カテゴリーアーカイブ: ヴェオリア

ピッツバークからフリントへ。悩ましい公共水道を民間企業に任せてしまった悲惨な結末

 2018年末成立した改正水道法がコンセッション方式を導入し、今後自治体は政府が懸命に推進するコンセッションをやるか、やらないか検討しなければならない時代となった。  2015年を前後して、米国ピッツバークで水道水の鉛汚 […]…

水道事業に民間参入を促そうしているのは誰なのか。内閣府PPI推進室を巡る利権の構造

岐路に立つ日本の水道事業  2018年10月からの臨時国会にて、「水道法改正」審議が再スタートしている。この改正法案は先の国会会期中の7月5日、衆議院を可決したものの時間切れで今臨時国会に持ちこされ、参議院からの審議とな […]…