ブロックチェーン技術、一番の被害者はスイス銀行?|仮想通貨ビジネス総研

仮想通貨とブロックチェーン技術。中心となって管理する組織がないため、安全性・手数料の低さと言ったメリットが強調され、投資目的だけでなく、今後ますます発展するであろう国際取引の場での活用にも注目されています。しかし、これによる「最大の被害者」がスイス銀行になるだろうと、米国の民間格付け機関ムーディーズが指摘していると、海外メディアのCryptonewsが伝えています。 ムーディーズが発表したレポートによると、ブロックチェーン技術により国際送金が高速化し安価になることはすべての銀行にとって有益となるものの、これによって受け取る手数料が低くなってしまうという負の面を指摘しています。 世
— 読み進める coinbusiness.jp/

これからもっとね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です