カテゴリー: PC・Macモバイル

レッツノートXZ

ここんところクロームブックかサーフェスGOばかり使ってたので、久々にレッツノートXZを使ってる。このモデルはノートパソコンでもウインドーズタブレットでも使えるのがいい。キーボードを使うときはマウスパッドで、キーボードを使わないでタブレットで使うときは画面に直接タッチで使える2in1は、今後のノート型でも使われるPCの主力になることはよくわかる。もちろんノートでもタブレットでも同じソフトが使えることが大事だ。間違っても同じソフトなのに違った操作感で、ノートの時はここまで使えるのにタブレットになると簡略型でしか使えないというのでは話にならない。

タブレットで使ってた状態をそのままキーボードをつけてもすぐに操作が続行できるというのが大事だ。その逆も大事だ。いったん保存してノートの時とやブレットの時とで違う操作をしていくというのは非常に不便だ。こういうことを経験すると行きつくところは2in1になるということだな。

おまけで。。。画面だけど最近は横長の画面が多いけど、この12インチは縦にもけっこう高さがあるんだな。これがアクセスやエクセルやパワポで企画書を作るときに非常に便利だ。横長画面じゃはっきりと作業効率が落ちる。パソコンのように仕事をするツールとして使っている場合はおしゃれとかデザインがいいとかいうレベルで選ぶものではない。USBタイプCが少ししかないパソコンもそういう意味では全く役に立たない。可能な限り多種類の接続ができて、バッテリーの変更もできるものでないとだめだ。さらにできれば自分でSSDの容量を変えれることができることも大事だ。

さらにおまけで。。。LTEが使えるというのがいいね。WiFiでいいという話もあるがまったくこれはセキュアではない。そういう意味では重要な情報を使う可能性が高いパソコンの場合はやはりLTEが使えることが必須になってくるね。そういう意味でもXZは最近買ったPCではほぼすべてのニーズを満たしている。ほかのPCは正直使えないな。。。

カテゴリー: PC・Macモバイル

iPad新製品はリバイバル復活ときましたか。やっぱりiPad Proは製品耐久度があかんので、手堅いところを抑えてきましたかな?!?!

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6317514

このラインナップなら物足りん人もアンチの人も買うよな!! 絶妙な配球です。iPad miniのセルラータイプに座布団だ!!!

四月まで待てん。

カテゴリー: 事業投資企業

製造業でこんなことになったら、今までのシェアは完全になくなってその他の商品にまで大きな影響をあたえるだろうな。

https://newswitch.jp/p/16869

今後の進展ではオールキャンセルを食らうだろうなさらに保証補填も出てくるだろうし。その前に競合に完全に機種を置き換えられるので、次の手が打てなくなる。

カテゴリー: モバイル

スマホの分離プランは長中期的に見れば日本のスマホの販売方法が大きく変化するターニングポイントになるでしょうね。今まではハードを安く見せる方法としてやってましたからね。だから日本ではiPhoneのような高額なハードも売れていたということがあると思います。今度どうなるか楽しみです。

www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1903/16/news020.html

カテゴリー: オムニチャネルビジネスモデルファッション・アパレルマーケティング手法流通

リテールテックなどいろいろ展示会行ってきましたが。。。やっぱり〇〇ペイ型の決済や無人店舗は試行錯誤しながらも一気に行きそうな感じですね。

キャッシュレス決済は、各社さまざまな販促や店舗への導入などちょっと戦国時代に入りつつあるような感じですが、これからは統合されたりとんでもない異種がでたりいきなり黒船が出たりとなってくるでしょう。

ま、いままではフェリカなどの交通系が頑張ってましたが、スマホの今後の動向によっては一気に勢力を落とすことも想定できるかもしれません。消費者も学習していくなかで、あえて今までのキャリアと契約することなく格安SIMとSIMフリー格安スマホを選ぶケースも出てくると、今までのようにキャリアが強制的にフェリカ対応をメーカーに依頼していたのが難しくなるでしょう。

SIMフリー格安スマホでフェリカを搭載しているのはほとんどないし、デュアルSIMでフェリカに対応しているのはひとつ前の世代のoppo R15 PRO しかないし、その後継機種も出てこない。まあ、どれだけフェリカがガラパゴスで海外からは無視されているのかがわかるというような感じなんですな。

さらに総務省の携帯大手プラン見直し通信・端末代「完全分離プラン」や、5Gに移行する中でのハードの高額化などで、今までのキャリア主導のフェリカ搭載はますますどうなるかわからないと思う状況でしょう。

だからこのタイミングで様々な決済手段が登場してきているということなんだろうね。

無人店舗への取り組みも結構あちこちで出てました。アマゾンゴーがちょっと時代をこじ開けたということなんでしょうが、人材不足や外国人労働者増加と働き方改革を考えたら、あちこちの業種や業態で無人店舗に近いような業態はさらに出てくると思われます。店舗で現金を取り扱わなかったら、閉店時間すぐにスタッフは帰ることも可能だし、レジも今までのような形態のものはいらないということになって、今までの店舗での作業体系が大きく変わるでしょう。さらに、タブレットで在庫から購入・発送処理ができることになってくるだろうから、店舗の無駄な在庫もいらないだろうし、販売スタッフより手慣れたお客様のほうが自分で処理できるというようにもなってくるでしょう。

ということは、今までのリアルVMDやサイネージも、新次元に移行する必要があると思います。

例えば、納品された状態から、そのまま売り場に配置すればVMDになってるというような時代が普通になったりするだろう。今までの出荷センターが高機能化して、クロスMDも想定したうえでのVMDパッケージをセットして、リアル店舗にそのまま使える状態で出荷するような出荷センターが近いうちに稼働するなんてことが起こるのじゃないかと思う。オムニチャネルの決め手はこれだね。