Posted in 未分類

イーサー、米国で機関投資家市場参入へ【フィスコ・ビットコインニュース】 | マネーボイス

米国ニューヨークを拠点とするブロックチェーンアプリケーションの新興企業ConsenSys、は12日、オンラインの金利スワップトレーディングtrueEXの子会社、TrueDigitalと提携すると発表した。仮想通貨イーサリアムの市場開拓を目指す。 発表によると、2社は、ビットコインに続き総額で2番目に大きなイーサー(ETH)の指標となる価格指数を創設。機関投資家が取引可能な仮想通貨取引商品を作ることを目標とする。 trueEXは同時に、仮想通貨資産の派生商品の市場を作ることを発表。最初の商品は、TrueDigitalブランドでスワップトレーディンプラットフォーム上、ビットコインの取引がまず提供されるようだ。米商品先物取引委員会(CFTC)の承認待ちだという。仮想通貨関連の派生商品への機関投資家から増えている要求に応えた形だとした。 TrueDigitalの創設者は、「機関投資家は規制され流動性のあるエクスポージャーを増やし、より重要になりつつあるディジタル通貨のヘッジに興味をもっている」と述べた。
— Read on www.mag2.com/p/money/407033

なかなかやるな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA