Posted in 未分類

自称「ビットコインの生みの親」に仮想資産窃盗疑惑-5300億円強相当 – Bloomberg

仮想通貨ビットコインの生みの親だと2016年に名乗りを挙げたクレイグ・ライト氏は、同僚だったコンピューターセキュリティー専門家、デーブ・クライマン氏の遺産から仮想通貨などの資産50億ドル(約5300億円)余り相当を盗んだとして故人の親族から訴えられた。
— Read on www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-02-27/P4SSGK6K50XW01

絡むと大変だなあ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です