カテゴリー: 流通金融・経済

EC業界の規模は16兆5000億円ぐらいなん? 全然ちがうかな?

百貨店業界ってどれくらいやったけ?7兆7000億円ぐらい???? そんなにあったっけ? といいながら最近はインバウンドで結構盛り返してきたらしいしね。 ドラッグストア業界は5兆ちょいか。コンビニ業界は7兆1000億円ぐらい? スーパー業界は17兆2000億円? この手の話ってリアルとネットと密接に絡まってるから規模なんてあまり関係ないかもね。。。。

インバウンドは、複数回きている人が増えてくると傾向は大きく変わると思う。当然モノからコトに変わるだろうし、いままで定番で行ってきた観光地はどんどん変化していくだろうし、、、、なんてことを考えると今インバウンドで潤っている業界も大きく傾向が変わる可能性があると思うね。

カテゴリー: ビッグデータ・統計

もうあとちょっとで新年だ。

2018年はバタバタだったな。2019年はちょっと腰を構えてやらないとね。と通り一遍等なことを言ってみたんだけど。。。。。

データを使って様々ななマーケティングや仮説や予測をするということは非常にニーズがあった。まあ、今までのリアル型のマーケティングがからっきし母数が少ないことと、ネット系のことが絡めていないということがあって、完全に行き詰まっているような感じだ。その前にかかる時間と経費が我々のやっている手法と比べて数十倍も高いし、時間かかるしね。その中であらゆるデータをマージして分析する手法は、今までの既存の手法を完全に凌駕する結果を生み出す可能性があるので、結構クライアントは面白がってたというのが2018年だったね。まあ今までのマーケティング手法や指標はどれもこれも終わってるしな。月1回定期的に集めたデータをその翌月に発表したところで結果こうでした!!!ちゃんちゃんで終わってしまうので、あんまし意味がない。

2019年はこれをもうちょっとビジネス化することを進めたいですな。

カテゴリー: 流通

年末にちょっとクライアントに行くときに時間があったので銀座とか表参道とか行ってみた。

本当に周りはインバウンド効果というのが現実だ。ほとんど歩いている人も買っている人もアジア人。店に入っても声はかかってくるんだが、自分の場合はほぼ中国語で接客される。。。。うーん。都心の百貨店もブランド店もファッションビルなども見てると大半がアジア人の購入か?という場面ばかり。まあ、いいことですね。金の使い方がちがうね。

カテゴリー: 未分類

最近買わなくなったもので一番大きいのはCDですかね。曲を探すのも聴くのも落とすのもグーグルプレイミュージック

割と音楽は聴く方だったのでCDは相当買ってました。ザクッと曲数で1万5000曲ほど。まあ、全部256ギガのスマホに入るわけじゃないので、半分ほどしか入れてませんでしたが、こんところ定額のグーグルプレイミュージックにしてから全く買わなくなりましたね。

よく買うのはいつも特定のミュージシャンのしか買わないのですが、定額のにしてからこの数ヶ月で音楽ライブラリーに登録したのが2000曲ほど。なかなか良いです。CDで売ってないのも結構あるし、俗に言う音源だけのライブとか聞いたことないのも結構あるのでいけますね。ライブラリー登録がメインなのでほとんど容量取らないのですが、エアモードにしなければならないときのことを考えて肝の曲はダウンロードしとく必要があります。

すでに書籍関連はここ数年?結構長いこと買ってないし、ボールペンやノートを持つことも数年以上ないし、今年ぐらいから財布は持ってないし、つい忘れてスタバでオーダーしてからスイカが使えなくてオーダー取り消してましたけど、、、、。ついに曲も買わない時代になりました。当然カメラは一眼レフはここんところ虫干しの時だけ使うだけで、写真も動画もサイトに載せれるレベルでも全部ファーウエイなどのまともなカメラ機能のスマホで十分です。

次は何がいらなくなりますかね。パソコンですかね、iPadプロはおもちゃだけど、サーフェスゴーでほとんどの仕事はでkます。膨大なデータ処理以外は。。。。取引先行くときも大画面のスマホが複数台あれば十分プレゼンできますしね。そういえば事務所ではプリンターをここ数年使わなくなったので、この前使おうとしたら動かなかったですね。。。ちょっとした曲つくりはスマホやサーフェスゴーでも可能ですしね。長文のコンテンツの制作はスマホにモバイルキーボードで十分だし。。。。

本当に次は何がいらなくなるんだ?????

カテゴリー: 株投資海外

株の動向に影響を与える要因のしょうもなさに飽きてきたな。

どこかのしょうもないディールやフェイクで株が乱高下するばかばかしさはなんなんだろう。。。と思う。こういう影響で経済が右往左往すること自体も無意味なんだろう。企業の株なんて実際にその内容を評価しているレベルはどんどん減っている。決算がよくてもそれは予想より低いから株が下がる? どこかが根拠もなく使用を禁止するからそれにつられて通信機器株が左右される? ビットコインもそうだったけどあの喧騒と今の株と何が違うのかね? どっこいどっこいだけどね。

カテゴリー: コンテンツモバイル

ちょっと前までは効果あったように見えたSNSもSEOも最近はからっきしだ。

フェイスブックやインスタグラムにラインアットマークやツイッターやユーチューブや最近のTikTokまで、何とかのっけってフォロワーを数万人に増やせば何とかなったのが最近はとんと効果がない。SEO対策もいろいろ工夫してトップページに乗せたけどそれだけでアクセスが増えてさらに。。。ということもなくなった。バリバリシステムを使ってたとこも多数あったしね。。。。もちろんリスティングも以前ほど効果は出ない。。。まあ、簡単にスマホで様々な検索なども可能なので、そこらへんはみんな飽きちゃったのかもしれない。

最近の効果ある方法として目立ってきたのが、個別にメール、個別にメッセンジャー、個別に電話。。。なんて方法だ。コンテンツで何とかやろうというのなら、オウンドメディアみたいな格好にしたところで見にくい時もあるから通常のデザインのブログをしっかり毎日複数記事を更新することだ。そうしていけば確実に固定客はついてくる。もちろんSNSでも毎日こまめに意味のあるコンテンツをアップしていくのならそれでもファンはつくこともあるが、やっぱりブログだ。その中身だ。中身が濃くてコアのファンがいてさらに訪問者が結果多くなれば完璧だ。

それと重要なのはサイトの内容の見せ方使い方の親切さだ。ユーザーフレンドリーなんて簡単にいえないほどのケアフルさが求められている。スマホファーストになってからドコモカモよう似たサイトの使い勝手になった、しかし画面は狭い、だからそれを超える救えるケアフルさが必須になってきたのだと思う。

まあ、この手はトレンドが変わるからね。そういうことだ。。

カテゴリー: AIECIotPC・Macソフト・ソリューションネットハードビジネスモデルマーケティング手法モバイル

ファーウェイ排除が加速させる日系工場の中国撤退 部品も“オール中国”になっていく中国製スマホ | JBpress(日本ビジネスプレス)

A社の中国人幹部によれば、「ファーウェイのスマホの中身は、中国企業が生産した電子部品への置き換えが進んでいる」という。日本メーカーと同様の電子製品を中国メーカーがつくれるようになった今、日系企業が中国産スマホのサプライチェーンにとどまることは困難になりつつある。
— 読み進める jbpress.ismedia.jp/articles/-/55023

中国メーカーが日本を追い越すのは誰でも予測できたこと。これでますます中国がIT機器の製造が一気通貫でできる素地が高まった。

さて日本はどこへ向かうか?もう一度パッケージ化を目指すか、あえてプラットフォーマーに戦いを挑むか。まあ、一番最後の選択肢がもっと可能性があったりして。今のプラットフォーマーはグークなど始め古い企業が多いから新世代で挑戦すれば勝てるかも?!?!?!