カテゴリーアーカイブ: eコマース

グローバル市場でEコマースを成功させるための3つのマインドセット

コロナの影響でEコマースは成長中。Eコマース構築時に必要な3つのマインドセットをご紹介。

販売者視点ではなく、「ユーザー視点」の発想。常に、中心にあるのはユーザーの課題。
「まずは国内から精神」は捨てる。海外フレンドリーでパイを拡大。
Eコマースはあくまでも手段。オフラインも含めて総合的な購買行動のデザインを。

コロナウイルスをきっかけにさらなる注目が集まっているEコマース市場。トレンドに乗り、Eコマースというツールを活用してビジネスの拡大を考えている企業や個人事業者も多いのではないだろうか…

百貨店内で「通販サイトに誘導」!?――「百貨店アパレル大量閉店」でECとの融合めざす地方百貨店

百貨店内に「通販サイト」のポップアップストアが登場!?  9月に全館改装を終えた大分県別府市の百貨店・トキハ別府店の連絡通路に登場したのは日本初となる「ストライプデパートメント」の百貨店向けネット通販「DaaS」(Dep […]…

ホンダオーストラリア:世界初! 自動車販売会社向けクラウド型デジタルプラットフォームの短期導入

今回は、2017年度の連結売上高14兆円、二輪車販売1,123万台世界首位、四輪車販売368万台世界8位の本田技研工業を親会社に持つ、ホンダオーストラリア社を取り上げます。世界6極体制のアジア・大洋州の販売会社の一社として1969年に創業し、今年2月に創業50周年を迎えました。…

ミッションを売れ! 薄利多売から抜け出すためのD2C戦略とは

D2C(Direct to Consumer。直販型)ブランドは小売業界からだけでなく、スタートアップ界隈からも注目を集め続けてきた。彼らは独自のビジネスモデルを採用しているという点だけでなく、その商品やブランディングについても注目されており、freshtraxでも幾度となく紹介してきた。
このような注目を集める一方で、D2Cブランドは既存のマーケットから集客獲得と増え続ける振興D2Cブランドとの競争も激化している為、D2Cとして成功し続けることは簡単な道のりではない。商品の改善、ブランディングの確…

Amazonも苦戦中。東南アジアのeコマース市場に君臨する「LAZADA」とは?

 東南アジアでAmazonが苦戦中だという。一部では、「東南アジア撤退」の噂すらも流れている。  その苦戦の理由が、「東南アジアのAmazon」とも言われる「LAZADA(ラサダ)」の人気だ。タイでは、ECサイトとしてダ […]…

東南アジアのインターネット経済規模「2025年に約27兆円規模」に。ベトナムも急成長

 東南アジア諸国のモバイルインターネット利用者が爆発的に増え、そのインターネット経済の規模が2025年に2400億ドル(約27.2兆円)を超えるとの見通しが発表された。 2016年の予想を上回るスピードの成長  グーグル […]…

店舗はもう不要!? 自宅で試着し放題の新サービストレンド

試着をし、気に入った商品のみを購入をする

普段衣料品を購入する際に当たり前に行う試着というプロセス。これこそが、衣料品のオンラインショッピングにおける一番の課題であった。

確かに、オンラインショッピングで、1つの商品のサイズや色を複数注文して、自宅で試着し、返品をするという方法も無くはない。しかし、この場合、カスタマーは試着するために、一旦全商品を購入しなければならない。後々返品すれば返金されるとしても、試着をするために商品を全て購入するというのは、現実的にはやや厳しい話である。
購入…