カテゴリーアーカイブ: 経営

良品計画/上越市と「直江津ショッピングセンター」活性化

良品計画は1月27日、新潟県上越市、頸城自動車と、地域活性化に向けた包括連携に関する協定を締結したと発表した。 <新潟県内最大級となる無印良品が出店> 上越市及び直江津地域の活性化について、3者が協力。具体的には、頸城自 […]…

コンビニ/生活圏で利用したいコンビニ1位は「セブンイレブン」

伊藤忠商事グループのマイボイスコムは1月27日、9回目となる「コンビニのイメージ」に関するインターネット調査結果を発表した。 調査によると、生活圏にあった場合に最も利用したいコンビニエンスストアは、「セブンイレブン」が3 […]…

イオンモール/取締役ベトナム責任者の岩村氏が新社長に

イオンモールは1月27日、代表取締役の異動を発表した。3月1日付で、岩村康次取締役ベトナム責任者が代表取締役社長に就任する。 <新社長の岩村氏> 吉田昭夫社長は、取締役に就く。イオンは1月10日、社長交代を発表し3月1日 […]…

しまむら/鈴木誠取締役が社長に就任

しまむらは1月27日、鈴木誠取締役が2月21日付で社長に就任する人事を発表した。 北島常好社長は、取締役会長に就く。 経営体制の一層の強化により、環境の変化にスムーズに対応し、様々な課題への対応スピードを上げることで、業 […]…

メイト黒崎/商業施設「クロサキメイト」運営、自己破産

帝国データバンクによると、メイト黒崎は1月24日、東京地裁へ自己破産を申請し、同日保全管理命令を受けた。負債は約25億2600万円。 同社は、北九州市八幡西区黒崎地区における再開発事業の中核として1979年3月に設立。商 […]…

ローソン/紙製包材使用の「ハンバーガー」プラスチック削減

ローソンは1月28日、ナチュラルローソン店舗(145店:2019年12月末現在)で、紙製の包材を使用したハンバーガー「ジンギスカンサンド(柚子こしょうマヨ添え)」(税込298円)を発売する。 <紙製包材使用の「ハンバーガ […]…

コスモス薬品/食品売上構成比56%突破も「生鮮・惣菜」導入せず

コスモス薬品はこのほど、売上が好調な食品部門に、生鮮食品や惣菜を導入しない方針を明らかにした。 <コスモス薬品のホームページ> 横山英昭社長は1月15日、都内で開いた決算会見で、「食品売上構成比については、特に数値目標は […]…

キリンビバレッジ/2020年2億3410万箱目標「無糖・微糖」で価値訴求

キリンビバレッジは1月23日、清涼飲料合計で2020年販売数量は前年並みの2億3410万箱を目標とすると発表した。 <堀口英樹社長> 2020年事業方針発表会で、堀口英樹社長は、「2019年は2年連続過去最高の販売量を記 […]…

メルカリ/スマホ決済「Origami」買収「メルペイ」に統合

メルカリは1月23日、子会社のメルペイがOrigamiの全株式を取得し、子会社化すると発表した。 今後、Origamiの提供している「Origami Pay」サービス・ブランドを、お客・加盟店に対して一定の周知期間を経た […]…

三菱地所/「マルヤマクラス」スタッフの無料オンデマンド研修開始

三菱地所リテールマネジメントが運営する商業施設「maruyama class(マルヤマクラス)」(北海道札幌市)は2月1日、館内で働くスタッフが約100講座から24時間365日、自由に講座を選択して受講できるオンデマンド […]…

光洋/レジ袋の無料配布を3月1日終了

光洋は1月22日、光洋全店で3月1日よりレジ袋をはじめとするプラスチック製買物袋の無料配布を終了すると発表した。 <レジ袋の無料配布を3月1日終了> 7月1日からの省令改正にともなうプラスチック製買物袋の有料化に先んじて […]…

スターバックス/代官山「プリンチ」ウーバーイーツのデリバリー開始

スターバックスが運営するイタリアンベーカリー「プリンチ」は1月20日、代官山T SITEで、フードデリバリーサービス「ウーバーイーツ」のサービスを開始した。 <プリンチでウーバーイーツのサービス開始> アプリを通じて、職 […]…

スターバックス/代官山「プリンチ」ウーバーイーツのデリバリー開始

スターバックスが運営するイタリアンベーカリー「プリンチ」は1月20日、代官山T SITEで、フードデリバリーサービス「ウーバーイーツ」のサービスを開始した。 <プリンチでウーバーイーツのサービス開始> アプリを通じて、職 […]…

コンビニエンスストア/2005年の統計開始以来「初の店舗数減少」

日本フランチャイズチェーン協会は1月20日、CVS統計年間動向(2019年1月~12月)を発表した。統計によると、店舗数は5万5620店(前年比0.2%減)となり、2005年から現行の方式統計を開始して以来、初めて減少に […]…

大企業xスタートアップのオープンイノベーションをガンガン実現するDelta航空【CES 2020】

大企業がスタートアップとコラボし、新しい価値を生み出す。これは、多くの企業が目標に取り組んでおり、シリコンバレーに拠点を構える日本企業の最も重要なゴールの一つともなっている。
その一方で、実際の成功例は驚くほどに少ない。そもそも、多くのスタートアップは大企業との取り組みに興味がない。むしろ、めんどくさいとすら思われている。これは日本でもアメリカでも、ほぼ同じような状況である。
スタートアップが大企業に持つイメージ

スピードが遅い
偉そう
プロセスがめんどくさい
社員がポンコツ
できない理由を並べる…

クリエイトSD/川崎市の食品スーパー「ゆりストア」買収

クリエイトSDホールディングスは1月20日、子会社のクリエイトエス・ディーが川崎市で食品スーパー「ゆりストア」5店を展開する百合ヶ丘産業の全株式を取得し子会社化すると発表した。 <ゆりストアのホームページ> 百合ヶ丘産業 […]…

ミニストップ/石巻渡波店の無断発注報道を否定

ミニストップは1月19日、一部報道機関が、宮城県石巻市の「ミニストップ石巻渡波店」で本部の店舗経営相談員(ストアアドバイザー・SA)が加盟店オーナーの承諾を得ず、無断で商品を発注したと報道されたことを受け、見解を示した。 […]…

2020年に日本企業の経営スピードを上げる5つの方法

先日、我々のアドバイザーもしていただいている澤さんがVoicyにて日本企業と外資系企業での働き方の違いについてお話しされていた。(Voicy: 高いお給料をもらえる会社という考え方について。) GAFAなどの企業は給料が高いだけではなく、従業員の時間を尊重し自由に使える仕組みを提供する事で、より有意義な仕事環境を与えているという内容。旧態然とした仕組みで従業員を管理し、無駄に時間を奪って経営スピードを鈍らせている日本の大企業とはスピード感も全然違うとのこと。 シリコンバレーの企業の決断スピードは日本の100倍 実はこの分析は正しく、シリコンバレーの企業が世界的に凄いとされている理由の1つが、そのスピードの速さであろう。特にデジタルが主流になってきている現代では、これがかなり強力な武器となる。 日本企業が完璧なプロダクトを1つ出す間に、シリコンバレーの競合は20%の完成度のものを5つ出し、ヒットしたものだけを残し改善すると言われるほど、決断、実行、リリースのスピードが速い。 一説によると、日本企業とシリコンバレーの企業を比較すると、その決断スピードには100倍の差があると言う。これは、例えると時速3kmで進むカメと、時速300kmのF1カーぐらい異なるということだ。ある意味、全くカテゴリーが異なる。 参考: 日本がシリコンバレーに100倍の差を付けられている1つの事 Appleでの象徴的な出来事 Appleもスピードを重要視していることがわかるエピソードを紹介したい。2008年にプロダクトマネージャーの一人がミーティングにて、CEOのTim Cookに対して中国の工場での生産に大きな問題が発生している事を伝えた。するとCookは「それはまずい。誰か出向いてどうにかしなければ」と言った。 そのミーティングは継続し、30分ほどが経った時点でCookがその担当者に対し「あれ、なんで君はまだここにいるんだ?」と言うと、彼は急いでサンフランシスコ空港に直行し、服も着替えずにその足で中国行きの便に飛び乗ったという。 Amazonは平均で11.6秒に一回の頻度でデプロイしている Amazonでも、スピードに関しての意識はかなり高い。その一例として、彼らは実に平均で11.6秒に一回ソフトウェアの更新を行なっているというのだ。 もちろんこれは平日だけでのケースではあるが、常に最善の体験をユーザーに届けるため、そして競合に勝つために、新しい仕様リリースしまくっているということになる。 Googleがたどり着いたハイパフォーマンスチームに共通する5つのポイント その決断スピードが速い事で知られるGoogleは以前に業績の良いチームの共通点を探るべく、社内の180のチームに行ったリサーチプロジェクトを行った。その結果によると、個々のチームメンバーのスペックには全く共通点はなく、その仕組みやカルチャーが最も重要であるということがわかった。 その5つの共通点は下記の通り: 信頼性: 時間通りに結果を出せる信頼性が担保されている 透明性: ゴールとそれぞれの役割がクリアになっている 仕事の意義: 仕事の内容が個々のメンバーにとって意義のあるものになっている インパクト: 仕事の結果が社会に良い影響を与える 心理的安全性: 恐怖や不安を感じることなく自分の意見を伝えられる状態が担保されている 上記の中でも、5番目の心理的安全性が保たれていることが、業績を上げるために最も重要なポイントだとGoogleは定義している。この調査の結果、自分の意見を周りの反応を恐れることなく発言できる環境を作ることを最優先するべきだと分かった。 日本企業が経営スピードを上げるための5つの方法 では、こんな時代に日本企業はどうするべきなのか?おそらく、新しく何かを始めるよりも、既存の古臭い仕組みを打破することが必要になってくる。具体的には下記の5つが挙げられる: 1. メール文章の簡略化 日本の場合、ビジネスメールの書き方の基本として、「お世話になります。XXX社の〇〇です」から始め「よろしくおねがいします」でしめることがマナーとさている。そしてその内容もかなり丁寧に書かなければならない。 おそらくこのようなメールの書き方一つをとっても、日本全体でのGDPの1%ぐらいを浪費してしまっているのではないか。そもそも、そんなメール、モバイルのプレビューで見たら、全部「お世話になっております」しか表示されなく、可視性がかなり低くなってしまう。 アメリカでは、メールを書くときには短い方が良いとされる。というのも、読む人の時間を極力奪わないために、ごく単純にわかりやすく書く方が逆に良い印象を与えやすい。 GoodpatchのCEOの土屋くんがうちでインターンをしてた頃、家を借りるために大家に出したメールになかなか返信がない状態が続いた。その内容を見たら、とにかく丁寧すぎて、読む気にもならない。そこでアメリカ風のノリで書き換えたら一発で返信が来た例を紹介する。 元のメール内容: Whom it may concern, Hi my name is Naofumi Tsuchiya. I am visiting San Francisco from Japan. I have my family with me staying here. So, I need to have a room in a safer area. I need to find a room from June X to July X. I have found your room listing on Craigslist. It looks very interesting. I’d like to come to your place to take a look […]

DCM/「商品本部」「システム・物流統括部」再編

DCMホールディングスは1月10日、組織変更を発表した。3月1日付で、商品本部は、廃止し、管下の「商品開発統括部」は「商品統括部」に統合する。 システム・物流統括部は、「事業戦略統括部」と「物流統括部」に分割する。事業戦 […]…

セブンイレブン/ポイント付与、恵方巻予約などフードロス削減

セブン‐イレブン・ジャパンは1月17日、「エシカルプロジェクト」の今春全国展開、恵方巻予約などフードロス削減対策を拡充すると発表した。 <エシカルプロジェクト> 同プロジェクトは、販売期限が迫った対象商品において、店舗に […]…

天満屋ストア/本部組織を変更

天満屋ストアは1月23日付で組織変更を行う。 <新組織図> 経営環境の変化に柔軟かつスピーディに対応し、営業力の強化を図るため、本部組織を変更する。 営業本部の5部(店舗運営部、商品第一部、商品第二、商品第三部、商品第四 […]…

サミット/服部専務が社長就任、竹野会長が事業方針・住商との連携主導

サミットは1月16日、服部哲也専務が4月1日付で社長に就任する人事を発表した。 竹野浩樹・現社長は会長に就く。 2020年度から始まる新中計のスタートにあたり、今後のさらなる成長を追求する上で、経営の監督と執行を分離。事 […]…

西友×楽天/横浜にネットスーパー専用物流センター新設、60%省人化

楽天と西友は1月16日、三井不動産が開発する大型物流施設「三井不動産ロジスティクスパーク横浜港北」(横浜市都筑区)の全フロアを賃借し、両社が協働運営するネットスーパー事業「楽天西友ネットスーパー」の新たな物流センターを設 […]…

アマゾン/日本のサイバーマンデーの注文数が過去最多

アマゾンは1月16日、今回のホリデーシーズンを通じて、世界各国の注文数の合計が過去最多を記録したと発表した。 ホリデーシーズンに世界各国で注文されたアマゾンデバイスの数は、数千万台以上となり、Echo Dot、Echo […]…

セブンイレブン/沖縄で揚げ物対象に食品ロス削減の実証実験

セブン-イレブン・沖縄は1月11日~3月31日、沖縄県内のセブン‐イレブン28店舗で食品ロス削減の実証実験を行う。 <エシカルプロジェクトの売場イメージ> フランク・焼き鳥などを含むカウンター揚げ物惣菜全品を対象に、21 […]…

イオン、マックスバリュ/北海道の統合会社社長は青柳イオン北海道社長

イオン北海道は1月10日、マックスバリュ北海道と3月1日を効力発生日として経営統合し、統合会社の新社長に青柳英樹現イオン北海道社長が就任すると発表した。 <青柳英樹イオン北海道社長> マックスバリュ北海道の出戸信成社長は […]…

イオン/吉田次期社長「商品・サービスにギャップがある」一問一答

イオンは1月10日、社長交代を発表し、千葉市の本社で記者会見を開いた。会見で、吉田昭夫副社長は、中核企業のイオンリテールについて「お客様と現場の商品・サービスに、すごくギャップが出てきている」と課題を指摘した。 社長交代 […]…

イオン/岡田社長「世襲は、答えようがない」一問一答要旨

イオンは1月10日、社長交代を発表し、千葉市の本社で記者会見を開いた。会見で、岡田元也社長は、世襲について「答えようがない」と語った。 社長交代では、3月1日付で、吉田昭夫代表執行副社長ディベロッパー事業担当兼デジタル事 […]…

イオン/岡田社長「予測ができ、想定外に対応できるリーダーが必要」

イオンの岡田元也取締役兼代表執行役社長グループCEOは1月10日、千葉市の本社で社長交代にあたっての記者会見を開いた。 <岡田社長> 3月1日付で、吉田昭夫代表執行副社長ディベロッパー事業担当兼デジタル事業担当が代表執行 […]…

イオン/岡田社長「予測ができ、想定外に対応できるリーダーが必要」

イオンの岡田元也取締役兼代表執行役社長グループCEOは1月10日、千葉市の本社で社長交代にあたっての記者会見を開いた。 <岡田社長> 3月1日付で、吉田昭夫代表執行副社長ディベロッパー事業担当兼デジタル事業担当が代表執行 […]…

イオン/吉田次期社長「現場で判断できる人材必要、人材育成に注力」

イオンの時期社長に内定した吉田昭夫代表執行役副社長は1月10日、社長交代にあたっての記者会見で初心を表明した。会見で、吉田氏は、「現場で判断できるリーダーが必要で、人材育成に注力したい」と述べた。 <次期社長の吉田氏> […]…

ファミリーマート/不振店再生で「店舗再生本部」新設

ファミリーマートは1月10日、組織改編を発表した。3月1日付で実施するもので、今回、不振店の再生を担う2つの「店舗再生本部」(東日本・西日本)を新設し、管下に「運営部」と「店舗再生業務部」を設置する。 <店舗再生本部の管 […]…

増税後の影響/「支出控えた」3割「ポイント還元制度」利用増3割

日本銀行は1月9日、 消費税率引上げ(2019年10月)の影響などを調査した「生活意識に関するアンケート調査」(第80回)」の結果を発表した。 <消費税率引上げ後に支出を「控えた」3割> 消費税率引上げの影響について、消 […]…

セブン&アイ/「GMSのSC化推進」イトーヨーカドーとSCL社を再編

セブン&アイ・ホールディングスは1月9日、完全子会社のセブン&アイ・クリエイトリンク(SCL社)の管理事業に関して有する権利義務を、会社分割の方法により、イトーヨーカ堂に承継すると発表した。 <セブン&アイHD本社> ま […]…

セブン&アイ/「GMSのSC化推進」イトーヨーカドーとSCL社を再編

セブン&アイ・ホールディングスは1月9日、完全子会社のセブン&アイ・クリエイトリンク(SCL社)の管理事業に関して有する権利義務を、会社分割の方法により、イトーヨーカ堂に承継すると発表した。 <セブン&アイHD本社> ま […]…

キリンビール/2020年は3年連続増のビール類1億3670万箱目標

キリンビールは1月8日、2020年の事業方針を発表した。 <布施社長> 同日、都内で開催した事業方針発表会で布施孝之社長は、「目先の利益を追わず、10年後も愛されるブランドを育成していく。主力ブランド『一番搾り』『本麒麟 […]…

ファミリーマート/エリア本部新設「権限移譲」本社スリム化

ファミリーマートの澤田貴司社長は1月6日、田町本社にて社員向け年始朝礼を行った。 <ファミリーマート> 澤田社長は、「まず、コンビニエンスストア業界は、今まで小売業における勝ち組と言われ、規模を拡大してきた。しかし、他業 […]…

セブン&アイ/「2020年成長戦略」首都圏食品・お届けサービス強化

セブン&アイ・ホールディングスは1月6日、2020年の成長戦略を発表した。同日、実施した新年初朝礼で井坂隆一社長が明らかにしたもの。 <セブン&アイ> 2020年の成長戦略として、まず首都圏食品戦略を掲げた。グループの総 […]…

J.フロントリテイリング/パルコを完全子会社化へ、658億円で公開買付

J.フロントリテイリングは12月26日、パルコの公開買い付け(TOB)を実施し、完全子会社化すると発表した。買付総額は約658億円。 1株当たりの買い付け価格は1850円で、12月25日終値1364円に対して35.63% […]…