カテゴリーアーカイブ: 男女

慰謝料も払わず「離婚後もたまにデートしような」……。往生際の悪いモラ夫たち<モラ夫バスター40>

弁護士・大貫憲介のモラ夫バスターな日々<40>  「いきなり電話してきて、お前、なんだよ」  夫₍40代₎に電話して、私が弁護士と名乗ると、夫は初めから戦闘モードだった。  私は、「よしえ様₍仮名₎は、離婚したいそうです […]…

真実はただ一つ。モラハラ夫と10年後、20年後も一緒にいたいか否かである<モラ夫バスターな日々39>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々」<39>  「結婚前から違和感がありました」  私の事務所に相談に来た50代の女性が言った。しかし、夫は基本的に優しい人だったので、違和感を無視して、結婚したという。ところが結婚 […]…

家計を制限し、生活費を出し渋るモラ夫の経済的モラ行為が妻を追い詰める<モラ夫バスターな日々38>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々<38>  離婚調停にて夫は、 「生活費は十分に渡していた。妻の借金なんて知らない」 と述べた。  妻によると、同居生活中、渡された生活費は1日あたり1000円だった。家賃、水光熱 […]…

「モラハラ妻」はモラ夫からの攻撃に耐えるために同化した結果<モラ夫バスターな日々36>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々<36>  「モラハラはお前だ」、「お前がモラ妻」と、主人から言われた――。  法律相談に来た30代後半の女性は、そう言った。  そして「私、料理下手だし、掃除もきちんとできません […]…

妻を虐げるくせに自分は不貞。モラハラ夫の自己中な下半身<モラ夫バスターな日々30>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々<30> 「夫は、最近、ときおり朝帰りがあり、休日出勤が増えました」  相談に来た、アラフォーの女性が嘆いた。 「女がいるんでしょうか」 と私に訊いた。でも、家にいるときは、以前よ […]…

「愛してる」イコール「俺の奴隷になれ」。モラハラ夫の歪んだ言語感覚<モラ夫バスターな日々25>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々<25>」  妻に逃げられ、離婚を突き付けられた夫(40代)が、妻(40代)宛に手紙を書いた。そこには、 「海よりも深く、山よりも高く、お前を愛している 弁護士に邪魔されて、3ヶ月 […]…

暴力や不貞がなくとも、数年別居しなくともモラハラ夫との離婚は可能<モラ夫バスターな日々23>

 弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々<23>  東京家裁の待合室で、当事者の女性が、自分の弁護士に対して、同居時に受けていた、夫からのモラ被害を切々と訴えていた。私は、心の中で、(おい、家裁に来る前に事情を聞いとけ […]…

妻にだけ過剰な負荷を強いる、日本の夫婦の非対称性<モラ夫バスターな日々22>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々<22>  私の事務所に来て、殆どの女性相談者がする質問がある。先日も、30代の女性相談者が質問した。 「私の夫はモラ夫ですか」  聞くと、ほぼ毎日のように夫にディスられているらし […]…

「共同親権」はモラハラ男が元妻を支配するツールになりかねない<モラ夫バスターな日々20>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々」<20>  40代の女性が相談に来た。第1子を妊娠したころから、夫が怒鳴るようになったという。毎日のように怒鳴られてきた苦労が顔に刻まれていて、モラハラの凄惨さがわかる。  私が […]…

「夫が風俗に行くのは妻の責任」虐待夫に日本語は通じない<モラ夫バスターな日々19>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々<19>  夫(40代)から「出て行け!」と怒鳴られ、妻(40代)は、幼子2人の手を引いて実家に戻った。その3日後、 「俺が悪かった、反省している。やり直そう」  とLINEが来た […]…

性教育トイレットペーパー開発に挑む女子大学生。「安心して性を学べる環境をつくりたい」

 日本の性教育は、遅れていると言われる。2018年3月には、東京都教育委員会が都内の中学校における性教育が不適切と断じ、物議を醸した。授業で「性交」や「避妊」といった言葉を使っていたからだ。  しかし、しっかりとした性教 […]…

妻に加害するモラ夫予備軍は、結婚前の性的行動で判別可能<モラ夫バスターな日々18>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々<18>  婚活パーティーで知り合い、初めての男女関係を結んだ日、避妊をお願いしたところ、男性(30代)は、真顔で、「俺、真剣だから(避妊しない)」と答えた。  真剣だとなぜ避妊を […]…

妻にセックス強要するモラ夫たち。中絶が10回以上に及ぶ例も<モラ夫バスターな日々16>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々」<16>  夫(30代)は、横になっている妻の隣に座り込んで、 「妻だから応じるのが義務だろう」 「浮気してもいいんだな」  と妻を責めた。  妻が拒否すると、この夫は、結婚した […]…

妻を虐待しまくるモラ夫は精神疾患ではなく、むしろ”正常”という闇<モラ夫バスターな日々14>

「なぜ出て行ったのか、全く腑に落ちません」  離婚調停で、40代の男性が言った。  妻によると、夫は、毎日、「バカ」「お前は病気だ」と妻を罵ったという。罵られ続けて、妻は、うつ状態になり、役所に相談、就学前の幼児2名とと […]…

なぜ男は結婚後に豹変するのか? 横暴なモラ夫になる「モラスイッチ」はどこで入るのか<モラ夫バスターな日々11>

弁護士・大貫憲介のモラ夫バスターな日々<11>  60歳手前の女性が、私の事務所に相談に来た。  夫が、そろそろ定年退職なので、退職金の半分を貰って、離婚したいという。30数年間の結婚生活をお聞きしたが、夫は、休みの日は […]…

支配的で理不尽なモラ夫の振る舞いに、「私が悪い」と自責する妻たち<モラ夫バスターな日々10>

弁護士・大貫健介の「モラ夫バスターな日々」<10>  日本男性には、つくづくモラ夫が多い。しかし、モラ被害に遭っていても、逃げない妻は多い。  ある妻(30代後半)は、夫から、いつも怒鳴られることに悩み、相談に来た。「夫 […]…

妻を抑圧するモラ夫を選んでしまう女性とは? 30年の離婚弁護事例から読み解く<モラ夫バスターな日々9>

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々」<9>  夫からのモラハラ被害を受ける女性たちに共通の特徴はあるだろうか。  優しい、努力するタイプの方が多いようには思うが、日本女性は、概して、優しくて努力家なので、被害妻たち […]…

イクメンでも、妻子を迫害するモラ夫たちもいる<モラ夫バスター8>

「育児をしない男」は当然モラ夫だが……  1999年、厚生省(当時)は、「育児をしない男を父とは呼ばない」とのポスターを作成、公表し、賛否両論を巻き起こした。まだ、「イクメン」という言葉が生まれる前の話だ。  それから2 […]…

男尊女卑をなくせば、日本の幸福度が上がる理由<モラ夫バスターな日々7>

 私は、離婚案件だけでなく、夫婦関係の修復案件も扱ってきた。その経験から、家庭を幸福にする最大の要素は、妻子が伸び伸びと幸せに暮らしていることにあると思う。笑顔や笑い声が家庭の幸福の象徴である。それは、男性にも当てはまる […]…

なぜ、日本の多くの男性は妻子に突然、縁を切られるのか<モラ夫バスターな日々3>

 弁護士である私、大貫憲介がモラハラ夫について述べていく本連載。  第1回、第2回と妻側から離婚を概観したので、今回は、視点を変えて、夫側から離婚を概観する(本連載での具体的事例は、プライバシー保護の観点から適宜加工して […]…

なぜ年収1000万円クラスの小金持ちは話がつまらないのか?<現役愛人が説く経済学73>

 皆様こんにちは、東條才子です。どこにでもいるアラサーOLですが、複数のお金持ちの愛人として生活しております。前回は「年収1000万クラスの準富裕層が『普通の女性』を好む理由」と題しまして、愛人のポートフォリオについて解 […]…

「妻を従属させる=夫婦仲が良い」と思っているモラハラ夫の認知の歪み<モラ夫バスターな日々(2)>

【弁護士・大貫憲介のモラ夫バスターな日々(2)】  離婚が成立すると、離婚弁護士は、依頼者・妻に何と声をかけるかご存じだろうか。 「離婚、おめでとうございます!!」である。 離婚案件には、この表現が一番しっくりくる。依頼 […]…

年収1000万クラスの準富裕層が「普通の女性」を好む理由<現役愛人が説く経済学72>

 こんにちは、東條才子です。いたって平凡なアラサーOLですが、富裕層を相手に愛人ビジネスを展開しております。  前回は「超富裕層の愛人になれる女性、なれない女性」と題し、愛人ビジネスの初心者が相手にするべきターゲットにつ […]…

モラハラ夫が、日本の夫婦を破綻させる <モラ夫バスターな日々(1)>

   今や3組に1組が離婚すると言われ、離婚調停や離婚訴訟は珍しいものではなくなってきた。そんな中近年、あらわになってきたのが妻を精神的・経済的に支配する”モラ夫(モラハラ夫)”の存在だ。  彼らは妻が決死の思いで別離を […]…

モラハラ夫が、日本の夫婦を破綻させる <モラ夫バスターな日々(1)>

   今や3組に1組が離婚すると言われ、離婚調停や離婚訴訟は珍しいものではなくなってきた。そんな中近年、あらわになってきたのが妻を精神的・経済的に支配する”モラ夫(モラハラ夫)”の存在だ。  彼らは妻が決死の思いで別離を […]…

超富裕層の愛人になれる女性、なれない女性<現役愛人が説く経済学71>

 こんにちは、東條才子と申します。どこにでもいる普通のOLですが、現在は4~5名の富裕層を相手に「愛人」をしております。  前回は、「小金持ちが、愛人を抱えようとしてメンタル崩壊する理由」と題して、豊かな愛人生活を送るた […]…

小金持ちが、愛人を抱えようとしてメンタル崩壊する理由<現役愛人が説く経済学70>

 皆さまこんにちは、東條才子です。OLをしながら、複数のお金持ちの「愛人」として生活しております。  最近、愛人バンクで出会った60代の社長さんと、六本木ヒルズクラブのイタリアンへ行ってまいりました。六本木ヒルズクラブは […]…

確実な契約をゲットするには、万人ウケを捨てることも必要<現役愛人が説く経済学42>

 こんにちは、東條才子です。ごく普通のOLをしつつ、お金持ち男性の「愛人」として生活しております。前回は、このところ話題の「紀州のドン・ファン妻が駆使した「ペルソナ戦略」とは」として、愛人バンクにハマる男性の2タイプを読 […]…

「紀州のドン・ファン」がハマった、愛人バンクの麻薬的な快楽とは<現役愛人が説く経済学40>

 こんにちは。東條才子と申します。ごく普通のアラサーOLですが、複数のお金持ち男性を相手に「愛人業」を展開しています。前回は「55歳年下を娶り急逝した『紀州のドン・ファン』型富裕層の特徴とは」と題しまして、ワイドショーを […]…

55歳年下を娶り急逝した「紀州のドン・ファン」型富裕層の特徴とは<現役愛人が説く経済学39>

 皆様こんにちは。東條才子と申します。金融機関で働きつつ、常時4~5人の男性と愛人契約を結ぶ「愛人業」を楽しんでおります。  さて連日、マスコミを賑わせております「紀州のドン・ファン」こと和歌山の会社社長、野崎幸助さん( […]…

男がいう「妊婦様」はなぜ女性の怒りを買うのか<北条かや>

北条かやの「炎上したくないのは、やまやまですが」  先日、結婚式の演出などを手がける「株式会社リベラ」社長の発言がプチ炎上した。リベラ社長の鈴木裕行氏が、出産経験のある女性のツイートに対し批判的な言及をしたのだ。  その […]…

2割の優良顧客が売上の8割! 愛人ビジネスにおけるパレートの法則とは<現役愛人が説く経済学37>

 こんにちは。東條才子と申します。ごく普通のアラサーOLですが、複数のお金持ちから経済的支援を受ける「愛人業」をしております。  前回は、「石原さとみではなく、あえて一般女性を愛人にしたがる金持ちの言い分」https:/ […]…

足立区vs自民党都議の「中学生からの性教育」論争を欧米人はどう見たか?

 中学校でコンドームの着け方を教えるのはアリ? ナシ? 今年3月に東京都足立区の公立中学校で「2人が合意すれば、高校生になれば性交をしてもよいか?」「正しい避妊方法は?」といったアンケートが行われ、波紋を呼んだ。 性教育 […]…