カテゴリーアーカイブ: 石油

世界最大の埋蔵量を誇るベネズエラの石油を巡るロシアと米国の戦い

ボリバル革命以降、ベネズエラの石油利権に食い込んだロシア  世界で最大の原油埋蔵量を持つベネズエラので原油と天然ガスの開発において2004年頃までは米国とヨーロッパの企業で占められていた。  ところが、2007年からチャ […]…

シェルと石油・ガス業界が目指すビジネスプロセスの「業界標準」

ビジネスプロセスの「標準化」がついにここまで進みつつあるのか、ということについて、SAPと石油業界スーパーメジャーのひとつであるシェルの取り組みが2019年のSAPPHIRE NOWで共有されました。石油・ガス業界が目指すビジネスプロセスの「業界標準」ついて、方向性を探ります。…

原油供給不安による高騰から一転下落……も、喜べない事情

原油急落後しばらくしてから下落したガソリン価格はどうなるか  原油価格が高騰し、10月3日にはNY原油が4年ぶりに高値を更新する1バレル=76.9ドルを記録した。背景にあるのは、供給不安だ。米国はイラン産原油の禁輸制裁を […]…

原油高騰で注目を集める「オイルサンド」。投資材料としても要チェック

原油価格が1バレル=70ドルを突破し、3年半ぶりの高水準となっている。現在は、これまで協調減産を進めてきたサウジアラビアとロシアが緩和に転じる可能性が出てきたことで60ドル台に下落したものの、依然として高値で推移している。トーキョー・トレーダーズ・タイムズの小針秀夫代表が解説する。…

航空機の遅延ゼロを目指して − シェル・エイビエーション社のデジタルトランスフォーメーション

石油業界スーパーメジャーのひとつであるシェル(正式にはロイヤル・ダッチ・シェル)には、シェル・エイビエーションという航空燃料補給サービスを担う事業部門があります。世界中、つまり、32ヶ国850の空港で事業を行っており、対象となる航空機の数は年間200万にものぼります。14秒ごとに1機の航空機に対し給油を行っていることになり、また、1日あたり7千2百万リットルもの燃料を供給しています。
年間36億もの人たちがビジネスやレジャーを目的として飛行機に乗っており、1日あたり180億ドルもの物資が航空機によ…