カテゴリーアーカイブ: モラハラ

恐妻家やフェミニストなのに家庭ではモラ夫……が、専門家にすれば珍しくない理由<モラ夫バスターな日々41>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々<41>  「妻と子が私の人生の全てです……」  40代後半の男性は、私の事務所で大粒の涙を流して泣いた。依頼者(妻)の話では、夫はいつも威張り散らし、突然切れて怒鳴る、典型的なハ […]…

慰謝料も払わず「離婚後もたまにデートしような」……。往生際の悪いモラ夫たち<モラ夫バスター40>

弁護士・大貫憲介のモラ夫バスターな日々<40>  「いきなり電話してきて、お前、なんだよ」  夫₍40代₎に電話して、私が弁護士と名乗ると、夫は初めから戦闘モードだった。  私は、「よしえ様₍仮名₎は、離婚したいそうです […]…

真実はただ一つ。モラハラ夫と10年後、20年後も一緒にいたいか否かである<モラ夫バスターな日々39>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々」<39>  「結婚前から違和感がありました」  私の事務所に相談に来た50代の女性が言った。しかし、夫は基本的に優しい人だったので、違和感を無視して、結婚したという。ところが結婚 […]…

家計を制限し、生活費を出し渋るモラ夫の経済的モラ行為が妻を追い詰める<モラ夫バスターな日々38>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々<38>  離婚調停にて夫は、 「生活費は十分に渡していた。妻の借金なんて知らない」 と述べた。  妻によると、同居生活中、渡された生活費は1日あたり1000円だった。家賃、水光熱 […]…

「モラハラ妻」はモラ夫からの攻撃に耐えるために同化した結果<モラ夫バスターな日々36>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々<36>  「モラハラはお前だ」、「お前がモラ妻」と、主人から言われた――。  法律相談に来た30代後半の女性は、そう言った。  そして「私、料理下手だし、掃除もきちんとできません […]…

「お前の我慢が足りない」実家の親がモラハラ夫を擁護する地獄<モラ夫バスターな日々35>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々<35> 「いい旦那じゃないか」  父は、娘の話を聞き終わると、一言、そう言った。  娘は一瞬、凍り付いたが、「でも、風俗通いは許せない」と声を絞り出した。父は、「まあ、男のサガだ […]…

妻を虐げるくせに自分は不貞。モラハラ夫の自己中な下半身<モラ夫バスターな日々30>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々<30> 「夫は、最近、ときおり朝帰りがあり、休日出勤が増えました」  相談に来た、アラフォーの女性が嘆いた。 「女がいるんでしょうか」 と私に訊いた。でも、家にいるときは、以前よ […]…

妻に「モラハラ夫」呼ばわりされているうちが、更生の最後のチャンスである<モラ夫バスターな日々28>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々<28>  先日、仙台在住の男性から私の事務所に電話があった。私が名乗ると男性は、「モラ夫の記事、書くのやめろ」と唐突に要求した。  私が理由を問うと、男性は、「妻が、俺をモラ夫モ […]…

モラハラ夫が妻を屈服させる、矛盾だらけの屁理屈論法7選<モラ夫バスターな日々27>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々<27>  専業主婦の妻が夫にプレゼントした際、夫が「俺のお金で買ったんだよね」と言うことがある。8月27日の「とくダネ」は、これを「女性が怒る何気ない一言」として紹介した。しかし […]…

脳裏に響くモラハラ夫の声! 支配する夫の思考を内在化してしまう妻<モラ夫バスターな日々26>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々<26>  事務所で、離婚に向けての打合せの際、既に夫と別居している妻(40代)が、ふと、述べた。  「スーパーで商品を手に取ると、夫の声がするんです。  いえ、近くにはいないんで […]…

妻に加害するモラ夫予備軍は、結婚前の性的行動で判別可能<モラ夫バスターな日々18>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々<18>  婚活パーティーで知り合い、初めての男女関係を結んだ日、避妊をお願いしたところ、男性(30代)は、真顔で、「俺、真剣だから(避妊しない)」と答えた。  真剣だとなぜ避妊を […]…

妻を召使いのように扱う夫は、死を望まれていると心得よ<モラ夫バスターな日々17>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々<17>  離婚の法律相談に来た妻(30代)は、大粒の涙をこぼしながら、 「(あんな旦那)死ねばいいのに」と声を絞り出した。  さて、法律事務所にくる相談者は、ある程度、離婚したい […]…

妻にセックス強要するモラ夫たち。中絶が10回以上に及ぶ例も<モラ夫バスターな日々16>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々」<16>  夫(30代)は、横になっている妻の隣に座り込んで、 「妻だから応じるのが義務だろう」 「浮気してもいいんだな」  と妻を責めた。  妻が拒否すると、この夫は、結婚した […]…

妻を虐待しまくるモラ夫は精神疾患ではなく、むしろ”正常”という闇<モラ夫バスターな日々14>

「なぜ出て行ったのか、全く腑に落ちません」  離婚調停で、40代の男性が言った。  妻によると、夫は、毎日、「バカ」「お前は病気だ」と妻を罵ったという。罵られ続けて、妻は、うつ状態になり、役所に相談、就学前の幼児2名とと […]…

300年以上前の男尊女卑の教え「教女子法」を今だに踏襲するモラ夫文化<モラ夫バスターな日々13>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々」<13>  前回は、モラ文化、モラ夫が日本を滅ぼすことを示した。ところで、モラ文化も、その重要な要因となって日本が潰滅的に敗北したことが、かつて一度あった。日本は、敗北から立ち直 […]…

妻を抑圧するモラ夫を選んでしまう女性とは? 30年の離婚弁護事例から読み解く<モラ夫バスターな日々9>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々」<9>  夫からのモラハラ被害を受ける女性たちに共通の特徴はあるだろうか。  優しい、努力するタイプの方が多いようには思うが、日本女性は、概して、優しくて努力家なので、被害妻たち […]…

「お前が悪い」。モラ夫の支配・従属の強要で妻は「夫源病」に追い込まれる<モラ夫バスターな日々4>

 モラハラとは何か。モラ夫とはどんな夫だろうか。以下、数回にわけて説明する。  モラハラがなぜ生じるかは、後日、再度論じるが、ここでは弁護士である私、大貫憲介が実務上の経験から得た結論を述べる。 日本人男性に埋め込まれた […]…

「お前が悪い」。モラ夫の支配・従属の強要で妻は「夫源病」に追い込まれる<モラ夫バスターな日々4>

 モラハラとは何か。モラ夫とはどんな夫だろうか。以下、数回にわけて説明する。  モラハラがなぜ生じるかは、後日、再度論じるが、ここでは弁護士である私、大貫憲介が実務上の経験から得た結論を述べる。 日本人男性に埋め込まれた […]…

なぜ、日本の多くの男性は妻子に突然、縁を切られるのか<モラ夫バスターな日々3>

 弁護士である私、大貫憲介がモラハラ夫について述べていく本連載。  第1回、第2回と妻側から離婚を概観したので、今回は、視点を変えて、夫側から離婚を概観する(本連載での具体的事例は、プライバシー保護の観点から適宜加工して […]…

「妻を従属させる=夫婦仲が良い」と思っているモラハラ夫の認知の歪み<モラ夫バスターな日々(2)>

【弁護士・大貫憲介のモラ夫バスターな日々(2)】  離婚が成立すると、離婚弁護士は、依頼者・妻に何と声をかけるかご存じだろうか。 「離婚、おめでとうございます!!」である。 離婚案件には、この表現が一番しっくりくる。依頼 […]…

モラハラ夫が、日本の夫婦を破綻させる <モラ夫バスターな日々(1)>

   今や3組に1組が離婚すると言われ、離婚調停や離婚訴訟は珍しいものではなくなってきた。そんな中近年、あらわになってきたのが妻を精神的・経済的に支配する”モラ夫(モラハラ夫)”の存在だ。  彼らは妻が決死の思いで別離を […]…

モラハラ夫が、日本の夫婦を破綻させる <モラ夫バスターな日々(1)>

   今や3組に1組が離婚すると言われ、離婚調停や離婚訴訟は珍しいものではなくなってきた。そんな中近年、あらわになってきたのが妻を精神的・経済的に支配する”モラ夫(モラハラ夫)”の存在だ。  彼らは妻が決死の思いで別離を […]…