カテゴリー: ビジネスモデル

なかなか理解しもらうのには時間がかかるのはブルーオーシャンの証拠か

ビッグデータの仕事をやっていると根本部分からほとんど理解してもらえないことが普通にある。さらにSNSの話を絡めていくとさらに理解してくれないことが多い。

 

ということはこれからどれだけマーケットがあるという裏返しだと思う。実査にスマホの利用率は90%を軽く上回り、ブログやSNSを読む時間はスマホの利用率の中でもっともおおい。すでにスマホオンリーでマスメディアはほとんど消滅したということだ。

 

これは大きなパラダイムシフトなんだが実際にそれに向かって攻めているところが大手でないケースが多い。だからそれほど物議を醸し出しているほどではないと思う。

 

しかし、新聞社が潰れ出したり、出版社が潰れ出したり、百貨店などの古いチャネルが潰れ出すと相当数の人が気づいてくると思う。その時には我々は次のステップに進んでいるということなんだが、その時にはまた新しいブルーオーシャンが登場してると思うとなかなか面白い時代に来たと思う。

カテゴリー: ネットハードビジネスモデル企業研修/コンサル

トレンドリテラシーがこれから大きな問題

トレンドリテラシーがここんところ大きな問題になっている。スマホを使うことぐらいはできるがその利用レベルはいつも同じことぐらいしかやってないとか。ビッグデータやIoTなどの言葉は知っているが、中身は全くわからない経験したことない使えないとか。ブロックチェーンとかビットコインは知っているが、一般的な知っているが、実際に使ったことはないとか。

 

こんなパターンが最近多い。

 

言葉は知っているが中身はわからない興味ない人、言葉や一般的な意味は知っているが使いこなせない人。よく知っていて使っている人活用できる人。

 

こんな感じに分かれると思う。このリテラシーレベルが混じって仕事をすることは今後急速に難しくなるだろうと思う。まず理解してもらうことに相当時間がかかるからだ。さらに進んでどう活用して飛び抜けることができるかなんてことはハードルが高い。

 

教育でなんとかなんというかはなかなか難しいだろうし、今後は人事の組み合わせとかプロジェクトの組み方は考慮しなければならないだろうし、下手すれば思い切って組織を分けるぐらいしないと、企業活動のスピードもレベルも落ちると思う。

 

カテゴリー: ビットコイン企業海外

リップルがアラブ最大の銀行と提携を発表!2018年はさらにリップルが拡大 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

アラブ首長国連邦の最大の銀行であるアブダビ国立銀行(NBAD)は中東で始めてリップルと提携しました。これにより、リアルタイムで国境を越えた支払いを提供できるようになりました。リップルは2017年12月から多数の大手金融機関に決済ソリューションを展開しており、今後の動きが注目されます。
— 読み進める btc-feed.jp/posts/643