カテゴリーアーカイブ: 愛人

年収1000万クラスの準富裕層が「普通の女性」を好む理由<現役愛人が説く経済学72>

 こんにちは、東條才子です。いたって平凡なアラサーOLですが、富裕層を相手に愛人ビジネスを展開しております。  前回は「超富裕層の愛人になれる女性、なれない女性」と題し、愛人ビジネスの初心者が相手にするべきターゲットにつ […]…

小金持ちが、愛人を抱えようとしてメンタル崩壊する理由<現役愛人が説く経済学70>

 皆さまこんにちは、東條才子です。OLをしながら、複数のお金持ちの「愛人」として生活しております。  最近、愛人バンクで出会った60代の社長さんと、六本木ヒルズクラブのイタリアンへ行ってまいりました。六本木ヒルズクラブは […]…

愛人市場において「若さ」「美しさ」の価値は賞味期限1年程度という現実<現役愛人が説く経済学46>

前回は、「愛人バンクに登録する企業経営者男性は、志願者女性をどう見ているか?」と題しまして、有能なお金持ちほど女性の選定に関してシビアであることをお伝えいたしました。彼らは採用活動と同じように、「この女性にお金を使う価値があるか? 一緒に時間を過ごしたいと思えるか?」を見ています。…

55歳年下を娶り急逝した「紀州のドン・ファン」型富裕層の特徴とは<現役愛人が説く経済学39>

 皆様こんにちは。東條才子と申します。金融機関で働きつつ、常時4~5人の男性と愛人契約を結ぶ「愛人業」を楽しんでおります。  さて連日、マスコミを賑わせております「紀州のドン・ファン」こと和歌山の会社社長、野崎幸助さん( […]…

石原さとみではなく、あえて一般女性を愛人にしたがる金持ちの言い分<現役愛人が説く経済学36>

ここ最近、芸能界では、女優の剛力彩芽さんがファッション通販サイト「ZOZOタウン」の経営者と熱愛をスクープされたり、石原さとみさんが若手IT社長との沖縄旅行を週刊誌に撮られたりして、話題沸騰中ですね。…

パパ活ブームの裏で、金持ちの愛人になりたい女性が減り続けているワケ<現役愛人が説く経済学34>

 こんにちは。東條才子と申します。複数の富裕層男性から経済的支援を受ける「愛人業」をビジネスとして展開しております。前回と前々回は、孤独を抱える中高年の実態についてお話してまいりました。  カンの良い方はすでにお気づきか […]…

40代後半〜50代の富裕層男性に「寂しい男」が異様に多い理由<現役愛人が説く経済学33>

女子大生を買春したと週刊誌にスクープされた新潟県知事が、27日、正式に職を辞することになりましたね。彼の失敗については前回、「新潟県知事の失敗は、愛人市場の最下層に手を出したこと」と題し、ご説明いたしました。…

新潟県知事の失敗は、愛人市場の最下層に手を出したこと<現役愛人が説く経済学32>

ここ数日、新潟県の米山隆一知事が「女子大生を相手に買春した」と週刊誌に暴露され、職を辞することになったニュースが話題ですね。週刊文春の報道によりますと、知事は出会い系サイトを通じて女性と知り合い、月に2回の頻度で1回あたり3~4万円を渡していたそうです。他にも複数の女性と交際していたとの報道もあります。…

<現役愛人が説く経済学30>富裕層男性は、なぜ「愛人関係は風俗とは違う」と思い込みたいのか?

 こんにちは。東條才子と申します。OL業に勤しみつつ、常時4~5名の富裕層男性から金銭的な援助をいただく「愛人ビジネス」を展開しております。  前回は「富裕層男性ほど愛人とは『コト消費』を好む傾向」といたしまして、男性が […]…

<現役愛人が説く経済学29>富裕層男性ほど愛人とは「コト消費」を好む傾向

 前回は「「不動産王に3億貢がせた『共犯関係マーケティング』」と題しまして、男性と共犯関係を築くマーケティング手法をご紹介いたしました。多額の利益を得るには、ときにクライアントから冷静さを失わせることも必要なのでございます。…

<現役愛人が説く経済学28>不動産王に3億貢がせた、「共犯関係マーケティング」

 皆さんこんにちは。東條才子と申します。決して若くも美人でもないOLですが、複数の富裕層男性から毎月契約額をいただく「愛人」をしております。  前回は「ビートたけしの愛人に見る大物操縦術」といたしまして、愛人ピラミッドの […]…

<現役愛人が説く経済学27>ビートたけしの愛人に見る大物操縦術

 ごく普通のアラサーOLですが、富裕層男性を相手に「愛人ビジネス」を展開している者です。  ここ数日、ビートたけしさんの事務所独立にまつわるニュースがメディアを賑わせておりますね。そこには「18歳年下の愛人A子さん」が深 […]…

<現役愛人が説く経済学26>LINEで「愛してる」と言う男の50%は、カネを出し渋る「モンスター顧客」

前回は「長くてウザい「おっさんLINE」は、愛人契約につながる宝の山」と題しまして、長文LINEから男性のニーズを汲み取る成功例をお伝えいたしました。今回は逆に、LINE営業における失敗例について考えてみましょう。…

<現役愛人が説く経済学24>愛人バンクに登録している女は、男の何を見ているのか

 こんにちは。東條才子と申します。どこにでもいるアラサーOLですが、「愛人業」をビジネスとして展開し、常時4~5名の富裕層とお付き合いをしております。  ホステスクラブ、キャバクラなど、さまざまな場所で愛人契約を取ろうと […]…

<現役愛人が説く経済学23>年収はそう高くないけど愛人成約率抜群な「市場」とは?

 こんにちは。東條才子と申します。金融系のOLをしながら、お金持ちの男性たちに対する「愛人ビジネス」を展開している者です。  さて、男女関係のマーケットをセグメント化し、それぞれのセグメントにおける「愛人契約の実態」を解 […]…

<現役愛人が説く経済学22>高級クラブは愛人市場においてはレッドオーシャン

 こんにちは。東條才子と申します。ごく普通のアラサーOLですが、4~5名のお金持ちから経済的な支援を受ける、「愛人」をしております。  前々回(参照:『愛人の“市場”は世間が思う以上に細分化されている』)と前回(参照:『 […]…

<現役愛人が説く経済学19>富裕層の男が、銭ゲバ愛人を囲うことはない

 あけましておめでとうございます。東條才子と申します。  職業はごく普通の金融系OLですが、現役の「愛人」として、常時4~5名の富裕層とのお付き合いがございます。  今回は、前回の続き(「キャッシュフロー開示する愛人は“ […]…