どの世界も技術革新だ。

  • 形体展示 – 剥製標本写真などで生物を見せる展示。
  • 生体展示 – 生きた個体の展示。
  • 分類展示分類学的展示) – 同じ種類の生物をひとまとめにして、見比べることが出来るようにした展示。
  • 地理学展示地理学的展示) – 同じ地域に生息する生物をひとまとめにして、見比べることが出来るようにした展示。
  • 無柵放養式展示(ハーゲンベック方式・パノラマ展示) – 堀(モート)を使用したモート式展示など、従来の檻や柵などの遮蔽物を使用した展示ではなく、生物を直接観賞出来るようにした展示。
  • 単一展示 – 同一の種類の生物だけを、同じ施設内で展示すること。
  • 混合展示 – 複数の種類の生物を、同じ施設内で展示すること。
  • 形態展示 – 生物の身体的特徴を見せるだけの、生物がただ生きているだけの展示。
  • 生態展示 – ランドスケープ・イマージョンなどを使用し、その生物が野生で生息してる環境を再現し、環境エンリッチメントなどを考慮した展示。
  • 行動展示行動学的展示) -その動物の特技や特長などの能力を、自然に誘発させて観賞者に見せるように工夫した展示。
wikiからの引用です。
ざっとこれ見ただけで動物園の展示の手法だとはなかなか思えないんであるが、こういった業態でも手法の革新は行われているということなんだね。旭川動物園が一時期盛り返したのは行動展示という手法だったんですね。。なるほど。流通的に言うとVMDと部門別管理の手法の組み合わせということでしょうか。勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です