カテゴリーアーカイブ: 公営競技

懲戒免職になった馬券3億円税務署職員のギャンブル戦略を分析してみた

 大阪府寝屋川市の固定資産税課の課長職であった方が競馬での払戻金を申告せずに脱税したとして懲戒免職となったニュースが報じられた。(参照:毎日新聞)  このニュースは公営競技ファンから言わせてもらえばツッコミどころが満載だ […]…

ギャンブル場のまわりは本当に治安が悪いのか? 依存症・カジノへの課題を考える

日本はすでに数多くのギャンブル施設がある国  ギャンブルというだけで嫌悪感を持つ方は多いだろう。ギャンブル依存症の話題が多い昨今では当然だとも言えよう。  将来的に日本にもカジノができる見込みだが、嫌悪感を持つ方々からす […]…

北海道は「関東」、富山は「近畿」!? 公営競技の「地区」は交通行政と密接に絡んでいた

 日本は様々な地方で区分けされるが、一般的なのは「八地方区分」と言われる北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州の地方分類だ。もちろん首都圏のような、関東とはまた違った範囲を指すものもあり、日本の分け方は様々だ。 […]…

公営ギャンブル、選手・騎手の携帯持ち込み制限は厳しくするべきか?

 3月11日、女子競輪の大久保花梨選手が通信機器を持ち込んだことにより、「管理秩序違反」で出場中の大会へのあっせん契約を即日解除されたとのニュースがあった。これにより、2日目以降の競走に出走できなくなり、今後はあっせん規 […]…