カテゴリーアーカイブ: 高齢化社会

「買うか借りるか」。物件を取り上げることを生業にする不動産執行人はその質問にどう答えるか?<不動産執行人は見た43>

不動産執行人が「答えづらい」質問 「災害も多いですし、フットワークの軽い賃貸のほうがいいですよね?それとも無理して家を買ったほうがいいですか?」  このどちらも支持できない二択質問を最近よく問われる。  以前にもこの“賃 […]…

自動車事故被害者への慰謝料を拒否し、債務整理に至った高齢ドライバー<不動産執行人は見た42>

不動産執行の現場でも無関係ではない「高齢者運転事故」 「高齢ドライバーの引き起こす交通事故」  超高齢化社会を迎える現代日本が直面する社会問題であり、特効薬的単純明快な解決方法があるわけでもない。  以前にもテーマとして […]…

高齢化社会が抱える「看取り難民」問題。このままでは「亡くなる場所」が不足する

 人口の約3割を高齢者が占める日本。高齢化にともない、問題となっているのが「人生の終わりを迎える場所不足」だ。  多くの場合は病院で亡くなるが、このままでは病床が足りないことで死を迎える場に困る「看取り難民」のリスクが高 […]…

収益と社会貢献が両立!? 「高齢者向けアパート投資」とは?

 人口減少、少子高齢化、空室率上昇……不動産投資の将来性にはつい悲観してしまう材料も少なくない。だが、そんなネガティブな要素も強みに変えてしまう手法があった! 逆転の発想で高利回りを実現する方法とは? [高齢者向きアパー […]…

高齢者ドライバー問題で考えるべき、免許返納後の高齢者の「足」問題

 昨年、改正道路交通法が施行され、高齢者ドライバーによる交通事故対策が強化されたが、関連する事故は依然減少の様相を見せない。  先日90歳の女性が、同法によって75歳以上に義務付けられた「認知機能検査」を通過し、免許を更 […]…

韓国・ソウル市が高齢者をIoTで見守る事業を本格開始…対象は約2000名

 韓国・ソウル市は今年、一人暮らしの高齢者2100人を対象に、健康と安全をIoTで守る「一人暮らしの高齢者-安全・健康管理ソリューション事業(以下、高齢者IoT事業)」を実施する。  高齢者IoT事業の概要は、単身の高齢 […]…