スマホの品質試験に三菱鉛筆uniが使われる?? 鉛筆の最高峰「三菱鉛筆uni」に隠された6つの秘密!

進化するスマホやSNSを使ったコミュニケーションに対して、改めて見直される手書きの世界。特に鉛筆での手書きは独特の風合いがあり、書いて消せるという機能性で、再評価されています。その鉛筆の分野で最高峰を誇るのが三菱鉛筆uni。発売から今年で60年を迎えるという幅広い層に親しまれた鉛筆です。

 

しかし、なぜuniが最高峰なのか、通常の鉛筆と何がどう違うのかまでを知っている人は少ないかもしれません。今回はそんなuniに隠された秘密に迫ります。

nakamurasan↑今回は三菱鉛筆商品開発部の中村圭佑さんにお話を伺いました

 

 

【秘密その1】uniは当初プロユース商品だった!?

――日本製鉛筆の最高峰と言われるuniですが、最初に発売された当初は、一般向けではなかったそうですね。

 

中村圭佑さん(以下:中村) uniが最初に発売されたのは1958年、ちょうど60年前のことです。当時はまだコンピュータは一般的でなく、プロアマ問わず何かを書くときは鉛筆が基本でした。

 

開発のきっかけは、昭和28年(1953年)に当時の技術部長が欧米を視察した際、日本の鉛筆への評価が意外に低くドイツ製品の模倣と揶揄されたことでした。他社にない独自の製品を作るために原材料から見直し、芯はこれまでにない黒くなめらかな芯、塗り色、商品名にもこだわった商品を開発し昭和33年(1958年)に発売しました。

 

当時の標準的な鉛筆が1本10円ほど、最も高級なもので1本30円でした。uniは50円(※)と高級品だったため仕事で製図をするような限られた専門家が使うことを予測して、プロユースとして「高級製図用鉛筆」と銘打って発売したわけです。当時は、サラリーマンの初任給が約1万5000円の時代で、当時のコーヒー1杯分の価格と同等という高級商品でした。

 

※:今の大卒の初任給から換算すると1本700円

 

uni-1↑発売当初のuni。ネーミングは英語の「unique(唯一の)」から取られたとのこと

 

【秘密その2】鉛筆の、プラスチックケースでのダース販売は、uniが初めて行った!

――そのuniが一般に浸透していったのはなぜですか?

 

中村 発売してみると、プロユース向けの製図用という位置づけでしたが、店頭ディスプレイ用に飾った小学校前の文房具店などでも売れて、予想をはるかに上回る売れ行きだったそうです。当時の小学生にとって憧れの鉛筆だったとおっしゃるる方がいまも多くいらっしゃいます。

 

――uniと言えばプラスチックケースがあって、これも格式高い印象です。

 

中村 そうですね。uniのダース販売の際、プラスチックケースを採用したことも憧れの商品となった要因の一つだったようです。それまではダースは紙箱が主流で、当時はプラスチックという素材自体も最先端でした。さらにこのプラスチックケースというものは筆箱のように使うことも出来ました。こういうところも学生の憧れの的になったようです。

 

――そのプラスチックケースには当初、鉛筆の芯を整えるための削り器も付いていたとか。

 

中村 プラスチックケースはこの60年の間に3回のリニューアルがあり、現在は4代目なので、初代ケースの最初期のものには削り器が付いていました。その後、削り器から消しゴムへと変わりいまも消しゴムがセットされています。

 

 

uni_01

 

uni_02

uni03↑上から初代(1958年~1963年)、2代目(1964年〜1970年)、3代目(1971年〜1987年。初代のプラスチックケースは手作業でアルミ製のヒンジを取り付けりと可変する仕組みで、箱の中には削り器が内蔵されていました

 

【秘密3】約160色の候補から選ばれた独自開発の色で塗装!

――そして、uniのイメージカラーです。この和風とも洋風とも言えない独特のカラーリングも、かなり格式高い印象ですね。

 

中村 海外ではメーカーごとに代表製品の鉛筆のカラーリングに特徴があり、色だけを見ても「どこそこのメーカーの鉛筆だ」という風に認識できます。uni以前の日本製鉛筆は、塗り色や商品名など伝統的に欧米のメーカーの影響を受けていたので、いざ海外に持っていくと、「ヨーロッパの鉛筆の真似だな」と思われがちな面があったようです。

 

こういった点でもuniはオリジナリティを持って開発しました。えび茶色とワインレッドを組み合わせた独自の色で、実際に160色くらいの色を軸に塗り、徐々に絞り込んでこの色になりました。

 

 

【秘密その4】「Hi-uni」は世界最多の22硬度をラインナップ!

――uniが浸透するにつれ、様々なシリーズ商品も展開されました。特にHi-uniはハイスペックの位置にあるようですね。

 

中村 Hi-uniが発売されたのは、最初のuniが発売されてから8年後の1966年です。さらに品質の良いものとして開発され、通常のuniが現在1本90円のところを、Hi-uniは1本140円と、約1.5倍の価格帯となっています。

 

Hi-uniは2008年にuni発売50周年を記念し、世界最多の22硬度をラインナップしました。硬いほうが10Hで、柔らかいほうが10Bまで。様々な分野で書き分けて使っていただけるように展開しています。

 

郢昜ク翫≧郢晢スヲ郢昜ケ昴>郢晢スシ郢晏現縺晉ケ昴・繝ィ

陞ウ貅ス蛻、Hi-uni↑uniのハイスペック、Hi-uniのフルセット。22本で3300円(税別)と高価な鉛筆です

 

koudocheck↑実際にHi-uniで書いてみました。一番上が10H、真ん中がHB、一番下が10B

 

 

【秘密その5】uniはスマホ用ガラスフィルムなどの引っかき硬度試験にも使われている!

――さらにuniはJISの試験基準に採用されているとのことですが。

 

中村 JIS規格の試験方法に「鉛筆による塗膜性能の引っかき硬度試験」というものがあります。例えば、スマートフォンのガラスフィルム商品。「4H」、「9H」などの該当の硬度がパッケージなどに記載されており、「この商品は鉛筆の4Hで引っ掻いても傷がつきません」という意味に。そして、この試験で使われる鉛筆の例として当社のuniが挙げられております。これは、変わらぬ品質を評価いただいているからこそ、と捉えています。

 

【秘密その6】10月1日はuniの日として記念日として制定されている!

――これだけ長きにわたり、高品質を保ちつつ、幅広い世代に愛され続けるuniですが、将来はどんな展開を考えていますか?

 

中村 uniはこれまでも大きなデザイン変更はありませんでした。変わったことと言えば、バーコードが入るようになったという程度で、時代の進化に合わせて必要な項目を少し変えてきたというだけなんですね。当社にとってuniは非常にシンボリックな商品ですので、この格式と商品の信頼が薄まらぬよう、これからもuniブランドを守り続けたいと思っています。

 

――今年は60周年ですが、何かアニバーサリー的な試みは予定されていますか?

 

中村 10月1日は「uniの日」で「uni」が発売60周年を迎えます。……いまのところはまだ決まっていませんが、今年は何かやれれば良いなと思っています。

 

uniのダース、改めて欲しくなりますね。特に今年は誕生から60年というこの記念の年、その最高品質と格式高い鉛筆に、改めて触れられてみてはいかがでしょうか?

 

目肩腰の疲れに効く!? やさしく真っ直ぐピシッと引ける蛍光マーカー3選

【きだてたく文房具レビュー】疲れ目にも、ヨロヨロした手にも、あわてんぼうにもぴったりの蛍光マーカー

 

この年末に、インフルエンザに感染してしまった。とはいえ、かかってしまったものはしょうがなく、仕事関係の各方面にメールで詫びを入れたら、あとはベッドに入って薬が効くのを待つだけである。

 

どちらかというと問題は熱が下がってからで、せっかくの正月休みだというのに、体内にウイルスが残った生ける生物テロ兵器状態では、出歩くわけにもいかない。熱も無く咳も治まっているが、外には出られず。とはいえ年末の忙しい時期に寝て過ごした焦燥感だけはあるので、ぼんやり休む気にもなれない。

 

こういうときこそ……ということで今年は元旦から、しばらく溜め込んでいた資料を読み込んで、目に付いたポイントを蛍光マーカーで次々とチェックする、という作業に勤しんでいた。

 

で、せっかくの機会なので、各メーカーの蛍光マーカーをとっかえひっかえしていると、「やっぱりこのマーカーはいいな」「おっ、新製品の、悪くないぞ」などといくつか光るものがあったのである。そこで今回は、新旧取り混ぜて、おすすめの蛍光マーカーをいくつか紹介したい。

 

疲れた目にも優しいソフトカラー

使っていてまず感じたのが、前日まで39℃台の熱が出ていた目には、蛍光マーカーのパキッとした発色はけっこうキツい、ということ。もちろん目立たせるための製品だからそれでもいいのだけど、とりあえずもうちょっと柔らかい色でも問題ないだろう。

 

そこでほど良かったのが、パイロットの「フリクションライト ソフトカラー」だ。

↑パイロット「フリクションライト ソフトカラー」全6色 各108円↑パイロット「フリクションライト ソフトカラー」全6色 各108円

 

お馴染み、こすって消せるフリクションシリーズの蛍光マーカーだが、このソフトカラーシリーズは名前の通り、発色がソフト。従来のシリーズと比べるとぼんやりと淡い色合いで、つまり紙の白とのコントラスト差が小さくなるので、目が疲れにくいということだ。

↑通常の蛍光色(左)とソフトカラー(右)。ひと目見ただけで淡さと柔らかさが分かる↑通常の蛍光色(左)とソフトカラー(右)。ひと目見ただけで淡さと柔らかさが分かる

 

病み上がりの目にも優しい=仕事で疲れた目にも同じく優しいわけで、長時間紙面を見ていても確かに負担が少なく感じた。特にソフトイエロー、ソフトグリーンあたりは穏やかな色調で、目がチカチカせず心地よい。

 

とはいえ色はきちんと付いているので、後から見直しても自分のチェックした部分ははっきりと見分けられるし、使いにくさを感じない。

↑こすって消せるフリクションインクは、ラインの引き間違いをしても安心↑こすって消せるフリクションインクは、ラインの引き間違いをしても安心

 

もちろん他メーカーからも同様のソフトカラーマーカーが発売されてはいるが、フリクションということで「間違ったら消せる」アドバンテージは非常に大きい。

 

どうせ後で消せるから、と思えばこそ、大胆にズバズバとラインを引いていけるのは気分的にもかなりラクなものだ。

 

窓付き&紙を選ばない万能マーカー

蛍光マーカーはチップが大きいため、自分がいま文章のどこまでラインを引いたのかが分かりにくい。そのため、ついついはみ出し・引き足らずが出てしまう。

 

そういうときに便利なのが、先端チップに透明な窓が付いた三菱鉛筆「プロパス・ウインドウ クイックドライ」だ。

↑三菱鉛筆「プロパス・ウインドウ クイックドライ」全10色 各140円↑三菱鉛筆「プロパス・ウインドウ クイックドライ」全10色 各140円

 

この透明窓からチップの下が見えるので、いま自分がどこまでラインを引いたのかがはっきりと視認できる。

 

これは非常に便利な機能で、しばらくプロパス・ウインドウを使ってから別のマーカーに切り替えると「なんでチップの向こう側が見えないんだよ!」と不条理な怒りまで感じてしまう。一度この便利さになれてしまうと、もう戻れないのである。

↑プロパス・ウインドウシリーズならでは窓付きチップは一度慣れるともう手放せない↑プロパス・ウインドウシリーズならでは窓付きチップは一度慣れるともう手放せない

 

もうひとつ便利なのが、速乾性の高いクイックドライインク。紙面のあちこちにラインを引いていると、気づかぬ間にまだ乾いていないインクの上をこすってしまい、手にインクが付着することがある。

 

クイックドライインクは、乾燥時間を従来の1/3にまで短縮できるため、そういったトラブルが少ない。

↑上が一般的な蛍光マーカー、下がクイックドライ。書いて数秒後に指でこすってみると、クイックドライインクはしっかり定着している↑上が一般的な蛍光マーカー、下がクイックドライ。書いて数秒後に指でこすってみると、クイックドライインクはしっかり定着している

 

インクがあまり染み込まないコート紙などにラインを引いても、驚くほど早く乾くので、こすってしまったときの「あっ、しまった!」という焦りを感じずに済む。写真の多い企業パンフやカタログなどはコート紙が多いので、これは非常に助かるのだ。

 

蛍光マーカーが下手、という人にも安心

蛍光マーカーでラインを引くのが下手、という人は意外と多い。ヘラのような平たいチップだと、少し手元が狂っただけでガタガタとした線になってしまうのだ。

 

筆ペンタイプの蛍光マーカーならガタガタ線のリスクは減らせるが、今度は筆圧が変わると線の太い細いが変わってしまう。なんにせよ難しいのである。

 

そういう蛍光マーカー下手に優しいのが、ぺんてるから昨年末に発売されたばかりの「フィットライン」だ。

↑ぺんてる「フィットライン」全5色 各108円↑ぺんてる「フィットライン」全5色 各108円

 

↑太字チップの先端。この溝からぐにっと曲がることでクッション効果を発揮する↑太字チップの先端。この溝からぐにっと曲がることでクッション効果を発揮する

 

ツインマーカーの太字(ラインを引く方)チップに爪楊枝の後端のような溝が刻まれており、ここからぐにっと曲がるようになっている。これにより、不要な筆圧をクッションのように吸収し、安定した線が引けるのだ。

↑チップが折れ曲がって不要な筆圧を吸収するので、安定したまっすぐなラインが引きやすい↑チップが折れ曲がって不要な筆圧を吸収するので、安定したまっすぐなラインが引きやすい

 

チップの硬さ自体は従来品と変わらないので、筆圧をかけても筆ペンのように線が太ることはない。一方で、クッション効果によって手元の傾きもある程度吸収するので、線のガタツキも減らせるのである。

 

病み上がりで手元がふらつく状態でも、実際にかなり安定した線を引くことができた。これなら、だいたいどんなシーンで線を引いても、きれいな線が引きやすいはずだ。

↑特殊チップが最も実力を発揮するのが、分厚い書籍への曲面マーキング↑特殊チップが最も実力を発揮するのが、分厚い書籍への曲面マーキング

 

クッションチップのさらに大きなメリットとして、辞書など厚いページ物の曲がった紙面にもきれいに線が引きやすい。曲面を意識して、なぞるように線を引いていくことで、ページののど側のようなマーキングしにくい部分にもスパッとラインを引いていくことができるのだ。

 

不器用な人でも確実に効果が出るという意味で、かなり使いやすい蛍光マーカーと言えるだろう。

 

【著者プロフィール】

きだてたく

最新機能系から駄雑貨系おもちゃ文具まで、なんでも使い倒してレビューする文房具ライター。現在は文房具関連会社の企画広報として企業のオリジナルノベルティ提案なども行っており、筆箱の中は試作用のカッターやはさみ、テープのりなどでギチギチ。著書に『日本懐かし文房具大全』(辰巳出版)、『愛しき駄文具』(飛鳥新社)など。

 

【日用品大賞】ボールペン、どれを選んだら良いか分からない派に贈る 定番6製品の徹底比較でわかった真の実力

ボールペンは種類が多くて、選ぶ際にいつも悩む……という人は多いのではないでしょうか。ここでは文房具のプロ・菅 未里さんが代表的モデルの書き心地や握り心地、機能性などをチェック。各モデルの特徴を鋭く分析しました。6製品を3項目でチェックしていきます。

 

【テストした人】

文具ソムリエール 菅 未里さん

文房具を紹介するコラムの執筆や商品の開発など、幅広く活躍します。メディアへの出演も多い。

 

機能性や用途を考慮して自分向きの逸品を探そう

ボールペンは比較的安価なものが多く、あまりストイックにモデル選びをすることはありません。しかし文具ソムリエールの菅さんは、用途や機能性を考えて慎重に選ぶべきだと語ります。例えばボールペンは、書く対象のスペースがセレクトのポイントです。

 

「手帳など狭いスペースに書くのか、宛名などの大きなスペースに書くのかで細書きか太書きかが決まってきます。手帳用だとペンホルダーに入るかどうかも気をつける必要があります」(菅さん)

 

特に人気があるのが、サラサラとスムーズに書けるモデル。

 

「ジェルのボールペンは人気が高いです。例えばサラサクリップは46色もあり、カラバリにこだわりがあって一気にたくさん文字を書きたい人にオススメですよ」(菅さん)

 

【エントリーNo.01】ゼブラ サラサクリップ JJ15シリーズ

20171119_suzuki4

 

ゲルインクが濃くてにじまない、サラリとした滑らかな書き味が楽しめます。ラバーグリップがついているので、手にピッタリと馴染みやすく滑りにくいです。実売価格76円。

【書き味】4.5点

20171119_suzuki10

さらさらと滑らかな書き味が楽しめました。滲みやすい濁音府もしっかりと視認できます。

 

【握り心地】4点

20171119_suzuki16

少し硬さのあるグリップで、余分な力を入れずに持つことが可能。太さはちょうど良いです。

【インク流量】4.5点

20171119_suzuki22

力の入れ具合によるインクの量の差が少なかったです。長文でも安定した太さで書けます。

 

【エントリーNo.02】ゼブラ スラリ BN11シリーズ

20171119_suzuki5

 

油性と水性を混合したエマルジョンインクを世界で初めて搭載したモデル。筆記時には油性のしっかりとした手応えと水性のさらさらとした軽さを楽しめます。実売価格92円。

【書き味】4点

20171119_suzuki11

ちょっとした硬さがあり、多少手応えを感じました。書いている実感を楽しめる味付けです。

【握り心地】4点

20171119_suzuki17

グリップ部には広範囲にラバーがついています。長時間利用して汗をかいても滑りにくいです。

 

【インク流量】4点

20171119_suzuki23

流量は控えめ。小さな文字でも止め跳ねも視認できるので、細文字好きにオススメです。

 

【エントリーno.03】パイロット ハイテックC LH-20Cシリーズ

20171119_suzuki6

 

パイプの先端にある3つのくぼみによって極小超硬ボールを支えることで、自然なボール回転を実現。激細のゲルインクの文字も滑らかに書くことができます。実売価格216円。

【書き味】4.5点

20171119_suzuki12

摩擦が少ないため、細い文字でもグラつかずに書くことができました。跳ねも滑らかです。

【握り心地】3.5点

20171119_suzuki18

すべすべしていて、多少滑りやすいかも。グリップには凹凸があり、指で力を入れやすいです。

【インク流量】4.点

20171119_suzuki24

過不足のない、ちょうど良い流量。手帳から宛名書きまで、幅広く活躍しそうです。

 

【エントリーNo.04】三菱鉛筆 ユニボールシグノ RT1

20171119_suzuki7

 

チップ先端の角をなくすことでペン先と紙の摩擦抵抗を軽減したゲルインクモデル。スムーズで気持ちの良い書き味を実現しました。継ぎ目が目立たないデザインも秀逸です。実売価格150円。

【書き味】5点

20171119_suzuki13

角がないため一気に書き上げられるという心地良さがあります。力がいらないのも利点です。

【握り心地】4.5点

20171119_suzuki19

先軸全体にラバーグリップを採用。適度な柔らかさがあるため、軽く握りやすいです。

【インク流量】4点

20171119_suzuki25

最初はかすれ気味。すぐに一定の流量になり、安定しました。極細なので手帳に向いています。

 

【エントリーNo.05】三菱鉛筆 ジェットストリーム SXN-150シリーズ

 

20171119_suzuki3

スプリングチップとツインボールという2つの機構を搭載することで、低粘度な独自の油性インクのペン先からの漏れ出しを防止。さらに、インクの逆流も防いでいます。実売価格112円。

【書き味】5点

20171119_suzuki14

筆記抵抗が少なくて、スイスイとペンが滑りました。力を入れずにくっきりと文字が書けます。

【握り心地】4.5点

20171119_suzuki20

グリップはソフトな持ち心地。書き疲れしにくく、長時間の筆記にも向いています。

【インク流量】5点

20171119_suzuki26

軽く書くだけでしっかりとインクが出ます。過不足ない量なので、滲むことも少ないです。

 

【エントリーno.06】ぺんてる ビクーニャ BX155シリーズ

 

 

20171119_suzuki9

 

超低粘度のビクーニャインキを採用した油性ボールペン。独自の潤滑剤を用いることで、インクをたっぷりとボールに供給。軽やかで滑らかな書き味を実現しました。実売価格139円。

【書き味】4.5点

20171119_suzuki15

手応えがないほど柔らかい書き心地が味わえます。鮮明な筆跡を得ることができました。

【握り心地】4.5点

20171119_suzuki21

グリップ部には指紋ピッチを使用。指先が滑りにくくなっており、フィット感も高いです。

【インク流量】4点

20171119_suzuki27

インクの出は最後まで抜群。途中でダマになることもあるものの、長文も一気に書けました。

 

ボールペン大賞 三菱鉛筆 ジェットストリーム

総評 油性の弱点を克服したジェットストリームが◎

書き味は個性の差も見られましたが、多くは滑らかで高評価に。また、インク流量もどれも高水準で大きな差は生まれませんでした。

「低粘度油性ボールペンのなかで人気・実力ともにトップレベルのジェットストリームはソフトで書き疲れのしにくい握り心地で、サラサラと書いただけでしっかりとした文字が書けるのが◎。ペン先からのインク漏れ対策も十分で、汚れが気になる油性ボールペンの弱点をしっかり解消しています」(菅さん)