糖質40%オフのくせに、なんだこのクセに味は!!? 山栄食品工業の「いか天」が激ウマ

ダイエットの天敵というイメージが強い、揚げ物。体重を気にしていると、食べるのを躊躇してしまう方もいるでしょう。

 

でも、たまには揚げ物も食べたくなってしまいますよね。今回はそんなあなたのために、40%の糖質オフに成功しながらそれを想像させない旨さを実現した、揚げ物おつまみを紹介します。

 

こんなに甘くて大丈夫!? 衣も厚くて食べ応えもたっぷり

そのおつまみは山栄食品工業「糖質オフのサクサクおいしいいか天」。同社の通常ラインの製品に比べ、糖質を40%削減し、たっぷり容量の1袋(55g)でも含まれる糖質量はわずか12.9gです。

 

厳しい糖質制限であっても、1日に60g程度の糖質であれば摂取しても大丈夫といわれていますから、糖質制限中でも食べやすい食品といえます。

 

ただ、糖質オフの食品は、どうしても味が通常のものに劣ってしまうのがお決まり。本品を食べる前にもそのような懸念がありましたが、その思いは良い意味で裏切られることとなりました

 

衣が厚く、サクサク感はたっぷり。しかも、ひと噛みしただけで、想像できないほどの甘味が口の中を満たします。いかの旨みに含まれる甘さに、調味料によって加えられたスイート感のある甘みが加わって、控えめどころかむしろリッチな味わいです。

 

おまけに本品の香りには「これぞ揚げ物、これぞいか天」というのにふさわしい香ばしさ。その味わいや風味には、どこで糖質をカットしているのかとすら思わされます。

 

総じて、通常の揚げ物と全く遜色ありません。むしろ、甘味が好きという方であれば、むしろこちらをおいしく感じることでしょう。

 

 

泡盛とあわせ、たっぷりの満足感を味わいながらヘルシーな飲み方を

直線的な甘みが特徴の「糖質オフのおいしいさくさくいか天」。骨のある酒とあわせても、その味の強さはたっぷり発揮されます。本品にあわせる酒として、泡盛のロックは特におすすめです。

 

 

本品の強い甘さは泡盛特有のクセの強さをやわらげてくれるので、相性という点はもちろん良好です。

 

また、泡盛そのものが添加物を除けば糖質ゼロであることに加え、度数の強さからついつい酒を飲みすぎてしまうことも起きにくいのもポイント。糖質に気を遣うならピッタリの組み合わせといえます。

 

糖質を気にせず味を楽しみたいというのなら、日本酒をあわせるのもありでしょう。甘みで満たされた口に爽快な日本酒を注げば、爽快感は格別。文句の付け所のない旨さでした。

 

ビールと一緒に楽しんでも、甘さと苦さのコントラストが際立って、これまた旨い。本品には揚げ物ゆえの脂っぽさも少なからずあるので、スカッとした後味をお望みならこちらもおすすめです。

 

【満足度ポイント】

泡盛(ロック)★★★★★

日本酒       ★★★★★

ビール       ★★★★★

 

 

山栄食品工業

糖質オフのおいしいさくさくいか天

55g

実売価格336円

【冷凍食品ジャーナリスト厳選】お酒好きに絶対食べて欲しい簡単レンチン「冷食」

日々の晩酌から大規模なホームパーティまで活躍する冷凍つまみは、常備しておくと便利。焼き鳥や餃子、から揚げといった定番ものに加えて、その味が気になる“変化球”つまみもランクインしました。和洋中取り揃え、どんな酒にも合わせられます。

 

そこで、今回は冷凍食品ジャーナリストの山本純子さんに「お酒のつまみ」にベストマッチする9品を選んで頂きました!

 

 

第9位
極細にカットされカリカリ感が強い塩味付きポテト


オレアイダ
スーパークリスピー
286円

カリカリとした食感を追求し、極細にカット。塩味が付いているため、少量の油とともにフライパンに入れて熱を通せば、スナック感覚ですぐに食べられます。スーパーなどで販売。

 

クリスピーな食感が好きな人に激推し!
クリスピーさと香ばしさが相まってビールが進みます。ポテトらしいホクホクした部分はあまりなく、冷めてもカリカリ食感がキープ。

 

 

第8位
生地の形やチャーシューの味は本場ならではの仕上がりに


トップバリュ
World Dining チャーシュー饅 BARBECUED PORK BUN
321円

ふんわり食感の生地を1個ずつ手作業で型に詰めて蒸し上げ、具材が見える本場台湾のルックスに。甘めのチャーシューも、現地そのままの味わいです。イオングループのスーパーで販売。

 

食べ応えがあり甘みの強い生地が特徴
生地は厚めで食べ応えがあり、甘みが強いのも特徴。日本にある中華まんとは一線を画す味です。子どものおやつとしても最適。

 

 

第7位
九州産の黒豚とデミグラスソースでコクのある味わい


ニチレイフーズ
匠御菜(たくみおかず)®特製メンチカツ。
267円

ひき肉には九州産の黒豚を使用。フォン・ド・ヴォーに赤ワインの酸味を効かせたデミグラスソースがかけられ、ジューシーかつコクのある味を楽しめます。スーパーなどで販売。

 

スパイシーで奥深いソースが絶品の味
ソースは甘酸っぱさのなかにスパイシーさがあり、濃厚で奥深い味。豚肉のうまみも強く感じられ、1個でも満足できる存在感です。

 

 

第6位
肉やキャベツなどあんの具材はすべて国産にこだわる


イートアンド
大阪王将 ぷるもち水餃子
246円

すべて国産品で揃えた肉やキャベツなどの具材を、大阪王将独自の「ぷるもち」皮で包みました。レンジでも手軽に調理できますが、餃子鍋にして食べるのもオススメ。スーパーなどで販売。

 

餅のような食感の皮がとにかくウマい!
ほどよい厚さで餅のような粘度のある食感の皮がウマい! 口の中で広がるしょうがやごま油の香ばしい風味が、さらに食欲をそそります。

 

 

第5位
モチモチ生地に包まれたあんはジューシーかつスパイシー


セブンプレミアム
焼き餃子
108円

国産の鶏と豚を合わせたひき肉にキャベツを混ぜたジューシーなあんを、モチモチとした食感の皮で包みました。粗びき黒胡椒のスパイシーなアクセントが絶妙で、クセになる味です。

 

香ばしく濃厚な味とレンチンの手軽さが◎
あんは肉のうまみが強く、焼いたしょうゆのような香ばしさもあって濃厚な味わい。レンジで調理できる手軽さも素晴らしいです。

 

 

第4位
二度揚げしたあと6種のスパイスで独自の味つけに


味の素冷凍食品
「味からっ」 やわらか若鶏から揚げ 〈じゅわん鶏もも〉
368円

肉の柔らかさと味付けを追求。しょうがじょうゆに漬け込み二度揚げして、胡椒やタイムなど6種を黄金比率で調合したスパイスでクセになる味に仕上げました。スーパーなどで販売。

 

冷めてもジューシーで弁当のおかずにも最適
スパイシーで濃いめの味付けでビールが進みます。冷めてもジューシーさがある程度は保たれるので、弁当のおかずにもピッタリです。

第3位
濃厚で上品なチーズの香りでワインが進む一品


ニッスイ
おうちおつまみ モッツァレラのチーズ揚げ
198円

モッツァレラをたっぷりと使用したチーズを春巻の皮で包み、サクッと揚げた逸品。なめらかなチーズは濃厚なコクと上品な香りで、特に赤ワインがよく合います。スーパーなどで販売。

 

皮はパリッ、チーズはトロリと濃厚
チーズは伸びるタイプというよりトロリとした食感で濃厚。皮が薄いためレンチンでもベタつかず、パリっとした食感を楽しめます。

 

「タテ型パッケージが目を引き、6個入でおトク。食べるとワインはもちろんビールにもマッチ。冷凍つまみブームのきっかけになりました。おやつにも最適」(山本さん)

 

 

第2位
手作業で丁寧に仕上げることで香ばしい風味を実現


セブンプレミアム
焼き鳥盛り合わせ
257円

もも、つくね、皮と3種の焼き鳥串が1本ずつ入ったアソートセット。手作業で丁寧にタレをつけてから炭火で焼く工程を何度も繰り返すことで、香ばしい風味を実現しています。

炭火焼きのおいしさがレンジ加熱で蘇る!
炭火で焼いた風味ごとそのまま急速凍結。レンジ加熱でできたてのおいしさが蘇ります。3種類をリーズナブルな価格でひとり占めできるのがうれしいです。

 

「しょうゆダレは甘さ控えめで大人な味わい。ももはプリッとした食感、つくねはギッシリの密度感、皮は柔らかすぎない弾力を楽しめます」(山本さん)

 

 

第1位
ピリ辛でコク深いタレと食材本来のうまみを楽しめる


味の素冷凍食品
「夜九時のひとり呑み」よだれ鶏
300円

シビれる辛さの花椒が効いたコク深い自家製タレで味わう蒸し鶏。肉とチンゲン菜は、素材本来の食感が損なわれないよう工夫されており、タレの絡め方で好みの辛さに。スーパーなどで販売。

 

ナッツの香ばしさが酒にマッチ
大きめのナッツが香ばしく、酒にマッチします。パックをそのままレンチンできる点や、鶏がカット済みで食べやすい点も魅力です。

 

「タレと具材を別々に凍らせる製法が特徴の同シリーズのなかでも、特に秀逸。ピリ辛の鶏でビール1杯、アーモンドとごま入りのたれで2杯以上イケますよ!」(山本さん)

辛さとジューシーさ、2点で突き抜ける美味しさ。ローソンの「ハバネロビアスティック」で酔う。

今回紹介するのは、ズバリ、激辛おつまみ。暑かった夏はようやくサヨナラしてくれましたが、これをいただくと身体がカーッと熱くなって、ただでさえ旨いビールが、格段においしくなりますよ。

 

脂たっぷりのジューシー感と口がひりひりするほどの辛さが強烈な印象を残す

そのアイテムは、ローソンの「ハバネロビアスティック」。

 

外見はカルパスを鉛筆ほどの太さにし、細長くしたようなもので、それほど特徴的ではありません。でも、その味には見た目からは想像できないような強烈なインパクトがありました。

 

 

本品をひと噛みしたときの第一印象は、辛さ……ではなく肉汁の量&歯ごたえによるジューシー感。「それだけの脂、どこに隠れていたの⁉」といいたくなるような肉汁の量です。細身の外見にもかかわらず、肉の外側部分の歯ごたえもたっぷり。その肉汁の量とあわせ、想像を超えるジューシー感に拍車をかけています。

 

ハバネロの辛さが襲ってくるのは、肉の味に驚かされた数秒後。痺れるような辛さが少しずつ広がってきて、しまいには唇がヒリヒリする感覚すらあります。ハバネロの名に恥じない辛さといえるでしょう。

 

「ハバネロビアスティック」は、ジューシー感と辛さの2点に徹底して突き抜けたおつまみといえます。

 

 

抜きんでた特徴が、ビールを無限大に旨くする!

商品名にビアスティックとあるとおり、本品とあうお酒はなんてったってビールです。たっぷりの肉汁はビールの爽快感をさらに先へと突き抜けるものにし、ハバネロがもたらす灼熱の辛さによって清涼感もこれ以上ないほどにレベルアップ。

 

 

もはや「ビールのアテはこれ一択だ!」といいたくなるほどにビールの魅力をまだ見ぬ領域へと引き上げてくれました。暑い夏にこのスティックとビールを味わえば……その旨さは無限大のものとすらいえるでしょう。

 

ビールとの相性が最高すぎる「ハバネロビアスティック」。その強烈な特徴ゆえに、ほかのお酒とあわせる場合も爽やかさを求める組み合わせにするのがおすすめです。

 

たとえば、キンキンに冷やした強炭酸ハイボール。冷感を求めるなら、ビールにも勝るとも劣りません。ビールの味が苦手な方はこちらをチョイスしてみてください。

 

焼酎など、強めのお酒とあわせるのなら、水やソーダで割ってゴクゴク飲める形にするのがベター。食べるたびに口がヒリヒリするので、臆せずグイっと飲めるようなお酒を相棒に選びましょう。

 

 

【満足度ポイント】

ビール                   ★★★★★★

ハイボール            ★★★★★

焼酎(芋・水割り)★★★★

 

<※ビールは例外的に★6つとしたいのですが、ご判断ください>

 

ローソン

ハバネロビアスティック

33g

実売価格227円

 

地元民御用達! ハワイで絶対行きたい「ステーキレストラン」3選

ハワイで日本人観光客にもローカルにも人気のグルメといえば、やっぱりステーキ。日本では考えられないような巨大肉をサーブされれば、海外に来たことを実感できるはず。ここでは、地元の人たちの間でも人気のステーキ店をご紹介します。

 

熟成肉ステーキの代表格! ウルフギャング・ステーキハウス

連日、広い店内がゲストで埋め尽くされるほどにぎわっている人気店といえば、「ウルフギャング・ステーキハウス(Wolfgang’s Steakhouse)」。28日間熟成した肉を豪快に焼き上げることで有名です。筆者は取材で、キッチンに入れてもらったことがあるのですが、厨房の奥にある巨大な冷蔵庫で大量の肉の塊が保存されているんです。

 

このお店ではずせないメニューは、名物のポーターハウス(2人前、120.95ドル、写真上)。フライパンで肉の表面に焼き目をつけたら、高温のオーブンに入れ一気に焼き上げ、熱々のバターソースをかけて持ってきてくれます。噛めば噛むほど、奥深い味わいが口に広がるのは、熟成肉ならではの醍醐味でしょう。

 

ロコに絶大な人気! ルースズ・クリス・ステーキハウス

現地の方が最も支持しているステーキレストランではないかと思われるのが、「ルースズ・クリス・ステーキハウス(Ruth’s Chris Steak House)」。アメリカで最高級と格付けされるプライムビーフを熟成させたステーキがいただけます。アメリカ本土や世界各国にあるほか(東京にもあり)、ハワイにもオアフ島、ハワイ島、マウイ島などの各地に店舗を展開しているお店で、日本のTV番組などでも度々紹介されています。

 

漫画のひとコマに出てきそうな、巨大な骨付き肉にかぶりつきたい方なら、トマホーク リブアイ*(145ドル、写真上)がオススメ。人の顔のサイズくらいありそうな大きな塊肉のステーキは、アメリカンな気分を高めてくれます。

 

またこのお店は、クラシカルな店内の雰囲気や、質の良いサービスにも定評があり、誕生日や記念日のディナーにここに出かけるというローカルも多くいます。

 

ハワイ産ウッドの香りがただよう! ハイズ・ステーキハウス

ワイキキにある老舗ステーキハウスといえば、創業から40年以上の歴史がある「ハイズステーキハウス(Hy’s Steak House)」。店内に一歩足を踏み入れると、格式ある店内のインテリアにまず驚くはず。店内からも眺められるブロイラーで焼かれるお肉は、USDA(アメリカ農務省)認定のプライムビーフ。キアヴェというハワイ産ウッドを使って焼かれるため、焼き上がりがとても芳しいのが、ここのステーキの特徴です。

 

おすすめは、フィレミニョン(7オンス、53ドル)。一頭からごくわずかな量しか取れないという貴重な部位で、きめ細かくやわらかな味を堪能できます。

 

またハイズは、テーブルサービスを行っている、ハワイの数少ないレストランの1つです。デザートに各種フランベ(17ドル~)を頼むと、おしゃれなフランベサービスを間近で見て楽しめるのでおすすめです。

呑兵衛のためのおつまみとして最適な一品。ホテイフーズ「つぼ焼風味」の破壊力

サザエをはじめとする巻貝のつぼ焼きは、プリップリの食感がたまらない、ファンの多い料理。一方これを家庭で楽しもうとすると、生の貝を手に入れる必要があることから、食材の用意さらには金銭的な意味でも、ハードルが高いのが事実ですね。

 

そこでおすすめしたいのが、ホテイフーズの缶詰「つぼ焼風味」。“いかにもつぼ焼”な味を、リーズナブルな価格で楽しめる一品です。

 

深くしみた甘タレの風味と、コリコリの食感が満足感をもたらす

本品に使われている貝は「トップシェル」という種類。国内ではアカニシ貝という名前で流通しており、サザエに似た味や食感が特徴の巻貝です。「つぼ焼風味」では、その身を焦がし醤油で味付けして炭火で焼き上げ、まるでつぼ焼のように仕上げています。

 

 

缶を開けると、一口サイズにカットされた巻貝の身が、所狭しと入っています。パッケージにある通りの焦がし醤油の香ばしい香り、さらには青っぽい磯の香りがほんのりと漂い、食欲を誘ってくれました。

 

焦がし醤油はしつこいほどではありませんがかなり甘めの味付け。そのなかにお焦げの風味、加えて磯のほろ苦さが混じって、たしかにサザエのつぼ焼きにそっくりな味わいです。タレの味は身の奥までしみとおっていて、通常のつぼ焼よりは味が濃く感じられます。

 

食感は牛のホルモンさえ思い起こさせるほどのコリコリ感。歯ごたえもたっぷりで、少量ながら満足感がありました。

 

 

少し加熱して熱燗とあわせれば……香りだけで酔える!

しつこすぎない程度の適度な味の濃さ、クセになる食感を兼ね備えた本品は、呑兵衛のためのおつまみとして最適な一品といえます。和酒であれば幅広くあわせられますが、筆者のおすすめは日本酒です。磯の香りが混じった焦がし醤油の風味は、日本酒のふくよかな香りやシャープな飲み口と好相性。

 

 

冬であれば、本品を軽く加熱して皿に酒は熱燗にしたら、もう香りだけで酔えてしまう、飲んで食ってさらに酔える、酒飲みにはたまらない組み合わせです。焼酎とあわせるなら、ロックかストレートで、ぜひガツンといきましょう。

 

つまみの甘く奥深い味を堪能しながら、胸にグーっとくる酒を飲むのは、まさに至高のひととときです。

 

あわせるお酒は、もちろんビールでもOK。甘い味付けが、ビールのキレやのどごし、爽快感を引き立ててくれますよ。

 

【満足度ポイント】

日本酒(熱燗)          ★★★★★

焼酎(芋・ロック)      ★★★★★

ビール                  ★★★★

 

 

ホテイフーズ

つぼ焼風味

65g

実売価格280円

 

コーヒー好きなら1度はやってみたい! 「携帯コーヒーグッズ」を使って旅先で本格コーヒーを愉しむ方法

筆者は毎日5杯はコーヒーを飲んでいる、根っからのコーヒー党。家でドリップしたコーヒー、喫茶店でいただくコーヒー、レストランで食後に飲むコーヒーと、その時とその場所で違う味わいを楽しんでいます。

 

そんな筆者がキーコーヒーさんの取材でインドネシアのコーヒー農園を訪問した(記事はコチラ)とき、考えていたのが「旅先でハンドドリップのコーヒーを飲みたい」ということ。コーヒー産地のインドネシアだけに、おいしいコーヒーもたくさん味わえますが、自分で抽出したコーヒーは、格別な味がするに違いありません。

 

そこで、「コーヒードリップ4点セット」を用意して、現地で調達したコーヒーを味わってみました。

 

↑今回用意した「コーヒードリップ4点セット」。コンパクトに持ち運べる製品をピックアップした

 

今回は、旅先のコーヒー豆を旅先の水でドリップして飲もうということで、豆はインドネシアで調達。「トアルコ トラジャ」現地でしか手に入らない製法のコーヒー豆を購入しました。

↑インドネシアでしか買えない「トアルコ トラジャ」。詳細は後述

 

【オススメアイテム01】

シリコンボディで超コンパクトな「ケトル」

コーヒーを調達したら、ドリップするためにまず必要なのは「お湯」です。そこで用意したのはミヨシの「折りたためるトラベルケトル」


ミヨシ

折りたためるトラベルケトル

実売価格4298円

この電気ケトル、水を入れる部分がシリコン製になっているのがポイント。蛇腹状に畳んで厚みを3分の2まで圧縮できます。スーツケースに入れても無理のないサイズで、500mlのお湯を沸かせます。電圧は100~127Vと220~240Vに対応で、高電圧の国でも、スイッチを切り替えて使用可能。バリ島のホテルでは250Vと表示されていたので、240Vの設定で利用しました。スイッチは手動切り替えなので、海外で使用する際は忘れずに確認しましょう。

 

↑折りたたんでコンパクトに収納できる

 

↑海外で使う際は電圧チェックを忘れずに

 

【オススメアイテム02】

「コーヒーミル」もスマートでなくっちゃ

せっかくハンドドリップで入れるなら、コーヒー豆は挽き立てにしたいもの。そこで、携帯できるコーヒーミルを探しました。選んだのはハリオの「コーヒーミル・スマートG」


ハリオ

コーヒーミル・スマートG

実売価格4320円

持ち運びを念頭に置いた製品だけに、圧倒的なコンパクトさ。ポイントはハンドルを取り外せることで、側面のバンドに差し込んで、その名の通り、スマートに収納できます。

 

↑ハンドルを外して横に収納。持ち運びを考えた作りだ

 

一回に挽ける容量は24gと、コーヒーカップ2杯分ほど。ハンドルは重めで家で使うには不便ですが、旅先でちょっと飲むくらいならこれで十分でしょう。見慣れない景色のなかで、まったりとハンドルを回しながら、豆の挽かれる音を楽しむのも乙なものです。

【オススメアイテム03】

はがきサイズの「コーヒードリッパー」

コーヒードリッパーに選んだ「Tetra Drip」は、まさに持ち運びを意識した折りたたみ式。はがきサイズの3枚の板を組み合わせて、円錐型のコーヒードリッパーを組み立てられます。薄いためカバンの中で場所をとらない上に、その重さはわずか25gと軽量です。

ミュニーク

Tetra Drip

実売価格1500円

本製品、3つの板には窪みと出っ張りがつけられており、組み立てはそれをかみ合わせるだけ。最初は多少のコツがいりますが、慣れると1分もせず組み上がります。

 

1500円とお手ごろな価格もうれしいところ。なお、「Tetra Drip」のラインナップには今回試したポリプロピレン製の製品のほかに、デザインもクールなステンレス製やチタン製も用意されています。

 

↑三角錐型に組み立てる

【オススメアイテム04】

繰り返し使えるペーパーいらずの「コーヒーフィルター」

コーヒーフィルターは「MilleCafé(ミルカフェ)」をチョイス。「1000回使える」といううたい文句のこのフィルターは不織布で作られており、使い捨ての紙フィルターを用意せずに使えます。

 

MilleCafé(ミルカフェ)

実売価格780円

インドネシアで主流のコーヒーの飲み方は、細かく挽いた豆に直接お湯をかけて飲むというもの。ドリップはまだまだ普及しておらず、コーヒーフィルターが並んでいるお店も珍しいという状態。フィルター不要というミルカフェの特徴に助けられました。

 

一般的なコーヒーフィルターに近い形ですが、実は底面は穴が開いており、そのまま粉を入れたら下に落ちてしまいます。ドリップするときは底の部分を折ってふさいで、お湯を注ぎます。

 

↑底を折ってドリッパーにセット。一般的なコーヒードリッパーと同じ感覚で使える

 

下部に空いた穴が役立つのは抽出後。使い終わったコーヒーの粉を落として捨てられます。後は水洗いして乾かしておくだけと、メンテナンスも手軽です。

 

【インドネシアのオススメのコーヒー】

日本では買えない「トアルコ トラジャ」

今回使用したコーヒーは、キーコーヒーがインドネシアで運営するコーヒーショップ「トアルコ トラジャ コーヒー」で購入しました。

↑インドネシア・スラウェシ島のマカッサル市にあるトアルコ トラジャ コーヒー

 

実はこのトアルコ トラジャ コーヒーでは、ここだけでしか買えないレアなトアルコ トラジャを販売。それが「ハニープロセス」という製法で仕上げたコーヒー豆です。コーヒーは、コーヒーの実を包んでいる(1)果皮、(2)果肉、(3)ヌメヌメ、(4)殻と順に取り除いていき、最後に(5)種子(生豆)を取り出すというプロセスで加工されます

 

トアルコ トラジャの通常の製法では、(3)のヌメヌメ成分を完全に取り除いた後に乾燥させますが、「ハニープロセス」はあえてヌメヌメを一部残した状態で乾燥させます

 

↑このコーヒーを買いに来る観光客も多いという

 

ハニープロセスと言うだけに、その味わいはハチミツのように甘いテイストが含まれたもの。トアルコ トラジャがもともと備えているキリっとした酸味も甘味が加わって、ますます深みのある味に仕上がっています。現地の水を使っていることもあってか、太陽がさんさんと降りしきるなかでもすっきり飲めるおいしいホットコーヒーでした。

 

 

ちなみにトアルコ トラジャ コーヒーでは、トアルコ トラジャのより狭い地域ごとに栽培された「マイクロロット」と呼ばれるコーヒー豆も購入できます。こちらも日本で出回ることはめったにないので、マカッサルを訪れた際のお土産にいかがでしょうか。

 

ササミ苦手派にオススメしたい、ボソボソ感皆無の低カロリーおつまみが丸善にあった!

ダイエット中の方がよく食べる肉、鶏のササミ。低カロリーで低糖質高たんぱくと、ヘルシーさでは鶏胸肉をも上回るスペックです。一方、あの独特のボソボソ感が苦手で、ササミを敬遠している人も多いはず。でも最近、「ボソボソ感はどこへ行った!」といいたくなるようなすごいササミに出合いました

 

ササミなのにボソボソ感ゼロ! 濃厚なタレとスモークの強烈な風味が驚きの味を演出する

 

その商品は、丸善の「国産若鶏のジューシーロースト」。国産若鶏のササミを香味野菜のタレに漬け込み、オーブンであぶった一品です。

かなりしっかりとタレに漬け込んであるようで、外側の色は醤油を思わせるような濃厚な茶色。パッケージを開封すると「これは苦みがあるのでは?」というほどのスモーキーな香りが漂ってきました。背面の原材料を見ると、燻煙の香気を精製したスモークフレーバーを使用しているとのこと。煙の香りが強烈なのも頷けます。

 

パッケージからしたたるタレをひとなめすると意外にもかなり甘みがあり、一歩遅れてじんわりとした苦みが感じられました。その苦みは数秒をかけて、だんだんと強くなってくる印象です。タレの甘みは単純なものではなく、素材に使われているタマネギなどが効いている複雑なもの。そこにスモークの風味が合わさって、重厚な味わいを醸し出しています。

 

 

肉は歯ごたえがしっかりしていて、ボソボソ感はありません。脂分は少ないためジューシーさではモモ肉に劣るものの、原材料を聞かずに食べればササミであることを忘れてしまうくらいの味わいと食感です。

 

ダイエットのためにコンビニのサラダチキンをたくさん食べている筆者も「もうサラダチキンをやめてこの商品に切り替えよう」と思わされるほどの満足度で、ササミという肉そのものへのイメージが変わるアイテムでした。

 

燻製以上にスモーキーな味わいは、ウイスキーの相棒にぴったり

燻製以上にスモークの主張が強い本品。お酒と合わせるならやはりウイスキーがおすすめです。ササミ&ウイスキーという超ヘルシーな組み合わせでありながら、つまみ、酒ともに胸をグッとつかんでくるような至高の満足感が堪能できます。

また、ラム酒のロックもグッド。筆者は甘めの銘柄を好んで飲むのですが、酒のスイートな甘さが肉のタレの濃厚な甘みと混じりあって、味の厚みが格段にアップ。ウイスキーとは一風異なった、でも勝るとも劣らない押しの強さが楽しめます。

 

蒸留酒でなければ赤ワインもグッド。本品の誇る力のこもった味であれば、フルボディの相手も十分に務まり、これまた重さたっぷりの組み合わせです。

 

超ヘルシーながらもハードパンチャーな「国産若鶏のジューシーロースト」。酒好きのダイエッターには最高のおつまみです。

 

【満足度ポイント】

ウイスキー(ロック)    ★★★★★

ラム(ロック)          ★★★★★

赤ワイン                ★★★★

 

 

丸善

国産若鶏のジューシーロースト

実売価格162円

(重量表示なし)

焼き鳥+雪見だいふく!?――前田玲奈考案のアレンジレシピをロッテさんに提案してきた!

こちら前田アイス探偵事務所 第39回「雪見だいふくのオリジナルアレンジレシピをロッテの担当者にプレゼンせよ!」

ここは、都内某所にあるアイス専門の探偵事務所「前田アイス探偵事務所」。所長は、“アイスは1日3個まで”をモットーに、月間90個以上のアイスを食べる声優でアイスフェアリー(自称)の前田玲奈だ。

 

この探偵事務所には、アイスに関する各種調査の依頼がやってくる。新人助手と2人で、日々アイスについて探したり調べたり食べたり食べたり食べたりしている。

 

さて、今日はどんな依頼があるのだろうか……。

↑前田玲奈さん

 

ロッテ本社にアレンジレシピを持って突撃!

助手「さて、先日考案した、こち前オリジナルの雪見だいふくレシピを持ってロッテの本社にやって参りました」

→前回の記事はコチラ(https://getnavi.jp/cuisine/301869/)

 

所長「……いよいよね。アイス探偵の看板をかけて挑むよ!」

 

助手「いや、そんなに気負わなくてもいいんじゃないですかね」

 

所長「よし、行こう! レッツゴー!」

 

助手「気合い入ってるな……」

 

こち前オリジナルアレンジレシピをプレゼンテーション

所長「お久しぶりです。本日は、雪見だいふくのオリジナルアレンジレシピを持って参りました!」

↑ロッテ ノベーション本部ブランド戦略担当アイス企画課主査の北村考志さん(右)

 

北村さん(以下、敬称略)「本日はありがとうございます。前田さん考案のアレンジレシピ、楽しみにしていました」

 

所長「先日私たちで18案ほど試して、そのなかからこれはいけるだろうというものを5種類お持ちしました。それで、もしほんとうにおいしかったら、御社の公式インスタグラムに採用していただければと……」

 

北村「了解しました。本当においしいレシピがあれば、検討させて頂きます」

 

所長「まずは、私のイチオシ、山椒です。ふりかけるだけで簡単なので、土用の丑の日なんかにデザートとして食べるのもいいかなと」

↑雪見だいふく+山椒

 

北村「いただきます。あ、これは合いますね。もっと思いっきりかけてもいいかも」

 

所長「山椒が爽やかで、雪見だいふくに清涼感が出ますよね」

 

北村「おいしいですね。もっとケンカするかと思ったら、全然してないですね」

 

意外な組み合わせがおいしい? 「たこ焼き風」

所長「ところで北村さんはたこ焼きお好きですか?」

 

北村「はい、好きです」

 

所長「雪見だいふくに紅ショウガとネギ、そしてたこ焼きソースをかけてたこ焼き風にしてみました。ついでに本物のたこ焼きも添えて」

↑雪見だいふく+紅ショウガ+ネギ+たこ焼きソース

 

北村「……これ、前田さんも食べられたんですよね?」

 

所長「もちろんです! 自信作です」

 

北村「そうですか……、いただきます! お、雪見だいふくとたこ焼きソースが意外と合いますね。ただし、ネギはもう少し少な目にしたほうがいいかもしれません」

 

所長「ソースのフルーティさと紅ショウガのさっぱり感が合いますよね」

 

北村「もともと、ガリと雪見だいふくというメニューがあったので、しょうがとは合うんだろうなと思っていたんですが。ソースをかけると、また違った味わいになりますね。これもイケます!」

 

所長「やった! 幸先いいかも!」

 

見た目重視のハロウィン向けメニュー「ウインナー」

所長「ちょっと固いかな……あ、刺さった」

 

北村「これは……」

 

所長「雪見だいふくに、みんな大好きウインナーを合わせてみました」

↑雪見だいふく+ウインナー

 

北村「……盛り付けが大胆ですね」

 

所長「ウインナーはご家庭にもあるでしょうし、見た目がハロウィン映えするかなと思いまして」

 

北村「うーむ、味のほうはあまりハーモニーがないですね(笑)」

 

所長「ケチャップでデコレーションをしてホラー感を増したり、ごまでウインナーに目鼻を付けてかわいらしさを演出したりと、見た目を工夫しても楽しめるかな~と。ダメですか?」

 

北村「かわいらしくデコレーションすれば、パーティなどで出してもいいかもしれませんね」

 

甘いしょっぱいの無限ループが楽しめる「焼き鳥」

所長「……雪見だいふくを小さくカットして、焼き鳥の間に挟んで……。はいできました!」

 

助手「ねぎまのねぎの代わりに、雪見だいふくを使用した焼き鳥です」

↑雪見だいふく+焼き鳥

 

所長「しょっぱいものを食べていると甘いものが食べたくなりますし、温かいものを食べていると冷たいものが食べたくなりますよね。それを実現したのがこちらです。甘いものとしょっぱいもの、温かいものと冷たいものを交互に食べられるので、これは30串くらいけるはずです」

 

北村「30串はちょっと……、いただきます。うーん、焼き鳥と雪見だいふくを一緒に食べるとあまりおいしくないですね」

 

所長「あ、これは串の頭からひとつずつ順番に食べていくのがいいと思います。食事→デザート→食事→デザートという感じで」

 

北村「その発想はおもしろいですね」

 

最後に登場するのはやっぱりアレ!「納豆+大根おろし」

所長「最後のメニューなんですが、まずはこちらを。大根おろしと醤油です」

↑雪見だいふく+大根おろし

 

助手「これは僕が考案したんですよ」

 

北村「うん、悪くないですね。意外となじみます。もっとケンカするかと思いました」

 

所長「居酒屋のメニューにあってもおかしくないと思います。それで、ここにひきわり納豆を加えます。納豆大根おろし雪見だいふくです」

 

北村「インパクトがすごい……。では、いただきます……んん? うーん、前田さんには申し訳ないですが、これは合わないですね」

↑雪見だいふく+大根おろし+納豆

 

所長「え~試食したときはおいしかったんですけど。雪見だいふくはお餅のような食感なので、からみ餅のような感じで考案したんです。おかしいな。私もいただきます……。あれ? 確かにあまりおいしくない(笑)」

 

助手「どれどれ……。うーん、僕は平気なんですけど」

 

所長「あのときは、ほかにも色々食べていたから相対的においしく感じたのかな?」

 

助手「あのときの我々は、正常な思考と味覚が保たれていなかったというわけですね」

 

北村「さすがに、雪見だいふくと納豆というのは考えもしませんでしたね」

 

所長「ちなみに、いままで試したなかで1番おいしくなかった組み合わせはなんですか?」

 

北村「みそ汁ですね。どうも発酵食品とは相性が悪いみたいなんですよ」

 

雪見だいふく公式インスタグラムに採用されるか?

所長「私たちの考案した5つのメニュー、北村さん的にこれはいいだろうというものはありましたでしょうか?」

北村「山椒とたこ焼きですね。意外性も加味するとたこ焼きですかね。見た目のインパクトとミスマッチ感がおもしろいですよね」

 

所長「ぜひ、雪見だいふくの公式インスタグラムに入れていたただければ。我が探偵事務所ももっと有名に……」

 

助手「そういう下心は心の中にしまっておいてください。ご無理のない範囲でご検討いただければ幸いです」

 

北村「かしこまりました。検討させていただきます」

 

所長「雪見だいふくの公式インスタグラムの反響はいかがですか?」

 

北村「おかげさまで、ネットニュースサイトなどで多数取り上げていただきました。“雪見だいふくのレシピ、ぶっ飛んでるな”みたいな(笑)」

 

所長「反響が大きかったメニューはなんですか?」

 

北村「ナポリタンですね。ご乱心と言われました(笑)」

View this post on Instagram

スパゲッティーの王道メニューナポリタンに雪見だいふくをちょい足し!クリーミーさが足されて新しい味わいに! イタリア度マックスなレシピで気分はナポリ! 一見驚かれる組み合わせですが、試してみるとスタッフ絶賛の美味しさ!是非お試しください!#〆雪見#雪見だいふく#アイス#デザート#アレンジレシピ#ナポリタン#ナポリタンの日#イタリアン#スパゲッティー#意外な組み合わせ#パスタ #instafoodie#instafood#homemade#おやつ#クッキングラム#手作りおやつ#簡単レシピ#食べスタグラム#アイス部#時短レシピ

A post shared by ロッテ 雪見だいふく (@lotte.yukimi) on

 

所長「あれはインパクトありますものね(笑)」

 

この秋注目の新製品を試食

北村「こちらからもご提案がありまして。この秋に発売される新製品を召し上がって頂きたいのですが」

 

所長「それはぜひ!」

 

北村「まずはマルチパックの新製品になります。“とろける至福 生チョコレート”と“とろける至福 イタリア栗のモンブラン”です」

↑左が「とろける至福 生チョコレート」、右が「とろける至福 イタリア栗のモンブラン」

 

所長「モンブランはかなり洋風な感じですね。栗の存在感がすごい」

 

助手「すっごくおいしいですね!」

 

北村「イタリア栗を使っているので、栗の風味が強いんです」

 

所長「確かに、栗の味がダイレクトにきます」

 

助手「モンブランなんですけどどことなく和風な感じがするのは、雪見だいふくがお餅だからですかね」

 

北村「生チョコレートのほうは毎年出しているんですが、今年はブランデーの風味を強くしました。アイスクリームのほうにブランデーのフレーバーを入れて、生チョコを引き立たせています」

 

所長「大人のデザートって感じがして、夜のひとときに合いそう。おいしい~」

 

未発売の新作を試食

北村「それと、先日まで“月見だいふくどこが変わった? クイズ選手権”というものを開催していたのですが、その正解者にプレゼントする11月発売の未発表新製品もあります。こちらはまだ詳細はお教えできないのですが、ぜひ召し上がってみて下さい」

↑「月見だいふくどこが変わった? クイズ選手権」。応募期間は9月19日までですでに終了

 

所長「わ~うれしいです。あ、このフレーバーがいよいよ雪見だいふくにも登場するんですね。頂きます。想像通りのホッとする味ですね。お餅との相性もバツグン!」

※発売前の商品につき、くわしくお見せできません!!

 

助手「何味かお話できないのが残念ですけど、この冬の買い占め案件になりそうですね」

 

北村「そして、こちらがお土産なんですが」

 

所長「雪見だいふくのクッキー&クリームですよね……? あれ? 中身が……」

 

北村「実は雪見だいふくのフィギュアなんです。触感もこだわっています」

 

所長「わー、すごくもちもち! そして伸びる!」

 

北村「伸ばしたときに、クッキー&クリームの中身が見えるのがポイントです」

→「のび~る雪見だいふく2個入りVerクッキー&クリーム」の情報はコチラ

 

所長「こだわってますね(笑)。これはすごい。使わせていただきます。本日はありがとうございました」

 

今年の冬も雪見だいふくから目が離せない!

助手「プレゼン、うまくいきましたね。納豆が不評だったのは残念ですが」

 

所長「まあ、冷静に考えたら当然かもね。でも山椒なんかは毎日食べてもいいくらいだと思うの」

 

助手「毎日はちょっと……。でも、今回の案件は雪見だいふくの可能性をかなり感じられましたね」

 

所長「そうね。今年の冬も雪見だいふくいっぱい食べるわよ!」

 

助手「そんな大きな声で宣言しなくても、いっぱい食べるじゃないですか……」

 

文/三浦一紀

 

【前田玲奈さん情報】

公式ツイッター
https://mobile.twitter.com/renamaeda07

公式ラインアカウント
https://t.co/ixC8KohZOK

アイスフェアリーによるアイス好きのためのInstagram
https://t.co/GVwGuyhRo6

 

【出演情報】

<アニメ>
「中間管理録トネガワ」
西口冴子役 日本テレビAnichU枠にて毎週火曜日25:59〜放送!
http://www.tonegawa-anime.com「ウマ娘 プリティーダービー」再放送
グラスワンダー役 TokyoMXにて毎週月曜日23:00〜放送!その他の放送局はこちらより
https://umamusume.jp/sp/
アニメ映画
「詩季織々」
水晶 役 DVD発売中
http://shikioriori.jp/

「黒猫モンロヲ」
ヨッピー役
毎週月曜日
中京テレビ「ニャンだ?フル チャンネル」内(26:46 ~ 26:50) にて放送!
広島ホームテレビ、愛媛朝日テレビでも放送

「狐狸之声」
2018年10月からTOKYO MXほかで放送・配信開始
シュアル役
http://kitsune-no-koe.com

 

〈イベント〉
ウマ娘プリティダービー2ndイベント
「SoundFanfare!」
グラスワンダー役
https://umamusume.jp/sp/event/sf2nd/
2018年10月14日(日)17時開演

Tokyo7thシスターズ
「4th Anniversary Live -FES!! AND YOUR LIGHT-in Makuhari Messe」
御園尾マナ役
http://t7s.jp/event/index.html
2018年10月20日(土)18時開演

 

〈ラジオ〉
「前田玲奈のドキドキTuesday」
FM市川うらら 毎週火曜日19:00-
http://www.fmu.co.jp/maedarena.htm
アーカイブでも全回視聴可能

 

〈ナレーション〉
BS日テレ 毎週日曜6:30〜
「おはよう!アンパンマン」
http://www.bs4.jp/ohayo_anpanman/

キッコーマン本気だ! 「料理ライブ」を体感できるレストラン「KIKKOMAN LIVE KITCHEN TOKYO」が11月オープン

キッコーマンがプロデュースする、新たなスタイルのレストラン「KIKKOMAN LIVE KITCHEN TOKYO(キッコーマンライブキッチン東京)」が、10月に銀座・有楽町に開業する新たな商業施設「ヒューリックスエア東京」に、2018年11月1日(木)にオープンします。オープンに先立ち、レストランの予約も受け付けています。

「KIKKOMAN LIVE KITCHEN TOKYO」は、国内外で活躍するシェフ・料理人が開発した、“融合”をテーマにしたコース料理を、実演やトークによる“料理ライブ”と一緒に楽しむことができるレストランです。毎月、異なるジャンルのシェフ・料理人2~3人がタッグを組み、新たな料理の開発に挑戦します。

 

「KIKKOMAN LIVE KITCHEN TOKYO」がオープンするのは、銀座・有楽町に10月開業となる新たな商業施設「HULIC SQUARE TOKYO」(ヒューリックスクエア東京) 。銀座・日比谷・有楽町の結節点としてエリアの賑わいを創出し、多くのファンに惜しまれつつ2015年に閉店した旧「ニュートーキヨー」跡地です。

 

ヒューリックスクエア東京に出店するテナントのテーマは「大人の街に、かつてない上質を。」「KIKKOMAN LIVE KITCHEN TOKYO」では和食を軸に、フレンチ、イタリアン、中国料理などを組み合わせた料理で、ワンランク上の上質な“食文化の国際交流”を体感することができます。

 

 

オープン第一弾は“京都の食材”を活かし、世界で活躍する村田氏・三國氏・脇屋氏がコラボレーション!

オープン第一弾の11月1日(木)~12月7日(金)のコース料理は、和食・フレンチ・中国料理のそれぞれ第一人者である、村田吉弘氏(菊乃井)、三國清三氏(オテル・ドゥ・ミクニ)、脇屋友詞氏(Wakiya一笑美茶樓・Turandot)の3人がコラボレーションしてコース料理を開発。3人の巨匠による五感を刺激する和洋中の融合をテーマにした料理を堪能できます。

 

(写真)左から、村田吉弘氏、三國清三氏、脇屋友詞氏

 

 

オープン第一弾のコース料理、予約開始!

9月1日(土)に、「KIKKOMAN LIVE KITCHEN TOKYO」専用サイトがオープンし、第一弾(11月1日~12月7日)のコース内容が公開されました。

 

●コース料理の内容
オープン第一弾は、古の風景と伝統を守る国際的な観光地であるとともに、京野菜をはじめ、良質な海産・畜産物の産地としても有名なことから、テーマは“京都の食材”に決定しました。京都の食材を活かしたコース料理が提供されます。第一弾コースは1種類です。

前菜:三巨匠の宝箱
スープ:フカひれの元気の出るスープ
刺身:鯛の昆布〆三種の醤油
魚料理:京野菜と伊勢えびのビスク風
肉料理:ヒレステーキトリュフソース5種の京野菜を添えて
ご飯:うなぎの飯蒸し、赤だし
デザート、コーヒーまたは紅茶
※:食材の調達の関係等によりコース内容が変更する場合があります。

●コース料理の価格
お一人様1万2000円(税込、サービス料10%別途、飲料代別途)

 

※11月コースイメージ

 

料理ライブはライブキッチン東京のシェフが担当しますが、監修シェフ各氏が登場する“スペシャルデー”も用意されています。
村田吉弘シェフ 11/1(木)、13(火)、29(木)
三國清三シェフ 11/1(木)、5(月)、12(月)、19(月)、26(月)
脇屋友詞シェフ 11/1(木)、20(火)、27(火)
※監修シェフの担当日は、予告なく変更となることがあります。

 

予約は「KIKKOMAN LIVE KITCHEN TOKYO」専用サイトで受付中です。
第二弾のコース内容は、10月1日(月)に公開予定です。

 

■シェフ・料理人プロフィール

 

村田吉弘(菊乃井)
株式会社菊の井代表取締役、NPO法人日本料理アカデミー理事長。京都・祇園の老舗料亭「菊乃井」の長男として生まれる。立命館大学在学中、フランス料理修行のため渡仏。大学卒業後、名古屋の料亭「加茂免」で修行を積む。1993年、株式会社菊の井代表取締役に就任。1976年、「菊乃井木屋町店」を開店。2004年、「赤坂菊乃井」を開店。自身のライフワークとして、「日本料理を正しく世界に発信する」「公利のために料理を作る」。また「機内食」(シンガポールエアライン)や「食育活動」、医療機関や学校訪問・講師活動)を通じて、「食の弱者」という問題を提起し解決策を図る活動も行う。2014年「地域文化功労者(芸術文化)」を受賞。2018年黄綬褒章を受章。

 

三國清三(オテル・ドゥ・ミクニ)
オテル・ドゥ・ミクニ オーナーシェフ。1954年北海道増毛町生まれ。15歳で料理人を志し、札幌グランドホテル、帝国ホテルにて修業。1974年駐スイス日本大使館の料理長に就任。大使館勤務の傍ら、フレディ・ジラルデ氏に師事する。その後も、トロワグロ、オーベルジュ・ドゥ・リル、ロアジス、アラン・シャペル等の三つ星レストランで修業を重ねる。1985年東京・四ツ谷にオテル・ドゥ・ミクニをオープン。2013年フランスの食文化への功績が認められフランソワ・ラブレー大学より名誉博士号を授与される。2015年フランス共和国よりレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受勲。この勲章はナポレオン・ボナパルトにより1802年に創設されたフランスの最高勲章で、日本の料理人へは初めての授与。現在、子どもの食育活動や、復興支援活動「子どもたちに笑顔を!」笑顔プロジェクトを継続している。

 

脇屋友詞(Wakiya一笑美茶樓・Turandot)
1958年北海道生まれ。15歳で料理人の道に入り、1996年トゥーランドット游仙境代表取締役総料理長に就任。2001年東京・赤坂に「Wakiya一笑美茶樓(いちえみちゃろう)」をオープン、2011年「トゥーランドット臥龍居(がりゅうきょ)」をオープンし、現在は東京、横浜で四店舗のオーナーシェフを務める。上海料理の技をベースに洗練された料理で日本の中国料理界をリード。近年は食を通じた国内外のチャリティー活動にも積極的に参加している。2010年、厚生労働省による卓越した技能者(現代の名工)を受賞。2014年秋の叙勲にて黄綬褒章を受章した。

【村田吉弘氏のコメント】
“食文化の国際交流”というコンセプトに深く共感し、今回協力させていただくことにしました。3人の料理人で力を合わせ、レストランのオープニングにふさわしい、“融合”がテーマのレシピを開発します。ぜひご期待ください。

 

 

【SHOP DATA】
IKKOMAN LIVE KITCHEN TOKYO(キッコーマンライブキッチン東京)
住所:東京都千代田区有楽町2丁目2-3ヒューリックスクエア東京B1F
営業時間:レストラン18:30~22:30<完全予約制>
スーベニアショップ11:00~21:30、カフェ&バー11:00~22:30
*お料理の提供は19:00からとなります。
*ご来店時間が20:30までのご予約を承ります。
“料理ライブ”タイムスケジュール
18:30開場、19:00スタート(約2時間)
*19:00までにご来店いただくと“料理ライブ”をすべてお楽しみいただけます。
定休日:日曜日(スーベニアショップ、カフェ&バーは年中無休)

URL:https://www.kikkoman-livekitchen-tokyo.com/
問い合わせ:キッコーマンライブキッチン事務局
TEL:03-5521-5158 受付時間:9:00-17:00(土・日・祝日・年末年始を除く)

急な来客やホームパーティーに重宝! コス子さんオススメのコストコ食材5選

「娘の夏休みが終わって、忙しい日々もようやくひと段落。と思ったら、今度の週末にお友達をたくさん呼んで遊びたいって言われちゃった! 勝手に約束されると困っちゃうわ。とはいえ、かわいい娘のお願いだもの、なんとか聞いてあげたいけれど、近所のスーパーで買ってきた食材を並べて出すのはちょっと気がひけるし、なにかいい方法はないのかしら!?」

 

と、子どもの思いつきに振り回されているお母さんの元へ、コストコおすすめ商品紹介ブログ「コストコ通」のコス子さんからアドバイスが! この間は、コストコでの上手なお買い物の仕方を教えてくれたけれど、今回は、普段からコストコで購入しているもののなかから、ホームパーティーをするときにおすすめの食材を教えてくれました。

参田家(まいたけ)って誰? → https://maita-ke.com/about/

 

おすすめ商品その1
シュリンプカクテル(585g) 1880円

「えびがたくさん入っているので、大人数で食べるのにピッタリ。殻が全部取られているので、しっぽだけ気にすれば、子どもも安心して食べられますよ。生臭さがなく、プリプリでおいしいんです! 」(コス子さん)

 

おすすめ商品2
ハイローラーBLT(15個入り)998円

「断面がカラフルでおしゃれな見た目なので、パーティーに映えます! サッと食べられるのに満足感も高め。意外ですが、オーブントースターでこんがり焼くと、驚きのおいしさですよ!」(コス子さん)

 

おすすめ商品3
ロティサリーチキン 699円

「鶏を1羽まるごと焼き上げた、幅約13cm、長さ約20cmのチキン。塩と黒胡椒がメインのシンプルな味付けが、肉のうま味を引き出しています! プレートに移すだけで、見映えもUPしますよ」(コス子さん)

 

おすすめ商品4
スーパーウェッジポテト(2000g)598円

「こちらは、赤唐辛子やガーリックパウダーなどで味付けされた皮付きポテト。大きめのじゃがいもがくし形にカットされていて、いもの味をしっかりと感じられるんです。子どもに大人気のポテトは、ホームパーティーには欠かせませんよね!」(コス子さん)

 

おすすめ商品5
ハワイアンサーモンポキ(480g)1766円

「こちらは、ごま油、塩、野菜などで和えてハワイ風に味付けしたノルウェー産サーモン。ごま油のコクと塩味で、油がのったサーモンをぐっとおいしくしてくれるんです! 子ども用はこのままで、大人はわさびなどを混ぜて食べてもいいかも!」(コス子さん)

 

まとめ

全部材料を買ってきて一から作ろうとして、焦っていたお母さん。できあいのコストコ食材の活用術を教えてもらえて、時短ができて大満足! ハロウィンなど、これからホームパーティーが続く時期がやってきます。コストコのできあい食材を上手に活用して、時短をしながら、みんなが驚くテーブルを作りましょう! あ、そうそう。コス子さんは、最近『コストコLifeベストバイ!』(学研プラス)を発売したと言っていたわね。早速ネットで注文しとかなくっちゃ。

 

教えてくれたのは……

コストコのおすすめ商品ブロガー/コス子さん

コストコのおすすめ商品を紹介するブログ「コストコ通」管理人。2児の母。月2回のペースでコストコに通いながら、実際に使用したリアルなアイテムレビューを毎日更新中。コストコの第一人者としてテレビ出演や雑誌への寄稿なども行っている。近著に『コストコLifeベストバイ!』(学研プラス)がある。
https://costcotuu.com

 

ほかにも暮らしにまつわるお悩みの解決法がいろいろ!

matitake300x97_01

この夏の猛暑でビールの売上が大幅増! 好調のワケをキリンビールに聞いた

猛暑が続いた今年の夏。日中にちょっと出歩いただけでも大量に汗をかいてしまうので、熱中症対策に水分をこまめに補給するよう心がけていた方も多いでしょう。そして、暑い夏に飲みたくなるものといえば、やっぱりビール! これだけ暑いと、さぞビールの売れ行きもよかったのでは……? ということで、この夏のビールの売れ行きについてメーカーにお話しを伺いました。

 

今回お話しを伺ったのは、キリンビールのマーケティング本部 ビール類カテゴリー戦略担当の原 英嗣さん。新ジャンル(第三のビール)のブランドである「のどごし〈生〉」を担当されています。

↑キリンビールのマーケティング本部 ビール類カテゴリー戦略担当 新ジャンルチームでブランドリーダーを務める原 英嗣さん

 

――この夏のビールの売上はいかがだったのでしょうか?

原さん(以下、敬称略):ビール市場は13年連続で減少が続いていたのですが、キリンビールではこの6-8月は112%の増加となりました。メインブランドである「一番搾り」が好調なほか、今年の春から立ち上がった新ジャンルの「本麒麟」も予想を超える売れ行きになり、6月は前年比111%、7月は115%の伸びとなっています。わたしの担当する「のどごし〈生〉」も5月にリニューアルを行い、おかげさまで好調に推移しています。

 

――やはりこの暑さでビール需要が伸びた格好ですね。大ヒットとなった「本麒麟」も「のどごし〈生〉」もいわゆる新ジャンルの商品ですが、こちらはどのような違いがあるのでしょうか?

原:「本麒麟」はビールに近い味を追求し“力強いうまさとコク”を訴求しているのに対し、「のどごし〈生〉」は“ゴクゴク飲める爽快なうまさとキレのよさ”が特徴となっています。

 

――「のどごし〈生〉」は5月のリニューアル以降好調ということですが、どのように変わられたのでしょうか?

原:「のどごし〈生〉」は2005年に誕生したブランドですが、2011年をピークに近年は前年割れが続いていました。立ち上がりからこれまで10回以上のリニューアルを図ってきましたが、今回はユーザーの嗜好を徹底的にリサーチし、ユーザーが求めるものを前面に打ち出す方針に思い切って舵を切りました。

 

原:「のどごし〈生〉」の強みは、“生ビールのおいしさを追求した味わい”、“ゴクゴク飲める爽快なうまさ”、“サッと消える後口のキレのよさ”ですが、今回のリニューアルにあたって試醸を繰り返し、のどごし〈生〉史上、最高のキレ味を実現しました。イメージキャラクターに俳優の桐谷健太さんを起用した新CMでは、スッキリしたキレ味をストレートに伝えるような内容になっています。

 

また、新しくなったことをパッケージでもアピールすべく、「新」という文字を目立たせたデザインを採用しています。これは結構なチャレンジでして、社内でも賛否ありました。この新デザインでは麒麟の意匠も従来より大きくなっているんですよ。

↑「新!」の文字を強調した斬新なデザイン

 

――「新」という字が大きくて斬新ですね。ところで、最近は特に20~30代の若い世代を中心にビール離れが起きていると言われていますが、そういった層にはどのようなアプローチをされているのでしょうか?

原:40~50代に比べ、20~30代といった若い世代ではビールよりもチューハイが好まれる傾向はありますが、最近ではクラフトビールのような個性のあるビールを料理に合わせてペアリングを楽しむ、といった提案もしています。その一方で、「のどごし〈生〉」は、気軽に飲んで頂けるデイリービールとして訴求しています。

↑クラフトビールの「スプリングバレーブルワリー」シリーズ

 

――確かに平日の晩酌ではお手ごろな新ジャンルや発泡酒を、ゆっくり飲める週末にはクラフトビールを、というように飲み分けているといった話しをよく耳にします。そういえばアルコール飲料では高アルコールがトレンドになっていますが、「のどごし〈生〉」がアルコール度数を高めるといったことはありえるのでしょうか?

原:のどごしブランドではアルコール度数7%の「のどごし STRONG」をラインナップしていますので、高アルコール需要にはそちらで対応したいと考えております。ほかにも、糖質ゼロ・人口甘味料ゼロ・プリン体ゼロの「のどごし ZERO」という商品もあり、幅広いニーズに応えられるようにしています。

 

 

――のどごしブランドもどんどん拡大しているんですね。次はどのような商品が出てくるのか楽しみです。本日はありがとうございました。

 

この夏、大きく売り上げを伸ばしたビール市場ですが、好調の理由は“暑さ”だけでなく、変化するニーズに合わせた商品開発やシーン提案にもあるようです。いつも「何となく」ビールを選んでいる方は、料理や気分に合わせて商品を選んでみてはいかがでしょうか?

 

ナチュラルな味に、手が止まらん! 合わせる酒を選ばない静岡名物「かつおぶしチップス」の安定感

かつおぶしって、そのまま食べてもおいしいですよね。筆者も、白飯の上にのせて食べるのが子どものころから大好きです。このほど、そんなかつおぶしの味を最大限に活かしたおつまみを見つけました。その名もシーラック「バリ勝男クン。ハイッ!チーズ編」です。

 

みりん干しにも似た味と、ピーナッツが好相性

静岡県焼津産カツオを使用したこの「かつおぶしチップス」。チップスといっても、かつおぶしをやや厚めに削って味付けした商品であり、ノンフライです。静岡みやげとして、最近はよく知られるようになりましたが、ネットでも手軽に購入できます。

 

個性的な外見のパッケージを開けると、漂ってきたのは意外にもピーナッツの香り。たしかにパッケージの商品写真をよく見ると、まばらにピーナッツが入っているようですが、実際のところは内容量の1/3程度はピーナッツが占めています。

肝心のチップスですが、指の爪程度の小さいサイズ。それでも噛んだときにはバリバリと音が出るくらいの厚さで食べ応えがあります。味は甘めで、例えるならば魚のみりん干しの味が近いでしょう。なお、味付けの「チーズ味」についてはあまり感じることができませんでした。チーズ系のおつまみ、というよりはかつおぶしのおつまみとして認識したほうが適当ですね。

 

チップスはやや甘く感じるくらいの味わいなので、薄めに味付けられたピーナッツはちょうどいい相棒です。チップスとピーナッツを同時に味わうとちょうどいい甘さ、なめらかさで、つぎつぎと食べ進んでしまいます。おつまみとしてもよいですが、おやつにもいいな、という印象を抱きました。

 

酒の肴に迷ったら、とりあえず買ってハズレなし

さて、今回はまず焼酎とあわせてみました。酒と合わせてみると、いやらしさのない自然な味です。酒を飲みやすくするとか、酒を進めるといった力は本品にはありませんが、かつおぶしのナチュラルな旨さは酒の味を一段際立たせてくれました。日本酒でも同様。やさしさのある味付けは、淡麗系、芳醇系問わず酒との相性がよく、どのような酒に対しても安心して合わせられます。

 

あるいはハイボールやサワーなどでサクッと飲みたいときにもおすすめ。軽く酒を飲みたいけれど、アテがないのはちょっと……というときに手を出してハズレのない一品です。

 

【満足度ポイント】

焼酎 ★★★★
日本酒 ★★★★
ハイボール・サワー ★★★★

 

シーラック

バリ勝男クン。ハイッ!チーズ編(20g)

実売価格130円

世界一ビールに合うのではないか? あの「世界の山ちゃん」の味を再現した「てばさきいか」

「世界の山ちゃん」を知っていますか? 手羽先を名物とする名古屋発祥の居酒屋で、全国12の都道府県に加え、香港、タイ、台湾、マレーシアなど、海外にも進出している有名店です。その手羽先は、濃くスパイシーな味付けがクセになる一品なのですが……実はその味が、なんとさきいかになっているというのです。

 

 

せんべろの居酒屋メニューを彷彿とさせる濃い味わい

その商品は、アクシス「世界の山ちゃん てばさきいか 幻の手羽先風味」。パッケージでは「世界の山ちゃん」のイラストを前面に押し出しているのが印象的です。封を開けると、もうスパイスの香りが強烈! ペッパーをはじめとするスパイシーな香りは、“あの手羽先”の味を忠実に再現していることを示しています。

さきいかには黒コショウが「これでもか」とふりかけられていて、見た目はしっとりしている印象。香りも外見も、明らかに通常のさきいかとは違います。味わいの特徴は、ほかに例がないのではないか、と思うほど甘みが濃厚なこと。いか本来の甘みに加え、調味料による甘みも加えられていて、噛めば噛むほどその甘さは強くなっていきます。甘さに続いて、今度はコショウが主張しはじめ、徐々に口がピリピリしはじめてパンチ力を感じます。

 

噛み応えは極めてやわらかい一方で、調味料のせいで若干のシャリシャリ感があるのも特徴。濃い味付けも含め、まるでせんべろの居酒屋メニューのような、クセになる刺激があります。

 

実は、最もビールに合うさきいかではないか?

食べていて確信しました。この「てばさきいか」、「最もビールに合うさきいか」であると。

甘さと辛さのダブルパンチがある本品は、食べているとどうしても酒が飲みたくなるのですが、そこにはやっぱり突き抜けた爽快感がほしいところ。ということでキンキンに冷やしたビールを試してみたところ、のどごしのよさが際立ってもう最高。このさきいか、ビールのために存在しているのかもしれません。

 

ほかのお酒なら焼酎や日本酒でも美味。ただ、本品がかなり刺激的な味付けであるため、やはりゴクゴク飲むお酒が向いています。気軽に酔いたいけれど、一発ガツンと来るおつまみがほしい、そんなときにこそ食べてほしい一品ですね。

 

【満足度ポイント】

ビール ★★★★★
焼酎(芋・ロック) ★★★★
日本酒 ★★★★

アクシス

世界の山ちゃん てばさきいか 幻の手羽先風味(27g)

237円

「日本酒に合う料理」にはそんなセオリーが…! 体験イベントで知る「ペアリング」の喜び

8月4日、二子玉川の蔦屋家電2階のダイニングにて、日本酒ファンに向けて、新たな体験イベントが開催されました。その名も「吟醸酒と調理家電レシピの『完璧なペアリング』体験会」。麻布十番で人気のダイニング日本酒バー『赤星とくまがい』のオーナー、赤星慶太さんを講師に招いた体験イベントで、日本酒の吟醸酒と、これにピッタリ合う3品の料理を楽しむ体験会です。提供される料理の一部はパナソニックの最新調理家電「IHデイリーホットプレート」で調理されます。

 

幅広い年齢層の約30名がイベントに参加

体験会のテーマは、イベント名の通り、「吟醸酒と料理のペアリング」。酒好き、グルメ好きにとっては想像するだけで微笑んでしまうイベントです。しかも、コアな日本酒ファンに評価が高い「赤星とくまがい」が監修するとなれば、これはもう、行かねばなるまい! というわけで、歴史に残る猛暑の中、汗を拭きつつ駆け付けました。

 

イベントの会場は二子玉川の蔦屋家電。本棚や観葉植物が印象的に配置されたスタイリッシュな店内を通って、2階のダイニングへ。今回は1日2回の開催で、各30人ずつが参加します。開始時刻が近づくにつれて、30代くらいから60代くらいまで、幅広い年齢層が集まってきました。参加者は女性がやや多いようですね。

 

調理にはパナソニックの「IHデイリーホットプレート」を使用

また、会場が蔦屋家電ということもあって、体験会で提供する料理は、最新の調理家電「パナソニック IHデイリーホットプレート KZ-CX1」(8月1日発売・実売価格5万6520円)で調理されました。こちらは熱源が二つあり、プレートを外すとIH調理器としても使えるので、その名の通りテーブルの上に置いて毎日でも使うことができるといいます。

↑見た目もスリムなパナソニックのIHデイリーホットプレート

 

さらに、本イベントでは新しいブランド「双円」(そうえん)の酒器を使用。「双円」は気鋭のプロダクトデザイナー、鈴木 健氏が主導して立ち上げたもので、同じ販路、同じブランディングを異業種・異素材でシェアするという画期的な取り組みです。本イベントでは、千葉県のガラスメーカーSghr(スガハラ)のタンブラーが使用されました。

↑参加者が手にしているのが、「双円」のタンブラー。イベント終了後はお持ち帰り頂きました

 

アメリカで20年、日本酒を紹介してきた赤星慶太さんがナビゲート

さて、いよいよイベントのメイン、「無冠帝」と料理のペアリングのコーナーがスタート。日本酒コーディネーター兼ライターの馬渕信彦さんを進行役に、麻布十番の「赤星とくまがい」のオーナー、赤星慶太さんが日本酒と料理のペアリングについて解説します。

↑赤星慶太さん

 

ここで少々、ナビゲーターの赤星さんの紹介を。赤星さんは1998年、地酒のエクスポーターとして渡米。2009年に『Sake Bar KIRAKUYA』をプロデュースし、後に3店舗の酒ソムリエを歴任します。赤星さんは渡米中、ある女性から「この美味しい日本酒と料理に出会わなければ、私は一生、ジャンクフードと炭酸飲料で過ごしていたと思う。本当にありがとう」と涙ながらに感謝されたことが強く印象に残っているそう。以降もこの経験をモチベーションとして、日本酒と料理のペアリングの可能性を探り続け、2015年4月、自らのお店をオープンするため帰国。NYで出会ったシェフの熊谷道弘さんと『赤星とくまがい』を麻布十番にオープンしました。

 

「アメリカで20年、お酒を売る仕事をしてきて、飲み慣れていない人にお酒を伝えるために、料理とのペアリングを考えるようになりました。私が考えるペアリングの基本は『調味料で考えること』。たとえば、刺身にどの日本酒を合わせたらよいかとよく聞かれますが、醤油と合わせればいいんです」(赤星さん)

 

なるほど。お酒は食材ではなく、調味料で合わせるというのは初耳ですね。さて、「そろそろ美味しい匂いがしてきました」との馬渕さんの言葉の通り、ホットプレートで肉が焼けるいい匂いが漂ってきましたよ。

↑IHデイリーホットプレートで調理する「赤星とくまがい」のシェフ、熊谷道弘氏

 

高い志を秘めた菊水酒造の吟醸酒「無冠帝」

続いて、料理とペアリングするお酒のほうを紹介していきましょう。実は、本イベントを後援したのが新潟県・新発田市の菊水酒造。菊水といえば、鮮烈な風味のアルミ缶のワンカップ「ふなぐち菊水一番しぼり」や鋭い切れ味の「菊水の辛口」で有名ですが、今回の主役は吟醸酒の「無冠帝」です。

↑菊水酒造の「無冠帝」。参考価格は300mℓで544円(税抜)、700mℓで1190円(税抜)

 

本品は1983年に発売。「高品質のお酒をたくさんの方にお届けしたい」との高い志を持ち、酒銘に「無冠の帝王」の意味を込めたといいます。発売から35年、時代によって味やボトルのデザインは変わりましたが、この酒にかける「心意気」は今も変わっていないそう。

↑菊水酒造の長谷川洋平さん

 

菊水酒造の長谷川洋平さんによると、無冠帝を「日々を大切に生きる人々、生き方にこだわる人へのスタイリッシュなお酒」と表現。さらに、辛口で切れがよく、「香りや酸味は穏やかで料理をさりげなく引き立てるので、テーブルをきれいに演出するお酒」と語りました。お話を聞いているうちに、菊水酒造さんのこだわりがひしひしと伝わって来て、「無冠帝」とは実際にどんなお酒なのだろう? と、楽しみになってきます。

菊水「無冠帝」の公式サイトはコチラ

 

「無冠帝」に合うしょうがやおろしポン酢を使った3品の料理が登場

やがて、お皿に乗った料理が運ばれてきました! 料理は以下の3種類です。

【1】「トマトと水牛のモッツァレラ ガリ風味のカプレーゼ」(写真左奥)
【2】「カレー風味のハンバーグ」(写真右手前)
【3】「焼きマシュマロのベリーソースがけ」(写真右奥)

 

赤星さんが、上記3品の料理の狙いを、以下のように解説してくれました。

「『無冠帝』に一番合うと思ったのがしょうがです。しょうがとの相性がいいので、カプレーゼには甘酢漬けにしたガリを使いました。ハンバーグにはおろししょうがとカレーパウダーを入れています。家庭で試すなら、おろしポン酢がオススメ。『無冠帝』の最後の苦みがポイントで、大根と相性がいいんです。『焼きマシュマロのベリーソースがけ』は、マシュマロ、ヨーグルト、ブルーベリーを使用。ヨーグルトの乳酸と日本酒は相性がいいので、そのペアリングを味わってもらえたらうれしいです」

 

いよいよペアリングを実際に体験!

では、いよいよ実際に味わってみましょう。まずは、ブルーのボトルが涼やかな「無冠帝」単体で味わってみます。「無冠帝」が注がれたグラスを鼻に近付けてみると、上立ち香は穏やか。口に含むと、きりっとした味わいが印象的で、しっかりとした旨みがあります。含み香も爽やかですね。

↑料理を味わう参加者

 

続いて、「トマトと水牛のモッツァレラ ガリ風味のカプレーゼ」を味わいました。モッツレラチーズの味がふわりと口の中で広がったあとに、トマトとガリの酸味がじわり。その後に再び「無冠帝」を飲むと、最初より味が引き締まって美味しく感じました。おお、これぞペアリングの妙。料理によって日本酒の味が引き立つとはこういうことだったんですね。

 

参加者の間からも、「ホントだ、しょうがが合う!」という声が聞こえてきます。意表を突かれた素材のペアリングに、会場全体が赤星マジックの術中にはまってしまった模様。

 

続いて、「カレー風味のハンバーグ」を試してみましょう。鶏肉のハンバーグは意外にもガツンとした味わいです。しかし、「無冠帝」を飲みながらいただくと、料理のしつこさが和らぐのがよくわかります。焦げめが甘く感じられ、肉やたまねぎなど、素材のひとつひとつの風味がより美味しく感じられますね。「無冠帝」もすいすいと喉を通り、いくらでも飲めそうな気がしてきました。

↑絶妙なペアリングで、参加者のお酒も進みます

 

最後に「焼きマシュマロのベリーソースかけ」はどうでしょう? 合わせてみると、ヨーグルトとブルーベリーの酸味が「無冠帝」と混然一体となったかのような……。

 

生詰の香りをミントが引き立てる

さらに、赤星さんによると、マシュマロに添えたミントにも意味があるようです。

 

「『無冠帝』は『生詰(なまづめ)』の『吟醸』なので、香りがすっと上がって来るのがポイント。それをミントが引き立てているんです」

↑無冠帝の特徴を語る赤星さん

 

赤星さんが言う「生詰」とは、通常2回行う火入れ(加熱)を1回のみ行う日本酒の種類のこと。フレッシュな香りと味わいがしっかりと残り、かつ火入れによって味が安定します。「吟醸」とは、60%以下に精米したお米を使い、低温発酵させて手間をかけて造ったお酒で、華やかな香り、軽やかな酒質が特徴です。

 

ちなみに、火入れをしない生酒や、先述の生詰は管理が難しいのですが、実は、菊水酒造ではほとんどのお酒を生酒か生詰にすることにチャレンジしているそうです。ここでも、蔵元の味へのこだわりを感じますね。

↑「無冠帝」のラベルに注目。ラベル下部には「吟醸 生詰」の文字が

 

菊水「無冠帝」の公式サイトはコチラ

 

ペアリングの世界を知り、ますます日本酒が楽しくなった

こうして、1時間ほどでイベントは終了。イベント名にある通り、「無冠帝」と3種類の料理との「完璧なペアリング」を堪能させて頂きました。ほかにも、赤星さんは、「日本酒のペアリングでは酸を重視する。酸を覚えるため、毎日7種類の酸を水に溶かして飲んでいたら、次第に酸の違いがわかるようになった」「お酒を料理のソースに合わせれば失敗はない」「日本酒に氷をひとつ落とすと味が劇的に変わる」といった刺激的な知識や、すぐ使えるテクニックも披露してくれました。

「日本酒といえば塩辛」という昔ながらの考え方とはまったく違う世界を見せていただき、まさに、目からウロコが落ちる思い。実際、参加者からは、「ガリがこんなに日本酒と合うなんて知らなかった!」「日本酒と酸の関係が勉強になった。日本酒に合う料理を作るときは、ポン酢や大根おろしをうまく使いたい」「調味料として日本酒を考える、という点がすごく新鮮だった」「お酒と料理のペアリングを考えたことはなかったので、『なるほど』と思うことが多くて、楽しかった」…などなど、みなさん、興奮の面持ちで感動を語ってくれました。

 

【動画】イベント参加者の声

「日本酒と料理のペアリング」というテーマ自体への感心も高かったようで、「料理が味わえなくても話だけでも聞きたい」と、イベントに参加する方も多くいらっしゃいました。最新の調理家電や酒器に触れられた点も斬新で、モノ好きの好奇心も満たす内容。まさに一粒で何度でもおいしいイベントでした。思うに、これは後援が「無冠帝」だからこそ実現できたこと。発売35年であえてリニューアルに踏み切った「挑戦」の気概が、このような斬新なイベントを生んだのでしょう。

 

本イベントに触れたことで、日本酒の世界はまだまだ奥が深い……だから、楽しい。そんな思いを新たにしました。読者のみなさんもぜひ、本稿をきっかけに、日本酒の新たな楽しみ方を探してみてください。

撮影/我妻慶一

 

菊水「無冠帝」の公式サイトはコチラ

 

【「無冠帝」との完璧なペアリングが実現する3品のレシピはコチラ】

その1

トマトと水牛のモッツァレラ ガリ風味のカプレーゼ
■材料(一人前)
【A】
・ミニトマト:1/2個
・モッツァレラチーズ(小):1個
・ガリ:小1枚(約5g)
・大葉:1/2枚

・塩:適量
・こしょう:適量
・オリーブオイル:適量

■作り方
①【A】の材料を、モッツァレラチーズ、ガリ、大葉、ミニトマトの順に重ね、ピンまたは串を刺す。
②上から塩、こしょう、オリーブオイルをかける。

 

その2

カレー風味のハンバーグ
■材料(一人前)
・鶏もも肉(ひき肉):100g
・たまねぎ:50g
・舞茸:50g
・長芋:20g
・しょうが:5g
【A】
・塩:4g
・こしょう:2g
・卵:1/2個
・カレー粉:1g
・醤油:10㏄
・酒:5㏄
・みりん:5㏄
■作り方
①たまねぎ、舞茸をみじん切りにする。
②長芋、しょうがをすりおろす。
③鶏もも肉(ひき肉)と①と②をボールに入れ、【A】を加えて混ぜ合わせる。
④適量を手でこねて、ホットプレートで焼き上げる。

 

その3

焼きマシュマロのベリーソースがけ
■材料(一人前)
・マシュマロ:適量
・ヨーグルト:適量
【A】
・ブルーベリー:200g
・水:100cc
・白ワイン:30cc
・ レモン汁:10cc
・グラニュー糖:40g

■作り方
①【A】の材料を鍋で火にかけて、煮詰める。
②マシュマロの表面を、バーナーで焦がすように炙る。(※バーナーで炙る代わりに、ホットプレートで表面を焼いてもOK)
③マシュマロの上に①のソースをかけ、さらにヨーグルトをのせる。

100セット限定! 常識破りの「コーヒー作り」でできたキーコーヒーの激旨コーヒーを試飲してきた

キーコーヒーは、限定生産のコーヒー「トアルコ トラジャ KEY Post-Harvest Processing」を9月26日に発売します。100セット限定販売となり、価格は100g豆で4968円です。購入は直営オンラインショップ「KEY COFFEE 通販倶楽部」から。

 

「トアルコ・トラジャ」はキーコーヒーの看板商品。インドネシアのトラジャ地方で生産されるコーヒーブランドです。通常のパッケージは200g入りで2160円。

↑トアルコ トラジャ KEY Post-Harvest Processing

 

一方、今回の「トアルコ トラジャ KEY Post-Harvest Processing」の価格は、実に4倍強。これだけ高価格なのは「世界初」という加工技術が使われているからです。

 

本記事では、このレアなコーヒーのヒミツを、試飲した印象とともにお伝えします。

↑金色のパッケージが今回の限定商品。左のトアルコ トラジャのドリップパックと比べるとシンプル

 

コーヒーは赤い果実

新しいコーヒーのヒミツをレポートする前に、まずは、コーヒーがどのような工程を経て作られているかをざっくりと紹介しましょう。

 

コーヒーというと、喫茶店で飲む黒い飲み物、そして抽出前の茶色い粉や豆をイメージする人が多いでしょう。コーヒーの原料は木になる果実で、赤く熟した状態で収穫されます。その種を加工して焙煎したものが良く知られているコーヒー豆です。

 

コーヒーの果実をなぜ目にしないのかというと、すぐに腐ってしまうから。腐らせないために、赤い果実は収穫したその日のうちに取り除かれてしまいます。果肉を取り除かれた豆は、産地での「精選(せいせん)」という工程を経て、焙煎する直前の「生豆」の状態まで加工されます。生豆の状態で日本で輸出され、焙煎されたものが喫茶店などで見かける茶色いコーヒー豆になるわけです。

 

——————-
詳しく知りたい方はコチラ:
【意外に知らない】コーヒーってどう作られるか知ってる? 超重要工程「精選」をインドネシアで調べてきた
——————-

秘訣は「氷温熟成」

さて、ここからが本題です。今回の新製品「トアルコ トラジャ KEY Post-Harvest Processing」は、使っているコーヒー自体は、もともとのトアルコ トラジャと同じ果実です。その価値を大きく引き上げているのは、加工技術にヒミツがあります。

 

キーコーヒーが着目したのは、コーヒーの赤い果肉。この果肉は腐りやすく、これまでのコーヒー生産の方法では、真っ先に捨てられてしまうというのが常識でした。

↑コーヒーはこの赤い果実から作られます

 

↑コーヒーの果実を氷温域で保存し、甘みやコクを引き出しました

 

今回、キーコーヒーは特殊な手法を用いてコーヒーの果実を腐らせずに熟成することに成功。その手法が「KEY Post-Harvest Processing」と呼ばれるものです。

 

雪下にんじんをご存じでしょうか? にんじんを雪の下に埋めて冬を越すことで、フルーツのような甘みが引き出す製法です。

 

「氷温熟成」は、雪下にんじんの仕組みを利用した加工技術です。水は摂氏0度で凍りますが、野菜や果物は0度をわずかに下回る温度までは凍りません。その差にあたる温度「氷温域」で保管しておくと、食材の熟成が進み、甘みやコクが出るとされています。すでにリンゴやキウイような果物では氷温熟成を用いて味を向上させた商品が登場しており、キーコーヒーでも、「生豆」を氷温熟成させた「氷温熟成コーヒー」を販売しています。

 

「KEY Post-Harvest Processing」では、この氷温熟成の技術をコーヒーの“果実”に応用。同社の運営する農園で収穫後、氷温庫で一定期間保存することで、果実を腐らせずに熟成させる技術を開発しました。

↑インドネシアのパダマラン農園には「KEY Post-Harvest Processing」の実験設備がある

 

↑巨大な冷凍庫のような設備で冷却。竹かごは均一に冷やすための工夫だという

 

氷温熟成を経たコーヒーの果実からは、甘みやコクが増した独特の味わいのコーヒーが完成。成分分析の結果、香りの要因となる「香気成分」が増していることが確認されたそうです。

 

では、その味わいはどのようなものなのでしょうか。次のページでは試飲した印象をレポートします。

別次元の味に

数あるコーヒーの産地の中でも、トラジャ産のコーヒーは独特の酸味が特徴です。トアルコ トラジャは“柑橘系の酸味”と表現されるような爽やかな酸っぱさが持ち味。バターのようななめらかな舌触りを感じたかと思えば、きりっとした後味がやってくる、かなり個性的なテイストです。

↑いざ試飲。カップに顔を近づけた瞬間、華やかな香りが鼻に飛び込んできました

そのトアルコ トラジャを「KEY Post-Harvest Processing」で加工すると、その様相が一変。舌は素人並みの筆者ですが、一口飲んで「これは別次元の味だ……!」と感じるほどの変化がありました。

 

もともとあった柑橘系の風味は、甘さや酸っぱさが強調され、まるでパイナップルのような香りに。冷めたあとに口に含むとワインのような刺激的な味に。洋ナシのようなまろやかな舌触りも印象的でした。

↑オススメの飲み方はハンドドリップ。280秒かけて丁寧に抽出されていました

 

キーコーヒーによると、コーヒーのプロによる官能評価でも、その味の進化は認められたそう。全米スペシャリティーコーヒー協会が定めた指標に基づくテストでは、「パイナップル」や「ラズベリー」のような香味が強化されて、「黒蜜」ような甘い余韻が追加されたと評価されています。官能評価員の表現によると「標高が200mアップしたような風味」だといいます。

↑官能評価では68種類のフレーバーで味を表現します

 

標高200mのグレードアップが“コーヒーの危機”を救う?

コーヒーを味を「標高」で表現するのを疑問に思われる方も多いでしょう。一般的にコーヒーは、寒暖差のある高地で育てた方が美味しくなると言われています。つまりコーヒーの実を氷温熟成させたことで、「標高200m相当の」品質向上が見られたということだそう。

 

実は、コーヒーは今、“2050年問題”という問題を抱えています。温暖化や気候変動でコーヒーの収穫量が減少し、美味しいコーヒーが飲めなくなるという危機が迫っているのです。

 

キーコーヒーは、今回の技術「KEY Post-Harvest Processing」のような加工技術の改良による風味向上も、2050年問題の解決策の1つになると見込んでいるそうです。

 

——————————–
※「2050年問題」についてもっと知りたい方はこちら
——————————–

 

トアルコ トラジャは、キーコーヒーが40年前にトラジャ地方の農園を開拓したのが始まり。以来、現地の生産者と協力しながら、生産を続けてきたといいます。産地で大規模なコーヒー農園を運営していたからこそ、果肉はすぐ捨てるという「コーヒーの常識」を打ち破ることができたというわけです。

↑KEY Post-Harvest Processingを開発した大塚祐一氏(キーコーヒーの開発研究所所属)。山の上の農園に60日間泊まり込みで研究したといいます

 

そんなコーヒーの常識を打ち破った「KEY Post-Harvest Processing」は、100セットという限定販売。今後は加工設備を順次拡大して、品質を保ちながら増産を目指していくそうです。

 

なお、9月末の2つのイベントで「トアルコ トラジャ KEY Post-Harvest Processing」の試飲会が実施されます。9月26日~28日には東京ビッグサイトで開催される展示会「SCAJ 2018」に出展。9月29日~29日には国連大学で開催されるイベント「東京コーヒーフェスティバル」に登場します。貴重なコーヒーをいち早く楽し見たい方は、イベント情報をチェックしてみましょう。

みなさんカクテルはお好きですか? 老舗リキュール・BOLSで楽しむ「同色の法則」

カクテルはさわやか系も甘い系もあるし、飲みやすいロングカクテル、じっくり飲めるショートカクテルなど、バリエーションが多彩で面白いですよね。「でも、カクテルはお店で飲むもの。材料もないし、家で作るのは難しい…」とお思いの人もいるのでは?

ご安心を! 「BOLS」(ボルス)を使えば、だれでも簡単においしいカクテルを楽しめるのです。本稿ではボルスの特徴や魅力について、先日行われた期間限定イベントのお披露目会の様子からお伝えしていきます!

 

オランダの老舗リキュールBOLS(ボルス)とは?

ボルスは、オランダ・アムステルダム生まれのリキュールブランド。その歴史はとても長く、なんと創業は1575年。世界に現存するなかで、最も歴史あるスピリッツメーカーといわれています。

↑ボルスはカラフルでデザインもカッコイイ!

 

30種類以上もの豊富なフレーバーをラインナップし、伝統的な製法で造られる高い品質のリキュールは、世界110か国以上のプロのバーテンダーがカクテルに使用しているそう。色鮮やかでスタイリッシュなボトルは、もしかしたら見たことがあるかもしれませんね。

 

リキュールの香りを楽しむ限定イベント開催!

そんなボルスが開催するイベントは、そのコンセプトやリキュールを五感で楽しめる期間限定のディナーテラス。2018年9月10日~10月19日まで、東京・明治神宮前のレストラン「ベニーレ ベニーレ」で行われています。

 

レストラン内には日本初展開となる「アロマディスプレイ」というボルス社オリジナルの装置が設置され、料理やドリンクでリキュールを味わうだけでなく、目と鼻でも「体験」できるようになっています。

 

↑こちらがアロマディスプレイ。ポンプを押すとリキュールのアロマがプシュッと出てきます

 

メディア向けのお披露目会では、日本を代表するバーテンダーによるオリジナルカクテルやパフォーマンスショーが振る舞われ、会場を盛り上げました。

 

↑ボルスの世界大会「BOLS AROUND THE WORLD」にアジア代表として出場した宮之原寿美礼さん

7つのおすすめフレーバーをピックアップ

種類豊富なボルス製品のなかから、このイベントでは7種のリキュールがフィーチャーされています。それぞれの特徴を紹介しましょう。まずは、初めてボルスを楽しむ方にオススメしたい定番フレーバーから。

↑「ブルー」はボルスのなかで最も歴史のあるフレーバー。パワフルなオレンジの味わいを感じるブルーキュラソー

 

↑フレッシュなライチがフルーティーで甘い「ライチ」。日本での好評を受け、世界中の人気に火が付きました

 

↑オランダ産のヨーグルトを使った「ヨーグルト」。割らずに飲んでもいいし、スイーツの材料にも使えそう

 

続いては、お酒が得意でない人でも飲みやすい、果実味のあるスイートなタイプです。

↑ゴールドに光る「マンゴー」。ジューシーな完熟マンゴーの味わいがトロピカル。南国リゾート感を演出してくれます

 

↑日本人になじみやすいテイストの「サワーアップル」。酸味と甘さのバランスがよくて、みずみずしい味わいです

 

↑ほのかにバニラが香る、フルーティーな「パッションフルーツ」。新鮮なパッションフルーツ果汁入りのさわやかなフレーバー

 

ラストは今回のなかで最も個性的なパンプキン味。思いのほか味わいはしっかりとしたリキュールになっていて、カクテルによくなじみます。そして何といっても、ハロウィンパーティにぴったり。

 

↑こちらが「パンプキンスパイス」。カボチャの甘みに、シナモンやナツメグといった木の実のようなスパイシー感が絶妙

 

ボルスにあわせるには、どんな料理を作ればいいの?

さらにお披露目会では、銀座クルーズの総料理長・諸星純一さんが、カラフルなボルスにインスピレーションを受け、7種のリキュールをイメージしたオリジナルメニューを作ってくれました。

↑諸星純一さん。イベント会場の「ベニーレ ベニーレ」を運営する銀座クルーズの総料理長です

 

野菜ソムリエの資格を持つ諸星シェフによると、同じ色味の野菜などを使ったおつまみを合わせると、非常に合うのだとか。これはとても分かりやすくていいですね!

 

↑会場で振る舞われた「7色に輝くアンティパストミスト」

 

確かに、こんなにオシャレで色鮮やかな料理が家で出てきたら、きっとゲストも喜んでくれるでしょう。季節はすっかりグルメの秋。ホームパーティではぜひボルスと、その色に合わせた料理で盛り上がってみてはいかが!

鮭も酒も止まらない! 濃厚、ときどきまろやか「鮭ジャーキー」のハマる味

ジャーキーといえば、多くの方はビーフジャーキーを思い浮かべますよね。ビーフ以外にもポークやカモを使ったものありますが、基本的には肉が原料になっているものを想像するでしょう。ですが、今回紹介するのは魚のジャーキー。北海道産の鮭を使った「鮭ジャーキー」です。

 

魚醤のコク、チーズのなめらかさが効いて食べやすい!

その「鮭ジャーキー」を作っているのは、北海道の南、えりも町で北海道産の食品を加工・販売しているマルデン。原材料の鮭は北海道・日高地方産で、調味料も北海道産のものを使用しています。その調味料とは、鮭を原料にした魚醤「魚々紫(ととむらさき)」。さらにはジャーキーに加えられているチーズも北海道産と、まさに北海道の味覚が集結した一品なのです。

細いスティック状に成型されたジャーキーは、一見、鮭とはわからないような見た目。香りは、同じく鮭の加工品である鮭とばに似ていますが、味は魚醤の風味が強く効いていて、コクを感じます。また、香りで主張してくるチーズは、味わいの面では控えめですが、食べ進めるうちに時折なめらかさを感じさせ、隠し味のような役割を果たしています。

 

なお、ジャーキーというと噛み切りにくいのでは? と思う方もいるかもしれませんが、本品はほどよいやわらかさに加工されており、形状の食べやすさも相まって、口に運ぶ手が止まりません。しかも、内容量はたっぷりなので、一袋空けたときにはかなりの満腹感がありました。

 

濃厚なのにしつこくない、絶妙な味付けが幅広い酒に合う

濃いめの味ながらしつこくない、絶妙な味付けの本品は、幅広いお酒と好相性です。なかでもよく合うのは白ワイン。ジャーキーの味と自然と調和して、するするとお酒が進みます。先述の通り、本品は次々と食べ進んでしまうため、それにつられる形でお酒もどんどんハイペースに。

あるいは、ジャーキーとよく合わせるウイスキーとの相性もバツグン。こちらは、ビーフジャーキーと組み合わせたときより、やさしくトゲのない、まろやかな味になる印象です。チーズが使われていてペッパーがかかっていないなど、味付けが通常のビーフジャーキーとは異なるので、ジャーキーの強すぎる刺激が気になるという方にはぴったりのアイテムですね。

 

焼酎もオススメ。ロックにしてじっくり飲んでも、水やお茶などで割って飲んでも、問題なく受け入れてくれる懐の広さがあります。銘柄、飲み方問わず、幅広く楽しむことができるでしょう。

 

【満足度ポイント】

白ワイン ★★★★★

ウイスキー(ロック) ★★★★★

焼酎(芋・ロック) ★★★★

 

マルデン

鮭ジャーキー(80g)

実売価格951円

【10月18日まで】800gのローストビーフ丼がほぼ無料!? 手羽先居酒屋のキャンペーンが太っ腹

東京を中心に展開する手羽先居酒屋「酔っ手羽」が、“手羽の日”である10月18日までの期間限定で超太っ腹なキャンペーン「酔っ手羽天使プロジェクト」を開催中。重量800gという巨大なローストビーフ丼を客の言い値で提供するというのです。

 

今回のキャンペーン対象となる「天使のローストビーフ丼」は、通常1080円で提供される秋の期間限定特別メニュー。どっさりの白飯の上に国産牛もも肉のローストビーフ150gを盛り付け、同店の名物である手羽先を“天使の羽”のごとくその上に突き刺したというド迫力な一品です。

 

その総重量は800gにも達し、食べごたえ十分なうえ、自家製のピリ辛ダレが効いた味付けはクセになります。

 

本キャンペーンでは、この「天使のローストビーフ丼」を“客の言い値”で提供(ただし1円以上。無料は不可)。

 

10月18日までの平日ランチタイム(11:00~15:00)各日100食限定、かつ六本木、ヨドバシAKIBA、五反田の3店舗限定ではありますが、通常価格から考えれば超太っ腹なキャンペーンです。

 

なお、こちらのキャンペーンに参加するには同店で配布される「酔っ手羽エンジェル」(下画像)を頭にかぶる必要があるとのこと。気恥ずかしいですが、これをかぶって男前価格の「天使のローストビーフ丼」にありつきましょう。

 

↑「酔っ手羽エンジェル」を頭にかぶった同店スタッフ

 

さらにこの「酔っ手羽エンジェル」やメニューの写真をハッシュタグ「#酔っ手羽エンジェル」付きでSNSに投稿すれば、10月18日のキャンペーン期間中、投稿画面提示で何度でもドリンク1杯が無料になるおまけつき。キャンペーン参加で、居酒屋利用もお得になります。

 

「ジョッキ月見蕎麦」などの変わったメニューや「攻めすぎ」と話題の店内ポスターなどにより、いまSNSでは話題になっている居酒屋「酔っ手羽」。対象店舗の六本木、秋葉原、五反田にお勤め、お住まいの方はこの機会を見逃さず、お得に同店を楽しんでくださいね。

なぜ無印良品のレトルトカレーはこれほど人気なのか? 担当者が明かした驚きのこだわりとは…

無印良品のレトルトカレー人気の秘密を担当者に訊きました!

【著者プロフィール】

citrus movie 編集部

citrus(シトラス)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「カジュアルに知性をアップデート」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感のある情報をお届けします

【こち前】あの「雪見だいふく」をもっとおいしくするアレンジレシピ18種を試してみた

こちら前田アイス探偵事務所 第38回「雪見だいふくのオリジナルアレンジレシピを考案せよ!」

ここは、都内某所にあるアイス専門の探偵事務所「前田アイス探偵事務所」。所長は、“アイスは1日3個まで”をモットーに、月間90個以上のアイスを食べる声優でアイスフェアリー(自称)の前田玲奈だ。

 

この探偵事務所には、アイスに関する各種調査の依頼がやってくる。新人助手と2人で、日々アイスについて探したり調べたり食べたり食べたり食べたりしている。

 

さて、今日はどんな依頼があるのだろうか……。

 

雪見だいふくのアレンジレシピを考案せよ!

所長「暑かったり寒かったり、天気が安定しないなぁ~」

 

助手「そうですね。僕、気圧が変わると頭痛がするんで、結構やっかいですよ……」

 

所長「私は、気温が上がったり下がったりするとアイスが食べたくなるかな」

 

助手「それ、天気関係ないですし、アイスは黙っててもずっと食べてるじゃないですか」

 

所長「それはそうと、私の心のオアシス『雪見だいふく』が、実は月見だいふくだったというスクープがあったんだけど、近所のスーパーで雪見だいふく買ってみたら、なんと月見だいふくになってたの! 見てコレ!」

 

助手「黄色いですね。でも商品名は“雪見だいふく”のままなんですね」

 

所長「味も同じなんだけどね。でも黄色くなるとお月見感高くなるわね」

 

助手「確かに。僕なんかプラシーボ効果で味まで変わってる感じがします」

 

所長「それは舌がおかしいんだと思う」

 

助手「……そうですか……、すいません。さて、今日はそんな雪見だいふくにまつわる依頼が来ています」

 

【調査依頼書】
「雪見だいふくの公式インスタグラムで、インパクトのあるアレンジレシピが大量に公開されていますが、ぜひオリジナルのアレンジレシピを考案してください」

 

所長「なるほど。アイスのアレンジレシピといえば、わが前田アイス探偵事務所よね。確かに雪見だいふくのアレンジレシピ、結構インパクトあるし。よし、私たちも考えましょう!」

 

大量の食材&調味料でアレンジレシピ作成

助手「近くのスーパーやコンビニを回って、思いつくままにいろいろな食材や調味料を調達してきましたけど……。これ、大丈夫なんですか?」

 

所長「何事もチャレンジあるのみ! 公式に負けてられないじゃない」

 

助手「まあ、公式さんもかなり攻めてますしね……。じゃあ、さっそくやってみましょう」

 

1皿目:意外な組み合わせのハーモニー

↑大根おろし+醤油(左)、粒マスタード(中央)、山椒(右)

 

●大根おろし+醤油=◎

所長「いきなりおいしい! おもちに大根おろしがかかっているのがあるけれど、あれに近い感じ」

 

助手「さっぱり和風なテイストでいけますね。最初からなかなか好スタートじゃないでしょうか。この調子でいきましょう!」

 

●粒マスタード=×

所長「これは……。粒マスタードの酸味というかエグみが出ちゃってミスマッチ。粒マスタードはウインナーのような味の濃いものには合うけど、雪見だいふくのようなやさしい味のものには合わせてはダメなんだ……雪見だいふくをいじめている感じ」

 

助手「全然なじまないですね、これ……。はっきり言って、まずいです。この組み合わせはないですね」

 

●山椒=◎

所長「あ、これはいける! 私、元々山椒は好きなんだけど、この組み合わせは爽やかでいい感じ」

 

助手「意外と合いますね。こういう味のアイスがあってもおかしくないですよ。山椒の爽やかな辛さと雪見だいふくの甘さのハーモニーがグッドです」

 

2皿目:食感が重要なポイント

↑紗々(左上)、ベビースターラーメン(右上)、かつお節+醤油(中央下)

 

●紗々(さしゃ)=△

所長「雪見だいふくとチョコの組み合わせは鉄板でしょ。ロッテさんの紗々を刺してビジュアルも意識してみたけど、お味はどうかな?」

 

助手「うーん、味としては合うと思うんですけど、紗々が硬くて雪見だいふくのやわらかさと反発しちゃいますね」

 

所長「ちょっと歯ごたえが違いすぎるかな。もうちょっとやわらかい生チョコのようなタイプが合うかも」

 

●ベビースターラーメン=×

所長「見た目は結構よさげだったけど、食べてみるとインパクトが足りないかな。あと、口の中でベビースターラーメンが刺さる(笑)」

 

助手「それがアクセントになるかなと思ったんですけど、ダメでしたね。食感としては楽しい部分もあるんですが、味的にはそれほどでもないですね」

 

所長「あえてやる必要はないかな」

 

●かつお節+醤油=×

助手「これは、僕が考えたんですけど。かつお節って旨味しかないじゃないですか。だからいけると思うんですよ。自信作です!」

 

所長「うーん、シンプルにまずい! 雪見だいふくって魚介系と合わない感じがする」

 

助手「うーん、確かに合わないですね。かつお節単体だと感じないですけど、雪見だいふくと合わせると魚臭さが強く感じられますね」

 

所長「無理ねこれは……」

 

3皿目:雪見だいふくには酸味が鬼門?

↑練り梅(左)、ウインナー(中央)、たくあん(右)

 

●練り梅=×

所長「きゃ、まずい! 梅はちょっと……。粒マスタードのときも感じたけど、酸っぱいものと雪見だいふくの組み合わせはNGね」

 

助手「梅の酸味が強すぎますかね。ちょっと厳しい味です」

 

所長「もっと甘めの、はちみつが入った梅なら違うかな。いやそんなことないか……」

 

●ウインナー=○

助手「なんかこれ、見た目が不気味じゃないですか?」

 

所長「そう? ハロウィンを意識したんだけど。できればケチャップを少し散らせたかったな」

 

助手「まあ、食べてみるとファニーな味ですね。おもしろい味」

 

所長「そうね。お子さんウケしそうな味ね」

 

助手「見た目のインパクトとおもしろい味は、パーティ向きですかね。お盆にこれをいっぱいのせて運んでくると驚かれそう」

 

●たくあん=△

所長「味は特に邪魔な感じがないし、食感もちょうどいいんだけど、インパクトがないかな。このたくあん、短冊切りだけど、もっと細かいみじん切りならさらによかったかも」

 

助手「とにかく普通ですね。たくあんが思ったほど主張してきません。あんまりレシピとして意味が感じられませんね」

 

4皿目:和の極み「雪見だいふく寿司」

↑雪見だいふく寿司

 

●寿司(酢飯)=○

所長「わ~おいしそう! まずはサーモンいただきまーす」

 

助手「サーモンから食べるんかい! 雪見だいふく食べてくださいよ」

 

所長「ちょっとしたボケよ。雪見だいふく寿司いただきます。うん、なしじゃない。ありかもしれない」

 

助手「酢飯と雪見だいふく、意外とケンカしてませんね。甘さがちょっと気になりますけど」

 

所長「給食のご飯と牛乳を一緒に食べられる人なら割といけるんじゃないかな」

 

助手「でも、味のインパクトが思ったほどなかったですね」

 

5皿目:雪見だいふくをおかず感覚で食べる

↑紅ショウガ+刻みネギ+たこ焼きソース(左)、キムチ(中央)、パクチー(右)

 

●紅ショウガ+刻みネギ+たこ焼きソース=○

所長「雪見だいふくをたこ焼きに見立ててみたんだけど、ちょっとパンチが足りないかな。もうちょっとソースをかけましょう……うん悪くない」

 

助手「もろにたこ焼きの味ですよね(笑)。たこ焼きソースの味というか」

 

所長「でも紅ショウガが意外と合ってるし、意外性があっておもしろい。たこ焼きパーティーのときに作ってみてもいいかな」

 

●キムチ=×

助手「うーん、おいしくないですね……」

 

所長「うん、おいしくない」

 

助手「食べられないことはないですけど、わざわざ雪見だいふくにトッピングする意味がないですね。なじんでないし」

 

●パクチー=×

所長「最近ブームのパクチーを乗せてみたけど……どうかな? ん? んんんん……虫の味がする! ダイレクトに虫の味。まさに虫。カメムシを3匹くらい口に入れられたような感じ」

 

助手「カメムシ食べたことないんですけど……。でも、これはなかなかワイルドな感じですね。もろ、野性の味というか……」

 

所長「私、結構いろいろなアイスにチャレンジしたけど、これほど悶絶したアイスないわ」

 

助手「なんだろう。パクチーの独特の臭みが強調されちゃいますね。パクチー味のアイスは絶対売れないだろうな……」

 

6皿目:禁断の納豆レシピのお味はいかに?

↑納豆+大根おろし+醤油(右上)、ミント+レモン汁(左下)

 

●納豆+大根おろし+醤油=○

助手「僕が最強に好きな、納豆に大根おろしという組み合わせを試してみます」

 

所長「見た目のインパクトがすごい……。でも食べてみると、味のパンチは弱いけど意外と平気かも。醤油は多めがベター」

 

助手「おいしいですよ、これ。雪見だいふくのお餅感が引き立つ感じがします」

 

所長「やっぱり雪見だいふくっておもちなんだ」

 

●ミント+レモン汁=×

所長「まず! シンプルにまずい!」

 

助手「なんかおしゃれなレシピかなと思ったんですけど。ダメでしたか……」

 

所長「レモンの酸味が強烈に合わない。やっぱり酸っぱいものと雪見だいふくはダメみたいね」

 

助手「ミントだけだとまだマシですね」

 

7皿目:甘いとしょっぱいのエターナルループ

↑焼き鳥

 

●焼き鳥=○

助手「焼き鳥に雪見だいふくを挿してみました」

 

所長「鶏肉とアイスを交互に食べると、甘いとしょっぱいのエターナルループが楽しめていいかも」

 

助手「そんな感じですね。雪見だいふくを分割して、ねぎまのねぎのように挟むといいですね」

 

所長「甘いとしょっぱい、熱いと冷たいの理想形がここにある……」

 

8皿目:チーズが決め手の雪見フォンデュ

↑チーズフォンデュ

 

●チーズフォンデュ=△

助手「チーズフォンデュキットも買ってみました。電子レンジで温めるだけで手軽に作れます」

 

所長「まずくはないけど、わざわざやるかというと、やらないかな……」

 

助手「期待値を大幅に下回りましたね」

 

所長「ちょっとチーズの味がぼんやりしてるのもあるかな。もっと濃厚な本格派チーズを使えばおいしいのかも」

 

9皿目:甘さ VS 辛さはどっちが勝つ?

↑麻婆豆腐

 

●麻婆豆腐=△

助手「最後は麻婆豆腐です。なんだか温泉卵を乗せたみたいですね」

 

所長「食べてみると違和感はそんなにないけど、メリットもないというか。麻婆豆腐の辛さがちょっとマイルドになる程度の変化」

 

助手「雪見だいふくの存在感が消えちゃいますね」

 

所長「うーん、麻婆豆腐の味が強すぎるから、雪見だいふくが負けちゃってるのよね。ありかなしかでいうと、なしかな」

 

こち前オリジナルレシピをロッテに提案!?

助手「さて、全部で18種類のアレンジレシピを試しましたが、ベスト5くらいを決めましょうか」

 

所長「そうね……納豆+大根おろし+醤油と、山椒は入るかな」

 

助手「たこ焼き風味もよかったですよね。インパクトと意外性があって」

 

所長「インパクトならウインナーも!」

 

助手「あれ入れるんですか(笑)」

 

所長「インパクトも重要よ。これはハロウィンレシピなの!」

 

助手「なるほど、じゃあワーストはなんでしょう」

 

所長「パクチーかな。あの虫感はすごかった」

 

助手「確かに。あれは食べものの味じゃなかったですね」

 

【調査報告書】
雪見だいふくオリジナルアレンジレシピは以下のものがオススメ

1位 納豆+大根おろし+醤油
2位 山椒
3位 紅ショウガ+刻みネギ+たこ焼きソース
4位 焼き鳥
5位 ウインナー

なお、パクチーはダントツでまずい。加えて魚介系、酸味の強いものも合わないので注意

 

所長「よし、このレシピを持ってロッテさんに提案に行きましょう!」

 

助手「え? これを公式レシピにしてもらうんですか?」

 

所長「そうよ。ロッテさんにわが探偵事務所とのコラボレーションレシピとして採用してもらいましょうよ!」

 

助手「本気ですか……」

 

ということで、次回はロッテ本社に突撃! 果たしてこち前オリジナルレシピは受け入れられるのか? 乞うご期待!!

 

文/三浦一紀

 

【前田玲奈さん情報】

公式ツイッター
https://mobile.twitter.com/renamaeda07

公式ラインアカウント
https://t.co/ixC8KohZOK

アイスフェアリーによるアイス好きのためのInstagram
https://t.co/GVwGuyhRo6

 

【出演情報】

<アニメ>
「中間管理録トネガワ」
西口冴子役 日本テレビAnichU枠にて毎週火曜日25:59〜放送!
http://www.tonegawa-anime.com「ウマ娘 プリティーダービー」再放送
グラスワンダー役 TokyoMXにて毎週月曜日23:00〜放送!その他の放送局はこちらより
https://umamusume.jp/sp/
アニメ映画
「詩季織々」
水晶 役 DVD発売中
http://shikioriori.jp/

「黒猫モンロヲ」
ヨッピー役
毎週月曜日
中京テレビ「ニャンだ?フル チャンネル」内(26:46 ~ 26:50) にて放送!
広島ホームテレビ、愛媛朝日テレビでも放送

「狐狸之声」
2018年10月からTOKYO MXほかで放送・配信開始
シュアル役
http://kitsune-no-koe.com

〈イベント〉
ウマ娘プリティダービー2ndイベント
「SoundFanfare!」
グラスワンダー役
https://umamusume.jp/sp/event/sf2nd/
2018年10月14日(日)17時開演

Tokyo7thシスターズ
「4th Anniversary Live -FES!! AND YOUR LIGHT-in Makuhari Messe」
御園尾マナ役
http://t7s.jp/event/index.html
2018年10月20日(土)18時開演

〈ラジオ〉
「前田玲奈のドキドキTuesday」
FM市川うらら 毎週火曜日19:00-
http://www.fmu.co.jp/maedarena.htm
アーカイブでも全回視聴可能

〈ナレーション〉
BS日テレ 毎週日曜6:30〜
「おはよう!アンパンマン」
http://www.bs4.jp/ohayo_anpanman/

プロ直伝の飲み方でビールはますますおいしくなる! クラフトビールをもっと楽しむヒント

クラフトビールは一般的なピルスナータイプのビールと比べると、味わいや香りに特徴がある。ここでは、そんなクラフトビールを楽しむコツをプロが伝授。新しいビールの扉が開くはずだ。

 

 

グランドキリンが教えるビールをもっと面白くする方法

日本でビールといえばピルスナータイプが主流だが、世界には100種類以上のビールがある。そんなビールの奥深さを伝え、日本のビールをもっと面白くしたいと立ち上げられたのがキリンビールのクラフトビールブランド「グランドキリン」だ。「ホップ」の個性を最大限に引き出す「ディップホップ」製法を取り入れ、ユニークな商品を作っている。

 

ここではグランドキリンを例に、ビールの世界をより楽しむ方法をお伝えする。講師は、キリンビールが主宰するクラフトビールセミナー「CRAFT BEER ROOM」で講師を務める吉田 純さん。ちょっとしたコツを知れば、ビールがいままでの何倍も面白くなるはず。

 

【教えてくれた人】

キリンビール・吉田 純さん

クラフトビールのワークショップの講師。ワークショップはキリンビールのオンラインショップDRINXから申し込める。

 

 

【Hint 1】

香りの違いに注目しよう

ビールは、喉越しや泡のきめ細かさに注目しがちだが、実は香りも魅力のひとつ。なかでも様々なビアスタイルを楽しめるクラフトビールは、よりその違いを感じられる。ホップや副原料によって変わる香りに注目してみよう。

 

専用グラスを使うとより楽しめる!

ビールはグラスに移して飲むのがオススメ。特に卵型のグラスを使うと、左の図のようにグラス内に香りが充満し、香りを感じやすくなる。また、ワインのように軽くスワリングすると、グラスの壁にビールの膜ができ、より香りの特徴がわかる。

↑グランドキリンオリジナル 香り比べグラス

 

香り比べにぴったりのセットが登場!

グランドキリン
香り比べるビアパーティーBOX
オープン価格

ビールの香りを感じるのに最適な液量がわかる目盛り付きのグラス、「香り比べグラス」が付いたセット。3種類のグランドキリンが入っているから、買ってすぐ香り比べができる。

 

■セット内容
グランドキリン
JPL、IPA、WHITE ALE(350ml)/各1本
香り比べグラス/1脚

 

 

【Hint 2】

食事と組み合わせよう

ビールといえば枝豆や揚げ物! もちろんそれもナイスな組み合わせだが、それ一辺倒じゃもったいない。実はビアスタイルを変えていくことで、フルコースの最初から最後まで食事と一緒に楽しめる、それがクラフトビールなのだ。

 

ペアリングは色に注目!

ペアリング(食事とビールを組み合わせること)初心者は、まず色に注目しよう。淡い色のビールは白身魚などを使った淡い色の料理、色の濃いビールは牛肉などを使った色の濃い料理と合う。つまりビールと料理の色を合わせるのがコツだ。

 

ペアリングの入門に最適のセットが発売!

クラフトビールペアリングBOX
オープン価格

コストコ限定のビールセット。コストコの食材を例に、「JPL×プルコギビーフ」、「IPA×ピザ」、「WHITE ALE×ハイローラー」のように、ペアリングのコツが書かれたリーフレットが付属する。セットと一緒に食材を買って帰れば、自宅でペアリングパーティができる。

 

■セット内容

グランドキリン JPL(350ml)/3本 グランドキリン IPA(350ml)/3本 グランドキリン WHITE ALE(350ml)/2本
ペアリングガイド/1部

※コストコ限定

 

 

日本の感性を注ぎ込んだジャパン・ペールラガー

グランドキリン
JPL
オープン価格

国産ホップ「いぶき」を一部使った、グランドキリンオリジナルのビアスタイル。国産麦芽による豊かで香ばしい味わいと心地よい余韻、ラガーならではの引き締まった苦みと上質なキレが特徴だ。

【香り】
フローラルな香り

【おすすめのペアリングフード】
ライ麦パン、ゴーヤチャンプルー

ボディ:4/苦味:4/香り:4/甘味:3/酸味:1

 

 

複数のホップの香りが調和したインディア・ペールエール

グランドキリン
IPA
オープン価格

複数の個性豊かなホップを使用した、柑橘の爽やかさを感じる一本。ひと手間かけたホップを漬け込むことで、フルーティな香りとIPAならではの上質な苦味を引き出している。

【香り】
甘く熟した香り

【おすすめのペアリングフード】
ピクルス、ローストビーフ

ボディ:4/苦味:4/香り:5/甘味:3/酸味:1

 

 

まるで白ワインのような柔らかな小麦ビール

グランドキリン
WHITE ALE
オープン価格

一部に小麦麦芽を使用したやさしい味わいのホワイトエールスタイル。ホップは、「ネルソンソーヴィンホップ」を使っている。華やかな香りと柔らかな口当たりが絶妙に調和し、飲みやすい。

【香り】
白ワインを思わせる華やかな香り

【おすすめのペアリングフード】
ヨーグルト、白身魚のカルパッチョ

ボディ:3/苦味:3/香り:5/甘味:2/酸味:2

 

クラフトビールのワークショップ「CRAFT BEER ROOM× GetNavi」をレポート!

8月に代官山で開催された「CRAFT BEER ROOM×GetNavi」では、吉田さんと日本一のコストコブロガー、コス子さんが登壇。その模様をレポートする!

 

1 ビールの基本を学ぶ

まずは吉田さんからビールの基本をレクチャー。実際にホップを手に取って香りをかいだり、グランドキリンで採用している製法と一般的な製法の違いを試したりしながら、ビールへの知識を深めてもらった。

 

 

2 ビールを飲み比べてみる

グランドキリン JPL専用グラスとプラスチックカップの比較からスタート! 同じビールでも、グラスを変えるだけで味や香りがまったく異なり、会場中がびっくり!

 

次にビアスタイルの異なるビール6種を飲み比べ! 好みはもちろん、食事や気分に合わせて選べるのがクラフトビールの楽しさだと学んだ。

 

 

3 フードペアリングを楽しむ

後半はコス子さん考案の「コストコの食材でつくるグランドキリンに合うつまみ」を試食。フードペアリングの奥深さを体験してもらった。

アトランティックサーモンのヨーグルトソース×WHITE ALE(写真左下)
サーモンにヨーグルトソースで爽やかさをプラス。ヨーグルトの酸味とホワイトエールが好相性だ。

チーズたっぷりプルコギビーフ×IPA(写真右上)
濃厚なプルコギビーフにはボディがしっかりしたIPAを。華やかな香りと苦味が牛肉にピッタリだ。

スパイシーロティサリーチキン×JPL(写真下)
チリとパプリカパウダーで仕上げたスパイシーな一品。キレと苦味のあるJPLによく合う味。

 

クラフトビールについてもっと知りたくなったら…多彩なビールの世界を冒険するスマホサイトをチェック!

マイビアクエスト
無料

 

ビールの世界を冒険しながら、ビールの知識を深めるサイト。クイズに答えるなどして経験値やポイントを貯めると、自分のキャラクターが成長したり、豪華賞品が当たる抽選に参加できたりする。

↑クイズを通して遊びながら、クラフトビールの楽しみ方を学ぶことができる

 

https://mybeerquest.jpにアクセス!

 

 

カルディのイタリア産「急行パスタ」ランキング – 1位は濃厚チーズに爽やかさをプラス!

鍋と水だけで本格的なパスタが作れちゃう、イタリア産の「エスプレッソ パスタ」(※)。パッケージの中には麺と顆粒のソースが入っていて、調理は沸騰したお湯にざっと入れて焦がさないようにかき混ぜるだけ。いい塩梅に茹でられたパスタにソースが絡み、10分以内であっという間に出来上がります。今回は、カルディコーヒーファームで手に入る3種類を試し、おいしかった順にランキングしていきます!

※エスプレッソ…イタリアの鉄道用語で「急行」を指します

 

【第3位】

きのこの豊かな風味とペンネの歯ごたえがたまらない!

ソル・レオーネ 

エスプレッソパスタ 
ペンネ・フンギポルチーニ(きのこソースのペンネ) 90g

255円(税込)

鍋ひとつで7分煮込むだけで出来上がる、手軽で美味しいインスタントパスタ。ポルチーニの凝縮した山の香りと、歯ごたえ抜群のペンネの組み合わせがたまらない一品。お好みで最後にチーズを加えるとさらに深みが増してさらにおいしくなりますよ。ペンネは伸びづらいので、ゆっくりつまみながら白ワインを楽しむのもオススメ。アウトドアやキャンプシーンでも重宝するはず。

 

【第2位】

溢れんばかりの魚介の旨味がパスタに絡む!

ソールレオーネ 

エスプレッソパスタ ペスカトーレ 90g

255円(税込)

大ぶりの魚介がたっぷり入ったパッケージですが、実際は「…あれ?(具材は?)」という感じ。…ですが、試食してみたら、スープに豊かな魚介のダシがたっぷり溶け込んでいて複雑な旨みが感じられ、これはこれで素晴らしいです。しっかりとソースを吸ったパスタも、コシがしっかりしていて絶品。こちらは軽くオリーブオイルをまわしかけてから食べると一層おいしく楽しめますよ。チーズやバターでさらにコクを出すのもオススメです。

 

【第1位】

チーズの濃厚なコクに、ブロッコリーの爽やかさがたまらない

ソル・レオーネ 

エスプレッソパスタ 
スパゲッティ・チーズ&ブロッコリー 90g

255円(税込)

チーズとブロッコリーの組み合わせが絶妙! 旨みが凝縮された濃厚なチーズのソースがパスタ本来のおいしさを引き立て、ブロッコリーの爽やかな緑の香りがアクセントを加えます。そのバランスは「お見事!」というほかありません。パッケージの茹で時間は5分ですが、もう少し長くしてモチっとさせるのもオススメです。ベストの加熱時間で、よりおいしく食べてください!

インスタントとはいえ、妥協せず、この本格的な味わいを実現したあたりは、さすがイタリア。お鍋ひとつで手軽に作れて量が多すぎないので、小腹が空いたときやおつまみにも重宝しますよ。みなさんもぜひお試しあれ!

強烈すぎて、合わせた泡盛がやさしく感じる!? スタミナおつまみ「フライドにんにく」の衝撃

疲れたとき、元気を出したいとき、ガツンとくる食材を食べたいですよね。そんな食材の代表といえば、やはりにんにくでしょう。今回は料理の味付けとしてではなく、にんにくをまるごと使ったスタミナおつまみを紹介しましょう。

香りも味もとにかく強烈! 人と会う前には食べられない!!

そのおつまみは、千年屋「味楽乃里 フライドにんにく」。にんにくの粒をそのまま揚げて、食塩をふりかけたシンプルなおつまみです。パッケージの封を開けると、内側にはジッパーがあるはずなのに、周囲にはにんにくの香りが漏れ出てきます。そして、ジッパーを開けたら……いうまでもなく、「THE ニンニク!」と叫びたくなるレベルのニオイでした。人と会う前には、絶対に食べられませんね。

中身の見た目はもちろん、にんにくの粒そのまま。カラッと揚げられているため一粒一粒はかなり軽いですが、しっかり身が詰まっていて、その味わいは「ぐおっ!」と声を出したくなるほどに強烈。味付けの塩は、けっこうな量がかけられているようですが、にんにくの前では全てがかすんでしまい、それほど塩辛さは感じません。

 

泡盛ロックが「オアシス」になってしまうほどの強烈な味

さて、この「フライドにんにく」、食べていると、いやがおうにも水分がほしくなります。口と舌の感覚が完全ににんにくに支配されてしまって、助けを求めたくなるわけです。横に置いてあるのが度数の強い酒であっても、それは一緒。筆者は泡盛のロックと合わせてみましたが、強いはずの泡盛がなぜか、砂漠のなかのオアシスのような、救いの存在になってしまいました。

一粒食べるごとに酒に手が伸びるため、飲むペースも自然と速くなり、にんにくとお酒、ダブルのパンチで満足感はたっぷり。強烈すぎるほどですが、たまにはこのような飲み方も悪くありません。泡盛だと強すぎてちょっと……という方なら焼酎もアリ。水割りやウーロン割にしておけばごくごく飲めるので、にんにくが強烈すぎたときも安心です。

 

もし、爽快感という方向に振るのであればやはりビール。苦みや爽快感が強い、ラガービールとは相性が良いように感じました。お酒と一緒にじっくり味わえるタイプのおつまみでは決してないので、合わせるお酒は全面的に爽快系にシフトしてしまうのもアリです。

 

この「フライドにんにく」、おつまみにするにはちょっと個性的すぎるかもしれませんが、コンビニやスーパーなどでも購入でき、手軽な価格で楽しめる商品です。目の覚めるようなおつまみが欲しいとき、ぜひ試してみてくださいね。

 

【満足度ポイント】

泡盛(ロック)  ★★★★★

焼酎(芋・水割り)     ★★★★★

ビール      ★★★★★

 

千年屋

味楽乃里 フライドにんにく(48g)

実売価格357円

酒のつまみやおやつを作り置き。瓶詰め保存食「ホームキャニング」に挑戦

「ホームキャニング」とは、瓶などの容器に食材を入れて密閉したもののこと。昔から食材を長く保存できるよう使われてきた調理法です。常備菜を作り置きしておくことで日々の食卓が彩り豊かになり、食事の準備を手軽に済ませることができると、近年、保存食作りにはますます注目が集まっています。

保存食というと、梅干しやドライフルーツなど、手間がかかるというイメージを持つ人も多いでしょう。でも実は、調理工程が少なく簡単に仕上がるシロップやピクルスなどもあるので、覚えておくととても便利。時間に余裕があるときに作っておけば、来客があったときにすぐ出せるし、持ち運びしやすい瓶詰めですから、ホームパーティのおもたせにもぴったりです。

 

それでは保存食の作り方や、保存食をアレンジしてできるレシピを見ていきましょう。

 

保存瓶の準備

保存する瓶は密閉できるものを用意する

瓶として売られているものの中には、蓋を閉めても完全密閉できない瓶があります。密閉できないと、食品が酸化したり雑菌が入ったりして傷みやすくなり、保存期間は短くなります。密閉できない瓶には、注意書きに「密閉できません」と書いてあることが多いので、よく見て購入を。

写真の瓶のように、二重で蓋が閉まるダブルキャップタイプのものは、脱気しやすく完全密閉できるので、長期保存したいときに向いています。

 

下準備のポイント

保存瓶の消毒は念入りに!

家庭で作る保存食は、どれくらいもつのか、期間を明確に示すことができません。それは殺菌の仕方や保存の状態によって、期間にかなり差が出てしまうためです。
完全に滅菌できている場合、ピクルスだと1年は持つと言われていますが、家庭での殺菌では1?2週間程度だと思っておきましょう。また、どんなにおいしいものを瓶に詰めても、衛生状態によっては保存しているうちに腐敗してきたり、カビが生えたりしてしまいますから、保存食作りに使うものはすべてしっかり殺菌するようにしましょう。

 

1.瓶を洗剤でよく洗う

保存食を入れる瓶は洗剤で隅々までしっかり洗います。前に入れていた食品の油分などが残っていると、そこから雑菌が繁殖してしまいますから、口の部分や外側もしっかり洗いましょう。蓋や、保存食作りに使う菜箸、トングなども洗っておきます。

 

2.熱湯殺菌をする

ぐらぐらと湧いているお湯のなかに瓶と蓋を入れて、煮沸消毒します。瓶がすっぽり入る鍋がなければ、全体が熱湯に浸かるようにトングで瓶を転がしながら消毒しましょう。5分間茹でたらトングで挟んで取り出し、瓶をさかさまにしてペーパータオルの上で冷まして。乾いたら、まだ瓶が温かいうちに食品を入れられるようにします。

 

初心者でもできる保存食レシピ

●茹でるだけでできる、ヒヨコマメのピクルス

瓶の準備ができたら、実際に保存食を作ってみましょう。ひとつめは、ヒヨコマメを白ワインビネガーとスバイスに漬け込んだピクルスです。甘酸っぱくてスパイシーなヒヨコマメは、そのままでもお酒のおつまみになりますし、クリームチーズと和えてクラッカーにのせたり、白身魚やタコなどと混ぜてカルパッチョのようにしたり、さまざまな使い方ができます。

【材料(320ml瓶1本分)】
ヒヨコマメ(水煮) 200g
白ワインビネガー 50ml
水 150ml
ローリエ 1枚
アニスシード 1個
クミン(ホール) 小さじ1/2
にんにく(スライスする) ひとかけ
鷹の爪 1本
砂糖 40g
塩 2g
粒黒胡椒 小さじ1/2

【作り方】
1. 鍋に材料をすべて入れて沸騰させる。沸騰してから3分経ったら火を止める。
2. 熱々のままの1を瓶に入れ、一度しっかり蓋を閉める。
3. 1分たったら蓋を開け、瓶の上部に浮いてきた空気を逃がして蓋を閉める。


一度すべての材料に火を通すことで、保存しやすくなります。また、熱々のピクルス液を瓶のフチぎりぎりまで入れることでしっかり脱気し、真空状態を作りましょう。詰めたあとはそのまま室温で冷まし、完全に冷えたら冷蔵庫で保存します。火傷に気をつけて手早く作業しましょう。

 

【アレンジ】ヒヨコマメピクルスのコールスロー

【材料(2人分)】
じゃがいも 1個(200g)
キャベツ 3枚
とうもろこし 1/2本
塩 大さじ1/2
ヒヨコマメピクルス 50g
ピクルス液 大さじ3
胡椒 少々

【作り方】
1. じゃがいもは皮をむいて一口大に切り、柔らかくなるまで茹でる。
2. キャベツは粗めの千切りにし、塩を入れて揉んで5分ほど置く。しっかり絞って水分を切る。
3. とうもろこしは皮をむいてラップにくるみ、700wレンジで3分加熱する。包丁で実だけ外す。
4. ボウルに1、2、3とヒヨコマメピクルスとピクルス液を入れて合える。皿に盛ったら胡椒をかける。

 

●おやつにぴったり! みかんのシロップ漬け

保存食となるシロップには、二通りの作り方があります。一つ目は、果物などと砂糖を入れてそのまま室温に放置しておき、自然に砂糖が溶けていくのを待ってシロップにしていく方法です。

 

もう一つは、果物などと砂糖を煮て作る方法。前者は入れる砂糖の量が多いので長期保存に向くのですが、砂糖が溶けるまでに時間がかかり、その間に発酵してしまったりカビてしまったりする可能性があります。後者は、砂糖の量によって長期保存に向かない場合もありますが、手早く作ることができて、甘みを調節することができます。

 

ここでは、後者の作り方でみかんをシロップ漬けにしてみましょう。缶詰めでおなじみの味にレモンを加えることで、爽やかな風味を感じるレシピです。また、レシピ中で使用している砂糖は、シロップ液の透明度を保つために上白糖を使っています。お好みで甜菜糖やきび砂糖に変えても、おいしく作ることができます。

【材料(450ml瓶)】
みかん 3個
砂糖 80g
水 500g
レモン汁 大さじ2
レモン 輪切り1枚

【作り方】
1. みかんの皮をむく。白い筋が気になる場合は、柔らかいスポンジで表面をこすりながら洗う。
2. 鍋に砂糖と水を入れて沸騰させ、強火で5分加熱する。
3. 5分経ったらみかんを入れて、強火で3分間熱し、火を止めたらレモン汁を入れる。
4. 熱々のままの3を瓶に入れたら、輪切りにしたレモンを1枚入れて蓋を閉める。1分経ったら蓋を開け、瓶の上部に浮いてきた空気を逃がしてから蓋を閉め直す。

 

【アレンジ】みかんシロップで作るモヒート風ドリンク

【材料(1杯分)】
みかんシロップのみかん 1個
みかんシロップ液 大さじ2
ライム 1/4と、輪切りにした1枚
氷 3個
スペアミント 3g
炭酸水 200ml

【作り方】
1. みかんシロップのみかんとシロップ液、輪切りにしたライムをグラスに入れる。
2. ライムを縦1/4に切って、更に半分に切ったものを1に絞る。残りの半分は、皮と実の間に包丁を入れ、グラスの縁に飾る。
3. 氷、スペアミントを入れたら炭酸水を注ぐ。ミントやみかんをマドラーで潰しながら飲む。

 

ピクルスやシロップは、さまざまな野菜や果物でつくることができます。たとえばピクルスは、ミニトマトやみょうが、オクラなどをカットせずにそのまま漬け込むのがおすすめ。残りやすい人参やキャベツなどの野菜は、千切りにして瓶にぎゅうぎゅうに詰めて保存しておくとよいでしょう。買いだめした食材は新鮮なうちに保存食にしておくことで、無駄なく使い切ることができます。シロップは、皮をむいたデラウェアやすもも、あんず、硬い柿など、季節によってさまざまな果物で楽しめます。

 

週末のちょっとした時間を利用して、忙しいときや疲れているときの食事を支える保存食作りにぜひチャレンジしてみてください。

 

GetNavi webがプロデュースするライフスタイルウェブメディア「@Living」(アットリビング)

at-living_logo_wada

1位はビールが進みすぎてキケン!? カルディで見つけた低カロリーポテチ「焼きじゃが」ランキング

仕事から解放されたあとの至福の1杯、そのお供といえば何といってもポテトチップスですよね。とはいえ、ポテチといえば、油のカロリーが気になるもの。そこで、ぜひ試してみたいのがカルディコーヒーファームで販売する「焼きじゃが」シリーズです。一袋完食してもなんと150kcal以下というのはうれしい限り。今回は3種類の味を食べ比べて、おいしかった順にランキング形式で紹介します。果たして、おいしくてメタボも防げる、夢のようなポテチはどれ?

 

【第3位】

肉と野菜の旨みが濃縮されたなじみ深い味

カロリーを気にせず食べられる 
焼きじゃが コンソメ味 31g

159円(税込)

「焼きじゃが」は油で揚げる代わりに遠赤外線でじっくりと焼成して仕上げた新感覚のポテチ。いわゆるポテチというよりは「焼きじゃが」という名称がぴったりで、サクッとした軽やかな噛み応えがクセになりそう。こちらはお肉と野菜の旨みが濃縮されたコンソメ味。日ごろからお世話になっている、あのメジャーブランドの味わいとよく似ていて馴染み深いはず。とはいえ、油で揚げていないので、軽やかな食べ心地。一袋食べても胃もたれすることはなさそうです。

 

 

【第2位】

赤穂の塩と昆布エキスを使った和風味で、女性にオススメ

カロリーを気にせず食べられる 
焼きじゃが うす塩味 31g

159円(税込)

こちらもクリスピーかつ軽い食感が大きな魅力。カロリーも低いですが、胃にも優しいので深夜の小腹減り対策にもぴったり。赤穂の塩と昆布エキスを使った和風のさっぱりとした味わいで、特に女性にオススメです。

 

 

【第1位】

ゆずこしょうの刺激にビールがどうにも止まらない!

カロリーを気にせず食べられる 
焼きじゃが ゆずこしょう味 31g

159円(税込)


ゆずこしょうのピリリとした刺激がクセになる一品。辛ウマ→ビール→辛ウマ→ビール…の無限ループに陥りそう。ついつい食べ過ぎてしまっても、一袋たったの138キロカロリーで罪悪感もナシ。でも、ビールが進みすぎるので、ビールのカロリーは別途考えてくださいね。油で揚げていないぶん、食べ応えが軽やかなので、お酒と合わせるなら、パンチのあるこのゆずこしょうが断然オススメです。

 

低カロリーの「焼きじゃが」は、ビールのお供に、就寝前のちょっとした夜食に重宝しそう。ヘルシーなので、子供のおやつにも安心ですね。健康志向の方、ぜひお試しあれ。

「クラフトビール」の正しい飲み方って知ってる?「グランドキリン」で学ぶクラフトビールの基本

「クラフトビール」が最近、ちょっとしたブームになりつつあります。とはいえ、「苦い……」「料理の邪魔をしそう」といったイメージを抱いている人もまだまだ多いはず。ですが、実はクラフトビールほどバリエーション豊かな楽しみ方ができるビールはないんです。

 

先日、GetNaviが開催したクラフトビールとコストコ食材のマリアージュを楽しむイベントでは、キリンビールの「グランドキリン」を通してクラフトビールをより深く知るための体験セミナーが開催されました。意外と知られていないクラフトビールの基礎知識、知っておいて損はありません!

 

そもそも「クラフトビール」って何? 実はアメリカと日本で異なる

そもそも「クラフトビール」とはどういったビールのことを指すのでしょうか? アメリカの「ブルワーズ・アソシエーション」というビール醸造者の協会では、「小規模であること」「独立していること」「伝統的であること」と定義されています。

 

アメリカのクラフトビールと聞いて日本人が思い浮かべる代表的な銘柄は「ブルームーン」ですが、これは大規模かつ独立していないブルワリーが製造したビールのため、アメリカではクラフトビールとは言えないそうです。

↑今回のイベントの講師の吉田さんはキリンビールでクラフトビール事業を担当している

 

そして、日本におけるクラフトビールの定義はありません。キリンビールでは「作り手の感性と創造性が楽しめるもの」をクラフトビールと呼んでいます。この定義では、ひと昔前に流行った地ビールや、キリンビールが手がけるグランドキリンなども、クラフトビールという一括りにまとめられます。

 

ホップ投入のタイミングがクラフトビールの味を左右する

ビールの基本となる原材料は、麦芽、ホップ、酵母、水です。クラフトビールも同様で、なかでも香りや苦味にとって重要なのが「ホップ」の存在。ホップはアサ科の植物で、ビールに使われるのは受粉前の雌株が持つ毬花(きゅうか)です。ホップを割るとなかに黄色い粉の「ルプリン」があり、これが香りや苦みのもとになります。

↑こちらがホップ。ホップの生産国・ドイツでは、ホップに安眠効果があると言われており、枕に入れたりアロマにしたりするのだとか

 

ホップが担う役割は大きく4つあります。

●ビール特有の「苦み」

●柑橘類や樹脂香などの「香り」

●炭酸が抜けたり酸化したりするのを防ぐための「泡立ち」

●ビール混濁菌の増殖の抑制

これらの効果のためにも、ビール作りにホップは欠かせない存在なのです。そして、ホップを投入するタイミングによって、香りや苦みの出方が大きく異なります。

 

ビール作りは、麦芽と湯をタンクに入れて”糖化”させるところから始まります。この麦汁をろ過→ホップを加えて煮沸→ホップかすの除去→酵母を加えて主発酵→低温で貯蔵した後、ろ過するのが一般的なビールの作り方です。ホップを加えて煮沸することで、香りが柔らかくなるのだとか。

 

それに対し、クラフトビールは貯蔵のタイミングでホップを加える「ドライホップ」製法が主流。低温での貯蔵中なので香りが飛びにくく、少し青臭い樹脂香が付きやすくなります。しかし、グランドキリンでは主発酵の段階でホップを加える「ディップホップ」製法というキリン独自の技術を採用しています。こうすることで、ホップ特有の嫌な匂いに酵母が吸着し、発酵が終わると回収されるため、ホップのいい香りだけが残るそうです。

 

イベントでは実際にドライホッピングと「ディップホッピング」の違いを体験! ホップを入れた容器に「一番搾り」を加えてホップを浸し、即席のドライホッピングを再現してみました。ドライホッピングした「一番搾り」と飲み比べるのは、「ディップホップ」製法で作られた「グランドキリン JPL(ジャパン・ペールラガー)」。

↑ドライホッピングを簡易的に再現。ビールにホップを加えると泡立ちが良くなった

 

ドライホッピングした「一番搾り」はホップ特有の強い香りや苦みがあるのですが、少し過剰な印象。それに対し、JPLのバランスの良さは際立っています。ホップを加えるタイミングひとつでこれだけ香りや味わいに差が出るのには驚かされました。

↑ドライホッピングが好みな人はクラフトビール上級者。香りや苦みの強いものを選ぶといい

 

グラスが違えば香りや味の感じ方が変わる

同じクラフトビールでも、グラスを変えるとまったくの別物になります。今回使用したのは、ドイツの名門グラスブランド「シュピゲラウ」とグランドキリンがコラボした「IPLグラス」。JPLをこのグラスとプラカップに注いで飲み比べます。

↑シュピゲラウは1521年に南ドイツで創業した老舗ブランド。ワイングラスのブランドとしても有名

 

IPLグラスにおいしくビールを注ぐには、グラスを45度に傾けて、ボウルの一番太いところから2〜3cm下あたりに液面がくるように静かに注ぎます。続いて、少し上からJPLを落とすようにして泡の層を3cmほど入れれば完成。残りのビールはプラカップに入れ、飲み比べてみます。

 

IPLグラスは中に香りがとどまりやすい卵型でありながら飲み口もある程度の広さがあり、中に鼻をしっかり入れることでJPLの国産ホップの香りが楽しめます。それに対し、ラッパ型のプラカップは同じビールなのにほとんど香りがしません。

 

また、JPLを口に含んでみても、IPLグラスは甘みが感じられるのに、プラカップだと最初に苦みがきます。これはIPLグラスは上を向いて飲むので舌先から喉までビールがスムーズに流れ込むのに対し、プラカップは下を向いたまま飲めるので口全体にビールが広がってしまうからなのです。

↑舌のどこに当たるかというのが重要。専用グラスとプラカップで香りや味が異なるのはワインと同じだ

 

さらに、IPLグラスは飲み進めていくと、グラスを横から縦に戻す際に泡が立ち、ビールの表面をきちんとフタしてくれます。これにより炭酸が抜けるのを防いだり、酸化による味の変化を抑えてくれたりするので、時間が経ってもおいしいビールが楽しめます。

↑IPLグラスはキリンのオンラインショップ「DRINX(ドリンクス)」で購入可能

 

ビアスタイルごとにグラスを増やすのはちょっと……という人は、ワイングラスで楽しむのもひとつの手です。ちなみに、「一番搾り」のようなスッキリした味わいのピルスナータイプはラッパ型のグラスのほうがおいしく飲めます。

 

料理に合わせたマリアージュを楽しもう

ビールは大きく分けると「ラガータイプ」と「エールタイプ」に分かれます。ラガータイプは「下面発酵」で、発酵が進むと酵母がタンクの底に沈殿します。低温でじっくり時間をかけて発酵させるので、比較的スッキリしたビールに仕上がります。

 

それに対しエールタイプは「上面発酵」。発酵が進むと酵母が上に浮いてきます。常温に近い温度で発酵するので、フルーティーで華やかな香りになりやすく、クラフトビールらしい味わいになります。

 

さらに、水、麦芽、ホップ、副原料を組み合わせていくことで、さまざまなクラフトビールが完成します。クラフトビールのビアスタイルは世界で100種類以上作られています。

↑クラフトビールはラベルのバリエーションが豊富なので、ジャケ飲みするのも楽しい

 

これだけ香りや味わいが異なれば、料理との組み合わせも無限大。今回のイベントでテイスティングしたのは、「グランドキリン WHITE ALE(ホワイトエール)」「COPELAND(コープランド)」「グランドキリン JPL」「よなよなエール」「グランドキリン IPA」「Afterdark(アフターダーク)」の6種類。

↑クラフトビールは料理とのマリアージュを楽しむのに最適なお酒。双方を引き立てる組み合わせを探してみよう

 

ホワイトエールは白ワインのような香りがする「ネルソンソーヴィンホップ」を使用し、小麦を使ったふくよかな優しい苦みとさっぱりした後味が特徴。白身魚のムニエルやカルパッチョ、バニラアイスなどに合うそうです。

 

コープランドは麦芽の甘い香りと品のいい苦みがあり、苦いビールが苦手な人も飲みやすいピルスナータイプ。とんかつやカルボナーラ、マルゲリータピザといった味の濃い料理に組み合わせるといいですよ。

 

JPLは国産ホップ(一部使用)と国産麦芽を使用。少し苦みがあって余韻を楽しめるので、豚の角煮など甘辛い味付けのものに良さそうです。

 

よなよなエールは、アメリカ産のカスケードホップに由来するグレープフルーツのような香りが特徴。フィッシュアンドチップスなどの揚げ物や酢漬けとの相性が良く、ガリに合わせて食べるのがおすすめ。

 

IPAは大量に使用するホップによる、香りと苦みが特徴的。苦みのあるビールなので苦みのある料理との相性がいいそうです。いまの季節なら「茗荷の炭火焼き」をぜひ。

 

アフターダークはラテのような豊かな甘味と少しの苦みが感じられます。チョコレートとのペアリングは試す価値アリ。食事とのペアリングを試す際は、ビール、食事、ビールの順にいただきましょう。こうすることで、最初はビールの残り香があるなかで食事を楽しめ、最後は食事の残り香とともにビールが楽しめます。

 

コストコ食材を使ったおつまみは簡単なのに本格的な仕上がり!

今回のイベントでは、コストコ情報ブログ「コストコ通」の管理人・コス子さんがクラフトビールに合うおつまみを監修。爽やかな口当たりのホワイトエールには「アトランティックサーモンのヨーグルトソース」、少し苦みのあるJPLには「スパイシーロティサリーチキン」、香りと苦みがしっかり効いたIPAには「チーズたっぷりプルコギビーフ」を合わせてました。

↑「アトランティックサーモンのヨーグルトソース」「スパイシーロティサリーチキン」「チーズたっぷりプルコギビーフ」が振る舞われた

 

アトランティックサーモン、ロティサリーチキン、プルコギビーフはコストコの人気商品。ビールの香りや味わいに合わせて、料理の味付けをさっぱりさせたりスパイシーにしたりすることで、ビールと料理がお互いの良さを高めてくれています。これこそがマリアージュ! コストコ食材はいずれもボリュームたっぷりなので、パーティなどでも大活躍です。

 

特に「チーズたっぷりプルコギビーフ」はホットプレートさえあれば完成する手軽さが魅力。プルコギビーフをホットプレートで炒めたら、ピザ用チーズを載せてフタをしてチーズが溶けるのを待つだけ。もともと味がしっかり付いているからこそ、少し手を加えるだけでいいのがうれしいですね。

↑今回はパナソニックの「IHデイリーホットプレート KZ-CX1」で調理。サイズが大きいのでたっぷりのプルコギビーフを一度に炒められる

 

実は今回体験したクラフトビールに関するセミナーは、「CRAFT BEER ROOM びあのわ」として定期的に開催されています。また、代官山、横浜、京都に店舗を構える「SPRING VALLEY BREWERY(以下SVB)」では、その場で醸造されたクラフトビールと料理を楽しむこともできます。SVBでしか飲めないクラフトビールもあるので、興味がある人はぜひ足を運んでみてください!

スペイン・ガリシア州の味が缶詰で! 「濃くない」のに酒が進む「たこのオリーブオイル」の不思議

今回紹介するのは、K&K「缶つまGLOBAR TOUR たこのオリーブオイル」。スペインの北西部にあるガリシア州の郷土料理です。といっても、たこをオリーブオイルに漬け、食塩で味付けしただけのシンプルなもの。箱の背面の原材料表記を見ても、「たこ、オリーブ油、食塩」とあり、それ以外のものは使用していないのです。

 

たことオリーブオイル、食塩だけを使用したシンプルな旨さ

平たい缶のふたを開けると、たこの旨みあふれる香りがあたりに広がります。この香りが結構強く、たこの風味を最大限に活かしたおつまみなのがわかります。缶の中には、たこが食べやすい細切れサイズになって入っていました。

缶詰のおつまみというと、濃い味が多いイメージですが、本品は真逆。淡くシンプルな味付けで、たこのふんわりとした甘みが引き出されているように感じます。また、身はやわらかく、食べづらさは感じません。

 

酒の個性がダイレクトに味わえ、たこの旨みが絶妙なアクセントに

商品の側面には、「ワインがすすむ」と記載がありますが、透明感のあるお酒ならば、幅広く合わせられそうです。まずは、日本酒と合わせてみました。

 

薄味なおつまみゆえ、酒の味がほぼダイレクトに味わえるのですが、たこのやさしい旨みがアクセントに。日本酒がとげのないソフトな飲み口に感じられ、するするっとのどを通過。止めどころがわからなくなる感じで、自然と酒が進みます。

 

焼酎との組み合わせも出色。種類や飲み方問わず、酒の味を引き立ててくれます。焼酎はクセのあるものも多いですが、そんなクセをたっぷり味わいたいという人にもおすすめのおつまみでしょう。

 

サワーやハイボールなど、爽やかなお酒ももちろん好相性。ただし、本品は内容量がそれほど多くないので、ごくごく飲んでバクバク食べるというより、飲むペースを少し緩めて、じっくり味わうのがおすすめです。

 

【満足度ポイント】

日本酒  ★★★★★

焼酎(麦・ロック) ★★★★★

サワー(レモン) ★★★★

 

K&K

缶つまGLOBAL TOUR たこのオリーブオイル(50g)

実売価格713円

ポップコーンを「箸」で食べると「おいしくなる」という研究が。どういうこと?

テレビや映画を見ながら、ついつい手がすすむポップコーン。でも、同じポップコーンを箸を使って食べると、おいしく感じるという面白い研究結果が今年6月、オハイオ州立大学から発表されました。手ではなく箸を使うだけで、おいしさがアップするその理由とは何なのでしょうか?

 

お箸の不思議な力?

オハイオ州立大学の研究者たちは、68人の被験者を2つのグループにわけ、一方は手を使ってポップコーンを食べ、もう一方は箸を使って食べてもらい、その後味について調査しました。その結果、手で食べたグループに比べて箸で食べたグループの方が、ポップコーンがおいしかったと答えたのです。手ではなく箸を使うと、人間はポップコーンを食べるという行為により集中して、味や香りにも敏感になったのだと考えられています。

 

さらに、この研究者たちはポップコーンの後に、水を使って次のような検証を行いました。「新鮮で新しく楽しい方法」で水を飲むように、300人に指示。マティーニグラスに入れて飲む人や、封筒に水を入れて飲む人、猫のようにペロペロなめる人など、被験者はさまざまなアイディアで水を飲みました。そして、普通に水を飲んだ人と比べたとき、変わった方法で水を飲んだ方が、おいしいと感じたとわかったんです。

 

生まれて初めての経験みたい

この研究を行ったロバート・スミス助教授によると、「型にはまらないやり方をすることで、ポップコーンを生まれて初めて食べたときのような経験を人は感じることができる」とのこと。

 

人が食べ物を「おいしい」と感じる要因には、食べ物そのものの味やにおい、食感、温度、外観などのほかに、食べる人の空間や時間帯、季節、健康状態、心理状態などが関わっています。そして、環境面での要因が「おいしさ」の感じ方に実は大きく影響しているそう。だからこそ、今回のポップコーンや水の実験で、食べ方・飲み方を変えることで味の感じ方も変化したのでしょう。真っ暗な中で鍋を食べる「闇鍋」が、新しい食事の楽しさを生み出しているのも、これと同じ原理です。

食べ物以外でも、やり方が違うと楽しみがアップ

さらに、この研究者たちは動画を使った検証実験も実施しています。被験者たちに2回、オートバイの臨場感あふれる動画を視聴してもらい、3回目については、同じように見るグループ、上下さかさまにした動画を見るグループ、親指と人差し指で丸をつくり手メガネで見るグループにわけて検証しました。すると、手メガネのグループが他に比べてずっと動画を楽しんでいて、動画をダウンロードしたいと回答したんです。上下さかさまで動画を見たグループはと言うと、普通とは異なる方法ですが、動画の中身がわかりにくかったため、「楽しい」という結果には結びつかなかったと考えられます。

 

これらの結果からわかるのは、物事のやり方を変えることで人が美味しさや楽しさを感じる度合いも変わるということ。食べ物に限らず、いつもの決まりきったやり方を変えると、そこに新しい楽しみが生まれるということです。

 

「いつも同じでつまらない」と思うようなことがあったら、その方法にひと工夫を加えてみませんか? 「なんだか楽しい!」と思わず感じてしまうかもしれませんよ。

【街中華の名店】築地「中華 ふぢの」はとことん自家製にこだわる味の開拓者だ

 

日本最大級の市場である築地。場内外には鮮魚のうまい店を筆頭に実力派の飲食店が軒を連ね、労働者や観光客の胃袋を満たしている。そのジャンルには街中華もあり、有名なのが「ふぢの」だ。ここは場内にある老舗だが、市場前の「新大橋通り」を本願寺方面に進むと「新富町駅」の手前には「中華 ふぢの」がある。今回は同店の魅力を中心に、一風変わった店名の秘密なども紐解いていきたい。

 

 

自家製調味料を駆使する素材を生かした絶品中華

「中華 ふぢの」の大きなこだわりのひとつが、自家製のうまみ調味料である。街中華では一般的に既製品を使うケースもあるが、同店の場合は野菜や酒などを駆使していちから作っているのだ。そのため、どの料理にも素材のよさを生かした自然な味わいが楽しめる。

↑「酢豚」ハーフサイズ830円。16時以降はライスやスープなどが付くセットにでき、その場合は1000円。ランチタイムのセットは950円とよりお得だ

 

たとえば人気メニューの「酢豚」。街中華をはじめとする大衆店ではケチャップを使う酢豚が少なくない。しかし「中華 ふぢの」ではケチャップは使わず、自家製のうまみ調味料としょうゆ、砂糖、酢などで独自のおいしさに仕上げている。

↑仕事は丁寧だが、スピーディ。これぞ熟練の技

 

調理工程にも職人技が満載。豚肉はやわらかく、脂身が少ないヒレを使い、しょうゆなどで下味を付けてから片栗粉をまぶして揚げる。野菜は、にんじんとたけのこはあらかじめスープで30分程度煮込んでおいたものを使い、油通ししたピーマンやパプリカなどと合わせる。そして玉ねぎは料理によって使う部分を分けており、酢豚には甘みの豊かな中間のみを採用している。素材ごとに最適な時間と調理法で仕上げられているので、ワンランク上のおいしさが楽しめるのだ。

 

↑「チャーハン」800円。ランチタイムに麺類を注文した場合は、半チャーハンを250円で付けられる

 

チャーハンのような定番料理にも、自家製のうまみ調味料は欠かせない。また、チャーハンには乾かしたご飯を使い、卵は水分を飛ばしきるまで炒めてから混ぜることで絶妙なパラパラ感を生み出している。

 

なかには完全なオリジナル料理もあり、そのひとつが「冷やしぶっかけ」だ。これは、店主が素揚げのなすを使った蕎麦にヒントを得て生み出したオリジナルの冷涼麺。同店には「冷やし中華」も同価格で存在するが、それよりも酢を控えてかつおのダシに醤油を効かせた和風のタレで、キリっとした味に仕上げている。

↑「冷やしぶっかけ」1000円。なす、れんこん、かぼちゃ、パプリカ、アスパラガスと色とりどりの野菜がたっぷり。そしてみょうがが爽やかなアクセントに

 

 

創業者の孫が独自の味を目指して“築”いた新境“地”

独創性の高い料理が「中華 ふぢの」の真骨頂だが、それ以外にも珍しい特徴がある。たとえば、たばこ屋というもうひとつの顔。これは約20年前に販売の免許を得て取り扱うようにしたという。その理由は、それまでたばこを販売していた隣のコンビニが閉店することになったから。

↑アイドルタイムでもたばこだけは売っており、直接買いに来るお客も後を絶たない。事実上、近隣の愛煙家のオアシスとなっている。なお、隣のコンビニは「サンチェーン」から「am/pm」へと看板が変わり、やがて閉店したのだとか

 

店名の由来を聞くと、そこには場内市場の「ふぢの」にも関係する深い歴史があった。「ふぢの」は築地市場の誕生と同じ、1935年にいまの地で産声を上げた。創業者は「中華 ふぢの」の森 則次店主の祖母にあたり、姓が伊藤だっため「藤」を「ふぢ」と記して、そこに「の」をつけて店名にしたという。

↑「中華 ふぢの」店主の森 則次さん。御年63歳であるが、若々しい!

 

一方で森さんは、独自の道を切り開くべく若くして都内の中華料理店で修業。やがて1979年に「中華 ふぢの」の前身となる和風のラーメン店をいまの場所に創業させるが、店名は祖母へのオマージュで「ふぢの」を採用することに。当時は出前もやっていたというが、オープン10年後の1989年に業態を街中華へ変更し、いまに至るのだ。

↑手前がカウンターで、奥がテーブル席となっている。ちなみに同店が入っているビルは森さんが建てたもので、しかも業態転換とともに立て替えたものだ

 

なお、場内の「ふぢの」は祖母の後継者が創業家にいなかったところを知人が受け継ぎ、現在の形になっているとか。いまでも両店には親交があり、製麺所は同じところだというが、森さんが独自でレシピを磨いていることもあり、味わいは異なる。

↑つまみで人気の「シューマイ(3個)」390円。もちろん自家製で、しっかりとせいろで蒸している。酒で人気なのは、限られた店でないと飲めない「キリン ブラウマイスター」の生(小グラス370円~)

 

市場近辺には名店が多いが、朝が早いという特性のため早じまいするところも多い。そこでいうと、「中華 ふぢの」は夜も営業していてメニューも酒も豊富。前記のビールは毎月20~25日限定で中グラス320円~になると、サービスもうれしい。築地は場内や場外市場以外にも、素晴らしい街中華があるのだ。

 

 

撮影/我妻慶一

 

【SHOP DATA】

中華 ふぢの

住所:東京都中央区築地3-3-9

アクセス:東京メトロ日比谷線「築地駅」3番出口徒歩1分、東京メトロ有楽町線「新富町駅」4番出口徒歩1分

営業時間:11:30~14:00(L.O.14:00)/16:00~23:00(L.O.22:00)

定休日:土曜、日曜、祝日

秋の夜長には断然ウイスキー。しかもブラックニッカの“ディープ”なヤツがいい!

夜がどんどん長くなっていく今日このごろ。街や家に明かりが灯ったら、お気に入りの美酒をじっくり堪能する…。これからの季節は、そういう楽しみも充実してきます。

 

そんななか、あの「ブラックニッカ」の定番ウイスキーがリニューアルしました。同時に、数量限定の特別ブレンドもリリース。秋の夜長がさらに盛り上がりそうな予感です。そこで、注目の新商品を取材するべく、アサヒビールの新商品発表会に行ってきました!

 

ブラックニッカについて

“ヒゲのおじさん”が印象的な「ブラックニッカ」。1956年の発売以来、時代とともにカタチを変えながら、多くのファンに愛され続けるロングセラーブランドです。現在ではスッキリとした「クリア」、華やかな香りの「リッチブレンド」、濃厚でしっかりした「ディープブレンド」の3つのシリーズが中心になっています。

 

 

「家飲み」に新しい選択肢を!

これまで「ブラックニッカ」は、父の日に向けた限定ブレンドを発売するなど、さまざまな飲用シーンに寄り添う形での提案を行ってきました。今回キーポイントになっているのは「家で飲む」ということ。そしてリニューアル対象は「ディープブレンド」です。

 

なぜそこに焦点を絞ったのでしょうか?ヒントになっているのは、飲用シーンや時間の変化です。アサヒビールの調査により分かったのが、ウイスキーは飲食店で飲むが、家では飲まない人が多いこと。近年のライフスタイルの中で人々が重視するのが“食後の時間”や“くつろぎのシーン”であるということ。そして、ウイスキーを家で飲む人は“ロック”で飲む傾向にあること。これにドンピシャなのが「ディープブレンド」シリーズだというワケです。

 

↑「友人や仲間との時間」よりも、「一人でいる時間」「くつろぎの時間」を大事にしている人が多いとか(アサヒビール新商品発表会の資料より)

 

↑家飲み派はロックで飲むのが好きなようです(上記同資料より)

 

 

見た目がフレンドリーになって再登場!

それでは新しい「ディープブレンド」の、どこが変わったのでしょうか? もともと「味わい」への評価は非常に高かったので、中身は変わらず。変わったのはパッケージです。

↑「ブラックニッカ ディープブレンド」1500円(税抜/参考小売価格)

 

赤いラベルとスモークがかったボトルの旧デザインから、ラベルのキーカラーを濃紺に、そして透明のボトルに変更。より手に取りやすく、かつ上質感のある新しい姿になりました。

↑イメージカラーの濃紺のグラデーションが、味わいにぴったり合っています

 

樽由来のウッディな香り、モルティでやわらかな甘さが特徴的。甘くコク深い味わいながら余韻はビターに。確かにこれは、ロックでじっくりと楽しみたい重厚さです。

 

さらに深くを攻めた限定品「エクストラスイート」

「ディープブレンド」のリニューアルにあわせて、「エクストラスイート」という特別エディションも数量限定で発売されます。

↑「ブラックニッカ ディープブレンド エクストラスイート」2000円(税抜/参考小売価格)

 

こちらは「ディープブレンド」をベースに、その個性をさらに際立たせたプレミアム版。とても希少な長期熟成の新樽モルト原酒や熟成カフェグレーンを使用し、甘くまろやかなコクをもっと深めました。

↑テイスティングして飲み比べると、濃密で甘い香りが際立ちます

 

テイスティングの際には、マスターブレンダーの佐久間 正さんが、いろいろと説明してくれました。

↑マスターブレンダーの佐久間 正さん

 

佐久間さんによると、「エクストラスイート」は、飲み方によって異なる魅力が現れるのも特徴とのこと。たとえばロックで飲めばバニラのような甘い香りが花開き、ハイボールならピートのビターな香りが泡とともに立ちのぼる。そんな二面性を楽しんでみるのも面白いですね。

 

 

いろいろなシーンで“ディープ”に酔いしれよう!

2つの「ディープブレンド」は、様々な時間を上質なものに変えてくれそうな、魅惑のお酒です。オススメの飲用シーンをちょっと想像してみましょう。まずは食事と合わせて。甘く香ばしい香りは、それだけで主役になります。食事と一緒にペアリングを楽しむのはもちろん、食後に飲むのもオススメです。

↑発表会では、参加者にフィンガーフードも振る舞われました

 

ほかには、たとえばリラックスタイム。寝る前や休日に勤しむ、趣味の時間などにもピッタリでしょう。

↑たとえば本を読みながら。リラックスした脳に、本の内容がスムーズに入ってきそう

 

↑たとえば音楽を聴きながら。お気に入りの旋律がもっと心地よく感じられそう

 

↑たとえば映画を見ながら。登場人物や世界観により深く没入できそう

 

こんな感じで秋の長い夜をさらに深く、ゆるやかにしてくれる新生「ディープブレンド」。皆さんもぜひグラスを片手に、思い思いの時間を過ごしてみてください!

あえての”ノンアル派”が急増中! プロが教える「ノンアルコールビール」の選び方

ノンアルコールビールといえば、”クルマを運転するときに選ぶ”という消極的な理由で飲むものだと思っていませんか? 実は、最近はそういったシチュエーションだけでなく、食事中やお風呂上がりなど日常生活で飲む人も増えているそうです。

 

とはいえ、「できるだけビールに近い味がいい」と思うのがビール好きの本音。かくいう筆者もノンアルはめったに飲まないので、”ビールに近いかどうか”が基準だと思っていたのですが、どうやらそうではないようです。

 

そこで、日本ビアジャーナリスト協会でも活動しているビアライターの富江弘幸さんに、ノンアルコールビールを飲み比べながら選び方のポイントを教えていただきました!

↑1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、新聞社勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める

 

 

一番搾り麦汁の香りと旨みが際立つ「キリン 零ICHI」

最初に富江さんに飲んでもらったのが、「一番搾り製法」を採用した「キリン 零ICH(ゼロイチ)」です。麦汁をろ過する際の二番麦汁を使わず、最初に流れ出た一番搾り麦汁だけを使用しています。

↑キリンビールの「キリン 零ICH(ゼロイチ)」

 

「ノンアルコールビールには珍しく、麦の香りや味がしっかり感じられます。一番搾りに比べると、スッキリ感がありますね。香りもフルーティー。全体的にはビールに近い印象ですが、甘みは控えめ。食事に合わせるのに良さそうです」(富江さん)

 

富江さんがビールとの違いについて触れましたが、その味に違いがあるのは当然のこと。なぜなら、ノンアルコールビールは普通のビールからアルコールを抜いているわけではなく、”まったく別の製法でビールに近いものを作っている”からなんです。そんな飲料をビールに近い仕上がりにする一番搾り製法は、技術革新の賜物と言えそうです。

 

 

透明な「オールフリー オールタイム」はサイダー感覚で

全国のコンビニ限定で販売されているサントリーの「オールフリー オールタイム」は、職場でも気兼ねなく飲めるようにと「透明」「ペットボトル入り」の2つの特徴を持ったノンアルコールビール。この見た目のインパクトで記憶している人も多いでしょう。

↑サントリーの「オールフリー オールタイム」

 

 

「香りはサイダーのようなフルーティーさがありますね。飲んでみると麦の感じはほとんどせず、酸味が少し強いめなのでスッキリします」(富江さん)

 

筆者も実際に飲んでみましたが、たしかにこれはサイダーみたい! ホップ由来の苦みも加えられているのですが、ほのかなライムフレーバーや強めの炭酸がサイダーのように感じさせるのかもしれません。

 

「視覚や嗅覚は味覚に影響を与えるのですが、オールフリー オールタイムはビールっぽさを求める人には少し合わないかもしれません。逆に、スポーツのあとや仕事の合間など、リフレッシュしたいときにいいですね」(富江さん)

 

 

フルーティーな香りが際立つ「サッポロ 麦のくつろぎ」

発酵由来の香り成分を組み合わせる「ナチュラル香味製法」で、ノンアル特有の「人工的な香りや後味」を改善したという「サッポロ 麦のくつろぎ」。富江さんもこのフルーティーな香りが気に入ったそうです。

↑サッポロビールの「サッポロ 麦のくつろぎ」

 

「サッポロといえば『サッポロ生ビール黒ラベル』がフラッグシップブランドです。黒ラベルはホップの爽やかな香りが立つ印象ですが、それに近いフルーティーな香りがします。この香りのおかげで、ビールの味にも少し甘みがあるように感じますね」(富江さん)

 

また、麦芽を使わずに苦味料でホップに近い苦味を出すなど、ビールっぽさをかなり意識しているようです。富江さんによると、「ビールよりは苦味が弱いものの、この苦味のおかげで喉が引き締められて次のひと口に切り替えやすい」とのこと。

 

 

苦味でビールらしさを演出する「アサヒ ドライゼロ」

ビールにはやっぱり苦味を重視するという人におすすめなのが、「アサヒ ドライゼロ」。普段から「アサヒ スーパードライ」を好んで飲んでいる人であれば、この再現性の高さに気付くはず。

↑アサヒビールの「アサヒ ドライゼロ」

 

 

「ほかのノンアルコールビールと比較すると、苦味が強いです。こうすることでビールらしさを出しているのでしょう。香りもスーパードライに近いですし、麦芽を使わないのにここまで近付けているのには驚かされます」(富江さん)

 

また、アサヒビールでは「アサヒ ドライゼロスパーク」という商品も8月末まで期間限定発売していました(現在は店頭在庫のみ)。ドライゼロと比較すると、炭酸の強さを130%に高めたペットボトル入りとなっています。

↑アサヒビールの「アサヒ ドライゼロスパーク」。8月末で販売終了

 

「味わいはドライゼロとほぼ同じですが、炭酸は非常に強いです。缶ビールや瓶ビールはグラスに注ぐ前提で作られているので、炭酸が強めに入っているのですが、これはグラスに注いでも缶から飲んでいるかのようですね」(富江さん)

 

 

どのビールの味に近いかで満足感が変わる

今回は5種類のノンアルコールビールを富江さんに飲み比べてもらいましたが、いずれもはっきりと特徴が異なりました。これだけ違うと、どう選べばいいのかがピンと来ていない人もいるでしょう。そこで富江さんが提案するのは、「自分がどのビールの味が好きかを知っておくこと」だといいます。

 

「そもそも”ビールの味”とひとことで言っても、アサヒスーパードライとサントリー ザ・プレミアム・モルツでは苦味、甘み、酸味、のどごし、香りがまったく異なります。そうなると、自分がどんなビールが好きなのか、どういった特徴をビールに求めているのかを意識することが重要なんです」(富江さん)

 

自分の好みを知るためにも、まずはいろんなビールに触れてみることが大切。さて、今夜も自分を知るためにいろんなビールを飲んでみるしかありませんね!

ビアライターが飲み比べてわかった!コスパ最強な「高アルコールビール」の正しい選び方と飲み方

 

巷で大ブームの高アルコール飲料。1缶飲めばある程度気分良く酔えるので、家飲みでのコスパの高さは最強といわれています。

 

最初は「RTD(Ready to Drink)」と呼ばれる”注いですぐ飲めるお酒”、その代表例である缶チューハイで高アルコールブームに火が付きましたが、ここ最近はビールにおいても高アルコールのものが続々と登場しています。とはいえ、チューハイとは違い、ビールの味の違いは飲み比べないとわかりづらいもの。

 

そこで、日本ビアジャーナリスト協会でも活動しているビアライターの富江弘幸さんに、主要メーカーの高アルコールビールを飲み比べてもらいました。そこで判明したのが、高アルコールビールの意外と知られていない新たな飲み方だったんです!

↑1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、新聞社勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める

 

 

アルコール感の強さや麦っぽさに違いがある

今回飲み比べるのは、「キリン のどごし STRONG」「アサヒ グランマイルド」「サントリー 頂〈いただき〉」「サッポロ LEVEL9贅沢ストロング」の4種類。日本メーカーの一般的な缶ビールが4〜5%なのに対し、これらは7〜9%のアルコール度数となっています。

 

普段はクラフトビールを飲む機会が多いという富江さん。 そんな富江さんはどのようなジャッジをするのでしょうか?

 

 

キリン のどごし STRONG(アルコール度数:7%)

↑黒い缶が目を引く「キリン のどごし STRONG」。酒税法上の区分は「リキュール」。キャッチコピーは「ガツンときてスカッと爽快」

 

 

「通常の5%のビールに比べると、アルコール特有のピリッとした感じがします。いわゆる、第三のビールらしい味わいですね」というのが富江さんの第一声。そう、今回紹介する高アルコールビールの多くが、「ビール」ではなく「リキュール」に分類されているのです

 

「アルコール度数が高いお酒は味のバランスを保つために甘みを強くすることが多いのですが、これも少し甘みを感じます。最初に麦っぽい味わいはほとんど感じませんが、あとから穀物の味わいを感じます。発酵度を高めて甘味を強くしすぎないことで、後味がスッキリしている印象。軽い苦みを感じるので、次のひと口に進みたくなりますね」(富江さん)

 

【特徴】
パンチ力あり。アルコールがガツンと来るものの、軽い苦みが次のひと口を誘う。

 

 

アサヒ グランマイルド(アルコール度数:7%)

↑今回登場したラインアップのなかで唯一「ビール」に分類される「アサヒ グランマイルド」。キャッチコピーは「続くやわらかなコク」

 

「アサヒ グランマイルド」が登場した背景には、今年4月に酒税法が変更になったことが挙げられます。スパイスや果物などこれまでに認められていなかった副原料を使ったものも「ビール」と呼べるようになったので、ビールメーカー各社がさまざまな副原料を使用したビールを登場させており、その流れのなかで誕生した銘柄です。

 

「アルコール度数が7%というだけあり、しっかりしたビールの味わいです。とはいえ、アルコールの香りをレモングラスで上手くマスキングしていて、同じ7%のビールのように”ガツン”と来るアルコール感はありません」(富江さん)

 

また、高アルコールビールは一気に飲み干さずに少しずつ飲むことから、時間が経ってからの飲み心地も富江さんはチェック。

 

「通常、ビールは時間が経つと嫌な苦みや香りが出やすいのですが、アサヒ グランマイルドはそういったことはないですね。同社のアサヒ スーパードライともまったく違いますし、ビールの新しい可能性を感じさせてくれるビールです」(富江さん)

 

【特徴】
アルコールを感じすぎず、ちびちびと飲みやすい。爽やかさもあってバランスがいい。

 

 

サントリー 頂〈いただき〉(アルコール度数:8%)

↑「サントリー 頂〈いただき〉」の品目は「リキュール」。キャッチコピーは「最高峰のコク刺激」

 

今回飲み比べたなかで、富江さんが万人受けしそうだと話していたのが「サントリー 頂〈いただき〉」です。以前は7%だったアルコールを今年2月から8%にして、使用する麦芽を増量するなどのリニューアルを加えています。

 

「麦っぽくて甘みが強いですね。アルコールの刺激は舌にピリッと感じます。甘みとアルコールをしっかり感じられるので、満足する人は多そうです」(富江さん)

 

ちなみにパッケージには「コク」が強調されているのですが、ビールにおけるコクとはどういうことなのでしょうか?

 

「いろいろな味が複雑に絡み合っていることを指す場合が多いです。たとえば、出汁をそのまま飲んでもコクはありませんが、味噌や醤油で味付けするとコクが生まれます。ビールの場合は、ベースに甘みがあって、そこに苦みや酸味が加わることで”コクがある”と言うんです。このビールもまさにそうですね」(富江さん)

 

【特徴】
甘みとアルコール感が強い。味の良さとアルコール度数の高さを求めるときに◎。

 

 

サッポロ LEVEL9贅沢ストロング(アルコール度数:9%)

↑今回紹介するなかではもっともアルコール度数の高い「サッポロ LEVEL9贅沢ストロング」。分類は「リキュール」

 

「アルコール度数9%だけあり、アルコール感がしっかりあります。とはいえ、それに負けない麦感もしっかりあって、”麦のお酒”という感じがすごくしますね」と、「サッポロ LEVEL9贅沢ストロング」を飲んだ富江さんは語ります。

 

「アルコールの刺激はほかのものよりも強いので、ビアカクテルや氷を入れて飲むのがおすすめです。ほかの高アルコールビールよりも甘みが控えめなので、割っても味を邪魔することはないはず」(富江さん)

 

【特徴】
アルコールの刺激や麦感を求める人に向く。ビアカクテルとして飲むのもアリ。

 

 

ビアカクテルという選択肢が増えるのも高アルコールならでは

高アルコールビールは、柑橘系のジュースで割ってもいいですし、ジュースを凍らせて氷を作り、それをビールに浮かべてもいいのだとか。

 

「オレンジジュースやレモネード、グレープフルーツジュースなどを使うのがおすすめ。氷をジュースで作ることで、味が徐々に変化していくのを楽しめます。ほかにも、トマトジュースで割ってレッドアイにしてもいいでしょう。トマトの青臭さが消えて、トマトジュースが苦手な人でも飲めるはずです」(富江さん)

↑ビアカクテルを作る際は1対1の配分がベスト。もともとのアルコール度数が高い高アルコールビールなら3.5〜4.5%になる

 

 

高アルコールビールは”酔いたいときのお酒”という認識が強いので、富江さんのこの提案はなかなか意外じゃないですか? また、「ビールに近いかどうか」を選ぶ基準にするものだと思っていた人にとっても、「自分がおいしいと思えるかどうか」を軸にすれば、その選択肢の多さに気付くはず。楽しくおいしく酔えるお気に入りの高アルコールビールを探してみませんか?

 

 

 

【ファッションフードの平成史】パンケーキブームなんて目じゃない? ティラミスと日本人の衝撃的な出会い

私が『ファッションフード、あります。』のコンセプトを思いついたのは、ティラミス大騒動の記憶がまだなまなましく残っている頃だった。日本全国、右を向いても左を見てもティラミスの話題ばっかりで、いやぁ、あの熱狂ぶりは凄まじかった。子供たちも巻き込んだブームだったから、当時小学生だった80年代生まれも、なんとなく覚えていると思う。

ティラミスは間違いなく、戦後の流行食のなかでも最大で超弩級のヒット作。肩を並べるのは、70年代中盤に社会現象を起こした紅茶キノコしかない。そっちはオカルチックな健康食品なので、ティラミスこそが正統的なファッションフード史上、最強のアイテムだといえる。

 

■岩波書店の入社試験に出た

ブームを作ったのは、『Hanako』1990年4月10日号に載った「イタリアン・デザートの新しい女王、ティラミスの緊急大情報 いま都会的な女性は、おいしいティラミスを食べさせる店すべてを知らなければならない。」だったというのが定説だ。

だが、実はかなり早い時期から高級イタリア料理店が出していて、一部のグルメ層においしいデザートとして知られていた。それがイタ飯ブームでじわじわと知名度を上げ、この記事で一気に大ブレークしたのが真相。

 

記事はたったの8ページで、その号のメイン特集でもなかったが、発売直後からイタ飯屋にティラミス目当ての女の子がどっと押しかけた。最初は、「また若い女たちがなに浮かれてんだ…」と、面白半分で取り上げていた男性週刊誌も、次第にこれは無視できないと思ったらしく、異様な流行現象に対する真面目な分析記事などを載せるようになった。

 

そして、気がついたらあらゆるメディアを賑わせていた。もう“ティラミス知らなきゃ時代に遅れる”という空気が社会全体に広がっていた。あの岩波書店の入社試験にも出たそうだ。

 

■中学生のスクールカーストに影響

波及効果は広範囲にわたり、猛スピードで全国展開した。まず素早く洋菓子店が参入。テイクアウトできるようカップ入りのティラミスを売り出し、夏にはアイスクリームショップとファミリーレストラン、喫茶店、ファストフードのメニューにも登場した。

 

翌年には大手メーカー製のチョコレート、菓子パン、ドリンク、キャンディなどの量産菓子、のみならず、塩味のコロッケやスープ、ハムやソーセージにまで“人気あやかり商品”が出揃った。

 

91年2月発売のロッテ「ティラミスチョコレート」を食べたことがあるかないかが、中学生女子のスクールカーストに影響したほどだ。鴻上尚史は『週刊朝日』で、「ティラミスというひとつの流行が、国民が一億人以上いる国を席巻するというのは、その国の野蛮さの証明でしかないのです」と、日本の“単層の文化”と“全員同じであることが素晴らしいという思想”に話を広げ、辛口のコラムを書いている。

 

■日本人はチーズケーキが好き

というように、たったひとつの菓子から思わず文化批評をしたくなるくらい、本当に日本人は老若男女みなティラミスを食べようと躍起になっていたのである。

 

なぜティラミスはかくも記録的な速度で普及したかといえば、まずイタ飯ブームに乗ったことがひとつ。

 

そして、70年代の大ヒット以来、洋菓子界に君臨してきたチーズケーキの一種だったことが大きい。マスカルポーネチーズで作るティラミスは生まれながらにして、ファッションフードの王道だったのである。しかも、従来のチーズケーキと違って、とろとろ、ふわふわしたムース状の柔らかい食感が、それまでとはまったく違う新しさを強烈に感じさせた。

 

■「ウケると思いました。名前がテトリスと似ているから」

糸井重里が「ウケると思いました。名前がテトリスと似ているから」とコメントしたように、名前がかわいくて覚えやすいのも有利だった。イタリア語のティラミスが直訳すると「私を上に引っ張り上げて」なので、転じて「私を天国に連れて行って」とか「気分よくさせて」という意味にとれるのもウケた。

 

カロリーが高く栄養もあるので、女の子たちの夜遊び前の必須アイテムになった。モテたいオトコはティラミスのおいしい店を必死で探したものだ。

 

一から十までバブリーな話だが、こんなことが普通に起こったのが、バブルの時代なのである。

 

【関連書籍】

『ファッションフード、あります。』(筑摩書房)

【著者プロフィール】

食文化研究家 畑中 三応子

食文化研究家・料理本編集者
『シェフ・シリーズ』『暮しの設計』(ともに中央公論社)編集長を経て、プロ向けの専門技術書から初心者向けのレシピブックまで、幅広く料理書を手がけるかたわら、近現代の食文化を研究・執筆。著書に『ファッションフード、あります。–はやりの食べ物クロニクル』(ちくま文庫)、『カリスマフード–肉・乳・米と日本人』(春秋社)、『体にいい食べ物はなぜコロコロと変わるのか』(ベスト新書)など。編集プロダクション「オフィスSNOW」代表。

クールな顔して味はワイルド! 東中野の熱き異端児「かしわぎ」——サニーデイ・サービス田中 貴とRockなRamen

ラーメン好きなミュージシャンとして知られる、サニーデイ・サービスのベーシスト、田中 貴さん。年間600杯以上を食べ歩く目・鼻・舌をもって、注目するラーメン店の味や店主に「Rock」を見出していくのが、この「RockなRamen」連載だ。

 

これまで登場したのは「麺家うえだ」「無鉄砲」「らぁ麺屋 飯田商店」「ラーメン 凪」と強者ばかり。これらに続く第5回は、オープンは昨年ながらも名店との呼び声が高い、東中野の「かしわぎ」だ。行ってみると店構えは正統派で、メニューに関しても特殊なラーメンがあるようには見えない。だが、その一杯を味わい話も聞くと、なんとも“Rock”なアティチュード(姿勢)が隠れていた!

 

【プロフィール】

田中 貴

サニーデイ・サービスのベーシスト。年間600杯以上を食べ歩くラーメン好きとしても知られ、TVや雑誌などでそのマニアぶりを発揮することも多い。バンドとしては今春、配信とアナログでニューアルバム『the CITY』をリリース。また6月13日にはアナログで『FUCK YOU音頭』と『DANCE TO THE POPCORN CITY』を2タイトル同時リリースするなど、精力的に活動している。また個人としては、音楽監修を務めるアニメ「ラーメン大好き小泉さん」のオリジナルサウンドトラック『ラーメン大好き田中さんと細野さん』が発売中!

 

あえてだれもやらない“豚清湯”というアプローチ

「かしわぎ」を一躍有名にしたのは、おいしさはもちろん“豚がメインの特徴的な清湯”であることだ。清湯はチンタンと読む。字からイメージできるように、クリアなスープであることが特徴。すっかり一大勢力となった「淡麗系ラーメン」は、清湯であるといっていいだろう。だがその多くは、地鶏のうまみを生かした鶏の清湯なのだ。

↑「かしわぎ」のスープもクリアな清湯。しかし同店の場合、鶏はある技法で雑味を取り除くためにしか使わない

 

また、豚メインの清湯スープで提供するラーメン店自体は少なくない。だが、それは厳密にいうと毛湯(マオタン)というガラスープのこと。「かしわぎ」の場合、豚のゲンコツと背ガラを中心に強火でボコボコと炊き上げ、まず白濁した毛湯を作る。これに脂の少ない鶏の挽肉を入れ、その肉に雑味や油分を吸着させて取り除く、掃湯(サオタン)という伝統中華のテクニックで清湯にしているのだ。この手法を取り入れているラーメン店は希少。だから同店は“特徴的な清湯”であり、ラーメン界にその名をとどろかすきっかけにもなったのである。

↑「塩ラーメン」680円。研ぎ澄まされたビジュアルながら、豚骨の風味とアサリが効いた塩味強めのタレで、ソリッドなテイストが特徴だ

 

↑麺は120g。京都にある、名店御用達の老舗製麺所「麺屋棣鄂」(ていがく)に特注した細麺を使用している。このジャンルでは珍しく、「替玉」100円ができるのも魅力だ

 

「店主は今田 匠(たくみ)さん。初めてスープを口にしたとき、頭のなかに『?』が浮かびました。透明なスープなのに、白濁した豚骨スープのような強靭なうまみ。一見すると、鶏の淡麗系のようなルックスですがまったく違う味わいで、しかも激ウマ。聞けば納得なのですが、その技法をあえて貼り出したりして主張しない姿勢も好きです。このジャンルでありながら600円台とリーズナブルですし」(田中さん)

↑長崎出身の今田 匠店主。脱サラ後に上京し、超名門「麺屋こうじグループ」である神奈川「神勝軒」での修業を経て、2014年に中野区野方に同グループ出身者と「麺処 今川」を開業。諸事情により閉店したあとは「麺や七彩」や「らぁ麺 すぎ本」を手伝っており、2017年6月2日に「かしわぎ」をオープン

 

「麺や七彩」の記事はコチラ → https://getnavi.jp/cuisine/103904/

 

真のウマいラーメンは何が足されてもウマい

このスープの魅力を楽しむのであれば、繊細な味わいの「塩ラーメン」がオススメ。だが、塩と双璧をなす「醤油ラーメン」も、ベースは同じでありながらクオリティの高さを感じられる仕上がりだ。その特徴は、あえて足し算の法則で個性をぶつけ合わせた醤油ダレにある。

↑「醤油ラーメン」680円。タレ以外は基本的に塩と一緒だ。チャーシューは57℃で低温調理したバラと、肉々しさとしっとり感を同居させたロースの2種類。メンマは上質でやわらかい穂先メンマである

 

ベースとなるのはヒゲタ醤油の名作「本膳」に、厚削りのカツオ節とサバ節、煮干しを加えた蕎麦のかえしのようなタレ。そこに中国地方のたまり醤油を加え、さらにうまみの輪郭を整えるために、福井伝統の魚醤である「いしる」も調合する。これによって、厚削りの燻香、たまり醤油の甘み、「いしる」のクセがブレンドされ、インパクトのある醤油ダレになるのだ。

↑色も味も濃い。だがそれは天然のうまみ成分が強く出ているためであり、のどが渇くしつこさはない

 

「あまりにも塩がウマかったんで、すぐに再訪して醤油も食べました。そしたらこれまた驚きの、真っ黒いスープ。味的にもパンチがあって、胡椒が合いそうだな~なんて思っていると『バンバンかけてください!』との声。お店によっては卓上調味料をあえて置かない(提供時の状態が最高の味だから何も加えないでほしいという考え)ところもあるなか、そういう今田さんの柔軟性あるところも好きですね」(田中さん)

↑好みの傾向が酷似しているふたり。田中さんのラーメン本「Ra:」が心のバイブルだという今田さんとはあっという間に意気投合、たびたび一緒にのみに行く仲だという
↑好みの傾向が酷似しているふたり。田中さんのラーメン本「Ra:」が心のバイブルだという今田さんとはあっという間に意気投合、たびたび一緒にのみに行く仲だという

 

田中さんのラーメン本「Ra:」についてはコチラ → https://getnavi.jp/cuisine/1210/

 

「根底には、お客さんが食べたい味で楽しんでほしいって思いがあるんですよ。あとは、以前お世話になった七彩で学んだんです。軸となるラーメンがしっかりしていれば、調味料が変わろうとおいしさは変わらないって」(今田店主)

↑胡椒以外の調味料も。今田さんのオススメは、「醤油ラーメン」にはハバネロソース(写真左)、「塩ラーメン」にはYUZUSCOという柚子胡椒ソース(写真右)

 

高級食材は使わずに一流の味を安価で提供

「かしわぎ」はサイドメニューにも独特な一品がある。それは今田店主がいる昼(夜は視察や味の研究などに勤しんでいる)限定の、その名も「お昼のご飯」。「今日のおかず」が日によって替わり、ベーシックなものは埼玉県産のブランド卵を使うTKG(卵かけご飯)だが、運のいい日はカレーをはじめとする贅沢な丼にありつける。

↑TKGやカレー以外にも、「今日のおかず」は様々なバリエーションがある

 

この日はラッキーデーで、「インドのチキンカレー」を食べることが叶った。サイドメニューといっても、その味は専門店顔負けの本格派である。シナモン、カルダモン、クローブはホール(実のまま)で用意し、クミン、ターメリック、コリアンダーなどはパウダーで使用。多彩なスパイスで魅惑的な味わいに仕上げている。

↑「インドのチキンカレー」120円。スパイスのほかトマトの酸味と玉ネギのうまみが生きており、隠し味にはあんずやマンゴージャムの甘みが光る。後引く辛さもたまらない

 

今田さんは「最近はカレーの研究に没頭しており、とにかく楽しいんです! ラーメンのことはほどほどでいいんで、カレーのことをしっかり書いてくださいね」と冗談めいたことを言う。ただ、きっとそれは真剣勝負であり大黒柱のラーメンがしっかりできているからこそ、副業的なカレー作りを楽しめているせいなのだろう。田中さんが音楽活動のかたわら、楽しくラーメン活動をしていることに通じるものがある。

 

同業者もマニアも唸るような、アイデアと技術を駆使したスゴいラーメンを作りながら、それをひけらかす事もしない。鳥の淡麗が全盛の時代に、あえて豚の清湯へのチャレンジする『人と同じ事はやりたくない』という、ちょっとひねくれたセンス。銘柄鶏などの素材を使い、それを高らかにアピールする高級ラーメン店が多いなか、普通の素材を丁寧に時間をかけて調理し、旨味を最大限に引き出し安価に提供する。今のラーメン界においてトップレベルの実力を持ちながらも、目指すのは『小さな商店街で評判のラーメン屋』だという。実際、世界的に評価されてもおかしくないラーメンを、近所の人たちがビールを一杯やりながら気軽に食べてる光景は痛快ですよ。自分のやりたいことがはっきり見えていて、周りや流行に左右されることなく我が道を進む今田さん。こりゃもうRockですよ」(田中さん)

 

↑かつては寿司屋、パーティ系のバルだった空間。寿司屋のカウンターはそのままに、ファミリー用にテーブル席も備えているうえ、ベビーカーが気軽に入れるようにスペースは広くとっている

 

ちなみに「かしわぎ」という店名の由来は、人ではない。JR「東中野駅」は明治時代、甲武鉄道の「柏木駅」として開業した歴史があり、今田さんの「地元の人に長く愛されたい」という熱い想いが込められている。やはりRockだから、LOVE&PEACEがあるのだ!

 

【店舗情報】

かしわぎ

・住所:東京都中野区東中野1-36-7
・電話番号:非公開
・営業時間:日曜・月曜11:30~15:00、水〜土曜11:30~15:00/18:00~21:00
・定休日:火曜
・アクセス:JR総武線「東中野駅」東口徒歩4分

 

撮影/三木匡宏

日本酒は「ワイングラス」で飲むべき!その理由を赤坂の名店で聞いた

日本酒が「オジサンの飲みもの」だった時代はとうの昔。いまやヨーロッパの星付きレストランでオンリストされるなど、世界中から注目が集まっています。若くて革新的な作り手も増えてきて、どんどん洗練されてきた感のある日本酒は、実は「グラスで飲むとおいしい」のをご存知でしょうか?

 

オシャレで雰囲気がいいのもありますが、それだけではありません。そのメカニズムや味わい方について、日本酒をワイングラスで楽しめるお店、東京・赤坂の「れくら」を取材しました。

 

酒のチカラを引き出す!「ワイングラス×日本酒」の奥深さ

素材からこだわった和の酒肴と、全国の蔵元から厳選した日本酒を味わえる「れくら」。ほのかな灯りと和素材が生み出す大人のムードたっぷりで、ゆっくりと上質な時間を過ごせるお店です。

↑地下におりる階段にかかった提灯が目印

 

↑カウンター席

 

日本酒×ワイングラスの魅力について教えてくれたのは、店主の渡邊新之(しんじ)さん。蔵元や銘柄はもちろん、含まれている成分など科学的なアプローチにも余念のない、まさに求道者です。

↑「れくら」店主の渡邊さん。着流しに襷(たすき)掛けのスタイルがサマになっています

 

「おちょこやコップで飲むよりも、日本酒が本来持っている複雑な香りが“ふわっ”と開きます」と語る渡邊さん。ワイングラスで飲む最大の理由は“香り”にあるとか。いまでこそワイングラスで日本酒を提供するお店は少なくありませんが、渡邊さんはその先駆け。

 

「従来の“もっきり”(枡+コップに日本酒を注ぐ方法)では、香りがぜんぜん楽しめない…」と思ったのが、ワイングラスで提供しようと思ったきっかけとのこと。渡邊さんはかつてモルトバー(主にモルトウィスキーを扱うバー)で働いたキャリアもあり、だからこそ“香りを楽しむ”海外のお酒のスタイルを採り入れる発想が生まれたのかもしれません。

↑おそろしいほどの日本酒ラヴァー。お酒について語りだすと止まりません

 

「れくら」では、ワイングラスの名門「リーデル」製の日本酒専用グラスを使用。脚つきのグラスと、脚のないものを使い分けています。そのポイントとなるのは“温度”。

 

「うちでは酒質によって、ふたつの冷蔵庫を使い分けて保管しています。低いほうは0℃、もうひとつは5~8℃くらいですね」(渡邊さん)

 

脚つきのグラスは、低温度帯で保管されたお酒用。味わいや香りが華やかで、冷酒でおいしいお酒が中心。脚の部分を持つことで、手の温度がお酒に伝わりにくく、冷たさをキープすることができます。

↑リーデルの「大吟醸」という日本酒専用グラス。冷たい状態が続く、脚つきタイプです

 

いっぽう脚のないグラスは、少し高めの温度帯用。グラスを通して手の温度が伝わりやすく、それによって味や香りが開き、おいしくなるのだとか。こちらは濃醇でどっしりとした、うまみの強いタイプが中心。

↑こちらもリーデルで、「オー・トゥー・ゴー」という脚のないグラス。温度の違いによる味の変化も楽しめます

 

ちなみに、リーデルのワイングラスは、ブドウ品種に合わせた多彩なラインナップがあります。この「大吟醸」グラスの形状は、ワインでいうとリースリング(白ワインのブドウ品種のひとつ)に近いとのこと。フルーティな香りやキリッとした酸味があって、輪郭がはっきりしているリースリングのワインは、日本酒に似ている部分があるのでしょう。

 

グラス別オススメの銘柄をチェック

これからの季節にオススメの銘柄を渡邊さんに紹介してもらいました。まずは脚つきグラス編。華やかでフルーティな吟醸香のあるお酒がよく合うそうです。

↑左から「若波 Type FY2 純米吟醸」「醸し人九平次 雄町 純米大吟醸」「伯楽星 純米吟醸」

 

「れくら」では、料理は季節の旬を反映したおまかせコース(3800円、ご飯物付き4500円)が基本。そのなかから、料理とお酒のペアリング例を紹介します。

↑「炙り秋刀魚と焼き茄子のサラダ仕立て」。焼き茄子に炙った秋刀魚をのせて生海苔のソースで供する一品

 

↑“究極の食中酒”といわれる「伯楽星」でキュッと流して

 

続いては、うまみの強いタイプが映える、脚なしグラス編。製法で分類すれば、生酛(きもと)や山廃(やまはい)などもこちらです。

↑左から「勝駒 純米」「松の司 生酛純米酒」

 

和食が季節の旬を大切にするように、日本酒も春夏秋冬で味わいが変わります。夏酒のシーズンが終わり、秋は「ひやおろし」がおいしい時期。「ひやおろし」は、冬に仕込んだ酒がひと夏を越すことにより程よく熟成され、酒質が落ち着き味わいもやわらか。飲みやすく、初心者の方にもオススメです。

↑「鱧の焼きびたし」。二度目の旬を迎える鱧(ハモ)を焼きびたしにして、ウニをちらした一品

 

↑焼いたハモの香ばしい風味と、ウニの濃厚さにぴたりと寄り添う「勝駒」のまろやかなうまみが好愛称

 

今回はグラス日本酒の話がメインでしたが、「れくら」ではほかにも、日本酒の楽しみ方をさまざまな角度から教えてくれます。たとえば最近人気のスパークリング日本酒はシャンパングラスで提供したり、店内のお酒はすべてお燗でのオーダーもできたり。お酒のポテンシャルを発揮するように提案してくれつつ、ゲストの好みに合わせた対応もOKです。

↑れくらにはカウンターのほか、テーブル席や個室タイプのシートもあります

 

もっと粋に楽しむなら「日本酒はワイングラスで」。本当においしくなるので、ぜひ実践してみてください。「れくら」は赤坂駅から近いので、サカスへのお出かけやお仕事の帰りにもぴったりですよ。

 

 

【SHOP DATA】

れくら

住所:東京都港区赤坂2-14-31 ウインド赤坂ビルB1

アクセス:東京メトロ千代田線「赤坂駅」2番出口徒歩0秒

営業時間:月~金11:30~14:00(L.O.13:30)/17:30~23:30(L.O.22:30)、土17:00~23:00(L.O.22:00)

定休日:日、祝、年末年始

「缶コーヒー=甘ったるい」派の常識を覆す意欲作登場! 「ダイドー」の新製品、攻めてます。

サードウェーブが到来したり、コンビニのレジ横やペットボトルタイプが大ヒットしたりと、常に話題にこと欠かないコーヒー。その反面でダウントレンドといわれているのが、缶コーヒーです。とはいえ、缶コーヒーには一定のファンがいるのも事実。そこで今回は、この時代に新機軸をもってリリースされた、ダイドーの缶コーヒーをレビューしていきます!

 

 

缶コーヒーを飲む層と聞いてイメージするのは、働く人の姿ではないでしょうか。それは各社のCMを見ても明らかでしょう。そしてそこで描かれているのは、ホッとひと息つく安らぎのシーンや、ゴクっと飲んで「もういっちょがんばるか!」といった気分転換だったりするものです。

 

それは、缶コーヒーが持つ味わいともリンクしています。コーヒーの苦みやカフェインがシャキっとさせ、甘さはエネルギー源に。香りやミルクのマイルド感は気分を落ち着かせてくれます。また、200g前後の量は、休憩時間に飲み切る最適なサイズともいえるでしょう。

 

 

これぞ缶コーヒー!という感じの「オリジナル」

そんな缶コーヒーの定番ブランドのひとつが「ダイドーブレンドコーヒー」。こちらは発売から43年にもなるロングセラーですが、中身はそのままに、「オリジナル」と銘打たれ、パッケージを現代版へアップデート。新旧を比較してみましょう。

↑左が新バージョン、右が旧バージョンです

 

おなじみの斜めのフラッグと、コーヒー豆を入れる麻袋(ドンゴロス)はそのまま。パッと見での安心感はさすがです。そこに新たに配置されたのが、“ORIGINAL”と“since1975”の文字。今でこそダイドーブレンドは様々な商品展開をしていますが、あくまでもこれが旗艦モデルであること、そして歴史と伝統への誇りが伝わってきます。

↑個性に合わせて焙煎した5か国の豆をブレンドしているのがポイント

 

実際に飲んでみても「そうそう、これこれ」という印象。コクのあるミルクに負けないしっかりしたコーヒー感と心地よい余韻は、オーセンティックな感じすらあります。

↑裏面にも香料無添加であることや焙煎方法など、コーヒー本来の味わいへのこだわりが書かれています

 

まさに缶コーヒーの王道を行く味わいの「オリジナル」。発売から43年を経ても、おいしさのコンセプトがまったくブレておらず、なおかつ古びていないことに驚きです。

 

 

超絶スッキリの新感覚コーヒー「ギンレイ」

伝統を重んじつつ飲み手に合わせて進化する商品があれば、まったく新たな方向性へのアプローチを試みる缶コーヒーも。それが「ギンレイ」の名を冠した「ダイドーブレンドコーヒー」です。こちらもデザインから見てみましょう。

↑表面はザラッとマットな質感。品質のよさを感じつつ、やさしく手になじみます

 

鈍く光るシャンパンゴールドを基本色に、余白を広めにとったレイアウトや書体。従来の缶コーヒーにはない、クールで高級感のあるデザインです。

↑左は「オリジナル」の新バージョン。「ギンレイ」は若干高さがあって、内容量も210gと多め(「オリジナル」は185g)

 

「ギンレイ」が素材に関してこだわったのは「磨き豆」。これは雑味や渋味の部分を取り除いたコーヒー豆のことで、苦みをおさえたクリアな味わいになるのだそう。「ギンレイ」にはこの「磨き豆」が100%使用されています。

 

もしかしたら、米を一定以上磨くと「吟醸」や「大吟醸」に分類される日本酒のイメージに近いかもしれません。吟醸系のお酒はスッキリした飲み味のものが多いですよね。ということで、飲んで味をチェックしてみました。

↑「オリジナル」(写真左)と比べても、液色はそこまで違いませんが…

 

色を見ても分かる通り、「ギンレイ」はそれなりに砂糖やミルクが入った、スタンダードな缶コーヒーの分類。…なのですが、ビジュアルからは想像もできないほどクリアな飲み味。通常の1.5倍の豆を使って抽出したとのことで、コーヒーのコクや香りは感じられますが、後味がとにかくスッキリ。これは新感覚です。「缶コーヒーは甘ったるくて苦手」という方でも、これなら飲めるかもしれません。

↑豆の量が1.5倍というのは、コーヒー規格(内容量100g中にコーヒー生豆換算で5g以上)の下限値との比較によるもの。とはいえ後味はきわめて軽く現代的で、従来の缶コーヒーとはかなり別物です

 

これまでのスッキリ系や微糖タイプとも違う、王道路線のなかに洗練されたテイストを感じました。確かにこれが、ダイドーが提案する未来のスタンダードなのかもしれません。

↑どちらもリフレッシュに最適!好みのほうを選んでください

 

ダイドーは、一般的な販路のほかに、自動販売機にも注力していることで知られるメーカー。こんどダイドーの自販機を見つけたらぜひ商品をチェックして、生まれ変わった「伝統」と「革新」を実“カン”してみませんか!

ホンモノより濃いんじゃない!? ゴクゴク系の酒と合わせて爽快「トムヤムナッツ」

タイ料理の代表格といえばトムヤムスープ。独特の複雑な香りと辛さ、酸味が特徴の料理です。ちなみに「トムヤム」という言葉、「トム=煮る」「ヤム=混ぜる」という意味だそうなのですが、同様の味付けの料理に幅広く使われます。今回紹介するサムインターナショナル「トムヤムナッツ」もそんな料理のひとつです。

本品のために開発したシーズニングが濃厚な味を演出する

「トムヤムナッツ」は、サムインターナショナルが、タイ食材の専門商社・アライドコーポレーションと共同開発した一品。乾燥パクチー、乾燥カフィアライムリーフ、乾燥レモングラス、そしてトムヤムシーズニングをわざわざタイから輸入し、トムヤムスープの味をナッツで忠実に再現したそうです。

 

ジッパー付きの袋を開けると、素材が乾燥しているがゆえ、“本物”よりは控えめですが、あのハーブとスパイスの入り混じった独特の香りが。

トムヤムスープの味がついたシーズニングがナッツの外側に「これでもか」というほどたっぷり塗られていて、ナッツを舌の上に乗せたとたん、味がブワッと溢れ出てきます。エスニック独特のナンプラーによるうまみを中心に、パクチーやカフィアライムリーフ、レモングラスといったハーブの青い風味、さらには唐辛子の辛さも混ざってにぎやかな味わいです。

 

と、味が一気に出てくるので、一瞬の味の濃さは本物のトムヤムスープを上回るのではないかというほど。本場の味を凝縮し、再現しているように思えました。ノーマルなナッツとは一線を画す味わいです。

 

なお、袋には本品の辛さについて「2辛」の表記があるのですが、個人的には「3辛」をあげたいくらい。物足りなさを感じさせることはなく、お酒とともに食べても十分に主張するレベルの辛さです。

 

スッキリなお酒とさわやかな気分を楽しんで!

本品を酒に合わせるならスッキリ系のものがオススメ。というのも、本品自体がかなり複雑な味なので、それだけで十分だと思うからです。そこで、まずは焼酎の水割りと合わせてみました。透き通った酒の味はナッツの複雑な味とまったくケンカせず、スッと喉を通り抜けます。本品の本格的な味も邪魔せず、しっかり堪能できて不満なし。素直に「旨い!」と言葉にしたくなる味わいです。

 

ウイスキーと楽しむならハイボールがよいでしょう。今回は、「トリスハイボール」の「濃いめ」をチョイスしました。エスニック独特の味わいとウイスキーの香り高さは好相性。ただでさえにぎやかだった味に、また別の深みが加わり、さらに炭酸も相まってパンチ力が増した印象です。

 

そして最後は、やっぱりビール。シンハーやレオ、チャーンといったタイビールのやや薄口でさわやかな味わいは、トムヤムスープの酸味にぴったり。東南アジアに思いをはせながら、ビールの涼感を感じることができます。

 

【満足度ポイント】

焼酎(麦・水割り) ★★★★★

ハイボール ★★★★

ビール ★★★★★

 

サムインターナショナル

トムヤムナッツ(25g)

実売価格206円

海とサーフィンとハンバーガーと。大磯「BESNUG」はハワイの風が吹く「ハンバーガーショップ」だ!

ハンバーガーストリート・松原好秀の「週末はハンバーガー」~「BESNUG」 [神奈川・大磯]

 

とんでもなく暑かった平成最後の夏の締めに、今回は海の店、湘南・大磯の「BESNUG(ビースナッグ)」をご紹介。

 

 

波乗りも納得! USビーフのマッチョなバーガー!

かつての東海道、現在の国道1号線が目の前を走る同店。ちょうど店の前に「日本橋から68km」という距離標が立っている。海水浴場発祥の地のひとつである「照ヶ崎海岸」まで歩いて3分。歴史ある景勝地のバーガー店だ。

 

店主柏原さんは日本サーフィン連盟湘南西支部長を務める波乗り。店の名を冠した「BESNUG CUP」を毎年開催している。店内ではTシャツやキャップと並んで、オリジナルのサーフボードやウェットスーツも販売。BGMはもちろんサーフミュージックだ。

 

↑ランチセット(324円~)に付いてくるビースナッグ名物、自家製「ハウピア」。ハンバーガーでお腹パンパンになった後でも食べたい、大人気スイーツ!

 

波乗り一家の柏原さん。ハワイへ行くたびにハンバーガーを食べるのがいつしか楽しみになり、経営していた雑貨屋をついにハンバーガー屋に変えたのが2007年のこと。そんな海と波と、そしてハワイをイメージした同店。ランチセットにはココナッツミルクで作ったハワイのデザート「ハウピア」が付いてくる。

 

↑店の名を冠した「ビースナッグバーガー」(1188円)。サルサにクリームチーズ、チェダーチーズ、フライドエッグが入った、「好きなもの全部乗せました」的なマッチョな一品!

 

バーガーメニューは22品。店名の焼印が押されたバンズは添加物不使用の全粒粉バンズ。パティはUSビーフ100パーセント、つなぎなしの130グラム。そこへケチャップとマスタードをかけて食べるのが基本だが、一方で、トッピングや野菜の量が豊富で、どのバーガーもボリューミー。モリモリのパンパンに具材が挟まったバーガーばかりだ。トマトとグリルドオニオンはパティとほぼ同じ厚みに切られ、きれいな層をなしている。その下のフリルレタスもフリッフリの大量。満腹になること請け合い!

 

海とバーガー、そしてサーフィンとバーガーの相性の好さを実感できる、海の近くのハンバーガーショップ。”Be snug”……意味は「心地よく過ごして」。

 

― shop data ―

所在地: 神奈川県中郡大磯町大磯1093

アクセス: JR東海道本線 大磯駅歩10分

オープン: 2007年4月10日

営業時間: 11:00~18:00

定休日: 火曜日(※要確認)

アウトドアでワイン飲むならコレ! 1個540円「カマンベールの缶詰」が予想を越えた本格派と判明

カビを生やして造った本格的ナチュラルチーズはやっぱり格別ですが、おつまみとして用意するにはなかなかお高いものですよね。そこでおすすめしたいのが、サヴァンシア フロマージュ&デイリージャポンの「おでかけカマンベール」。フランス産カマンベールチーズの缶詰です。

 

 

超モチモチ・プニプニ、濃厚でほろ苦い本格チーズの味わい

独自の製法により、常温での長期保存を可能にした本品。その名の通り、ピクニックやキャンプなどで重宝しそうです。

缶詰を開くと銀紙に包まれたチーズが入っています。丁寧に銀紙を破いていくと、白カビに覆われたカマンベールチーズが顔を出しました。ズッシリと重さのあるチーズは、外側のカビの部分はしっかりしているのに、ふわふわとしたやわらかな感触で、通常のプロセスチーズとは明らかに異質。カットしてみるとなかは超モチモチ、プニプニで、包丁を入れたときにはちょっとした感動がありました。

その感触は口に入れても健在で、しっかりとした歯ごたえがあり粘り気たっぷり。味わいは非常に濃厚で、クリーミーな食感のなかに時折苦みがあって、余韻が長く残りました。通常のチーズに慣れてしまっていると、その感覚には意外性を感じます。

 

赤ワインは飲み口が軽くなり、白だとチーズが食べやすくなる

その本格的な味わいは、お酒とも好相性。赤ワインと合わせると、まろやかな味わいのおかげか、ワインの飲み口が軽くなった印象です。やや強めに感じていたチーズの苦みも、ワインの味に同化したのかあまり気にならなくなりました。想像以上にスムーズに食べ、飲むことができてびっくりです。

 

白ワインの場合は、ワインがチーズを食べやすくしてくれます。外側の白カビ層の苦みをワインが中和。一方で内側のクリーミーな味わいには干渉せずそのままの風味が味わえます。チーズをチーズとして楽しみたいのであれば、白ワインがオススメですね。

 

また、深みを味わいたいのであればおすすめはウイスキー。チーズの苦みや濃厚さと、ウイスキーの芳醇な香り、刺激的な深い味わいが交わって、ズッシリくる豊満さがあります。

 

ちなみに本品、缶のまま加熱すればチーズフォンデュを家庭で手軽に作ることもできるそう。本格的で、楽しみの幅が広い品がお手ごろ価格で買えるのはうれしいですね。

 

【満足度ポイント】

赤ワイン    ★★★★★

白ワイン    ★★★★★

ウイスキー      ★★★★★

 

サヴァンシア フロマージュ&デイリージャポン

おでかけカマンベール(125g)

実売価格540円

もはや定番になっている国も! 「讃岐うどん」、第2の「ラーメン」への道

日本食の世界的人気と流通のグローバル化のおかげで、カナダの大手スーパーの冷凍食品コーナーでは「讃岐うどん 」(※)がもはや定番になっています。一袋5玉で4~5ドルとお手ごろ価格。太めでこしがあり、のどごしもよく噛みごたえのある讃岐うどんが、なぜ海外で受け入れられているのでしょうか? 現地レポーターが探ってみます。

 

※:「讃岐うどん」というブランド名称について、全国生麺類公正取引協議会と公正取引委員会は、生めん類で名産、特産、本場、名物といった文言を表示しなければ自由に使用可能であるという見解を示しています。海外で流通しているものは韓国・中国系食品メーカーのものを含むため、すべて香川県内で作られたわけではありませんが、本稿では便宜上「讃岐うどん」と呼びます。

 

多様な民族、多様な食文化に対応

2013年12月、ユネスコ無形世界遺産に登録された和食は、世界的な健康食ブームも追い風になり、世界中で人気を博しています。最近では、寿司やテリヤキに続いてラーメンが和食ブームをけん引(過去記事リンク「【海外進出する日本食チェーン店】ニューヨークで成功した秘訣は?」)。しかし、海外のスーパーでは冷凍の讃岐うどんが定番になりつつあります。

 

うどんとラーメンは似て非なるものですが、では一体どんな人が買っていくのでしょうか? カナダの事例で見てみましょう。

 

まずはうどん風の麺を日常的に食べる習慣がある人たち、つまり、中国・モンゴル・韓国などを中心とするアジア系住民があげられます。カナダ政府の人口調査によると、1971年にはアジア系はたったの5%でしたが、2016年度にはなんと48%までに急増。その内訳を見てみると、1位がフィリピンの15.6%、2位はインドで12.1%、3位の中国は10.6%となっており、アジア系住民の増加で需要が拡大し、売り上げも安定してきたことがあげられます。

 

また、食べ方がわからなくてもインターネットでレシピが簡単に見つけられるうえ、Youtubeなどの動画で気軽に調理法が公開されていることも人気の理由のひとつ。日本では焼きそばや焼きうどんはソースや醤油で味わうことが多いですが、海外ではテリヤキ風味、韓国系やインド系ならスパイシーなものと、日本とは違った味付けになっています。

多少ゆですぎても煮くずれしにくく、こしのある食感、また炒め物としても型くずれしにくい讃岐うどんは、料理が苦手な人にも頼もしい存在でしょう。だしつゆで食べるもよし、炒めて焼きうどん風にと、バラエティな楽しみ方が受けているようです。

 

また、豚骨や鶏ガラなどのスープで楽しむラーメンと比べ、うどんは肉類抜きで、だしつゆと食べたり、野菜と一緒に炒めてもおいしいということで、ベジタリアンやビーガンなどの菜食主義者などのライフスタイルにもフィットし、支持を集めています。

調味料のラインナップも充実

一昔前までは、外国で他国の料理を作ろうとすると食材調達、輸入品であるがための価格の高さ、そして味付けに一苦労していました。しかし最近の多様な民族構成を反映してか、大手スーパーでは世界各国の合わせ調味料がお手ごろ価格で店頭に並ぶようになり、食品のボーダーレス化とローカライゼーションがどんどん進んでいます。テリヤキソースも例外でなく、下記写真のように現地の人々の好みに合わせ多種多様な風味が開発され、焼きうどんも簡単に作れるようになってきています。

 

讃岐うどんで「テリヤキ風焼きうどん」

こうして見てみると、日本ではあまりにも当たり前の食べ物なので気づきませんでしたが、讃岐うどんは多くの民族に受け入れられる要素を意外に多く持っていたことが分かります。次回、海外にお出かけの際には、スーパーで冷凍讃岐うどんをゲットして、逆に日本では馴染みのないテリヤキ風焼きうどんを作ってみてはいかがでしょうか?

 

「香りだけで震える」ほどの辛さ! 「ハバネロさきいか」で酒が極上に感じる不思議

「商品を触った手で目や鼻に触れないようにしてください」

 

こんな注意書きのあるおつまみ、筆者は過去に見た記憶がありません。しかも結構デカデカと。確かに、パッケージの窓から見える赤色はもう見るからにヤバそうです……。今回は、筆者が見た目だけで思わず衝動買いしたKOBE 伍魚福(ごぎょふく)「一杯の珍極(いっぱいのちんきわ) ハバネロさきいか」のレビューをお届けします。

 

まさに「試練」…ハバネロの辛みが強烈すぎる!

神戸 伍魚福の出している商品のなかでも、「珍味を極める」をコンセプトにしたシリーズ、「一杯の珍極(いっぱいのちんきわ)」。“辛さも珍味のうち”ということでしょうか、本品もそのひとつにラインナップされています。

 

「ハバネロさきいか」は、パッケージを開いただけで、もう唐辛子のツンツンした香りが漂ってきます。視覚だけでなく嗅覚からも襲ってくるその辛さの前兆には、辛いもの好きな筆者でも身震いしてしまうほど。

期待2割、不安8割で、小さな身を口へ運びます。舌にのせた瞬間からすぐに感じるのは、ため息をつきたくなるようなストレートな辛さ。あの注意書きは伊達ではありません。噛む前から本当に辛いです。

 

もはや“仕方なく”その身を噛むと、辛さに混じっていかのやさしい甘さがジュワーッと出てきました。その甘みはまさにオアシス……なのですが、ハバネロの辛さに太刀打ちできるわけもありません。口に熱すら感じるほどの辛さにヒーヒーしながら、いかの甘みをなんとかしてしぼりとって味わう、まさに「試練」を受けているかのような気分が味わえる稀有なおつまみといえます。

 

飛びぬけた辛さが酒の爽快感を引き出す

この「ハバネロさきいか」、あまりに辛すぎて、ずっと口に含んでいると痛覚すら感じます。というわけで、安直ではありますが、合わせるお酒は冷たくサッと飲めるものがオススメ。

 

まずは日本酒。辛さにあふれた口に冷やした日本酒を注ぐと、口を洗われる感覚がたまりません。喉を通り過ぎるときの爽快感が、辛さのおかげで何倍にもふくれあがっています。それが超辛口のお酒なら、もうたまりません。

ただし、アルコールの強さからして、日本酒をゴクゴク飲むのは難しいですね。そこでオススメしたいのがレモンやグレープフルーツなどのさっぱり系チューハイです。グイグイいけるぶん、辛さへの耐性はこちらのほうが上。辛みが酒で癒されるときのカタルシスはもう最高です。

 

そして、最後に定番として書いておきたいのはやっぱりビール。辛さにヒーヒーした口を癒す冷感、苦み、のどごし。辛さによってビールの魅力が最大限に引き出され、その快楽はまさに絶大! 1日の終わり、疲れた体を辛さで覚まし、そこにビールを流し込めば……勝手に「ブハーッ!」と声が出ているはずです。

 

【満足度ポイント】

日本酒  ★★★★★

チューハイ(レモン)    ★★★★★

ビール  ★★★★★

 

KOBE 伍魚福

一杯の珍極 ハバネロさきいか

実売価格225円(15g)

甘い! とにかく甘い! インドネシアで見つけたドリンクがひたすら甘かったよ、というレポート

旅先のコンビニやスーパーマーケットをのぞいてみると、その土地にしかない珍しい物が並んでますよね? それが海外なら、商品棚から異国情緒を感じることができるでしょう。筆者のお気に入りはソフトドリンクの棚。国内旅行でも各地のコンビニで必ずチェックするようにしています。今回は、インドネシアの首都ジャカルタで、コンビニのドリンク棚をのぞいてきました。タイトルにもあるような展開になったのですが、現地の事情とともにお伝えしていきましょう。

 


インドネシア最大のコンビニチェーン「Indomaret」

 

日本では見たことのない飲み物が並んでいます。

 

コンビニで6種類のドリンクを選んで、試してみました。

今回試した飲み物たち。価格は日本円換算で80円~120円ほどです。

 

【その1】Polaris Coffee Cream

コーヒー味の炭酸ドリンク。昔なめたコーヒーキャンディを彷彿とさせる、どこか懐かしい甘酸っぱさが特徴。フルーティーながらすっきりとした味で、炭酸感はそれほど強くはありませんでした。

 

【その2】fayrouz Fine Soda Pear

洋ナシのソーダ。風味漬けがしっかりしていて、鼻に通る香りが心地よいです。洋ナシというとシロップ漬けを想像したのですが、こちらは生の洋ナシに近い味。しっかりした甘味とさわやかな酸味があり、こちらも炭酸感は弱めです。

 

【その3】Adem Sari 清酷 Sensacools

「ハーバルティー」と書いてありますが、原料を見ると アップルジュースに紅茶、ジャスミン茶、ハチミツレモンフレーバー、ライムなどが配合されており、ジュースと言えそう。甘味も強いですが、レモンフレーバーもライムが効いてるからか、シトラス系のさわやかさを感じます。後味はくどくなく、暑い日には良さそう。

 

【その4】teh kotak Jasmine Tea

今回購入した中では唯一のパック飲料です。厳選された茶葉を使用したジャスミンティー……らしいのですが、とにかく甘い。ジャスミンの風味も日本で飲むものとは違って、大麦のような香ばしさも感じます。「直接抽出製法」と書いてあるので、製法の違いでしょうか……。

 

【その5】ICHI OCHA GREEN TEA

緑茶。「お茶いちばん」という意味でしょうか。インドネシアの現地メーカーがアサヒ飲料のブランドで製造しています。こちらはハチミツ入りの甘いバージョン。日本茶だと思って口をつけると、想像を遥かに超えるハチミツの香りに動揺します。甘い……。なぜかジャスミンのような香りがする。日本茶の風味は、後からくる苦味に少し残っているくらい。後味も甘い……。

 

【その6】MOGU MOGU

日本語で「もぐもぐ」と書かれたパッケージがかわいいナタデココドリンク。キャップに描かれているキャラクターもキュートですね。ドリンクはココナッツ風味で、ひたすら甘い。穀物のような香ばしい風味がある反面、後味はすっきりとしています。ナタデココが25%配合で、なかなかの食べごたえがありました。

 

インドネシアのドリンクはどれも甘い!

今回試したコンビニドリンクは、どれを飲んでも最初に感じたのは甘さ。それも日本のペットボトル飲料ではあまり感じたことのないくらい強い甘味がありました。インドネシアでは売っている清涼飲料水はほとんどが甘いもので、糖分不使用のものはあまり出回っていないようです。一年を通して暑い熱帯では甘い飲み物が恋しくなるのでしょうか。ホットコーヒーも現地では砂糖を加えて飲むのが主流で、ブラックで飲むことは少ないのだそう。甘くない飲み物がほしいときは、ミネラルウォーターを買うのが無難でしょう。

 

今回試した中で、特に衝撃を受けたのは、緑茶「ICHI OCHA」でした。ハチミツ入りとはいえ、ほぼ“ハチミツ水”のような甘さ。さすがにこれが一番甘いとは予想もしていませんでした。

 


ちなみに上の写真は、インドネシア駐在の日本人御用達のスーパー「PAPAYA(パパイヤ)」。甘くない緑茶を手に入れたかったら、現地にある日本食スーパーに行くのがよさそう。インドネシアに展開する「PAPAYA」には、日本の食材、調味料が多く並んでいます。ここで見つけたのがオリジナルブランドの緑茶「茶王」。現地生産で甘くない緑茶だそうです。さっそく試してみたところ……あれ、甘い……

 


パパイヤのオリジナルブランド「茶王」。確かに砂糖は使われていませんが、茶葉と抽出方法で甘みを出しているようです。日本のコンビニで買える甘めの緑茶といえばコカ・コーラの「綾鷹」ですが、茶王はそれをさらに甘くしたような味わい。現地の味覚に沿って作られているのを感じました。

 

甘い! とにかく甘い! インドネシアで見つけたドリンクがひたすら甘かったよ、というレポート

旅先のコンビニやスーパーマーケットをのぞいてみると、その土地にしかない珍しい物が並んでますよね? それが海外なら、商品棚から異国情緒を感じることができるでしょう。筆者のお気に入りはソフトドリンクの棚。国内旅行でも各地のコンビニで必ずチェックするようにしています。今回は、インドネシアの首都ジャカルタで、コンビニのドリンク棚をのぞいてきました。タイトルにもあるような展開になったのですが、現地の事情とともにお伝えしていきましょう。

 


インドネシア最大のコンビニチェーン「Indomaret」

 

日本では見たことのない飲み物が並んでいます。

 

コンビニで6種類のドリンクを選んで、試してみました。

今回試した飲み物たち。価格は日本円換算で80円~120円ほどです。

 

【その1】Polaris Coffee Cream

コーヒー味の炭酸ドリンク。昔なめたコーヒーキャンディを彷彿とさせる、どこか懐かしい甘酸っぱさが特徴。フルーティーながらすっきりとした味で、炭酸感はそれほど強くはありませんでした。

 

【その2】fayrouz Fine Soda Pear

洋ナシのソーダ。風味漬けがしっかりしていて、鼻に通る香りが心地よいです。洋ナシというとシロップ漬けを想像したのですが、こちらは生の洋ナシに近い味。しっかりした甘味とさわやかな酸味があり、こちらも炭酸感は弱めです。

 

【その3】Adem Sari 清酷 Sensacools

「ハーバルティー」と書いてありますが、原料を見ると アップルジュースに紅茶、ジャスミン茶、ハチミツレモンフレーバー、ライムなどが配合されており、ジュースと言えそう。甘味も強いですが、レモンフレーバーもライムが効いてるからか、シトラス系のさわやかさを感じます。後味はくどくなく、暑い日には良さそう。

 

【その4】teh kotak Jasmine Tea

今回購入した中では唯一のパック飲料です。厳選された茶葉を使用したジャスミンティー……らしいのですが、とにかく甘い。ジャスミンの風味も日本で飲むものとは違って、大麦のような香ばしさも感じます。「直接抽出製法」と書いてあるので、製法の違いでしょうか……。

 

【その5】ICHI OCHA GREEN TEA

緑茶。「お茶いちばん」という意味でしょうか。インドネシアの現地メーカーがアサヒ飲料のブランドで製造しています。こちらはハチミツ入りの甘いバージョン。日本茶だと思って口をつけると、想像を遥かに超えるハチミツの香りに動揺します。甘い……。なぜかジャスミンのような香りがする。日本茶の風味は、後からくる苦味に少し残っているくらい。後味も甘い……。

 

【その6】MOGU MOGU

日本語で「もぐもぐ」と書かれたパッケージがかわいいナタデココドリンク。キャップに描かれているキャラクターもキュートですね。ドリンクはココナッツ風味で、ひたすら甘い。穀物のような香ばしい風味がある反面、後味はすっきりとしています。ナタデココが25%配合で、なかなかの食べごたえがありました。

 

インドネシアのドリンクはどれも甘い!

今回試したコンビニドリンクは、どれを飲んでも最初に感じたのは甘さ。それも日本のペットボトル飲料ではあまり感じたことのないくらい強い甘味がありました。インドネシアでは売っている清涼飲料水はほとんどが甘いもので、糖分不使用のものはあまり出回っていないようです。一年を通して暑い熱帯では甘い飲み物が恋しくなるのでしょうか。ホットコーヒーも現地では砂糖を加えて飲むのが主流で、ブラックで飲むことは少ないのだそう。甘くない飲み物がほしいときは、ミネラルウォーターを買うのが無難でしょう。

 

今回試した中で、特に衝撃を受けたのは、緑茶「ICHI OCHA」でした。ハチミツ入りとはいえ、ほぼ“ハチミツ水”のような甘さ。さすがにこれが一番甘いとは予想もしていませんでした。

 


ちなみに上の写真は、インドネシア駐在の日本人御用達のスーパー「PAPAYA(パパイヤ)」。甘くない緑茶を手に入れたかったら、現地にある日本食スーパーに行くのがよさそう。インドネシアに展開する「PAPAYA」には、日本の食材、調味料が多く並んでいます。ここで見つけたのがオリジナルブランドの緑茶「茶王」。現地生産で甘くない緑茶だそうです。さっそく試してみたところ……あれ、甘い……

 


パパイヤのオリジナルブランド「茶王」。確かに砂糖は使われていませんが、茶葉と抽出方法で甘みを出しているようです。日本のコンビニで買える甘めの緑茶といえばコカ・コーラの「綾鷹」ですが、茶王はそれをさらに甘くしたような味わい。現地の味覚に沿って作られているのを感じました。

 

【本日発売】名作「黒霧島」にプレミアム版が登場!! そのお味は?

いまから約15年前、焼酎ブームが巻き起こりました。2003年に焼酎全体の出荷量が日本酒の出荷量を約50年ぶりに上回り、翌年には売上高がピークになったほど。その理由は、ほかのお酒に比べて糖質やカロリーが低いというヘルシーさや、お湯でも割れるといった飲み方の幅広さが挙げられます。そしてこのトレンドをけん引し、以来焼酎のトップブランドに君臨しているのが「黒霧島」。

↑中央が「黒霧島」で、左が新作の「黒霧島EX」。右が超ロングセラーで2015年にリニューアルした「白霧島」(旧「霧島」)です

 

この名作から今秋、「黒霧島EX」という新作が発売されます。「黒霧島」魅力をさらに磨いたということですが、もともとの完成度が高いこともあり、味の創生には新たな製法が用いられました。今回は改めて「黒霧島」のブランド解説と、「黒霧島EX」の製法や味を中心に紹介していきたいと思います。

 

革新的な発想でブームをけん引したのが「黒霧島」だ

いまやコンビニや、どこの居酒屋でも大抵置いてあるほどメジャーな「黒霧島」ですが、実は今年やっと二十歳を迎えた、比較的新しい焼酎です。そのデビューはセンセーショナルでした。当時は珍しかった黒麹を仕込みに使う(焼酎には白麹、というのが常識だった)製法や、業界内でタブーとされていた黒いラベルを使用するなど、時代を先取りしたプロダクトが革命的だったのです。

 

独創的な製法は、味の面でも革命をもたらすことに。それまで芋焼酎は「イモ臭い」などと敬遠されることも少なくありませんでした。ところが「黒霧島」は洗練された味わいで、トロっとした甘みとキリっとした後キレが特徴。さらには自己主張しすぎず、食事を邪魔しない万能性も。この飲みやすさが、幅広い層に受け入れられることとなった要因なのです。

なお、蔵元である「霧島酒造」は「黒霧島」以外でも、焼酎業界におけるパイオニアです。たとえば、「本格焼酎」という位置づけ。これは焼酎が製法の違いによって「甲類」(チューハイなどの割材に適したクセのないタイプ)と「乙類」(原料の個性を生かした伝統的なタイプ)に分けられていたものを、当時の江夏順吉社長が「乙類が甲類に劣ると誤解されかねない」と危惧して提唱したもの。結果、霧島の商品をはじめとする多くの乙類焼酎は、本格焼酎と呼ばれることになったのです。

 

濃醇でなめらかな口あたりと、飲み飽きないキレのよさ!

ここからは、新商品「黒霧島EX」の特徴を解説します。味に関する最大のポイントは、「デリシャス・ペンタゴン製法」という独自の技術。本格芋焼酎を形作る「甘み、うまみ、まるみ」、そして黒霧島の特徴である「トロッと、キリッと」の5つの味わいを5角形(ペンタゴン)で描き出し、「黒霧島」の各要素を損なうことなくより拡大させたのが「黒霧島EX」なのです。

↑「キリっと」はそのままに、その他の要素を一層豊かに。専門的な成分としては「パルミチン酸エチル」「リノール酸エチル」「ステアリン酸エチル」が「黒霧島」より多く含まれているそう

 

また、ベースとなっているのは、九州産のさつまいも100%、霧島連山が育む清らかな霧島裂罅水(れっかすい)100%、国産米100%という豊かな自然の恵みに支えられたピュアな製法。さらにブレンダーの繊細な感覚で味と香りの分析が行われ、最適な割合で原酒が調合されています。

↑ブレンドの肝は、最も甘い香りをもっているタイミングで調合すること。これにより、芋本来の優しい甘みが際立つ濃醇でなめらかな口あたりと、飲み飽きないキレのよさに仕上げています

 

試飲会では「黒霧島」と「黒霧島EX」の飲み比べもさせてもらいました。こうやって比べながらテイスティングしてみると、それぞれの魅力や違いがはっきりとわかります。「黒霧島」ファンの人は、ぜひ自身でもお試しを。

↑「黒霧島」は芳醇なうまみとすっきりした余韻が楽しめ、安定感抜群のおいしさ

 

↑「黒霧島EX」は、さらにふくよかな甘みを感じられるプレミアムなテイスト。一方できれいな余韻があり、ブランドならではのみずみずしい飲み口は健在です

 

パッケージはビンで2種類。1800mlが1924円(税抜)で、900mlが1024円(税抜)となります。発売日は9月6日から、全国の「黒霧島」を販売しているお店を中心に展開していくとのことで、同様に身近な存在になっていくことでしょう。絶対王者の新商品ということで話題性は十分。新たなファンを獲得し、本格焼酎のすそ野も広がるのではないでしょうか。今後の展開に期待したいと思います!

 

変わらないおいしさを届けるために~「トアルコ トラジャ」の40年目の挑戦

キーコーヒーの看板商品「トアルコ トラジャ」――喫茶店などで飲んだことがある方も多いのではないでしょうか。このトアルコ トラジャコーヒーは2018年で発売40周年。この長きにわたる年月には、日本人とトラジャの人々が結んだ絆がありました。本記事では、知られざるエピソードを交えながら、同社のコーヒー作りの奥深さについて紹介していきます。

 

 

 

まず、トラジャというのがインドネシアの地名を指すところから紹介していきましょう。トラジャ地方は世界で11番目に大きな島、インドネシア・スラウェシ島の山間地域にあります。島の玄関口となるマカッサル市からは、クルマで10時間という道のり。島国でありながら山々に閉ざされたこの地に住むのは、山の民・トラジャの人々。トンコナンという舟型の家に住み、独特な死生観を持つアニミズムとキリスト教が融合した信仰を持つ民族です。

 

 

↑伝統的な様式の建物・トンコナン。舟型をした家屋や倉庫に用いられる建物だ。トアルコ トラジャのロゴマークにも使われている

 

 

トラジャコーヒーは、戦前のオランダ統治時代にもたらされました。しかし、戦後にインドネシアが独立する過程で、コーヒー産業は衰退。「幻のコーヒー」と呼ばれるように。

 

1970年代、世界から忘れられかけていたトラジャコーヒーに目を向けたのが、キーコーヒーでした。

 

キーコーヒーがインドネシアに現地法人のトアルコ・ジャヤ社を組織し、トラジャ地方にコーヒー農園「パダマラン農園」を開墾したのは1970年代。コーヒーの栽培に適した気候を備えた土地は、トラジャ地方でも標高が高い地点にあるまさに未開の地でした。当時キーコーヒーから派遣された社員の最初の仕事は、現地のトラジャの人々と協力し、道を切り開くことでした。

 

↑パダマラン農園に保管されている農園開墾当時の写真

 

法人設立から2年、大きな苦労の末、1978年に「トアルコ トラジャ」は発売されました。そして、今年(2018年)はトアルコ トラジャの発売から40周年。かつての「幻のコーヒー」は、伝統あるブランドに成長しています。

 

トラジャは「キーコーヒーのDNA」

また、キーコーヒーはトラジャ地方の農家や仲買人からもコーヒーを買い付け、トアルコ トラジャを製造しています。その事業は現地との協力関係がなければ決して成り立たないといいます。

 

「キーコーヒーにとって“トアルコ トラジャ”はDNAだと思う」。そう語るのは、トアルコ・ジャヤ社の前社長の河合啓輔さん。キーコーヒーとトラジャは40年かけて「共存共栄」の関係を作り上げてきましたが、トラジャの人々と学んだことは、キーコーヒーのDNAに刷り込まれるようにして、企業の文化の一部となっているといいます。

 

↑河合啓輔さん(トアルコ・ジャヤ社 ファイナンスアドバイザー/前社長)

 

 

キーコーヒーの農園運営は、トラジャ地方の住民と協力して続けられてきました。キーコーヒーから派遣される社員は、トアルコ社の幹部で数名のみ。パダマラン農園や生豆の生産工場の幹部を含めて、ほとんどの従業員はトラジャ地方の住民を雇用しています。

 

コーヒーの収穫時に必要な数百人の人手も、地元の農家などから確保。多くのトラジャの人々の協力があって初めて成り立つ組織になっています。トアルコ社で生産担当取締役を務めている吉原 聡さんは、「地域社会との共存なくして、パダマラン農園は決してやってこれなかった」と話します。

 

↑パダマラン農園では多くのトラジャのスタッフが働いている

 

 

産地との共存共栄

「共存共栄」を象徴する取り組みの1つに、コーヒー農家への栽培支援があります。「トアルコ トラジャ」の原料のうち、直営パダマラン農園産は20%にすぎません。残りの80%は、地域の農家や仲買人から購入。これらのコーヒー豆の質も、商品のクオリティに大きく影響しています。

 

↑農家からコーヒーを直接買い入れる「産地集買」も重要な仕入れルート

 

コーヒーは苗から木に育ち、収穫できるようになるまで3年程度かかる植物で、それなりの手間がかかります。一方で、トラジャ地方のコーヒー農家は、自給自足で生活する小規模な農家がほとんどで、多くはコーヒーの木の栽培についての十分なノウハウを持ち合わせていません。

 

キーコーヒーではそうした農家に対して、毎年講習を開催し、コーヒーの木の手入れの方法や、収穫量を多くするための工夫を伝授。品質の高いコーヒーを安定して収穫するための知識を共有してきました。

 

直営農園で育てた苗を無償で配布する取り組みも続けています。この取り組みはトラジャ地方の行政も一緒になって、1年間で5万本分という大規模な配布につながっています。

 

↑農園で育てた苗を無償配布する取り組み。行政との協力で配布数が10倍以上になったそう

 

↑配布用の苗はパダマラン農園で収量の多い木からさらにセレクションされる

 

さらに、優秀な農家を表彰する「キーコーヒー・アワード」を毎年開催。受賞という名誉を通して、コーヒー生産の質と量の向上を促してきました。

 

こうした取り組みを通じて地域のコーヒー栽培を支援してきたキーコーヒーですが、一番の支援となるのは毎年一定量のコーヒーを買い付け続けること。トアルコ社のファクトリーアドバイザーを務める藤井宏和さんは「少量だけ高く買って、あとはいりませんというのはダメ。信頼関係を作るためには地道に買い続けていくことが大事です。」と語ります。

 

↑吉原 聡さん(左:トアルコ・ジャヤ社 生産担当取締役)と藤井宏和さん(トアルコ・ジャヤ社 ファクトリーアドバイザー)

 

 

農家にとっては買い手がいるから安心して生産できる。そして安定した供給があることが「トアルコ トラジャ」のクオリティ向上につながっています。

 

 

コーヒー半減時代を見据えて

さて、「コーヒーの2050年問題」をご存知でしょうか。地球温暖化が進んだ近い将来、コーヒー栽培に適した土地が減少し、アラビカ種の栽培に適した土地が半減してしまうと予測されています。

 

この問題は、キーコーヒーも危機感を抱いています。トアルコ トラジャの産地、トラジャ地方はもともと雨季と乾季に分かれている土地。しかし、近年では乾季にも雨の降る日が多くなったことで、収穫に悪影響が表れているといいます。

 

↑アラビカ種のコーヒーは、将来的な収穫量減少が予測されている

 

このままではコーヒーが飲めなくなる未来が訪れる。そうした事態に備え、世界的な取り組みが進んでいます。非営利の研究機関「World Coffee Research(WCR)」が行っている試験もその1つ。目的は、病虫害や気候変動に強いコーヒーを探すことです。

 

WCRは、厳選したアラビカ種のコーヒー苗数十種類を、世界各地で栽培。共通の数十品種を気温や雨量などが違う地域で栽培することで、品種ごとの特性を見極めようとしています。

 

↑パダマラン農園の試験栽培エリア

 

キーコーヒーもこの試験に参加し、パダマラン農園の一部を試験栽培エリアとして提供しています。その試験から得た成果は、WCRを通して、世界各国の生産地で活用されるほか、トアルコ・ジャヤ社を通して、トラジャ地方の農家と共有される見込みです。トラジャ地方に根差して、農家と生き残っていくための取り組みの1つと言えるでしょう。

 

↑パダマラン農園ではレインフォレスト・アライアンス認証も取得している。写真は森と共生するコーヒー栽培エリア

 

 

生産国から消費国へ、変化するインドネシア

トアルコ トラジャの産地、インドネシアはここ数年で急激な変化を遂げています。首都ジャカルタは急速に発展。街には高層ビルが次々と伸び、自動車とバイクの大行列は、急激な経済成長を強く物語っています。

 

↑急速に成長するジャカルタ。街にはバイクがあふれている

 

経済成長は、コーヒーの飲み方へも影響を及ぼしています。もともとイスラム教徒が多いインドネシアでは、お酒が飲めない文化であることからコーヒーは愛飲されてきました。人口の増加もあって、世界第4位のコーヒー生産国であるこの国は、コーヒーの消費大国にもなりつつあります。

 

現地で主流となっている飲み方は「トブロック」。これは、深煎りのコーヒーを細かく挽き、大量の砂糖をまぜてお湯を注ぐというもの。質の悪い豆でもほどほどにおいしく飲めますが、豆本来の味わいには欠ける飲み方です。

 

↑左はインドネシアの伝統的な飲み方「トブロック」。トアルコ・ジャヤ社では「Melodi(メロディ)」としてトブロック用の粉を販売している

 

一方で、都市部ではスペシャルティコーヒーのショップがオープンし、ちょっとしたブームになっているといいます。ジャカルタ市内に店を構える「アロマ・ヌサンタラ」もその1つ。

 

「アロマ・ヌサンタラ」という店名は、「すべてのアロマ」という意味。インドネシア全土のコーヒーを扱うカフェを作りたいという、オーナーのヘリさんの願いがこめられています。

 

↑アロマ・ヌサンタラのオーナー、ヘリさん(Heri Setiadi氏)

 

インドネシア中のコーヒーを知り尽くすヘリさんにとっても、「トアルコ トラジャ」は格別お気に入りなコーヒーだといいます。その一番の理由は「常に一定のクオリティを保っている」こと。変わらないおいしさを維持しているので、同店のハウスブレンドの中心となっているのもトアルコ トラジャだそうです。

日本のおいしさをインドネシアにも

そしてトアルコ社では、輸出用のコーヒーの産地としてだけでなく、インドネシア国内の家庭にもおいしいコーヒーを広めようと活動しています。トアルコ社の社長職を引き継いだ石井 亮新社長のミッションの1つは、インドネシア国内でのトアルコ トラジャの販売拡大です。

 

トラジャ地方のあるスラウェシ島で一番の都市、マカッサルには、トアルコ社が運営するコーヒーショップがあります。その名も「トアルコ トラジャ コーヒー」。

 

↑インドネシア第5の都市、スラウェシ島・マカッサルにあるトアルコ トラジャ コーヒー

 

トアルコ社がこのコーヒーショップを開設した目的は、おいしい飲み方をインドネシアに広めること。トアルコ トラジャの各産地の豆を、さまざまな抽出方法で楽しめるお店です。抽出方法のおすすめは、日本で主流のハンドドリップだそうです。

 

↑トアルコ トラジャを収穫地で選んで飲めるのはここだけ

 

↑抽出方法は4種類

 

↑一番のおすすめはやはりハンドドリップだという

 

現在はスラウェシ島を中心に販売されているトアルコ トラジャのコーヒー。今後は首都ジャカルタのあるジャワ島などへの拡大も視野にあるといいます。日本で飲めるおいしさを原産地の人々に。トアルコ トラジャの新展開です。

 

↑トアルコ・ジャヤ社の石井 亮社長

 

↑マカッサル市内のスーパーに並ぶトアルコ社の商品

 

 

直営パダマラン農園を開拓し、「トアルコ トラジャ」が発売されて40年。かつては「幻のコーヒー」と言われていたそのコーヒーの産地は、大きな変化を迎えつつあります。変わらないおいしさを届けるためのキーコーヒーの挑戦は、インドネシアの人々と協力して続いていくことでしょう。

熱海で「プリン」が熱い!温泉よりも沸騰している「最新みやげ」を要チェック

海と温泉を楽しめる、首都圏からも近い名観光地といえば熱海。一時期は客足が最盛期の半分以下まで落ち込んだと言われていますが、ここ数年で活況を取り戻しており、特に若い世代に人気だそうです。そう聞けば、「また行ってみようかな」なんて思う人も少なくないはず。そして観光といえば、おみやげが欠かせません。実はこのカテゴリにもヒット作が生まれており、なかでも絶好調なのが「熱海プリン」です。

↑「熱海プリン」は全7種。中央が「熱海プリン いちごのプリン」で、左が「風呂まーじゅプリン」。ともに350円で、ソースが付いてきます

 

その人気ぶりはすさまじく、同じ熱海内に2号店がオープンするほど。ということで、その熱さを実感するべく新店に行ってみました。

 

“みんなで楽しむおふろ”を表現したユニークな店内

1号店の「熱海プリン」がオープンしたのは、2017年7月。こちらが熱海駅より徒歩3分の立地なのに対し、今年7月28日にオープンした「熱海プリンカフェ2nd」は徒歩12分の場所です。駅からは少々歩くものの、2ndが出店したのは「熱海銀座商店街」の通り沿い。

↑「熱海銀座商店街」。人だかりができているのが「熱海プリンカフェ2nd」です

 

この通りは、駅周辺よりも宿泊施設が多いうえに海から近い、熱海のメインストリートといえるスポットです。駅周辺だけでなく、この商店街も盛り上げていきたい。そんな想いが伝わってきました。

↑正面左側はテイクアウトスタンド。中央はおみやげが陳列されているコーナーで、右側はイートインスペースです

 

なお、1号店は売店スタイルで食事ができないのに対し、2ndは店名がカフェとなっているようにくつろげます。店に入って驚くのは、ユニークなデザイン。イートインスペースが、まるでお風呂のような設えになっているのです。

↑風呂屋のようなタイルが施された約15席のベンチ型シート。テーブルはなく、風呂桶をお盆代わりに使うという点も特徴的です

 

なんでも、古きよき温泉街である熱海にとけ込むようなどこか懐かしく、そしてかわいらしいデザインを。との想いで、温泉をテーマに“みんなで楽しむおふろ”を表現したのだそう。そして新店のカフェメニューも、やはり古きよき喫茶店文化を彷彿とさせる仕上がりでした。

テクスチャーにこだわったプリンやシフォンが特に激ウマ!

新店はカフェ業態ということで、これまでなかったプレートメニューも提供。その代表的な一品となるのが、ノスタルジック感あふれる「皿プリン」です。

↑「皿プリン」450円。オーセンティックなプリンの味わいを目指し、あえて少し固めのテクスチャーに。添えてあるクリームはお風呂の泡をイメージしているそうです。1日20皿限定

 

また、今回「プリンに代わる新定番を!」との想いで生み出されたのがシフォンケーキ。レトロなスイーツは数あるなか、スフレパンケーキという案もあったそうですが、実は同店のシェフパティシエは系列店でパンケーキを開発した人物。新たなチャレンジで、これまでにないおいしさに仕上げたのが「熱海シフォン」なのです。

↑「熱海シフォン」プレーン/皿盛り 450円。ほかに味はチョコとレモンがあり、ホールは直径16cmで1600円~、カップケーキタイプは300円~

 

「以前開発したパンケーキを超えたいという想いもありましたし、シフォンケーキはよりおみやげにしやすいアイテムだとも思います。特に生地にはこだわっており、ぷるぷるふわふわとした食感に仕上がりました。また、シフォンは生地をアレンジしやすいケーキ。秋には紅茶を出したいと思っていますし、いずれは抹茶やいちごなども考えています。今後にもご期待ください!」(山下シェフ)

↑パティシエの山下桂佑(けいすけ)シェフ

 

また、カラフルなソーダやタピオカドリンクを用意するなど、飲み物もバリエーション豊富にそろっています。特にソーダは、近年の熱海リバイバルに一役買った花火をモチーフにしており、インパクトが抜群。

↑「熱海ランデヴー」500円。熱海の花火をイメージしたカラフルゼリーと、熱海の温泉をイメージした、ちょっぴりしょっぱいサイダーです

 

↑風呂上がりといえば、牛乳系ドリンク。コーヒーやいちごもあり、450円から。またタピオカドリンクはミルクティー、抹茶ミルク(写真)、カフェラテの3種があり、各500円

 

1号店の「熱海プリン」は累計30万個の販売を記録し、週末は1時間の行列ができることもある人気店。今回の2ndは、さらにカフェスペースと新メニューが用意されているということで話題性は十分。まだ続く夏はもちろん、行楽の秋や温泉に行きたくなる冬にも、ぜひ熱海に訪れた際は同店に行ってみてください!

 

 

【SHOP DATA】

熱海プリンカフェ2nd

住所:静岡県熱海市銀座町10-22 沢口ビル 1F

アクセス:JR「熱海駅」徒歩12分

営業時間:10:00~18:00

定休日:なし

ビール好き外国人は「ノンアルコールビール」をどう評価する? 大手4社の代表作で検証してみた

日本の伝統料理や国民食、またはトレンドフードなどを様々な国の人に試食してもらう企画が本連載です。今回は透明色が出て再注目されている、ノンアルコールのビール風飲料でテスト。ビール好き外国人の評価はいかに?

 

新商品を中心に各メーカーのノンアルビールが集結

【左】ドイツ:チャン・ゼルコ さん

ブラウンシュバイク出身。ノンアル含め、週4〜5缶程度ビールを飲みます。

【中央】フランス:ヴァネッサ・ゴメス さん

パリ出身。週に約2〜3缶ビールを飲みますが、ノンアルコールは未体験。

【右】アメリカ:コリン・カナレ さん

ハワイ出身。毎日ビールを約2杯飲みます。ノンアルは体験済み。

 

 

【エントリーNo.1】

アサヒビール

アサヒドライ ゼロスパーク

実売価格201円/500㎖/0kcal

ビールらしいキレはそのままに、従来品比130%の高炭酸刺激に。8月までの限定商品でした。

 

【5点満点で評価】

チャンさん:3.5

ヴェネッサさん:4.0

コリンさん:4.0

→total=11.5/15.0

「バブリーでホップの香りも◎。一番ビールに近いのはコレかな」(コリンさん)

「炭酸が強くてフレッシュ。味は、最初は薄く感じたけど余韻はイイ苦みだね」(チャンさん)

 

 

【エントリーNo.2

キリンビール

キリン 零ICHI(ゼロイチ)

実売価格147円/350㎖/31.5kcal

独自の一番搾り麦汁を使用。麦のうまみを丁寧に引き出したおいしさを実現しています。

 

【5点満点で評価】

チャンさん:3.5

ヴェネッサさん:3.0

コリンさん:3.0

→total=9.5/15.0

「色味や炭酸の強さは悪くないわ。でも香りはもっと強いほうが好き」(ヴェネッサさん)

「ドイツに似た味の銘柄があるよ。少し甘みを感じるけどおいしいね」(チャンさん)

 

 

【エントリーNo.3】

サッポロビール

サッポロ 麦のくつろぎ

実売価格147円/350㎖/0kcal

発酵由来の香り成分を組み合わせる製法を採用。フルーティな香りと麦の味を実現しました。

 

【5点満点で評価】

チャンさん:2.5

ヴェネッサさん:2.5

コリンさん:2.0

→total=7.0/15.0

「惜しい! バナナガムのような甘いフレーバーが気になるよ」(コリンさん)

「これはドイツの白ビールのイメージかな。もっと自然な香りだとイイね」(チャンさん)

 

 

【エントリーNo.4

サントリービール

オールフリー オールタイム

実売価格147円/380㎖/0kcal

透明色で気軽に飲めます。ビールらしい味にほのかなライムフレーバーが加わり、爽やか。

 

【5点満点で評価】

チャンさん:3.5

ヴェネッサさん:3.5

コリンさん:3.0

→total=10.0/150.0

「見た目とのギャップが面白い! ビールの味は弱いけどおいしいわ」(ヴェネッサさん)

「甘くないトニックウォーターみたい。苦みがもっとあるといいかも」(コリンさん)

 

 

再注目を集めるノンアルコールビール、一番のお気に入りは?

今年のノンアルコールビールは強炭酸や透明ドリンクブームの影響を受けた新作が登場し、再注目を集めています。そこで今回は大手4社の代表作を集め、ビール好きの外国人に試飲してもらいました!

 

「アサヒとキリンはビールの味に近いけど、サッポロとサントリーは独自路線だね」(コリンさん)

特に「オールフリー オールタイム」には3人ともビックリ。

「最もビールの味からは遠いわね。でも味や香りの完成度は高いと思うわ。飲みやすいし、リフレッシュには最適ね」(ヴァネッサさん)

 

そして総合的に高評価を得たのは、今回の4本のなかで最も新しいあの限定商品でした。

「アサヒはキレのある苦みと強炭酸が心地よかった。日本のビールっぽかったよ!」(チャンさん)

 

日本一のビール「アサヒ スーパードライ」を有するアサヒビール。その開発力はダテじゃりませんでした!

 

 

【今月の1番人気!】日本一のビール作りがノンアルにも生きている

日本で一番飲まれているビール「アサヒ スーパードライ」。このクリアな辛口が外国人のイメージする日本のビールだとすれば、同社のノンアルが高評価なのは納得できます。

 

 

LIFE PEPPERとは?

外国人ネットワークを活用し、日本企業の海外進出支援とインバウンド観光支援を行う。市場調査からWeb広告までサービスの幅は広く、外国人のアサインもできる総合マーケティング企業です。

 

 

文/中山秀明 イラスト/マガポン 撮影/石上 彰(gami写真事務所)

 

 

ワケあってブレイク必至!日本上陸した世界No.1シードル「ストロングボウ」の魅力を徹底解説

9月4日に、世界で最も売れている「シードル」というお酒が日本に上陸します。ブランド名は「ストロングボウ」。日本でも大拡大が予想されていますが、国内市場への本格参入は初となるため聞き慣れない人も多いはず。発表会の様子とともに、商品解説や味の感想をお伝えしていきましょう!

 

世界で近年爆発的に注目されているリンゴ酒がシードルだ

まずはシードルそのものの説明から。これはリンゴを発酵させた、スパークリングのお酒です。英語表記は「CIDER」で、現地での呼び方はサイダー。シードルというのはフランス語などの読みですが、つまりは日本のサイダーのルーツでもあるのです。

 

日本におけるサイダーは独自に進化したもので、お酒ではありません。リンゴ由来でないタイプも少なくないですが、甘酸っぱさや爽快感はシードルもサイダーも共通した部分があります。日本人がなじみやすい味だともいえるでしょう。ただ、すでに海外では人気が沸騰しており、ここ10年ほどで生産量が2倍近く伸長しています。

 

↑生産量は、2005年時と比較して2016年では1.8倍に

 

そのシードル市場で、ズバ抜けた人気を誇っているブランドが「ストロングボウ」。誕生は1962年のイギリス。フルーティな甘さとすっきりとした飲みやすさを両立しており、食事との相性がいいのも特徴です。特に若い男女にファンが多く、シードル世界2位のブランドの約2.5倍も売れているとか。

↑意外かもしれませんが、世界ではビール同様に、女性よりも男性がシードル愛飲者

 

なお、シードルには甘さ控えめのドライタイプと、あえて甘さを強調したスイートタイプがあるそう。「ストロングボウ」には両タイプあり、様々なフレーバーが存在しますが、今回日本ではスイートタイプの2種類が発売されます。人気の理由は味にある、ということで試飲してみました!

 

好バランスかつフルーティでゴクっと飲める!

フレーバーは「ゴールドアップル」と「ダークフルーツ」の2種類。発売は冒頭で述べたように9月4日ですが、飲食店での先行発売となり、価格は500~600円と予想されます。どちらも330mlでアルコール分は4%以上5%未満。

↑「ストロングボウ ゴールドアップル」。何種類もの厳選されたリンゴを使用した定番フレーバーです。リッチで香り高くスッキリした味で、魚介類やカマンベールチーズなどにマッチ

 

甘さと酸味のバランスがよく、甘さはありながらベタつかない、さっぱりとした後キレのよさも感じました。香りからしてフルーティで、スパークリングワインほどアルコール度数は強くないのでゴクっと飲める軽さも好印象です。

↑「ストロングボウ ダークフルーツ」。カシス風味のシードルで、肉料理やジャム、クリームを使ったスイーツなど、味の濃い料理に合わせるのがオススメ

 

リンゴの果実味にベリー系の甘酸っぱさが加わった、女性ウケがよさそうなテイスト。カシス感はありながらもシードルの風味ともバランスよく合わさっていて、甘すぎるほどではありません。わざとらしいアルコール感がないので、缶のチューハイやカクテルよりも飲みやすいとも感じました。

↑料理との相性もバッチリ!

 

なお、「ストロングボウ」は前回2015年時の「ラグビーワールドカップ」のオフィシャルシードルとなっていて、来年の「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」でも同様。そしてそれが日本上陸の理由のひとつでもあるのですが、つまりこれからより存在感が強まってくるお酒ということです。

↑この色とラベルを要チェック!

 

また、世界中でシードル人気が高まっている理由は、ほかのアルコール飲料より糖分が少なく健康的だからだそう。であれば、ヘルシー大国の日本であれば海外同様に受け入れられるでしょう。まずは飲食店からということで、ドリンクリストにあったらぜひご注文を!

 

【意外に知らない】コーヒーってどう作られるか知ってる? 超重要工程「精選」をインドネシアで調べてきた

朝食時に一杯、仕事中に一杯、ランチ後に一杯、夜のリラックスタイムに一杯と、「コーヒー」は身近なドリンクの代表格といえる存在です。

 

実際、需要も増えており、コーヒーの国内消費は2017年こそ前年比マイナス1.7%の46万4686トンでしたが、2011年~2016年までは5年連続で増加(全日本コーヒー協会「日本のコーヒー需給表」より)。また、家庭用コーヒーメーカーの販売台数は2011年と2015年を比較して1.4倍に伸長するなど、コーヒー豆を含めたコーヒー全般への関心が高まっています。

 

さて、コーヒーは、「栽培」→「精選」→「焙煎」→「粉砕」(→「ブレンド」)といった過程を経て、淹れられるのが一般的。焙煎以降の過程や保管方法などは店頭やカタログ・チラシでも語られることが多いですが、意外に知られていないのが、精選の部分。おいしいコーヒーに出合うためにはとても重要な項目です。

 

本記事ではキーコーヒーの「トアルコ トラジャ」の産地から、精選を中心に収穫や選別といった工程を現地レポートします。なぜ「トアルコ トラジャ」かというと、コーヒーの精選方法の中で工程数の多い「水洗式」と呼ばれるものを採用しているから。つまり、「トアルコ トラジャ」の精選方法を知ることで、コーヒー全体の精選方法を理解できるというわけです。

 

取材したのはインドネシア・スラウェシ島のトラジャ地方。ここにはキーコーヒーの子会社トアルコ・ジャヤ社が運営するコーヒー農園「パダマラン農園」があります。それでは、意外に知られていない「コーヒーの栽培と精選」の旅にご案内しましょう。

↑喫茶店や写真の商品パッケージでおなじみ「トアルコ トラジャ」の産地を訪れました

 

 

~本編に入る前に少しだけお勉強~

【コーヒーの精選方法の種類と流れ】

↑上記に当てはまらない精選方法も存在します。

 

コーヒーの精選方法は大きく4つあります。なかでもメジャーなのが、「非水洗式(Unwashed)」と「水洗式(Washed)」で、非水洗式はナチュラルと呼ばれることもあります。このほかに、「パルプドナチュラル」や「スマトラ式」といった方法も存在。トアルコ トラジャの豆を作るパダマラン農園は水洗式を採用しており、工程的には最も数が多くなっています。

 

各方法ともまず「粗選別」を行いますが、そのあとの工程に差が。パダマラン農園の場合、パルパーと呼ばれる脱肉機でコーヒー果実の「果肉を除去」。次に、「ミューシレージ」と呼ばれるコーヒー豆の外側にある粘液質をミューシレージリムーバーや発酵を経て取り除いていきます(ミューシレージ除去)。続いて「水洗」の工程では、豆のぬめりを落とすのと同時に、極端に軽いものを除去します。「乾燥」の工程は乾燥機や天日干しで行い、「脱殻」の工程で殻を取り除き、ようやく生豆になるという形です。生豆になったあとは細かい「選別」へと移っていきます。

 

ただ、単純に工程数が多いほうが良いというわけでもなく、その土地の栽培環境や状態、各々の個性を出すために上記のような違いがあります。次のパートから、精選前後の収穫や選別といった工程を含めて水洗式の工程を詳しく見ていきましょう。

 

【精選前の工程:収穫】

コーヒーの実を覆う皮はサクランボのような赤で、噛むとほんのりとした甘みがあります。パダマラン農園では、コーヒーの実を手摘みで収穫し、コーヒーの収穫期は通常5~10月の約5か月間。最盛期の6~7月には1日で400人を超える人手で収穫されます。携わるのは日雇いで雇われた近隣の住民たちです。

↑熟したコーヒーの実。ちなみに、コーヒーの花は白いというのはご存知でしたか?

 

↑コーヒーの実の収穫は手摘みで行われる

 

↑赤く熟した実が取り頃

 

実の収穫には特別な器具は必要なく、赤く熟した実を手でひねってとるだけ。とはいえ、生い茂った木をかき分けて熟した実だけを発見する作業はなかなか手間がかかる作業。筆者も挑戦してみましたが、20分で1kgほど収穫するのがやっとでした。慣れた人なら1日の作業で60kgも収穫してしまうというから驚きです。

 

↑作業は早朝から。この女性は1時間半で16kgも収穫したそう

 

続いて、精選の細かい工程を見ていきましょう。

 

【精選工程その1:果肉除去~水洗まで】

日本で流通しているコーヒー豆のほとんどは焙煎された状態ですが、パダマラン農園ではその一歩手前、「生豆(なままめ)」の状態まで加工され、消費国へ出荷されます。コーヒーの果肉を除去すると、ヌメヌメとした粘液質に包まれた豆が現れます。この状態は「パーチメント」と呼ばれ、このパーチメントを乾燥させて、脱殻したものが生豆になります。

 

コーヒーの実(チェリー)から生豆にする方法はいくつかありますが、先述の通り、パダマラン農園では「水洗式」という方法を採用しています。これは水洗いすることで、パーチメントの周りの粘液質を取り去ってから乾燥させるという方法で、欠点豆をより少なくできるのがメリット。水源が豊富なこの地で、安定した品質を確保するのに最適な方法だそうです。全世界的にもごくごく一般的な(精選)方法のひとつです。

 

↑果肉除去の工程を経た状態。コーヒーの実をむくと現れるパーチメントは、触るとヌメっとした質感がある

 

↑水洗の工程。一晩保管したパーチメントを水路で洗ってヌメりを落とす

 

【精選工程その2:乾燥】

乾燥に使うのはドラム型乾燥機。パーチメントに温風を当て、ドラムの中を循環させ続けて乾燥させます。豆に含まれる水分が10.5%になるまで約3日間、回し続けるのだそう。燃料には化石燃料のほか、パーチメント脱殻後のかすを利用した循環型燃料も使われています。

 

小規模な農家の場合、天日干しで自然乾燥させています。パダマラン農園でも乾燥機に入れるには足りない小ロットの場合は天日干しを併用しているといいます。

 

↑ドラム型乾燥機で乾燥させる

 

↑天日干しも併用されている

 

↑均一な水分量に乾燥された豆

 

 

【精選工程その3:脱殻】【精選後の工程:選別】

乾燥させたパーチメントを脱殻すると、「生豆」の状態に。ただし、そのまま輸出というわけにはいきません。最後の関門、選別の工程です。

 

↑脱殻機を通っていよいよ生豆になると選別の部屋。写真は選別工程の様子

 

まずは豆の大きさからグレードを選別。日本向けに輸出されるのは最高ランクの規格のみ。小さかったり、軽かったりする豆はインドネシアの国内向けの商品になります。ちなみに、大きさと欠点数でグレードが決まるのはアジアの産地の特徴。中南米のコーヒー産地では収穫された標高で決まるなど、産出国によっても基準が変わるそうです。

 

↑比重選別機を使って重さで選別される

 

選り分けられたコーヒー豆を待ち構えるのは、人の目による最終チェック。生育不良の豆や虫食い豆など、不良品を見極めて排除していきます。

 

↑一粒一粒検品して、不良品を取り除く

 

こうして、選り分けられた豆には、さらに厳重なチェックが待ち構えています。選り分けられた豆からランダムにすくい取られたサンプルは「検査室」と呼ばれる小部屋に送られ、正確に選別されているか検査されます。

 

このサンプルに黒く変色した豆が一粒でも紛れ込んでいたらアウト。最初から選別をやり直しになります。この厳密なチェックに合格した豆だけが、輸出用の袋に入れられて日本に向けて出荷されるというわけです。

 

↑サンプルを集める様子

 

 

↑検品の部屋の一角にある検査室。情を入れないために、誰が持ってきたか分からない窓口になっている

 

 

↑検査スタッフの目つきは真剣そのもの

 

↑不良豆のサンプル。上位グレードの基準ではこれらが1粒でも紛れていたらアウト

 

↑検査に合格して初めて、出荷用の麻袋に入れられる

 

 

↑仕事を終え帰宅する一団に遭遇。笑顔がまぶしい

 

 

 

【その他の重要工程:味の品質管理検査】

工程の図には入れませんでしたが、味の品質管理も大事な要素のひとつです。パダマラン農園の場合、「カップテスト」という検査が行われています。買い付け後、乾燥後など各工程で行われるカップテストは、コーヒーの味にブレがないかを確認する重要な検査。

 

カップテストを任されている彼らはパダマラン農園で数人しかいないプロ中のプロ。まさにトアルコ トラジャの味を守る「味の番人」と言っても過言ではないでしょう。カップテストは輸出後、日本で焙煎・包装する工場でも行われています。ちなみに、キーコーヒーの社員は全員カップテストができるそうです。毎朝の朝礼後にカップテストを行って、味覚や嗅覚を養っているのだとか。

 

↑カップテストでは1つのサンプルを複数カップに分け、味や香りを確認する

 

↑この日、パダマラン農園ではこの2人が1日に60サンプルをチェックした

 

【その他の重要工程:出張集買】

精選の工程とは少し異なりますが、集買も安定した品質をキープするには重要な工程です。「トアルコ トラジャ」の場合、パダマラン農園産の豆は20%程度。80%のコーヒー豆は、周辺のコーヒー生産者から買い付けられます。山々に囲まれたトラジャ地方には、各地に小さな村が点在しています。

 

↑集買所への道のり。細く荒れた山道だ

 

周辺の農家の多くは自給自足の生活をしています。その中でコーヒーは、たとえて言うなら「庭先に生えている柿の木」のようなもの。収穫量がとりわけ多いわけではありません。出張集買は、そうした村まで出向き、小規模な農家からコーヒー豆を買い集める取り組みです。

 

↑北部の産地・ぺランギアンの集買所。有力な農家の軒先を借りて行われる

 

コーヒー農家からはある程度乾燥させたパーチメントコーヒーが持ち込まれます。農家にとっては貴重な現金収入になるだけに、品質検査を見守る目は真剣そのもの。

 

↑たくさんの人が見守る集買の風景

 

 

↑手触りや香りから豆の質を確かめる

 

↑自給自足で暮らす農家にとって貴重な現金収入となる

 

出張集買で購入した豆が集められるのが、トラジャ地方の中心街・ランテパオにあるトアルコ社の事務所。ここでは購入した農家ごとにカップテストが行われ、品質に異常がないかチェックされます。

 

↑ランテパオにあるトアルコ社の事務所兼集買所

 

ランテパオでは、農家のほかに仲買人からの集買も受け付けています。厳しい品質基準はここでも共通で、カップテストをクリアした豆だけが買い付けの対象になります。

 

トアルコ社が買い付けするのは風味が優れるアラビカ種で一定の品質を満たしたもののみ。そのクオリティを確保するため、仲買人から持ち込まれる豆の全ロットをカップテストで検品しているそうです。仲買人の間ではトアルコ社の買付基準と買取価格の高さは知られており、良質なコーヒー豆はまず「チャレンジ」としてトアルコ社に持ち込まれるのだとか。

 

↑仲買人はトラックで横づけして大量の豆を持ち込む

 

↑ものものしい金網で仕切られた集買の受付窓口

 

↑検査室の一角には試験用の焙煎機がある

 

↑購入する豆の品質はロットごとのカップテストで確かめられる

 

こうしてトラジャ地方の各地から買い付けられたコーヒー豆は、パダマラン農園に送られ、「トアルコ トラジャ」の一部になります。同じトラジャ地方とはいえ、産地ごとに微妙な味わいの違いがあり、ブレンドによって細かな調整を施すことで、変わらないおいしさを保っているのだそう。

 

コーヒーの栽培と精選にまつわる流れをお伝えしましたが、コーヒーができるまでには、実に多く工程があり、多くの人がかかわることがおわかりいただけたでしょうか?

 

今回取材したキーコーヒーの「トアルコ トラジャ」にかかわる人たちは、パダマラン農園や工場で約600人、協力農家は約400人にのぼるそうです。この後の日本への輸出や焙煎の工程も含めると、その人数はさらに増えることでしょう。コーヒーを支える多くの人たちに思いをはせながら飲むトアルコ トラジャは、いつもよりも一層、深い味わいになりそうです。

砂丘、梨、大山――の鳥取県が誇る県民絶賛のご当地グルメ3選とは

日本全国津々浦々、各都道府県のオススメ食材を紹介する【ご当地グルメ&おつまみショー】、今回は鳥取県のご当地食材をご紹介です。鳥取といえば二十世紀梨や松葉ガニなどの海産物が有名。豊かな自然に恵まれ美味しい食材が目白押しです。それでは地元のスーパーでも手に入る大満足なご当地グルメをご覧ください!

 

[1品目]

鳥取県民のソウルフード「とうふちくわ」

ちむら

とうふちくわ 蒸し/レモンとうふ/チーズっち

江戸時代、魚が贅沢な食べ物だった鳥取では、「魚の代わりに豆腐を食べるように」と質素な食生活が推奨されました。そこで誕生したのが「とうふちくわ」です。豆腐はどんな食材とも相性がいいので、今ではネギや生姜、鳥取和牛やカレー、あごや鯛など様々な種類の「とうふちくわ」が発売され、鳥取の食卓をにぎわせています。普通のちくわに比べると食感がふわふわとやわらかで、口の中に広がる豆腐のやさしい風味が絶品。プレーンタイプの「蒸し」はそんな豆腐の風味が存分に味わえる一品です。

 

豊富なバリエーション展開が「とうふちくわ」の魅力ですが、なかでも幅広い年齢層に人気なのが「チーズっち」。ちょうどよい塩梅に溶けたたっぷりのチーズが美味しさの秘訣です。また新発売の「レモンとうふ」は、瀬戸内海のレモンを使用した爽やかな口当たりが特徴。

 

「とうふちくわ 蒸し」は149円(参考価格)のお手ごろ価格なので、ふだんの食事やお酒のおつまみとして気軽に食べられるし、気分によっていろいろな種類を試してみるのも楽しみですね。とうふちくわは鳥取県民にとってなくてはならないヘルシーなソウルフードなのです。

 

↑保存料無添加のヘルシーフードだから子どもにも安心です!

 

[2品目]

みんな大好き「白バラ牛乳」を使った贅沢スイーツ

大山乳業農業協同組合

白バラ牛乳シュークリーム

鳥取県民で知らない人はいない、というくらいメジャーな「白バラ牛乳」は、鳥取県の最高峰・大山で育った乳牛から採れる牛乳で、コクのあるまろやかな味が特徴です。学校給食にも毎日出てくるし、スーパーにも牛乳やコーヒー牛乳などたくさんの商品が並んでいます。

 

この白バラ牛乳をたっぷり使用しているのが「白バラ牛乳シュークリーム」です。パッケージは牛乳とほとんど同じで、大山をイメージした赤と緑を基調としたデザイン。こんがり焼き上げたサクサクなパフの中に真っ白いホイップクリームがたっぷり入り、シンプルながら牛乳のコクとまろやかさが存分に感じられる極上スイーツです。一口食べた瞬間に広がる濃い牛乳の風味に、病みつきになること間違いなし。

 

お値段は105円(参考価格)と庶民的なので、毎日のおやつとして年代問わず親しまれています。大山乳業農業協同組合はほかにも様々なお菓子を販売しており、「白ばら牛乳ロール」や「白ばら牛乳シフォン」などもおススメです。

 

↑真ん中から割ってみるとクリームたっぷり。まるで牧場のソフトクリームみたいに口の中でとろけます

 

[3品目]

梨がそのまんまギュッとつまったグミは魅惑の味

手づくり梨工房

梨あめ

鳥取県の特産品である梨を使用した「梨あめ」。傷がついたなどの理由で商品にならなくなった梨を有効活用した、梨がギュッと凝縮されたグミキャンディーです。

 

鳥取県といえば「二十世紀梨」。栽培を開始してから100年以上、日本一の生産量を誇ります。県内ではそのほか赤梨の「新甘泉」や「新高」、「あたご」など様々な種類の梨が生産されていますが、災害などで商品として売れなくなってしまう梨もたくさんあります。そういう不憫な梨たちを活用しようと立ち上がったのが手づくり梨工房の皆さんで、シャーベットやジャムなどの梨加工品を生産しています。

 

なかでも根強い人気を誇るのが「梨あめ」です。原材料は梨と砂糖、レモン果汁、片栗粉のみで添加物不使用。不揃いな粒が手作り感満載ですが、口に入れると、なんだか干しいものような素朴かつ深みのある味が広がります。噛んでみると、梨のシャリシャリつぶつぶした食感が感じられ、まるで梨をそのまま食べているよう。ぜひご賞味いただきたい逸品です! 80g入り370円(参考価格)。

 

↑見た目は地味ですが、それは香料や着色料などの添加物が一切入っていない証拠。手づくりの素朴な味に癒されます

 

途中下車してでも寄りたい、大森に「再誕」したコスパ優秀イタリアン

都内屈指の高級住宅地・山王があるかと思えば、フラッと寄りたくなる大衆酒場が立ち並ぶ。大森駅の周辺は、さまざまな文化が共存する独特の雰囲気が魅力的。今回はそんな大森らしい、カジュアルなのに本格派なお店「ピッツェリアグリル バッコ 大森」を紹介しましょう。

 

飲みにもゴハンにも。2フロアの“二面性”が新しい!

同店のオープンは1997年。地元住民に長年愛されてきたトラットリアが、今年7月にイタリアン酒場としてリニューアルオープンしました。お店は大森駅の北口から徒歩30秒の好アクセス。テラス席を備えたガラス張りの外観は開放感たっぷり。本場を思わせるライトイエローの色使いが印象的です。

↑店舗外観

 

お店は1FとB1Fの2フロア構成。1Fはカウンター席が中心で、おつまみや小皿料理とお酒を楽しめるバールスタイルです。その一方、広々とした地下は白を基調とした明るい空間。どちらかといえばお酒よりも料理を楽しむスペースです。

↑1Fカウンター席。写っているのはイタリアオタクな店長兼ソムリエの小島正博さん

 

1Fがバールなのに、地下に降りると子ども連れのファミリー層が多いのも面白いところ。今回は大森という街の特性やニーズからするとコチラでしょう、ということで(?)1Fに寄せた形で紹介していきます。

↑本場から取り寄せたピザ窯もかなりの存在感

 

 

フード・ドリンクどちらも優秀コスパの本格派!

フードメニューはピッツァとパスタ、そして小皿料理が中心。こだわりが随所に感じられるハイレベルな料理を「本当にいいの?」というくらいの値段で味わえます。まずは前菜、おつまみ系から何品かチョイス。

↑サンダニエーレ生ハム 518円

 

高級品として知られるイタリア産生ハムが、この低価格! 店内に原木があり、そこからカットして提供されます。切り方によって生ハムは味がかなり変わるとのことで、素材にも工程にも妥協がありません。

↑カウンター席の目の前にある、大きな原木

 

↑シチリア風ナスのカポナータ 410円

ナスのトマト煮込み。ドライトマトの甘酸っぱさの中に、ほのかに香るスパイスがアクセント。

 

↑山盛りフライドポテト 626円

本格派のイタリアンながら、こういう定番つまみもあるのが、酒好きにはありがたいですね。

 

↑写真左は「ゼッポリーネ(海藻入り揚げパン)」、ワイングラスの奥は「白身魚のカルピオーネ(南蛮漬けのイタリア版)」ともに410円

 

人気のピッツァ、パスタからもイチオシをピックアップします。手作りの本格ナポリピッツァは、生地からしてこだわりが満載。これは国内で初めて国産(北海道)の小麦だけで作られたピッツァ専用の粉「江別製粉 100%HOKKAIDOピッツァ用粉」を使用。

↑ビスマルク Mサイズ1058円/Lサイズ1490円

 

これはイタリアのピッツァナポレターナSTG認定を受けた由緒正しい逸品でもあり、本場に負けないおいしさです。豊かな小麦の香りとモチモチの食感、香ばしい焼き目がたまりません。

↑カサレッチェ タコとアンチョビのトマトソース 1058円

 

他店ではなかなか味わえない、数字の「8」のような断面をしたショートパスタ「カサレッチェ」。独特の形状で、ソースによく絡みます。

 

 

ドリンクも豊富なラインナップ。「リモンチェッロサワー」や「かちわりワイン」など、イタリアン酒場らしい陣容です。

↑グラスワインは赤・白・泡それぞれ529円~。写真右は「リモンチェッロソーダ」529円

 

↑ジョッキにワインと氷を入れた「かちわりワイン」。こちらも赤・白・泡が各529円

 

ほかにも幻の黒毛和牛「尾崎牛」や、ハーブで育ったブランド鶏「華味鶏」がリーズナブルに味わえたりと、全体的なお値ごろ感はかなりのもの。アクセス、雰囲気、コスパ、どれも最高。地元の方はもちろん、沿線を利用する人なら、途中下車してでも寄ってほしいレベルのお店です!

 

 

【SHOP DATA】

ピッツェリアグリル バッコ 大森

住所:東京都大田区山王2-1-6 キャビックビル1F・B1F

アクセス:JR京浜東北線「大森」駅北口から徒歩1分

営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30)/17:30~23:00(料理L.O.22:00 ドリンクL.O.22:30) ※金曜のみディナーは17:00~

定休日:火

「奈良にうまいものなし」なんて嘘だ! 奈良県民に今も昔も愛されるご当地グルメ3選

日本全国津々浦々、各都道府県のオススメ食材を紹介する【ご当地グルメ&おつまみショー】、今回は奈良県をご紹介。奈良県民にご当地グルメは? と聞くとよく返ってくるのが「奈良にうまいものなし」というコメント。でもこれ、鵜呑みにしないでください。 実は奈良県民が紹介するのも忘れちゃうほど浸透しているご当地グルメがあるんです。今回はそんな3品を紹介します!

 

[1品目]

奈良の名産・柿の風味たっぷりの柿ジャム

石井物産

柿ジャム

「柿ジャム」は、柿が名産である五條市が位置する西吉野の良質な柿をふんだんに使った果肉たっぷりのジャムです。韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」でも柿で甘みをつけた宮廷料理が登場したことがあり、実は柿は、ほんのりとしつつも主張しすぎない甘みを出す調味料のような役割をすることがあったのですね。

 

そんな柿の特性を活かした柿ジャムは、甘いながらもどこかさっぱりした食感。後味のさわやかさがクセになります。シンプルにトーストに乗せるのもおすすめですが、プレーンのパウンドケーキの山型部分にたっぷりのせて食べるとおいしいです。もちろんお料理の隠し味にもおススメ。

 

スタイリッシュで大人っぽいパッケージの瓶なので、お手軽なお土産としても重宝するでしょう。奈良県内のスーパーの銘店で購入でき、お値段は150g入り500円(参考価格)とお手軽です。

 

↑柿といえば秋の果物ですが、このさわやかな甘さはむしろ夏向き!? 甘いものが苦手な方でもきっと満足いただけます

 

[2品目]

ハマる人はハマる! 奈良の酒蔵で作った奈良漬

今西清兵衛商店

奈良漬

「奈良漬」は、白うりや胡瓜などの野菜を塩漬けにして何度も新しい酒粕に漬けかえながら作られる漬物のことで、全国的にも漬物のジャンルのひとつとなっていますね。奈良公園や東大寺などの観光地を訪れた方なら、近くの商店街からただよう漬物の香りに遭遇したことがあるかと思います。それがまさしく奈良漬の香り。江戸時代には徳川家康に気に入られ、幕府に献上していたという歴史のある漬物なのです。

 

現在は奈良県内外のさまざまなメーカーから販売されている奈良漬ですが、こちらは奈良県民におなじみの日本酒「春鹿」を製造している酒蔵で作られています。漬け込む酒粕はもちろん「春鹿」の酒粕。

 

入手しやすいのは白うりの奈良漬で、スーパーの銘店で580円(参考価格)。味は人によって好き嫌いがあるかもしれませんが、そのぶんハマる人はハマります。

 

↑お茶漬けと一緒に食べるのもいいですが、脂っこい料理の後に食べると口の中がさっぱりします

 

[3品目]

地元で長く愛された大和茶がペットボトルでお気軽に

JAならけんグループ 大和茶販売

やまと茶

実家やおばあちゃんの家に行くと必ず出されるのが大和茶。それくらい、特に高齢層の方々の生活には浸透しており、そして若い世代にとっては懐かしい味のお茶です。

 

かつて弘法大師が唐から持ち帰った茶の種子を、奈良県の宇陀に植えてお茶の製法を教えたのが始まりとされ、千年以上の歴史があるお茶です。現在は奈良の山間部、特に月ヶ瀬や田原などで栽培しています。飲み口さっぱりスッキリなので、気分をリフレッシュさせるのにピッタリですね。

 

茶葉で買うと通常は100グラムで1000円程度なのですが、なんと手軽に飲めるペットボトルバージョンが道の駅で販売されています。価格も通常のペットボトルとほぼ同額の500ml入り151円(参考価格)。「歩こう会」など老人会のウォーキングイベントでも親しまれ、よく飲まれています。

 

↑ペットボトルの「やまと茶」はキンキンに冷やして飲むとスッキリ感が増しておいしいです。見かけたらぜひ一度飲んでみてくださいね!

 

コストコの人気デリカ「ロティサリーチキン」を骨まで使い尽くす! 簡単絶品アレンジ3品

コストコを代表する人気デリカ「ロティサリーチキン」は1.2kgという大サイズの、鶏の丸焼き。専用のロティサリーオーブンで2時間じっくり熱を通したチキンは、外側はパリパリ! 中はしっとり、でとってもおいしい! コストコでは常時アツアツの状態で販売されており、持ち帰ってそのまま食卓に並べることもできるし、冷めてもレンジで温め直すだけで、焼きたて同様のおいしさが蘇ります。

1.2kgのロティサリーチキンがたったの699円

そんなロティサリーチキンが、このお得プライスで買えるので、人が集まる時のパーティー料理としてだけでなく、普段の食卓でもぜひ活用したいところですよね。

 

ただ、少人数で食べるには、丸々1羽はどうしても量が多すぎてしまいます。すでに味付け済みの肉だということもあり、基本はそのままかぶりついたり、切り分けて、ごはんのおかずやお酒のおつまみにして食べたりすることが多いのですが、どうしても同じ味・同じ食べ方が続けば飽きてしまいがち。

 

今回はそんなロティサリーチキンを、余すことなく、最後までおいしく食べ切るための簡単アレンジをお伝えしたいと思います。これを知れば、きっとあなたも今すぐロティサリーチキンを買いにコストコへ行きたくなるはず!

 

1.味付け不要! 炊飯器を使ってお手軽カオマンガイ

カオマンガイとは、茹でた鶏とその茹で汁で炊いたタイ米を一緒にお皿に盛り付けた、とってもシンプルな料理で、主にタイ・台湾・香港・マレーシアといった東南アジア圏の定番料理として親しまれています。ロティサリーチキンを使えば、そんなカオマンガイを自宅で作るのもとても手軽!

 

【作り方】

1 炊飯器に、米とみじん切りにした生姜・にんにくを加える。

2 さらに、具材となるロティサリーチキンのもも肉・もしくは胸肉と、切り分けた後に残った骨の部分を加え、一緒に炊飯する。

 

と、たったこれだけです。ロティサリーチキンとその“骨”を一緒に炊き込むことで、骨から染み出してくるチキンスープがほど良く米に染み込み、手軽にチキンライスが作れると同時に、具材となる肉もホロホロに柔らかくなるのです。

 

3 炊飯が終わったら、肉と骨をジャーからいったん取り出す。

4 骨に少しだけ残ったお肉を細かく落として、チキンライスと一緒にしっかり混ぜこんでおく。

5 具材の肉からも骨を取り除き、食べやすくスライスして1つのプレートに盛り付ければ完成。

 

この暑い夏でも食欲が進む、魅惑の一品になりますよ! 本場のカオマンガイには、タイ米の最高品種「ジャスミンライス」が使われています。コストコでも販売されているので、より本格的に作りたい! という方はジャスミンライスも一緒に購入してチャレンジしてみてくださいね。

 

2.小さな欠片も無駄にしない!ロティサリーチャーハン

ロティサリーチキンを一度でも食べたことがあるなら、おそらく経験があると思うのですが、丸鶏のままつついて食べたとしても、部位ごとに切り分けて食べたとしても、中心の骨の部分には、まだまだたくさんの肉が付いています。これをこそぎ落とすと、いわゆる切り落としのような小さな肉の欠片が、たくさん出てくるんですよね。

 

料理に使うには見栄えが悪いけど、かといってかき集めてみると結構な量で……でも、実はこれが炒飯を作るのに本当にピッタリなのです!

 

【作り方】

1 みじん切りにしたネギに溶きほぐした卵、そしてロティサリーチキンの細かい欠片をご飯と一緒にフライパンでしっかり炒める。

 

ロティサリーチキンにしっかり味がついているので、味付けはほんのちょっとでOK!(お好みで塩や醤油で味付けして下さい)

 

これが意外とヤミツキになる美味しさでハマるんですよね! ロティサリーチキンの味と香りは炒飯になってもしっかり活きており、いつもの炒飯とはひと味違った炒飯に仕上がりますよー! ロティサリーチャーハンを切り分ける際に細かいお肉の欠片がたくさん出てきたら、ぜひ作っていただきたいです。

 

3.骨まで活用、白湯ラーメン!

ロティサリーチキンを食べ終わり、いよいよ食べるところがなくなった! と思っても、まだまだ活用できます。それは、ロティサリーチキンの骨!

 

【作り方】

1 ロティサリーチキンの残った骨を、ネギの青味や生姜スライスと一緒に、アク抜きをしながら煮込む。

2 最後に圧力鍋にかければ、白濁した濃厚な鶏ガラスープが完成。

 

骨まわりに残った肉がスープと一緒に煮込まれることで、スープにわずかに塩味がつき、味を整えればいろいろなスープのベースになるんです! 例えば、中華麺を入れて白湯ラーメンにしたり、ご飯を加えて中華粥にしたり……アイデア次第で、いろいろな料理に使えます。まるで、博多の水炊きスープを彷彿とさせる出汁が出て、とっても美味しいので、こちらもぜひお試し下さい。

 

というわけで、今回はロティサリーチキンの三段活用をご紹介しました! いつもの食べ方だと少し飽きてきちゃったなぁ?という方は、ぜひとも参考にして頂き、最後まで余すことなく美味しく食べてくださいね。

 

【プロフィール】


コストコ通・コス子さん

管理人・コス子さんが、コストコの最新情報やお得情報を毎日更新するコストコ情報ブログ。コス子さんは福岡県在住で、久山倉庫店に毎月2回のペースで通う。ご主人と2人の愛娘の4人家族。

 

GetNavi webがプロデュースするライフスタイルウェブメディア「@Living」(アットリビング)でくわしく読む

at-living_logo_wada

モスクワで躍進する「3つのルール」なるファストフードチェーンはロシア人の健康を救うのか?

近年、目まぐるしく成長しているロシア。そのビジネスの中心地、モスクワは「眠らない街」とも言われていますが、そこで働く人たちを支えるのは、残念ながら町中に溢れるファストフードなのです。しかし、そんななかでも、働き盛りの中年男性を救う「健康志向のファストフード」店がモスクワでいま大人気となっています。

 

3つのルール」を守るファストフード

モスクワで人気のヘルシーファストフード店「Три Правила(トゥリー プラーヴィラ)」。この言葉の意味は「3つのルール」です。

 

店名にもなっている3つのルールはお店の大事なポリシーでもあり、必ず店舗の壁に大きく掲げられています。

 

1:食品添加物、保存料を使わない。ナチュラルな食材のみを、あなたとお子さまに提供します

2:レストランの味を最安値で。ユニークでおいしいレシピを使ったプロの味。ウエイトレスやお皿、高価なインテリアを使用しない分、お客様に還元します

3:その日のものをその日のうちに。売れ残りの食材は1つたりとも次の日に持ち越すことはありません。店頭には毎朝、一番新鮮な手作りご飯が並びます。

 

創業者自身の経験から生まれたファストフード店

創業者であるアレクサンドル・ユーロフ氏は、40歳まで仕事一筋のビジネスマンでした。それまではまったく健康のことなど考える暇がなかったそうですが、40歳になった年に受けた健康診断で引っかかり問題にぶつかりました。

 

ユーロフ氏は、そこで初めて見た自身の異常なコレステロール値や血圧にかなりの衝撃を受けたと言います。医師からは、日々の食事に気をつけるよう注意され、そこで初めて健康的な食事について考えたそう。調べていくと、自身が日々気にせず食べていた物に、いかに多くの不健康な添加物が入っているかが分かってきました。

 

さらに彼は「自分のように日々の忙しさで健康的な食事と縁遠い生活を送っている人が大勢いるのではないか?」と考えました。そこで一念発起し、大都市モスクワにヘルシーで安全なファストフードを広めようと思い立ったのです。

 

おいしくて健康的、そして安全な料理をファストフードにして、大都市で頑張る忙しい人たちに届けようという活動は、こうして始まりました。

オリジナルのお弁当を作る楽しさ

この店の人気メニューは、お惣菜やメイン料理を組み合わせるスタイル。1つひとつがパック包装されており、自分で組み合わせた料理をレジに持ち込むと、レジの後ろにある電子レンジで温めてくれます。日本のコンビニ弁当みたいですが、より便利さを感じるのはすべてが別々になっているということ。例えば、レンジでは好きなものや食べたい分だけ温めることができます。

 

メニューのバリエーションも豊富で、週替わりの新メニューも見逃せません。ロシア料理に始まり、エスニック料理や肉に魚、パンやケーキ、デザートまで、とにかく驚くほどのラインナップで利用者を飽きさせません。平日ではスープとメイン料理、サラダを組み合わせた199ルーブル(約399円)のビジネスランチセットが人気。これだけの選択肢と品質で、この価格はモスクワでもかなりお得と言えるでしょう。

 

幅広い客層を見込んだ立地

モスクワにある全16店舗が、それぞれ駅や地下鉄から徒歩3分以内のショッピングモールのなかにあります。モール内で働く人々はもちろん、近隣のビジネスパーソンや駅とショッピングモールを利用する人や家族、子連れのママたちなど、幅広い層を取り込めるように計算されているんですね。特に平日はビジネスパーソンと子連れママたちで賑わいます。

「早くてお手軽」という既存のファストフードに「安全」と「健康」を加えた3つのルール。メニューの組み合わせも自由であることが、洗練されたモスクワっ子を魅了し、大都市モスクワの企業戦士までも引き付けています。このファストフードチェーンがロシア人の食生活をいかに変えるのか、注目です。

 

繁盛店は新店づくりもわかってる! 8月オープンの東京注目グルメ!

暑い季節は飲食業界の盛り上がりもヒートアップ。東京都内には、8月も続々と新店がオープンしています。本稿でご紹介するのは、それぞれのシーンでトレンドを作ってきた繁盛店が満を持してオープンした3店舗。人気・実力とも間違いなしのトップランナーが、食シーンの“いま”を見据えて生み出した注目の顔ぶれです。

 

 

【その1】焼肉 USHIDOKI TOKYO

ひとつめは、焼肉はもちろん、居酒屋、和食、レストランなど幅広い店舗展開で業界をリードするコロワイドグループの新業態。素材にも空間づくりにもこだわった表参道の「焼肉 USHIDOKI TOKYO」です。「希少牛」や「生肉」といったトレンドをおさえつつ、伝統的な韓国のソウルフードをモダンにアレンジしている点も魅力です。

↑落ち着いた大人の雰囲気たっぷりの店内

 

同店では厳選した国産和牛の中でも、上質な部分だけを使用。その日ごとに最もいい産地や銘柄を仕入れます。ホルモンは最高の鮮度で、牛肉はウェットエイジング製法でうまみを凝縮させてと、提供する状態にもこだわっています。

↑「とろける和牛USHIDOKIユッケ」税抜2780円。和牛とウニの、とろっと濃厚なうまみが広がる贅沢なマッチング

 

↑「厳選!赤身肉3種盛り合わせ」税抜2400円。和牛全体の流通量のわずか1%程度しか市場に出回っていないという超希少な赤毛和牛「あか牛」を使った、赤身の強烈なうまみを感じられる逸品

 

↑「ザブトンのすき焼き」税抜2300円。美しいサシが入った希少部位をサッと炙って、滋養卵の黄身にくぐらせます。上質な脂の甘みが口中に広がります

 

お肉だけでなく、美容・健康によさそうな「名物!干しダラのスープ」(税抜800円)など、サイドメニューも隙がない構成。ゆったりできる大人の空間で、ワンランク上の特別な焼肉を堪能できます。

 

【SHOP DATA】

焼肉 USHIDOKI TOKYO

住所:東京都渋谷区神宮前5丁目50-3 アーバンテラス青山2F

アクセス:東京メトロ各線「表参道駅」徒歩3分

営業時間:ランチ11:30~15:00(L.O.14:30)/17:30~23:00(L.O.22:30)

定休日:なし

 

 

【その2】さば料理専門店 SABAR東京代官山店

続いては代官山の「SABAR(サバー)」。こちらは大阪発のとろサバ料理専門として好評を博したお店。東京進出時に話題となった恵比寿店が、代官山に移転してリニューアルオープンしました。「サバイバル」をテーマにした空間と、オンリーワンのサバ料理が楽しめます。

↑エントランス。カリブ海に浮かぶ島の森をイメージしたという、サバイバル仕様です

 

↑店内のあちこちに緑があしらわれ、天井には星空が広がっていたりと、面白い店舗デザインです

 

代官山らしいスタイリッシュ感と、エンタメ感が共存するカジュアルな空間は、恵比寿店に比べて広々と明るい雰囲気に。料理はお造りや寿司、塩焼きなどの定番もありますが、やはり代官山店の限定メニューをチョイスしたいところです。

↑「SABA島名物 メガとろさばの藁焼き」税込2200円。レア感とワラ焼きの香ばしさをワイルドに楽しめます

 

↑「サバゲット・ラクレット」税込980円。サバのボロネーゼソースをバゲットにのせて、コク深いラクレットチーズをかけるオリジナル料理

 

調理法も演出もワイルドな“サバ”イバル料理の数々は、グループで行けば盛り上がること間違いなしですよ。

 

【SHOP DATA】

さば料理専門店 SABAR東京代官山店

住所:東京都渋谷区代官山町13-4 ヴォーグ代官山II B1

アクセス:東急東横線「代官山駅」徒歩3分

営業時間:17:00~23:38(L.O.22:30)

定休日:なし ※不定休あり

 

 

【その3】タイ屋台999 新橋店

ラストは夏に食べたくなる“辛ウマ”なタイ料理。ビギナーからマニアまでトリコにする味と、個性的なメニュー&企画で人気の「タイ屋台 999(カオ・カオ・カオ)」の新橋店がオープンしました。“本場の味”をうたうタイ料理店は少なくありませんが、同店のこだわりは本物。日本人向けアレンジを一切せず、現地の味を再現しています。

↑2フロアからなる店内(写真は2階部分)。カラフルでにぎやかな雰囲気に気分がアガります

 

店内は多国籍な雰囲気で、ちょっとしたトリップ感も楽しめます。料理はローカルな味を追求した辛いものも多いですが、「ここのを食べたら他では物足りない」というマニアも多そう。干し豚の唐揚げ「ムーデディアオ」(税抜870円)、現地で愛される透明なトムヤムクン「トムヤムクンナムサイ」(税抜980円)など、日本ではお目にかかれないメニューもたくさんあります。

↑ランチメニュー(税込1000円)は、タイのファーストフード「カオケン屋台」スタイル。約10種類のおかずから好きなものを選んで、ご飯に盛ります

 

↑8月限定・要予約の「総重量9kgの“巨大グリーンカレー”」税抜9999円。中央には鶏がまるまる一羽。間近で見るとすさまじいボリュームです

 

↑写真左:「バケツ生ビール」税抜999円、写真右:「チャーンビール」税抜690円

 

お店で人気のバケツ入りドリンクは、ハイボールなどの定番から「パクチーサワー」といった変わりダネまで幅広くラインナップ。妥協なしのスパイシー料理を、ゴクゴクと流し込む快感は格別です。

 

【SHOP DATA】

タイ屋台999 新橋店

住所:東京都港区新橋3-22-2 RIZE新橋1F・2F

アクセス:JRほか「新橋駅」徒歩1分

営業時間:月曜日~金曜日11:30~14:00/17:00~24:00、土曜日12:00~15:00/17:00~24:00

定休日:日曜日

「焼肉のたれ」と「めんつゆ」が決め手のかんたんスタミナレシピ

多賀正子さんは家庭料理研究家ですが、三男一女のお母さんでもあります。
多賀家は「かなりの肉食」で、ニンニクとショウガを毎日たっぷり使うそうです。

 

0328_FM11

 

ニンニクとショウガは、カラダに良いことがよく知られています。
しかし、ニオイやクセが強いので、あつかいが難しい食材でもあります。

 

スタミナおかず』(多賀正子・著/主婦の友社・刊)は、ニンニク&ショウガをたっぷり使った70種類以上の家庭料理レシピを掲載しています。
実際に作ってみてもおいしかったので、紹介したいと思います。

 

 

にん肉じゃが

‘‘調味には”焼き肉のたれ”を使い、にんにく、しょうが、赤とうがらしを加えて男子が喜ぶスタミナ満点ピリ辛味に。
火の通りにくいにんじんは、レンジ加熱してからなべに入れ、調味時間を短縮します。‘‘
(『スタミナおかず』から引用)

 

「にん肉じゃが」レシピのポイントは、つぎの2点です。
・味つけの主役は「焼き肉のたれ」
・ニンジンとジャガイモは「レンジ下ゆで」

 

ふつうの肉じゃがは、「みりん」や「酒」を使い、醤油で仕上げます。
多賀流レシピでは、醤油の代わりに「焼き肉のたれ」を使います。
ただの醤油よりも、なおさらニンニクとショウガの風味が引き立ちます。

 

わたしがレシピ再現で使ったのは「我が家は焼肉屋さん 中辛」(キッコーマン)です。
原材料表示には「しょうゆ、りんご果汁、レモン果汁、酵母エキス、オニオンパウダー、みそ」と表示されているので、醤油だけを使うよりも香り豊かに仕上がりました。

 

「レンジ下ゆで」の効用は、調理時間の短縮だけではありません。

鍋で根菜をゆでるやり方は、料理が完成したときの「煮汁の量」を調整するのが難しいのです。
料理レシピは、鍋のメーカーや大きさまでを指定していません。
鍋の形や深さが違えば、必要な水の量も違ってくるからです。
つまり、煮汁の量が異なれば、レシピどおりに調味料を加えても、仕上がりの味は違ってしまいます。

 

「レンジ下ゆで」ならば、ほとんど柔らかくなっていますから、あとはレシピ通りの分量の調味料を足すだけで、レシピの味を再現しやすいのです。

 

 

豚肉となすのスタミナ煮

‘‘フライパンに材料をセットして、強火で一気に煮上げます。

しかも、味つけにはめんつゆを活用!
疲れていてもパッと作れて、豚肉のビタミンBとにんにくで、疲労回復効果も高いおかずです。‘‘
(『スタミナおかず』から引用)

 

「豚肉となすのスタミナ煮」レシピのポイントは、つぎの2点です。
・なすの皮に細かい切込みを入れる
・仕上げの落とし蓋(ブタ)

 

実際に作ってみましたが、豚肉とナスの相性はバツグンでした。
このレシピには「だしつゆ」を使いますが、ニンニクと和風だしの組み合わせは一度食べるとクセになります。

 

豚肉は、しっかり火を通して食べなければ、腹痛を起こすおそれがあります。
ただし、あまり意識しすぎると、肉が硬くなって食感が悪くなります。

 

ナスは、身がスポンジのようですが、意外と味がしみ込みにくい食材です。
皮に対して細かいななめの切り込みを入れることで、ナスに味つけができます。

 

豚肉もナスも「あっさり」した食材なので、調味料を入れたあとに落とし蓋(ブタ)をして煮含めるほうが、おいしくなります。

 

専用の落とし蓋(ブタ)がない場合は、鍋の直径にあわせてアルホイルを成型して使えば、しっかり煮含めるのに役立ちます。

 

 

スタミナおかず5つのポイント

‘‘「にんにく&しょうが」は必須!

「めんつゆ」「焼き肉のたれ」「マヨネーズ」を裏ワザ活用
バランスよく「野菜」もいっぱい
下ごしらえに「電子レンジ」
こしょう「適量」=「たっぷり」‘‘
(『スタミナおかず』から引用)

 

接客業にお勤めの人は「毎日ニンニク」は難しいかもしれません。
でも「毎日ショウガ」ならば、やってみる価値はあるのではないでしょうか。

 

ニンニクもショウガも、料理に使えばおいしいことはわかりますが、使い方のバリエーションが知られていない食材です。

 

『スタミナおかず』に掲載している70以上のレシピを参考にすれば、家族が食べ飽きてしまった定番メニューが、ニンニクとショウガを加えることによって生まれ変わるかもしれません。
お試しください。

 

(文:忌川タツヤ)

 

0328_FM12
スタミナおかず

 

著者:多賀正子
出版社:主婦の友社

 

にんにく、しょうが使いがとても上手で、作り方はシンプル、味つけはガッツリ!が人気の多賀正子先生初の著書。調理の下ごしらえに電子レンジを活用したり、市販の調味料をうまく使ってパパッと作るなど、時間がなくてもちゃんとごはんが準備できる、主婦出身料理家ならではのアイデアが満載です。食べたらひとたび元気になれるおかずレシピ100品をパワフル感あふれる写真とともにご紹介します。●わが家のスタミナおかず/置き時間不要の鶏から、マーボーなす、手羽先の梅酒煮、こってり鶏の照り焼きほか ●忙しい日の手間なしおかず/何もしたくない日の焼き肉ライス、2種の皿うどん、スタミナ肉みそほか

 

Kindleストアで詳しく見る

楽天Koboで詳しく見る

iBooksで詳しく見る

BookBeyondで詳しく見る

BookLive!で詳しく見る

hontoで詳しく見る

紀伊國屋書店ウェブストアで詳しく見る

 

 

 

果実王国・山梨は調味料でも実力発揮! 地元の特産品を使った山梨県のご当地グルメ3選

日本全国津々浦々、各都道府県のオススメ食材を紹介する【ご当地グルメ&おつまみショー】、今回は山梨県を紹介します。山梨といえば美味しい果物が豊富に収穫されることで有名。最近では甲州ワインも世界的に評価されています。そんな果実王国山梨の、県民が愛してやまないご当地グルメをお楽しみください!

 

[1品目]

テレビでも絶賛された最高のご飯のお供

笛吹の庄

にんにくトマトらー油

美味しいご飯のお供として様々なテレビ番組で取り上げられ絶賛された「にんにくトマトらー油」は、人気絶頂時には開店前から行列ができるほどのブームを巻き起こしました。

 

すべて手造りにこだわった同商品は、山梨県産ワインと味噌をベースにゆっくり時間をかけて鍋で煮込み、トマトの酸味と旨味を加えてピリ辛に仕上げた食べごたえのある万能調味料。だからご飯にはもちろん、冷奴や麺類、パン、鍋料理のトッピングとしても重宝すること間違いなしです。「全国ご当地調味料ランキング」1位、「日本ギフト大賞2018」を獲り、山梨県民の誇りと言っても過言ではありません。ぜひ一度ご賞味あれ! 170g入り880円(参考価格)。

 

↑ニンニクはもちろんトマト、ネギ、にらの形が残っていて歯ごたえもありとても美味。お酒のつまみにも最高です

 

[2品目]

山梨伝統の煮貝は化学調味料&保存料無添加の安心食品

美味安心

やわらか煮貝

高級食材であるアワビを、丸大豆醤油を使用した煮汁で柔らかく煮上げた「やわらか煮貝」。スライスしてそのまま食べても、炊き込みご飯に混ぜても美味しくいただけます。「煮貝」は山梨では伝統食品として有名で、お世話になった人への贈り物(お歳暮など)として買われることも多く、大きさも3種類あるので家庭用にもお土産用にも最適です。

 

やわらか煮貝を製造販売する株式会社美味安心は、「毎日の食事が私たちの身体を作っている」と考え、美味しさはもちろん安心・安全をモットーに掲げています。価格は一番小さなサイズで323円(参考価格)。高級食材のアワビはあまり日常の食卓に上らないイメージですが、このやわらか煮貝なら気軽に自宅でも味わえますね。また県産ワインやウイスキー、日本酒、焼酎と、和洋問わず酒の肴にはもってこいのおつまみです。

 

↑素材の味を活かしつつ食べやすく仕上げられています。普段の食事にも、またお土産にもおススメ!

 

[3品目]

ご当地の桃がさっぱりジュースで大満足!

サンフーズ

山梨ピンクオ・レ

山梨といえば桃! 桃のジュースはいくつかあるものの、こってりと甘み強めでサラッとのどを潤せるものになかなか出会えません。こちらの「山梨ピンクオ・レ」は山梨県産の桃果汁と生乳とのコラボレーションなのですが、乳飲料ではなく清涼飲料水に分類されているだけあり後味が甘ったるくなくスッキリと美味しいです。牛乳が苦手な人でも、生乳感が少なく飲みやすいでしょう。

 

最近は栃木県の人気商品「レモン牛乳」にも負けない人気ぶりで、「山梨県土産品協会会長賞」を受賞しています。お子さまからお年寄りまで老若男女問わずおススメできる「山梨ピンクオ・レ」、お土産店や高速道路のPAにも置いてあるのぜひご賞味ください。

 

↑薄~ピンク色がいかにも美味しそうな桃ジュース。かわいいパッケージも存分に桃をアピール

これが酒税法改正の恩恵だ! 終わらない暑夏に飲むべきビールは副原料にこだわったニュータイプ

これまでビール飲料は、原料の違いによって「ビール」「発泡酒」「第三のビール」などと分けられてきました。ビールとは「麦芽比率が67%以上で副材料は米、麦、トウモロコシのみに限定されるアルコール飲料」のことです。そこに果実や香味料が含まれるものは、発泡酒。また、麦芽以外の原料でつくられたビール風味の飲料は、第三のビールと呼ばれ、新ジャンルを確立してきました。ところが、2018年4月の酒税法改正によってビールの定義が変わり、多くの副原料が認められるようになったことで、市場は新たな盛り上がりを見せています。

 

ビールがよりおいしく感じるシーズンに、その動向は気になるもの。そこで、今回の改正が消費者にどんな影響を及ぼすのか、どのようなビールが新登場したのか、フードアナリストの中山秀明さんに聞きました。

 

酒税法改正でビール飲料の価格差がなくなっていく

酒税法とは、そもそもお酒の税率について定められた法律。お酒は、原材料の比率やアルコール度数などによって、税率が変化します。

 

「これまでビールは約77円、発泡酒は約47円、第三のビールは約28円が酒税でした(すべて350mlの場合)。今後は2020年から段階的に、ビールの減税が計画されています。反対に他2種類は増税し、最終的に2026年には、すべてのビール類の税率が55円に一本化される予定なんです。この改正によって、商品の価格差がなくなっていくので、『ビールより安いから発泡酒を飲もう』という発想は変わるでしょうね。また、これまでのビールの価格も2020年以降安くなっていくと思うので、ビール党の人にはうれしい改正となります」(中山さん、以下同)

 

認められるようになった副原料は10種類

今回の新税制にともない、ビール類飲料に認められる原材料も見直されました。たとえば、これまで果実やハーブなどを副原料に使うと、ビールとして認められず発泡酒扱いになっていたのですが、今後は副原料を添加しても、その重量が麦芽の5%以下であればビールと認められるようになったのです。

 

「今回認められたのは、下記の10種類です。今までは、レモンを使用したものに“レモンビール”という商品名をつけることはできませんでしたが、これからはビールという名称が使えるようになります。これを受けて、副原料を使ったビールがより多く発売されており、消費者としてはバリエーション増によって選ぶ楽しみが増えるでしょう」

 

【ビールへの添加が認められるようになった副原料】
果実/コリアンダー・コリアンダーシード/胡椒や山椒などの香辛料/ハーブ/野菜/ソバやゴマ/はちみつや黒糖といった含糖質物・食塩・みそ/花/茶・コーヒー・ココア(これらの調製品を含む)/牡蠣・昆布・わかめ・かつお節

 

各社の新ビールは香りや味が豊か!

酒税法改正を受け、どのようなビールが発売されているのでしょうか? 早速、各社の商品を見ていきましょう。

 

・飲みやすいのに高アルコールの「アサヒ グランマイルド」

4月に発売されたアサヒビールの新しいビール「アサヒ グランマイルド」は、「ゆっくり時間をかけて楽しむお酒」をテーマに作られており、飲みごたえのあるアルコール分7%であることが最大の特徴。

 

「7%とアルコールはやや高めなのでパンチは強めですが、アルコール臭が控えめなので、とても飲みやすい印象があります。ビール独特のアルコール臭を軽減させ、飲みやすさを考えて副原料にスターチやレモングラスを使用しているのだとか。レモングラスの風味は意識しないと感じないレベルで、定義拡大ビールというよりは、正統派ビールに近い印象です」


アサヒビール「アサヒ グランマイルド 350ml」
225円(編集部調べ)
アサヒビールお客様相談室 Tel:0120-011-121

 

・ほうじ茶を使った香ばしい味わいの「HOJICHA Brown Ale」

キリンビールのクラフトビールブランドであるSVB(スプリングバレーブルワリー)のファンクラブ「CLUB SVB」の会員と、直接コミュニケーションを取りながら共創したビールです。旨味に着目して昆布や炒り玄米などの副材料を使って開発を進め、焙煎した麦芽とほうじ茶の香ばしさを感じられるように作られました。

 

「キリンは自社のクラフトビアブランドを持ち、個性的なビールの開発を積極的にしながらバリエーションを増やしています。また、お茶という意外な副原料を使っていながらも、ビールを飲んだという感覚をしっかり感じられます。飲んだ後に喉の奥から鼻に抜けるほうじ茶の香ばしさと、柔らかく漂う麦芽の風味が特徴的で、特にお寿司や和菓子などに合いそうです」


SVB「HOJICHA Brown Ale(330ml×6本)」
2332円
キリンビールお客様相談室 Tel:0120-111-560

 

・塩と胡椒が麦の旨味を引き出す「Innovative Brewer グルメビア」

マイルドな塩味でお馴染みの岩塩・アルペンザルツと、皮を削ってシャープな辛味になった黒胡椒で麦のおいしさを引き出したビールです。ライムピールを加え、爽やかな味わいが楽しめます。

 

「Innovative Brewerブランドは、昨年10月の立ち上げ以降、既存のビール概念に縛られない自由な発想でビールを発売しています。塩胡椒という挑戦的な味わいも、この会社ならではでしょう。一見、塩と胡椒でトガった味というイメージを持つかもしれませんが、塩胡椒は縁の下の力持ち的な立ち位置で、一口目から複雑さを持ったどっしりとした旨味を感じられます。また、ライムの酸味による後キレのよさがあり、余韻が爽快です」


ジャパンプレミアムブリュー「Innovative Brewer グルメビア 350ml」
288円(編集部調べ)
サッポロビールお客様センター Tel:0120-207800

 

・カリブ海を思わせる爽やかさ「海の向こうのビアレシピ〈柑橘の香りの爽やかビール〉」

6月から数量期間ともに限定で、コンビニエンスストアのみで発売されているこちらのビールには、数種類のホップとフレッシュな香りが楽しめます。

 

「サントリーは、新ブランドを立ち上げ、チャネルや数量を限定して多彩なスタイルを市場投入しています。こちらのビールも数量限定で、コンビニエンスストアのみの販売に絞っています。味は軽やかでスカッと爽快。シトラスがほんのり香るフレーバービールという印象です。フルーティさよりも、フレッシュさを強調するために柑橘が使われているように感じました。メキシコのピルスナービールの飲み方でおなじみの、ライムを入れて飲むビールを彷彿とさせる爽やかさです」


サントリー「海の向こうのビアレシピ〈柑橘の香りの爽やかビール〉350ml」
220円(編集部調べ)
サントリーお客様センター Tel:0120-139-310
※限定商品ですので店頭にない場合もございます。

 

このほかにも、各社からさまざまなビールが登場しています。たとえば、高知の生姜や静岡のわさび、緑茶、和歌山の山椒、沖縄の黒糖など、地元の名産を使ったビールなども新発売に。この夏は、たくさんのビールを飲み比べる楽しみがありそうですね。

 

【プロフィール】


フードアナリスト/中山秀明さん

フードアナリスト・ライター。なかでもビールに関する執筆が多く、大手メーカー、マイクロブリュワリー、ブリューパブ、クラフトビアレストランなど、小売り、外食問わず全国各地へ取材に赴いている。

 

取材・文=吉川愛歩 撮影=矢部ひとみ 構成=Neem Tree

 

GetNavi webがプロデュースするライフスタイルウェブメディア「@Living」(アットリビング)でくわしく読む

at-living_logo_wada

格安スーパー&激安専門店で見つけた、真の「高コスパフード&ドリンク」がコチラです。

コストコ、ドンキ、業スー、OKストアといった総合格安店から、シャトレーゼ、茂蔵といった激安専門店まで駆け巡り、ベストバイな逸品が集結。どれも安いからとはあなどれない、真の高コスパフードです!

 

【その1】バランスが良く飲みやすいベルギー産の新ジャンル

コストコ
ベルジャンゴールド(24缶)
実売価格:1998円、1缶あたり83.25

高コスパの黒船といえばコストコ。数ある名作のなかで注目したいのは、ベルギー産の新ジャンルビール。麦のうまみと爽快な苦み、強めの炭酸感などが相まって飲みやすいです。

 

 

 

【その2】ラムレーズンが上品に香る大人のデザート

シャトレーゼ
ラムレーズンバー
実売価格:348円(1本)、68円(6本)

シャトレーゼは果物の宝庫・山梨が誇る高コスパパティスリー。お菓子のほかアイスも名作ぞろいで、特にラムレーズンバーの他社が追随できないレベルのクオリティと安さに驚かされます。

 

↑ラム酒が香る上品な風味のラムレーズンがたっぷり。口どけの良いバニラアイスとホワイトチョコのコーティングが絶妙なおいしさです

 

 

【その3】味付け不要で食べられる料亭レベルの濃厚な味わい

 

三代目茂蔵豆富
茂たま 枝豆(180g×2個)
実売価格:108

三代目茂蔵は、専門店が作るハイクオリティな豆腐を、仰天価格で提供する庶民の味方。本商品にはほのかに枝豆の味が付いており、濃厚かつクリーミー。何もかけずに食べてもおいしいです。

 

↑プルンとしたゼリーのような食感と、滑らかな舌触りで超絶品。2パックで1個というボリュームもうれしいです。プレーン味もあります

 

 

【その4】人気過ぎて品切れ店続出!約100円の個性派フレーバー

カルディコーヒーファーム
ナレッジ ライム塩胡椒/トムヤム塩(50g
実売価格:108

知られざる国内外の食材を中心に取り扱うカルディには、爆安の傑作が多数存在します。そのひとつが「ナレッジ塩シリーズ」。これまでの調味塩にはない個性と安さでネットでも話題です。

 

↑ライム塩胡椒はフルーティな香味、トムヤム塩はエスニックな味と鮮烈な辛さが特徴。ピリ辛エビ塩味もありますが、人気過ぎて品薄中

【その5】本格ナポリ風のモチモチなボリューム満点のピッツァ

業務スーパー
ピザマルゲリータ(25cm)
実売価格:321円

料理のプロはもちろん、家庭用でも使える大容量の格安フードが揃う業務スーパー。食べ応え満点の大きなピッツァは、イタリアメイドの本格派。パーティなどで活躍必至です。

 

↑ナポリピッツァを彷彿とさせる、もっちりとした生地。1枚300gで食べごたえ満点です。別途でバジルをのせると、さらにおいしくなります

 

 

【その6】ワンコインで味わえる一流ホテル同等のワイン

OKストア
デリ・ブティックワイン  赤(750ml
実売価格:409

OKストアは、信頼できる商品が他店を圧倒する価格で揃うスーパー。本商品は国内屈指のワインメーカー・メルシャンに「都内一流ホテルのハウスワインと同じものを」と依頼して作ったオリジナルです。

 

↑低価格帯のワインはスクリューキャップの商品が多いなか、コルク栓を採用。味も当然高品質で、果実味が凝縮。ほかに白とロゼもあります

 

 

【その7】プルプルなゼリータイプのソフトなエナジードリンク

ドン・キホーテ
エクストリーム ブラックアウトゼリー(180g
実売価格:125

“驚安の殿堂”を掲げるドン・キホーテ。PBにも力を入れており、このエナジードリンクはゼリーなのがポイント。あえて炭酸が入っていないので、疲れていても飲みやすいです。

 

↑プルプルのテクスチャー。炭酸すらキツく感じるときでもやさしく体内に吸収され、“もうひとがんばり”をサポートしてくれます

 

【その8】大きいサバがたっぷり入った辛くないカレー缶詰

ローソンストア100
サバカレー
実売価格:108

コンビニと100円ショップのいいとこどりといえるのがローソンストア100。目の付け所が秀逸な商品が多く、サバカレーの缶詰はつまみにもおかずにもなる万能アイテムです。

 

↑大サイズの切り身がしっかり入っており、単体でも満足感が高いです。ご飯にかければサバカレーになります。辛さはほぼなく、子どもでも食べられます

 

 

文/中山秀明

自然豊かな長野県の食材が美味しくないわけがない!!――大地と水の恵に育まれた信州のご当地グルメ3選

日本全国津々浦々、各都道府県のオススメ食材を紹介する【ご当地グルメ&おつまみショー】。今回ご紹介するのは、近年平均寿命日本一に度々輝いている長野県の地産品3品です。蕎麦やわさび、きのこといった有名どころとはひと味違う、新しい長野県を発見してください!

 

[1品目]

長野県産トマトを100%使用した使い勝手のよい一品

ナガノトマト

国産つぶ野菜入り信州生まれのケチャップ

創業以来60年以上にわたり長野県でトマト製品を作り続けるナガノトマトのケチャップです。周辺を険しい山々に囲まれた長野の風土はトマトの育成に適しており、加工用トマトが多く栽培されています。

 

この「国産つぶ野菜入り信州生まれのケチャップ」に使われているのも、「愛果(まなか)」という加工専用のオリジナルブランドトマト。甘みと旨みがギュッとつまった完熟トマトの深い味わいが特徴です。そこに国産のにんじん、たまねぎのみじん切りを加えて、より簡単に野菜が多く摂れるケチャップに仕上がっています。

 

つぶ野菜が加わっているので、調味料としてかけるだけでなく、そのまま食パンに塗ってピザトーストのソースにしたり、ケチャップライスを作ってオムライスにするのもオススメです! 295g入り306円(参考価格)。

 

↑つぶ野菜入りはお料理に大変便利。この1本で手軽にケチャップライスが作れます。また、つぶ野菜が入っていない「信州生まれのトマトケチャップ」も販売されています

 

[2品目]

安曇野で栽培されたりんごのみを使用した100%ストレートジュース

ゴールドパック

信州・安曇野 りんごジュース

ゴールドパック株式会社が展開する「信州・安曇野シリーズ」のりんごジュース。長野県はりんごの生産量が全国2位、シーズンになるとスーパーにたくさんのりんごが並びます。その名の通り安曇野産のりんごのみを使用し、水分も糖分も加えずに作られたストレート果汁100%のジュースは、ほどよい甘みと酸味で自然の風味をそのまま味わえます。

 

加糖されていない安心感もあり、常に冷蔵庫に備えておきたいのも特徴。1缶190g入り95円(参考価格)というお求め安さも魅力のひとつです。ゴールドパックの通販サイトでは、オリジナルパッケージに入ったギフトセットも用意されているので、贈り物としても喜ばれるでしょう。

↑自然のりんご果汁ならではのにごった色合い。りんごをそのまま搾った優しい味です。「信州・安曇野シリーズ」はほかに安曇野産のみの野菜で作られた野菜ジュース、トマトジュースもあり、こちらもオススメです

 

[3品目]

日本酒もおいしい信州で味わえる酒粕入りの香り高きパン

丸正製パン

大信州お城あんぱん 香り高い大吟醸酒粕使用

長野県は周囲を3000メートル超のアルプス連峰に囲まれ、清らかな水にも恵まれた土地。中央付近にある松本市は市内の至る所に湧き水があり、市民の憩いの場となっています。その松本市で醸造を営む大信州酒造株式会社の日本酒、「大信州」の大吟醸酒粕を使ったあんぱんが「大信州お城あんぱん」です。

 

製造している丸正製パン株式会社は、国宝松本城の西側に居を構える1930年創業の老舗ベーカリー。イートインコーナーもあり、その場で味わうこともできます。1日の個数限定製造ですが、一部のスーパーで購入することも可能。

 

パン皮に練り込まれた酒粕の香りが、好きな人にはたまりません。ほどよい甘さの小倉あんとの相性も抜群です。4個入りの専用箱(別売)も用意されているので、お土産にしても喜ばれるでしょう。1個225円(参考価格)。

 

↑国宝松本城のシルエットを焼いた外観。小振りですが、たっぷり入った小倉あんに大満足です

 

 

 

 

牛乳好きの皆さん、ごめんなさい!! こちら「パン好きの牛乳」となっております

「卵かけごはん」用の醤油っていいですよね。もちろん普通の醤油でも卵かけごはんは美味しいのですが、専用醤油のあの出汁の風味やほんのりとした甘みは、卵かけごはんをよりいっそう至高の食べ物へと昇華してくれます。

 

なぜ突然こんな話をするのかといいますと、卵かけごはん用醤油に似たコンセプトのものを発見してしまったのです。それが、カネカ食品が展開する「パン好きの牛乳」。そう、いわば“パンを食べるとき専用”の牛乳なのです!

↑その名も「パン好きの牛乳」。価格はオープンですが、参考価格としては200円前後。主に関東・関西のベーカリーを中心に販売されています

 

「パン好きの牛乳」その正体とは…? 実際に試してみた

あまりにストレートなネーミングのため売り場ではかなり目立ちそうですが、スーパーで見かけた人はおそらくいないでしょう。それもそのはず、「パン好きの牛乳」は関東・関西のベーカリーを中心に販売されている、とにかくパン好き特化の商品。それにも関わらず、じわりじわりと口コミで人気を集め、なかには1週間に100本を売り上げるベーカリーもあるんだとか!

 

何を隠そう牛乳好き&パン好きな筆者、これは実に気になります! ということで早速、本商品とパンを用意して試してみることに。

↑とりあえず、紙コップに注いでみました。見た目は一般的な牛乳と変わりません

 

まずはパン好きの牛乳単体で飲んでみます。

 

・・・ん~スッキリ! 第一印象としては、後味がかなりスッキリしています。普通の牛乳だと牛乳のニオイといいますか、ミルク感がしばらく口の中に残りますが、こちらはほとんど残りません。よく味わうと最初はしっかりコクやミルク感もあるのですが、スーッと消えていく、まさに「コクがあるのにスッキリしている」を体現する味わいです。

↑コクとスッキリさを両立させたこの不思議な味わいのヒミツは、技術提携するベルギーのPur Natur社の製法(生乳加熱時の温度と時間を丁寧に調節した製法、とのこと)と、北海道生乳100%というこだわり素材にあるようです

 

さて、いよいよパンとあわせてみます。用意したのはあんぱんとカマンベールベーグルです。

 

最初はあんぱんと一緒に……。うん、牛乳とあわせる鉄板ですし(パンだけに)、あわないはずがありません! つぶあんの甘みが強いぶん、後味スッキリなのがうれしいですね。パンと一緒に飲むと、パン好きの牛乳はより引き立て役にまわる印象。ミルク感が口に残らないので、パンの次のひと口もしっかりパンの風味を楽しめます。

 

続いて、カマンベールベーグル。こちらは塩気のあるパンでカマンベールチーズをはさんだ甘くないタイプです。普段、甘いパンと牛乳をあわせることが多いのですが、パン好きの牛乳は良い意味で牛乳っぽくないのでこうした甘くないパンともあわせやすいですね。今回は試しませんでしたが、カレーパンや惣菜パンとも相性がいいそうです。

 

牛乳好きには物足りない? 「パンと一緒」で真価を発揮!

実際に飲んでみて感じたのは、「本当にパン好きのための牛乳だ!」ということ。牛乳好きの人が単体で飲むと物足りなさを感じるかもしれませんが、パンの風味を存分に楽しみたい場合や、パンを「食事」として楽しむ場合には最高のおともになりそうです。

 

あえて欠点を挙げるとするならば、ベーカリーで「飲み切り」として買うにはややサイズが大きい点と、あとは個人的にはストローが付いているとうれしかったです。サイズに関しては、今後200ml/1000mlの発売も検討されているようなので、もし発売されればより買いやすくなるでしょう。

 

この「パン好きの牛乳」、ひと口飲めばそれとわかるほど通常の牛乳と明らかに風味が異なります。ぜひお近くのベーカリーで探して、数あるパンのなかからベストな組み合わせを見つけ出してみてください!

 

茨城のソウルフードといえばコレしかないでしょ!!――茨城県民がこよなく愛するご当地グルメ3選

日本全国津々浦々、各都道府県のオススメ食材を紹介する【ご当地グルメ&おつまみショー】、今回は茨城県のご当地食材をご紹介します。茨城といえば、年配の方には「この印籠が目に入らぬか」の水戸黄門様が有名ですが、ご当地グルメといえば定番中の定番、納豆なしでは語れません!

 

[1品目]

水戸黄門様のお膝元、水戸郷土料理のそぼろ納豆

額賀商事

きりぼし納豆

茨城名産として代表的な納豆。関西出身の人には苦手な人も多いですが、その苦手の原因である匂いとねばりこそが、納豆好きにとってはたまらないのです。納豆に季節の野菜を混ぜても美味しいし、合わせる調味料は醤油、みそ、砂糖、とアレンジはお好み次第。

 

その納豆アレンジの一つに「そぼろ納豆」があります。そぼろと聞くと「鶏のそぼろでも混ざっているの?」と思われるかもしれませんが、このそぼろとは切り干し大根のことなんです。やはり勘違いする人が多いらしく、こちらの商品は「きりぼし納豆」と名づけられています。

 

よく効いた塩味の正体は塩漬けの切り干し大根。そのおかげで通常の納豆よりも賞味期限が長くなっています。味見をせずにお醤油をかけてしまう事のないよう、注意してくださいね。198円(参考価格)~。

 

↑切り干し大根が絶妙なアクセント! 粘りはあまりありません

 

[2品目]

粘りも再現した納豆風味のスナック菓子

リスカ

茨城名物なっとう味スナック(12本入り)

茨城名産の代表ともいえる納豆が、スナックになりました。駄菓子の定番「うまい棒」と同じリスカ株式会社が製造しているので、うまい棒の姉妹品と考えていいでしょう。サクサクとした軽い食感の後に感じられる納豆感がなんともいい感じです。

 

味は3種類を用意。写真で紹介した「梅味」「からしマヨネーズ味」と、ほかにも「めんたい味」があります。「梅」といいつつも酸味はほとんどありませんし、「からし」とついていても子どもに刺激が強すぎるほどの辛さはありません。

 

そのままお菓子として食べれば美味しいですし、おススメアレンジとしては料理に使うという手もあります。袋の上から押して砕けばクルトン風に! 味の濃さを活かして、サラダに載せたりパスタに混ぜたりとアレンジし甲斐があります。もちろん大人の手軽なビールのつまみとしてもおススメです。各213円(参考価格)~

 

↑サクサクした食感としっかりしたなっとう味が最高です

 

[3品目]

風味たっぷりメロン果汁入りの炭酸飲料

亀印製菓

茨城メロンサイダー(日本一のメロン生産地鉾田市メロン使用)

メロンといえば夕張! と言われそうですが、実は生産量の日本一は茨城県鉾田市です。厳格な審査のある夕張ブランドメロンと違い、茨城県のメロンの認知度はまだまだ低いようですが、味は決して引けを取りません!

 

価格は庶民的で味は極上となれば、「プロモーション次第で人気爆発は間違いなし。もっと茨城メロンの宣伝に本腰をいれていこう!」という地元の願いがあったか否か、茨城県老舗和菓子店の亀印製菓がご当地メロンサイダーを発売しました。メロン風味の炭酸飲料と言えば、あの緑色のクリームソーダを思い出しますが、鉾田市産のメロン果汁が入っているので、かき氷シロップのメロンとは風味が違います。上品かつさわやかで芳醇なメロンの香りを、お子さまだけでなく大人のスイーツとしてもお楽しみください。210円(参考価格)~

 

↑ソーダやシロップよりも透明感のある見た目通りの、清涼感あふれる上品な甘さのサイダー。キンキンに冷やしてどうぞ!

 

日本で密かなブームの「プレミアムテキーラ」の正しい楽しみ方

テキーラといえば、メキシコ発祥の蒸留酒。テキーラを世界一消費するのはメキシコのお隣のアメリカですが、実は日本の消費量は世界第5位。想像以上に日本でもよく飲まれているお酒なんです。

 

とはいえ、「テキーラ=ショットで一気飲み」というイメージが強いのも事実。しかし、最近ではこだわりの製法で作られたプレミアムテキーラが増えており、一気飲みするにはもったいないお酒になりつつあるんです。

 

そんなテキーラを450種類以上扱う六本木のテキーラ専門店「六本木AGAVE」にお邪魔して、テキーラのいろんな楽しみ方を教えてもらいました。

↑開店20周年を迎えるテキーラ専門店「六本木AGAVE(アガヴェ)」の佐々木宗彦さん

 

 

規定を満たしたものだけが「テキーラ」と呼ばれる

テキーラの原材料は、「アガベ 」(正式名はアガベ・アスール・テキラーナ・ウェーバー)という竜舌蘭(リュウゼツラン)の一種です。サボテンが原料だと思っている人もいるかと思うのですが、実はまったくそうではありません。

 

「アガベは放射状に硬い葉が伸びていて、葉を削ぎ落として株の部分だけをテキーラ作りに使います。伝統的な製法の場合、株をレンガの窯で蒸し焼きにして、蒸し上がったら石臼のような道具をロバに引かせて搾汁します。糖分を含んだこのジュースを発酵させ、蒸留することでテキーラが完成するんです」(佐々木さん)

↑現存するテキーラは2000種近くあるが、日本に正規輸入されているのはほんの少し。現地に趣き、ハンドキャリーで持ち帰ったテキーラもAGAVEには多く並ぶ

 

 

実は、テキーラは「テキーラ規制委員会(CRT)」が定めた基準を満たしていないと「テキーラ」と名乗ってはいけないという、厳しい規格が設けられています。その条件は下記の8つ。

 

・ハリスコ州、グアナファト州、タマウリパス州、ナヤリ州、ミチョアカン州で生育されたアガベ・アスールを使用し、蒸留すること

・原料は「アガベ・アスール・テキラーナ・ウェーバー」を51%以上使用すること

・最低2回蒸留すること

・メチルアルコールは3mg/1ml以下であること

・最終アルコール度数は35%から55%の間であること

・水以外のメローイングは1%以下であること

・ボトルのラベルにNOM番号(生産者識別番号)を記載すること。

 

こんなにも細かい規定のなかで作られたお酒だというのを知らない人も多いのではないでしょうか。

 

 

初心者が選ぶべきテキーラの見分け方とは?

テキーラは、アガベのみを使用した「100%アガベテキーラ」と、サトウキビ由来などの糖分を混ぜて作った「テキーラ」の2種類に分かれます。日本で流通するテキーラはアガベ100%でない「テキーラ」が主流なので、お店でいろんなテキーラを飲んでみて、好みのものを見つけてネットの専門店などで購入するのがおすすめ。

↑100%アガベテキーラのボトルには必ず「100% DE AGAVE」の表記がある

 

そして、テキーラは熟成の段階に応じて4つに分けられます。熟成をしない、もしくはしても60日以内の「ブランコ」、2か月以上1年未満の「レポサド」、1年以上3年未満の「アニェホ」、3年以上熟成した「エクストラ・アニェホ」です。

↑左が2か月以上1年未満熟成した「REPOSADO(レポサド)」、右が熟成をしていない「BLANCO(ブランコ)」。熟成が進むにつれ、茶色く色付く

 

テキーラ初心者がチェックすべき項目は、「味わい」「アガベの使用量」「熟成の段階」だと佐々木さんは言います。

 

「”飲みやすさ”というのは個人でばらつきがあるので一概には言えませんが、口当たりがいいものを最初に選ぶといいでしょう。アルコール度数は35度くらいで、味わいのバランスがいいとされているものを基準として飲み、そこから苦みや甘みを意識して好みのものを見つけてほしいです」

 

また、100%アガベのテキーラであれば、不純物がないので、二日酔いになりにくいというメリットもあるのだとか。アルコール度数の強いお酒は二日酔いになりやすいイメージがありますが、高品質なものを飲むよう心がけることが大切なんですね。

↑テキーラはボトルのデザインの自由度が高い。ジャケ買いならぬ”ジャケ飲み”を楽しむのもひとつの手

 

普段自分がよく飲むお酒に合わせて、熟成の度合いを決めることも大切です。たとえば、ウォッカやジンなど無色透明のお酒を好む人、原材料の味わいを楽しみたい人はブランコを選ぶといいのだとか。逆に、ウイスキーなど熟成したものを好むなら熟成タイプのテキーラを選ぶのが近道です。

 

 

大人なテキーラの楽しみ方を紹介

ストレートで飲む場合、AGAVEでは「スニフター」という口が広い形状のグラスで提供されます。このグラスで飲むと、香りがわかりやすく、舌のなかでも甘みを感じる場所にテキーラが流れるそうです。

↑テキーラは香り、甘み、色以外にも、苦みや辛味、余韻の長さなどが銘柄により異なる

 

もちろん、飲み方はストレートだけでなく、オンザロックやソーダ割りなど多種多様。食中酒として楽しむのであれば、ソーダやトニックで割ることで、口当たりがさっぱりして軽やかにいただけます。

 

カクテルは定番の「マルガリータ」や、オレンジジュースで割ってグレナデンシロップを加えた「テキーラサンライズ」、テキーラ版モヒートの「アガベジュレップ」などがありますが、AGAVEのイチオシは「フローズン・マルガリータ」。いまの季節はスイカやメロンを作った限定メニューもあり、テキーラの香りとフルーツのフレッシュさを存分に楽しめます。

↑「マルガリータ・ドン・アガヴェ」(1400円)は、テキーラとオレンジ風味のリキュールのコアントロー、ライムジュースを使ったカクテル。シンプルなショートカクテルなので、テキーラのおいしさがよくわかる

 

↑「季節のフローズン・フルーツ・マルガリータ」(1800円)はスイカをオーダー。種ごとミキサーにかけたスイカのフレッシュジュースを使用し、まるでデザートのような感覚で飲める。定番のフローズン・マルガリータは、プレーン、ストロベリー、ラズベリー、パイナップル、バナナが選べる

 

テキーラに合わせる食事はやっぱりメキシコ料理が一番ですが、最近では和食に合わせるお店もあるのだとか。和食の場合はソーダ割りにするのがおすすめです。

↑チーズとハラペーニョをトルティーヤに挟んで焼いた「ケサディーヤ」(1200円)。お好みでサルサをかけて食べる。スパイシーなハラペーニョのおかげでテキーラが進む一品

 

↑「ビーフタコス」(1500円)は、香ばしさのあるコーントルティーヤがクセになるおいしさ。メキシコでは小麦粉を使ったフラワートルティーヤでなく、とうもろこしを使ったコーントルティーヤが一般的だそうだ

 

また、カカオ含有量の高いチョコレートと一緒にちびちびとテキーラを楽しむというツウな楽しみ方もできます。チョコレートの苦みや甘みと合わせることで、熟成が進んだテキーラにより深みが生まれるんです。

↑AGAVEが厳選したビターなチョコレートと、樽熟成が進んだテキーラとの相性は抜群。ウイスキーの楽しみ方に近い

 

蒸留技術の進化により、昔よりもおいしいテキーラの種類が増えたことで、その楽しみ方はより広がりを見せつつあります。パーティーシーンはもちろん、ひとりでリラックスタイムを過ごすときのお酒としてもテキーラを嗜んでみませんか。

 

【取材協力】

六本木AGAVE

http://www.agave.jp/

 

 

1位はたったの88kcal…でもスープが深い! カルディの「夏向きカップ麺」ランキング

まだまだ暑い毎日が続いていますね。こんな時、そうめんなどさっぱりしたものも良いですが、キッチンに立って鍋に湯を沸かすことを考えるとやっぱり面倒……。そんなときはカルディで見つけた夏向きなカップ麺はいかがでしょうか。暑い地域で食べられているカップ麺2種類ととさっぱり食べられそうなカップ麺をチョイスしてみました。それでは美味しかった順に、ランキング形式でご紹介します!

 

【第3位】

賛否両論!? レモンフレーバーが香るさわやか系焼きそば

カルディオリジナル

瀬戸内レモン塩やきそば 109g

194円(税込)

まさに夏向き。瀬戸内レモンを使用した、爽やかな酸味と清々しい香りが特徴の塩やきそばです。食欲が落ちている時でもさっぱり食べられそう。麺は平打ちの縮れ麺。シコシコした歯ざわりがまるでパスタのようです。具はちょっと大ぶりのキャベツと鶏そぼろ。ただ、この酸味に対して好き嫌いがはっきり分かれそう。「酸っぱいもの好き」であれば、迷わず挑戦してみてください。焼きそばをおかずにご飯をかきこみたい! という方は避けたほうがいいかも。

 

【第2位】

ガツンとくるニンニク、バジルが「本格的な味」を生み出す!

タイプレジデント

ガパオヌードル 60g

149円(税込)

スイートバジルのペーストが入った焼きそば。ニンニクの香りとチリの刺激的な辛さ、スイートバジルの甘さが、まさに「タイそのもの」の本格的な味わいを生み出します。タイ料理をこよなく愛する方にオススメですね。細麺の食感は少々ポソポソした印象なので、もう少しゆるく湯切りして水分を残すほうがいいかも。ちなみに、湯切り口のクオリティが残念なので要注意。あらかじめ入れた具が全て流れていくことがあるので、気をつけましょう!

 

【第1位】

本場の牛肉麺の味わいをローカライズしている点に感動!

カルディオリジナル

五香粉香る 牛肉麺風 春雨スープ 32g

156円(税込)

台湾の代表的な麺料理「牛肉麺」(ニューローメン)の春雨版。さすがはカルディオリジナル、安定の美味しさですね。牛からとったスープをベースに、魚醤や五香粉、豆板醤、紹興酒がしっかりと効いています。極めてスパイシー、ですがさっぱりしたなかにもコクがある素晴らしいスープ。台湾の街角で親しまれている牛肉麺の味わいを、そのまま上手にローカライズしている点に感動です! 春雨を使っているのでスープを飲み干してもたったの88キロカロリー。お夜食にもぴったりですね。

アジアの暑い地域の料理は辛さや酸味が効いていて、食欲を大いにかきたててくれるのがうれしい点。まだまだ暑い日が続きますが、ぜひ試してみてください!

世紀の大発明も! 超話題スポット「ソニーパーク」は何がスゴいのか、グルメの視点で解説

8月9日、銀座にあったソニービルの跡地に、地上と地下が一体となった立体公園「Ginza Sony Park」(銀座ソニーパーク)がオープンしました。新しいモノずくめであり、画期的なコンテンツが満載で話題沸騰となっていますが、グルメの視点ではどうなのでしょうか? 内覧会での体験から、解説していきたいと思います!

 

 

その1】クラフトビール&デリ「BEER TO GO

個人的に一番ビックリしたのは、地下4階のクラフトビール&デリスタンド。ここは代官山などにある「SPRING VALLEY BREWERY」が手掛ける「”BEER TO GO” by SPRING VALLEY BREWERY」というお店です。

↑ファストフード店のような、カジュアルなデリスタンド。営業は11:00~23:00(日祝は~22:00)で、16:00まではランチセットを1200円より提供しています

 

↑限定醸造品を含めた17種類のクラフトビールがあり、デリも17種類を用意。目玉となるフードは手前の「BBQブリスケ」で、ランチセットなら1500円~(16:00以降は単品1500円)

 

クラフトビールは500円/250mlと750円/360mlの2サイズ展開。“公園”内で自由に飲んでほしいという思いから、すべてテイクアウトに適したフタ付きプラスチックカップで提供されるのですが、このカップが特に驚きでした。なんと、ビール用のデザインとなっており、フタなしで飲むのとでは味が格段に違うのです。

↑基本的にはコーヒースタンドなどで提供される、飲み口付きのフタと一緒ですが、穴が大きくなっているのです

 

↑フタの穴と鼻孔の位置に注目! 飛び込んでくるビールのアロマが凝縮される形となっており、きわめて濃厚なのです

 

これはガチで大発明といえるレベル! 鮮烈なインパクトで、ふだんあまりクラフトビールを飲まない人でも違いがわかるはずです。また、SVBではビアスタイルごとに最適な温度での提供も実現。この施策もBEER TO GOだけなので、ぜひお試しあれ。

 

【その2】モダンチャイナの旗手が手掛けるティースタンド「ミモザ ギンザ」

筆者が2018年のブレイクグルメの筆頭と提言したのが“ネオ中華”なのですが、ここでもヒットしました! 名門「シェフス」を経て独立し、超人気店となった表参道のモダンチャイナレストラン「ミモザ」がティースタンドをオープンしたのです。

↑「ミモザギンザ」のコンセプトは“路地裏の屋台”。11:00~19:00の営業で、香港スタイルのお茶メニューや点心を気軽に楽しめます

 

ドリンクの看板メニューは「香港ミルクティー」486円で、フードは「肉まん」378円や「エッグタルト」216円が名物。

↑「エッグタルト」216円と「香港ミルクティー」486円

 

予約必須の名店の味を、気軽に楽しめるのはうれしい限り。BEER TO GOでビールをテイクアウトして、肉まんとのペアリングを楽しむのもオススメです。

 

 

【その3】限定のできたてあんが絶品な「とらやカフェ」

和菓子御三家といえば、「虎屋」(とらや)「両口屋是清」「鶴屋吉信」。そのなかの、とらやが「あんをもっと気軽に楽しんでほしい」という想いで展開している「トラヤカフェ・あんスタンド」というブランドがあるのですが、その最新店もここにビルトインしています。

↑「トラヤカフェ・あんスタンド 銀座店」。ストア内にキッチンが併設されており、できたてのあんペーストを購入することができます

 

ここで買うべきなのは、銀座店でしか買えない「あんペースト(シンプル)」432円。小豆、砂糖、寒天のみで作った50gのビン入りペーストとなり、ピュアな素材感を楽しめる味わいになっています。

↑こちらは地上階にある、かき氷のポップアップストア。9月末までの限定で営業中

 

↑ポップアップストアで購入できる「アルコール入 かき氷<ラム>」540円。希少な国産ラムと黒糖蜜を合わせた、大人な味わい。後ろに写っているのが「あんペースト(シンプル)」で、ポップアップストアでも販売

 

営業時間は、どちらも11:00~19:00。銀座で涼みたくなったら、ぜひポップアップストアへ足を運ぶといいでしょう。

 

 

【その4】藤原ヒロシがディレクションした「ザ・コンビニ」

最後に紹介するのは、ファッションや音楽など多彩な分野で活躍するカリスマ中のカリスマ、藤原ヒロシ氏がディレクターを務める「ザ・コンビニ」。その名の通り、コンビニエンスストアをコンセプトにしたショップとなっており、藤原氏らしいセンスあふれるアイテムがズラリと並んでいます。

↑営業時間は11:00~19:00。サングラスをかけた長髪の方が藤原氏です

 

↑奥には神保町の古本屋「magnif」(マグニフ)が監修した雑誌コーナーがあり、時代を彩った雑誌が・・・と思ったら、なんと「GET ON!」(かつて「Get Navi」の兄弟誌)があるではないですか! 価格は2000円でした

 

商品は、おにぎりのようにパッケージされたタオル、ペットボトルに入ったTシャツ、サンドイッチのように梱包されたバンダナ、牛乳パックに入ったソックスなど、ユーモアを効かせたファッションアイテムが冷蔵庫のなかに入っており、実にユニーク。その一方で、本物のフードも販売されています。

↑カップヌードルのようなNBのほか、各メーカーとコラボしたPB的なフードも

 

注目なのは、同店用に別注されたPBフード。「銀座 松崎煎餅」「うまい棒」「ビックリマンチョコ」「渋谷ハチカレー」などなど、多彩に並べられています。見ているだけでも楽しいのですが、「ザ・コンビニ」は特に超人気となっており、入店整理券の抽選が行われる日も。祝日に訪れる際は、あらかじめ公式サイトをチェックしたほうがいいかもしれません。

 

なお、「銀座ソニーパーク」自体は2020年秋までの期間限定。“変わり続ける公園”をコンセプトに、様々なイベントなどを開催していくそうです。そして2022年には「新ソニービル」を竣工予定とか。銀座に訪れる際は、数寄屋橋交差点から目が離せませんよ!

 

 

SPOT DATA

Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)

住所:東京都中央区銀座5-3-1

アクセス:東京メトロ銀座線ほか「銀座駅」直結

開園期間:2018年8月9日~2020年秋

開園時間:5:00~24:30(予定)

休園日:1月1日(予定)

もう我慢しなくてOK! アレルギー体質でも安心のチョコで作る“アレルゲンフリー”スイーツ

娘から「友だちに手作りお菓子を配りたいから手伝って!」とお願いされちゃった。でも、お友だちの中には食物アレルギーを持っている子もいるみたい。できればその子にも同じお菓子を渡したいらしいんだけど、そもそも手作りのお菓子をあげていいものなのかしら……?

 

そうだ、ご近所に住んでいる伊藤ミホさんはアレルギー対応料理研究家として活動していたわね。ちょっと相談に行ってこよう。

参ったなぁ……と、いつも困っている「参田家(まいたけ)」の面々。きょうはお母さんが、なにやら困っているようです。

 

参田家の人々とは……
maitake_family
ちょっと気弱なお父さん、元気でしっかり者のお母さん、もうすぐ小学生の娘、甘えん坊の赤ちゃん、家族を見守るオスの柴犬の4人と1匹家族。年中困ったことが発生しては、ご近所の専門家に解決策を伝授してもらい、日々を乗り切っている。
https://maita-ke.com/about/

 

アレルギー体質の子でも食べられるお菓子のレシピが知りたい!

comment-mother
お母さん「娘に『お菓子を一緒に作って!』と頼まれたんですけど、娘のクラスにはアレルギーの子が何人かいるみたいで心配なんです……。やっぱり、アレルギーを持っている子って増えているんでしょうか?」

 


伊藤さん「そうですね。厚生労働省が公開しているアレルギー性疾患の資料によると、食物アレルギーのほかにも、喘息や花粉によるアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎なども増加傾向で、『アレルギー疾患は、国民の約5割がかかる国民病』と位置付けられています。国民生活センターからは、花粉症患者が豆乳や果物に反応してしまう事例を挙げて、注意喚起を促しているんですよ」

 

comment-mother
お母さん「アレルギーを持っている子が、特別という時代ではなくなったんですねぇ。子どもには、それぞれの友だちが生まれ持った体質を理解するように教育することが大切なのかも。ちなみに、食物アレルギーの子に手作りのお菓子をあげる上で、気をつけることはあります?」

 


伊藤さん「前提として、食物アレルギー症状の出方には、それぞれ個人差があります。ごく微量の食材でもアレルギー反応を示す子もいれば、比較的症状の軽い子もいます。まずは、食物アレルギーを持っている子どものお母さんに『手作りのお菓子をプレゼントしたいと思っているのだけど、調理器具はうちで使っているものを使っても大丈夫?』などと聞くことが大切ですね」

 

comment-mother
お母さん「調理器具の共用からアレルギー反応が出てしまう可能性もありますものね! お母さんからOKをもらえた場合、調理工程で気をつけることはあるでしょうか?」

 


伊藤さん「まずはしっかりと手を洗い、調理環境や器具の衛生面にも細心の注意を払ってください。調理台にあらかじめラップを敷いてから調理するといいですね。また、ご両親からすると、使った食材のメーカー・商品名を書いたメモを一緒に渡すと安心できると思いますよ。あとは、聞き慣れない成分が入っているものは使わないほうがいいです。例えば『カゼイン』は、実は乳製品の一部なんですよ」

 

comment-mother
お母さん「そうだったんですね!『乳』という字が入っていないから素人目にはわかりませんよね……。気を付けなくちゃ。娘は友だち全員に手作りのお菓子を配りたいそうなんですけど、卵や牛乳アレルギーを持った子にも渡せるレシピなんてあるんでしょうか?」

 


伊藤さん「それなら『アレルゲンフリーチョコレート』を使った、『オーブンを使わないチョコレートのベジタルト』はいかがですか? この板チョコは、卵や牛乳をはじめとする“特定原材料の7品目”と“原材料に準ずる20品目”を使わずに作られているんです。アレルゲンフリーのチョコレートにはざらつく食感のものがありますが、これはなめらかな舌触りなのでおすすめですよ!」

 

comment-mother
お母さん「そんなチョコレートがあるなんて知りませんでした! オーブンを使わないなら、簡単にできそうですね」

 


伊藤さん「そうなんです! まず、湯煎したチョコレートをコーンフレークに絡め、タルト型に敷いてから冷蔵庫で固めます。次に、潰してペースト状にしたカボチャに、てんさい糖とココアパウダーを加えてフィリングを作り、固まったコーンフレークのクラストに乗せたら完成です。お好みで甘栗やドライクランベリーなどを乗せれば、彩りもきれいになるのでおすすめです!」

 

comment-mother
お母さん「野菜の味わいを生かしたスイーツなんですね! 作り方もシンプルだから子どもと一緒に作れそう。調理工程に気を付けながら、さっそく作ってみます!」

 

オーブンいらず! アレルギーフリーチョコレートのベジタルト

①ポリ袋に入れたコーンフレークを、1/3ほどの大きさになるまで砕く

 

②湯煎したチョコレートを絡めたコーンフレークを3等分し、中心部分を少しくぼませるようにして、ラップで覆ったタルト型に敷き詰めていく。タルト型を冷蔵庫で1時間ほど冷やす

 

③かぼちゃをポリ袋に入れ、てんさい糖とココアパウダーを加える。袋の上からもみ、ペースト状にする

 

④冷蔵庫で冷やした②のクラストに、③のフィリングを詰める。お好みでカットした甘栗や干し杏子、ドライクランベリーを乗せたら完成!

 

【材料(直径8センチのタルト型3個分)】
アレルゲンフリーチョコレート…1枚(60g)
プレーンコーンフレーク(乳・卵不使用のもの)…35g
かぼちゃ(やわらかく加熱し皮を取り除いたもの)…80g
てんさい糖(またはお好みの砂糖)…15g
ココアパウダー…15g

 

【まとめ】

プレゼントには、アレルゲンフリー食材を活用したお菓子を!

かぼちゃのフィリングとサクサクのコーンフレークの食感がマッチした「オーブンを使わないチョコレートのベジタルト」は、ヘルシーで食べ応えも十分! 娘に聞いてみたら、友達からもご両親からも好評だったみたい。何より食物アレルギーを持っている子が、みんなと同じお菓子を食べられて喜んでいたと聞けてうれしかったわ。今後のためにも、「アレルゲンフリーチョコレート」を常備しておこうかしら!

 

教えてくれたのは……

アレルギー対応料理研究家/国際薬膳師・伊藤ミホさん

グルテンフリー&食物アレルギー対応の料理教室「コメコメ・キッチン」を主宰。「出張お菓子教室」などのレッスン講師の他、企業のレシピ開発などにも携わる。著書に「家族みんなを元気にする グルテンフリーレシピ」(清流出版)、「寒天を使って、サクサクおいしい! 米粉のクッキーとタルト」(世界文化社)など。
http://komekomekitchen.blog.fc2.com/

 

【商品紹介】

AFF×ニッコー
「アレルゲンフリーチョコレート ダーク900g」2950円

「アレルゲンフリーチョコレート ダーク300g」1000円(秋冬限定)

【9/3はグミの日】各社の「限定新商品」を一足先に試食! 93人に93個のグミが当たる企画も開催

様々なお菓子のなかで、近年人気が高まっているのがグミ。データからも明らかで、調査会社の富士経済によると、2017年のグミの市場規模は2016年比で15.2%増の433億円。2022年には、529億円まで伸びると予測されています。このトレンドを支えているのが、日本グミ協会と各メーカー。毎年9月3日をグミの日と定め、今年も盛大な取り組みが企画されます。その目玉となる限定の新商品をチェックしに、発表会に行ってきました!

 

 

新作グミは限定発売が惜しいハイレベルなおいしさ

グミの日に向けて発売されるのは4つの企業の商品で、すべて8月20日から。スーパーを中心に、全国の取り扱い店舗に並ぶそう。メーカーは春日井製菓、カバヤ食品、カンロ、UHA味覚糖と、そうそうたる顔ぶれです。ひとつずつチェックしてみました。

↑春日井製菓「つぶグミ」

 

↑限定の「和ソーダミックス」。ゆず、梅、和梨という、3つの和の果物を使った特別なソーダグミで、味は甘さが控えめの大人なテイスト

 

グミの日の限定版は、どのメーカーの商品もオリジナルパッケージとなり、定番ブランドグミの既存味と新味を比較できる2袋入りとなります。たとえば、春日井製菓はソーダミックスのほかに和ソーダミックスが同梱されるという形。

↑カバヤ食品「タフグミ」

 

↑3袋並んだ中央のパッケージに2つのタフグミが入っています。右側が新味の「エナジードリンク味」

 

タフグミは大粒で強い弾力の、男らしい味が特徴です。新作はエナジードリンク味ということで、爽やかな酸味を効かせた「レッド」、マイルド甘味の「オレンジ」、シャープ刺激の「グリーン」の3種類。全体的に、よりパワフルな仕上がりだと感じました。

↑カンロ「ピュレグミ」

 

↑フェミニンなイメージのピュレグミですが、新作の「ビターレモン&コーラ」はダークカラーがベースのデザインで、男性ウケもよさそう

 

新味のビターレモン&コーラは、強炭酸コーラを思わせる刺激的なフレーバーが、苦みのあるレモンの酸味とマッチ。つぶグミの「和ソーダミックス」と似たような、大人テイストな仕上がりでした。

 

↑UHA味覚糖「コロロ」

 

↑新作は「洋梨」。コロロといえば、本物の果実のようなテクスチャーが魅力ですが、実力はいかに

 

驚いたのは、洋梨の果肉感までもが再現されていたこと。上品な甘みや、みずみずしさの完成度も高くてコロロらしさは健在でした。

↑マイクを持っているのは、日本グミ協会会長の武者慶佑さん。武者さんの司会で、各メーカーの担当者さんが、グミの日と新作に対する熱い想いを語りました

 

8月20日より一斉に発売される4つの新商品ですが、すべて数量限定のため売り切れる前に要チェックです。1袋で定番フレーバーとの味比べもできるので、ふだんはあまりグミを食べないという人もこの機会にぜひ! ちなみに、グミの日は9月3日ですが月曜ということで、前日の9月2日(日曜日)に原宿で前夜祭的なイベントが開催されます!

 

グミの食べ放題をはじめおいしい企画が盛りだくさん

タイトルは、その名も「原宿グミパ」。イベントスペースの「レンタルスペースさくら 原宿竹下」で、9月2日の14:00~18:00まで開催されます。また、8月20日からは原宿の竹下通り商店街にグミの日の横断幕を飾り、お祭りムードに盛り上げるという企画も開催。

↑「原宿グミパ」の目玉は、グミの食べ放題! そのほか各社によるグミのブース出展、フォトキャンペーンの写真展示、グミクイズなどが予定されています。入退場は自由ですが、混雑時は並ぶ可能性もあるのでご注意を

 

もしイベントに参加できなくても、うれしい企画が用意されています。それが93人に当たる、各社選りすぐりのグミ93個のプレゼント! これはお気に入りのグミの写真を「#グミの日」でSNSに投稿することでチャンスが生じる応募キャンペーン。

↑指定のTwitterアカウント、またはInstagramアカウントをフォローし、指定のハッシュタグを付けて投稿するキャンペーン

 

プレゼントキャンペーンはすでに開催されており、グミの日当日の9月3日まで。93個もあれば、かなり贅沢なグミライフを過ごせるはず。そのほか「AbemaTV」の番組や、仮想ライブ空間「SHOWROOM」で活躍するバーチャル SHOWROOMERなどとコラボレーションするなど、たくさんの企画が盛り込まれています。気になる人は公式サイトをチェックするといいでしょう。

 

関西食べ放題焼肉の雄「ワンカルビ」が東京進出で大行列に!人気のワケは超絶コスパにあった

飲食店のヒットの常套パターンといえば、海外からの上陸や地方からの東京進出。長蛇の列を作ることも必至ですが、一風変わったジャンルや戦略でありながら大ブレイクをするケースもあります。その好例が、今春関西から東京に進出してきた食べ放題の焼肉店「ワンカルビ」。

↑4月17日にオープンした「ワンカルビ 花小金井店」

 

出店地は東京郊外の小平市。最寄り駅は西武新宿線の「花小金井」と、都心ではありません。とはいえ、その繁盛ぶりはすさまじいものがありました。体験レポートの形で、お店の魅力と人気ぶりとお伝えしたいと思います。

 

 

数か月待ちを覚悟してでも予約するべき人気ぶり!

筆者が行ったのは、オープンから2か月以上経った7月上旬。下調べによると「予約していった方がいい」という情報があったため、予約することにしたのですが、本来は5月中旬に行く予定でした。なぜここまで遅くなったかというと、近い日程は埋まっていたからです。場所が場所なので、土日に絞ったからかもしれませんが、2か月ほどかかる人気ぶり。

↑外には予約なしでの入店を待つお客さんの列が

 

ちなみに、郊外のロードサイドというだけあって、けっして席数は少なくありません。むしろかなり多く、172席もあるようです。また、特別にオープン記念の割引キャンペーンなどをしているわけでもありません。それでこれだけ混雑するには、相当な実力があるということでしょう。

↑電子発券機の待ち組数を見ると「27組」というものすごい数字が!

 

この日の状況で予約なしの場合、どれ程度待つかをスタッフさんに聞くと「2時間はかかるかもしれません」という答えが。これだけ人気ということは、相応の魅力があるに違いありません。ということで、席に向かいました。

 

 

厚切り肉を優先的に味わうのが攻略法だ!

用意されていたのは、ファミリー層にうれしいボックス席。全シートが半個室でプライベート感の高い設計になっています。また、シックで落ち着いたデザインになっており、高級感も十分。食べ放題の焼肉というと内装までお金をかけないイメージがありますが、ここはそんなことはありません。

↑温かみを生かしたモダンなデザインで、雰囲気はエレガント。無煙ロースターも完備されています

 

そしていざ注文へ。気になる内容は、48品から選べるコースと、そのメニュー数が95品まで増えるコースの2タイプ。年齢によって7段階に分かれており、7~49歳はいわゆる通常料金となります。3歳以下は無料となるので、小さいお子さんがいる家族にとってはうれしいポイントでしょう。

↑筆者は今回95品のコースをオーダーしました。税込で3866円

 

まずはメインを紹介したいとの思いから、前菜はすっ飛ばして肉から注文しました。呼び出しベルがあって、都度スタッフさんが席まで来てくれるテーブルオーダーバイキング。大皿が並んだ料理コーナーに取りに行くセルフサービスではなく、プレミアム感があります。

↑左下から時計と反対方向に、「和豚もちぶたウインナー」「上ハラミステーキ」「ねぎ塩タン」「にんにく醤油リブカルビ」「炙り上カルビおろしポン酢」

 

最初は様々な部位を注文しましたが、特筆すべきは「上ハラミステーキ」の大きさと厚さ。塊肉なので焼き上がりに時間はかかるものの、刻み包丁のおかげでそれほどではありません。なお、チェーン店はセントラルキッチンで一括調理しているパターンが多いのですが、同店はそこも違います。店内カットと店内調理を徹底しているので、鮮度もおいしさもワンランク上。

 

↑刻みが入っているため、表面がよりカリっと焼き上がるのもポイントです

 

聞けば、使用しているのはアンガスビーフ。赤身のおいしさに定評があり、ステーキレストランでよく愛用される牛肉です。それもあるので、個人的には厚切りステーキを優先的に味わうのが「ワンカルビ」の攻略法だと思います。

↑「厚切り上ロースステーキ」。こちらもぜひ食べておきたい一皿です

 

メニューのなかには店名を冠した「ワンカルビ」も。こちらは細長い厚切り肉を焼き、好みの大きさにハサミでカットする名物です。カルビなので脂ののりがよく、大きいため食べごたえも満点。まさに看板メニューといえるおいしさです。

↑手前が「ワンカルビ」で、奥に見えるのは「厚切りハラミ」

 

また、サイドメニューも充実。いまや希少となったユッケをローストビーフで表現した「ローストビーフユッケ風」、焼肉店でありながらジャンルの幅広さを感じさせる「肉屋のボロネーゼパスタ」や「ベトナム風生春巻き スイートチリソースで」など、肉以外にも秀逸な料理がそろっています。

↑「ローストビーフユッケ風」

 

↑手前が「肉屋のボロネーゼパスタ」。奥に少し写っているのが「ベトナム風生春巻き スイートチリソース」

 

〆もぜひ食べておきたいクオリティの高さ。焼肉の定番といえる冷麺や石焼ピビンパのほか、ビーフカレー、熟成肉の石焼ガーリックバターライス、四川山椒の本格麻婆豆腐などもあって、肉でお腹がいっぱいでも食べたくなるラインナップです。そしてデザートはコースの場合ひとり1品ですが、これも焼肉食べ放題であることを忘れさせるほどハイレベル。

↑「韓国冷麺」

 

↑「ベイクドチーズケーキとチョコクリームのパフェ」

 

同店の人気ぶりには納得でした。価格以上においしい料理と丁寧なサービス。上質で居心地のいい雰囲気。わざわざ遠方からでも足を運ぶ価値があり、また行きたいと思える満足度の高さです。まだ東京はおろか、関東にはここだけということですが、この好調ぶりを見ると今後も拡大していきそうです。駐車場も完備されているので、食べ放題好きの人はぜひ行ってみてください!

 

 

【SHOP DATA】

ワンカルビ 花小金井店

住所:東京都小平市花小金井3-18-5

アクセス:西武新宿線「花小金井駅」徒歩約15分

営業時間:月~金17:00~24:00、土日祝16:00~24:00

定休日:元旦

世界中から客が来る店「JULIA」に聞く、白ワインと食事が生む「ペアリング」の妙味

ここ数年、食のトレンドとしてよく耳にするようになったのが、「ペアリング」というキーワード。レストランで、料理のメニューとワインを客自身が選ぶのではなく、あらかじめシェフやソムリエがその相性を見極めた食事とワインが、1組ずつ提供されるスタイルのこと。5皿ならワインが5杯、8皿なら8杯、それぞれおすすめの組み合わせを楽しむというものです。

 

「マリアージュ」という言葉は聞き慣れていますが、これはフランス語で「結婚」という意味。それゆえ「マリアージュを探る」というと、なんだか少しかしこまった印象になります。“運命の出会い”のような、“その相手以外考えられない”というような。実際、マリアージュとペアリングのニュアンスの違いを、前者は合わさることで第三の新たな味わいを生み出すような組み合わせのこと、後者は単に相性という気軽な意味だ、という専門家もいるのです。

 

 

グラスに注がれる白ワイン。涼やかで、夏にもよく似合う

そういった、運命的に出会った一生の伴侶と新たな家庭を築くようなOnly oneの愛がマリアージュだとすれば、ペアリングはOne of themを楽しむ自由恋愛でしょうか。この相手もあの相手も、どちらも素敵。さらにワインに限定する必要もなく、ビールでも日本酒でも、シードルでも! 家庭で楽しむなら、やはり堅苦しいことは抜きに、後者のようなスタイルを楽しみたいものですね。

 

そこで、恵比寿にある今話題のペアリングレストランJULIAを訪ね、オーナーソムリエの本橋健一郎さんとシェフのnaoさんに、代表的な白ワインと、それぞれにおすすめのペアリング料理を提案してもらいました。

 

まず知っておきたい! 3大白ワイン用ブドウ品種

夏にキリリと冷やして飲みたい白ワイン。原料であるブドウ品種、産地、造り手によって異なる味わいになりますが、今回は分かりやすく“品種”で分類し、ペアリングのポイントを聞きました。

 

白ワイン用のブドウ品種といえば、「シャルドネ」「ソーヴィニヨン・ブラン」「リースリング」の3種が一般的。シャルドネは、フランス・ブルゴーニュ地方産が有名ですが、世界中のあらゆる国と地域で栽培されており、それぞれに特徴的な味わいが表現されるなかでも、共通のイメージはコクとまろやかさ。また、ソーヴィニヨン・ブランはフランス産のほか、ニュージーランドの代表品種としても知られ、共通したイメージはスッキリ感とはつらつさ。そしてリースリングは、ドイツなど冷涼産地に多く、フルーティーで飲みやすい甘口寄りのものから厳格で骨太な、ミネラルと酸を表現した辛口まで揃います。

↑左:「トレフェッセン エステート ナパ・ヴァレー ドライ・リースリング 2016」(アメリカ)、中:「ティンポット・ハット・マールボロ・ソーヴニヨン・ブラン 2017」(ニュージーランド)、右:「カーブドッチワイナリー・セパージュシリーズ・シャルドネ 2016」(日本)

 

早速、ホテルやレストランなどでソムリエとしての経歴20年以上という本橋オーナーに、自身が感じるこの3品種の特徴を聞きました。

 

「ソーヴィニヨン・ブランのイメージは昼、そしてシャルドネは夜のイメージでしょうか。ソーヴィニヨン・ブランは晴れた昼間の公園の芝生がよく似合う。屋外で飲みたいと思ったらシャルドネよりソーヴィニヨン・ブラン。これからの季節はBBQなどにもぴったりですね。シャルドネは、こっくりしっかり味付けしたお料理に。クリーム系やバター系など。赤ワインが苦手な方は、お肉料理にも合わせられる厚みのある白、シャルドネがおすすめですね」(本橋さん)

↑JULIAのオーナーソムリエ・本橋健一郎さん。個人的にはリースリングを好んでよく選ぶという

 

では、辛口から甘口まであるリースリングは、どう使い分けたらいいでしょう?

 

「リースリングは、僕にとっては一番使い勝手が良いブドウですね。自宅で良く作る餃子とか、中華系のお料理に合わせます。オイスターソースを使った野菜炒めや、麻婆豆腐にも。主にアジアンフードですね。生春巻きやパクチーにもいいです。日常の食卓には辛口のものが便利ですし、辛口だったらイメージはソーヴィニヨン・ブランに近いニュアンス。ラー油や豆板醤などで辛味をより強くした料理には、ちょっと甘口寄りのものを選んだら良いと思いますよ」(本橋さん)

 

JULIAでは、合計9皿ものペアリングコースが楽しめます。そのどれもがハッ!とするような驚きと楽しさに溢れていますが、それを演出する本橋オーナーの軽快なトークも欠かせない魅力。そんな本橋さん、さすがの表現でこの3品種を特徴付けてくれました。

 

「合わせるお料理をラーメンに例えると……、ソーヴィニヨン・ブランは塩ラーメン、シャルドネは味噌ラーメン、リースリングは坦々麺、ですかね!(笑)」(本橋さん)

 

実際に作ってみよう! JULIA考案のペアリング料理

JULIAの人気を支えるのは、女性シェフならではの感性を生かしたnaoさんの料理。そんな凄腕シェフの料理なんてマネできない……と思いきや、彼女自身も料理はすべて独学なのだとか! というわけで、家庭でも簡単に作れる2皿を、シャルドネとソーヴィニヨン・ブランそれぞれの特徴に合わせて作っていただきました。

 

まずソーヴィニヨン・ブランに合わせたのは、「アボカドと生ハムのオープンサンド」。本橋さんが「昼間の公園の芝生がよく似合う」と教えてくれたように、naoさんもソーヴィニヨン・ブランのイメージはサンドイッチだそう。

↑アボカドとレモン果汁がアクセントとなることで、生ハム(肉類)にもソーヴィニヨン・ブランが合う

 

作り方はいたってシンプル。アボカドを潰して、レモン果汁と少しの塩を混ぜるだけのピューレをパンに塗り、サラダには市販のミックスリーフを使います。でもここからが、やはりプロのひと手間。ミックスリーフにはミントとディルをプラスし、さらに生ハムをのせて出来上がったら、全体にササっとレモンの皮をすりおろす。このミント、ディル、レモンがソーヴィニヨン・ブランとの距離をぐっと縮めるそう。これぞペアリングの極意!

↑最後にすりおろすレモンの皮は、色合い的にも美しく鮮やかなアクセントに

 

「ソーヴィニヨン・ブランと合わせるのは、やはり青い野菜ですね。これからの季節だったら枝豆にビールじゃなくて、ソーヴィニヨン・ブランでもいいかも。あとキュウリも使いやすいです。水切りしたヨーグルトと細かく切ったキュウリを合わせるだけで、何でもソーヴィニヨン・ブランに合う万能ソースになります。焼いたサーモンでも、粗挽きハンバーグでも。重ためのお料理でも、ぐっとソーヴィニヨン・ブラン寄りの味わいになりますよ」(naoさん)

 

続いて、シャルドネに合わせた料理は「サーモンチャウダー」です。

↑今回合わせたのは、日本・新潟のシャルドネ。チャウダーの旨味によく馴染む優しさがある

 

サーモンを皮目からちょっと多めの油で揚げ焼き、その後低温のオーブンでゆっくりと中まで火を入れると、身がホロホロと柔らかく焼けるのだそう。チャウダーソースは、玉ねぎとジャガイモを炒めてアサリ(手間をかけず水煮缶でOK)を投入。旨味のある汁もそのまま使い、あとは少しの生クリームとバター、塩で味を整えるだけ。ゆでたスナップエンドウの上に盛りつければ、完成です。

↑スナップエンドウを一番下に忍ばせることで、食感のコントラストを楽しめるという趣向

 

サーモンのパリッとした皮の焼き目がシャルドネの樽感に、そして生クリームとバターの乳製品のコクがシャルドネ本来の個性にベストマッチ。「青い野菜はソーヴィニヨン・ブラン」ではあるものの、豆類はシャルドネがおすすめとのこと。

 

「シャルドネと合わせるポイントは乳っぽさ。和風のポン酢にも生クリームを加えると、シャルドネとの距離がぐっと縮まります。通称“ポンクリ”と呼んで、JULIAの通常のペアリングコースでも提供していました(笑)」(naoさん)

↑女性らしいセンス溢れる食器選びや細やかな盛り付けも、シェフnaoさんならではの魅力

 

日常への目線もありながら、プロの技でファンを魅了するnaoさんの料理。そして、そこに合わせる本橋さんのワインペアリング。座ったら最後まで素敵な時間を約束してくれる“JULIA劇場”には、ぜひ足を運びたいですね。

日本ワイン、土着品種、オレンジワイン、そしてシードル。今注目のカテゴリーとのペアリングは?

昨今話題の日本ワインを、ペアリングにも積極的に採用しているJULIAの本橋さん。続いて、日本ワインの代表的なブドウ品種「甲州」に合う料理のニュアンスを聞いてみました。

↑「葡蔵人(Book Road)甲州無濾過 2017」(日本)

 

「僕の中では、甲州はソーヴィニヨン・ブラン寄りの位置づけです。でも甲州の方がちょっとした苦味があって、酸味が強い料理に合いやすいかな。レモンやライムを使った一皿とか、山菜にもいいですね。あとポイントは旨味。貝類やキノコ類の旨味系の料理に、甲州を合わせることが多いです」(本橋さん)

 

さらに、シャルドネのようによく知られた国際品種ではなく、その地域特有の土着ブドウ品種も今、注目の的。例えばギリシャ・サントリーニ島の白ブドウ品種「アシリティコ」に合わせるなら?

 

「飲んだことのない品種に合わせる料理を考えるとき、ポイントはそのブドウの育った環境をイメージすることですね。ギリシャだったら青い海、青い空、真っ白い建物……などなど。そうしたらやっぱり魚介類? レモンをたっぷり絞って? そんな風景を想像ながら料理を作ると、楽しいですね」(本橋さん)

↑「ドメーヌ・シガラス・サントリーニ・アシルティコ 2017」(ギリシャ)

 

一方、ブドウ品種ではなく「オレンジワイン」という製法にこだわった話題のワインは、どう合わせたらいいでしょう? 白ワインのようでいて白ワインとは違う複雑な味わいに、合わせる料理を迷ってしまう人も多いので、ズバリ、オレンジワインに合わせたら楽しそうな家庭料理を一品、教えていただきました。

 

「オレンジワインは、白ワインと赤ワインのニュアンスを両方もつ万能選手です。JULIAのペアリングでも、よく採用しますよ。家庭料理で一品だったら……、すき焼きですね! 肉の旨味、お醤油の甘み、卵のコクに合いそうです」(本橋さん)

↑「ポデーレ・プラダローロ・ヴェイ・ビアンコ・アンティコ 2015」(イタリア)

 

最後に、毎月変わるJULIAのペアリングコースの中で常に変わらないスペシャルメニュー「スライダー」には必ず、りんごのお酒「シードル」を合わせるというので、その魅力も語っていただきました。

↑「ラ・シードルリー・デュ・ゴルフ・プティ・キュヴェ NV」(フランス)

 

「『スライダー』は、小さなハンバーガーです。スモークしてほぐしたポークと、パインジュースやトマト、醤油などからつくった特製BBQソース、さらに食感と酸味の演出のためにリンゴがサンドしてあります。それを手づかみでかぶりつく! そしてよく冷えたシードルを喉に流し込む! 最高ですよ」(本橋さん)

↑JULIAの前身「本橋ワイン食堂」時代から続く、人気のメニュー

 

「シードルは甘いお酒というイメージがありますが、辛口のシードルは料理にも合わせやすく、低アルコールなのも良いところ。夏、キンキンに冷やしてグビグビ気軽に飲んで欲しいですね」(本橋さん)

 

“軽めから重めへ”なんて気にしない!抑揚を楽しむ白ワイン選び

今夏、JULIAでもペアリングワイン7種のうち6種が白ワインだそう。でもその提供する順番は、決して“軽めから重めへ”という教科書どおりではありません。「わざと抑揚を出して、ジェットコースターのようにペアリングを楽しむと良いと思います」(本橋さん)

 

冒頭のペアリングの定義でも触れたとおり、家庭ではこの相手もその相手もどちらも素敵、とあれこれ自由に楽しむことがポイント。気軽な家庭料理とさまざまな個性の白ワインを、自分なりの感性で選びたいものです。

素敵な時間をおまかせ。“JULIA劇場”へようこそ

最後に。東京・恵比寿にある、今話題のペアリングレストランJULIAでは、メニューやワインは完全におまかせ……公私ともにパートナーであるオーナーソムリエの本橋さんと、シェフのnaoさんが創り出す、至福の時間とは?

 

食事の時間を僕たちに委ねてほしい

「例えば映画や演劇を観に行って、そのストーリーを自分の好きな内容に変えることはできないですよね? レストランは本来、お客様が食べたい料理や飲みたいワインを決めることができますが、そういうレストランはたくさんある。JULIAに来ていただいたら、ストーリーは決まっています。その時間を僕たちに任せて欲しいのです」(本橋さん)

 

レストランやホテルでの20年以上のソムリエ経験を経て、現在のパートナー、シェフのnaoさんと茨城県つくば市で「本橋ワイン食堂」をオープン。5年間地元で愛されたワイン食堂は昨年、東京進出のチャンスをつかみました。

 

「恵比寿出店を機にnaoと入籍したこともあり『JULIA』に改名したんです。“ジュリア”は僕の母のニックネームでした。近所の人に料理を振る舞うほど料理好きな母で、将来は父と小料理屋をすることが夢でした。父が早くに他界したのでその夢は叶いませんでしたが、僕たちがその夢を引き継ぐことになりました」(本橋さん)

 

 

naoさんは、先述の通り、料理はすべて独学だそう! 調理師専門学校に通ったこともなければ、有名店での修行経験もありません。ふたりが好きなニューヨークへ何度も一緒に足を運び、ありとあらゆるレストランで食事をしながら研究を重ね、感性を磨きました。だからJULIAの料理は独創的でありながら、どことなくプロの緻密さよりも母の手料理にも似た温かさがあるのです。

 

 

また注目すべきは、JULIAへ海外からも足を運ぶ客の多いこと。さまざまな経験を積んだシェフ、誰々の元で修行をしたシェフ……私たち日本人がつい、レストラン選びの指標にしてしまいがちなそんな情報は、海外からの客にはまるで関係なく、naoさんの料理自体に感銘を受けて、度々足を運ぶと言います。

 

実は海外のウェブサイトが選ぶ「注目すべきアジアの女性シェフ10人」に選出されていることからも、日本より海外で知られていることがわかります。いつも笑顔で謙虚なnaoさん、本人が思っているよりもずっと、今後ますます注目されるべきシェフであることは間違いなさそうです。

 

JULIAのおまかせペアリングコースは、毎月変わります。デザートまで8?9皿の料理と本橋オーナーがそれぞれに合わせて選んだワイン、時にはシードルが1杯ずつ組み合わせられて楽しむことも。また面白いのが、このコースはなんと前半の4皿まで、フォークとナイフを使わず、すべて手で食べるスタイルだということ! フォーク・ナイフとワイングラス、それらを交互に持ち換えながら食事を進めるというのは、意外と気を遣う作法であり、手づかみで食材を口に運びながらもう一方の空いた手でワイングラスを口に運ぶというのは、いたって自然な動き。一度体験するとクセになります。食事をするという行為が、会話を遮ることがまるでなくなるのです。

 

「お客様がお家に帰って、お風呂に入りながら『あれ? 今日何食べたっけ? でもすっごく楽しかったなあ』って思ってくださったら、僕たちの勝ちですね(笑)」(本橋さん)

 

 

客には選ばせない“ジュリア劇場”は、けれど決して押し付けがましいレストランではなく、目に見えない時間と空間、記憶や知識を超えた、本能に響く満足度を提供しています。

 

「さっき、映画や演劇のストーリーは変えられないって言いましたけど、誰かのお家に招かれて食卓を囲む時も、内容って変えられないですよね。ここでは、お客様を僕たちの家に遊びに来てくれた大切な友人のように、誠心誠意おもてなしします」(本橋さん)

 

店内には大きなテーブルがひとつ。両側に6席ずつの計12席のみ。知らない客同士が、同じテーブルを囲んで食事をします。劇場でもあり、まるで友人の家に招かれたようでもあるJULIAへ、大切な人とぜひ訪れてみて。

 

【レストラン情報】


JULIA

所在地:東京都渋谷区恵比寿南1-18-9 タイムゾーンヒルトップビル1Fハーベスト内
Tel:03-6412-7490(完全予約制)
営業時間:18:00~22:00
定休日:火曜
https://juliaebisu.wixsite.com/julia

 

取材・文=山田マミ 撮影=泉山 美代子

GetNavi webがプロデュースするライフスタイルウェブメディア「@Living」(アットリビング)でくわしく読む

at-living_logo_wada

沖縄県民が「これで暑い季節を乗り切る」という元気の源って? 沖縄で昔から親しまれるご当地グルメ3選

日本全国津々浦々、各都道府県のオススメ食材を紹介する【ご当地グルメ&おつまみショー】、今回は沖縄県をお届けします。沖縄といえば「沖縄そば」や「チャンプルー」などが有名ですが、しかし沖縄にはまだまだ知られていない、昔から親しまれている食品がたくさんあります。なかでも食べる(飲む)と元気になるという人気ご当地グルメを紹介します!

 

[1品目]

ピーナッツクリームとふんわりパンのおいしいストライプがたまらない!

オキコ

ゼブラパン

沖縄で昔から親しまれている、オキコの大人気菓子パン「ゼブラパン」は発売後何十年もの間沖縄の人々に愛されてきました。

 

袋を開けると、ピーナッツクリームの香ばしさや、黒糖の甘~い香りが食欲をそそります。ふわふわのパンとクリームが何層にも重なり、タテ8cm、ヨコ17cmのボリュームで食べ応え充分の一本です。

 

しっとりふわふわの食感をそのまま味わうのもおススメですが、トースターで軽く焼くと、さらに香ばしくなります。サクサクの食感と、ほどよく溶けたクリームのハーモニーが、ゼブラパンの美味しさをより引き出してくれるので、ぜひお試しください! 182円(参考価格)。

 

↑ふわふわなパンにクリームが重なり食べ応え充分。パッケージの「しまうま」がチャームポイント

 

[2品目]

おにぎりの具といえばこれ! おかず味噌の定番「あんだすー」

赤マルソウ

油みそ

昔から豚肉をよく食べる沖縄で、少しでも長く豚肉を保存できるよう工夫された保存食が「あんだんすー(油みそ)」です。みそと細かく切った三枚肉(豚肉)を炒め、砂糖や酒(泡盛)などで味付けして作ります。よく家庭でも作られますが、地元のスーパーなどでも売られており、最近はインターネットでも手軽に購入できるようになりました。

 

スーパーやコンビニのおにぎりコーナーでは、梅やツナなどと並ぶ定番の具として人気があります。ほんのり甘く、みその風味に豚肉のジューシーさが加わり、ご飯がすすむ美味しさ。近年では、昔ながらの味にニンニクやゴマを加えた進化系の商品が登場するなど、その美味しさはどんどん広がっています。140g入り203円(参考価格)。

 

↑ビンを開けると、みその風味と甘い香りが。豚肉は濃厚な味わい

 

[3品目]

珊瑚の島で生まれたおじぃ、おばぁの定番健康飲料

渡具知

うるまげんまい

沖縄では、昔から穀類を使ったドリンクが親しまれています。食欲がないときでも気軽に栄養補給ができると、特にご年配の方々に好まれていますが、最近はスムージーのような感覚で健康志向の女性にも人気がでてきました。

 

玄米やもち米をつぶして、黒糖で甘みを加えたしょうが風味ドリンクで、とろっとしたのど越しが特徴です。一口目は甘いお粥のような口あたりに驚きますが、“とろとろ”と喉に入っていく感覚は結構やみつきになります。意外と腹もちもよく、時間がないときや小腹がすいたときに飲むこともあります。

 

お米ベースを「ミキ」、玄米ベースを「げんまい」と呼びますが、最近ではそれらにヨモギや紅イモなどを混ぜた商品もあり、バリエーションもいろいろ増えてきました。180ml入り132円(参考価格)。

 

↑天然ミネラルが豊富といわれる沖縄サンゴカルシウム入り。とろりとした見た目はまるでスムージーです

愛知は「みそ」だけじゃにゃーよ! 根強い人気を誇る愛知県のご当地グルメ3選

日本全国津々浦々、各都道府県のオススメ食材を紹介する【ご当地グルメ&おつまみショー】、今回は愛知県をお届けします。愛知(名古屋)といえば「みそモノ」がクローズアップされますが、ほかにも美味しい食材は沢山。なかでもリポーターが「これは」と自信を持ってオススメできる3品をご紹介です!

 

[1品目]

甘くてコクのある愛知県産牛乳

雪印メグミルク

愛知の牛乳

「愛知の牛乳」は愛知県の酪農農家の全面協力により、知多半島や渥美半島などの地元生産者の健康な牛から搾乳された新鮮な生乳100%を使用し、雪印メグミルク名古屋工場で仕上げた成分無調整牛乳です。

 

愛知の太陽と大地に育まれたこの味わい深い牛乳、2品目で紹介する愛知のソウルフード「しるこサンド」ともよく合います。牛乳にしるこサンドを浸して食べると絶品ですので、ぜひ一度お試しください!

 

愛知県版地産地消の取り組みである「いいともあいちネットワーク」にも加盟し、「いいともあいち運動」を応援している雪印メグミルクが製造している、という点も愛知県民としては安心ポイントです。1000ml入りパック238円(参考価格)。

 

↑甘みとコクがあり、冷やしても温めても美味しいです

 

[2品目]

子ども時代を想い出す懐かしの味

松永製菓

しるこサンド

愛知県小牧市の松永製菓が主力ブランドとして展開する「しるこサンド」。しるこサンドとは、北海道産のあずきとりんごジャムとはちみつなどを練った「あん」をビスケット生地に挟んで焼き上げた、三層構造のお菓子です。

 

「あん」のほんのりした甘さと、ビスケットの塩味の組み合わせが絶妙で飽きのこない味です。ビスケット生地は固めで歯ごたえがあり、3個食べるとしるこの味がするように調整されています。「名古屋には小倉トーストがあるから売れるはず」との着想から作られたそうですが、思惑通りすっかり地元に定着しました。

 

工場の近くに直営店があり、松永製菓の商品が一堂に揃うだけではなく、レア商品やここでしか買えない商品も販売しています。また、併設しているカフェでは400円で食べ放題のビスケットバイキングを開催しているのでぜひ足を運んでください! 1袋220g、198円(参考価格)。

 

↑甘みと塩味が絶妙にブレンド。不思議と牛乳に合います!

 

[3品目]

愛知県民が大好きな味なのです

コーミ

こいくちソース

「いい味、いい笑顔」がキャッチフレーズのコーミ株式会社はコーミソースで知られる調味料メーカーです。コーミとは「香味」のことで、同社は主に愛知県で好まれるこいくちソースを販売しています。こいくちソースは、野菜の持ち味を生かした「うま味が濃いソース」という意味で、色や塩分が濃いということではありません。

 

ソースは野菜が主成分で身体に優しいノンオイル。赤味噌やたまり醤油といった濃厚で旨みのある調味料を好む傾向にある愛知県民の味覚に合うように作られたそうです。さらりとしているので、目玉焼き、カレーライス、ポテトサラダにかけると美味しいくておススメ。また「コーミやきそばソース」も美味です。300ml入り158円(参考価格)。

 

↑安い卵でもソースをかけると高級な味!

【街中華の名店】納豆とねぎ好きならマスト! 渋谷に2店舗構える「山之内」には魔性の激ウマメニューあり

街中華のなかには、ときに個性的な料理が名物となっている店がある。今回紹介する、キラー通りの「中華風家庭料理 山之内 神宮前店」もそんな一軒だ。たとえば、冷やし麺タイプの「ねぎそば」。夏季限定ではなく、冬でもオーダーが絶えない同店の大定番である。ほかにもトガったメニューが異彩を放つ、同店の魅力をお伝えしよう。

 

 

シンプルなねぎそばと納豆チャーハンはクセになるウマさ

この「ねぎそば」は見た目こそ非常にシンプルであり、使われている食材も必要最低限。麺のうえに白髪ねぎと刻みチャーシューがのり、茶褐色のタレがかかった潔さ満点の一品だ。

↑「ねぎそば」700円(夜は750円)。ゆるやかにウェーブのかかった中細麺は115gで、のど越しがよくなめらかな食感だ

 

ところが、ひと口食べると箸はもう止まらない。特製のしょうゆダレは程よい濃さで、シャキっとしたねぎとも相性抜群。シンプルゆえに単調になるかと思いきや、それぞれのキャラクターが際立っているのでまったく飽きることがない。しかも、さらに味のマンネリ化防止に一役買っているのがチャーシューだ。

↑豚の肩ロースを約2時間半煮込んだチャーシュー。隠し味に使われた八角が、妖艶な風味を醸し出している

 

ただ、肉の存在感をプラスするだけではない。八角という、本格中華でおなじみの甘味を帯びた香辛料が隠し味に使われており、これが好アクセントを演出する。なお、「納豆ねぎそば」(850円で、こちらは昼も夜も同価格)というさらに個性的なメニューもあるのだが、この納豆自体も「山之内」の魅力だ。

↑「納豆チャーハン」850円。パックで売られている一般的な納豆を使っているが、熟練の技でひとつになっておりとにかく味のバランスがいい

 

いくつかの納豆メニューがあり、なかでも多くのファンを持つのが「納豆チャーハン」。納豆だけでなく、細かく刻んだにんじんが入っているのも特徴で、ほんのりと甘みを加えている。そして一般的なチャーハンよりしょうゆの味が強めになっており、これは納豆との相性をよくするためのテクニックだ。

 

 

中華風家庭料理の超名店のルーツだった!

一品料理で絶大な人気を誇るのは「ネギワンタン」だ。これは仕込みが大変なため、夜限定となっているが、それはビジュアルを見れば一目瞭然。ワンタンが隠れるほど、大量の白髪ねぎがのっている。ねぎは「ねぎそば」などにも使われる同店必須の食材であり、聞けば1日に仕入れる数は約30本。5kgもの量を極細にカットし、みずみずしい白髪ねぎに仕上げるのだ。

↑「ネギワンタン」750円。この大量のねぎの下に、ぷるっぷるの手作りワンタンが7ピース眠っている

 

皮は麺と同じ製麺所に特注したものだが、あんは自家製。使う具材はあえて極少にしており、しょうがやにんにくなどは入れず豚の挽肉とねぎだけ。これを薄口しょうゆで味付けし、素材本来のうまみを凝縮させる。

↑あとがけのしょうゆダレはワンタン専用のもの。みずみずしい生地に、白髪ねぎと青ねぎ。ふたつの爽やかな辛味がこのうえない味のメリハリを生んでいる

 

オリジナリティの高い「山之内」の料理だが、にんじんや納豆を使うチャーハンなど、どこか家庭的なレシピを彷彿とさせるものも。この秘密を聞くと、そこには同店のルーツとなる名店の存在があった。

↑歴史を感じさせるたたずまい。「中華風家庭料理」の文字は、古巣へのオマージュだろう

 

キラー通り沿いにあるここは、青山の骨董通りで絶大な人気を誇る「中華風家庭料理 ふーみん」がもともとあった場所。ふーみんは1971年に開業し、1986年に現在の地へ移転したという。それまでふーみんで働いていたのが、「山之内」のオーナーである山之内敏昭さん。つまりは移転を機に独立し、古巣の跡地を受け継いで「山之内」を開業したのである。

↑現在、山之内オーナーは2号店で陣頭指揮をとっており、神宮前店ではその技術を学んだ料理長兼店長が切り盛りしている

 

やがて「山之内」も繁盛店となり、渋谷の宮益坂エリアに2号店となる「中華風家庭料理 Yamaのuchi 渋谷店」をオープン。山之内オーナーはこちらに拠点を移し、いまも渋谷店で腕を振るっている。これら3つの店にはすべて「ネギワンタン」「ねぎそば」「納豆チャーハン」、そして「たらこ豆腐」という個性派メニューなども共通して存在するが、最も街中華な雰囲気なのが原点の地である「中華風家庭料理 山之内 神宮前店」なのだ。

↑神宮前店。テーブル席もあって、ゆっくりと晩酌を楽しむことができる

 

こぢんまりとしているぶんアットホームで、ひとりで気軽に食事やお酒を楽しめる。お客の9割は常連だというが、そのなかにはプロ野球選手や芸能人も少なくない。また、場所柄アパレルやクリエイティブ系の企業で働く業界人も多く、彼らの想像力をかきたてるのに欠かせない存在でもあるのだ。最寄り駅から少々歩くが、だからこそ穴場といえる立地。ぜひ訪れておきたい名店である。

 

撮影/我妻慶一

 

【SHOP DATA】

中華風家庭料理 山之内 神宮前店

住所:東京都渋谷区神宮前3-38-11

アクセス:東京メトロ銀座線「外苑前駅」徒歩8分
営業時間:平日12:00~14:30/18:00~21:30(L.O.)、土曜12:00~14:30

定休日:日曜、祝日

7000円相当⇒500円も夢じゃない! 8月の焼肉は「伊藤課長」でつかみ取れ!

夏バテ対策で肉を食べたくなる今日このごろ。しかも今月末には“ヤキニク”の日(8/29)を控えていることもあり、何かにつけ焼肉のことを考えている(?)方も多いはず。そんな肉好きのアナタのための、お得すぎるイベントがあります。それが、人気のホルモン焼肉店「伊藤課長」で開催中の、肉のつかみ取りキャンペーンです!

 

赤字上等の人気キャンペーンが帰ってきた!

「課長カルビ つかみどりキャンペーン」は、東京都内の「伊藤課長」3店舗(浅草駅ビル店・神田東口店・代々木駅前店)で、8月31日までの期間限定で実施中。なんと税込540円(税抜500円)で、同店の看板メニュー「課長カルビ(80g 税込745円)」を、ゴッソリつかみ取りできちゃうという破格の内容です。昨年好評だったキャンペーンが、満を持して復活しました!

↑こちらが通常の「課長カルビ」80g 745円

 

「課長カルビ」は、肉のプロが厳選して仕入れているとあって、さすがのクオリティ。肉のうまみをたっぷり楽しめる厚切りで、サシの入り方も絶妙です。こんなおいしそうなお肉を540円でつかみ取りとは、なんてブッ飛んだ企画! 百聞は一食にしかず。ということで、筆者も「伊藤課長」に行って挑戦してみました。

↑筆者が行ったのはこちら。「伊藤課長 代々木駅前店」

 

さっそく本日の主役、つかみ取りお肉の登場です。大きい器に、お肉がドッサリと入っています! しかも、けっして大味なお肉ではなく、見た目からすでに高品質であることがうかがえます。

↑適度なサシが入っていておいしそう!

 

このお肉を、UFOキャッチャーのように、手首を返さずに上からつかみ取り!

↑なかなかの手ごたえです!

 

↑結果は334g。及第点といったところでしょうか…

 

店内のPOPには、グラム数に応じた相当額の早見表があります。これによると、今回の挑戦結果はおよそ3000円相当、ということでした。なんとこれまでには800gをつかんだ猛者もいたとのこと。800gは7450円相当なので、7000円近くも得した計算です!

↑つかみ取りのルールと、グラム早見表

 

それでは、自らの手でつかみ取ったカルビをいただいてみましょう。やわらかくてジューシーで、上品な脂のうまみが噛むたびにあふれます。厚切りなので、食べ応えも十分。

↑多くのファンの心を“つかんだ”、こだわりのカルビです!

 

イトウさんは2倍お得。行かなきゃ損!

ちなみに苗字が伊藤or伊東の課長さんなら、名刺の提示で2つかみOKだったり、300g未満だったら「ハニーフラッシュ」というデザートを1皿プレゼントしてくれたりと、太っ腹でおもしろいルールもあります。

↑「ハニーフラッシュ」345円

 

↑あたたかくてホクホクの安納芋の上に、バターとバニラアイスをトッピング

 

ちょうどカルビ以外の話が出ましたので、その他のイチオシメニューもチェックしておきましょう。

↑「プレミアム牛たん」1814円

 

こちらは7月からの新メニュー。縦に厚切りカットされた牛たんは大サイズ! これ一枚でいろいろな部位を楽しめます。

↑焼けてきたら、ハサミで食べやすいサイズに切ります

 

↑「壷漬けハラミ」1069円

 

「課長カルビ」に並ぶ人気メニュー。じっくり熟成させたハラミを、店内仕込みで特製ダレに漬け込んで旨みを凝縮させています。

↑「アサヒスーパードライ」540円(写真左)、「生搾りレモンサワー」453円(写真右)

 

↑ジンと肉(ジントニック)626円

 

ドリンクは定番+αがそろう、絶妙なラインナップ。夏に飲みたいキリッとしたお酒も種類豊富です!

↑この夏は、味もコスパも間違いなしの「伊藤課長」へ!

 

大注目のつかみ取り以外にも、リーズナブルな絶品メニューがズラリの「伊藤課長」。8月末までのキャンペーン期間のうちに、ぜひともお試しあれ。なお、つかみ取りは4名につき1回なので、家族や友人、職場のみなさんを誘ってみると良いでしょう。手の大きい方や、リアル伊藤(伊東)課長さんが周りにいるなら大チャンスですよ!

 

 

【SHOP DATA】

伊藤課長 浅草駅ビル店

住所:東京都台東区花川戸1-2-3 浅草駅ビル 1F

アクセス:東京メトロ銀座線ほか「浅草駅」徒歩1分

営業時間:11:00~23:00(L.O.)

定休日:なし

どんな酒にも合うぞ! 「イカのスミ煮」なのに想像を超えて「トマト味」なおつまみ発見

今回は、食卓に強いアクセントを加えてくれるイカ墨を使った一品を紹介します。アシストバルール「PESCAMAR イカのスミ煮」は、細かく刻んだイカを味付けしたイカスミで煮込んだもの。大きさの割にはズッシリくる重さの缶詰を空けると、真っ黒な液体のなかにたくさんのイカが浸かっていました。表面に浮かぶ赤いオイルから、ある程度の辛さがあることも想像できます。

見た目はイカスミメインなのに……味付けは意外性のあるトマト味!

ですが、実際に食べてみるとびっくり。辛さがないばかりか、まるで「イカのトマト煮!」といいたくなるような味わいなのです。思わずパッケージ裏の表記を見るとたしかにトマトの記載もあるのですが、“しれっ”と記されているだけ。イカ墨の濃厚まろやかな風味はもちろんあるのですが、予想外のトマト味の強さにかなりの衝撃を受けました。

具材のイカはかなりやわらかく、フワッフワに煮込まれています。トマトのスウィートな甘さとイカ墨のずっしりしたコク、イカの旨味が混じりあって、落ち着いたやさしい味わいです。

 

 

パッケージの記載以上に、幅広いお酒に合う

さて、本品のパッケージには「日本酒、焼酎によく合う」という記述があるのですが、「日本酒、焼酎を中心に幅広い酒に合う」というのが筆者の評価。

たとえば日本酒と合わせると、スミ煮のやさしい味に酒の甘み・旨味が加わってまろやかでウマい! 双方の味が見事に溶け合い、箸も酒もするする進みます。まったく不協和音のないその味は、ベストマッチといって過言ではないでしょう。

 

焼酎ロックと合わせてちびちび飲むのも、日本酒とはまた違った楽しみが。日本酒ほど酒と料理の味が溶け合うことがないぶん、それぞれの味が分かれて舌に伝わってきます。焼酎のずっしりとくる重さとクセのある香りや味、それを緩和するイカスミのまろやかさ。両者をじっくり堪能したい場合は焼酎のほうがオススメでしょう。

 

もうひとつ、ワインもベターな選択。本品は海鮮料理ですが、この濃厚な味には赤ワインも十分イケます。一緒に味わうと、料理のやさしい口当たりのせいか、重く感じがちな赤ワインもスルスルと喉を通過。満足感とスッキリ感が共存する組み合わせです。日本酒や白ワインでは物足りないけれど、強いお酒はちょっとね……という方はこちらをチョイスしてくださいね。

 

【満足度ポイント】

日本酒                  ★★★★★

焼酎(芋・ロック)      ★★★★★

赤ワイン                ★★★★★

 

アシストバルール

PESCAMAR イカのスミ煮(111g)

実売価格404円

 

富山の豊かな自然と食材を満喫! 地元素材をふんだんに使った富山県ご当地グルメ3選

日本全国津々浦々、各都道府県のオススメ食材を紹介する【ご当地グルメ&おつまみショー】、今回は富山県のご当地グルメ3品をセレクトしました。富山といえば緑多き豊かな自然と新鮮豊富な魚貝類ですが、なかでも親しまれている白えびやイカを使った絶品チップス、有名おつまみをご紹介。富山県民をほっこりさせる厳選グルメ、富山にお越しの際はぜひご賞味あれ!

 

[1品目]

知る人ぞ知るサクサク&パリパリのチップス

あいの風

しろえびポテトチップス

株式会社あいの風より販売されているご富山産の白えびが入ったチップスは、県民が道の駅・新湊に立ち寄った際は必ずお土産に買うお菓子です。塩加減がちょうどよく、パリパリ、サクサクと白えびの風味が味わえ、さっぱりと食べやすいクセになる味。子どものおやつ、お酒のおつまみなどなど色々なシーンではずさない安心感と満足感たっぷりのチップスです。

 

お値段は388円(参考価格)でそのぶん食べごたえは充分、145gの大袋ですがあっという完食してしまいます。つい止まらなくなるこの「しろえびポテトチップス」、ぜひお土産にいかがでしょう?

 

[2品目]

食べたお口は真っ黒だけどとっても美味しい珍味

京吉

いかの黒作り

富山にはイカ墨関連の商品が豊富にありますが、やはりこの「いかの黒作り」が地元では定番です。ごはんに乗せて食べるも良し、お酒のおつまみなどそのまま味わうも良し。大根おろしを添えたり、お茶漬けに乗せたり、楽しみ方も色々です。

 

「いかの黒作り」は多くの製造会社が作っていますが、今回おススメするのは有限会社京吉の黒作り。味わい、見た目ともに「the・黒作り」といえる定番中の定番です。価格は大きめサイズの150gで498円(参考価格)。小さめサイズもありますが、あっという間に食べきってしまうので、大きめサイズがちょうどいいでしょう。

 

↑見た目は強烈ですが美味しい珍味。いかのツヤ感がたまりません!

 

[3品目]

富山の大地で育んだ味わい豊かな乳飲料

とやまアルペン乳業

カウヒー

コーヒー牛乳はどこでも販売されていますが、味わいはご当地それぞれですね。富山のコーヒー牛乳といえば、パッケージに可愛らしいモーモーちゃんが描かれた「カウヒー」が知られています。

 

富山の自然が育んだ牛乳から作られたカウヒーは、甘すぎず、それでいて味わい豊か。甘みが苦手な人も満足できる、後味すっきりな美味しさです。地元のスーパーには大抵置かれており、500mlパックで181円(参考価格)。ぜひ一度お試しあれ!

 

↑ミルク感たっぷりで大人も子どもも満足できる味わいです

夏休みは原宿で“ひんやり”しよう! インスタ映えするアイス&アートの「ピノファンタジア」に潜入

こちら前田アイス探偵事務所 第37回「ラフォーレ原宿で開催されているピノファンタジアを調査せよ!」

ここは、都内某所にあるアイス専門の探偵事務所「前田アイス探偵事務所」。所長は、“アイスは1日3個まで”をモットーに、月間90個以上のアイスを食べる声優でアイスフェアリー(自称)の前田玲奈だ。

 

この探偵事務所には、アイスに関する各種調査の依頼がやってくる。新人助手と2人で、日々アイスについて探したり調べたり食べたり食べたり食べたりしている。

 

さて、今日はどんな依頼があるのだろうか……。

↑前田玲奈さん

 

「ピノ」とアートの融合イベントがラフォーレ原宿で開催中

所長「フーンフフーン♪」

 

助手「所長、何やってるんですか?」

 

所長「私の趣味であるところの、水彩画を少々たしなんでいるの」

 

助手「所長は画伯ですもんね」

 

所長「……なんかその言い方に引っかかるところはあるけれど、絵を描いていると心が落ち着くんだよね。特に色を作ったりするのは楽しい!」

 

助手「そんな画伯の所長に、ちょうどいい依頼が入ってます」

 

【調査依頼】
ラフォーレ原宿で開催されている「pinofantasia」(ピノファンタジア)はどんなイベントなのか調査してください

 

助手「どうやら、森永乳業の『ピノ』を使ったイベントが8月7日から9月2日までラフォーレ原宿で開催されているようです。噂によると、デジタルとアートと食の融合なんだとか」

 

所長「デジタルでアートでアイスなんて、まさに私のためのイベントね」

 

助手「そうかもしれませんね。さっそくラフォーレ原宿に行ってみましょう」

 

世界にひとつだけのピノチョコファウンテン

助手「pinofantasiaにやってまいりました。ラフォーレ原宿の6階が会場です」

 

所長「ワクワクする!」

 

助手「イベントは2つのルームに分かれているようです。まずは“room イロ”から行きましょう。入場料は1人1000円となっています」

 

所長「会場の中央に、大きなチョコファウンテンがあるわね。これ家に欲しい……」

 

助手「うっとりした目をしてますね。えっと、これは世界にひとつだけの高さ3mの“ピノチョコファウンテン”です」

 

所長「たまらないわね……。ダイブしたい」

 

助手「帰りがたいへんなことになるので我慢してください」

 

カラフルなチョコソースでピノをデコレーション&実食

助手「こちらではいわゆる裸ピノに、チョコレートソースで自由にデコレーションができるようです」

 

所長「ほほう。去年開催されたピノカフェのグレードアップバージョンみたいな感じね」

 

助手「チョコレートソースは8種類から4種類選べるようです。ブラウンだけがチョコレートソース、そのほかは色にかかわらずホワイトチョコレートソースですね」

 

所長「ソースは専用のトレーに入れてくれるのね。しかもピノアイスを入れる缶は3種類のデザインから選べるんだ! どれにしようかな……」

 

 

助手「缶はお持ち帰りできるようです。さて、それぞれソースをもらってきました。トレーにはドライアイスが入っていますが、裸ピノは溶けやすいので10分くらいを目安に色を付けていきましょう」

 

裸ピノにチョコソースでカラーリング

所長「カップにソースを2種類入れて裸ピノを入れると、ツートンカラーになるんだ」

 

 

助手「混ぜればマーブルにもなりますね」

 

助手「これ作業をしていると無口になりますね」

 

所長「カニを食べているときみたいよね」

 

助手「青っぽい色を使うと、かわいくなりますね」

 

所長「裸ピノに直接チョコソースをかけたり、ピックでドットを描いたり線を描いたり、いろいろできるて楽しい!」

 

助手「早くしないと溶けちゃいますよ」

 

所長「ということで、全部カラーリング終わりました。ちなみに右側のトレーが私、左側のトレーが助手君ね」

 

助手「やはり所長のほうがポップでかわいらしいですね」

 

所長「それはセンスの違いよ。では、いただきましょうか」

 

助手「いただきまーす」

 

所長「いただきます。うーん、おいしい!」

 

助手「ホワイトチョコが濃厚な味わいで、普通のピノよりもおいしく感じますね」

 

所長「おいしいね~。ホワイトチョコ味のピノってなかったと思うから、これ製品化して売ってほしい!」

 

デジタルアートとピノのコラボレーションが美しい

助手「さて、次は“room ヒカリ”に行きましょう。こちらは別途500円の入場料がかかります」

 

所長「真っ暗……。何が起きるんだろ」

 

助手「暗い部屋で、スプーンに盛り付けられた特別メニューのピノが3種類サーブされるようです」

↑左からフルーティ−ゼリーピノ、ストロベリーショートピノ、ティーフレーバーピノ

 

所長「やってきたけど……暗くてよくわからないや」

 

助手「おおお、ピノの部分に映像が浮かび上がりました。どうやら、ピノの温度に反応してこの映像が動いていくようです」

 

所長「温度に反応するんだ! デジタルなアートだね」

 

助手「これ、すごいですね。ピノのスプーンを動かすと、その場所で花びらが散ったり集まってきたり。ずっとやっちゃいますよこれ」

 

所長「でも、ピノが溶けちゃうから食べないと」

 

助手「そうですね。いただきましょう」

 

所長「いただきます。うーん、フルーティ−ゼリーピノは、フルーツピューレとゼリーが爽やかね」

 

助手「ストロベリーショートピノは、ピノチョコとストロベリーのハーモニーがお口に広がって贅沢な気分になります」

 

所長「ピノアーモンドを使用したティーフレーバーピノは、アーモンドクランチが入っていてサクサクした食感が楽しめるわね。ピノアーモンドはピノチョコアソートにしか入ってないから、お得感ある~」

 

助手「このインタラクティブな仕掛けも楽しいですけど、特別メニューもおいしいですね」

 

所長「目でも舌でも楽しめるイベントね」

 

 

夏のプレイスポットはアイスとデジタルアートの融合を楽しもう

助手「いやー、楽しかったですね」

 

所長「夏の自由研究と花火を一緒に楽しんだような感じよね」

 

助手「では、調査報告書はこのようにしておきます」

 

【調査報告書】
pinofantasia(ピノファンタジア)は、作る、見る、食べるの3つの楽しさがあるお得なアイスイベント。カップルで、家族で、ひんやり涼しく楽しめるスポット!

 

所長「ほんとに楽しいイベントだったわね。最低でもあと2回は来ないと」

 

助手「なんでですか?」

 

所長「決まってるでしょ? あの缶ケース、3つとも集めたいから!」

 

助手「そうですね、目指せコンプリート!」

 

文/三浦一紀

 

イベント名 :「pinofantasia (ピノファンタジア)」
期間:2018年8月7日(火)~9月2日(日) ※8月21日(火)、22日(水)はラフォーレ原宿が休館のため、イベントも休業
営業時間:11:00~20:00
場所:ラフォーレミュージアム原宿 (東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6F)
料金:入場料 (room ‘イロ’) 1000円(room ‘ヒカリ’は別途500円かかります)
特設サイト:http://www.pinoice.com/fantasia/

 

【前田玲奈さん情報】

公式ツイッター
https://mobile.twitter.com/renamaeda07

公式ラインアカウント
https://t.co/ixC8KohZOK

アイスフェアリーによるアイス好きのためのInstagram
https://t.co/GVwGuyhRo6

 

【出演情報】

<アニメ>
「中間管理録トネガワ」
西口冴子役 日本テレビAnichU枠にて毎週火曜日25:59〜放送!
http://www.tonegawa-anime.com「ウマ娘 プリティーダービー」再放送
グラスワンダー役 TokyoMXにて毎週月曜日23:00〜放送!その他の放送局はこちらより
https://umamusume.jp/sp/
アニメ映画
8/4(土)から公開中
「詩季織々」
水晶 役
http://shikioriori.jp/
「黒猫モンロヲ」
ヨッピー役
毎週月曜日
中京テレビ「ニャンだ?フル チャンネル」内(26:46 ~ 26:50) にて放送!
広島ホームテレビ、愛媛朝日テレビでも放送

「狐狸之声」
2018年10月からTOKYO MXほかで放送・配信開始

シュアル役

http://kitsune-no-koe.com

〈音楽〉
・Tokyo 7th シスターズ 3rd ALBUM
『THE STRAIGHT LIGHT』7/4発売
セブンスシスターズ 御園尾マナ役
http://www.jvcmusic.co.jp/t7s/65023/

・ウマ娘プリティーダービー
『ANIMATION DERBY 03』7/25発売
グラスワンダー役〈イベント〉

・さいたまスーパーアリーナにて開催される「アニメロサマーライブ2018」にウマ娘プリティーダービーが8/25(土)出走決定!
https://umamusume.jp/sp/news/detail.php?id=news-0102

・「中間管理録トネガワ」第1弾公式イベント
帝愛ファイナンス債務者集会in汐留
2018年8月19日(日)11時~(予定)
場所:汐留・日本テレビ

 

「超☆汐留パラダイス!-2018 SUMMER-」野外特設ステージ

【出演者】森川智之(利根川幸雄役)、羽多野渉(山崎健二役)、島﨑信長(佐衛門三郎二朗役)、青柳尊哉(菊地役)、前田玲奈(西口冴子役)ほか

※出演者は都合により変更になる場合がございます。

入場料:無料

・アイスフェアリー監修メニュー

汐留日本テレビ 汐パラ

ビアカフェレストラン×人気カキ氷店「和キッチンかんな」

8月26日(日)まで

アイスフェアリーとして『大人パインミント』というメニューを監修させていただきました!

日本酒香る、大人なあなたにぴったりのカキ氷です!

毎日10:00〜21:00open

http://www.ntv.co.jp/shiopara/restaurant/

<ラジオ>
「前田玲奈のドキドキTuesday」
FM市川うらら 毎週火曜日19:00-
http://www.fmu.co.jp/maedarena.htm
アーカイブでも全回視聴可能

 

<吹替>
7/14よりシネスイッチ銀座にて上映
「子どもが教えてくれたこと」テュデュアル役
http://kodomo-oshiete.com/sp/index.html

 

〈ナレーション〉
BS日テレ 毎週日曜6:30〜
「おはよう!アンパンマン」
http://www.bs4.jp/ohayo_anpanman/

“中の人”だからこそ知っている激ウマ食品大公開!! 業務スーパー「隠れS級フード」8選

人気の定番商品を数多く揃える業務スーパーですが、ここでは最も業務スーパーを知る人、神戸物産の社員の方にイチオシ商品をリサーチ。中の人だからこそ知る名品をオススメコメントとともに公開します!

 

【その1】西日本商品MD主任 Kさんのオススメ

よく伸びて弾力があるとろけるモッツァレラ

アメリカ産・冷蔵

モッツァレラシュレッド

429円(400g)

モッツァレラチーズでは珍しいシュレッドタイプ(短冊状にカットされたもの)。加熱して溶けたあともモッツァレラらしい風味と弾力、糸引きが楽しめます。冷凍保存も可能。

 

【ココがポイント】よく伸びて加熱調理にぴったり!

「なんといっても加熱したときの伸びの良さが特徴です。モッツァレラチーズ特有のミルキーな風味で素材の味を生かせて◎。ピザやグラタンなどのオーブン料理、いま人気のタッカルビにもオススメです!」(Kさん)

 

 

【その2】西日本商品MD課長 Ⅰさん

好みの厚みで使える約25㎝の巨大ベーコン

国産・冷蔵

ベーコンブロック

786円(700g)

長さ約25㎝の巨大なベーコン。厚めに切ればベーコンステーキに、薄く切ればベーコンスライスとしてハムエッグや野菜炒めに大活躍です。大容量だから惜しげなく使えてうれしいです。

 

【ココがポイント】冷凍庫に入れれば長期保管が可能!

「デンマーク・スペイン・アイルランドなどの豚バラ肉を日本国内で加工しています。好きなサイズに切れるので、料理への汎用性の高い一品。余った分は冷凍しておくと長期保存できますよ」(Ⅰさん)

 

 

【その3】西日本商品MD部 Mさん

香辛料をたっぷり使って味を極めたカレールウ

国産・常温

業務カレー  中辛

127円(200g)

29種類の香辛料をブレンドしたカレー粉を使って作られた本格派のカレールウ。200gで10皿分。包装が2パックにわかれているので、5皿分から使うことができます。

 

【ココがポイント】気分に合わせて選べる三者三様の味

「2種類のビーフエキスとココナッツペーストを使ったマイルドな味が特徴です。中辛に加え、はちみつとりんごの風味を生かした甘口、唐辛子と黒こしょうを効かせたスパイシーな辛口など、3種類の味があります」(Mさん)

 

 

【その4】西日本商品MD部 Mさん

素材のうまみを生かしたシンプルで栄養豊富な菓子

アメリカ・インド・ベトナム産・常温

徳用 素焼き ミックスナッツ袋

645円(270g)

ナッツ類のなかで人気の高いクルミとアーモンド、カシューナッツをブレンドした商品。油っぽさがないおかげで香ばしさが際立ち、食べる手が止まりません。栄養も豊富に含まれています。

 

【ココがポイント】食塩・油不使用で身体にやさしい

「3種類のナッツを均等に配合。食塩や油を使わずに香ばしくローストしているので、ナッツ本来の風味が感じられます。身体にやさしいおつまみとしてオススメです」(Mさん)

 

【その5】西日本商品MD部 Hさん

モチモチした弾力麺とあっさりしたWスープ

国産・常温

魚介豚骨醤油らーめん

149円(5食)

おトクな5食入りラーメンシリーズのひとつ。ベースに豚骨と魚介を効かせたスープはこってりしすぎず食べやすいです。モチモチとした弾力のある中太麺は食べ応えがあります。

 

【ココがポイント】魚介と豚骨が混ざる人気の味

「同シリーズの人気ナンバーワンフレーバーです。カツオのだしがきいた豚骨と柔らかな味わいの魚介を使ったWスープが特徴。お好きな具をたっぷりのせて食べるのがオススメ」(Hさん)

 

 

【その6】西日本商品MD執行役員兼部長 Tさん

天然水から作った驚くほど高コスパな炭酸水

国産・常温

ハレーインク 炭酸水

69円(1ℓ)

硬度10〜30㎎/ℓの軟水から作られた炭酸水。比較的強めの炭酸で、多少時間が経っても気が抜けません。500㎖タイプもあるので、使い切るまでの時間に合わせて使い分けできます。

 

【ココがポイント】原材料は山が育んだ名水

「鈴鹿山脈、信楽山地などが育んだ伊賀盆地の名水から生まれた天然水(硬度10〜30㎎/ℓの軟水)です。そのまま飲むのはもちろん、焼酎やウイスキーの割り材としても楽しめます」(Tさん)

 

 

【その7】西日本商品MD部 Nさん

アラビカ種を100%使用したラグジュアリーなコーヒー

国産・常温

ラグジュアリッチコーヒー(中深煎り)

896円(1kg)

ブラジルとコロンビア産の厳選したアラビカ種を使用。じっくりと深めに焙煎しており、香ばしいアロマとキレのある苦味を感じられます。

 

【ココがポイント】自社工場で作るクリーンな味わい

「アラビカ豆を100%使用し、グループ工場でじっくり深めに焙煎したこだわりのコーヒーです。雑味のないすっきりとした味わいが好きな方にオススメです」(Nさん)

 

 

【その8】西日本商品MD部 Sさん

台湾のモチモチタピオカを1杯約80円で堪能できる

台湾産・冷凍

タピオカドリンク(ミルクティー)

321円(4食入り)

紅茶とブラックタピオカ、ストローのセット。4セット楽しめるように4つずつ入っています。湯煎で解凍して牛乳と氷を入れれば完成。タピオカは本場と同じモチモチの食感です。

 

【ココがポイント】本場のタピオカでおうちカフェ開店

「本場のタピオカミルクティーを手軽に自宅で楽しめる、台湾から直輸入した逸品! 簡単におうちカフェを実現できますよ。SNSやブログを中心に現在じわじわと人気を上げています」(Sさん)

 

※本記事の内容は、2018年3月時点のものです。商品や価格は予告なく変更されたり、店舗によってはお取り扱いがなかったりする場合があります。

 

【もっと詳しく知りたい方はコチラ!】

ドン・キホーテ&業務スーパー 殿堂入りベストバイ
680円+税/学研プラス

ドン・キホーテの激安テレビ&家電から業務スーパーで大人気の大容量食品まで、おトクなアイテムだけを集めた1冊。紹介している商品はすべて専門家のお墨付きを得たものばかり。注目度が高いホームセンターの逸品もピックアップ!

そうめん研究家イチオシの「つゆ」はどれ? オススメ商品と薬味の組み合わせを伝授

そうめんに欠かせないのがつゆです。ここでもソーメン二郎さんオススメの商品を紹介。きのこを使ったり、魚介だしに鮎を採用したり、信州みそを用いたりと、個性的な味にも注目です。

 

【魅力を伝えてくれた人】

そうめん研究家

ソーメン二郎さん

実家が三輪そうめん製麺所。著書に「簡単!極旨!そうめんレシピ」(扶桑社)があります。

つゆを知るともっとウマい! 

パスタのように具材と一緒に炒めたり、サラダ感覚で味わったりと、いまやそうめんの食べ方は様々です。とはいえ、やはり基本はつゆでしょう。オーソドックスなつゆは、かつおだしがベースとなったタイプ。ただこれも麺と同様で、深掘りするとだしだけでもバリエーションは豊富だ。お気に入りのつゆを使い続けるのもいいですが、素材が違うだけでも味わいは千差万別。ソーメン二郎さんも様々なつゆのつけ比べを推奨します。

 

「つゆを複数用意するだけでも、そうめんはマンネリ化しません。このとき大事なのは、そうめんの器に水と氷を入れないこと。食卓でよく見かけるスタイルですが、これをすると、麺についた水分でつゆがどんどん薄まってしまいます。水気を切って器に盛るだけで、驚くほどおいしく食べられますよ」(ソーメン二郎さん)

 

ここではソーメン二郎さんのコツを取り入れながら、フードアナリストが6種のつゆをつけ比べ。つゆ選びの参考にしてみてください。

 

【つけ比べた人】

フードアナリスト

中山秀明さん

フードを中心に取材と執筆を行います。そうめんは、まずは何もつけずに食べるのがモットー。

【その1】はちみつの自然な甘みの奥にあごだしが効いた九州らしい味

【だし:焼きあご、かつお節、さば節、うるめ節、こんぶエキスなど】

【ストレートタイプ】

ヤマエ食品工業

高千穂峡 あごだしつゆ(500ml

367円

九州のだしとしてポピュラーな焼きあご(とびうおの焼き干し)をメインに、かつお節やこんぶなどでうまみを抽出。甘みは強いですが、はちみつを使い、自然由来の甘さに仕上がっています。

味の特徴(5段階評価)→【コク:4】【だしの風味:3】【キレ:3】【甘み:5】【塩味:4】

 

【中山’s Comment】九州男児のようなパワフルな味

甘めのしょうゆにだしが効いていて、男っぽいパワフルな味わいです。高千穂峡は流しそうめんの発祥地といわれますが、この濃厚なつゆならそう簡単に薄まりませんね。

 

 

【その2】しいたけとまいたけが香るきのこ三昧の残暑に合うつゆ

【だし:しいたけ、まいたけなど】【2倍希釈タイプ】

正田醤油

きのこつゆ(500ml) 432円

本醸造のしょうゆをベースに、厳選したしいたけとまいたけからじっくり抽出しただしと濃縮エキスがたっぷり。煮物や炊き込みご飯など、和風調味料としても活躍します。

味の特徴(5段階評価)→【コク:4】【だしの風味:4】【キレ:2.5】【甘み:3.5】【塩味:4.5】

 

【中山’s Comment】野性的なうまみで秋を感じるつゆ

きのこらしい野性的なうまみが特徴。塩味は強めですがだしもしっかり主張していて、どっしりとした輪郭です。秋を彷彿とさせる味わいで、夏に食べるなら残暑がオススメ。

【その3】実力派ソースメーカーの香り高いごまみそつゆ

【だし:かつお節など】【2倍希釈タイプ】

ポールスタア

かつお香るごまみそめんつゆ(455ml)

540円

無添加にこだわる東京・東村山のソースメーカーが製造。かつおのうまみを効かせただしに、練りごまとすりごま、信州みそを加えて仕上げた香り高い味です。ごまダレとしても使えます。

味の特徴(5段階評価)→【コク:5】【だしの風味:3】【キレ:1】【甘み:4】【塩味:4.5】

 

【中山’s Comment】コク・うまみ・甘みの三重奏

ごまの香ばしさが漂い、甘みが強め。しょうゆも使われていて、コクとうまみがあります。東村山の名産、強烈なコシの武蔵野うどんの強烈なコシにも合う力強い味ですね。

 

【その4】四万十川の清流で育った鮎をメインのだしに使用

【だし:かつお節、鮎エキス、こんぶ、はもエキスなど】【2倍希釈タイプ】

三輪山勝製麺

こだわりの鮎だし入りめんつゆ(300ml)

648円

こだわりのそうめんメーカーとして名高い、三輪山勝製麺のつゆ。四万十川流域で獲れた天然鮎を焼いてエキスを抽出し、国産かつおから引き出しただしとはもを使っている。うまみが凝縮された逸品だ。

味の特徴(5段階評価)→【コク:3】【だしの風味:3.5】【キレ:3.5】【甘み:3】【塩味:3】

 

 

【中山’s Comment】極細の三輪そうめんに合う繊細な味

鮎だけだとたんぱくになりがちなところを、ほかの素材でカバーしている点はさすが。麺のおいしさを生かす繊細な味で、極細の三輪そうめんにぴったりでしょう。

 

 

【その5】しいたけとはちみつがまろやかな味わいを創出

【だし:しいたけ、さば節、かつお節、しいたけエキス、こんぶエキスなど】【ストレートタイプ】

ヤマエ食品工業

高千穂峡 しいたけつゆ(ストレートタイプ)(500ml

367

厳選したしいたけを使い、九州南部の霧島山系の清らかな伏流水でじっくりとうまみを抽出。豊かな山の恵みとはちみつの甘さが掛け合わさり、まろやかでふくよかな味わいです。

味の特徴(5段階評価)→【コク:4.5】【だしの風味:4】【キレ:2】【甘み:5】【塩味:4】

 

【中山’s Comment】滋味深く好バランスな甘しょっぱさ

九州は甘いしょうゆの文化圏。このつゆにもしっかりとした甘さがありますね。とはいえ、しいたけの滋味深い風味も負けておらず、濃厚ながらバランスのよい甘じょっぱさ。

 

【その6】6種の素材が織りなす上品な料亭の味

【だし:あごなど】【煮出しタイプ】

味の兵四郎 あご入兵四郎だし(9g×6袋入)

540円

日本初のあごだし入りだしパックとして生まれた名作。長崎・平子沖産の焼きあごを、味のしまる秋に収穫し、小ぶりなものを厳選。かつお節、しいたけなど全6種の素材を採用しています。

味の特徴(5段階評価)→【コク:3.5】【だしの風味:4】【キレ:3】【甘み:1】【塩味:3】

 

【中山’s Comment】味付けなしでもいける上品なだし

このパックから抽出されるだしだけで、味付け不要の絶品なつゆを作れます。しかもその味わいは柔らかくて上品。家庭でも料亭のようなおいしさを再現できます。

続いて、薬味もそうめんを盛り上げるアイテムを紹介! 幼少期からそうめんの食べ方を研究してきた、ソーメン二郎さんイチオシの組み合わせを編集部員が試してみました!

 

【試した人】

本誌フード担当 鈴木翔子

ベランダで育てるほどの青じそラバー。納豆にも麺類にも入れています。

 

【その1】納豆×トマト×めんつゆ

「つゆが納豆とトマトの良いつなぎ役。納豆のネバネバがトマトの酸味で和らぎ後味は爽やかですね。つゆはかつおだしが◎。納豆は麺に絡みやすい小粒かひき割りで」(鈴木)

 

【その2】めかぶ×ツナ缶

「ツナは缶詰のオイルごと入れると、めかぶのたれと合わさり味に奥行きが出ます。めかぶのぬるぬるしゃきしゃきの食感と、つるんとしたのどごしが心地良くさっぱり!」(鈴木)

 

【その3】めんつゆ×牛乳×トマト×青じそ

「つゆと牛乳が予想以上に合う! つゆが麺をクリーミーにコーティングしてくれます。トマトを少し崩して、つゆに溶け込ませるとコクのある冷製スープのようで美味」(鈴木)

 

【その4】果物×フルーツ缶×レモンソーダ

「フルーツポンチにそうめん!? と半信半疑で食べたら、杏仁豆腐のような味でビックリ。子どものおやつにオススメです。レモンソーダをジンジャエールに変えても合いそう」(鈴木)

 

【ソーメン二郎さんのアドバイス】

つゆに1品入れるだけで味がガラリと変わります。最近見つけたベストマッチは「中華クラゲ」。クラゲの食感と麺ののどごしが合わさった「コリッツルッ」とした食感が◎。また、コンビニでも買える「岩下の新生姜スライス」は、そのままつゆに入れられて絶品ですよ。

 

文/中山秀明、鈴木翔子(本誌) 撮影/佐坂和也

こんな飲み方知らなかった!「世界のKitchenから」シリーズの「ソルティライチ」が7年以上愛される理由とは?

キリンビバレッジの「世界のKitchenから」シリーズといえば、ロングセラー商品の「ソルティライチ」が人気の飲料ブランドです。2011年の発売以来、細やかなリニューアルを重ねるソルティライチですが、どのようにしてこの商品やブランドが生まれたのかを知らない人も多いはず。

 

そこで、同シリーズの開発担当である弦田悠里さんにソルティライチの開発秘話からイチオシの飲み方までじっくりお聞きしてきました!

↑キリンビバレッジマーケティング本部マーケティング部商品担当の弦田悠里さん。2016年から商品開発に関わっている

 

 

タイ・チェンマイの「ローイゲーオ」がお手本

ソルティライチが誕生するきっかけとなったのは、タイのチェンマイの家庭で食べられている「ローイゲーオ」というデザート。果物を塩に漬けてひと晩置き、それぞれの家庭で工夫を凝らしたシロップをかけ、クラッシュアイスと一緒にガシャガシャ混ぜて出来上がる甘じょっぱいこのデザートは、タイの暑さで汗をたくさんかいたときに食べると全身に染み渡るおいしさだったそうです。

↑ローイゲーオはチェンマイのごく一部の家庭で作られている。実際に現地の家庭で味わったときのおいしさを再現したいと思ったのが商品開発のきっかけだった

 

 

「塩で果物の甘みが引き出されていて、本当においしかったんです。この経験から『塩って面白い』と思ったことが開発の原点。ナトリウムを使ったスポーツドリンクはいろいろありますが、ナトリウムと塩では舌での感じ方が異なります。塩のほうがダイレクトに舌の味蕾に伝わるんです。そこで、ソルティライチには少し甘みも感じる繊細な沖縄海塩を使っています」(弦田さん)

↑パッケージにも「沖縄海塩ひとつまみ」と書かれている

 

 

使用する塩についても、岩塩やアドレア海の塩などさまざまな塩を試したうえで、マイルドでライチの甘みを引き出すことを理由に沖縄の塩が選ばれたそうです。さらにその分量に関しても苦労を重ねており、ほんの少しの量の違いでしょっぱすぎたり、物足りなく感じたりと加減が難しかったのだとか。

 

「ソルティライチが発売された2011年は、東日本大震災が起きたことで物流がストップした年でもあります。そして、被災地では熱中症が増えていました。新商品を発売するのはかなり厳しい状況でしたが、このドリンクは被災されている人たちにとって、おいしさだけでなく塩分を手軽に摂取できるという点でも救いとなるはずだと思い、発売に漕ぎ着けたという経緯があります」(弦田さん)

 

取材中、弦田さんは開発したドリンクのことを「この子は〜」と話しており、まさに世界のKitchenからチームにとっては苦労の末に生まれた”我が子”のような存在なのだと強く感じた

 

 

たった3人で世界中の台所に潜入する異例の開発スタイル

そもそも「世界のKitchenから」シリーズは、2007年にスタートしたブランドです。入れ替わりの激しい飲料市場において、これだけ長く続くのは珍しいと弦田さんは話します。

 

「世界のKitchenからシリーズは、弊社で商品開発をしていた菅谷という女性が中心となって始まりました。彼女自身、いろんな商品を作っていても”自分自身が飲みたいものがない”と感じたのをきっかけに、『日本にいて商品のアイデアが生まれない、世界に行かせてほしい』と会社に訴えたことから世界のKitchenからがスタートしたそうですよ」(弦田さん)

 

スタート当初と同様、現在も世界のKitchenからシリーズは世界中の台所に赴いて得た知見を元に、オリジナルのドリンクレシピを開発しているそうです。そして、最初のレシピを作るのは、弦田さんを含むたった3人の開発担当者。そのレシピを元に技術スタッフがああでもない、こうでもないと試行錯誤を重ねて商品化を進めるという、大企業とは思えない進め方のプロジェクトなんです。

↑海外で得た知見を持ち寄って、中野某所のキッチンでドリンク作りが始まる

 

「一般的な商品開発は10か月くらいの期間を要しますが、私達は短くても1年半程度、もっと長期間かかってしまうこともあります。それは、“ググった”情報ではなく、あくまでも現地で得た知識で作るから。料理を振る舞ってくれる現地の家庭の人などの想いも背負って商品を開発するので、変なものは作れないぞと毎回思っています」(弦田さん)

↑モロッコの家庭で使われる「フラワーウォーター」を作るために用いられる道具を現地で購入して持ち帰ってきたそうだ。このアイデアを元に「Elderflower Sparkling Water」が開発された

 

完成した商品は協力してもらった現地の家庭に送ることも多くて、日本人の味覚に合わせて作っているのでよろこばれないんじゃないかと心配していると、大体は「おいしいわね!」と言ってもらえるのだとか。本当に”世界のKitchenから”生まれているというのには驚かされますね。

↑渡航先は開発担当者の関心も加味されて決まる。弦田さんのデスクには、さまざまな国の料理本や文化の本が並び、現地で買った本などをパッケージデザインやレシピの参考にすることも多いそうだ

 

ソルティライチがあっという間にラッシーに大変身

今回、弦田さんが私達に振る舞ってくれたのは、「ソルティライチのラッシー仕立て」です。作り方は驚くほど簡単。

 

・牛乳 100cc

・お家で作ろう!ソルティライチ 大さじ2

・レモン絞り汁 大さじ1

お好みでペパーミント適量

 

↑レシピは世界のKitchenからのホームページ上で公開されおり、ラッシーなどのドリンクだけでなく、おやつやおかずのしシピも掲載されている

 

これらの材料をよくかき混ぜるだけで、牛乳にとろみが生まれ、爽やかなラッシーが完成します。ここで使用した「お家で作ろう!ソルティライチ」は、ソルティライチの5倍濃縮タイプで、多彩なアレンジが楽しめるのだとか。

 

「個人的なおすすめは、トマトのガスパチョ(冷製スープ)です。冷やしたトマトをすりおろして、ソルティライチ大さじ2、塩少々、黒胡椒を加えるだけで、すごくおいしいスープになるんです! 」(弦田さん)

 

 

目指すのはみんなが飲みたいドリンクの一歩先

世界のKitchenからシリーズは続々と新商品が登場しており、6月発売の「とろけるカオスープ」、7月発売の「麦のカフェCEBADA(セバダ)」でついに計34アイテムとなりました。

↑「とろけるカオスープ」は、同シリーズ初のスープ。ランチを食べる時間もないくらい忙しかった弦田さんが、食事を楽しむことの大切さをドリンクにしようと思ったのが開発のきっかけ

 

 

とろけるカオスープは、ベトナム料理の「五味五彩二香」、たくさんの素材を上手く組み合わせてそれぞれの味わいの重なりを楽しむという考え方に基づいたスープで、とにかく複雑な味わいに驚かされます。最初に桃の味が来たと思えば、次にトマトの味がして、クリームチーズのコクを感じたかと思えば、最後にペパーミントが通り抜ける……。まさにこれはカオス!

 

↑「麦のカフェ CEBADA(セバダ)」は、カフェインが苦手な人がコーヒー感覚で楽しめるのが魅力

 

セバダは、スペインのレバンテ地方の家庭で作られる「アグア・デ・セバダ」という大麦を使ったコーヒーのような飲み物の製法を活用しています。大麦をコーヒー豆のように深く焙煎してミルで挽きドリップすることで、カフェインレスなのにコーギーのような香ばしさとほんのりした甘さが感じられ、コーヒーでもない、麦茶でもない不思議な味わいがします。

 

世界のKitchenからシリーズといえば、デザートドリンクの印象が強かったのですが、新商品はこれまでとは大きく異なっています。実はこの路線を選んだのにも理由があるそうです。

 

「世界のKitchenからシリーズは、流行に流されない商品作りをしているつもりです。とはいえ、ブームというのは、そのときの消費者が何を欲しがっているかを反映しているものでもあります。そこで、世界のKitchenからシリーズでは、みなさんが欲しいと思っているものの一歩先を行きたいんです。常に”驚き”を感じてもらえる商品を作りたいと思っています!」(弦田さん)

 

カフェで飲めるものではなく、世界のKitchenからシリーズだからこそ飲めるものを――。オンリーワンな商品作りを追求し続けるこのシリーズから、これからも目が離せません!

 

「そうめん×缶詰」は最高のソリューション。缶詰博士に最強コンビを聞いてきた

夏と言えば、飽きるほど食べることになるそうめんですが、様々なつゆを試してもそうめんがマンネリ化したときは、ぜひ缶詰を活用してみてください。そうめんと同様に注目されており、種類豊富で調理も楽チン。そのなかから「そうめんに合う」という傑作を缶詰博士に聞きました。

 

【紹介してくれた人】

缶詰博士

黒川勇人さん

50か国以上の缶詰を食した世界一の缶詰通。「レジェンド缶詰究極の逸品36」など著書も多数あります。

 

共通点が多いそうめんと缶詰、相棒になるのはある意味当然

前項で、多彩な味わいのつゆがそうめんのマンネリ防止になることに触れました。しかし欲をいえば具があったほうがいいし、アレンジもしたいところ。これを解決するのが缶詰です。味がしっかりついているから、具とつゆの両方を兼ねてくれます。

 

そこで缶詰博士の黒川勇人さんに話を聞くと、ここ数年、缶詰もそうめん同様、人気が急上しているらしいです。その理由は?

 

「食の多様化によって、バリエーションが増えたことが大きいです。たとえばタイカレーやアヒージョなど、これほど海外の料理を缶詰にしている国は日本だけです」

 

黒川さんは、ご当地系が注目を集めたこともポイントだと言います。

 

「ネットの影響ですね。地方の特産品だった缶詰が全国デビューしたり、珍しい郷土料理が食べられると話題になったりしています」

 

ネットの効果はそうめんも同様。また、首都圏にアンテナショップが増えたことも缶詰ヒットの要因だといいますが、これもそうめんに当てはまります。共通点が多いそうめんと缶詰、相棒になるのも納得です!

 

 

【その1】オリーブオイルの香りと鶏肉の豊かな弾力が美味

K&K

缶つま★レストラン

「マテ茶鶏のオリーブオイル漬け」

497円

栄養価の高いマテ茶配合の飼料で育った鶏を使い、エキストラバージンオリーブオイルをべースに調理。上品な香りのあとに広がる、弾力豊かな鶏の食感と甘みがたまりません。

 

【作り方】

ゆでたそうめんと缶詰のオイルを混ぜ合わせます。そこにマテ茶鶏と青じその千切りをのせれば缶成!

 

【缶詰博士’s Comment】

にんにくオイルと大きめの肉が絶品

鶏肉がかなり大きめにカットされていて、食べごたえが抜群。しかもムチムチっとした弾力に、オイルとにんにくの効いた味がマッチしてクセになります。がっつりと食べたいときには特にオススメですよ!

 

【その2】しめサバをスモークしたあと引くうまさの技あり缶

明治屋

おいしい缶詰

「国産燻製しめ鯖のオリーブ油漬」

432

青森の八戸で水揚げされたサバを軽く酢でしめてからスモーク。引き締まったサバの身のうまみと、酸味の効いたさっぱり系のフレーバーで、あとを引くおいしさに仕上がっています。

 

【作り方】

ゆでたそうめんと缶詰のオイル、めんつゆを混ぜ合わせる。しめサバと青ねぎをのせれば缶成!

【缶詰博士’s Comment】

甘酸っぱい味と燻香がたまらない

酢じめに加えて燻製も施しているので、サバの臭みがまったくありません。ほどよくのった脂と、甘酸っぱい味わいがマッチして食欲をそそります。ほかにはないエッジの効いた缶詰ですね。

 

 

【その3】エスニック缶の金字塔が放つトムヤムクンテイストの鶏肉

いなば食品

トムヤムチキン

実売価格168円

一大ブームを経て定番となった、エスニック缶シリーズのひとつ。本場のハーブなどを使い辛さと酸味を効かせたトムヤムスープに、角切りチキンを加えた本格的な味です。

【作り方】

缶詰の中身を丼に移しラップをして、電子レンジで1分半加熱。ゆでたそうめんを入れれば缶成!

 

【缶詰博士’s Comment】

サラサラスープがそうめんにマッチ

このシリーズは味わいだけでなく、汁がサラっとしている点も本格的です。トムヤムチキンは特にスープ感が強く、だからこそ、そうめんにぴったりなんです。パクチーを足すと本格度がアップしますよ。

 

 

【その4】北海道産のほたてを丸ごと使い洋風ソースで煮込んだ意欲作

 

エム・シーシー食品

ニューヨーク風帆立のニューバーグ

594

ニューヨーク発祥のシーフード料理を缶詰に仕立てた意欲作。生クリームのまろやかなコクと魚介のうまみを生かしたトマトベースのソースで、北海道産のほたて貝を丸ごとひとつ煮込んでいます。

 

【作り方】

耐熱容器に缶詰のソースだけを入れてラップをかけ、電子レンジで1分半加熱。そこにゆでたそうめんを入れてよく混ぜ盛り付ける。ほたてをのせて黒こしょうをかければ缶成!

 

【缶詰博士’s Comment】

洋風アレンジするならこれ!

日本の洋食界をリードしてきたメーカーによる逸品。そうめんをパスタ風に簡単アレンジするならコレですね。ソースだけでなく、ほたてがみずみずしくてしっとり、プルッとしている点も見逃せませんよ。

 

【その5】かわいいデザインだけでなくとろける食感で味も超絶品

 

木の屋石巻水産

カレイのえんがわ しょうゆ煮込み

540

カラスカレイの縁側からヒレにかけての部位を使用。小骨も柔らかく煮込んであるためカルシウムも摂れ、とろける食感がたまりません。ラベルデザインは、アーティストとしても活動する篠原ともえが手掛けています。

 

【作り方】

ゆでたそうめんに缶詰の中身をかけます。しょうが(チューブタイプでもOK)を添えれば缶成!

 

【缶詰博士’s Comment】

栄養価が豊富で女性にうれしい

カレイがたっぷり入っていて、とろっとしているので麺によく絡みます。ほんのり甘い砂糖じょうゆ味で、しょうがのトッピングが合いますね。コラーゲンやカルシウムが豊富で、女性にオススメです。

 

 

【その6】フレーク状のまぐろを名門しょうゆで濃い味付けに

SSKセールス

うまい!鮪 生姜入り 醤油仕立て

実売価格140

まぐろと細かく刻んだしょうがを、陸前高田の老舗「八木澤商店」のしょうゆで味付け。まぐろは精肉の部分のみを使っており、食べごたえがあります。フレーク状になっているので、料理の素材としても使いやすいです。

 

【作り方】

ゆでたそうめんに缶詰の中身をかけてよく混ぜる。最後に七味唐辛子をふりかければ缶成!

 

【缶詰博士’s Comment】

全国デビューした東北の名作

東北で有名な「ミヤカン」の名作を、あまりにもおいしいので親会社のSSKが全国ブランドに格上げしたというエピソードがあります。パンチのある甘じょっぱさがあり、そうめんにもピッタリですね。

 

 

【その7】米国ランチョンミートより素材のうまみを感じられる

沖縄県物産公社

わしたポーク

426

沖縄産豚肉の味を生かすため、塩と香辛料、沖縄産黒糖で味付け。さらに沖縄産の鶏肉を加え、あっさり食べやすく仕上がっています。「米国産ほど油っこくなく、素材本来の味を感じられます!」(黒川さん)

 

【その8】ほんのり和風テイストのやさしい味が子どもにも◎

 

はごろもフーズ

和風シーチキン Lフレーク

ほんのりしょうゆ味

実売価格151

しょうゆでほんのり和風の味付けにしたきはだまぐろの缶詰。容器には開けやすく、切り口がソフトで安全な「やさし〜る缶」を採用しています。「味付けもちょうどよくてやさしいんです。子どもにも◎」(黒川さん)

 

【その3】博多と静岡の名門同士が手を組んだピリ辛ツナ缶

 

ふくや

めんツナかんかん

実売価格300

明太子の元祖「ふくや」が、国産びんながまぐろを同社定番の「味の明太子 レギュラー」の漬け込み液で味付けしたツナ缶。「ツナは静岡の名門『由比缶詰所』が担当。ピリ辛でクセになる味です」(黒川さん)

 

文/中山秀明、鈴木翔子(本誌) 撮影/佐坂和也

【街中華の名店】ラーメン400円! 学生の青春に寄り添う「メルシー」は早稲田遺産だ

東京屈指の学生街である早稲田~高田馬場。早稲田大学をはじめ様々な学舎があると同時に若者好みの高コスパな店が多く、ラーメン激戦区ともいわれるエリアである。そのため栄枯盛衰も激しいが、最古参のひとつでありレジェンド的な存在でもあるのが「メルシー」だ。ラーメンが名物であるが、洋食や酒なども提供するスタイルは街中華そのもの。改めて、そんな超名店の魅力を紹介していきたい。

 

キレのあるしょうゆに煮干しが香る高コスパラーメン

看板メニューのラーメンは、まず価格に驚かされる。確かに街中華のラーメンは専門店より比較的安く、500円を切ることも少なくない。だが「メルシー」は400円。同店で最も高価な「五目そば」でも660円となっており、とにかく圧倒的にリーズナブルなのだ。

↑ここには書いていないが、追加料金で1.5倍増量の大盛りにすることも可能だ。麺類なら+90円、ご飯類なら+100円。「チャーシュー」530円、「メンマ」110円といったつまみもある

 

味も、言わずもがなで絶品。同店のスープは豚骨と鶏ガラに、煮干しのダシとキャベツなどの野菜の甘みを加えたものがベースとなる。なかでも特徴的なのは煮干しだ。これには「平子煮干し」といわれる、まいわしを採用。サイズが大きいこの素材を使い、滋味深い魚介のうまみをブレンドする。

↑煮干しの産地は仕入れにもよるが、九州が多いという。量は1日4~5kg。多い日には7~8kgを使用

 

スープの仕込みは毎朝6時前から10時くらいまで。長年変わらない秘伝のしょうゆダレと合わせ、1玉150gの中細ストレート麺を投入。そして同店ならではのコーンなどのトッピングが施され、伝家の宝刀といえる珠玉のラーメンが完成する。

↑「ラーメン」400円。チャーシューは豚のお尻やモモの部位を使い、約1時間煮込んだものをのせる

 

あっさり系ながら、しょうゆのキレをしっかり感じさせるインパクト大のテイスト。したたかながら、あくまで主張しすぎずスープ全体に寄り添う煮干しの風味がたまらない。なお同店は味のカスタマイズができ、濃いめで麺硬めというのが特に多いオーダーだそう。

 

 

早稲田ならではの味。早稲田ならではのストーリー。

ご飯類で人気が高いのはチャーハンだ。この一品に関して同店ならではといえるのが、卵の使い方。普通は、卵を炒めて白米を加えるレシピであろう。ところが同店の場合は混ぜ合わせず、錦糸卵をきぬさや、かまぼこと一緒に後のせする手法を採用しているのだ。

↑「チャーハン 大」590円はステンレスの皿で提供。奥が通常の「チャーハン」490円

 

こうすることで華やかなビジュアルになるのだが、その効果は決して見た目の印象だけではない。あえて卵のマイルドな味わいをご飯と相いれなくすることで、チャーハン全体がエッジの立った味わいになっている。そして、このおいしさを洋風に表現したものが「ポークライス」(490円)や「オムライス」(590円)だ。

↑「オムライス」590円。千切りキャベツが添えられることも特徴のひとつである

 

これらのご飯類には鶏ではなく豚を使うことが特徴。とはいえ「チャーハン」の具材はチャーシューとねぎ、「ポークライス」と「オムライス」はこま切れ肉とたまねぎという違いがある。ケチャップとたまねぎで洋風テイストにしつつ、豚肉のストレートなうまみでパワフルな味にしたいという狙いがあるそうだ。わんぱくな学生が訪れる土地柄を考えれば、その思いには納得できる。

↑カウンターはなく、混んだ場合は相席となる。家族を連れて訪れる卒業生も多い

 

そんな「メルシー」は60周年。1958年に早稲田大学の南門付近で創業し、1970年に現在の駅寄りの場所に移転したとか。店主は現在2代目で、小林一浩さんが腕を振るっている。昔は丼ものや定食、コーヒーなどラーメン以外のメニューがいまより多く、より街中華や甘味中華(甘味喫茶のスタイルでラーメンなどを提供する業態のことを、勝手にそう呼ばせていただきたい)の色が強かったそうだ。その面影は看板に「軽食&ラーメン メルシー」として残されている。

↑2代目店主の小林一浩さん

 

社会が変わればメニューも変わるということだが、同店の代表的なメニューは味すらも60年間不変だ。ただ早稲田の街全体を見れば、跡継ぎがいなかったために閉店を余儀なくされた老舗も存在。そのひとつに“しょうゆのメルシー、塩のほづみ”として人気を二分した街中華「ほづみ」があるのだが、実はそこのおかみさん・鈴木恵美子さんが現在「メルシー」で働いている。

↑もともと早稲田が地元の鈴木さん(手前)。初代のころから「メルシー」と親交が深かったという

 

つまりは、店主や通学生のほか、卒業生や地域住民によっても支えられている“チーム早稲田”な店が「メルシー」なのだ。店名はフランス語で「ありがとう」の意味だが、薄利でおいしい料理を提供し続ける良心的な心意気に、むしろこちらから感謝を申し上げたい。「merci」と。

 

撮影/我妻慶一

 

【SHOP DATA】

メルシー

住所:東京都新宿区馬場下町63

アクセス:東京メトロ東西線「早稲田」駅3a出口徒歩1分

営業時間:11:00~19:00

定休日:日曜、祝日

新潟「八海山」の蔵元がビールの新ブランドを発表! 41才独身、絶景のビール醸造所で我を忘れる 

金曜の午後。高台の窓辺から、ビールを片手に夏の風景を見渡す至福の時間(とき)。成功者となった筆者のプライベート…だったらいいのですが、単なる取材のワンシーンです。ここは、新潟県南魚沼市にある「猿倉山(さるくらやま)ビール醸造所」。銘酒「八海山」(はっかいさん)の醸造元・八海醸造が新たにオープンする施設です。

 

銘酒「八海山」の製造元が運営する、新ビール醸造所の取材見学会へ!

清酒の「八海山」といえば、1980年代の地酒ブームで全国にその名を轟かせ、以降は「淡麗辛口」(※)の代表格として地酒ファンに愛されています。その蔵元・八海醸造は現在、塩麹や麹ぽん酢などの調味料をはじめ、日本酒を使った洋菓子、スキンケア製品など、酒造りから派生する製品を積極的に製造・販売。近年は「麹だけでつくったあまさけ」を大ヒットさせ、酒蔵としては異例の成長を続けている企業です。

※淡麗辛口…甘味と酸味が少なく、さっぱりしている日本酒の味を表す言葉

↑清酒「八海山」の特別本醸造

 

そしてこの夏、八海醸造は、自らプロデュースした観光施設「魚沼の里」において、新たに「猿倉山ビール醸造所」をオープンさせ、地ビールの新ブランドを発表するとのこと。筆者は5年間、居酒屋で働いていた際、「八海山泉ビール」を扱っていたこともあり、それがいったいどう変わるのかは興味深いところです。また、八海醸造の好調ぶりを支えるものとは何なのか、自分なりに肌で感じてみたい……そんな思いもあり、新ビール醸造所の取材見学会に参加すべく、一路、魚沼に飛ぶことに致しました。

 

建物の傾斜と斜面の勾配を合わせ、自然環境との一体感を表現

ビール醸造所のある「魚沼の里」は、上越新幹線の浦佐駅からタクシーで15分、在来線の六日町駅からタクシー10分の場所に位置しています。筆者は浦佐駅からプレス向けに用意されたバスに乗り、「魚沼の里」に到着。やっぱり空気が違いますね。あたりには夏草のニオイがただよい、どこからかカナカナカナ……とひぐらしの音が聞こえてきます。「下から見える醸造所を、ぜひ撮影してください。下からが一番キレイなんです!」と広報さんがおっしゃるので、右手に茂る豊かな杉林を見ながら、しばらくアスファルトの坂道を登ることに。

おお「猿倉山ビール醸造所」が見えてきましたね。深緑の山を背景に建つ三角形の建物…確かに、これは印象深いです。下から見上げると、まるで1枚の洋画のような収まりのいい景観……これは計算し尽くされた気配がぷんぷんします。

 

実際、建物を設計した鹿島建設の星野時彦さんに話を聞いたところ、建築と地形の調和を目指したそうで、「建物の傾斜を斜面の勾配に合わせてひとつの山のように見せ、自然環境がそのままデザインになったような一体感を表現したかった」と話してくれました。ちなみに、星野さんは冬の醸造所もお気に入りだそうで、「雪にすっぽり埋まり、雪と一体になった姿を見てほしい」とのことです。なんだか訪れるのは大変そうなイメージですが、みなさんも機会があれば、ぜひ。

↑星野さんがスマホで見せてくれた醸造所の冬の姿

 

こんなにゆったりした配置で大丈夫? 店内の開放感がありすぎて少々心配に

中に入ってみると、カウンターの奥、ガラス張りの向こうのスペースに銀色の巨大なタンクが並んでいる様子が飛びこんできて、ああ、私はビール醸造所に来たのだな……という実感が湧いてきます。一方、タンクの反対側には、高さ3mはありそうな大きな窓があり、抜群の採光とパノラマビューを両立。天井は極めて高く、冷暖房費が大変そう…とこちらが心配になるほど。

 

少々色ムラがあるコンクリートの床の上には木製の家具が点在し、明るい色の木目のカウンターと相まって、モダンで温かな雰囲気が感じられます。しかし……なんと贅沢な空間の使い方でしょう。各テーブルの間隔がおかしい(広すぎ)です。特に飲食店はシビアに客席の間隔を詰めて利益率を上げるといいますが、こんなにゆったりした配置で大丈夫なのでしょうか?

 

ビール製造20年目を迎え、従来の製造設備を「魚沼の里」に集約

やがて、スピーチのために八海醸造の南雲二郎社長がマイクを持って登場。洗いざらしのシャツに色あせたジーンズというラフな姿からは、従来の蔵元はもちろん、通常の社長のイメージとはほど遠く、「ほかと同じにはならないぞ」という同社の気概を表しているようです。

 

「ビールの醸造所を造ったのは、平成10年(98年)のこと。なぜビールを作ったかというと、日本酒メーカーには『ほかのアルコール飲料を作ってみたい』という思いがどこかにあるんですよ。それが、規制緩和で(年間最低醸造量)60KL以上造れば、ビールメーカーになれるということになった。『だったら作ろうじゃないか』ということで始めたんです。

 

そして今年、ちょうどビールを造り始めて20年目を迎え、醸造設備が老朽化していまして。そろそろ改修する時期に来ていましたし、このまま150KLほどしか造れない設備だけでやっていると、需要期に思う存分売ることができない。そこで、日本酒や焼酎、その他アルコール飲料を造っている『魚沼の里』にアルコール事業を集約しようと。訪れた方に楽しみながら感じてもらえるビールメーカーになろうじゃないか、ということで、今回この建物と設備を増設したわけでございます」

 

ゆったり過ごしてもらうことで「品質以上の品質」を感じてもらいたい

この醸造所の移転により、醸造量は約150KLから約300KLに増えたとのこと。ただし、醸造所を作ったのは、単なる増産のためだけではないと南雲社長は語ります。

 

「もちろん、外に売っていくことが本業になるわけですけれど、やはりお客さまに製造の現場に来ていただいて、商品の質を確かめてもらうのも重要。どうせ飲んでもらうなら、ゆったりと充実した時間を過ごしながら飲んでいただきたい。そのほうが、『品質以上の品質』を感じてもらえる可能性があるわけで」

さらに南雲社長は、この場所に醸造所を作ろうと思った理由を語りはじめました。

 

「実はここは元々、南魚沼市のヘリポートだったんですよ。平らに整地されていて、よく空いた時間にここから魚沼盆地を眺めていました。ここから西へ目をやると、魚沼盆地の六日町がほとんど見渡せるんです。そういう特徴のある場所で、我々が造ったビールをソファにゆったりと座って飲んでもらいたいと思って。ここを作るとき、上ってくるのも大変なのに、大丈夫ですか? などと言われましたが、何か特徴的なことをやるには犠牲がいる。都会の人が、毎日の生活から解放されて、豊かな気持ちになって楽しんで帰ってもらいたい。その思いで、この高台に醸造所を作りました」

 

なるほど、あれほど間隔を空けた席の配置は、客にゆったり過ごしてもらい、疲れた心を癒してほしい、という願いが表れたものだったのですね。もうひとつ、これだけの環境でビールを味わえば、いやおうなく美味しく感じるはず。さきほどの南雲社長の言葉を借りれば、「品質以上の品質」を感じるわけで、製品のイメージアップにつながることは間違いありません。

 

新ブランド「ライディーンビール」の3種類を実際に試飲

さて、続いて、ビールの新ブランドのお披露目です。新ブランドの名は「RYDEEN BEER(ライディーンビール)」。その名を聞いた瞬間、YMOの楽曲「ライディーン」の電子音が脳内で流れ始めましたが、もちろんそちらは無関係。ブランド名は仕込み水の水源「雷電様の清水」に由来しているとのこと。

ライディーンビールのラインナップは「ヴァイツェン」「アルト」「ピルスナー」「IPA」の4種類。すべて330mℓで460円(税抜)。今後は季節の商品もいくつか投入していくといいます。

 

取材見学会では、9月末発売予定の「ピルスナー」を除いた3種類のビールを実際に味わうことができました。まずは、下くちびるを上の歯でしっかりと噛み締めて発音したい「ヴァイツェン」から。ほのかな甘み、爽やかな微炭酸に小麦の香り……キレイでのどごしが良く、ひっか