Posted in 流通

最近死語になりつつある流通業界用語いくつか

チェーンストアという用語が最近死語になりつつある。多店舗展開ということ自体がナンセンスであることはネットの浸透ですでに退店を進めているところもあるし、ドミナント出店の手法も購買行動の変化と人手不足等で成り立たなくなってきた。今やチェーンストア理論はネットとの連携の中で新たな方法論が必要になってきたということだろう。

街角ウオッチということも最近死語だ。購買の決め手はすでにネットに移って時間が経つが、その購買パターンは今までのリアル店舗でのウオッチィングや分析では半分以上もわからない。まあ、分析したところで、それをどうネットで反映させるべきなのかは多分今までの経験値では対応できないだろう。

ストーリーマーケティングも最近怪しい。ストーリーを提案していくことは随分昔からある手法だが、それをネットで拡散させてというのが通常の方法だが、作り上げたストーリーも最近は山ほど出ているのだから、ストーリーを語れば語るほどステマ乗りのイメージがつくので最近はあまりストリーを語り過ぎない方がリアル感があるような傾向になりつつある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です