カテゴリー: 研修/コンサル

これからのコンサルタントは?AIとかネット化の浸透でどうなるんだろうと言う相談を受けるんだけど。。。。

まあ、どんな変革があろうと、リアルの経験がなければネットのコンサルもできんだろうし、AIといったところで基本的なことはできるだろうけど、個々の企業ごとにその最適な手法を企画して導入支援できるだけの経験とコミュニケーション力があれば大丈夫だろうし、それの根拠を示すだけのデータ解析ができれば全然大丈夫だと思う。ハードル高い?

カテゴリー: モバイル

16番勝負!だなんてね。アンドロイド系とiPhone系とかその他系のと対比みたいなことをやってみると。。。。。完全に自分で使ってる範囲での比較結果だ。

●ハード対決(あとで分けて判定)
これは1対1で見るならiPhoneの方が信頼性でも高いところがあるけど、慣れてきた人や海外なんかでデュアルシムで使う可能性がある人、いい音質(優先イヤフォンとか)の音楽を聴きたい人となるとアンドロイドの方が勝つ。
スマホカバーの面白いのが欲しいとか周辺機器になってくるとiPhoneの勝ち。
5Gとかゲーミングスマホを買いたいとか、リーズナブルな価格のを買いたいとなると圧倒的にアンドロイドの勝ち。
安心ならiPhone、個性や機能やリーズナブルさが欲しいとなるとアンドロイド。

●スマホのケース対決
圧倒的にiPhoneの勝ち。機種が少ない分だけ日本で売れている分だけ楽勝。

●ブラウザー対決
いろんなプラットフォームで使えるクロームの方が圧倒的に勝ち。プライバシー性で勝負ならフォックスファイアーの圧倒的な勝ち。Safariはクロスプラットフォームじゃないから、パソコンはウインドーズででもスマホはiPhoneのとなるとブックマークなんかが共通で使えないので、ちょっと面倒。

●音楽再生対決
最近はサブスクリプションのが多いのでスポティファイの圧倒的勝ち。Googleプレイは、オタクな音源があるのでこれはこれでありな選択。iTuneは一般的という意味では安心して使えるのでそういったニーズの人にはぴったり。
その他ではオンキョーに注目したい。ハードではバランス型が使えるので本当のマニアにはこれを試してもらいたい。これを聞くと他に戻れん。再生ソフトもオンキョー純正のソフトがイコライザーを細かく調整出来る。これはiPhoneでもダウンロードできる。

●メッセンジャー対決
アンドロイドもiPhoneのも負け。ビジネスならスラックやチャットワーク。パーソナルならラインでも。フェイスブックのメッセンジャーが勝ち。セキュリティを重視するならテレグラムの勝ち。

●動画再生対決
これはアンドロイドのYouTubeが圧倒的に勝ち。どのプラットフォームでも使える。映画系ではネットフリックスの圧倒的な勝ち。どのプラットフォームでも使えるので実際にはどこが価値とは言えないな。iPhoneのはアップルTVとか最近出てきているけどこれは論外。

●デスクトップやノートブックとの連携
最近はiPhoneだが会社ではWindowsと言う人も多いと思うのでクロスプラットフォームを使うのが普通だと思う。それを考えるとGoogleのサービスをクロスプラットフォームで使うのがもっとも簡単なのでアンドロイドの圧倒的な勝ち。

●ダブレット対決
これはiPadがあるのでiPhoneの勝ち。といっても中で使うソフトをGoogle系で統一すると他のプラットフォームにも連携できるのでiPadの勝ちと言いながらアンドロイド?Googleの勝ち。

●ウエアラブル連携
アプルウオッチがもっとも一般的なのでこれはiPhoneの圧倒的勝ち。なんだが、計測できるデータの信頼性などを考えるとガーミンが圧倒的に勝ち。クロスプラットフォームで使えるのでどこが勝ちとは言えないかも。

●ビジネス利用対決
基本はウインドーズのオフィスなどをベースにと言うことになるかもしれないので、Windowsが勝ちなんだが、ウインドーズフォンは消滅したので残念。iPhoneもアンドロイドも同じレベルで使えるので引き分け。

●カメラ対決
これはファーフェイが圧倒的なのでアンドロイドの圧倒的な勝ち。iPhoneはまだまだ。

●画面のノッチ対決
iPhoneは上に大きなノッチ。アンドロイドは最近はドロップ型、パンチホール型、プッシュアップ型と様々あってアンドイドの勝ち。

●5G対決
これはすでにハードが登場し出しているアンドロイドの勝ち。iPhoneは来年かな?

●新しい画角のディスプレイ
Xperia1とかの新しい画角や折りたたみ(実際どこまで出てくるのか)や2画面スマホがあるアンドロイドの圧倒的勝ち。

●ディスプレイ質対決
有機液晶が普通になってきたがiPhoneはXSしかやってないので、様々あるアンドロイドの勝ち。

●ゲーム対決
これはゲームスマホのあるアンドロイドの勝ち。

●価格対決
これはアンドロイドの圧倒的な勝ち。シャオミとか見てるとiPhoneでは永久にあの質レベルをあの価格で出せない。

●音声コントロール対決
これは圧倒的にアンドロイドの勝ち。音声検索もいいし、Googleアシスタントも結構使える。Siriはまだまだやな。

●マップ対決
これは7年ほど先行しているアンドロイドの圧倒的勝ち。これは言うまでもない。

●メールソフト対決
これも見やすさなどを考えると圧倒的にアンドロイドの勝ち。

●クラウド対決
iPhoneのiCloudとアンドロイドのGoogle storageなんだが、信頼性から見るとアンドロイドの勝ち。クロスプラットフォームで使うときに特に便利。iCloudはまだまだマイナーだ。昔OSのバージョンアップの時に半年以上アクセスできない時もあったしね。そういう意味では本気でやってない気がする。他にDropboxの方がGoogleより使いやすいので、Androidよりこっちの方が最終的には勝ち。

●ハードの認証対決
iPhoneのフェイスIDは暗いところではダメとか面倒。アンドロイドのケース背面や側面や今多くなってきたのが液晶画面での指紋認証の方が便利で圧倒的に勝ち。

●電子決済対決
エディとかも使いやすいアンドロイドの勝ち。iPhoneはスイカだけなら便利だけどね。それとアップルウオッチとの連動を考えると便利。クーポンとかもまとめてというとGoogleペイの方が勝ち。

カテゴリー: モバイルライフスタイル

購買行動の変遷。確かにこの通りだな。スマホの浸透で本質的な購買動機のステップが全く変わったことが大事だな。今までのアイドマの法則とかもうあかんもんな。まだそれをいってるコンサルとかいるけど、時代遅れも認識遅れも甚だしい。

a.msn.com/r/2/AADHAWK

カテゴリー: ビジネスモデル

新聞は従来どおりの紙面をベースにウエブに乗せるなんて方法をやめるべきだと思う。基本すべてウエブ形式でブログのような形式で朝晩関係なく記者が直接アップしていくような形式にすれば、意外と活況を得るんじゃないだろうかね。紙ベースは今後も半減ぐらいすぐになると思う。最終は数十万部も行けばいいところになるんじゃないだろうかね。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190702-00207581-diamond-bus_all

カテゴリー: PC・Macモバイル

今のiPadでも、次の専用OSでもiPadが仕事に向かないのは、アプリによっては画面の向きを変えなあかんことだ。キーボードをつけてると縦がデフォルトのアプリは全く使えない。ここを直さないと、サーフェスには全く勝てない。

www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1906/26/news110.html