カテゴリーアーカイブ: 中東

進む「トランプのイスラエルの離れ」。中東の緊張感をいたずらに高める結果に

イスラエルへの敵対意識を燃やすイラン  イラン革命防衛隊(IRGC)の副司令官ホセイン・サラミ将軍は今年1月に「もしイスラエルが戦争を始めようとして何かをしでかそうとすれば、その戦争は自国の消滅を導くものになるであろう。 […]…

安田純平氏が戦場取材をする理由。「『テロリスト』として殺される“普通の人”の存在を伝えたい」

 2015年6月にシリアで武装勢力に拘束され、40か月もの長い拘束の末に昨年11月に解放されたフリージャーナリストの安田純平氏が、2月16日に神戸市内で講演。「あきらめたら終了です」と題し、420人が参加した。  この報 […]…

原油供給不安による高騰から一転下落……も、喜べない事情

原油急落後しばらくしてから下落したガソリン価格はどうなるか  原油価格が高騰し、10月3日にはNY原油が4年ぶりに高値を更新する1バレル=76.9ドルを記録した。背景にあるのは、供給不安だ。米国はイラン産原油の禁輸制裁を […]…

カショギ氏殺害録画の入手を否定してサウジ批判を避けるフランスの「事情」

 サウジアラビアのジャーナリストジャマル・カショギが、トルコ・イスタンブールのサウジ領事館を訪問して後に殺害された事件から2か月近くが経過した。  その間、トルコ政府はその現場の状況を録音したものを米国、英国、フランス、 […]…

カショギ氏の死は、サウジの分割を導く導火線になるかもしれない

 すでにその死亡を巡る二転三転するサウジ側の説明や、噂されている残虐な殺害方法などが世界的に話題になっているサウジアラビアのジャーナリスト、カショギ氏の死。  もともとサウード家から重用され、諜報局長だったタルキ・アル・ […]…

アフガニスタンで奇跡的な“3日間の平和”が実現、市民主導で平和集会が開催される

 40年もの間、紛争状態がつづくアフガニスタンで、ラマダン明けの6月15日から3日間、奇跡とも言える停戦が結ばれた。アフガニスタンのアシュラフ・ガニー大統領が停戦を打診し、反政府武装勢力のタリバンが応じた形だ。  つかの […]…

エルドアンがトルコの大統領に再選。しかし、内政・外交ともに楽観視できない状況

 6月24日に行われたトルコの大統領と議会選挙で、現職のエルドアン大統領が再選され、彼の公正発展党(AKP)は過半数の議席は失ったものの、選挙前に同盟関係を結んだ民主主義行動党(MHP)の議席を合わせて過半数を維持した。 […]…

中東・ヨルダンの市民による増税反対デモの背後に米国、イスラエル、サウジの影

 中東のヨルダンで、国民が政府の増税政策に反対して6月当初デモを行ったことが日本の報道でも取り上げられた。それが話題になった理由は、アラブの春を再現する王政崩壊に繋がるのではないかという懸念からであった。  ヨルダンは小 […]…

ラマダン時期はビジネスチャンス。期間中のイスラム圏の広告合戦がすごかった

 こんにちは、鷹鳥屋 明です。  今世界のイスラム教徒の皆様は聖なるラマダン月(ラマダーン)に入っており、この月の間は日の出から日の入りまでは断食「サウム」を行い、日の入りと共に食事を食べます。人によっては朝3時頃の日の […]…

病原菌だらけの海、漁船が攻撃され壊滅状態の漁業――パレスチナ自治区ガザ“海の封鎖”が引き起こす現実

「パレスチナ自治区ガザ」というと、日本での報道から「物騒で怖いところ」というイメージを持つ人々も多いのではないか。そこはリゾート地のような風光明媚な環境でありながら、海の幸を味わい波打ち際で遊ぶという、日本の人々にとって […]…

米国の2日後にグアテマラもエルサレムに大使館を移した。その理由にある中米国家の悲哀

 グアテマラは米国に続いて5月16日、イスラエルのエルサレムに大使館を移転させた。  その開館の式典にはジミー・モラレス大統領そしてネタニャフ首相も参列した。その席でモラレス大統領は「両国の戦略的同盟と協力をより強固にす […]…

中東アニメで、なんと初の女性ヒーロー! インスピレーションは日本のアニメから

 こんにちは、鷹鳥屋明です。  近年、石油経済後の産業育成に力を注ぎ、石油で培った富を中小企業の育成、IT産業、ロボット産業に投資を行っている中東の湾岸諸国ですが、その中でもエンターテイメント産業への投資と教育が特に盛ん […]…

サウジ王宮へのドローン飛来騒動は、クーデター未遂だった!? 騒動後、王子が姿を見せずそんな噂が拡散

 4月21日の夜に首都リヤドの王宮付近で飛来して来たドローンを王宮の警備兵が撃墜したというニュースが世界に報道された。ところが、この出来事はクーデター未遂であったという可能性が強まっている。その周囲の市民からの情報でも銃 […]…

砂漠の名物を作れ! 中東では”ラクダミルク”の戦国時代

 こんにちは。鷹鳥屋明です。  今回、世界でも最大規模を誇る食の展示会「ガルフード2018」に参加して色々と調査を行ってきました。その中で面白いトピックを取り上げていこうと思います。  中東のイメージといえば、砂漠、ナツ […]…

砂漠の名物を作れ! 中東では”ラクダミルク”の戦国時代

 こんにちは。鷹鳥屋明です。  今回、世界でも最大規模を誇る食の展示会「ガルフード2018」に参加して色々と調査を行ってきました。その中で面白いトピックを取り上げていこうと思います。  中東のイメージといえば、砂漠、ナツ […]…

中東でもeスポーツが隆盛! なんと優勝者はマセラッティ丸ごと贈呈というバブリーさ

 日本では最近eスポーツに関する盛り上がりを目にするようになりました。  海外でも、様々な大会や豪華商品、高額賞金に関するニュースがあります。たとえば、ゲームばかりやっていた息子がeスポーツで有名人になり、会計士である自 […]…

中東でもeスポーツが隆盛! なんと優勝者はマセラッティ丸ごと贈呈というバブリーさ

 日本では最近eスポーツに関する盛り上がりを目にするようになりました。  海外でも、様々な大会や豪華商品、高額賞金に関するニュースがあります。たとえば、ゲームばかりやっていた息子がeスポーツで有名人になり、会計士である自 […]…