カテゴリーアーカイブ: 心理術

使えない「最新の」自己啓発本やビジネス本を何冊も買う前にやるべきこと

 海外の心理学に関する論文や書籍を読んでいると、「これは日本人には合わないな」と思うものを見かける。 文化によって心理術に効果にも違いが  ボディランゲージを使って相手の心を読んだり、気持ちを誘導したり、モチベーションを […]…

「ポジティブ」や「好きを仕事に」という言葉の、ダメ社員ほど陥りがちな勘違い

「ポジティブ思考」と聞いて、あなたはこの言葉をどのように説明するだろうか? ポジティブ=楽観的ではない  私は著書を読んでくれた方から、「山本さんは、ポジティブな方なんですね」と言われたことをキッカケに、「そもそも、この […]…

巷の「心理テクニック本」はなぜ使えない!? 効果を出すのに足りない3つの基本原則とは?

 ビジネスで使える心理術を紹介する当連載。今回は、何十とある心理テクニックを覚えることなく、その核となる3つの基本原則を理解することで、自然と心理テクニックを使って仕事の成果を高めることができる方法について解説する。 情 […]…

夏休み明けにモチベーションが急降下……9月病の原因と対策

 5月病は多くの人がご存知だと思うが、9月病のことを知っている人はまだ少ない。もし、あなたが「焦燥感」「無力感」を感じている場合は、9月病の可能性がある。 日照時間が心に影響  そもそも、9月はさまざまな業界で“呪われた […]…

夏休み明けにモチベーションが急降下……9月病の原因と対策

 5月病は多くの人がご存知だと思うが、9月病のことを知っている人はまだ少ない。もし、あなたが「焦燥感」「無力感」を感じている場合は、9月病の可能性がある。 日照時間が心に影響  そもそも、9月はさまざまな業界で“呪われた […]…

仕事ができない人が陥る3つの危険な口癖とは? 気づけば気づけば自分にも悪影響

 筆者は「採用面接でどうやったら優秀な人を取れますか?」といった、採用における課題の相談を受けることがある。10分や20分の面接で相手の問題解決能力やコミュニケーション能力を判断するのは難しい。 相手の能力を判断できる質 […]…

ジョブス筆頭に海外経営者が注目。ビジネスマンこそ「坐禅」に挑むべき理由

 今回のテーマは、「忙しいビジネスマンこそ、夏休み中にお寺で坐禅体験をしてほしい」というものだ。なぜなら、現代の脳科学や心理学が解き明かした、クリアな思考を生む方法が2500年前から行われている坐禅にはあったからだ。 座 […]…

名刺の紙は重いほうがいい? 潜在意識に働きかける戦略的ビジネスデザイン

 筆者は数年前に『名刺デザイン心理』というセミナーを数か月間、数十人の方に向けて実施していた。これは、名刺のデザインをデザイン屋さんが作った「かっこいい」「かわいい」名刺から、本来の目的の「覚えてもらう名刺」にするための […]…

これからは「意識ちょうどよい系」で!目標設定は「できる100%×2倍」

 私は「意識高い系」である。仕事が好きで、本もたくさん読むし、週の大半の睡眠時間は約4時間。一人で考えるのも好きだが、人と会って話をするのも好きだ。マインドフルネスは毎日するし、パワーナップ(積極的昼寝)を取り入れたり、 […]…

部下に仕事を任せられない? 原因は間違った褒め方にあった

 筆者は個人向けのコーチングもしているが、そのクライアントのなかで、ある会社のマネージメント職にある方が、こういう悩みを抱えていた。「部下に仕事を任すのが不安だ」 仕事のプロセスが見えない  4月や1月で役職が変わり、同 […]…

仕事に行き詰まったらやるべき3つのこと。超簡単リフレッシュ法

「仕事、行き詰まった、解決方法」と検索して、この記事に行き着いた方がどれくらいいるのか気になる。または、記事のタイトルがあなたの今の悩みとマッチしたのだろうか? 仕事机が視野を狭くしている  この記事を読んでいるというこ […]…

アインシュタインの思考に近づける!? 右脳と左脳を連携させる超お手軽な方法とは

 アルベルト・アインシュタインの名を知らない人はいないだろう。相対性理論を提唱し、ノーベル賞を受賞した天才だ。彼は生涯を通して研究を続けたが、腹部大動脈瘤のため、76歳で亡くなった。 盗まれたアインシュタインの脳  その […]…

どうしてもやる気が出ない……重い腰をあげる決め手があった!

 筆者は定期的に各所でセミナーを実施しているが、先日に実施した心理学セミナーで、このような質問をいただいた。「どうしてもやるべき仕事があるのに、あと回しにしてしまう。どうしたらいいか?」。読者のみなさんも同じような経験が […]…

接待のお店選びで優先すべきは「雰囲気」か「味」か? 接待営業に隠された心理術

 営業職として、ある程度の経歴を持っているならば、誰しもが一度は接待をしたことがあるのではないだろうか? ただ、接待と言っても、取引先の機嫌を取るためだったり、謝罪のためだったり、商談を取りつけるためだったり、その目的は […]…

優秀な経営者は「サイコパス性」を持つ? 理性と感情のスイッチを切り替える方法

「優秀な経営者はサイコパスの可能性がある」。そう聞いて、読者の皆さんはどう思うだろうか? 明確な定義のない「サイコパス」  そもそも、サイコパスに関する具体的な定義は存在していない。一般的には冷酷で他人に対する共感能力が […]…

「運」の良し悪しは行動で変えられる。心理学者の調査でわかった幸運な人の理由

 ビジネスに限らず、さまざまな場面で重要視される「運」。読者の皆さんはこの言葉に、どのようなイメージを持っているだろうか? 運を掴むための行動パターン  運とは来るべき人に運ばれてきて、来ない人には運ばれてこない。自分で […]…