カテゴリーアーカイブ: 野党

永田町に緊張感を取り戻すための、弱小野党最後の秘策とは!?

「ライバルのいない不幸」  本当に強い企業はライバルを潰さない。なぜなら、ライバルがいなくなりひとり勝ちとなると現状に甘んじイノベーションへの意欲が衰える危険性があるからだ。  ナンバーワンが自分を乗り越えていくためにも […]…

山本太郎新党、ネーミングを嗤う前に政策を色眼鏡なしに見るべき理由

「所詮、メロリンキュー」という前に、政策を聴いてみろ  山本太郎参議院議員は、4月10日、参院議員会館で記者会見を開き、自身が共同代表を務める自由党を離党する意向を明らかにするとともに、政治団体「れいわ新選組」を結成した […]…

山本太郎新党、ネーミングを嗤う前に政策を色眼鏡なしに見るべき理由

「所詮、メロリンキュー」という前に、政策を聴いてみろ  山本太郎参議院議員は、4月10日、参院議員会館で記者会見を開き、自身が共同代表を務める自由党を離党する意向を明らかにするとともに、政治団体「れいわ新選組」を結成した […]…

難航する参院選1人区の野党候補者一本化、問われる立憲民主党・枝野代表の指導力

 7月に予定されている参議院選挙で、選挙の帰趨を決するとされる、1人区での野党系候補の一本化が難航している。  野党連携の牽引役を果たすことが期待されている野党第一党・立憲民主党の枝野幸男代表は去年10月12日、共同通信 […]…

野党は国会を見据えて行動を。野党もできる実のある国会改革

炭鉱のカナリアとしての小泉進次郎  自民党の若手議員でつくる「2020年以降の経済社会構想会議」(橘慶一郎会長)は、6月27日に国会改革提言「よりオープンに、より政策本位で~政治不信を乗り越えるための国会改革~」を二階幹 […]…

国民民主党代表選直前。玉木雄一郎現代表がSNS発言で非難轟々。こんなんで国民民主党は平気なのか?

 ついに3選を目指す安倍晋三さんが出馬を表明し、形の上ではテレビ出演の多い石破茂さんとのタイマン勝負となったため、にわかに盛り上がりを見せている自民党総裁選。この日のために粛正に粛正を重ね、岸田文雄さん、野田聖子さんを土 […]…

連合会長が絶賛しよみがえりつつある民進党の経済政策「All for All」は是か非か!?

 永田町では今、安倍政権の対抗軸として、かつて民進党が掲げた経済政策「All for All」を打ち出す気運が高まっているという。  この経済政策は、前原誠司・衆院議員が民進党代表の時にブレーンだった井手英策・慶應義塾大 […]…

連合会長が絶賛しよみがえりつつある民進党の経済政策「All for All」は是か非か!?

 永田町では今、安倍政権の対抗軸として、かつて民進党が掲げた経済政策「All for All」を打ち出す気運が高まっているという。  この経済政策は、前原誠司・衆院議員が民進党代表の時にブレーンだった井手英策・慶應義塾大 […]…