「8つ目赤外線センサー」で仕上がり温度も設定できる! 東芝初・単機能レンジのフラッグシップモデル

東芝ライフスタイルは、近年需要が高まっている単機能レンジにおける同社初のフラッグシップモデル「ER-VS23」を10月中旬より発売します。実売予想価格は4万3780円です。

↑ER-VS23のカラバリはブラック(左)とホワイト(右)を用意。外形サイズはW468×D386×H337mm

 

赤外線センサーで表面温度を高精度に検知し、スピーディに温める

↑ER-VS23の設置イメージ

 

その特徴は、間口38.7cmと広くて使いやすい、23Lのワイド&フラット庫内。食品の出し入れが楽なワイドでフラットな庫内なので、大きなお皿や二人分の料理も一度に入ります。

 

1000Wインバーター搭載で、スピーディに温められる点も魅力。1000Wは自動あたため以外にも、手動でも使用できます。その他、お弁当や総菜などに便利な600W・500W、解凍に便利な200Wまで、用途に合わせて設定できます。

↑間口は38.7cmで食品のだし入れがラク

 

このほか、食品の表面温度を高精度に検知する「8つ目赤外線センサー」を搭載。庫内に配置している8つ目赤外線センサーが、食材の表面温度を高精度に測るので、解凍では重さの設定が不要。自動あたためもワンタッチ操作で簡単です。また、「お好み温度」では、-10℃から85℃まで仕上がり温度をお好みに設定できます。

↑8つ目赤外線センサーが高精度に食材の表面温度を測定します

 

撥水・撥油コートを採用した「庫内よごれプロテクト」とフラット庫内によってお手入れはカンタン。オーブン・グリル機能は不要で、手ごろな価格のレンジがほしいという方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

↑撥水・撥油コートとフラット庫内でお手入れカンタン

 

省スペースで「ヘルシオ」の先進機能を堪能できる!「左右・後ろピッタリ」で置けるコンパクトモデル

シャープは、コンパクトなウォーターオーブン「ヘルシオ AX-AJ1」を9月17日に発売します。実売予想価格は7万6780円。

↑AX-AJ1のホワイト系(左)、ブラック系(右)。サイズ/質量はW470×D390×H340mm/約18㎏

 

自動調理機能が充実した幅47cmのコンパクトなモデル

AX-AJ1は総庫内容量22Lで、夫婦二人世帯などに最適なコンパクトサイズが特徴。左右・後ろピッタリ置きと横幅47cmの実現により、キッチンの狭いスペースにも設置できます。

↑左右・後ろピッタリ置きと横幅47cmを実現

 

お好みの食材を角皿に置いて、キーを押すだけで簡単にグリル調理できる「おくだけグリル」を搭載。魚や肉、野菜などをお好みで自由に組み合わせることができ、火加減、調理時間はヘルシオにおまかせで、簡単にグリル調理を行うことが可能です。

↑「おくだけグリル」で、種類の違う食材もおまかせで同時に調理できます

 

また、好きな食材・分量(1~4人分)を耐熱容器に入れてカテゴリーを選択するだけで、煮物やカレー、パスタなどを簡単に調理できる自動レンジ機能「らくチン1品」も搭載。幅広いメニューを簡単に作ることが可能です。

↑「らくチン1品」で作れる料理の例

 

通常の熱風オーブンと比較し、約8倍の熱量を持つ「過熱水蒸気」で調理する点はヘルシオの上位機種と同様。食材の内部までより早く火を通し、余分な油分や塩分を落とす健康的な調理を行うことができます。

 

上位機種と同様の先進機能はほしい、でも大きすぎるモデルはイヤだ、という方はぜひ注目してみてください。