カテゴリーアーカイブ: Google

米政府のファーウェイ制裁。スマホは発売延期、世界経済への影響も

 米政府は中国の華為技術(ファーウェイ)への制裁を発動した。米商務省傘下の産業安全保障局は2019年5月16日付けでファーウェイとその関係会社などをエンティティリストに追加しており、関係会社などには日本法人の華為技術日本 […]…

社員の自律性が企業を強くする!セルフマネジメントを促す組織体制とは?

従業員は勤務時間のうち20%を、個人的に取り組みたいプロジェクトに使うことができる
これはかの有名なGoogleの「20%ルール」である。この制度からはGmailなどの有名サービスも数多く生まれ、同社のイノベーションの源泉とも称されてきた。しかしながら、Googleのエリック・シュミット氏等によるマネジメント書籍『How Google Works – 私たちの働き方とマネジメント』では、この「20%ルール」の真の目的について、次のように述べられている。
「20%ルールの最も重要な成果は、そこから生ま…

Google最新技術「BERT」と「東ロボ」との比較から見えてくるAIの課題

 ここ数年のコンピューターを使った自然言語処理の進歩には目を見張るものがあります。  その原動力となっているのが、今のAIブームを支えているディープラーニングという機械学習の手法です。この手法を取り入れたGoogle翻訳 […]…

グーグルは10月より暗号通貨関連広告を米国と日本で一部許可する

今年6月より世界最大のオンライン広告プロバイダーであるグーグルは金融サービスポリシーの「暗号通貨と関連コンテンツ」に関する広告を制限すると発表した。これには主に、ICO、取引所、ウォレットやトレードに関するアドバイスが含まれていた。 しかし、今回グーグルは暗号通貨関連の広告を米国と日本で一部許可する計画を立てている。これには規制に遵守した取引所などが含まれる。新たなポリシーは10月より適応される。 […]

Google/販売促進策で講演、静岡県浜松市で6月11日開催(無料)

新聞折込を中心にオフラインメディアを中心に集客プロモーションを推進してきたオリコミサービスとgoogleは6月11日、「販売促進につながるGoogleアドワーズの活用方法 in 浜松」を開催する。 近年、スマートフォン保 […]…

グーグルはクロムストアから暗号通貨マイニング拡張機能を排除、禁止する。

世界最大手検索エンジ「グーグル」はクロムストアから暗号通貨マイニング拡張機能を禁止すると発表した。7月にはマイニングを行うブラウザ拡張機能を削除する予定である。他のブロックチェーン関連の拡張機能は継続される。 グーグルはこれまで、クロムストアのマイニング機能拡張が、明示的かつ唯一のマイニング機能であり、ユーザーに機能についての説明が行なわれている限り、許可していた。しかし、提出されたマイニング拡張 […]

グーグルによる暗号通貨関連広告の禁止が発表されて以降、ビットコイン価格は8,000ドルを下回る

世界最大のオンライン広告プロバイダーであるGoogleにより、暗号通貨の広告を禁止する計画が存在するいうニュースが報じられた。これ以降ビットコイン価格は一時8,000ドルを下回った。 今年1月、Facebookはプラットフォーム上での暗号通貨関連の広告を禁止した。これがすべての要因ではないが、この時期もビットコインの価格は大きく下落している。 グーグルは6月より金融サービスポリシーの「暗号通貨と関 […]

日本も参加のGoogle主催「月探査レース」、なんと勝者は「なし」。それでも失われぬ意義

 いまから10年前の2007年9月、米国の非営利団体Xプライズ財団は、民間による月探査を目指した世界初のレース「グーグル・ルナ・Xプライズ」を立ち上げた。  これまで月の探査は、国の宇宙機関が威信をかけて行うのが常だった […]…