カテゴリーアーカイブ: 石破茂

日韓対立は両国の国民を不幸にする<石破茂氏>

日韓の対立を憂う  日韓関係が「戦後最悪」と呼ばれるほど悪化している。  昨年来、徴用工問題をはじめとする様々な問題で対立を深めてきた。この事態を受けて、安倍政権は韓国に対して半導体の輸出規制や「ホワイト国」(ゆすつ管理 […]…

国民の間に広がる諦観や無力感。揺らぐ民主主義の根幹<石破茂氏>

現実味を帯びてきた「衆参ダブル選挙」  改元によって支持率を上げたものの、安倍政権下での度重なる不祥事で自民党支持層にも不満が広がっている。そんな中、囁かれ始めたのが7月の参院選に合わせた衆参ダブル選挙である。  安倍政 […]…

国民の間に広がる諦観や無力感。揺らぐ民主主義の根幹<石破茂氏>

現実味を帯びてきた「衆参ダブル選挙」  改元によって支持率を上げたものの、安倍政権下での度重なる不祥事で自民党支持層にも不満が広がっている。そんな中、囁かれ始めたのが7月の参院選に合わせた衆参ダブル選挙である。  安倍政 […]…

自民党総裁選、満面の笑みの石破氏、顔面蒼白の甘利氏、無表情の進次郎氏

 茶番劇に終わるはずが大どんでん返しとでもいうべきことか。安倍晋三・総裁が9月20日に三選を果たした自民党・総裁選のことである。  安倍晋三・総裁が任期2期6年という自民党総裁の任期を3期に延長させ、3選を目指したこの闘 […]…

自民党総裁選公開討論会の一部を「信号無視話法」分析してみた

 現職の安倍晋三総理と石破茂・元幹事長の一騎討ちとなった自民党総裁選。9月6日に発生した北海道胆振東部地震の対応を優先するという理由で3日間の総裁選活動自粛を挟んだ一方、投開票日は9月20日のまま延期されなかった。そのた […]…

平成最後の自民党総裁選。器が小さくなる自民党の「終わりの始まり」

中選挙区を知る石破と知らぬ安部  立候補に必要とされる20名の推薦人が集まらなかったことで野田聖子氏が自民党総裁選挙への出馬を断念した。これで今回の総裁選は文字通り、安倍晋三と石破茂の一騎打ちになる。  6年前の総裁選決 […]…

小泉進次郎氏、自民党総裁選での「石破氏支持」を講演会で匂わせる!?

「人と違っていていいのだ」というスローガンに共鳴  安倍首相と自民党総裁選で一騎打ちをする石破茂・元地方創生大臣を小泉進次郎氏が支持表明するのではないかと注目された講演会(「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム20 […]…

小泉進次郎氏、自民党総裁選での「石破氏支持」を講演会で匂わせる!?

「人と違っていていいのだ」というスローガンに共鳴  安倍首相と自民党総裁選で一騎打ちをする石破茂・元地方創生大臣を小泉進次郎氏が支持表明するのではないかと注目された講演会(「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム20 […]…

「激しい批判をする野党の後ろにも国民はいる」。総裁選出馬を決めた石破茂が語る国会・憲法・沖縄

 9月7日告示・20日投開票の日程で行われる自由民主党の総裁選挙は、野田聖子氏の出馬断念により、安倍晋三氏と石破茂氏の一騎打ちとなった。  政党の代表を選ぶ選挙とはいえ、自民党の総裁選となれば、事実上「次の総理」を選ぶ選 […]…

石破茂・元防衛相が自民党総裁選の出馬会見をフリー記者にも開放、安倍首相会見との違い鮮明に

 石破茂・元防衛相が8月10日、衆議院第二議員会館の多目的室で16時から自民党総裁選への出馬会見を行った。会見場に貼られた石破氏のポスターのキャッチフレーズは「正直、公正、石破茂」というもので、森友・加計問題で“お友達優 […]…