Posted in ビジネスモデル

超ヘビーユーザーに的を絞れば何十倍の購買をしてくれるのではないかという古い論理

こういう考え方をシている所ありますね。昔は自分もオタクだったのでヘビーユーザーしてましたが、最近は同じ商品をネットで最安のところを探して買うので、販売者としてのこの手の論理は全く効果ないかもしれません。さらに、メーカー側の論理としては、情報がすぐに広がり世界中の企業は攻めようと思えば日本でもそこでも攻めることができるので、メーカーのスイッチングも非常に簡単になりました。

 

ヘビーユーザーでもどんどん変わっていくということなんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です