カテゴリーアーカイブ: AI

CTC、AIを使ってサプライチェーンを最適化するシステム製品を販売、DataRobotを活用 | IT Leaders

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2020年7月29日、AIを使ってサプライチェーンを最適化するシステム製品「サプライチェーン最適化ソリューション」の提供を開始した。物流拠点の適正配置や廃棄ロスの削減など、多様な最適化ニーズに応える。製造業や物流業の企業を中心に提供する。3年間で15億円の売上を目指す。…

カテゴリー:AI

ディープラーニングのパラメータを自動調整するライブラリの新版「Optuna v2.0」、パラメータの重要度を定量評価 | IT Leaders

Preferred Networks(PFN)は2020年7月29日、ディープラーニング(深層学習)のパラメータを自動で調整するライブラリ「Optuna(オプチュナ)」の新バージョン「Optuna v2.0」を公開した。新版では、ハイパーパラメータの重要度を定量的に評価できるようにした。…

カテゴリー:AI

流通業の特にアパレルのDX化って、レジの自動化やECとリアルの在庫の一元化とかそんなんが多いけど、そんなうわべのDX化をしてもほとんど意味がない。企業の基幹システムとサブシステムとの統合ERPを真剣にやらないと本当になくなると思うね。

流通業でもアパレル以外ではしっかりERPを他の業界並みにやっているところもちらほらあるけど、とはいいながらもほとんどのところは分散したシステムを何とかつなげるようにしているぐらいのところが多い。ましてやアパレルなんかはほ […]

AIの導入領域はコスト削減や業務効率化が先行、新規事業や顧客接点はこれから―MM総研調べ | IT Leaders

MM総研(MMRI)は2020年7月17日、国内企業7487社におけるAI(人工知能)の導入実態を発表した。2020年5月末時点で、何らかのAIを導入している企業は15.1%、検討企業は15.7%、両者を合わせると30.8%となった。調査では、Webアンケートによって、深層学習や機械学習をともなう、画像認識・音声認識・データ予測などの、法人向けシステム・ソフトウエア・クラウドサービス全般の導入状況を聞いた。…

カテゴリー:AI

ML自動化ツール「DataRobot」に新版、位置情報モデルや時系列異常検知、AIの信頼性向上など | IT Leaders

DataRobotは2020年7月14日、マシンラーニング(機械学習)を用いた予測モデルの生成を自動化するツール「DataRobot」の新バージョン「リリース6.1」を発表した。新版では、位置情報を用いたモデルを作成する「Location AI」機能と、時系列データの異常を検知する「時系列異常検知」機能を追加した。SaaS版では国内提供を開始済み。オンプレミス版の国内提供は2020年7月下旬に開始する。…

カテゴリー:AI

教師データなしでデータの特徴量を正確に捉える「DeepTwin」技術─富士通研究所 | IT Leaders

富士通研究所は2020年7月13日、AIを活用した検知・判断の精度を高める技術として、教師データなしでも高次元データの特徴量を正確に捉えることを可能にする「DeepTwin(ディープツイン)」を開発した。高次元のデータの、削減すべき次元数と次元削減後のデータの分布を、ディープラーニングで最適化する仕組みをとる。映像圧縮技術の研究で得た知見とディープラーニング(深層学習)を融合させた技術であると説明している。…

カテゴリー:AI

NTTデータが金融版BERTを作成、金融機関を募りAI自然言語処理の検証を開始 | IT Leaders

NTTデータは2020年7月10日、金融版BERTを用いた自然言語処理技術に関して、銀行や証券会社などの金融関連企業を募り、2020年7月以降順次、実証検証を開始すると発表した。自然言語処理により、財務情報からリスクを抽出したり、チャットボットを用いて問い合わせに対応したりできる。2020年度に5件の実証検証を行い、2021年度中にサービス提供を開始する。…

カテゴリー:AI

くら寿司/「極み熟成AIまぐろ」発売

くら寿司は7月10日から期間限定で、ベテランの仲買人の目利きのノウハウを習得したAIにより、まぐろの品質を高精度で判定するアプリ 「TUNA SCOPE」(ツナスコープ)を使用して厳選したまぐろを、くら寿司独自の熟成技術 […]…

NTTデータ、AIシステムの開発工程を体系化、2020年7月以降、国内の全AI案件に試行適用 | IT Leaders

NTTデータは2020年6月30日、システム開発にAIを組み込む際の共通的な工程を体系化した「AI開発プロセス」を策定したと発表した。2020年7月以降、NTTデータが手がけるすべてのAI案件に試行適用する。同社は今後、AI開発に力を入れ、2022年度末までにAIシステムの開発体制を3000人規模に増強する。…

カテゴリー:AI

横浜銀行、営業応接記録の文章をAIが1次チェック、行員の負荷を5割削減 | IT Leaders

横浜銀行は2020年6月25日、金融商品を販売した時などの営業応接記録を、自然言語処理AIによって1次チェックする機能を開発したと発表した。CRM(顧客関係管理)システム上で利用できる。2020年度上期中に運用を開始する。営業担当者が営業応接記録を作成する時間や、記録を役職者がチェックする時間を5割削減する。同機能は、FRONTEO、NTTデータフォース、インテックの3社と共同で開発した。…

カテゴリー:AI

添好運、フージンツリー/マスクしたまま体温把握「AI温度検知」導入

WDIは6月22日、グループの台湾料理「富錦樹台菜香檳(フージンツリー)」コレド室町テラス店、点心レストラン「添好運(ティム・ホー・ワン)」の国内2店舗(日比谷店、新宿サザンテラス店)に、AI温度検知ソリューション「Se […]…

タナックス×リコー/売場の棚で顧客に合わせ「デジタル販促」AI活用

タナックスとリコーは6月22日、複数のシェルフ・サイネージを、IoTセンサ、AIで統合制御し、来客属性に合わせて最適なデジタル販促コンテンツの配信を可能にするシステム「コネクテッドシェルフ」を共同開発したと発表した。 タ […]…

NTT-AT、AIを用いてシステム異常の予兆を検知する「@DeAnoS」を2020年秋に販売 | IT Leaders

NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は2020年6月16日、ディープラーニング(深層学習)を用いてシステムなどの異常を検知して要因を推定するソフトウェア「@DeAnoS」(アットディアノス)を発表した。2020年秋から販売する。異常の予兆を捉えてトラブルを回避し、稼働率の向上やオペレーションの効率化、低コスト化を図る。価格は、要問い合わせ。…

カテゴリー:AI

これからの顧客先在庫管理を考える — 医療用品を例に

ドイツの医療製品メーカーHARTMANN GROUP(以下HARTMANN)の取り組みは、患者の命を救う治療や介護などの直接業務にできるだけ時間を割きたい医療従事者の管理業務負担を軽減するものです。そこには医療業界だけに特化しない、あらゆる業界に存在する管理業務のデジタル化へのインサイトがあります。…

従業員がより人間らしく働けることを事業成長戦略に加える

今回はマヒンドラ・グループのヒューマンリソースマネージメントのデジタル化の事例を取り上げます。マヒンドラ・グループは、世界100か国以上、22産業に事業展開するコングロマリットで、2018年度は連結売上高207億USドル(約2兆2500億円)を計上し、グループ社員25万人を抱える大企業です。主力の自動車事業を展開するマヒンドラ・マヒンドラ社は、インド最大の自動車生産会社であり、イタリアのピニンファリーナ社、フランスのプジョーモーターサイクル社、韓国の双龍自動車社などを子会社に持ちます。自動車以外には…

パルコ、ライオン、セブン銀行など/データ活用解説7月9日WEB無料開催

マイナビニュースは7月9日、WEBセミナー「マイナビニュースフォーラム 2020 Summer for データ活用~不確実性の時代に求められるデータ戦略~」を開催する。 新型コロナウイルスの感染拡大は、サプライチェーンの […]…

最近ミーティングに出ているとほとんどのケースで「AIでほにゃらら・・・・」という話が出てくるんで、その「AIほにゃらら」はどういう計算分析ロジックですか?なんて質問するとほぼ全部答えられないのが笑える。

DX業界の流行語大賞のように出てくるけど、ほとんどの人は説明ができない。こまったらAIみたいな落ちのつけ方をしてくる。こういのはほとんどまやかしでしかない。 知らん使ってるのも話にならんが、それで取引先を煙に巻くのはもっ […]

カテゴリー:AI

DXばやりやけど。どこかの政府が25年にはIT人材が足りなくなるぞと脅しをかけて???るんやけど。。。で、DX

DXね。この手の話はどんどんキーワードが変わってきますが中身は一緒? で、まあとにかくこれからの世の中IT化で乗り切れ!!!ということで、SI屋も導入する側もけしかけているんだけど、そのSI屋が取引先のことを知らないで何 […]

アフターコロナ後の先端ビジネスモデルの予言

いいね、この予言というのがいかにも外れそうで。。。 コロナウイルスでわかったことは、それほど会社に行かなくても営業のできるところはできるし、それによってコストのかけ方が全く変わった。さらにはお取引先や消費者へのアプローチ […]

TOYO TIRE、ゴム材料開発にディープラーニングを導入、SAS Institute製品を採用 | IT Leaders

TOYO TIREは、ゴムの材料開発を効率化・自動化するため、ディープラーニング(深層学習)を導入した。材料が持つ特性の予測や、新材料・代替材料の探索に利用する。データ分析ソフトウェアとして「SAS Visual Data Mining and Machine Learning」と「SAS Optimization」を提供したSAS Institute Japanが2020年4月28日に発表した。…

カテゴリー:AI

東京海上日動、天候データから台風の被害レベルを予測するAIモデルを開発 | IT Leaders

東京海上日動火災保険(東京海上日動)は2020年4月28日、強風が発生したエリアにおける被害レベルを予測するAIモデル「風災被害AI予測モデル」を開発したと発表した。東京海上日動がこれまでの災害対応を通じて得たデータ、The Weather Company(TWC)が持つ天候データ、日本IBMが持つデータ分析の知見、――を組み合わせて開発した。…

カテゴリー:AI

やまや、明太子づくりをディープラーニングで省力化、異物検査とグレード判定に利用 | IT Leaders

やまやコミュニケーションズは2020年4月27日、明太子の製造工程における、たらこの異物検査やグレード判定を対象に、ディープラーニング(深層学習)による画像認識を採用する。実証実験では、人手による作業と同等か、それ以上の精度を達成するAIモデルを開発した。2021年に開設する新工場での完全自動化を見据え、試験運用を開始している。…

カテゴリー:AI

マシンラーニング自動化ツール「DataRobot」に新版、画像の学習が可能に | IT Leaders

DataRobotは2020年4月23日、マシンラーニング(機械学習)を用いた予測モデルの生成を自動化するツール「DataRobot」の新バージョン「v6.0」を発表した。新版では、数値や文字だけでなく画像を学習して判定モデルを作成できる「Visual AI」機能を追加した。さらに、モデルを自動生成する中核機能のほかに、学習データを整備するデータプレパレーション機能「DataRobot Paxata」や、作成したAIモデルを組み込んだアプリケーションの作成を自動化する「AIアプリケーション」機能を追…

カテゴリー:AI

ソフトバンクロボティクス/スーパー、ドラッグ「清掃ロボ」無償提供

ソフトバンクロボティクスは4月15日、新型コロナウイルス感染拡大による清掃業務に関するニーズの高まりにより、医療施設などの生活インフラとされる6業種を対象に、AI清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」と科学的な清掃方法の確立 […]…

ソフトバンクロボティクス/スーパー、ドラッグ「清掃ロボ」無償提供

ソフトバンクロボティクスは4月15日、新型コロナウイルス感染拡大による清掃業務に関するニーズの高まりにより、医療施設などの生活インフラとされる6業種を対象に、AI清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」と科学的な清掃方法の確立 […]…

技術は生活のために─「人間が主、AIは従」のAI活用規範を定めた独ボッシュ:第12回 | IT Leaders

クルマの自動/自律運転など、生活の身近な場面でも使われるようになってきたAI。各分野での活用が加速する中で、不安を覚える人も多いだろう。倫理的には何らかの歯止めが必要だが、一体どのような基準・規定があるとよいだろうか。この問題について、ドイツ最大の自動車部品メーカー、ロバート・ボッシュ(Robert Bosch)は明確な活用指針を打ち出している。それは「人間が主、AIは従」というものだ。同社のAI活用規範「KI-Kodex」の意図を発表資料から読み解いてみたい。…

カテゴリー:AI

DX(デジタルトランフォーメンション)ってよく言うけど社内のデータをつなげて活用できるようにあるいはAIでなんていうけど。

社内のシステム担当に社内の業務がよくわかってAI?(本当は統計処理)することによって活用できるようにというけど。システム担当が社内業務を理解して統計分析できるようにしてそれが活用できることは統計わからないんでまず無理だと […]

単体で画像認識ができるAIプロセッサ搭載ネットワークカメラ、PSSJが販売 | IT Leaders

パナソニックi-PROセンシングソリューションズは2020年3月18日、AIプロセッサを搭載したネットワークカメラ「Xシリーズ」を発表した。同時に、Xシリーズ上で動作するアプリケーション2種を発表した。これらにより、ネットワークカメラ上でAIを活用した画像認識などの処理が行える。いずれも、パナソニックシステムソリューションズジャパンを通じて2020年7月から販売する。…

カテゴリー:AI

西武、音声認識による文字起こしソフトを導入、議事録の作成時間を1/3に省力化 | IT Leaders

西武ホールディングスは、議事録の作成を省力化する手段として、AIを活用した音声認識システムを導入した。会議中の音声をリアルタイムにテキスト化することで、議事録の作成時間を最大で3分の1に短縮した。文字起こしソフトウェア「AmiVoice MinutesWriter(アミボイス ミニッツライター)」を提供したアドバンスト・メディアが2020年3月23日に発表した。…

カテゴリー:AI

NTTデータとNSSOLが米DataRobotに出資、AIデータ分析のSIサービスを強化 | IT Leaders

NTTデータと日鉄ソリューションズは2020年3月18日、マシンラーニング(機械学習)を用いた予測モデルの生成を自動化するツール「DataRobot」を開発する米DataRobotに出資したと発表した。2社とも、米DataRobotの株式を第三者割当増資により取得した。出資額は2社とも非公開。…

カテゴリー:AI

セブン-イレブン実験店舗で顔認証決済やサイネージ視聴時間測定の実証を開始 | IT Leaders

セブン-イレブン・ジャパンは、2019年12月にリニューアルオープンした実験店舗「セブン-イレブン麹町駅前店」(東京都千代田区)において、顔認証決済の実証と、サイネージの視聴時間を測定する実証を開始する。これらの技術を提供したNECが2020年3月13日に発表した。…

カテゴリー:AI

NEC/「セブンイレブン麹町駅前店」に顔認証決済導入

NECは3月13日、「セブン-イレブン麹町駅前店」(東京都千代田区)において、顔認証決済、商品案内用サイネージの視聴時間測定の実証実験を開始すると発表した。 <「セブンイレブン麹町駅前店」に顔認証決済導入> 同店は、20 […]…

それで先のテーマで誰のAIか?なんて言葉を使ったが、そこでは全くその手の話をしていないのでここで補足したい。

とにかく今のAIはマスコミ受けのいいような話しか見えてこない。ロボットだとかマシンラーニングだとかディープラーニングだとか自動化云々だとか、、、、まあ、なんでもいいんだが実際に企業ではそれがいつから使えるのだろうか??? […]

誰のためのAIか? 世の中のブームは大手のどこかの情報システムのためのAIかな?

統計を30年以上やってると、いつまでも必要性が言われ続けられながらもいつまでも市民権を得ないもんだと思っている。実際に最近になってちょっと興味を示す人も出てきたが、それでも真剣に活用しているところはあったことがない。 A […]

日本生命、会議音声をテキスト化、会議室に複数のマイクを設置して多人数の音声を認識 | IT Leaders

日本生命保険は、会議音声をテキスト化するシステムとして、日立製作所の「音声書き起こし支援サービス」を導入した。特徴は、マイク1台あたり最大8人の発話を、話者ごとに識別・分離してテキスト化できること。1つの会議室に複数のマイクを設置することで多人数の音声認識を実現した。日立製作所が2020年3月10日に発表した。…

カテゴリー:AI

アドバンスト・メディア、双方向型ディープラーニング「Bi-LSTM」で音声認識を25%向上 | IT Leaders

アドバンスト・メディアは2020年3月9日、双方向型のディープラーニング技術「Bi-LSTM(Bidirectional Long Short-Term Memory)」を音声認識エンジン「AmiVoice」に実装したと発表した。これにより、エラー改善率が最大で25%(同社調べ)と、自然発話を中心とした認識率が向上した。…

カテゴリー:AI

アサヒグループ、商品パッケージをAIが自動生成、2020年4月から試験運用 | IT Leaders

アサヒグループホールディングスは2020年3月9日、ディープラーニング(深層学習)を活用して商品のパッケージデザインを自動で生成する「AIクリエーターシステム」を開発したと発表した。2020年4月頃から試験運用を開始する。優れたデザインに共通する特徴をAIが抽出することにより、人間では簡単に思いつかないアイディアを生み出すとしている。Cogent Labsと共同で開発した。…

カテゴリー:AI

脳波分析の対象はマーケティングからUI/UX最適化へ、NRIが描くブレインテックのロードマップ | IT Leaders

野村総合研究所(NRI)は2020年3月6日、「IT(情報技術)ロードマップ 2020年度版」をとりまとめたと発表した。情報通信関連の重要技術が2020年以降どのように進展し実用化されるかを予測した資料である。特に、人間の脳の活動を理解し、その知見をビジネスに活用する「ブレインテック(Brain Tech)」が進展するとNRIは予測している。…

カテゴリー:AI

CTCなど、開発したAIモデルの精度や稼働状況をモニタリングする維持管理ツールを提供 | IT Leaders

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、ウイングアーク1st、グリッドの3者は2020年3月3日、グリッドのAI開発基盤「ReNom」上で開発したAIモデルについて、精度や稼働状況をモニタリングする維持管理ツールの提供を開始した。AIモデルの継続的な活用を支援する。製造業を中心に、ReNomやインフラ環境を含め、1年間で10社への販売を目指す。…

カテゴリー:AI

QUICK、AIを活用して有価証券報告書などから必要情報を自動で抽出、2020年5月から運用 | IT Leaders

情報配信サービスを手がけるQUICKは、有価証券報告書などの開示書類から必要な情報を自動で抽出するAIシステムを導入した。2020年5月から運用する。これまで人手で実施していた解析業務を効率化する。AI技術を提供した日立製作所が2020年3月3日に発表した。…

カテゴリー:AI

ミッションクリティカルに挑む─CERNの大型ハドロン衝突型加速器にもたらした”AI予測の力” | IT Leaders

現在、そしてこの先もAIが情報技術の最重要トピックであることは論を俟たないが、重要なのは、このテクノロジーがすでに実用期にあるということ。スマートスピーカーやチャットボットのような手軽で身近なもの、グローバル組織経営の意思決定支援、難病の究明・予防など、さまざまシーンでAIの事例を見聞きするようになった。今回は、超大規模なミッションのためにAIによる将来予測を必要としたCERN(欧州原子核研究機構)のCMMSプロジェクトから、AIのポテンシャルの一端を紹介したい。…

カテゴリー:AI