カテゴリー: SNSコンテンツソフト・ソリューション

最近面白いのがYOUTUBEコンテンツくり。まあ今迄テキストコンテンツは山ほどあるので、それに動画をかぶせるだけ。まあ、1日数本ずつ作っていくということで。

外出自粛なんで、まあSNS/メルマガなんかも見てくるれ可能性が高いし、その中でもまだちょっと注目度の高い動画であれば面白いんちゃうかということでちょっといろいろソフトを駆使??して作ってみてる。まあこれぐらいなら誰でもYOUTUBER目指そうとするぐらいだわな。

実際この動画コンテンツをどう生かすのかは、それ以外のSNSとかの連携も含めてやって行かないと販促としてのマーケティング効果はでないので意味がない。

まあ、まさかフォロワーが多数集まって再生時間も増えてTOUTUBEだけでも儲けられるにはほどとおいので、ほとんどの人や会社は販促のマーケティング的につかうことになる。

まずは誰でもどこでもいろんなアカウントやチャンネルで試してみるということが大事だな。

カテゴリー: その他

経済ニュース系のマスコミの報道を見ているとコロナウイルスで大きく業績が落ち込みましたという報道をやってるけど、そんなん想像通りちゃうの?それをどう克服するのかの報道をしないとニュース事態に存在意味がない。

というようなことがずーっとやってるんだよね。そりゃこれほど大きなことがあったんやから落ち込むのは当たり前で昨年比何十パーセント落ち込みましたと言われてもそりゃ仕方がないんちゃうのと誰でも思うだろうし、それを企業別など報道でいくら取り上げても途中で誰でもクラークなってイヤーになってくるだけちゃうのかね。

だからニュースを報道する側は誰でもわかっているような話ではなく、どの企業がづいったリカバリープランを持っているのかを取材してマスコミとして報道していくのが使命ではないかと思う。単にいくら落ちますという話を報道するのではほとんどマスコミの意味はない。

アメリカみたいにいち早く経済活動の活性化を発表しているところなんかは、いまどれほど悪くてもみんなに希望を与えるし、そのために今のコロナに打ち勝つための行動をするぞという気になるが、自粛規制≒すぐに保障ということに注目していてもそれが永遠に続くわけじゃないのでその次のことを考えれば誰でも経済発展を目指すための行動をしなければ全く意味がない。日本の報道はそういった意味でも先の続かない話を大々的に取り上げている。マスコミの目的は、全国民が自粛で委縮するように持っていこうとしていることを目的にしているのだろうか。それはおかしい。

カテゴリー: DXビジネスモデル

デジタルワーカーがいるのならデジタルスペシャリストもいるということだな。

デジタルワーカーがここ最近ちょっとしたキーワードになっている。まあ、営業かけるとしたら今までのようにアポイントを取ってということができないからだ。もちろんSNSか何かですでにコンタクトがないといきなりメールを送っても嫌がられるだけなんで、事前の仕掛けはいるのだがそこから営業をかけるという方法しかなさそうなんで行う人がデジタルワーカーということになるわけだ。

当然全体のビジネスモデルを組み立て仕掛けを作り、その仕掛けで数字を作れるように環境を作っていく人がいるわけで、そういった側の人としてデジタルスペシャリスト(当然いろんな分野の人が必要そうだが)が必要となるわけだ。

で、だれがどこからそういった人材を選択して育成して社内のキーパーソンとしていくのかというところが課題になるわけなんだが、そのほとんどのハードルは社内でそういった人材の必要性やレベルなんかの理解ができない人が社内の上層部にいるということだろう。といって外部のSI屋がそれをわかりやすくプレゼンできることもないと思うので、日本のこの分野の進化は遅れるということになるのだな。

カテゴリー: ビジネスモデルマーケティング手法研修/コンサル

コンサル会社や研修会社のビジネスモデルの変化をどう加速するかが、今後の大きなテーマ。

まあ、取引先に伺ってのコンサルティングや研修会社の手法がまずむつかしくなりました。コロナの件でもあと数カ月以上はかかるだろうし、その前にビジネスの仕組みが変わってしまう可能性があるので、集まってもらう人のアポイントを調整してもらって、、、という手法が相当減るでしょう。

その時に、こちら側もその場の雰囲気を盛り上げて話を持っていくロジックではむつかしくなるでしょう。一つ一つの話のエビデンス的なものが必要になってくるでしょうし、相手が理解しない場合のリカバリー的な資料も必要になってきますね。

コンサル側も講師側も同時に営業手法が大きく変わる可能性があります。今までは提案書を持って、、、、ということが多かったと思いますが、こちらの方でもあらかじめ動画などを作ってサイトやYOUTUBEに載せておくということが必要になったと思います。要は紙よりも動画という時代になってきているのです。プレゼンも動画ということですね。なんでもかんでも紙からの脱却ということになってきているのです。もちろん動画はプロが作ったというのもいいでしょうが、その手はすぐに飽和状態になると思うので、個人が自分で作ったその人しかできないような動画が必要になってくると思います。

ちょっと思いつくことを上げてみましたが、もっとこの流れが続ければ新しい方法なんかも出てくると思います。

カテゴリー: PC・Macライフスタイル

ZOOMとかCiscoWebexを使ってみての変化。。。

感覚的にはこんな感じですね。

とにかくミーティングの頻度が増えました。それにミーティング間隔も短くなりましたね。さらにミーティング時間が短くなった場合と長くなった場合とがありますね。特によく意見を言う人が少ない場合は短くなって、よく意見を言う人が多いときは反対に長くなりました。それに意見を言わない人の参加の意味合いが減りました。とにあっくミーティングに参加して情報共有ならミーティングログを見てもらうだけで十分ですからね。

ミーティングの内容的にはとがった内容が増えてきましたね。今まではミーティングの場を支配する人が支配してたんですが、ミーティング中の表示される顔とかが均一なんで、より意見を言える環境になってきたのかもしれません。それと画面共有とか資料共有のときに資料を出せる人の重要性が増してきましたね。画面共有の仕方によってはそのミーティングの流れを主導できるようなことが多いです。

とにかく今までよくあったミーティング始まる前のちょっとしたコミュニケーション的な会話なんかが減りましたね。ということでミーティングのテーマに対しての集中度が増えたような気がします。

さらに大きなメリットは、今まで忙しくて参加できなかった人や遠隔地で物理的にむつかしい方なんかの参加ができるようになったので、一気にミーティング内容が高まりましたね。その代わりに、ちょっと時間的にとか、、、出張でとかというミーティングへの不参加理由が挙げにくくなりました。これはこれでちょい大変。。。。おかげでZOOMのダブルブッキングとかが起こることに。一つのアカウントで全く違ったミーティングに参加できるんでしたっけ???ちょっとわからんので複数のアカウントで今は参加してるんですけど。。。。うーん。

カテゴリー: EC流通

いたるところでアフターコロナ的なテーマのミーティングをやっているんだけど。。特に流通は問題があるよね。数か月リアル店舗にあまり行かないでECとかで行けてるわけで、これがコロナがある程度落ち着いてきたときに、リアル店舗にお客様が戻ってくるのかというと、結構疑問が残りますな。

特にチェーンストアのように多店舗でというビジネスモデルを進めてきたところは、一気にリアル店舗が負債になることもあって、ECメインにビジネスモデルに変えることはなかなかむつかしいところも多いんだと思うんだけどね。

カテゴリー: SNS

毎日ZOOMミーティングを数本やっていると、だんだん取引先やコンサル仲間に会わないで物事が進んでいくので、これが本当にいいのかどうか????

ミーティングは明らかに楽になりましたね。しかしこんなに楽に頻繁にZOOMミーティングばかりでええんかいなという気もしますな。

その代わり前後の準備も頻度が増えた分だけ追いかけられるということになって。。。。なんというか。

ZOOMミーティングなんでどんどんミーティングするのもいいけどね。その時の議事録とかその他気が付いたことを相手先と共有できるようなサブシステムがZOOMにもあったらええんですけどね。

カテゴリー: モバイル

アップルのね、こういうところに力入れるだったら本体のあかんところをしっかり改善したほうがええと思うけどな。。。。本体で手抜きしてというようじゃあかんね。実際に8Sで、その層がかいけるのかというと876の人のうち76がメインでしょ?それも年末に出る5Gはいらない、あるいは待てないという人だけではないかな。それならSEという型番を付けてマスコミ受けを狙ってまで8Sを出すことが良かったのかどうか。まあ、年2回新製品を発売することでAndroidの春のマーケットを取ろうということかも知らんけど。

www.gizmodo.jp/2020/04/iphone-se-simpin.html

カテゴリー: ソフト・ソリューションネットビジネスモデルマーケティング手法ライフスタイル

社内にデジタルワーカーがどれくらいるのかが、これからの企業の勝負所。人材の価値をどこまでそのレベルに合わせられるか。

なんてことは相当前から言われてきたことだが、やっとこさ普通に言われるようになってきた。まあコロナのおかげ?というところかな。

簡単に言うと、トップから末端までということだな。新しいデジタルワーカーという人種はそろえたけどトップ陣はまったくですというのでは話にならんわけなんです。

カテゴリー: ビジネスモデルファッション・アパレルライフスタイル企業

確かにマスクは店頭でちょこちょこ見るようになりましたね。マスク不足も来月中には解消されそうやから急遽マスク生産に乗り出したところも来月中にはまた方向転換をする必要に迫られたりして。。。。。。なかなか忙しい。

dot.asahi.com/wa/2020042200085.html

カテゴリー: コミュニティソフト・ソリューションビジネスモデルライフスタイル企業

誰もがテレワークのような方法が定着するとは言うけど、その時のマネジメントの方法やチームのあり方は?という話にまで行きつかないケースが多いね。

もともとメールやチャットワークのようなメッセンジャー系で仕事をしてきた連中にはそれにビデオが付いたぐらいにしか思ってないし、まあ、ビデオ会議中あまり大ぴらにあちこち行ったり他の仕事をどんどんやってるとちょっと気がひけるかなぐらいにしか思ってないもんだ。

しかし、そういう経験が少ない人は、面食らってることも多いだろう。あれができないこれができないということもあるだろうし、指示してくれるのは誰?ちょっと困ったときにどうしよう?なんてことになる。

まあ企業ならそういう時にどうフォローできるのか?対処方法がわかりやすく使えるものなのか?ということになる。

さらにリーダーシップで勝負してきたところは、なかなかこれは厄介だ。チームの顔を見てちょっとした動作を見てフォローするということがほとんど不可能だからだ。雰囲気や環境やコミュニケーションでチームの輪を作ったり盛り上げてきたとこはどうすればいいのだろうか? 

まあこの時代に合った方法を構築するしかないのだが、テレワークの中でいえることは、Q&Aや方法論の説明や対処方法がしっかりわかりやすく利用できるようになっているかに尽きる。

マニュアル的なことはまだ作りやすい。が、方法論や自分の打開策や考え方や進め方などやさらにはトラブった場合や立ち止まった場合のステップ確保の方法などまでしっかり備えているところはほとんどいないだろうし、それをまた更新しているところはさらに少ないだろう。

リーダーシップを情緒的にとらえていたところは、テレワークの普及ではそうとうとなどうだろうが、しっかり上記のような準備をしてきたところは、逆に自分のスピード感で仕事ができるようになったこの方法になってくると役にいいものができるということの方が多いかもしれない。今まで上司が言えば元気にハイやりますというのがよかった時代は完全に終わりつつあるのだと思う。

カテゴリー: モバイル未分類

この記事を読めば読むほど8Sなんだなと実感するね。まあ早くなっただけということかな? しかしタッチIDでないとマスクしていると面倒だからこれしかないという選択肢ね。次の新機種もFace IDでないものを出して欲しいね。

www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2004/22/news140.html