしてNTTドコモが加わった。Auth0では、Auth0の意義として、コア機能ではない認証・認可の仕組みをサービス事業者が自ら開発する必要がなくなる点をアピールする。…

ネオアクシス、IBM Notes/Dominoを企業内検索エンジンNeuronから検索できるアダプタ | IT Leaders

ネオアクシスは2019年6月4日、企業内検索エンジン「Neuron(ニューロン)」(ブレインズテクノロジー製)のオプション製品として、グループウェア「IBM Notes/Domino」の情報を検索できるようにする「Neuron Notes コネクター」を発表した。Notesを含む複数の情報を横断的に検索できるようになる。同日提供を開始した。価格(税別)は、ライセンス費用が80万円。保守費用が年額16万円。…

アステリア、ASTERIA Warpに「PCAクラウド」(会計/販売管理)アダプターを提供 | IT Leaders

アステリアは2019年5月30日、データ連携ミドルウェア「ASTERIA Warp」とクラウド型の基幹業務システム「PCAクラウド」(ピー・シー・エーが開発)をデータ連携させるアダプター製品を発表した。「PCA会計DX アダプター」と「PCA商魂商管DX アダプター」の2つである。同日付けで販売を開始した。価格(税別)は、月額2万円から。…

シックス・アパート、コンテンツ同期機能をパッケージ化したCMS「Movable Type ステージングパック」 | IT Leaders

シックス・アパートは2019年5月22日、CMS(コンテンツ管理システム)ソフトウェア「Movable Type 7」に、検証環境(ステージング環境)や本番環境へのコンテンツ同期機能をパッケージ化した製品「Movable Type ステージングパック」を発表、同日提供を開始した。価格(税別)は、25万円。…

アシスト、ビジネスルール管理ソフトの新版Progress Corticon 5.7、ルール開発を効率化 | IT Leaders

アシストは2019年5月22日、BRMS(ビジネスルール管理システム)ソフトウェア「Progress Corticon」の新版「バージョン5.7」を発表、同日提供を開始した。新版では、ルール開発を効率化する機能を強化したほか、データベース接続機能を改善した。開発会社は米Progress Software。 …

トヨタ販売会社280社、Salesforce営業支援システムと基幹システムの連携にDataSpiderを採用 | IT Leaders

トヨタ自動車は、販売会社が使う営業活動支援システムと基幹システムをつなぐためのデータ連携基盤として「DataSpider Cloud」の採用を決めた。2018年7月から7店で試験運用を実施しており、2019年4月からの1年間で国内280のトヨタ販売会社で運用を開始する予定。テラスカイが2019年4月24日に発表した。…

ネットワールド、Apache Kafkaの商用パッケージ「Confluent Platform」を出荷 | IT Leaders

ネットワールドは2019年4月23日、センサーデータの収集/配信などに適したイベントストリーミング基盤ソフトウェア「Confluent Platform」を発表、同日販売を開始した。Apache Kafkaの商用版パッケージにあたり、信頼性などを高めるツール群を合わせて提供する。開発会社は、米Confluent(コンフルーエント)。…

オフコン「IBM i」で流通BMS、ネオアクシスがJX手順クライアントにXML変換機能を追加 | IT Leaders

TISインテックグループのネオアクシスは2018年4月17日、日本IBMのオフコンOS「IBM i」(ハードウェアは「Power Systems」)で稼働するインターネットEDIソフト「Toolbox JXクライアント」の機能強化を図り提供を開始したと発表した。別途ファイル変換機能などを作り込まなくても流通BMSを使えるように、データを固定長フォーマットからXMLに変換する機能を追加した。価格(税別)は据え置きで、CPUのグレードによって異なり、22万円からとなっている。…

キヤノンITS、EDI受発注を自動化するジョブスケジューラ「EDI-Master JS Enterprise」にLinux版 | IT Leaders

キヤノンITソリューションズは2019年4月15日、EDI(電子データ交換)を自動で運用するためのジョブスケジューラソフトの新版「EDI-Master JS Enterprise Ver.2.1」を発表、同日提供を開始した。新版では、Windows版に加えてLinux版(Red Hat Enterprise Linux)を用意した。価格(税別)は、Windows版が120万円、Linux版が150万円。…

富士通、商取引の請求支払業務を完全自動化する新サービスを提供 | IT Leaders

富士通は2019年4月11日、紙で運用されている商取引の請求支払業務に電子請求(EIPP)と金融EDIを導入することで、請求から支払、入金消込までの全取引の電子化を可能にする新サービス「FUJITSUビジネスコミュニケーションプラットフォームinvoiS3(インボイスキューブ)サービス」を体系化すると発表した。第1弾として「電子請求書発行サービスおよびデータ保管サービス」の提供を開始した。…

FBP Partners、データソースの更新をDWHに自動で同期する「Fivetran」を提供 | IT Leaders

FBP Partnersは2019年4月5日、各種のデータソースから抽出したデータをデータウェアハウス(DWH)に反映するクラウドサービス「Fivetran」を発表、同年4月15日から提供開始する。開発会社は米Fivetranで、データソースの変更を検知してDWHを同期させられる。…

カブドットコム証券、貸株業務の取引書類を郵送からダウンロードに切り替えて業務を効率化 | IT Leaders

カブドットコム証券は、貸株業務の取引書類をクラウドを介してやりとりできるように、クラウド型の帳票作成/運用基盤ソフト「SVF Cloud」を導入した。カブドットコム証券と取引先双方の業務を効率化することが狙い。2018年4月から運用している。SVF Cloudの提供元であるウイングアーク1stが2019年4月2日に発表した。…

豆蔵HD、業務自動化サービス子会社「ROBON」を設立、第1弾は法人税申告業務の自動化 | IT Leaders

豆蔵ホールディングスは2019年4月2日、専門家の知識が必要な業務領域をソフトウェアによって自動化し、これをサービスとして提供することを目的とした子会社「株式会社ROBON(ロボン)」(本社:東京都新宿区)を2019年4月1日に設立したと発表した。…

富士通クラウドテクノロジーズ、Kubernetesを簡単に運用できるサービス「ニフクラ Hatoba」β版 | IT Leaders

富士通クラウドテクノロジーズは2019年3月26日、パブリッククラウドサービス「ニフクラ」において、コンテナ管理基盤「Kubernetes」を簡単に運用・管理できるサービス「ニフクラ Hatoba」を提供すると発表した。同日、ベータ版の提供と申し込みの受付を開始した。ベータ版利用者からの評価をもとにユーザーインターフェースの改善や機能強化を行い、2019年度中に正式版を提供する。…

日立、ブロックチェーンを活用した取引を支援するサービス、基盤にHyperledger Fabricを使用 | IT Leaders

日立製作所は2019年3月14日、ブロックチェーンを活用した安定性の高い取引を支援するサービス「Hitachi Blockchain Service for Hyperledger Fabric」を発表、同日販売を開始した。ブロックチェーン技術「Hyperledger Fabric」の利用環境を提供する。オプションで、コンサルティングや技術支援も実施する。2019年3月29日から提供する。価格(税別)は、初期費用が20万円から、月額14万円から。…

バイナルが国際物流ソフトにERPとのデータ連携機能を追加、SAP Cloud PlatformのOEM | IT Leaders

輸出入・通関業務ソフトベンダーのバイナルは2019年2月25日、SAPジャパンからPaaS基盤「SAP Cloud Platform」のOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受け、バイナルの国際物流システムである「TOSSシリーズ」の一製品として販売すると発表した。販売目標は、2年間で50社300億円。…

軽量Webサーバー「Nginx」が日本にオフィスを開設、採用率でApacheをとらえる | IT Leaders

軽量で高速なWebサーバー「Nginx」を開発している米Nginxは2019年2月7日、日本に東京オフィスを開設すると発表した。アジア地域の販売拡大を狙う。国内では、2014年に販売代理店を介して商用版の提供を開始してから採用Webサイト数は1000%増えており、JPドメインの30%弱が利用しているという。東京オフィスの俗称はエンジンエックス・ジャパンで、カントリーマネージャーは中島健氏。…

キヤノンITS、データ変換ソフトにLinux版を追加、バッチ運用を容易に | IT Leaders

キヤノンITソリューションズは2019年1月7日、汎用的に使えるデータフォーマット変換ソフトの新版「EDI-Master TRAN for ANYs Ver.4.2」を発表、同日提供を開始した。新版では、これまでのWindows版に加えてLinux版を用意した。Windows版のGUIで変換ルールを設定し、Linux上のバッチジョブとして変換作業を実施する、といった使い方ができるようになった。価格(税別)は、Windows版が30万円、Linux版が60万円。…

データ連携ソフトASTERIAとブロックチェーンEthereumの連携アダプタ、ISIソフトウェアー | IT Leaders

アイ・エス・アイソフトウェアーは2018年12月26日、アステリアのデータ連携ソフト「ASTERIA Warp」からブロックチェーン基盤「Ethereum」に接続するアダプタ「ASTERIA Ethereum アダプター」を開発すると発表した。2019年3月から提供する。ブロックチェーンを使っていることを意識することなく、ASTERIA WarpからEthereumにデータを保存できるようになる。…

アステリア、データ連携ソフトASTERIA Warpに新版、Excel可変表やPDF印刷など追加 | IT Leaders

アステリア(旧インフォテリア)は2018年12月25日、「ASTERIA Warp」と「ASTERIA Warp Core」の新版(バージョン名は「1812」)を発表、同日販売を開始した。新版では、データ件数を指定せずにExcelにデータを書き込めるようにするなど、いくつかの強化を施した。価格(税別)は、ASTERIA Warpが480万円から、ASTERIA Warp Coreが月額3万円から。…

DAL、流通EDIソフト「ACMS Apex」で全銀EDIシステム(ZEDI)を利用可能に | IT Leaders

データ・アプリケーション(DAL)は2018年12月25日、EDI(電子データ交換)ソフト「ACMS Apex」の新版(バージョン1.3)を発表した。2018年12月28日から販売する。新版では、2018年12月25日に稼働を開始した「全銀EDIシステム」(ZEDI)に接続できるようにした。価格(税別)は、60万円から。…

インターコム、Web-EDIの受注業務を自動化するRPAソフトを販売 | IT Leaders

インターコムは2018年12月20日、流通、製造、金融などにおける業界内の企業間取引を支援するEDI(オンライン電子データ交換)ソフト「Biware EDI Station 2」のオプションとして、これまで人手を必要としていたWeb-EDIの受注業務をRPAの技術で自動化する「Biware EDI Station Auto Webオプション」を発表した。2018年12月21日に販売開始する。価格(税別)は、82万円。…

インテック、クラウド型EDIサービスにインターネットEDIへの移行メニューを追加 | IT Leaders

インテックは2018年12月13日、同社がクラウド型で提供するEDI(電子データ交換)基盤サービス「EINS/EDI-Hub」の機能を拡張し、INSネットを利用する既存のレガシーEDIからインターネットEDIへの移行を支援するサービスメニューを追加すると発表した。…

RPAに取り組む6市町村とNTTデータ、実帳票を使ってAI-OCRの読取率を検証 | IT Leaders

NTTデータと茨城県つくば市など6市町村は、紙の帳票をAI-OCR(光学文字認識)で電子化してRPA(ロボットによる業務自動化)ソフトと連携させる使い方を見据え、実際の帳票を用いてAI-OCRの読取率の検証を開始する。NTTデータが2018年12月5日に発表した。実証結果は2018年度末(2019年3月期)をめどに公開する。…

富山第一銀行、ブロックチェーン技術を応用した行内デジタル通貨の実証実験 | IT Leaders

富山第一銀行(富山県富山市)は、ブロックチェーン技術を応用した行内デジタル通貨の実証実験を2018年11月28日に開始した。2019年4月23日まで実施する。ブロックチェーンの有効性とキャッシュレス決済の有効性を検証する。共同で実証実験に携わるSIベンダーのインテックが2018年11月28日に発表した。…

NEC、帳票書式を定義せずに使える機械学習OCRソフト、人間のデータ入力を学習 | IT Leaders

NECは2018年11月27日、紙面の文字情報を読み取るOCR(光学文字読み取り)にAIを活用したソフト「NEC AI-OCRサービス」を発表した。2019年3月から提供する。最大の特徴は、機械学習によって、帳票書式(読み取り位置や項目)を事前に設定しなくても使えるようにしたこと。価格(税別)は個別見積だが、読取項目数20項目の帳票を年間24万枚処理した場合の参考価格は、年額480万円。…

NTTコムウェア、サブスクリプションビジネスを支援する料金請求基盤を提供 | IT Leaders

NTTコムウェアは2018年11月22日、サブスクリプションビジネスを支援する「Smart Billing」の販売を2019年2月に開始すると発表した。料金請求に関わる一連の機能をクラウドサービスとして提供する。サブスクリプションビジネスの早期立ち上げや業務生産性向上に活用できる。NTTコムウェアは、NECとの戦略的な提携により、Smart Billingを本格的に展開していく。…

慶應義塾、SNSアカウントで各種サービスへの会員登録やログインを可能に | IT Leaders

慶應義塾は、SNS(ソーシャルネットワークサービス)のアカウントを利用して各種オンラインサービスへの会員登録やログインを可能にするID管理システム「CTC B2C ID基盤」を導入した。2018年11月から運用を開始する。CTC B2C ID基盤を販売した伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が2018年11月19日に発表した。…