カテゴリーアーカイブ: MD

イージス・アショア、弘前配備案が浮上!? 本当に日本防衛のため配備するならばどこが最適?

ついに動いた情勢  本シリーズ連載中の去る12/11に、秋田市新屋演習場へのイージス・アショア配備を政府が断念する見通しと報じられました*。この報道を政府は否定していますが、今が大きな転機であることは明らかです。これは、 […]…

秋田イージス・アショアが先制核攻撃されたら? 短期的被害のあとに続く、黒い雨と人口減少による衰退

秋田市を吹く「西の風」がさらなる被害を拡大する  ここまで3回*にわたり、秋田市新屋(あらや)のイージス・アショア基地が核攻撃を受けた場合の想定被害を資料に基づいて論じてきました。 <●イージス・アショア配備は秋田市民を […]…

秋田・イージス・アショアが核攻撃で狙われたら? 放射線と熱線が終わると、次は衝撃波とFirestormが街と人を襲う

 前回までに、都市核攻撃の影響を示す文献や映像資料をご紹介し、それらをもとに50ktの強化原爆による都市攻撃が行われたときに何が起きるかについて起爆後の三秒間についてご紹介しました。  この三秒間だけで数万人の市民が亡く […]…

北朝鮮の新型ミサイルが日本に脅威であり、イージス・アショアではどうにもならない5つの理由

 前回、北朝鮮(D.P.R.K.)による新型SRBM、NATOコードKN-23の実験とその日本にとっての意味について簡単にご紹介しました。 【前回記事】⇒北朝鮮の短距離弾道ミサイル、ゴルフに興じている余裕はないほど脅威で […]…

北朝鮮の短距離弾道ミサイル、ゴルフに興じている余裕はないほど脅威である可能性も!?

安倍首相はゴルフに興じていたミサイル発射  7月24日に北朝鮮(D.P.R.K.)が、東海岸より日本海へ向けて短距離弾道ミサイル(SRBM: Short-Range Ballistic Missile)二発の試射を行いま […]

朝鮮半島緊張緩和が進む中、日本の防衛政策はどこに向かうべきか?

半島デタントの中、日本が「蚊帳の外」である理由  さて、前回までに6回に渡りイージス・アショア配備について考え得る背景と取り得る手段について述べてきました。  現在、半島での緊張状態は、米朝間の核抑止を軸に推移しており、 […]…

日本のMD強化に「THAADを排してイージス・アショア」という選択は正しいのか?

めちゃくちゃ高いが目的は果たせる「THAAD」  近年の半島情勢の緊張激化、北朝鮮が繰り返す弾道弾実験と核実験により、現状の弾道弾防衛能力では対処不能になるのではと言う考えから、日本は、弾道弾迎撃能力の強化を検討し始めま […]…

イージス・アショアは「無敵の超兵器」か「大いなる無駄」か?

 イージス・アショア、昨年5月に新聞などで取り上げられたアメリカ合衆国(合衆国)の弾道弾迎撃システム、まるで無敵の超兵器のように取り上げられたり、無駄だと批判されたり、賛否は分かれていますが、ろくな情報が巷にはありません […]…