カテゴリーアーカイブ: LGBT

同性カップルの子育ては「超普通」。 代理母出産を経て子どもを持ったゲイカップルの「子育て論」とは

同性カップルの子育て  「同性カップルの子育て」という言葉を聞くと、何だか大それた事や、特別なトピックのように受け取る人が多いのではないだろうか。私も同じように感じていた。  しかし、実際にスウェーデンにてゲイカップルで […]…

『おっさんずラブ』、『腐女子、うっかりゲイに告る。』 …日本のLGBT作品についてゲイに話を聞いてみた。

 ここ最近、立て続けにLGBT関連のエンタメ作品が発表され、人気を博している。テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』(2018年)、NHKよるドラ『腐女子、うっかりゲイに告る。』、テレビ東京系ドラマ24『きのう何 […]…

トランスジェンダーのリアルを知る。 自分の性と向き合う葛藤を鮮明に描いた映画「Girl/ガール」

バレリーナを目指すトランスジェンダーの少女・ララの物語  7月5日より公開されたベルギー映画「Girl/ガール」が反響を呼んでいる。トランスジェンダーである少女・ララが自身の性と向き合いながらもバレリーナになるという夢を […]…

進むLGBTへの理解、「令和」に引き継がれた課題は? 東京レインボープライド参加者の声から

 セクシュアルマイノリティへの理解を求めるイベント「東京レインボープライド2019」が4月28日と29日に代々木公園(東京都渋谷区)で開催された。支援団体や協賛企業によるブースが軒を連ね、LGBT当事者や一般参加者が多数 […]…

本命ネトフリ映画がまさかの敗退。ダイバーシティを端々に感じたアカデミー賞

 2月24日、ロサンゼルスのドルビー・シアターで、映画世界最大の祭典、アカデミー賞の授賞式が行われた。この3時間30分余りの授賞式には、今の映画界、そしてアメリカ社会の縮図が詰め込まれている。さっそく授賞式の概要を振り返 […]…

同性婚の代わりに、連帯保証人にされたゲイ男性の悲劇<不動産執行人は見た26>

 近年のトレンドワードでもある「LGBT」。  今更言うまでもないが、女性同性愛者レズビアンの「L」、男性同性愛者ゲイの「G」、両性愛者バイセクシャルの「B」、身体の性と心の性が一致しない性同一性障害トランスジェンダーの […]…

杉田水脈議員「生産性」信仰の萌芽は、カリスマ公務員時代に傾倒したサッチャーとNPMにあり

“(株)積水ハウス・シャーウッドを経て、西宮市役所へ就職。外部の勉強会や海外視察の経験を経て、2005年には勉強会「西宮スーパー公務員塾」を開催し、参加した公務員や学生などに大きな影響を与える。現在は専門とする次世代育成 […]…

杉田水脈議員発言の顛末に見る、この社会の本当に憂慮すべき事態

「人権」という単純明快な原理がここまで理解されないという恐怖  19人もの尊い命が奪われた、津久井やまゆり園の事件から、2年がたった。報道されるところによると、あの犯人はいまだ反省の弁を口にしていないという。それどころか […]…

ろくな少子化対策も論じずに「生産性」という言葉でLGBTの人権を毀損する杉田水脈議員は今すぐ辞職すべき

「LGBTは生産性がない」……。こんなことを堂々と発言してしまう劣悪な国会議員がいました。  はっきり申し上げて、その感覚があまりに時代遅れすぎて、現代にまったくフィットしていないので、戦前ならともかく、平成ラストイヤー […]…