カテゴリーアーカイブ: 話術

ダメ上司が使いがちなビジネススキル。対立や反発を生み出す話し方とは?

 相手の考え方を、自分の考え方に誘導する方法として、「Yes But話法」がもてはやされた時代がある。相手の見解に対して、「確かにそうですね。しかし、私はこう思います」というように、相手の意見を肯定してから、それを否定す […]…

「世間話」が苦手な人必見。上手に対話の口火を切る方法

 筆者がビジネススキルを向上させる演習をしていて、よく受ける質問に「相手との対話の口火をどのように切ればよいでしょうか」というものがある。相手との対話の場を設定するセットアップ会話をどう繰り出せばよいかという問題だ。 冗 […]…

人見知りを3秒で克服し、初対面で7時間も話せた術をナンバー1営業マンが伝授する

 こんにちは、サラリーマンメンタリストのTatsuです。  前回までは世のイメージとは異なるトップ営業マンのコミュニケーション術についてご紹介してきましたが、今回は人見知りの克服方法がテーマです。 自称・人見知りが誤解し […]…

プレゼン時にホワイトボードやスクリーンを活用できる話し方とは?

スクリーンやホワイトボードを使うパーツ動作を分解する  アイコンタクトを読点や句点で下にはずすと、聞き手を引き付けやすくなります(参照:今すぐできる。聞き手の期待や理解が高まる、「上手な視線の外し方」)。この演習をしてい […]…

プレゼン時にホワイトボードやスクリーンを活用できる話し方とは?

スクリーンやホワイトボードを使うパーツ動作を分解する  アイコンタクトを読点や句点で下にはずすと、聞き手を引き付けやすくなります(参照:今すぐできる。聞き手の期待や理解が高まる、「上手な視線の外し方」)。この演習をしてい […]…

「人は見た目が9割」の「9割」は、残り1割の「話す内容」を引き立てるためにある

人の印象を決定する要因の9割は、視覚・聴覚情報!?  もう10年以上前、「メラビアンの法則」を用いた『人は見た目が9割』(新潮社)という本が出版されました。ちょうど、オバマ大統領の颯爽としたスピーチや、スティーブ・ジョブ […]…