カテゴリーアーカイブ: 強行採決

入管法衆院強行採決前日の首相・法相答弁の誠実さを可視化。論点ずらしと質問無視が明らかに

 2018年11月27日、実質的な移民政策である入管法(出入国管理法改正案)が衆議院で強行採決された。  外国人技能実習生の大量失踪、その聴取票の法務省データ改ざんの疑いなど問題が山積みであったにも関わらず、だ。さらに1 […]…