なぜ名著のマンガ化が続くのか? マンガで読み解く時代

吉野源三郎著『君たちはどう生きるか』が話題を呼んでいるように、昨今の出版界における新機軸ともいうべき、一連の名作のマンガ化。いま、なぜ“マンガで読む”“マンガで読み解く”がトレンドとなっているのか? 簡潔に人に伝える文章術を学べる『理科系の作文技術』をマンガ化した編集者、中央公論新社の齊藤智子さんをブックセラピストの元木 忍さんが訪ね、その背景を探りました。

 

老舗出版社がマンガ版にトライ

元木忍さん(以下、元木):中央公論新社さんにとって初の試みである『まんがでわかる 理科系の作文技術』。原著は40年近くも売れ続けているロングセラーですよね?

 

齊藤智子さん(以下、齊藤):はい。1981年に中公新書として発行しまして。著者は物理学者の木下是雄(きのしたこれお)先生で、理科系の学生やビジネスマンの方にとってのバイブルとしてずっと売れ続け、現在100万部を突破しています。

 

元木:すごいですね! 中公さん(中央公論新社)にとってのベストセラーですね。新書なのに作文“技術”の内容なので、少し驚きました。こんなにコンスタントに売れ続けているということは……単刀直入に訊きますが、理科系の方って、いわゆる作文が苦手なんですかね?

 

齊藤:元木さんが、今思い浮かべている“作文”とはおそらく、情緒的な言葉で綴られたものなのでは?

 

元木:まあ、作文といえばそう感じてしまいましたが……理系の作文って全然違うのですか?

 

齊藤:はい(笑)。文学的なものではなく、論文やビジネス文書といった「作文」を指しています。

 

元木:“論文”というととても難しそうですが、作文というジャンルでは文学的な作文と違いはないのでは、と感じてしまっていました。

 

齊藤:理系の方は、作文が苦手というよりは抵抗がある、という感じでしょうか。だからか、原著は代々、大学の先生方が「論文を書くときに役に立つから」と。

 

元木:それはいいですね。この本を学生さんたちに紹介してくれるんですね?

 

齊藤:紹介するというよりは、「お願いだから読んでおいて」といったところでしょう(笑)。おかげで毎年、新入生、新社会人の方々が読んでくださっています。

 

元木:それが年々積み重なって……もう37年! 電子書籍版も売れているとか。そして、満を持しての“マンガ”化なんですね!

 

まんがでわかる 理科系の作文技術
1296円/中央公論新社
ひたすら“明快・簡潔な表現”を追求する文章術のベストセラーをマンガ化。原著のエッセンスをギュッと詰め込み、マンガを読むだけで、的確な文章スキルが身につく。

 

“ビジネス書”の棚に置かれるマンガ

元木:マンガ化のきっかけとは?

 

齊藤:「マンガでわかる」とついた本が他社さんからいくつか出版されていて、書店でもけっこう目立つなぁ、と。しかも、マンガではあるけれど、マンガの棚ではなく、ビジネス書コーナーに置かれている。他社さんの新聞広告も頻繁に目にしまして。ほかの書籍と比べて出稿スペースが大きい。

 

元木:ということで、マンガ版を考えたってことですね? 本屋で平積みになっていたり、多くの宣伝費をかけているってことは売れるだろうと予測がつきますからね。ということは、マンガ版は、宣伝費をかけるほど売れる可能性があったということですものね!

 

齊藤:はい。従来のうちのベストセラーも、マンガにしたらイケるのでは? と思いまして……。

 

元木:この企画を、齊藤さんが提案されたんですね?

 

齊藤:いえいえ(笑)。最初は、上司との世間話の中で「今、マンガ化した本、けっこういいんですよねぇ。うちでもやったらいいのに」と思いつきをポロリ。すると、「じゃ、やってみたら」と言われて。

 

元木:言い出しっぺが担当する、という事態になった感じですね(笑)。驚きました?

 

齊藤:驚きましたよ(笑)。だって私、こうしたマンガは作ったことがなかったんです。コマ割とかわかりませんし……。でも、マンガ専門の編集プロダクションさんにご協力いただき、私自身も勉強して挑みました。

 

 

第一弾は絶対に失敗したくなかった

元木:中央公論新社には、ベストセラーがたくさんありますよね。マンガ化の第一弾としてなぜ、『理科系の作文技術』を選んだのですか?

 

齊藤:まずは、新書だけでなく、文庫、単行本含めるベストセラーのなかから、20〜30の作品を候補に挙げました。第一弾は“これぞ中公!”というものを出したかったので、中公新書に絞りました。

 

元木:緑色の表紙=中公新書といえば、すごく真面目な本ばかりで重々しいイメージ。それをマンガ化にする提案にもビックリしますけど!

 

齊藤:よその「まんがでわかるシリーズ」で売れているものを調査したところ、ビジネス書、ハウツーが売れている。そのなかにいろいろなジャンルがありますが、自己啓発よりもビジネスに直結して役に立つものがいいと判断しました。「そこに合致するのはなんだろう?」と営業部の人とも相談しながら、『理科系の作文技術』に決まったんです。

 

元木:この本に決めるまで、どのくらいの期間がかかったんですか?

 

齊藤:“マンガ化”というジャンルをやるかやらないか、の検討がありましたし、そうですね……3〜4カ月はかかりました。

 

元木:歴史ある御社のイメージからすると、「マンガはちょっとなー」という反対勢力は、実際にはあったりしたのでは?

 

齊藤:いえいえ、そんなことはありませんでした(笑)。以前からコミックエッセイはありますしね。でも「新書をマンガにする? そんな必要があるのか?」という意見はありました。

 

元木:え? なんで? どうして?

 

齊藤:世代の差でしょうか……。そもそも“難しいものをわかりやすくコンパクトにした”のが新書なんです。すでにわかりやすいのに、さらにマンガでわかりやすくしてどうするんだ、と。

 

元木:へえ、知らなかった!(笑)。難しそうなことがギュッとつまったのが新書だと思っていました。

 

齊藤:私も。「新書のテーマって難しい」と。でも、新書編集部やずっと新書に携わってきた方々にしてみれば「新書読めばよくない?」となる。

 

元木:でも、齊藤さんはそこを覆してトライしたんですね。ご自身が、新書よりもマンガのほうがわかりやすい世代で、わからない世代を説得してこの企画を通したのが凄い!! さあ、結果はいかに?

 

齊藤:1月25日に発売しまして、1カ月半でめでたく3刷、2万5000部になりました。

 

元木:パチパチパチ!! 起案して形になり、実績を上げた。すばらしいです。「ほら、間違ってなかった!」という鼻高々の気持ちでは!?

 

齊藤:いえいえ(笑)。でも正直、ホッとしました。この1冊だけで終わるつもりはありませんから、第二弾、第三弾と出していきたいですからね。せっかくマンガの勉強もしましたし(笑)。

 

齊藤さんが、作画で気をつけた点は、登場人物の顔が、みんな同じようにならないよう描き分けること。たしかに、それぞれのキャラクターが立っていて読み進めやすい

 

齊藤さんが、作画で気をつけた点は、登場人物の顔が、みんな同じようにならないよう描き分けること。たしかに、それぞれのキャラクターが立っていて読み進めやすい

 

齊藤さんが、作画で気をつけた点は、登場人物の顔が、みんな同じようにならないよう描き分けること。たしかに、それぞれのキャラクターが立っていて読み進めやすい

 

相乗効果で原著の売れ行きも上昇中

元木:マンガ版とともに、原著の新書版も売れているようですね。

 

齊藤:Amazonのジャンル別ランキングでは、1位がマンガ版で2位が新書版ということもありましたね。相乗効果は確実にあります。

 

元木:マンガ版を読んで満足した人もいれば、さらに知識を深めたい、理解したいと新書版を読みはじめる人もいるでしょうね。男女比はどうですか?

 

齊藤:新書版は4分の3が男性です。マンガ版は半分まではいかないけれど、40%以上は女性です。女性のほうが、マンガに抵抗がないというか、視覚で理解することに慣れているのかもしれませんね。

 

元木:ところで、肝心なことをお聞きしたいのですが(笑)、この本のマンガ化を手掛けて、齊藤さんご自身は「作文技術」のスキルが上がりましたか?

 

齊藤:ふふ、上がりましたよ! もともと文章を書くことは苦手ではありませんが、理科系としての端的、的確に伝えることの大切さを知りました。「何度も推敲しろ」というのがあって、一度読んだあと、ちょっと間を置いてまた読み返す。そうすると“不必要”な部分が見えてくるんです。
それまでは、締め切りギリギリに書いて提出していたんですが、推敲のための時間が必要だと知りましたから、「早めに書かないとダメだ!」となりました。

 

元木:おお! 編集者自らが成長している!(笑)

 

 

齊藤:ほかにも「ナニナニだと思われる」という曖昧な表現を避けるようになりました。企画書で、つい「なんとからしい」と使ってしまうのですが、2回、3回と読み直すうちに気づくようになりましたね。私だけじゃなく、上司もそうなっています(笑)。

 

元木:編集者って、ややエモーショナルな文章を書きがちですものね。あと、長く書かなくちゃ、とも思いがちだから、原点に戻っている感じですね(笑)。

 

齊藤:そうそう(笑)。盛り上げなくていいよ、淡々と書いて。「短く書け」ともありますので。でも、「1年かけてつくりました!」なんてつらつらと伝えたくなるんですよ、どうしても。でもそれじゃダメ。企画書の読み手にしてみれば、「1年間の軌跡を読まされてもね」となることがよくわかりました。

 

続いて、“マンガで読み解く”なら原著は読まなくていい? シリーズの新作とは? など、まだまだ編集担当ならではの語りは続きます。

 

マンガ版を読めば原著はいらない?

元木:では、このマンガ版を読めば、原著を読んだ際と同じスキルが身につくと理解していいですか?

 

齊藤:いろいろな意見があると思いますが、マンガであろうと原著であろうと、どのカタチで読んでも読者にとっては、その“テーマの本”なんです。ここに気がつきました。他社さんのマンガ版もそうであると思っています。ただ、マンガ版はあくまでエッセンスを抜き出して構成していますから、学びの要素は原著のほうがたくさんあります。マンガ版は、入門書のような位置づけになるのかもしれません。

 

元木:マンガ版なら小一時間で読めちゃう。こんなに読みやすくしてくれて、それで本が売れて、原著の読者も増える。出版社にとってこんなにうれしいことはないですよね。“読みやすい”というのは、作画のタッチや登場人物のキャラクター設定が大きく関わってくると思いますが、齊藤さんはマンガ、お好きですか?

 

齊藤:少女マンガ、少年マンガからは脱却しましたが好きですよ。子どものときは、少女マンガの主人公に共感してドキドキしましたが、大人の今はあんなにドキドキしませんし、少年マンガのスピード感についていけませんから(笑)。最近は、『甘々と稲妻』(雨隠ギド・講談社)や『いぶり暮らし』(大島ちはる・徳間書店)といった“食べものマンガ系”にハマっています。

 

元木:もしや、マンガ編集者になるのが夢だったとか? それとも文芸の編集者を目指していたとか?

 

齊藤:いえいえ。実はそれほど本を読むのが得意ではなく。雑誌とかビジュアルで楽しめるものばかり見ていまして。大学時代もゼミの冊子を作ったりした経験もあって、デザインをやってみたいなぁ、と思っていました。たまたま小社でアルバイト募集があって、そのままズルズルと、産休を挟むと15年お世話になっています。

 

 

元木:お子さんを産んで復帰して、ベストセラーを出すとは輝かしい! この勢いで「まんがでわかるシリーズ」は第二弾の構想は、もう進んでいるんですか?

 

齊藤:もちろんです。『理科系の作文技術』でいわゆるハウツー書の実績を出したので、次はメンタル面についてのマンガ版を企画しています。ビジネス評論家の楠木 新さんの新書『定年後』のマンガ版が、4月25日に発売予定です。

 

元木:次はあの『定年後』の本がマンガ化になるのですね? 確か人生の後半戦を輝かせるためのコツが書かれた、ベストセラーですよね。

 

齊藤:はい。2017年に出まして現在25万部。マンガ版のあとには新書の第二弾も出る予定です。ほかにもラインナップが控えていますのでご期待ください!

 

組織を離れてしまうと、仕事や仲間を失って孤立しかねない。お金を持っていても健康であっても時間にゆとりがあっても孤独ではいたたまれない……そんな定年後の最大の問題は何か? を赤裸々に説いた書。楠木 新・著『定年後』

 

今求められているのは“役に立つマンガ”

元木:ホント、中公さんは名著をたくさんお持ちだから、続々、マンガ版が登場するんでしょうね。

 

齊藤:マンガ版が成立するのは、原著がしっかりとした評価を得ているからだと思います。まったくなにもない状況で『マンガ 理科系の作文技術』なんて出しても、書店さんの棚にどーんと置かれると思いますか?

 

元木:そうですよね。本の内容が、ちゃんとしていてこそですね!

 

齊藤:それに原著がないマンガですと、マンガの棚に置かれる可能性もあります。ですが原著の実績があるから、今回、ビジネスコーナーに置いてもらえた。この差は大きいです。

 

元木:ビジネス書を見る人は、常に「自分の役に立つナニか」を探していますものね。マンガだろうと新書だろうと“身になる”本を探しているのかもしれませんね。

 

齊藤:「単なるマンガではなく、役に立つマンガ」が求められている。30代、40代のニーズはそこだと思います。

 

元木:はい。そこに気づいた出版社が増殖していて、「まんがでわかるシリーズ」は今現在の出版界のトレンドになりつつある。これからも、中公さんならではの、知識欲を刺激するきっかけになるマンガ版、楽しみですね。

 

今話題のマンガで読み解く名作

『まんがでわかる7つの習慣』1080円(宝島社)
主人公とともにステップアップしていることを体感できる『まんがでわかる7つの習慣』。原著は全世界で3000万部も読まれているスティーブン・R・ゴヴィーン博士の著『7つの習慣 成功には原則があった!』(キングベアー出版)

 

『まんがでわかる 伝え方が9割』1296円(ダイヤモンド社)
『まんがでわかる 地頭力を鍛える』1404円(東洋経済新報社)
どちらも主人公をかわいらしい女性に設定したことで、原著とは異なる層の女性読者が多い。

 

『漫画 君たちはどう生きるか』1404円(マガジンハウス)
児童文学者でありジャーナリストの吉野源三郎による『君たちはどう生きるか』(岩波文庫)は80年前の著。写真中央は現代仮名遣い版で、写真右がマンガ版(ともにマガジンハウス)。

 

【プロフィール】

中央公論新社 / 齊藤智子(左)
大学卒業後、アルバイトで中央公論社(現・中央公論新社)に入社。現編集部にて一般書籍や美術書のほか、『猫ピッチャー』『母娘問題』などのコミック表現のジャンルにも携わる。

ブックセラピスト / 元木 忍(右)
ココロとカラダを整えることをコンセプトにした「brisa libreria」代表取締役。大学卒業後、学研ホールディングス、楽天ブックス、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)とつねに出版に関わり、現在はブックセラピストとして活躍。「brisa libreria」は書店、エステサロン、ヘアサロンを複合した“癒し”の場所として注目されている。

 

何気ない日常を、大切な毎日に変えるウェブメディア「@Living(アットリビング)」

at-living_logo_wada

人生を切り拓く“ささやかな成功”と“それなりの失敗”

21歳の娘はフランスで教育を受けてきたが、現在は経済学を専攻していて、今はパリのシャルル・ドゴール空港の近くにある物流企業でインターシップをしている。日本でいうと大学2年目に当たるのだが、フランスの高等教育は前期と後期に分かれていて、娘のいる学部では前期の終了と進級のためのミッションがインターンシップなのだそうだ。

63849576 - business meeting, asian people sitting for a table with business plan on high floor in the office. asian nationality a woman shows a business graph of his business partner.

フランスではインターンシップのことをスタージュと呼び、公教育ではなんと中学最終学年からそれがはじまるのだ。中学生で1週間、高校生で2週間、全生徒が職業体験をする。もちろんこの年齢では親や学校がスタージュ先探しをサポートするので問題はない。

 

大変なのは大学生からだ。大学側のサポートはいっさいなく、職探しは自力。しかもかなり本格的で、実際の業務にかかわり、語学力、企画力、営業力などなどが点数評価され、その証明書がその後の学位取得や、さらにその先の就職にも関わってくるので、学生たちは皆、必死だという。

 

 

日本人だから得することもある

1ヶ月間のインターンシップをクリアできなかった場合は留年になってしまうので、娘は夏休みの頃から、求人サイトをチェックし、30社以上に、履歴書とモチベーションレターを送っていた。断りの返事がくるのはまだいいほうで、大半は無視されて終わりだった。受け入れ可能の返事が来たのは3社で、その後の面接を経て1社で無事に雇ってもらえることになった。

 

「私が日本人だから、興味をもってもらえたみたい」と娘は言っていた。というのも返事がきた残り2社を国籍の違う友だちに譲ったところ、会社側から日本人じゃなきゃいらないと言われてしまったそうだ。同じ学部の半数近くの学生は未だにインターンシップ先を見つけることができず、留年の危機にあるという。

 

国際社会において、日本人がどれだけ信用されているかが分かったようで、日本人に生まれてよかったと娘はしみじみ思っているようだ。

 

が、しかし、実際に始まった仕事を覚えるのは大変で、毎日冷や汗の連続らしい。きっとミスもたくさんするだろう。このインターンシップを終えたとき、ささやかな達成感を得られるよう、親としては願うばかりだ。

 

悩んでも今の会社にしがみついたほうがいい!

さて、ビジネスマンとして成功したいと願う20代、あるいは今からでも人生を切り拓きたい30代、40代にも、ぜひ読んでほしいのが『20代でしておきたい「ささやかな成功」と「それなりの失敗」後悔しない最初の8年の過ごし方』(清水克彦・著/学研パブリッシング・刊)だ。

 

著者の清水氏は、自らが立てた“人生戦略”で成功を手に入れた、ラジオ局会社員、ジャーナリスト、ラジオプロデューサー、ビジネス作家、大学講師の5つの顔を持つスーパー・ビジネスマン。自身の体験談を交えた、数々のアドバイスには説得力がある。

 

本書には45項目のアドバイスがあるが、気になるいくつかを紹介してみよう。

大卒新入社員の内、3割が3年以内に会社を辞めているという現状に対して、清水氏は「行き詰まっても悩んでも、今の会社にしがみつけ!」と言っている。著者自身も20代の頃は、会社の規模が小さいから何もできない、上司に見る目がないから力が発揮できないと、自分が浮かばれないのは労働環境や他人のせいにしていたそうだ。

 

しかし、清水氏は会社を辞めることはせず、3つのチェックを自分に課した。

 

●今の職場で自分らしさが発揮できるところは本当にないのか?

●将来、夢の実現のために今の仕事を放棄することが本当に得策なのか?

●他業種や同業他社に移る、あるいは起業することでリスクはないか?

 

その結果、「自分らしさを発揮できる部署はある」「ラジオの仕事を通じて得られる知識や人脈は夢の実現につながる」、そして「テレビ局等へ移籍したりフリーになったりした先輩を見ると必ずしも先々明るいとは言えない」と判断し、ラジオの仕事を大事にしつつ、加齢とともに自分に武器をプラスしていくライフコースを選んだのだ。

(『20代でしておきたい「ささやかな成功」と「それなりの失敗」後悔しない最初の8年の過ごし方』から引用)

 

現在の職場で悩みを抱えている方、ちょっと立ち止まって自己チェックをしてみてはどうだろう。

 

 

評価される近道とは?

誰だって会社のなかでは「仕事がデキる」「あいつは、なかなかやるじゃないか」と思われたい気持ちが強いものだ。しかし、独りよがりや気負いは失敗のもと。仕事内容でもしも不得手な部分があれば、それを得意とする人間にパスしたほうがいいそうだ。

 

「自分はデキる」というオーラを撒き散らしたりせず、謙虚に、そして素直に、ときには弱みも見せながら、堂々と知恵を借り、助けてもらえばいいのだ。(中略)周囲の人間に助けてもらうときにも、

STOを意識してみよう。

S=少しだけ…、

T=助けて、

O=お願い!

そうすると、「頼りないやつ」と思われるどころか、意外にも「チームの和を大切にする人」というイメージを持たれたりするので、若いあなたならなおのこと、(自分には力がある)と思っていたとしても、周囲の人の力を借りながら仕事を進めたほうが、すべてが円滑に進むようになるはずだ。

(『20代でしておきたい「ささやかな成功」と「それなりの失敗」後悔しない最初の8年の過ごし方』から引用)

 

本書には、この他にもビジネスマンとして成功するためのノウハウがいっぱい。ささやかな成功を手に入れたいサラリーマンには必見の一冊だ。

 

 

【著書紹介】

GKNB_BKB0000405910092_75_COVERl
20代でしておきたい「ささやかな成功」と「それなりの失敗」 後悔しない最初の8年の過ごし方
著者:清水克彦
出版社:ブックビヨンド

入社3年で目標を立て、小さな成功を積み重ね、するべき失敗をきちんとしておけば人生はすべて思うまま! 会社員・ジャーナリスト・プロデューサー・ビジネス作家・大学講師の5つの顔をもつくスーパーサラリーマンが説く、20代の”等身大”人生設計術。

 

Kindleストアで詳しく見る
楽天Koboで詳しく見る
iBooksで詳しく見る
BookBeyondで詳しく見る
BookLive!で詳しく見る
hontoで詳しく見る
紀伊國屋書店ウェブストアで詳しく見る