【GW期間はお休みを頂きます!】

フットサル オリジナル ユニフォームはロンヨンジャパン!

 

いつもお世話になっております、ロンヨンジャパンの上田です!

 

もうすぐGWに突入しますね~

今年は10連休という驚愕の長さ!笑

皆様は、どの様に過ごされる予定ですか(^^)

 

ロンヨンジャパンもご多分に漏れず、4/27(土)~5/6(日)はお休みを頂きます!!

その間に頂いたご連絡には5/7(月)から随時ご返信をさせて頂きます!

大変ご迷惑おかけしますが、予めご了承くださいませ!

 

超長期連休なのは嬉しいですが、休み明けが恐ろしい…笑

 

本日は、この辺で失礼致します!

これであなたもモテるかも?かっこいい上げ技集

みなさんこんにちは。 春の気配が感じられ過ごしやすいですね。 サッカーもやりやすい時期になってきました。 本日も張り切っていきましょう! 今日はとてもかっこいい上げ技をいくつか紹介したいと思います。 テクニックとして持っておくとかっこいいし周りからも注目されること間違いなし。 これができたらあなたもモテるかも⁈ 簡単な技でコツもぎゅっと絞って皆様にお届けするので、チャレンジしてみてください。 やり方を見ていきましょー!

軸足スライド上げ

まず一つ目の技です。 一つ目はボールを上げるときに軸足をスライドしていくような形であげます。 見た目はかっこよく注目度も高いんですが、実はすごく簡単な技なのではじめやすいです。 やり方を見ていきましょう。

やり方

やり方は非常にシンプルで、あげるときに軸足にボールを当てるという動作と軸足を少しジャンプさせるという動作を組み合わせるとできます。 ①引いたボールを軸足に当てる ②引いたときにジャンプする 以上の2工程になります。 できそうですよね? 軸足のつま先にボールが引っかかって上がるという仕組みです。 上げ技①

練習方法

初心者の人はどうやって練習していけばいいのでしょうか? まずは軸足に当ててみましょう。 しっかり軸足に当てることができればこの上げ技はほぼ完成したも同然です。 当たるようになってきたらどんどん強く引くようにしていきましょう。 強く引くだけでボールは自然とあがってきます。 これにジャンプを組み合わせていきます。 ボールがつま先に乗ってきたなと思ったらジャンプしていきます。 軽くぴょんと飛ぶだけでオッケーです。 ジャンプが加わるとさらにボールがあがるようになります。 最後に軸足のつま先をくっと上げるようにしてみましょう。 これで技は完成です。 少しずつ工程を増やしていくとボールがうまくあがります。 しっかりできているとパンと音がします。音が鳴るまで上達できるよう、練習していきましょう。

 かかとを使った上げ技

続いては後ろ方ボールを上げる技です。 先ほどよりもかっこよさが上がると思います。 少し難易度も上がりますが、挑戦しがいはありますね。 これはどういう技なのかというと、かかとを使ってボールをスライドさせ、その勢いでボールを上げていく技です。

やり方

まずボールをかかとに沿わせた状態からかかとをスライドさせ 地面を思い切りたたきつけます。
この動きでボールが浮き上がります。
引いた勢いを使ってかかとでボールをあげたら完成です。

上げ技②

ポイント

なかなかできないという人もいると思うので、コツをまとめます。
まず引いた足は浮かせないようにしましょう。
しっかりと地面を踏んずけたまま、かかとにボールを当てます。
最初はなかなかボールが高く上がらないと思いますが、徐々に上がるようにしていきましょう。
高く上げるためには、足の当てる位置が大事です。
先ほどかかとにボールを当てるといいましたが、かかとのやや外側がベストポジションです。
この位置にボールを当てるため足をやや開きながら引いてみましょう。

引きアッカ

最後に引きアッカという技を紹介します。
最後なので一番難しい技ですが、速くて見た目もかっこいいのでチャレンジする価値はあると思います。

やり方

気になるやり方から解説していきます。
引きアッカは少しエラシコに似た原理を使います。
①ボールを内側に蹴る
②ボールを足が越えて
③つま先にボールを当てて上に上がる
この3段階の動きでボールをあげます。
地面にボールを置いたままあげるのではなく、少し勢いをつけるために引いてからボールを上げるようにしましょう。

ポイント

この技をやるときにポイントがあります。
ポイントは二つです。
まず蹴る方向が重要です。
蹴る方向は真横に蹴ってあげましょう。
力はそこまでこめず、ちょっとつま先の内側あたりで軽く蹴ってあげるだけで十分です。
次に大事なことが、ボールを蹴ったら逆側に蹴り返さないことです。

引きアッカの画像
蹴り返すのではなく、ボールを蹴った足をそのまま残しておいてボールを当てるだけでいいんです。
横に蹴る勢いをどんどん強くすると上がる高さも高くなります。
最初は動作をマスターするだけで難しいと思いますので、徐々に高さをだいていけるよう、順を追ってやっていきましょう。

かっこいいあげ技にチャレンジ

今日はとってもかっこいい上げ技を3つ紹介しました。
いかがでしたか?
上げ技は直接試合で使う場面は少ないかもしれませんが、一つでもできる技があるとかっこいいし注目されること間違いなし!
一つ目の技は特にシンプルで初心者でもとっつきやすい技です。
引きアッカは非常に難しい技ですが、その分できたらうれしいですしかっこよさも全然違いますよね。
新しい技にチャレンジするのはストレスもありますし、くじけそうになることもあると思いますが、できたときに喜びは大きいのでぜひ挑戦してみてくださいね。
ロンヨンではこれからもかっこいい技を紹介していきますので、定期的にのぞいてみてください♪

【プレゼントキャンペーンやってます!】

フットサル オリジナル ユニフォームはロンヨンジャパン!

 

いつもお世話になっております、ロンヨンジャパンの上田です!

 

早速ですが、本題に移らせて頂きます!

 

SNSに不慣れながら日々取り組んでいる今日この頃…

本日は以前行われていた、お得企画を久しぶりに行いました(^^)

 

何かと申しますと、【発掘プレゼントキャンペーン】です!

twitter上にて、ロンヨンをフォロー&この投稿をリツイートして下さったお客様から

抽選で下記のアイテムをプレゼントさせて頂きます!!

 

アイテム:ソックス 4足

サイズ:19-23cm

カラー:ホワイト

素材:ポリエステル、ナイロン、綿

※廃番商品のため追加等のご注文頂けません 

 

IMG_0069

 

2019年4月17日18時までのRT対象となります!!

 

未使用の新品で、このまま捨てるのは勿体ない…

お客様にも弊社にも商品にとってもプラスなキャンペーンです!!笑

 

宜しければ、是非下記からどうぞ(^^)

 

▼twitter

https://twitter.com/longyongjapan

今後も掘り出し物が有った際は、同様のキャンペーンを行って参ります!

それでは、本日はこの辺で失礼致します!

【ロンヨンジャパンもSNSをやっております!】

フットサル オリジナル ユニフォームはロンヨンジャパン!

 

いつもお世話になっております、ロンヨンジャパンの上田です!

 

本日SNSで見たのですが、何やらチェルシーとバルサの試合を今年の夏に埼スタで行う事が決定的だとか…

正式に実現したら見に行きたい!!

と個人的な熱いニュースを書かせて頂きましたが、本題に参ります!笑

 

ご存知の方も沢山いらっしゃると思いますが、ロンヨンジャパンもSNSをやっております!

facebook、twitterは以前からやっていますが、最近はLINEとInstaglamもはじめました(^^)

 

今って色々なSNSが有って面白いですよね~

是非ユーザーの皆様とSNSを介して交流を持ったり、楽しんで頂けるコンテンツ、お得な情報をどんどん発信していきたいと思っております!!

 

宜しければフォロー、良いね!をお願い致します(^^)

 

▼facebook

https://www.facebook.com/longyongjapan/

 

▼twitter

https://twitter.com/longyongjapan

 

▼LINE

https://line.me/R/ti/p/%40ghw9903q

 

▼Instaglam

https://www.instagram.com/longyong_net/?utm_source=ig_profile_share&igshid=1rqdzm1cb00rs

 

サッカー フットサルを愛してやまない皆様と盛り上がっていきたいと思います(^^)

 

それでは本日はこの辺で失礼致します!

【初心者向け】試合でつけるフェイント集

こんにちは!
本日はサッカー初心者向けの記事をお届けします。
サッカーをやっていくうえで、フェイントはいくつか習得しておきたいですよね。
今日は基本中の基本のフェイントを紹介しますので、初心者の方はここから習得していきましょう。
簡単なフェイントばかりですが、こういった基礎ができていると応用的なフェイントにも生かすことができます。
それでは実際に解説していきます。

ダブルタッチ

まずはダブルタッチです。
ダブルタッチは本当に一番基本的なフェイントなので、名前だけでも知っている人が多いと思います。
ダブルタッチは名前の通りツータッチで相手をかわすフェイントです。
まずワンタッチ目で横に蹴り、ツータッチ目で前に蹴りだします。
ワンタッチ目のポイントはやや強くすること。
ツータッチ目は蹴りだすというよりは、トラップするような感覚でやるとうまくいきます。

フェイント①
ワンタッチ目と同時に横にスライドするようになめらかに体重移動をすることが重要です。
相手との距離が近いときがこのフェイントの仕掛け時。
相手が突っ込んできたり、足を出してきたときにうまく仕掛けられるようにタイミングを見計らいましょう。

上体フェイント

続いて上体フェイントです。
上体フェイントは上体の動きで相手をだますフェイント。
一度大きく踏み込み、踏み込んだほうに行くと見せかけて一気に逆に突破します。
踏み込みときにしっかり大きく踏み込むことがコツです。
このフェイントは振りが少ないので、スピードに乗っていても使いやすいです。
簡単なのに抜きやすいのがこのフェイントのメリット。

シザース

続いてはシザースです。
こちらも定番のフェイントなので知っている方も多いと思います。
シザースは一度ボールをまたいで相手をだますのが特徴。
ボールをまたぐときボールの前を足が通るようにして瞬時に反対側に抜け出します。
このときの瞬発力が大事で、一気に抜き去れるようにしましょう。
上体フェイントにも少し似ていますが、またぐときに足がボールにひっかりやすいので少し難しくなります。
体が慣れるまで反復練習をする必要がありますね。

またぐフェイント

続いてはまたぐフェイントです。
やり方はまず足裏でボールをタッチして転がします。
そのまま転がした足でボールをまたぎます。
このとき目線で逆側にいくと見せかけて相手をだましましょう。

フェイント②

反対側の足で一気に縦に突破したら完成です。
やっぱりこのときのスピードが重要になってきます。
だらだらといくのではなく、しっかり加速できるようにしましょう。
緩急をつけるためにもはじめは遅いドリブルをしておいて、一気にスピードアップ。
相手との距離が近いほうがやりやすいので、仕掛け時も色々と試してみながらやっていきましょう。

エラシコ(インアウト)

続いてエラシコです。別名インアウトとも言います。
こちらも定番のフェイントですね。
エラシコのやり方はまずインサイドで内側に入ります。
このときはちょっと触るくらいでいいです。タッチが強すぎると足が追い付かないので力加減は練習していきましょう。
続いてアウトサイドで外に抜けましょう。
エラシコは体重移動がすべてです。最初からアウトで抜けるイメージでインを触りましょう。
慣れるまでは練習が必要ですが、一度できるようになると一気に使えるフェイントになります。
エラシコが使えるシーンは、サイドから中に切り込むときです。
こういうシーンはたくさんあるので、ぜひエラシコも練習してください。

ダブルタッチ応用編

先ほど紹介したダブルタッチの応用編も紹介してみます。
ダブルタッチができるようになったら応用編も練習してみましょう。
応用編はインサイドでボールをちょんちょん蹴ってタイミングを伺い、相手をおびき寄せます。
このとき重心は軸足の方にかけておいてください。
相手が我慢できずに足を出して来たら、瞬時にダブルタッチで抜きます。
この仕掛けるタイミングが重要で、相手が前のめりに出てくるまで待ちます。
サイドハーフやライン際で使うことができます。

キックフェイント

最後に紹介するのはキックフェイントです。
名前の通り大きくキックすると見せかけて相手をだますフェイントです。

フェイント③
大げさに蹴るふりをしてインサイドで相手をかわしていきます。
うまくいくと相手はシュートコースを切ろうとして動くので、反対に抜くことができます。
抜くときは腰をグイっとひねって腰で自分のからだを持っていきます。

基本のフェイントを身に着けよう

以上初心者向けのフェイントを紹介しました。
誰もが名前を聞いたことがあるようなフェイントばかりです。
基本のフェイントは簡単で取っかかりやすく、実践でも使いやすいのでぜひ練習してみてください。
それぞれに使えるシーンや使い方も違うので、体で動きを覚えたら使い分けができるようにしていくと完璧です。
はじめから難しくてかっこいいフェイントをしようとするのではなく、基本的なものを完璧にできるようにしていきましょう。

【初心者向け】試合でつけるフェイント集

こんにちは!
本日はサッカー初心者向けの記事をお届けします。
サッカーをやっていくうえで、フェイントはいくつか習得しておきたいですよね。
今日は基本中の基本のフェイントを紹介しますので、初心者の方はここから習得していきましょう。
簡単なフェイントばかりですが、こういった基礎ができていると応用的なフェイントにも生かすことができます。
それでは実際に解説していきます。

ダブルタッチ

まずはダブルタッチです。
ダブルタッチは本当に一番基本的なフェイントなので、名前だけでも知っている人が多いと思います。
ダブルタッチは名前の通りツータッチで相手をかわすフェイントです。
まずワンタッチ目で横に蹴り、ツータッチ目で前に蹴りだします。
ワンタッチ目のポイントはやや強くすること。
ツータッチ目は蹴りだすというよりは、トラップするような感覚でやるとうまくいきます。

フェイント①
ワンタッチ目と同時に横にスライドするようになめらかに体重移動をすることが重要です。
相手との距離が近いときがこのフェイントの仕掛け時。
相手が突っ込んできたり、足を出してきたときにうまく仕掛けられるようにタイミングを見計らいましょう。

上体フェイント

続いて上体フェイントです。
上体フェイントは上体の動きで相手をだますフェイント。
一度大きく踏み込み、踏み込んだほうに行くと見せかけて一気に逆に突破します。
踏み込みときにしっかり大きく踏み込むことがコツです。
このフェイントは振りが少ないので、スピードに乗っていても使いやすいです。
簡単なのに抜きやすいのがこのフェイントのメリット。

シザース

続いてはシザースです。
こちらも定番のフェイントなので知っている方も多いと思います。
シザースは一度ボールをまたいで相手をだますのが特徴。
ボールをまたぐときボールの前を足が通るようにして瞬時に反対側に抜け出します。
このときの瞬発力が大事で、一気に抜き去れるようにしましょう。
上体フェイントにも少し似ていますが、またぐときに足がボールにひっかりやすいので少し難しくなります。
体が慣れるまで反復練習をする必要がありますね。

またぐフェイント

続いてはまたぐフェイントです。
やり方はまず足裏でボールをタッチして転がします。
そのまま転がした足でボールをまたぎます。
このとき目線で逆側にいくと見せかけて相手をだましましょう。

フェイント②

反対側の足で一気に縦に突破したら完成です。
やっぱりこのときのスピードが重要になってきます。
だらだらといくのではなく、しっかり加速できるようにしましょう。
緩急をつけるためにもはじめは遅いドリブルをしておいて、一気にスピードアップ。
相手との距離が近いほうがやりやすいので、仕掛け時も色々と試してみながらやっていきましょう。

エラシコ(インアウト)

続いてエラシコです。別名インアウトとも言います。
こちらも定番のフェイントですね。
エラシコのやり方はまずインサイドで内側に入ります。
このときはちょっと触るくらいでいいです。タッチが強すぎると足が追い付かないので力加減は練習していきましょう。
続いてアウトサイドで外に抜けましょう。
エラシコは体重移動がすべてです。最初からアウトで抜けるイメージでインを触りましょう。
慣れるまでは練習が必要ですが、一度できるようになると一気に使えるフェイントになります。
エラシコが使えるシーンは、サイドから中に切り込むときです。
こういうシーンはたくさんあるので、ぜひエラシコも練習してください。

ダブルタッチ応用編

先ほど紹介したダブルタッチの応用編も紹介してみます。
ダブルタッチができるようになったら応用編も練習してみましょう。
応用編はインサイドでボールをちょんちょん蹴ってタイミングを伺い、相手をおびき寄せます。
このとき重心は軸足の方にかけておいてください。
相手が我慢できずに足を出して来たら、瞬時にダブルタッチで抜きます。
この仕掛けるタイミングが重要で、相手が前のめりに出てくるまで待ちます。
サイドハーフやライン際で使うことができます。

キックフェイント

最後に紹介するのはキックフェイントです。
名前の通り大きくキックすると見せかけて相手をだますフェイントです。

フェイント③
大げさに蹴るふりをしてインサイドで相手をかわしていきます。
うまくいくと相手はシュートコースを切ろうとして動くので、反対に抜くことができます。
抜くときは腰をグイっとひねって腰で自分のからだを持っていきます。

基本のフェイントを身に着けよう

以上初心者向けのフェイントを紹介しました。
誰もが名前を聞いたことがあるようなフェイントばかりです。
基本のフェイントは簡単で取っかかりやすく、実践でも使いやすいのでぜひ練習してみてください。
それぞれに使えるシーンや使い方も違うので、体で動きを覚えたら使い分けができるようにしていくと完璧です。
はじめから難しくてかっこいいフェイントをしようとするのではなく、基本的なものを完璧にできるようにしていきましょう。

【ソックス キャンペーンがスタートします!】

フットサル オリジナル ユニフォームはロンヨンジャパン!

 

いつもお世話になっております、ロンヨンジャパンの上田です!

 

皆様、花見はしましたか(^^)

やっと少しづつ暖かくなってきて、春になってきたな~と感じますね!

まだ寒い日も有りますので、皆様体調はくれぐれもご注意を!

 

さてさて、そんな春めいた今日この頃ですが、新しい季節にピッタリのキャンペーンを行わせて頂きます!

それがこちら!

 

アンクルソックス告知01_PC

 

アンクルソックスキャンペーンでございます!!

 

2019年4月10日から2019年5月14日の間、

下記の客様を対象にアンクルソックスをプレゼントさせて頂きます(^^)

 

・新規購入5万円以上のお客様にシャツの枚数分プレゼント

・追加ご注文3万円以上お買い上げでシャツの枚数分プレゼント

 

私も早速、試しに履いてみましたが、使い勝手がいい!!

もう10足位、本当に欲しい位です(笑

 

これからユニフォームの購入を検討されているお客様、

是非このお得なキャンペーンをご利用くださいませ!

 

ではでは、本日はこの辺で失礼致します!

”緩急をつけたドリブル”でディフェンス突破力をあげろ!

みなさんこんにちは。 今年は女子のサッカーワールドカップも控えており、盛り上がりを見せるサッカー界ですね。 自分のプレーも、プロの応援も楽しみながらサッカーをやっていきましょう♪ 今日はサッカーをやる上で最も大事といっても過言ではない、ドリブルについて徹底解説したいと思います。 ドリブルといっても、シーンによって使い方は全然違いますし、いつも同じようなドリブルをしていてはいけません。 今回はいろんなドリブルがある中で、緩急をつけたドリブルについて解説します。 急にスピードをあげられたり、ゆっくりになると、ディフェンスもなかなかついていくことができません。 コツや練習方法をしっかり解説しますので、最後まで見ていってください。

ドリブル突破力=緩急

ドリブルはスピードがあればいいと思っている人、それは間違いです。 確かにスピードのあるドリブルはディフェンスからしても嫌だと思いますが、それより大事なことが実は緩急の付け方なんです。 緩急とはスピードの強弱のことです。 緩急をうまくつけることで、テクニックがなくても、スピードがなくても、ドリブルで突破できることができちゃうかもしれません。 それほど大事な緩急なので、今日は詳しく解説していきます。

緩急をつけるためのコツ

緩急をつけるためのコツを紹介していきましょう。 まずボールを足元に置いておくのが1つ目のポイントです。 ボールを自分の少し前に置いてしまうと、緩急をつけるときの予備動作で、相手に動きがばれてしまいます。 それだと緩急をつける意味がないので、なるべく足元にボールを置いて動きから読まれないようにします。 続いてボールの運び方ですが、相手が足を最大限に伸ばした外側に運ぶことを意識しましょう。 ドリブル① この画像でいう危険エリアにはボールを運ばないようにします。 常に危険エリアの外側を通るようにしていれば、最悪でも相手にボールを取られることはありません。 最後ポイントは右足の一歩でスピードを上げるということです。(右に抜く場合) スピードを上げるときは一瞬で、どんどんと上げていくのではなく、一歩でグッと上げ切ります。 この一歩で上げるというのは緩急の基礎なのでしっかり覚えておきましょう。 このときに意外と重要になってくるのが左足です。 左足で地面をしっかり蹴らないことにはスピードを上げることができません。

一気にスピードを上げる方法

緩急をつけるためのコツがわかったところで、疑問が浮かぶ人がいるかもしれません。 ”一気にスピードを上げるのが難しいんじゃないの?” 確かにそうですよね。 今日はそんな疑問も解決すべく、一気にスピードを上げるためのコツも紹介します。 まずポイントが、走りとタッチを同時に行うという意識を持つこと。 ディフェンスを突破するようなドリブルには、繊細なボールタッチの技術が必要になりますが、緩急をつけたドリブルをするためには走りがまず優先で、ついでにボールがついてくるようなイメージで行うことが重要です。 足の着地地点も大事になってきます。 先ほども走り出す一歩目が重要と話しましたが、走る動作そのままに足を振り出して着地することが、大きくディフェンスとの距離を広げるポイントです。 自分の足の着地点がどの位置にあるのか、確認してみましょう。 次にドリブルの姿勢にも注目してみましょう。 緩急② 手の親指が前から後ろに回ることを内旋といいます。内旋にすることで、お尻の筋肉に力が伝わりやすく、結果的に走るスピードが増します。 タッチ後は内旋とともに、全身を前傾させながら走り抜けます。 後ろ足で地面を押すことで体を傾けて前足にしっかり体重を乗せます。 これができることで推進力がさらに上がります。

練習方法

コツがわかったところで、緩急をつけたドリブルをするための練習をしていきましょう。 まずはボールをもたないでディフェンスにたってもらい、緩急をつけながら抜いていくように走ります。 先ほども解説した右足一歩でスピードを上げるというところを意識してみてください。 最初は歩きながらやってみても構いません。 とにかくしっかり一歩でスピードを上げて緩急をつけれているかというところを意識します。 慣れてきたらボールも使いながらやってみましょう。 ボールを蹴る強さやタイミングも計りながら実践に近い形でやっていきます。 このように緩急のあるドリブルができるようになれば、ディフェンスはこっちにくるとわかっていても止めることができません。 しっかり練習してみてください。

緩急をつけてディフェンスを突破

今日は緩急をつけたドリブルについてみてきました。 こういったドリブルができると、一気に突破力が高まります。 スピードがあっても、緩急がないドリブルはディフェンスを突破することができません。 こういったテクニックを使って突破力を上げましょう。 はじめは加速の方法やドリブルの繊細なタッチは難しいと思いますが、紹介した練習方法を試しつつ、挑戦していきましょう。

よくあるお問い合わせ【生地の違いについて!】

フットサル オリジナル ユニフォームはロンヨンジャパン!

 

いつもお世話になっております、ロンヨンジャパンの上田です!

 

遂に新しい元号が発表されましたね!

新しい元号は「令和」!!

まだピンとこない…

 

それでは本日のブログに参りましょう!

今回は以前お客様に好評だった、よくあるお問い合わせシリーズを載せさせて頂きます!

 

内容は生地の違いについてです!

弊社でユニフォームを作成された事の有るお客様はご存知かと思いますが、

昇華スタンダードユニフォームは使用する生地をお選び頂けます!

 

まずはシャツのほうから参りましょう!

HP上にも生地のご説明はあるのですが・・・

ハニカム素材(生地品番SH)
光沢のないフルダル系で編み上げたハニカム構造の生地は、吸水性と速乾性に優れた素材です!
また、ハニカム構造なので風通しが良く、汗などのベタつきも少ないです。そして、洗濯強く、色あせしたり、縮んだりしにくい素材です(^^)

シャドウストライプ素材(生地品番SS)
光沢のあるブライト系で編み上げた3m/mのストライプ生地は、吸水性と速乾性に優れた素材です!
光沢のありなしでストライプを表現しています。 ポリエステル素材なので洗濯に強く、色あせしたり、縮んだりしにくいのが特徴!

ざっくりとした表現ですと、どちらもポリエステル100%の素材ですので、性能自体に大きな変わりはありません!
どちらも吸水性と速乾性に優れた素材です(^^)
じゃあどこが違うの?ということになりますが、大きくは下記の二点があげられます!

1、肌触り

2、見た目

肌触りについては、着られる方の好み次第・・・かなと思います。
どちらの生地もさらさらした優しい肌触りになっています。
大きく異なるのが見た目の部分です。

両方の生地を並べたものがこちら・・・

IMG_1918_2

ちょっと遠いのでわかりにくいですね。

近くで見たものがこちらです。

IMG_1920_2

画面向かって左がハニカム素材、右がシャドウストライプ素材です!

結構違いがあるのがお分かりいただけるでしょうか?

シャドウストライプのほうは少しつやつやした光沢があります!

今回は社内に同じデザインがなかったのであまり比較になっていませんが、生地によって同じデザインでもちょっと雰囲気が変わってきますが異なります(^^)

 

次にパンツの生地です!

ハニカム素材(生地品番SH)
光沢のないフルダル系で編み上げたハニカム構造の生地は、吸水性と速乾性に優れた素材で、
また、ハニカム構造なので風通しが良く、汗などのベタつきも少ないです!
そして、洗濯強く、色あせしたり、縮んだりしにくい素材です!

トリコット素材(生地品番TC)
光沢のあるブライト系で編み上げたトリコット(縦編生地)で、
横向きに畦のある素材で、若干光沢があります。ポリエステル素材なので洗濯に強く、色あせしたりしにくい素材です!

こっちも文字の説明だけではわかりにくいですね…

パンツもどちらも吸水性と速乾性に優れたポリエステル100%の素材ですが、
こちらもシャツと同じく、異なるのは肌触り見た目の部分です!
あと1点異なる部分があるのですが、それは写真を見ていただいた後にご説明します!

パンツの写真がこちら↓

IMG_1925_2

パンツのほうはこの時点で結構違いが分かりますね!

拡大はこちらです↓

IMG_1928_2

画面向かって左がハニカム素材、右がトリコット素材です!

ご覧の通り、トリコット素材のほうは少し光沢があります(^^)

上のほうで【シャツと同じく、異なるのは肌触りと見た目の部分です。】というふうに書いておりますが、シャツとは1点違う部分があります!
強度的な部分になりますが、トリコット素材は摩擦に強く、ほんの少しですがハニカム素材よりも厚い生地となっております!
サッカー協会にユニフォーム登録をされているようなチームの方は、体育館で滑ったりすることも多いと思いますのでトリコット素材はおすすめです!

じゃあ、ハニカムのいいところは?というと、ハニカム素材はシャツ、パンツ共に同じ素材を選ぶことができますので、シャツ、パンツ両方昇華プリントでご注文いただいた際に色ブレが起こりにくいという利点があります(^^)

ということで、組み合わせ的には

①シャツ/ハニカム素材×パンツ/ハニカム素材

②シャツ/ハニカム素材×パンツ/トリコット素材

③シャツ/シャドウストライプ素材×パンツ/ハニカム素材

④シャツ/シャドウストライプ素材×パンツ/トリコット素材

という組み合わせができるようになります!

デザイン以外にも生地も選ぶことができますので、ぜひ、お気に入りの組み合わせでご注文くださいませ!

ちなみに生地ですが、見本もご用意しております。 生地サンプル兼、色見本というかたちになっており、A4程度の大きさのものをご用意しております(^^)

IMG_1933_2

ちょっと写真がぶれてしまってますが、お気になさらず!

見本はこんな感じです!

もし、実際の生地が見てみたい!というご要望がございましたらこちらより生地見本希望とご連絡ください、
その際はお送り先のご住所が必要となりますので、ご記入忘れのないようにお願いいたします(^^)

生地見本ですが、郵送でお送りいたしますのでご希望いただいてから数日お時間がかかる可能性があります。予めご了承をお願いいたします!

皆様のご参考になれば幸いです!!

初心者でも簡単にできるようになる!股抜き技を解説

みなさんこんにちは。
練習は頑張れているでしょうか?
息抜きもしつつ、フットサルを楽しみながら練習に励んでいきましょう。

本日はフットサル初心者でも使える股抜きフェイントを紹介したいと思います。
かっこいいフェイントで相手をかわしていきたいけど、なかなか初心者だとうまくいきませんよね。
ミスをしてしまうとチームにも迷惑をかけるし、下手なことはできないということで保守的な技に頼りがちになってしまうと思います。
今日紹介する股抜きは、初心者こそ使いやすい簡単なフェイントです。
今日を機にぜひ練習をして、試合でも使えるようにしていきましょう。

L字フェイントをやってみよう

まずはLフェイントを紹介します。
これはシンプルで初心者でも取り組みやすいと思います。
さっそくどんな技なのか見てみます。

L字フェイントってどんな技?

L字フェイントってどんな技なんでしょうか?
名前の通り、L字を描くようにしながら股抜きをする技です。
一連の流れを説明してみます。
①ボールを前に置き、相手がきたら右足裏でボールを引く
②離れたボールを右のインステップを使ってかわす
かわすときに相手の股の間を通し、ボールをとることができれば完成です。
とてもシンプルでわかりやすい技だと思います。

L字フェイントを成功させるためのコツ

L字フェイントはシンプルな技なので、練習にも時間がかからずおすすめです。
股の間を通すというところがポイントで、うまくいくと相手は反応することが難しいので効果もかなり高いといえます。
このL字フェイントをしっかり成功させるために、コツをまとめてみました。

L1

 

まずL字また抜きを仕掛けるタイミングですが、相手がボールを狙って前に出てきたときがベストです。
勢いよく相手が向かってきてくれたら、勢いの分歩幅が広がりそれだけ股が開きやすくなります。
この瞬間に右足の裏でボールを引き、相手の横を抜くと見せかけてインステップで相手の股に目掛けてL字を描くようにボールを押し出してやります。
相手の横を通りボールを取れれば完成です。
ボールを後ろに引くときは、相手の横を抜くと見せかける意識を持つことが大事。
はじめから股抜きを狙っていては相手にも読まれてしまうことがあります。
相手に読まれているときや、股が開いていないときは仕掛け時ではないので、別のフェイントに変更します。
しっかり状況を判断できる力も必要です。
正確に股の下を通して、前に送ることも大事ですので、はじめは動作から覚えていきましょう。

 足裏タッチパナに挑戦

続いては足裏タッチパナという技に挑戦です。
この技はネイマール選手もよく使う技で、簡単そうに見えますが、意外とテクニックが必要な技です。
”タイミングをずらす”というのがこの股抜きのポイントです!
やり方を見ていきましょう。

足裏タッチパナのやり方

まず足裏でボールを真横に転がします。
このとき相手の右側を抜くようなイメージを焼き付けます。
ボールコントロールした足を地面につけず、そのまま二度目のタッチでボールを相手の股に目掛け、ボールの進路を変えます。

l2
ボールは股を通り、自分は相手のサイドを通ってボールをキャッチしたら完成です。
いかがでしょうか?
非常にシンプルですが、タイミングをとるのが難しいです。
動作としては足裏だけで2タッチですので本当に成功するのと思うかもしれませんがネイマール選手をはじめとして、世界的なプレイヤーも使うような股抜きです。
シンプルかつ効果的なフェイントが一番使えると思います。
ぜひ練習してみてください。

股抜きをするときの考え方

本日は2つの股抜きを紹介しましたが、それらに共通する考え方やコツを最後に伝授したいと思います。
股抜きに挑戦しようと思う人は、今からいうことを意識しながら練習してみましょう。

股抜きを狙いすぎない

股抜きはタイミングが非常に重要です。
タイミングを見誤ると失敗してしまうのが難点。
しかし股抜きを狙いすぎていたら相手にもバレバレ、動作が遅くなってしまったり、股抜き以外のドリブルや状況判断が中途半端になってしまいます。
だからこそ股抜きは選択肢の一つとしてある状態で用意しておくのがベストです。
股抜きのタイミングをいうものを自分なりにもっておいて、そのタイミングが来たときは即時に反応できるようにします。

股が開いてからでは遅い

股抜きはタイミングが大事ですが、そのタイミングとはいつでしょうか?
まず股が開いてからでは遅いです。
開いた股はすぐに閉じてしまうので、ディフェンスにさえぎられてしまいます。
今まさに股を開けようとしているときを狙うのが大事です。

股抜きで抜きまくれ!

今日は股抜きについて書いてみました。
股抜き技は決まると気持ちがいいですし、完全に相手を吹っ切れるのでいいですよね。
シンプルな技も多く取っかかりやすいですが、試合で使いこなせるようになるまでは時間がかかるかもしれません。
タイミングの問題であったり、スピード、動き方などしっかりマスターできるように練習を重ねていきましょう。
実践でもどんどんチャレンジして、磨きをかけていってくださいね。

 

【初心者におすすめ】基本的なトラップをマスターしよう

こんにちは。
そろそろ気温も暖かくなってきそうで、過ごしやすい日が続きますね。
今日は初心者向けの記事で、トラップについて書いていきたいと思います。
トラップって結構地味な動作に見えますが、大きく差がつくところです。
最近だとサッカー日本代表の大迫選手がトラップで溜めを作れる選手として有名ですね。
あのような選手がチームに一人いると、安心してボールを預けることができます。
普段シュートやパスの練習を優先しがちの方は、今日最後までこの記事を読んでみてください。

トラップに対する考え方

トラップってそもそもなんのためにするのでしょうか?
トラップについて調べたり、コツ動画を見たりすると

・面でとらえよう
・ボールの中心を触ろう
・インサイドでトラップしよう

というワードがよく見られると思います。
ただこれを聞いてうまく実践できた人いますか?
これらのことを意識してやってみたところで、なかなか試合で使えるトラップにはつながります。
今日はこういうちょっとしたコツみたいなことを飛び越えて

”次の動作につながるための良いトラップをしよう”

というところを目標にしたいと思います。
トラップはそもそもそれだけで終結する動作ではありません。
トラップの次どうするのか、攻めるのか、パスをだすのか、どちらを向くのかでトラップのやり方も変わってきます。
まずはそのあたりを理解していきましょう。

基本的なトラップについて

実際にトラップをやっていきましょう。
先ほどのトラップに関する考え方ができていれば、これからの練習も変わってくると思います。

インサイドを使うトラップ

先ほどトラップに対する色々なやり方で、「インサイドでボールをとらえよう」とか、「面でとらえよう」とかそういうアドバイスを無視するような形になっていました。
それではこういった基本的なやり方については間違えているのでしょうか?
答えはNoで、はじめのうちはインサイドの広い面を使ってトラップを習得していくことがベストだと思われます。
先ほどはあくまでもトラップについての考え方を示したので、あえてこの部分についてはスルーしていました。
広い面を使ってするトラップはやっぱり安定感があります。

ボールをおさめる位置

初心者がトラップの練習をするときは、インサイドでボールをとらえ、半径2~3メートルの範囲内にボールをおさめることを意識します。
トラップ①

この癖をしっかりつけるために、トラップする足を軸足より前に出しすようにやってみてください。
そうすることでボールがだいたい間接視野で見える位置に収まります。
足元にトラップしてしまうとボールが間接視野で見えず、結局トラップの際目線が下がってしまいます。
こうなると次の動作にうまく移行することができません。
トラップの瞬間はボールを見るようにしますが、これは首をあまり下げず、視線だけで確認する感じです。
間接視野でなんとなくボールの位置がわかっているのといないのとでは、大きな差があります。

安定しておさめるために…

これができたらボールの中心をしっかり足の中心でとらえていられているかも確認してください。
しっかりボールを中心でとらえられていないと、トラップしたときにボールが飛んで行ってしまいます。
例えばボールの下のほうをタッチしてしまった場合、ボールは上に浮きます。

トラップ2
ボールの上をトラップしてしまった場合、ダブるような感じになってもたつきます。
しっかり中止にあてることで、スムーズなトラップになるんです。

また足元が固くなっている場合もボールが飛んで行ってしまう可能性が高くなります。
壁と一緒でボールが当たる足が固いと強い力で跳ね返っていきます。
ボールを受ける足は豆腐のように力を抜いておく意識を持ってください。
全身脱力してしまうのはよくないので、軸足に体重を乗せておくくらいがいいと思います。

パスによって使い分ける

どんなパスに対しても同じようなトラップをしていてはいけません。
基本的に強いパスが来たときは、力を抜いたトラップをします。
弱いパスが来たときはむかえにいくようなトラップをします。
強いパスと同じように力を抜いたトラップをすると、うまくいかないと思うので一度確かめてみてください。

トラップを使いこなそう

以上基本的なトラップについて解説していきました。
今日この記事を読んだ人はしっかりトラップに対する考え方から理解して、練習に臨むようにしてくださいね。
次の動作にスムーズにうつるため、視線を落とさない、変な場所にはじかない、蹴りやすい位置に置く、そういったトラップができるようになればベストです。
そういったトラップをするために今日紹介したようなテクニックは重要になってきますので、たくさん練習していきましょう。
はじめはやっぱり慣れないことに挑戦するのでうまくいかないかもしれません。
しっかり意識して動きを確認していけば、どんどんと無意識に良いトラップができるようになってきます。
繰り返し練習することが大事ですので頑張っていきましょう。

ここを抑えればジャンプヘッドがうまくなる

みんさんこんにちは。
練習の調子はいかがですか?
今日はディフェンスのコツやトレーニングについて書いてみます。
特にディフェンスで必須になるジャンピングヘッドについてです。
ジャンピングヘッドが上達すると、一気にディフェンス力があがります。
安定したジャンピングヘッドができるように、さっそく練習していきましょう。

コツ1.ジャンプの時に手をしっかり使う

今回は3つのコツを紹介していきます。
まずはじめのポイントはジャンプしたときに手を使う、つまり全身を使ったジャンプをするということです。
ジャンピングヘッド①

ジャンプしたときに手が下がってしまっていてはいけません。
バンザイするような姿勢になります。
手をしっかり使うことで、ジャンプ力もアップします。
体の力をしっかりと伝えることができるんです。
ジャンプをするとき腕を使おうとする人は多いですが、しっかりバンザイの体勢ができている人は少ないです。
もう一度自分のジャンプが全身しっかり使えているのか確認してみましょう。

コツ2.斜め前にジャンプする

続いてのポイントはジャンプする角度です。
ジャンプの角度なんてあまり考えたことがない人も多いでしょう。
しかし実はかなり大事なポイントなんです。
特にディフェンスの場合は、ジャンプするときに、真上に飛ぶのではなく、斜め前に飛ぶように意識するといいです。

ジャンピングヘッド②

なぜかというとディフェンダーがヘディングする位置は、自分の真上ではなくフォワードがヘディングする、斜め前の位置になるからです。
斜め前にジャンプし、相手の頭上でヘディングすることで、相手に競り勝つことができます。
相手は自分の上に飛んでこられたら全く歯が立ちません。

コツ3.落ち際でボールに当てる

最後のポイントです。
最後はボールを頭に当てるタイミングについて。
みなさんはジャンプしてどのタイミングでボールと頭が当たっていますか?
正解は自分がジャンプして上がっていくタイミングではありません。
落ち際にボールを当てます。
跳ぶタイミングを少し早くしてみる意識をしてください。
なぜそうするのかというと、早く飛ぶことで自分が空間を支配することができます。
さらに早く飛べば相手が後から飛んでくることになるので、相手に競り勝てることになります。

コツを生かして練習してみよう

以上3つのコツを紹介しました。
これを組み合わせてやってみるとまず、大きく手を使いながら斜め前にジャンプします。
そしてタイミングは早くです。
これらを意識するだけで、フォワードは後から飛んでくるので、負けることはありません。
フォワードが頑張って飛ぼうとすればするほど、自分が上に乗っているような状態になります。
そのまま乗っかってしまうとファールになりますが、最初に腕を振り上げてジャンプしているので、腕から乗っかるような体勢にはならないですね。
最初はフォワード役に立ってもらい自分のジャンピングヘッドの精度を高めましょう。
特に上で紹介したコツを意識して。
フォワードはジャンプせず立ってもらうだけでオッケーです。
コツだけを体に覚えさせることを徹底させます。
しっかりとコツを体に覚えさせることができたら、フォワードにも動いてもらったり、試合で使ったりしていきましょう。

ダメなパターン

コツをもとにダメなパターンを紹介します。
ダメなパターンは上がり際でヘディングしてしまうこと。
わかりにくいかもしれませんが、客観的に見てみると全然違います。
友達などにチェックしてもらいながらやりましょう。
自分で落ち際!というのを徹底的に意識します。
また早めにジャンプするという意識も大事です。
ほかのダメなパターンは真上に飛んでしまう、体全体が使えていないというもの。
真上に飛んでしまうのは、相手の頭の上でボールを当てることができませんね。
これでは相手に競り勝つことができません。
体全体が使えていないのもダメです。
特に腕の使い方が重要でしっかり上がっていない人が多いです。
腕が上がっていないとしっかりとジャンプもできません。
さらには先ほども言ったように、腕が上がっていないとファールになってしまう可能性が高いです。
早めにジャンプすることで相手より上に立つことができるので、腕が下がってしまうと腕から乗ってしまうような形になります。
これにならないように注意しましょう。

 ジャンピングヘッドがうまくなる

みなさん、ジャンピングヘッドの解説はいかがでしたか?
ディフェンスをするなら絶対に習得しておきたいものですよね。
今回紹介したコツは意外なものも多かったのではないでしょうか?
今まで意識できていなかったところはしっかり練習しなおし、試合でも生かしていきましょう。
自分ができているなというところは、そのまま伸ばしていきましょう。
フォーワードに競り勝つことができるディフェンダーが一人いるとチームの安心感も違いますし、それだけで強いチームに近づきます。
ディフェンダーの人は必見の記事でした。
またみなさまの参考になるようなポイントなんかを紹介していきますので、これからもロンヨンのサイトをチェックしていってください。

 

【ソサイチリーグの新規参加チームを募集します!】

フットサル オリジナル ユニフォームはロンヨンジャパン!

 

いつもお世話になっております、ロンヨンジャパンの上田です!

 

最近、花粉が凄いそうですね、僕は花粉症ではないのでピンとこないのですが、皆様ご無事でしょうか…

 

本日のブログに参ります!

 

早速ですが、皆様はソサイチをご存知でしょうか?

簡単に表現しますとサッカーとフットサルの中間の競技になります(^^)

おおよそフットサルコート3面分で1チーム7~8人で行う競技です!

 

そのソサイチの公式リーグが日本にございまして、国際ソサイチ連盟にも加盟しているんですよ(^^)

その名もFOOTBALL 7 SOCIETY LEAGUEです!!

 

2006年から国内での普及活動を続けてきた一般社団法人 日本ソサイチ連盟が主催するリーグで、

2017年は、リーグ元年として、国内のソサイチのさらなる普及に向けて、公式リーグを関東・関西・東海・北海道の4つのエリアで開幕しました!

そして2019年は、皆様からの大きな期待に応えるべく、新規参入チームを受付しております!!

 

ソサイチで更に上のレベルを目指しているチーム様は、またとない好機なのではないでしょうか(^^)

是非、ふるってご応募くださいね!

詳しくは下記公式サイトまで↓↓↓

 

◆FOOTBALL 7 SOCIETY LEAGUE公式HP

https://www.football7society.com/

 

 

もう一件、個人的なご報告を…

先日、私は全日本フットサル選手権大会の観戦に行かせて頂きました!

中でも目当ては、個人的に担当させて頂いた湘南ベルマーレvsロボガトのロンヨンダービー(もとい上田ダービー)です!

いつもお世話になっていたり、知り合いの選手が在籍している両チームだったので、見ていて目頭が熱くなる思いでした…

宜しけれ試合のレポート記事やハイライトを掲載して頂けましたので、ご覧下さい(^^)

 

◆試合ハイライト(1:40~ ベルマーレvsロボガトの試合です)

http://urx2.nu/ZhWe

 

◆マッチレポート

http://urx2.nu/7Xvg

 

それでは、本日はこの辺りで!

 

本当に使えるフットサルシューズはこれだ!

こんにちは。
今日はフットサルをやっていくうえでとっても大事なシューズについての記事です。
フットサルやサッカーって足をメインで使うスポーツ。
それがゆえ、シューズ一つで動きやシュート、身軽さなど全然変わってきます。
このシューズはこういうシチュエーションに向いているとか、ここが魅力など細かくレビューもしていきますので、期待してくださいね!

コパタンゴ18.3IN

まずは安くて品質もいいコパタンゴ18.13INをレビューです。
これはアディダスの2018年秋冬の新モデルで、発売と同時になかなか注目されたシューズです。
気になっている人も多かったんじゃないでしょうか。
さっそく気になる情報をまとめていきます。

一番の魅力は値段

このシューズの一番の魅力はやっぱり値段!
普通のスポーツショップで4205円(税込)で買えちゃいます。

シューズ①

 

高くていいものって正直当たり前ですよね。
安くていいものがやっぱり一番です。

軽さがドリブルにキレを生む

次にこの靴を持ってみてびっくりしたのが、靴の軽さです。
靴の重さは27センチで310グラムとなっていますが、手に持ってみると、かなり軽いんです。
ドリブルにキレを出すためには軽いシューズというのは大事!
素材は合成皮革と天然皮革でつくられているようですが、牛皮アッパーが優れていて全体的に柔らかいです。
柔らかい素材は繊細なタッチを生み出してくれます。
この靴は「鬼フィット神タッチ」と宣伝されていますが、もって触っただけでそのキャッチコピーもしっくりくるなという印象です。

ボールを触ってみての感覚

手に持った感覚も大事ですが、一番気になるのは履いてみてどうなのかというところですよね。
しっかりそのあたりもレビューしていきます。
シューズ②

 

ボールをタッチしてみて、ボールのグリップ力もかなりあるようです。
ソールのつかみ具合もよしでボールを扱いやすい!
かかとの感じもためしてみました。
かかとでも、ボールが一切逃げず、すさまじいほどのグリップ力でした。
フットサルのコートってつるつる滑る場所も多いと思います。
そうなるとこのグリップ力はとても助かります。
足裏でのトラップミスが減りそうです。
シューズ一つでプレーが変わるといいますが、本当にそうなんだと実感しました。

カンピーナス

続いてはカンピーナスという定番のシューズをレビューします。
カンピーナスは特にリフティングにおすすめです。
値段も安くどこでも買えるモデルなので、何足も買い続ける人も多いと思います。

癖のない形が特徴

カンピーナスは癖のない形が特徴。
癖がないというと、特にいいところもないのかと思われがちですが、いいところだらけです。
足の裏はほぼフラット。
トッキのように土踏まずのへこみがないので、ストールしやすいです。
つま先のあめ色の部分はそれなりに厚みがあるので、ボールをトゥキックするときやストールがやりやすいです。

軽さと素材も魅力

カンピーナスはメッシュの素材で通気性もいいです。
革の靴は高級ですが、通気性も微妙で重くなってしまうので、安くて軽いカンピーナスは一石二鳥。
さらに重さも225グラムと非常に軽いです。
底の厚みは結構あるので、素足感はあまりなく、靴を履いているという感覚。
この辺は好みがあるかもしれません。

リフティングしてみた

リフティングにおすすめなこのシューズなので、実際に蹴ってみました。
シューズ③

つま先部分が高く作られています。
指とアッパーの間に空気の層ができやすく、しっかり衝撃も吸収してくれます。
足の裏はしっかり止まりやすいです。
シューズ④

あげればだいたい足裏でピタッと止まります。
これがリフティングに向いている大きなポイント。
あめ色の部分も厚みがあるので、つま先ストールがとてもとまりやすいです。

弱点

いいところばかりですが、弱点もすこしあります。
この靴はソールとアッパーの間に隙間が空いてパカパカとしてしまうことが多いです。
これを防止するために百均の接着剤などで、ソールとアッパーの間をあらかじめ埋めておくといいです。
外でける前に塗っておくだけでもちが全然違いますので、おすすめです。
横も裂けることがあるので、一周ボンドを塗っておくと安心です。

 シューズをしっかり選ぼう

今日はおすすめのフットサルシューズをレビューしました。
2足だけでしたが、紹介できませんでしたが、どちらもとてもおすすめです。
特に二つの共通点としては安くて性能がいいということ。
やっぱり安くていいものが一番魅力的です。
若い方なんかで安い靴しか買ってもらえないと嘆いている人はいるかもしれません。
しかし安いからダメな靴ということはまったくないんです。
安くていいものをお探しの方はぜひ今日紹介したものから選んでみてください。
フットサルで使える靴なんかは多いかもしれませんが、二つ目のカンピーナスなんかはリフティングに向いている靴ということで少し変わった魅力がありますよね。
しかし需要はかなりあると思います。
ぜひ今日の記事参考にしてください。

【ロンヨンダービーが行われます!!】

フットサル オリジナル ユニフォームはロンヨンジャパン!

 

いつもお世話になっております、ロンヨンジャパンの上田です!

 

先日はFリーグ決勝会場にて出店をさせて頂きましたが、

沢山のお客様にご来店頂いたそうで誠に有難うございました(^^)

今後もイベント等に出店させて頂きますので、よろしくお願い致します!

 

それでは、本日のブログに参ります!

Fリーグは一段落しましたが、まだまだ熱い戦いは続きます…

今週末から【全日本フットサル選手権大会】が開催されるのです!!

この大会には今季優勝チームの名古屋オーシャンズをはじめ、

Fリーグのチームと各地域リーグの上位チームがトーナメント形式で戦います!

 

弊社が関わらせて頂いているチームでは、湘南ベルマーレ様ロボガト様が参加予定です!

余談ですが両チームは私が担当させて頂いているチームなので、大変に嬉しい限り(^^)

と一人喜んでいたのですが…

何と、一回戦目でいきなり両チームが激突するという組み合わせに…orz

 

今週末に実際に現地で観戦する予定なのですが、どちらを応援したら良いのか…

修羅場になってしまう予感が…(^^;

 

どちらも頑張れ!!…では駄目でしょうか…涙

どちらかだけを贔屓する事は出来ません、審判の様に中立な目で両方応援しようと思います!笑

 

ロンヨンダービー写真

 

会場は試合ごとに東京、静岡、大阪、神戸、愛知とちらばっております、

お近くの方は是非とも足をお運びくださいませ!!

詳細は下記のHPからどうぞ(^^)

 

◆全日本フットサル選手権大会HP

http://www.jfa.jp/match/alljapan_futsal_2019/

 

本日はこの辺で失礼します!

【明日はFリーグ決勝です! 】

フットサル オリジナル ユニフォームはロンヨンジャパン!

 

いつもお世話になっております、ロンヨンジャパンの上田です!

 

最近は暖かい日が有ったり、少しづつ春に近づいている感じがしますね(^^)

それでは、本日のブログに参ります!

 

明日、2/23~2/24はあの日ですね?

そう…Fリーグ決勝プレーオフの日です!!

今回は愛知県のオーシャンアリーナで行われ、

名古屋オーシャンズvsシュライカー大阪の試合となりました!

絶対王者と元王者の熱い組み合わせ…

 

それに伴い、私達ロンヨンジャパンから試合会場にブースを出店させて頂きます!!

オリジナルユニフォームの相談から弊社製品の販売、商品が当たるくじ引き

大変お得なクーポンの配布等もございますので、是非ご来場の際は足をお運び下さい(^^)

 

日本最高峰の試合を見て、弊社商品も見れて正に一石二鳥!(笑
皆様のご来場を心よりお待ちしております!!

 

【大会情報】

◆Fリーグ決勝プレーオフ

<対戦チーム>名古屋オーシャンズvsシュライカー大阪

<会場>武田テバオーシャンアリーナ

 

第一戦:2/23(土) 19:30~

第二戦:2/24(日) 18:00~

【チャレンジファンド】クリスマスカフェ

こんにちは!コミュカフェです!

12/9㈰に午前に藤美苑さんで午後からシーダーヒルズさんでクリスマスカフェを行いました。

藤美苑さんではなんと地域の方が22人も来てくださいました!私たちの想像を超える人数で最初は驚いてしまいましたが、メンバーで協力しあって無事にカフェをすすめることが出来ました。今回は冬らしく温かみがあるものを作ろうと考えて毛糸を使った帽子のストラップを作りました。皆さんお好きな色を選んでモコモコで可愛いらしい帽子ができあがりました!工作の後はお菓子とドリンクを用意してメンバーも混ざりながら楽しくおしゃべりをして盛り上がりました!

シーダーヒルズでは施設の高齢者の方と一緒にハンガーにモコモコの毛糸を巻き付けて鈴やリボンで飾り付けてクリスマスらしくリース風の作品を作りました。ハンガーを持つ人、毛糸を巻く人と役割をわけて協力しながらカラフルなリースを作り上げました。その後にみんなでお茶会をしました!

(文責)福祉貢献学部2年 大口 綾佳

これを意識するだけで一気に上達する方法

みなさんこんにちは。
今までロンヨンでは、みなさんのサッカー技術向上に少しでも役立つような情報を載せてきました。
特に練習方法やコツなど、技術面でのサポートが多かったと思います。
今日はちょっと新しい視点からみなさんのサッカーを応援していこうかと思います。
特に初心者の人がこれを意識すると、一気にフットサルがうまくなるかもしれないというマインドです。
フットサルをやっていく上で、強い肉体や俊敏さももちろん必要ですが、それと同時に強いメンタルもかなり重要になってきます。
気持ちの持ち方次第で練習への意欲も変わりますし、今日をきっかけにみなさんのマインドを見直してみてください。

1.モチベーションを高く維持する

フットサルをやっていくうえでモチベーションを高く維持することは重要です。
特に初心者は日によってやる気があったりなかったり、疲れていたらもういいやと思ってしまいがちです。
モチベーションが高ければ、練習に対する意欲も高まり、内容も充実し上達が速くなります。
特に試合や大会前はモチベーションを大事にしてみてください。

どうすればいいの?

モチベーションを高くするということで、どうすればいいのでしょうか。
私がおすすめする方法は好きな選手のプレーを見ること。

サッカーの画像

それも気が向いたときに見るのではなく、練習前に見るようにしようなど、時間を決めておくと気持ちの変化があっても、しっかりやっていこうという気持ちになります。
かっこいい選手のプレーを見ると、こんな風になりたい!がんばろう!という気持ちは自然とわいてきますよね。
ぜひ実践してみてください。

2.ミスは当たり前だと理解する

初心者でありがちなことが、ミスをしてしまってへこむ、自分はサッカーなんか向いていないと思ってしまうことです。
こういう気持ちの波があってはやる気もさがってしまいますし、最悪の場合フットサルが嫌いになったり、やめてしまうかもしれません。
どんな一流選手でも絶対にミスはします。
問題はそのミスをどう生かすかどうか。
ミスをしたときに、ミスをすることは当たり前だと初心者が理解するだけで、気持ちも前向きになりやすいです。
今日から心がけましょう。

 3.チームスポーツを理解する

フットサルはチームスポーツです。
これは当たり前すぎて意識していないかもしれませんが、本当に理解できていますか?

チームの画像
初心者は自分の上達ばかり考えていたり、試合でチームのメンバーと息を合わせることを置き去りにしてしまいがちです。
いつも以上に、チームスポーツという意識を高くもってみてください。
初心者はそれだけで試合中のプレーが変わり周りのこともみれるようになります。
そうすると、自分が生き、チームにも貢献できるんです。
フットサルにおいて、独りよがりのプレーをしてしまうことが一番だめですよ。
チームスポーツを理解し、仲間と楽しむことを優先してみてください。

4.まずはトラップを意識してみよう

初心者はかっこいいシュート、ドリブルなどに憧れがちです。
しかしまずはボールを止めること、つまりトラップを意識して練習してみましょう。
トラップって地味な動作に見えますが、プロはトラップを見ただけでその人のレベルがわかってしまうそうです。

意識すべきトラップのポイント

初心者がまずトラップを上達させるためのコツを伝授します。

  1. 足裏をしっかり使う
  2. ボールを体の前・利き足の前でトラップする
  3. 慌てず、ボールをしっかり見る
  4. はじめは利き足から

以上の4点を意識してみましょう。
トラップをなんとなくできていると思って、適当にやってしまっている人は特に意識してみてください。
しっかり足裏を使えているのか、トラップ位置は正しいかなどです。
こういう基本を初心者のうちに意識しておくだけで、将来役立ちます。
また本当に始めたばかりの人は、無理に両足でトラップしようとせず、利き足から慣れていってくださいね。

 5.ディフェンスの重要性に気づく

初心者はオフェンスばかりに目が行きがちです。
ジュートやドリブルの練習ばかりをしてしまっていませんか?
フットサルにおいて、オフェンスと同じくらいディフェンスは大事です。
同じような気持ちで練習にも臨みましょう。
ディフェンスをするにあたって、初心者はすぐに足を出すのではなく、ついていくということを意識してやってみてください。
ついつい足を出してボールを取ろうとしてしまう人が多いようです。
多くの場合それが原因で、相手に抜かれてしまうので、しっかりとついていく、これが大事ですよ。

気持ちを変えるだけで、プレーが変わる

今日は初心者が意識するべきマインドの部分についてまとめてみました。
いかがでしたか?
気持ちは、左右されるものではなく自分でコントロールしていくものです。
そうするだけでプレー面での強さも生まれてくるはずですよ。
今日言ったことはフットサルをやっていく上で、意識してほしいことのほんの一部にすぎません。
しかしこれらを意識するだけですっかりプレーが変わってくると思います。
マインドを強く持って、前向きに、今日から練習を頑張っていきましょう。

 

【初心者必見】強いキックの蹴り方

こんにちは。本日もご覧いただきありがとうございます。
今日は初心者必見の記事です。
特に小学生など力もまだ強くない子供たちにはぜひ読んでいただきたいです。
このような子供のサッカーって、キック力一つでうまい下手が決まってしまう段階です。
まだ慣れておらず、力強いキックができる人が少ない中で、強いキックが蹴れるようになると、シュート率もぐんと上がりますし、試合でも活躍できること間違いなし!
今日は力強いキックができるようになるような練習方法やポイントを紹介していこうと思います。

強いインサイドキックを蹴るためのポイント

キックは一瞬の動作ですが、その中にたくさんの要素が詰まっています。
一気に強いキックを蹴ろうとするのではなく、一つ一つのポイントをクリアしていくように練習していきましょう。

踏み込み

踏み込みは浅すぎると届かず、深すぎるとボールの上を蹴ったりと安定しません。
強い①

膝をしっかり曲げ、踏み込みの位置を確認するようにしましょう。
後ろに足を高くあげることで、ボールに勢いがでます。
振り上げ不足がキックが弱い原因でもあり、助走がつけられないときは、この振り上げが大事になってきます。
ボールに力が伝わると、蹴った後も足がまっすぐ上がります。
振り上げと同時に、振った後の足にも注目してみてください。

インパクト

次にボールに足を当てるときですが、足首がしっかり固定され、足首がやや上向きになっているのが理想です。
ここで練習方法を見ていきます。

壁にボールを張り付けるようにおいて、それを蹴っていきます。
強い②

このとき足の真ん中でボールの真ん中をとらえられるように意識します。
こうすることでボールと足の当てる位置を体に覚えさせましょう。
また足がボールに当たるときにしっかり足首が固定されていることが大事です。
壁にボールをつけて練習することで、この感覚も身に着けることができます。

ポイントまとめ

これらの動作がスムーズにできるようになると、強いキックに近づきます。
まとめると、
・膝を曲げ踏み込み、体を支える。
・足を後ろにしっかり振り上げる
・蹴った後も足を振り上げる
・足首を固定しつま先はやや上向き
これらがポイントです。
何度も何度も練習しながら、感覚を身に着けていってください。
練習を積み重ねることで、必要な筋肉も発達してくるので、しっかり練習をすることが大事です。

崩れやすいポイント

特に崩れやすいポイントを一緒に修正していきましょう。
多くの人はこれらのポイントの中で、振った後の振りぬきが問題になってきます。
その原因としてはやっぱり必要な筋肉がついていないことがあげられます。
この問題を解決するために、壁などにつかまりながら、ボールを使わずに足を思いっきり振りぬく練習をしていきます。
強い③

ラインなどの上に立ち、まっすぐ振り上げられているかその都度確認します。
慣れてきたらボールも実際に蹴っていきます。
距離をどんどん伸ばしていくことで、しっかりと振りぬき方が身についていきます。
距離が長くなると、遠くへ飛ばそう、速く蹴らなきゃという意識が働き、いろんなポイントが抜け落ちてきてしまいます。
こういう長いキックになったときにでも、ポイントはしっかり押さえられるまで基本を積み上げてください。
しっかりと基本ができていれば距離が長くなっても強いキックが蹴れるようになっているはずです。

 インステップキックも練習しよう

強いインサイドキックが蹴れるようになってきたら、インステップキックも練習していきましょう。
ほとんどのポイントはインサイドキックと一緒です。
違うのはボールをすくい上げる感覚なので、ボールの当てる位置が変わってきます。
先ほどはボールの真ん中を当てるようなキックでしたが、すくい上げるように、ボールの下から蹴り上げます。
このときに足をグーにしながら蹴るとボールが浮きやすくなります。
初めのころはボールがなかなか浮かないと思うので、バウンドして上がってきたボールを蹴るように練習していきましょう。
そうすることで、ボールを上にあげるようなキックという感覚がわかってきます。
助走は正面からではなく角度をつけて。
助走の位置を変えるだけでキックの力や飛び方は変わってきます。

ポイントを押さえて強いキックを

今日は強いキックを蹴るためのポイントや練習方法をまとめてみました。
いかがでしたか?
小学生など筋肉もまだついておらず、ボールにも慣れていない人はなかなか強いキックが蹴れずに悩むかと思います。
今日紹介したポイントはどれも筋肉が必要なものではありません。
ボールの当てる位置や、助走、フォームなど実践しようと思えばできるものです。
こういうポイントを押さえるだけでどんどん強いキックが蹴れるようになります。
はじめは自分の癖や不慣れなことも多く感覚もわからないかもしれません。
そういうときこそ練習を繰り返すのみです。
今回紹介したような練習を試すもよし、とにかく地味な作業ですが、繰り返し繰り返しやっていくことが重要です。
強いキックが蹴れるように今日から練習を頑張っていきましょう。

今すぐ使える抜けるドリブルテクニックを大公開

こんにちは♪ 今日もロンヨンではみなさまに役立つような情報を提供していきたいと思います。
本日はドリブルについて色々お話したいと思います。
ドリブルがうまい人ってかっこいいし憧れますよね。
ドリブルがうまいだけで攻撃の起点になれますし、チームとしても絶対に役立つ存在。
今日は今すぐにでも使えるようなドリブルテクニックを紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね!

これだったら抜けるというドリブル

みなさんは自信をもって使えるドリブルがありますか?
1つでも「これだったら抜ける」というドリブルがあると、自信になりますよね。
今からそんなドリブルについてお教えします。

抜ける軌道は8パターン

ドリブルの抜ける軌道って細かく言うと、8パターンに分かれます。
これはボールが抜ける軌道と、人間が抜ける軌道の2つの側面から考えていきます。
まずボールが抜ける軌道は、相手の①右側②左側③股下④頭上の4つです。
これに人の抜け方は①左から②右からの2パターンがあるので、4×2で抜き方には8パターンあるんです。

外からボールを出して自分も縦に走る

今日はいろいろな抜き方がある中で、外側からボールを出して、自分も縦に走るパターンをまずは極めたいと思います。
前を向いて走るのが一番速く目的地までたどり着きます。
到着は速いほどいいですよね。 この原理を用いて、自分が縦に走りつつボールを持ってくるという感じでドリブルをします。 ドリブル①

ボールを前に蹴っていくというよりは、画像のように足をボールの下に入れ込んですいすい運んでいきます。
ボールをドリブルする直前に軽くジャンプをして、下から上にあがるときにボールを浮き上げるイメージです。
当て方のポイントは、まっすぐでもなく横でもない、ちょっと斜めの角度からです。
親指のささくれができる位置にボールが当たるイメージをもってください。
これらを意識するとしっかりまっすぐ、ボールが進んでくれます。 スムーズなドリブル突破が可能になるんです。
このドリブルができていて、ディフェンスとの距離と角度がしっかり決まればだれでも抜けるドリブルが完成します。
ディフェンスが足を延ばしてもギリギリ届かない距離を保ちつつ、適切な角度を探していきます。
この感覚を身に着けるには時間がかかるかもしれませんが、相手との距離と角度をしっかり見極めるように意識してください。
これができるようになればあなたは絶対に抜けます!

カットイン

続いてはカットインについてです。
カットインは中にドリブルしていくもの。
カットインのポイントは、ディフェンスに後ろ重心になるような圧力をかけることです。
この一番簡単なやり方はケンケンをすることです。
カットイン②

カットインを仕掛ける前に、ケンケンと二回踏んでみてください。
ディフェンスは自然と重心が後ろに下がってしまいます。
簡単にできて、効果は抜群です。
ドリブルのやり方も詳しく見ていきます。
先ほど縦にやるときのドリブルもみましたが、今からはそれの中バージョンです。
基本的にやり方は一緒ですが、ボールの近くに足を置いてあげてから、押し出すイメージ。
これは外バージョンで練習ができていたらスムーズにできると思います。

抜けるドリブルまとめ

今までの内容をまとめてみましょう。
縦のドリブルのときは、走りに近づけてドリブルをしましょう。
仲のドリブルのときは、縦の意識を持ちつつ、ケンケンをして重心を動かしましょう。
一言でまとめるとこれにつきます。
とってもシンプルですね!
縦のドリブルも、カットインも大事なのはディフェンスとの距離と角度。
この条件さえ整えば絶対にだれでも抜けるドリブルの完成です。
みなさんの認識との違いはありましたか?
まずはじめは、縦突破のドリブルの足の運び方をマスターしちゃいましょう。
ボールを蹴りだすようなドリブルをしている人はだめです。
走る動作にボールが加わっただけのようなスムーズな動きが理想です。
蹴るのではなく足が上がるときにボールが押し出されるような感覚。
これを体に覚えさせてみてください!

抜けるドリブルを持とう

今日は誰でも抜けるドリブルをまとめてみました。
ドリブルで抜くということは最初に行ったようにパターンがいくつかありますが、縦突破とカットインは定番なので誰しもがマスターしておきたい技ですね。
距離と角度については、相手の足の速さや体格も大きく関わってくるので、難しいですが、ドリブルにおけるボールの運び方は練習するとどんどん上達すると思います。
スムーズなドリブルができると抜ける力もついてきます。
今日行ったことがしっかり身につくように練習を重ね、ドリブル突破力をつけましょう。
ロンヨンではこういったテクニックを今後もどんどん紹介していきます。
ドリブルだけでなくシュートやパスなんかも紹介していけたらと思いますので、ぜひのぞきに来てください!
初心者向けから上級者向けまで内容も盛沢山ですので、練習の合間にでも見ていただけたら嬉しいです。

【営業日に関してのご報告】

フットサル オリジナル ユニフォームはロンヨンジャパン!

 

いつもお世話になっております、ロンヨンジャパンの上田です!

 

皆様如何お過ごしでしょうか、最近はまた一段と冷え込んできましたね…

インフルエンザも流行しているので、くれぐれも体調にお気を付けください!

営業日に関して、下記日程はご対応が出来なくなりますので、予めご了承くださいませm(__)m

大変ご迷惑おかけします!

 

【休業日について】

2/6~2/8は社内行事のため、お休みを頂きます! その間に頂いたお問い合わせにつきましては、2/12より順次ご対応させて頂きます!

ご迷惑おかけしますが、何卒よろしくお願い致します!

 

皆様、本日はアジアカップ決勝ですね、応援しましょう(^^)

 

本日は、この辺で失礼します!

これであなたもアウトカーブが蹴れるようになる

こんにちは。
本日もロンヨンでは、サッカーに役立つ情報をみなさまにお伝えしていきます。
今日はサッカーのアウトカーブについて書いていきます。
サッカーは強い球を蹴ることも大事ですが、カーブをかけたりテクニック系の球を持っていると強いです。
無回転なんかもはやっていましたが、今日はカーブの中でもアウトカーブについて書いてみます。
アウトカーブは名前からもわかると思いますが、外に向かって曲がるような球です。
サッカーにおけるカーブって一度習得するまで蹴るのがなかなか難しいですよね。
意識するポイントやコツをつかんだらあとは練習あるのみ!
今日はそういったポイントを書きますので、しっかり覚えて練習で使ってみてください。

やり方と意識するポイント

それでは実際にアウトカーブのやり方を見ていきましょう。
まずはシュートフォームです。
シュートフォームはストレートボールを蹴るときと比較するとわかりやすいと思います。
途中までは似たようなフォームですが、違うのはインパクトの瞬間の当て方です。

アウトカーブ①

 

インパクトの当て方が変わり、次のフォールスルーも違います。
つまりここのやり方次第でアウトカーブが蹴れるようになるんです。
ストレートを蹴る場合、ボールと足の振りはまっすぐです。
しかしアウトカーブを蹴るときは、左側に振りぬくようにします。(右足で蹴る場合)

ボールの当て方

ボールの当て方を詳しくみていきましょう。
アウトカーブを蹴るためには、外頸骨というくるぶし近くの出っ張った部分でボールを当てます。
普段、アウトカーブの練習をしていない人は、あまり使わない部分だと思います。
はじめは違和感があったり、しっかり当たらないかもしれませんが、この部分で蹴るというイメージをしっかり持って練習していく必要があります。

振りぬき方

続いて振りぬき方です。
まず軸足はボールの真横に置きます。
インパクトは外頸骨にあて、速いストレートを意識して蹴っていきます。
このとき振りぬきは斜め左ですが、ボールはまっすぐ跳ぶように意識をもちます。
アウトカーブ②

ボールを左に向かってこするような動きになります。
この動きのおかげで外向きにカーブがかかります。
しかしはじめは回転を意識しすぎると逆に曲がらなくなるので、スピードで曲げることを意識します。
つまりストレートの振りぬきを少し左にするくらいのイメージでいいと思います。

歩数

歩数については厳密に決める必要はありません。
人によっても変わると思いますが、だいたい6.7歩くらいでやってみるといいでしょう。
練習のときはそれくらいで調節するとやりやすいと思います。
ストレートを蹴る感覚に基本的には似ているので、それくらいの助走か、もうあと一歩くらい広くとってもいいです。

練習していこう

ポイントがわかったところで、練習に取り掛かりましょう。
練習するときは、ゴールから直角の位置でポストが見えるくらいのところからやるとわかりやすいです。
しっかり自分の球が外側にカーブがかかっているか見極めることができます。
曲がる球がしっかりけれるようになったら、ゴールに向かって打っていきましょう。
アウトカーブもただ曲がる球なだけでは意味がありません。
曲げることでより良い効果を生み出せるように、練習でも取り入れていきます。
アウトにカーブがかかることで、キーパーがとりにくいボールになっているか、それを確認しながら練習していってくださいね!
ただカーブがかかるだけで、ゴールから外れていたり、ゆるい球で簡単に止められるようなボールになっていては意味がありません。
練習時のコツとしては、横に転がして回り込むように蹴ると蹴りやすくなります。
ボールをとめたまま練習するだけでなく、このようにボールを動かしながらやってみてください。
しかし慣れないままこれをやってしまうと、勢いに負けて体勢が崩れてしまう可能性が高いです。
そうなるとボールが右に流れてしまいますので、しっかり動作を習得してから、動きもいれていくよう心がけてみましょう。

アウトカーブをマスター

以上アウトカーブの蹴り方でした。
いかがでしたか?
アウトカーブの鋭い球が飛んで来たらきっとキーパーも歯が立たないと思います。
そのためにもしっかり今日学んだポイントを取り入れつつ、練習していきましょう♪
練習していくとどんどん課題がでてくると思います。
外にカーブがかかっているけどカーブが甘かったり、ボールの勢いがなかったり、シュートの決定率が下がってしまったり。
しかしそういう壁にぶち当たるのは成長のあかしです。
課題を見つけては修正する、という地道な練習を繰り返して、試合でもしっかり使えるアウトカーブを蹴れるまでもっていってください。
はじめは、なかなかうまくいかずくじけそうになるかもしれませんが、一度コツを覚えると意外とスムーズに行くと思います。
しんどいときや辛いときは友達を巻き込みながら、楽しくサッカーの練習をしていきましょうね♪

フィードキックをマスターする練習やポイントを紹介

こんにちは。
みなさん調子はいかがでしょうか。
調子がいい人も悪い人も、ロンヨンの記事を参考にしていただけたら嬉しいです。

今日はフィードキックをマスターする際のポイントについて書いていきます。
フィードキックとは、ロングキックのことで、サッカーをやる上で絶対に必要なスキルになってきます。
パワーもテクニックもいるので、苦手とする人は多いと思いますが、今日からでも練習をはじめると強い武器になると思います。
ぜひ最後まで読んでフィードキックをマスターしてみてください。

どんな時に使う?

フィードキックはどんなときに使うのでしょうか?
まず考えられるのはディフェンスからフォワードへパスをするときです。
つまり遠くへパスをするときですね。
もしくはコーナー、センタリング、フリーキックなんかでも使えます。
これだけでもサッカーに必要な要素がたくさんつまっていることがわかります。
フィードキックは軌道が柔らかく、滞空時間が長いことがポイントです。

フィードキックを上達させるためには?

実際にフィードキックの練習にとりかかっていきましょう。
フィードキックは遠くへボールを蹴ろうとして、がむしゃらに練習しているだけではうまくなりません。
しっかりポイントをつかんで、的を得た練習をする必要があります。
まず長いボールを蹴る必要があるので足の筋肉や、股関節の筋肉が大事だと思っている人が多いと思います。
確かにこれらの筋力は大事ですが、それよりもまず大事にしてほしいのが、蹴る姿勢です。
特に小学生や初学者は意識してほしいところですので、当てはまる人はよく見ていってくださいね。
まずは基本的なキックの姿勢を確認します。
軸足ですが、画像のようにボールの真横におきます。

ロングボール①

 

個人差はありますが、ボールから軸足までは、足1.5幅分くらいスペースを空けるといいですね。
助走はボールに対して45度の位置からとります。
ボールの蹴る位置は親指のつま先より少し上です。
このあたりで、ボールの真下の真ん中を当てましょう。
両ひざをしっかり曲げて、ボールの真下から蹴れているかをしっかり確認してください。
そして一番重要なことを伝えます。
実は一番大事なのが、蹴り終わった後の姿勢なんです。
蹴り終わった後に、しっかり軸足側に体重移動ができているか、それが重要になってきます。

ロングボール②
蹴っているところだけを意識しすぎて、最後までできていないことが多いですが、蹴り終わりに目を向けてみてください。
この姿勢ができるようになれば、フィードキックはもちろん、強いインステップキックなんかにも使えるので、応用がききます。
まずは蹴るときの位置や角度にも気を付けつつ、蹴り終えた後はしっかり軸足側に体重を持っていく。
これを強く意識してみてください。

練習してみよう

意識するポイントがわかったら、実際にフィードキックを練習してみましょう。
練習は友達と二人で向かい合わせになって、距離を広くとります。
相手にパスを出していきますが、先ほど言った軸足の位置、ボールの蹴る場所、体の流れ方を意識しながらやっていきます。
練習の際もうひとつ意識してほしいところが、常に試合を想定するということです。
例えばボールをセットして、自分が下がってボールを蹴るというような練習だけでは不十分です。
なぜならボールを実際にセットしてフィードキックをするのは、ゴールキックやフリーキックなどに限られるからです。
実際の試合中は常にボールが動いています。
フィードキックももちろん動きの中で使えるようにならなければ意味がないんです。
だから練習のときもボールに動きをつけながらやっていきましょう。
具体的には自分が助走をつけるのではなく、ボールを前に少し転がしてボールに助走をつけるようにするといいと思います。
そうすると実際の試合に近い形で練習に取り組むことができますね。
相手と対面でパスをしあう場合には、相手からボールを受けるところからもう練習ははじまっています。
ボールをしっかり受け取って、自分が蹴りやすいところにボールをタッチし、正確に相手に返す。
それができてこそ練習の意味があると思います。
練習一つにしても、最大限に効果が得られるようにどんどん工夫していってください!

 フィードキック上達を目指せ

今日は初心者向けではありますが、フィードキックのコツや練習方法を書いてみました。
参考になりましたでしょうか?
確かに筋力は大事ですが、それよりももっと基本的なところからしっかり練習していきましょう!
また練習一つ一つの大切さについても書いてみました。
フィードキックの練習に限らず、どんな練習も試合本番を意識する、これは基本中の基本です。
この意識がしっかりできるだけで、プレーのレベルはどんどんあがってくると思います。
さっそくフィードキックの練習を取り入れて、試合でも積極的に使っていきましょう。
はじめは失敗を恐れずどんどんチャレンジしてくださいね。

 

「止める・蹴る」という動きの理解

みなさんこんにちは。
寒い日が続いています。
こんな日は練習もいやだなと思うかもしれませんが、今頑張れると努力は報われます。
地道に頑張っていきましょう!
本日は先週に引き続き、動作に関する理解の記事です。
前回は跳ぶ、ヘディングという動きをマスターしたと思います。
さっそく練習に取り掛かっている人もいるでしょうか?
本日は「止める、蹴る」という動きについてです。
止めるや蹴るはサッカーの中でも基本中の基本。
ジャンプやヘディングよりも使う頻度としては高いと思います。
ということで、本題に入っていきましょう!

 よく見る光景

止める蹴るという動作に関してよく見る光景があります。
まず蹴る=足で蹴るという意識が強くて、下半身だけで蹴ろうとする人がたくさんいます。
自分は違うと思っている人も、そうである可能背いが高いのも事実です。
加えてしっかりボールを見ようとして、顔が下がっている人も多いです。

蹴る①
顔が下がっているだけで正しい姿勢は崩れており、さらに下半身だけで蹴ってしまうと、一部の筋肉にかなり負担がかかってしまいます。
また蹴る前に足元にボールを受ける動作があると思いますが、ここでしっかりボールをとめてからしか蹴ることができない人もたくさんいます。
ボールを受ける時点で顔がボールを見ており、顔が下がっています。そしてボールが来たらしっかりボールをとめて時間がかかり、その悪い姿勢のまま下半身だけを使ってボールを蹴りだすという流れ。
文章で書くと最悪だということがわかると思いますが、実際によくみかける光景です。
最後に速いボールを蹴ろうとして、足だけをしっかり振りかぶってしまうという光景もよくあります。
このように力んだ蹴り方も、局部的に負荷がかかりますし、やってはいけない蹴り方です。

改善するためのポイント

それではこのようなよくある光景を改善するためにどうすればいいのか考えていきます。
まずボールを顔を下げてみるというのはだめです。
しかしボールについては把握する必要があります。
こういうとき、顔を下に向かずとも、目を動かしてボールを追うことができれば十分です。
良い姿勢は保ったまま、目でボールを追います。
顔が下がるだけで一気に姿勢が悪くなってしまいますので、この微妙な意識が大事です。
この姿勢を理解しつつ、蹴るときは足と同時に腕もしっかり使って蹴っていきます。
みなさん、片足で立つということを想像してみてください。
そのときしっかり両手を開いてバランスをとろうとしませんか?
この延長に蹴るという動作もあり、腕を使ってバランスを保ちながら蹴ります。

蹴る②

 

足だけを使うのではなく、全身のしなりを使って蹴っていきましょう。
そうすることで、安定もしますし、局部的な負担も避けることができます。
来たボールをとめる際も、足元にボールをしっかり止めてしまうと、顔が下がってしまいますので、ボールを少し蹴りだすような感じで手前に落とします。
そうすることで次の蹴るという動作も正しい姿勢で行うことができますし、素早く切り替えができます。
強いボールを蹴ろうとして力んでしまう点については、足の動きを強くするのではなく、体全体の動きをダイナミックにし、先端の動きを速めることが大事です。
力むのではなく、動きをスムーズにダイナミックに行うことが大事です。

安定したキックをするためのトレーニング

安定したキックをするためにどのようなトレーニングをしていけばいいのでしょうか。
改善すべきポイントがわかってきたところで、考えてみましょう。
まず、片足立ちで瞬時にバランスをとるトレーニングをしていきましょう。
前に進んでいく感覚で片足ずつバランスをとっていきます。
このときにしっかり上半身を使って安定させることが大事。
なにもない状態でぐらぐら不安定になってしまうと、正確なキックはできません。
バランスをとるとき、ひざ、母指球、肩のラインが一直線になるようにします。
自分ではきれいにバランスをとっているつもりでもできていないこともあるので、鏡でチェックしながらやったり、友達に見てもらいながらトレーニングすると効果的です。
余裕がでてきたら、移動の幅を広くしてきます。
これもできるようになったら、ボールもなしでスウィングの動作をやっていきましょう。
バランスが取れていないと、スウィングを連続してやることは難しいです。
逆にこのトレーニングでしっかりバランス感覚を体に覚えさせることができたら、キックが安定していきます。
みなさんぜひ試してみてください。

キック力に関しても一歩前進

今日は止める、蹴るという基本の動作について解説しました。
自分はできていると思いがちですが、もっともっといいキックができる可能性を秘めている人も多いです。
しっかり上半身の力を使えていますか?バランスは保てていますか・
厳しく自分に問いかけてみましょう。
どちらにしろ、今日紹介したトレーニングは試してみる価値があると思いますので、ぜひすぐにでも取り入れてみてください。

跳んでヘディングするという動きを理解しよう

みなさんこんにちは。
サッカーライフを楽しんでいますか?
ロンヨンでは今日もサッカーに役立つ知識を紹介していきますので、練習の息抜き程度に見ていってください。
今日は初心者向けの記事で、サッカーに関する動きを根本から理解していこうという話をしたいと思います。
サッカーでは色々な動きがありますね。
蹴るだけでなく、走る、跳ぶなど。
そんなサッカーに関する動きをしっかり理解してできていますか?
根本を理解するだけで、サッカーレベルがあがったり、うまくなることもあるんです。
体を動かすことも重要ですが、しっかり動きについて理解していきましょう。

跳んでヘディング

サッカーの動きで跳ぶという動作があります。
そして跳ぶ動作の延長にあるのが、ヘディングです。
この跳ぶ動作に加えてヘディングについても理解していきましょう。

サッカーにおいて跳ぶとは?

みなさん跳ぶと聞いたらどんな動いを思い浮かべますか?
例えばバレーボールのブロックやアタックのように、足を使って脚力で跳ぶという意識がみんさん強いのではないでしょうか?
尚且つバレーでは手も一緒に使って跳びますが、サッカーは手を使わず足だけを使うというイメージを持っている人が多いです。
実際にサッカーの試合の中で、バレーのアタックのように、深くしゃがみ込む動作は非効率です。
だからこそバレーのように足や腕の力を使って思いっきり飛び上がるのは、サッカーの跳び方ではないんです。
ではサッカーの跳び方はどうなるんでしょうか?
サッカーの跳び方は脚力よりも、地面からの反発エネルギーを多く使います。
足が地面についたときに、力が体に伝わるようにするために、跳ぶときの姿勢が大事になってきます。

跳び方①

 

力をしっかり体に伝えるために、上体が丸まっていては絶対にだめです。
画像のように、おへそをしっかり前に出すようし、接地と同時に、股関節を伸展させます。
このように体を棒状にすることで、しっかりと力が伝わり、跳躍力につながるのです。
この形に加えて、腕も振ることによって上に引き上げてくれます。
ジャンプのイメージはバレーボールではなく、高跳びや幅跳びのような感じです。
この流れをマスターすると、試合の中の一瞬の時間で、しっかりと相手に競り勝つようなジャンプをすることができるようになります。

ヘディングに関しての間違い

これができるようになったら、ヘディングについても理解していきましょう。
ヘディングに関してよく見る光景が、首を固定して、腕を上半身を反らして、腕と腕の間から顔を出すような動きです。
しかし実際のゲームの中で、上体を反らすような時間は無駄になってしまいます。
この上半身を反らすという動きを行うことで、時間的にもロスですし、上体がぶれるので、ヘディング自体のぶれにも繋がってしまいます。

改善方法

それでは間違ったジャンプや、ヘディングに関してどのように改善していけばいいのかをまとめてみましょう。
まずジャンプに関してですが、ジャンプに関しては先ほど紹介したような、サッカーの正しい跳び方を繰り返し練習するのが効果的だと思われます。
実際に意識しようとしていても、試合になると今までの癖が残ってしまうのが現実です。
だから普段からボールを使わず、その場でジャンプする動作を繰り返しやっていきましょう。
ポイントは地面と接地する瞬間に股関節をしっかり伸ばし、飛び上がるときに腕もしっかり振るということです。
これを繰り返し繰り返しやって癖づけることで、試合でも自然とこういったジャンプができるようになります。
両足で跳ぶバージョンと、片足で跳ぶバージョンなどバリエーションを増やして練習していきましょう。
ヘディングに関してはどうしたらいいのでしょうか。
こちらもシンプルな練習を取り入れましょう。
よくある対面形式の練習の形をとります。
きたボールに対して、大きく上体を動かしてヘディングするんのではなく、キックと同じように一瞬のしなりを使って返すようにします。
初めは腕を使わないように後ろで組み、上体の力だけでボールをヘディングします。
跳び方②

このときにしっかり、上体のしなりだけでボールをヘディングすることを意識しましょう。
これがスムーズにできるようになったら、腕を外してやっていきましょう。
ぶれないヘディングがどんどん体にしみついてくると思います。
最後にジャンプとヘディングを合わせて練習していきましょう。
それぞれがしっかりできていれば、スムーズにできると思います。
こういった地味なことですが、一気にやろうとせず、細かく細かく、そして何度も繰り返して練習していくことが重要なんだとわかっていただけたでしょうか?

理解するだけで変わる

今日は初心者向けのジャンプからのヘディングという動作に関する理解について書いてみました。
わかっているようで、動きが伴っていない人も多いはずです。
今日紹介したような練習は地味でおもしろくないかもしれませんが、こういった練習を取り入れるだけで、クオリティーがあがり技術向上に繋がります。
しっかり動きの根本を理解し、地味な練習をこなすことで、一段と強い選手を目指してください。

【告知】湘南ベルマーレ所属 久光選手コラボ企画

フットサル オリジナル ユニフォームはロンヨンジャパン!

 

皆様明けましておめでとうございます、ロンヨンジャパンの上田です(^^)

どうぞ本年も宜しくお願い致します! !

 

皆様正月は如何お過ごしでしたか?

僕は初詣に行っておみくじ引いた所、新年早々に大吉でした!笑

心機一転、今年も頑張って参りますm(__)m

 

それでは本日のブログに参ります!

 

今回取り上げるのは昨年に大好評だった、久光選手との限定コラボグッズの第二弾を紹介させて頂きます!

 

中にはご存知ない方もいらっしゃると思いますので、まずは久光選手の紹介を…

久光選手はFリーグ 湘南ベルマーレに所属されており、サポーターに大変人気のある正にレジェンド的選手です!

Fリーグという日本国内トップレベルでプレーをされているのですが、

それと同時にご自身の頃病気とも向き合っている方です!

ご病気と向き合うだけでも人知れず大変な事も多いのではないかと思うのですが、

選手としてプレーする以外にも、更に講演会やフットサルクリニックを開く等と精力的に活動されています!!

 

お会いすると非常に穏やかで爽やか、そして力強いエネルギッシュな方です!

お話させて頂くとパワーを頂ける、本当に魅力のある方で個人的にも尊敬しています!(^^)

そういった佇まいに多くの方が惹かれ、ファンになるんでしょうね!!

 

昨年、縁が有って久光選手とコラボさせて頂き、有難いことに皆様に大好評を頂きました!

その第二弾を開催させて頂く事となりました(^^)

 

それでは早速ですが商品ラインナップをご紹介させて頂きます!!

 

チラシA4

 

今回は「普段使いで活躍する」「長く着れるデザインと品質」をコンセプトに久光選手と企画を進めました!

良質な素材に高級感の有る刺繍ワッペンをワンポイントで付ける事により、シンプルかつ気品の有るウェアに仕上げました!

ウェアを通して、皆様に久光さんのパワーを届けられれば幸いです!!

販売は今期のホーム戦ラスト1月12日(土)小田原アリーナで13時から販売させて頂きます!

 

それでは、それぞれの実物写真をちょろっと公開させて頂きます!

 

まずはTシャツ

Tシャツには今回共通して使用しているロゴのワッペンをワンポイントで袖に縫い付けています!

主張し過ぎず、適度にロゴが映える…そんなイメージでデザインしています(^^)

前回に比べ、より生地の厚いTシャツを採用してます!

(S、M、L展開) 各¥2,500-(税込)

 

名称未設定-1

 

 

 

次は夏以外着まわせる、一枚有ると大活躍のパーカーです(^^)

パーカーはウェア自体の重厚感に負けな様に左胸の部分にポイントで付け、ロゴを押し出した位置になっています!

今の寒い時期はアウターの下に、温かくなってきたらアウターとして如何でしょうか!

(S、M、L展開) 各¥4,000-(税込)

 

名称未設定-2

 

 

次は正に今のシーズンにピッタリ、ニット帽です!

こちらも前回完売の大人気商品、今回は折り返し無しのシンプルなデザインです(^^)

黒は言わずもがなですが、白も意外と合わせやすく特に女性に被って欲しい…(個人的な願望)

(フリーサイズ) ¥1,800-(税込)

 

名称未設定-3

 

 

最後に今回初めて作成したキャップを紹介!

こちらも老若男女を問わず、ファッションに取り入れられるオシャレアイテムですね!

カジュアルな格好にこれを被ればワンランク上のオシャレに仕上がります!

(フリーサイズ) ¥2,000-(税込)

 

名称未設定-4

 

久光選手と時間をかけて練り上げたアイテム達です、自信を持ってオススメします(^^)

会場にいらっしゃる際は、皆様是非お手に取ってご覧ください!

 

それでは、この辺で本日は失礼します!

【チャレンジファンド】「謎解き撮影隊」開催しました!

初めまして!

長久手ストーリー伝承プロジェクト代表の山中です。

laboのことをすっかり忘れていて、活動後の報告になります。

12月16日に「長久手謎解き撮影隊」開催しました。

概要を簡単に記載しておきます。

「・長久手市の歴史を郷土研究会の方から説明を受ける。

・史跡に移動して、解説を聞き、謎を解き、チェキにて撮影する。

・まちづくりセンターで撮ってきたフィルムやペンでしおり作りをする。」

長久手市役所生涯学習課様・長久手郷土研究会様・CCCの皆様のご協力あって

無事に終えることができました。皆様ありがとうございました。

以下に、活動記録として撮影した写真を掲載します。

 

(文責)創造表現学部3年 山中 隆寛

ドリブルの練習方法とコツを紹介

こんにちは。
寒い日が続いています。
サッカーで温かくなっても、体はすぐに冷えてしまいますので、体調管理には気を付けながら頑張っていきましょう。

今日はサッカーの基本であるドリブルについての記事です。
ドリブルについては、初心者もプロも関係なく、絶対に必要なスキルになってきます。
そんなドリブル力を高めるために、今日は練習方法やコツをまとめていきます。
今日は特に初心者がドリブル上達に役立つようなことをまとめますので、初心者の方は必見です。

どの位置でドリブルをするのか

ドリブルをやっていく上で、まず大事になるのが、足のどの位置でドリブルをするのかということです。
ドリブルにはいろいろ種類もあって、例えばインサイドで蹴ったり、アウトよりで蹴ったり、足裏でドリブルしたり、場所も様々です。
まず一番に慣れてほしいのが、アウト寄りのドリブル。
足の小指と薬指の間を使ってドリブルするような形になります。

ドリブル①

メッシ選手など、世界的なサッカー選手のドリブルを見てみると、この小指と薬指の間を使ったドリブルが多用されているのがわかります。
なぜこの部分でドリブルをするのかというと、まず細かいタッチがしやすいです。
細かいタッチがしやすいと、相手が来た時や状況が変わったときに対応しやすくなります。
このドリブルはサッカーをやる上で基本になるので、初心者の方はまず練習することをおすすめします。

練習していこう

小指と薬指のあたりを使ったドリブルの練習をしていきましょう。

8の字練習

まずは8の字練習を紹介します。
目印になるものを、前後左右に4つ置きます。
そして目印を、八の字になるようにドリブルしていきましょう。

ドリブル②

この練習のときに意識することは
①細かくタッチすること。
②次のコーンを見ながらドリブルすること。
この2点です。
この練習は、狭い範囲で細かく動ける、また状況を見ながら判断できるようになるために行います。
八の字が慣れてきたら、色々な方向に向かってドリブルしていきます。
このときも必ず次のコーンを見るようにします。
もちろん両足で行います。

 ジグザグドリブル

続いての練習方法はジグザグドリブルです。
コーンを縦に並べて、ジグザグとドリブルしていきます。
そもそもドリブルというのは、ゴールのための手段なので、それを意識しながら行います。
細かいタッチでなるべく早く、スムーズにジグザグドリブルしていきます。
まっすぐのドリブルとは違って少し難しいので、しっかりやっていきましょう。
慣れてきたら、先ほどと同じように次のコーンを見るようにします。
なぜ次のコーンを見るかというと、行きたい場所に行くため、つまりゴールに向かうためです。
試合中にゴールを見てないドリブルは、ゴールに近づけるわけがありません。
だからこそ、練習のときも、目的に向かっていくんだという意識を持ちながらやっていきます。
コーンを見ようと意識づけるだけで、上体が上がり、色々な情報が自然と入ってくるようになります。
味方の様子や、敵の位置そういう情報が見れるようになるだけでドリブルの精度はあがりますよ♪

初心者向けドリブルまとめ

最後に今日学んだことをおさらいしましょう。
まずドリブルには種類が色々ありますが、足のどの位置でドリブルをするかが重要になってきます。
初心者は、無難な薬指と小指の間を使ったドリブルから練習していくといいでしょう。
練習方法としては、八の字練習や、ジグザグドリブルなどがおすすめです。
どちらの練習もただやるだけではなく、実践で行かせるようなイメージをもって行います。
細かいタッチを意識し、視野を広げて次のコーンを見る。
ドリブルというのは、ドリブルをすること自体が目的なわけではなく、ゴールに繋げるための手段です。
練習のときから、それを理解し、次の行動へつながるようなドリブルを目指してやっていきます。
今までも同じような練習をしていた人も、今日から意識を変えて、試合で使えるドリブルになるように気持ちを改めてみませんか?

 基本のドリブルはとっても大事

今日は初心者向けのドリブルについて書いてみました。
ドリブルはサッカーをやる上で絶対に必要なスキルです。
サッカー=ドリブルといっても過言ではありません。
初心者も上級者も関係なく、常に最高のドリブルができる状態でなければありません。
だからこそドリブルの練習はダラダラとやらずに、試合を意識して、少しでも上達できるように工夫しなければならないんです。
今日は初心者向けとしてお伝えしましたが、この練習は、何年もサッカーに取り組んでいる人でも、ウォーミングアップなどで取り入れやすいです。
細かいボールタッチや前を見るなどそういう基本的なことを、毎日の練習時に思い出して、気合いを入れなおすのもいいかと思います。
今日は薬指と小指を使ったドリブルについて、解説しましたが、また足裏のドリブルやインサイドのドリブルについても解説していこうと考えています。
そのときはぜひ参考にしてくださいね。

【明けまして おめでとうございます!】

謹賀新年

 

 

昨年も弊社ロンヨンジャパンをご愛玩下さり誠に有難うございました!

おかげさまで充実した1年を過ごすことが出来たと思います!

 

今年は、新しい試み皆様があっと驚くような事?も有るかもしれません…笑

更にパワーアップしたロンヨンを目指して益々頑張って参りますので、宜しくお願い致しますm(__)m
皆様にとっても今年1年が良いとしになりますようにお祈り申し上げます!

本年度、ロンヨンジャパンは1月7日より営業させていただきますので、もう暫しお待ち下さいませ!

 

本年も何卒よろしくお願い致します(^^)

【J-SOCIETY FOOTBALL PARK 調布へ行ってきました!】

フットサル オリジナル ユニフォームはロンヨンジャパン!

 

いつもお世話になっております、ロンヨンジャパンの上田です!

今年も残すところ数日ですね、皆様信念を迎える準備は如何ですか(^^)

 

先日、大変お世話になっておりますJ-SOCIETY FOOTBALL PARK 調布に行ってまいりましたので、この機会にご紹介させて頂きます!

 

J-SOCIETY FOOTBALL PARK 調布はソサイチ(7人制サッカー)の普及活動を行っている一般社団法人日本ソサイチ連盟が運営する施設です!

フットサルとサッカーの間のイメージですね(^^)

勿論フットサルの企画も有りますし、その他にバーベキュー等のレジャーも楽しむ事も出来るそうです!

 

8464

 

8473

 

8474

 

ソサイチで汗を流し、その後にバーベキューを行ってビール飲むとか最高ですね(笑

 

是非、皆様足を運んで頂きたいと思います(^^)

 

それでは、本日はこの辺で失礼します!

 

↓おまけ写真 ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、元ロンヨン社員の徳永さんも勤務されております!

 

image2

オフェンスの1対1のポイントを押さえよう

みんさんこんにちは。
調子はいかがでしょうか。
毎日毎日練習して疲れている人もいるでしょう。
そんなときは、ロンヨンのサイトを覗いてみてください。
有益な情報を沢山発信していますし、気分転換にもなると思います。
今日は1対1のポイントを紹介しようと思います。
1対1の場面になったとき、攻め方は無限にあります。
しかし人には癖があって、周りのアドバイスなんかを聞かないと、ワンパターンの攻めになってしまいます。
今日は私たちが1対1のポイントをまとめていきますので、ぜひ練習で取り入れていってください。

 まず意識するのは姿勢!

今回はフォワードの1対1の話をしていきます。
まず1対1のときに意識してほしいのが、姿勢です。
練習のとき、上体が下がっていてボールばかり見ている人が多いです。
しかし試合中は周りの様子をしっかり把握しないといけないので、下を見るような姿勢になることはまずありえませんね。
ということで、まず自分の姿勢を振り返り、下を向きがちだなときづいたら上体を上げることを意識してください。
フォワードの1対1で重要なことが、ディフェンスに対して有利なポジションに立つということです。
上体が下がっていてはまったく意味がありませんので、自分が少し有利な立場になれるようにします。
実際に練習していきましょう!
1対1の画像

友達なんかにディフェンスに立ってもらいます。
ここで相手の足元を見てしまう人が多いのですが、相手の顔を見るくらい上体をあげましょう。
この姿勢ができたら、しっかりと自分の前にボールを置きます。
ここで自分の前にボールを置けない人がたくさんいます。
それはなぜかというと、ボールを取られるのが怖いからです。
ここでボールをかばうような姿勢になってしまい、上体が下を向いてしまいます。

1対1の画像②

 

はじめのシーンで下を向いている人なんかいないだろうと思った人は、実際はこういう風にボールを前に置くことができず、どんどんと下を向いているのに気づいていないのかもしれません。
こういう姿勢をつくってしまっている時点で、ディフェンスの勝ちです。

ボールを置けるようになる

このようにボールを置くのが怖くて、下を向いてしまわないようにするにはどうすればいいのでしょうか。
まず相手がボールを取りに来ようとして、突っ込んできたとき。
この時は、相手を抜き去ってしまえばいいのです。
相手は勢いをつけてボールを取りに来ます。
一瞬のスキをついてボールを前に蹴りだすと、相手はもう後ろには戻れず、その間に抜き去ることができます。
また相手がボールを取りに来ず、間を保ってきたとき。
このときは、自由にパスをすることができます。
状況をしっかり確認しつつ余裕をもって判断できるんです。
抜き去るのか、パスをするのか、この判断をするのにもやっぱり姿勢が上がっていないと意味がありません。
常に上体は上げる!これだけを強く意識してみてください。

 ボールを自分の扱いやすい範囲に確保

上体がきちんと上がったら、次に意識することはボールを自分の扱いやすい範囲に確保することです。

トラップからはじまっている

1対1の場面だけを意識すればいいのではなく、トラップするところから攻撃は始まっています。
トラップが大きすぎると、次の攻めが遅れてしまったり、ボールが飛んで行ってしまったりするので、まずは足元にしっかりトラップを収めることが大事です。

細かいタッチで

トラップがうまくいったら、細かくタッチするということを意識してみましょう。
細かくタッチしながら、相手の重心がどこにあるのか、そういう状況判断をしっかり行い、瞬時に攻める方向を決めます。
これはもちろん、上体が上がっていないとできないことですし、細かくタッチをしていないと判断の部分が厳かになってしまいます。
細かくタッチすることで、自分の間合いでボールをキープし、しっかりフェイントをかけて、抜き去りましょう。
このとき、ボールを細かく動かすことで、相手の重心を揺さぶる効果もあります。
今までこういう方法ができていなかったという人はぜひ試してみてください。

フォワードの1対1攻略まとめ

ここで1対1の有効的な方法をまとめてみます。
まず一番大事なことが、姿勢。
上体をしっかり上げて、周りの様子を見れるようにします。
特に注意するのが、ボールをかばいすぎて下を向いていまったり、プレー中にどうしても上体が下がる場面がでてきるときです。
自分はちゃんとできていると思っていても、実は下を向きがちになっているかもしれません。
そしてそれができるようになったら、次は自分の扱いやすい範囲でボールを確保することを意識します。
しっかりトラップしてから、細かいタッチで攻めていきます。
細かいタッチでプレーすることによって相手の状況も判断できますし、重心を揺さぶることができるので、効果的です。

意識改革から

今日はフォワードの1対1についてまとめてみました。
いかがでしたか?
こういうことはまずしっかり意識をつけるところが大事です。
友達と確認しあいながら、さらにハイレベルな攻めができるように、がんばっていきましょう!

【Change】クリスマスイベント

こんにちは!CCC学生団体の「Change」です。
12月1日に星が丘キャンパスにてクリスマスイベントを開催しました。今回も多くのリピーターの方が参加してくださいました。

アイスブレイクとしてモノを使わないで楽しめるゲームを実施!

指名された人と場所を順に移動していく“私、あなたゲーム”や、お題にそってグループで集まる“仲間集めゲーム”をして笑顔が増え、場の空気も温まってきました☆

今回のメインゲームは、大判カルタと大判パズルです。
教室を目一杯に使ってカラダを動かそうということで通常より大きなサイズのものを用意しました。

参加している子どもたちから“もう1回やろう!”“まだやりたい”といった声が聞こえてきたことや、元気いっぱいにカルタやパズルのピースを取りにいく姿を見れたことが嬉しかったです!

当日までの企画では1年生のメンバーがゲームを考えていたこと、製作を進んでやっていた姿が印象的でした!

自分たちも楽しみながら企画できたことはイベントが成功した要因の1つかなと思います。

私たちChangeがサンタさんとなって、子どもたちにカラダを動かす楽しさをプレゼントできました☆

(文責)Change 福井崇晃

【星が丘】きらきら☆したら活動紹介中!

こんにちは。星が丘CCCからお知らせです。

CCC学生団体「きらきら☆したら」が、本日から1週間、設楽町田峯地区で作られた柚子ジャムと田峯紅茶の試食・試飲を実施しています。

本日はこんな感じでした!

試食・試飲しながら、設楽町の魅力や「きらきら☆したら」の活動について聞いてみませんか?

まちづくりに興味がある方、自然が大好きな方など、ぜひぜひご参加ください☆

 

■日時:2018.12.24(月)~12.28(金)

■時間:12:50~13:20

■場所:星が丘CCC前アクティブ・ラーニングスタジオ

■その他:昼食を食べながら気軽に参加可、途中入退場自由

 

(文責)星が丘CCCスタッフ 今井

オシャレなフットサル大会【LE BALLON PATRICK】に行ってきました!その2

フットサル オリジナル ユニフォームはロンヨンジャパン!

 

いつもお世話になっております、ロンヨンジャパンの上田です!

 

今日は先日取り上げさせて頂いたルバロン・パトリック様のイベントについて続きを書かせて頂きます(^^)

前回は大会の概要、試合前の雰囲気まで取り上げさせて頂きましたが、

今回は本戦の様子をレポートします!

 

本戦開始前、緊張感の漂う雰囲気…

 

DSC07127

 

ユニフォームをオシャレに着こなしていますね!

 

DSC07176

 

試合前のアップ風景、リラックスも大事

 

DSC07233

 

DSC07268

 

67

 

オシャレなハンバーガーも!

 

74

 

試合開始!外国人選手がいると尚強そうに見えますね!

 

DSC07406

 

ユニフォームも似合っていて格好いい!

 

DSC07445

 

DSC07635

 

DSC07964

 

DSC08058

 

DSC08182

 

DSC08603

 

DSC08812

 

DSC09001

 

DSC09083

 

335 1

 

DSC00312

 

DSC00498

 

DSC09729

 

DSC09766

 

熱い戦いの末、遂に決勝トーナメントへ突入!!

 

DSC00865

 

DSC01012

 

DSC01022

 

DSC01047

 

DSC01143

 

DSC01220

 

DSC01529

 

1032

 

そして遂に優勝チームが決まりました!!

おめでとうございます(^^)

 

DSC01721

 

DSC01733

 

次回はその後のパーティーの様子を載せたいと思います(^^)

本日はこの辺で失礼します!

 

 

【LINE始めました!】

フットサル オリジナル ユニフォームはロンヨンジャパン!

 

いつもお世話になっております、ロンヨンジャパンの上田です!

 

昨夜クラブワールドカップ準決勝が行われ、鹿島アントラーズがレアルマドリーが激突しました!

皆様は観戦されましたか?

僕はリアルタイムで見ていなかったので、今朝結果を見たところ3-1で敗戦との事で非常に残念…

前回のリベンジを果たして欲しいな~と思っていたのですが、やはり甘くないなと(^^;

こういった経験を少しづつ積んで、Jリーグがもっと向上していって欲しいですね!

 

さてさて、今回の本題に移らせて頂きます!

一部の方は既にご存知だと思いますが、最近新たにロンヨン公式のLINEアカウントを開設しました!!

随時新しいニュースやお得なキャンペーン情報等を配信していく予定ですので、

是非皆様ご登録頂きたいと思います(^^)

 

登録は下記URLに進んで頂き、友だち追加して下さい!

(PCからアクセスされた方はQRコードが出ますので、そちらを読み込んで下さいませ)

 

◆LONG YONG JAPAN LINE登録ページ

https://line.me/R/ti/p/%40ghw9903q

 

皆様のご登録を心よりお待ちしております(^^)

 

 

また、先日始まったスペシャルキャンペーンも大変好評を頂いております!

お得なキャンペーンなので、チェックされていない方は是非詳細ページを覗いてみて下さい!

 

◆キャンペーン詳細

http://www.longyong.jp/information/campaign_special.html

 

キャンペーン用画像6

 

今回はこの辺で失礼します!

 

【せとせと】瀬戸の魅力を知ってもらおう!

こんにちは!せとせとです!

12/2に瀬戸市にあるゲストハウス『ますきち』さんにて、イベントを開催しました!

 

寒い冬には、「鍋!鍋しかなない!!」と思い鍋パーティーを企画し、お鍋を囲みながら、瀬戸市の名物料理である『瀬戸焼きそば』を作り、瀬戸の魅力を堪能しました!

ゲストハウス『ますきち』を経営している南さんに、お話をしていただき、ただ食事をするだけでなくゲストハウスを作ろうと思った経緯や隠れた瀬戸の魅力を教えていただきました。

なんと、尾張瀬戸駅周辺には、コンビニよりも精肉店が多いんだそう。

現在でもコンビニが駅に1店舗しかないのに比べ、精肉店は6店舗も!

昔瀬戸市で働いていた職人が安く肉を食べたいというところから、ホルモンがたくさん売れたそうです。それで精肉店がたくさんあるのですね。

ゲストハウス『ますきち』さんは、尾張瀬戸駅から徒歩10分!

各地から旅人も集まり、様々なワークショップやイベントも開催されていますので、みなさんも足を運んでみてはいかがでしょうか︎!?

せとせとは、今後もイベントをたくさん企画しますので、ぜひイベントに参加してください☆

お待ちしております!

 

(文責)せとせと 伊藤禎人

 

 

【キズナ日和】防災イベントin長久手イオン(11/25)に出展!!

学生スタッフの唐田宏樹です。

少し前のことになりますが、学生団体「キズナ日和」が長久手イオンの防災イベントに出展しました。

「キズナ日和」とはCCC開設科目「キズナプロジェクトA」で一緒に活動した学生が「まだ活動を続けたい」と思い、学生団体に形を変えて活動を継続しています。(ちなみに僕もそのメンバーの1人です‼
授業から学生団体設立へとつながったという珍しいプロセスを経ている「キズナ日和」を紹介したいと思います。

「キズナプロジェクトA」を通して、NPO法人楽歩(らふ)さんと出会い、「楽歩さんをもっと多くの人に知ってほしい」という想いからオリジナルコーヒー「キズナブレンド」を楽歩さんにブレンドしていただき、一緒に販売させていただいています。(今回が2回目)

今回のイベントでは、「キズナブレンド」のほかに楽歩さんのハチミツやドーナツも販売しました。世代を問わず、たくさんの方にコーヒーやドーナツを楽しんでいただくことができました。

今後もさまざまなイベントに出展したいと思っています。

よろしくお願いします‼

 

(文責) 学生スタッフ 唐田 宏樹

初心者必見!ボール選びの方法を解説

こんにちは。
今日はサッカー初心者向けの記事を書きたいと思います。
サッカーをはじめるとき、やっぱりボールを一つは買っておきたいところですよね。
家で自主練習をするときに使ったり、休みの日に仲間と遊び感覚で使ったり。
自分でサッカーボールを持っているだけで、モチベーションもあがりますし、上達の第一歩にもなります。
そういうわけで、サッカーボールを買いに行こうとなっても、実際行くとたくさん種類がありすぎてわからない!という事態に陥ってしまいます。
値段もバラバラですし、それによって質が変わるのかな、などいろいろと疑問が生まれると思います。
今日はそんな初心者のみなさんの悩みを解決するために、色々解説していきます。
初心者じゃなくても、ボールを買い替えたい人や、新しいものを買おうと悩んでいる人も参考になると思いますので、ぜひ読んでみてください。

かっこいいボールを選びがち

初心者あるあるですが、デザインがかっこいいボールを選びがちです。

ボールの画像

しかしこれはあまりよくありません。
デザインがかっこいいという理由だけでボールを選ぶのはやめましょう!

どんなボールを選べばいいの?

それではどうやって選べばいいのか。疑問に思いますよね。
答えを言うと、ワールドカップで使われるような公式ボールを選んでください。
実はボールによっては、ワールドカップなど公式戦で使えるものと使えないものがあります。
それを確認できるのが、JFAの認定マークです。

ワールドカップの画像

ボールをよく見てみると、公式戦で使えるボールは認定マークがついています。
これをまず確認するようにしてください。
初心者が選びがちな、カラーボールは認定マークがついていないものも多いんです。
よくわからないという人は、手っ取り早くワールドカップ公式球を買ってしまうのがいいと思います。
しかしワールドカップで使われるような公式球ってさすがにお値段も高いんです。
だいたい18900円くらいします。
そこまで出せないなという人も多いですよね。
そんな人は、公式球とは言わずともオーソドックスなサッカーボールを選びましょう。

サッカーボールのオーソドックスとは?

そもそもサッカーボールのオーソドックスってどういうものなんでしょうか?
それを知るためには、サッカーボールの網目に注目してください。
だいたい網目が六角形になっているものは、サッカーボールの中ではオーソドックスだと言われています。
デザイン性が高くて、六角形が並んでいなかったり、ロゴがたくさん入っていたりするものは、普通とはちょっと違うので、初心者は選ばないほうがいいかもしれません。
なぜ網目が大事かというと、網目によってボールの動きなんかも変化するからです。
最近はぶれ玉がはやっていますが、ロシアワールドカップの公式ボールもあまり角がなく、すごくぶれるボールが使われていました。
キーパーはとっても取りづらいボールです。
こういうボールに興味をもって練習してみるのもいいですが、初心者なら、オーソドックスな、六角形のボールを選ぶといいです。

ぺレーダが無難

みなさんがサッカーボールと聞いて想像するようなボールがぺレーダです。
白と黒のシンプルなデザインのもので、このぺレーダを選んでおけばとりあえずは大丈夫でしょう。
こちらはAmazonなどネットショップからスポーツ店まで幅広く置いてあります。
値段も3000円くらいなので、高すぎず購入しやすいのではないでしょうか。
網目がしっかりとした六角形ではなく、公式球でもないものは、例えばアウトレットなんかで気軽に手に入ります。
例えばナイキなんかだと1000円くらいで手に入ってしまうでしょう。
安いしこっちでいいんじゃないかなと思ってしまう人も多いと思いますが、やっぱり4000円くらいは出して、オーソドックスなボールを選んでほしいです。
1000円のボールで練習していると、実際に公式戦になったときにボールが重く感じてしまったり、違和感があったりします。
普段使い慣れているボールが公式戦と違うと、やっぱり感覚も変わってくるんです。
このちょっとした感覚の違いが、命とり。
たった2000円くらいの差なので、ここはお母さん、お父さんにおねだりしてちゃんとしたものを買ってもらいましょうね!
普段からこういった公式ボールに慣れとくと、試合でも焦ることなく実力を出し切れると思いますよ。

ボール選びも重要

今日は初心者のボール選びについてまとめてみました。
ボールにもいろいろ種類があって、どういうポイントがあるのかということを理解していただけたでしょうか?
とにかく公式ボールや形をチェックしておくことが重要です。
無理に高いものを買おうとしないでもいいですが、1000円のボールを使っている人は卒業して、もう少しいいものを買ってみてください。
練習もはかどるかもしれません。
これからもロンヨンではサッカーに関する有益な情報を発信していきます。
期待しておいてください!

【旧正月期間の納期について】

フットサル オリジナル ユニフォームはロンヨンジャパン!

 

いつもお世話になっております、ロンヨンジャパンの上田です!

 

今年も残すところ僅か…年末年始は先日お伝えさせて頂いたとおり、

【12月29日〜1月6日】の間は冬季休業をさせて頂きます!大事なので再度書かせて頂きました(笑

 

もう一点別のお話で、ヘビーロンヨンユーザーの方々はご存知だと思いますが、

1月中旬からは納期の遅れが生じていく時期になります!!

この時期は中国の旧正月にあたり、弊社の中国工場が一旦お休みとなるためです!

 

具体的には通常期間3~4週に+4週の期間を頂いておりますので、

オーダーされる際はご注意くださいませ!

大変ご不便おかけしますが、ご了承くださいm(__)m

 

それでは本日は、この辺で失礼します!

【チャレンジファンド】丁子田集会所での白玉団子パーティー&Fsus4さんによる演奏会

こんにちは、共同料理なごやかです!
9/7に丁子田集会所においてFsus4さんとのコラボし白玉団子パーティーと演奏会を行いました!

白玉団子は、小豆やきなこ、抹茶など様々な味の食べ比べをしました。白玉団子は豆腐と白玉団子で作ったのでとても優しい味で高齢者さんからも好評でした。

演奏会では、Fsus4さんと高齢者さんとのコラボや皆で合唱をして演奏を聞いたりしてとても盛り上がりました!

いつもは料理交流だけですが、今回は食後に演奏会が行われ、普段とは違う盛り上がりがあり、高齢者さんも私たちもとても有意義な時間を過ごすことができました!

帰り際に「本当に楽しかった」や「次はこの料理がやってみたい」などの声もいただき、嬉しかったです!

とても楽しく、大成功した1日でした!

(文責) 國武実里

【チャレンジファンド】長久手市福祉まつりに参加しました!

こんにちは、共同料理なごやかです。
10/28に長久手市福祉の家で開催された、長久手市福祉まつりに参加しました!
普段は料理を中心に活動していますが、今回はハロウィンが近かったのでハロウィンに因んだお菓子入れ作りとお菓子詰め体験を行いました。
お菓子入れはハロウィンぽく、おばけやコウモリ、かぼちゃの形をしたものにしました。
子ども達にとても好評で、皆ニコニコしながら作っていました!
長久手市福祉まつりでは、他のボランティア団体さんやシニアクラブさんなども参加しており、その方たちとの交流もあり、とても有意義な時間でした!また来年もぜひ参加したいです!

(文責)國武実里

ネイマールが得意とする引きからの押し出しフェイント

こんにちは。
サッカーの練習ははかどっていますか?
今日も元気にサッカーの練習をやっていきましょう。

今日はみなさんのあこがれ、ネイマールが得意とするフェイントについて解説していきます。
かっこよくてサッカーの技術も世界最高レベルの彼のプレー!ぜひ習得したいですよね。
早速フェイントについて実際に見ていきましょう!

どんな技なの?

それではネイマールのフェイントのやり方を見ていきましょう。
やり方はシンプルで、前にさらしたボールにディフェンスが足を出してきたところで、引いて逃げながら、そのまま抜き去るという流れです。
相手の裏を取って、一気に抜き去ろうということです。
このフェイントですが、相手がボールをつつきにくるときに、軽く出てきたときは使い時ではありません。
そこでボールを引いて、抜き去ろうとしても、なかなかうまくいきません。
だから使うタイミングとしては、ディフェンスがボールを深く刈り取りにきたときです。
この一瞬の時間を見逃さず、技を仕掛けられるかがポイントです。
そのためにしっかり距離感や、相手の足の長さを考慮しましょう。
目安としては、ディフェンスの足が、自分の軸足の位置までぐっと踏み込んでくるくらいきたときは、仕掛け時です。
ネイマジック①

刈に来る足が深ければ深いほど、ディフェンスが振り返る前に、体を入れやすくなります。
ディフェンスからすると、そこまで足を入れてしまっていると、反転しようと思ったときには、もう遅く追いつくことができないんです。
この使い時の判断ができるかどうかが一番重要です。
何度も試してみて、タイミングをつかめるようにしましょう。
慣れてくると、ディフェンスの入りが浅ければ、仕掛けないだけの余裕を持てるまでにします。
この判断は距離感も関係してくるので、なかなか難しです。
相手との距離が近いと、深く入っても踏み込みは甘く、仕掛けにくい場合もあります。
ある程度の距離があるシーンで、なおかつボールに向かって深く踏み込んできているときを狙うようにしましょう。

フェイントのポイント

やり方と、仕掛けるタイミングについてみてきました。
ここでさらにネイマールのフェイントをいいものにするために、ポイントを加えていきます。
まず先ほどの判断がうまくできて、仕掛けることができたとします。
そのときは、ディフェンスの敗走する進路に体を入れて、進路を遮ることを忘れないようにします。
抜ける状態になっていても、しっかりこのカバーがができていないと、判断ができていても無駄になってしまいます。
続いてのポイントは、上体についてです。
ボールを前に運ぼうとするときに、上体を反っていてはなかなか力は発揮できません。
上体を反ることで、足はどうしても股関節ごと上に振ってしまいます。
上体をぐっと前に倒し、足を上から下に振り下ろすような感じでやっていきましょう。
そうすることで、素早い動作が可能になり、技としての完成度があがります。
さらに一連の動作のスピードを上げるために、軸足の移り変わりを素早く行いましょう。
ボールを引く瞬間に、軸足をスライドさせる、この意識です。
ボールを出した瞬間に、もう重心をチェンジしておく。
この切り替えをしっかり速くやることが大事です。
足裏で引く瞬間に左足をあげ、横に転がすときは、右足を軸足に入れ替えておきます。
ここで一連の足の動きを確認しましょう。
引く瞬間に軸足をボールの前にスライドさせることで、重心が右によります。

ネイマール②

 

右に重心がよることで、インサイドで押しだすと同時に、右足に軸足が移ります。
前への侵入に備えて、ボールを押し出す瞬間に左足を踏み込みましょう。
だんだんとシチュエーションの判断ができるようになり、動きもスムーズになったら、できるだけ素早くこのフェイントをやるというところを意識してやっていくといいです!
そのときに、この重心の使い方は絶対に覚えておいてくださいね。
全体的にこのネイマールのフェイントはいたってシンプルな技です。
状況判断をしっかりし、スピードをもってやると、リスクも少ない技で試合でも使いやすいと思います。
またこういう風にきれいに抜けると自分もやっていて気持ちがいいです。
ぜひこれを機会に練習してみてください。

あなたもネイマールに近づける!

今日は世界的に活躍するネイマールが得意とするサッカーのフェイントを紹介しました。
彼のようなすごい選手がやる技なんだから、さぞかし難しいんだろうと思った人もいるかもしれません。
しかしこのフェイントは全体的にみると非常にシンプルで、実践でも使いやすい技でもあります。
抜けたときは最高に気持ちがいいですし、完成するまでさほど時間がかからないので、今すぐにでも練習に取り掛かることをおすすめします。
憧れのネイマール選手のようなプレーができると自分自身のテンションもあがりますよね。
ぜひそういったプレイヤーの真似をして、自分のサッカーも極めていきましょう。

 

【冬季休業のお知らせ】

平素よりロンヨンジャパンをご利用いただき、誠にありがとうございます。 誠に勝手ではございますが、下記の期間、冬季休業とさせていただきますのでご案内申し上げます。

【12月29日〜1月6日】

ホームページ、メール、FAXからのお問い合わせは休業中も受付しておりますが、 通常営業日、1月7日より順次ご対応させていただきます。 お客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

2018年も残すところあと僅かとなりました。

本年も皆様よりご愛顧いただき、誠にありがとうございました。 この場をおかりいたしまして、厚く御礼申し上げます。 2019年もより良い商品をご提供出来る様、スタッフ一丸となり精進してまいります。 来年も引き続きご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。 皆様にとって新しい年が 素晴らしい年となりますようお祈りいたしております。

株式会社ロンヨンジャパン

【新規の方はユニフォームが30%割引】大変お得なキャンペーンがスタート!

フットサル オリジナル ユニフォームはロンヨンジャパン!

 

いつもお世話になっております、ロンヨンジャパンの上田です!

 

残すところ、今年もあと僅かですね~

この時期になると1年の短さをひしひしと感じます…(昨年も同じ事言っていた様な)

 

そんな12月の寒い時期にホットな話題を提供しようと本日はブログを書いております!笑

それは何かと言いますと、本日から期間限定キャンペーンが始まりました!!

それがこちら!↓↓↓

 

キャンペーン用画像6

 

 

なんと、本日から新規で昇華ユニフォームをお問い合わせ頂いたお客様は期間限定30%割引でご提供させて頂きます!!

(これまで弊社でユニフォーム作成をされた事のあるお客様で、新しく買い換える方も含みます)

また、ロンヨンユーザーを今後も広げていきたいという思いから、

他社様のユニフォームを使用している方を対象に、今キャンペーン期間に弊社で作成して下さった方は40%割引させて頂きます!!!

 

更に更に!今回はそれで終わらないのが恐ろしいところ、

キャンペーンをご利用頂いた方は皆様一律に、次回同じデザインを追加される際に10%割引させて頂きますΣ(゚Д゚)

如何でしょう、ビックリする位お得なキャンペーンとなっております!!

 

ロンヨンジャパンの熱い思いを皆様感じて頂けましたでしょうか(笑

今年ラストの大チャンス、弊社でのユニフォーム作成をご検討頂いている方は是非ご利用ください(^^)

更に詳しい内容は下記のリンクからご覧下さい!↓

 

スマホ用ページ

http://www.longyong.jp/sp/feature/campaign_special.php

 

PC用ページ

http://www.longyong.jp/information/campaign_special.html

 

皆様のお問い合わせをスタッフ一同、心よりお待ちしております!

今回はこの辺で失礼します(^^)

 

【チャレンジファンド】12月1日 ゴジカラ村にて演奏♪

こんにちは☀︎ Fsus4です!

ゴジカラ村さんで演奏させていただきました!12月ということで「あわてんぼうのサンタクロース」や「きよしこの夜」を演奏しました🎄✨

また「クリスマスに欲しいものは?」というお題ではFsus4メンバーのトークで盛り上がりました🎁

歌謡曲では利用者のみなさんが演奏に合わせて歌っている姿を見ることができて来てよかったなぁと思いました🍀

帰り際に「また来てね!」と言ってもらえてとても嬉しかったです😌💕

次回ゴジカラ村さんに行くのは年明けになります。また今日のように盛り上がってもらえるよう、リクエストに応えたり季節に合った曲を演奏していきたいです🎸

 

 

【初心者向け】次のプレーを考えたトラップをマスターしよう

こんにちは。
すっかり寒くなって、体調も崩しやすい時期になりました。
季節の変わり目は特に風邪をひきやすいです。
しっかりと体温調節をし、栄養や水分もしっかりとることを意識しながら、練習も頑張っていきましょう。

今日は初心者に向けた記事で、次の行動を考えたトラップについて解説していきます。
トラップって地味に見えて、かなり重要な技術です。
トラップがうまく、次の行動にしっかり繋がっているかいないかで、大きな差が生まれます。
なんとなくトラップをするのではなく、しっかりと次の行動を見据えたトラップをやっていきましょう。

 ありがちなミス

初心者のトラップでよくありがちなミスがあります。
それは自分のすぐ真下にボールを入れすぎて、次のプレーにすすむために、ボールをもう一度出すということです。
次のプレーにスムーズに移行するためには、トラップの時点で、ボールを出すという作業を同時に行わなければなりません。
このトラップと同時に、ボールを出せるようになるところから、マスターしていきましょう。

 正しいトラップの確認

実際に練習していく前に、正しいトラップのイメージをたたきこみましょう。
インサイドのトラップでボールを当てる場所は、足のかかとのあたり。
前の方になりすぎないように注意します。
膝は軽く曲がっている状態です。
ここでピンと伸びきってしまっている人も多いので、確認してみてください。

練習してみよう

実際に次の行動へいこうするためのトラップを練習していきましょう。
まずはトラップからはじめるのではなく、ボールを足裏で止め、自分が蹴りやすいポジションを探ります。
足裏で止め、引いてインサイドで出します。

トラップ①

この感覚がわかってきたら、トラップで蹴りやすい場所まで出す練習をしていきます。
はじめはなかなか体からボールが離せないと思います。
そういうときは目印を置いて、この辺までボールを出すという意識を付けます。
サッカーの試合で、止まってプレーするということはほとんどありません。
このトラップをするときも、動きの中で、ボールを出すトラップをして、次のアクションを素早く起こすというところにもっていきたいわけです。
なので、練習するときは、止まってボールを受けて、トラップをして返すということをするのではなく、角度をつけて、ボールをもらった方向と違う方向に蹴っていくような練習を取り入れたほうが、より上達が見込まれます。
実際にやってみると、止まってトラップするときと全然違うということがわかると思います。
初心者にありがちなことが、ボールを蹴る方向が変わると、軸足が動かず、元の位置のままになっていることです。
しっかりボールをトラップしたら、軸足から体の方向を変えて、次のアクションへ移行します。
ボールをトラップする、軸足をボールの横までしっかりもっていく、この一連の流れを意識してみましょう。
角度をつけてできるようになったら、自分が動きながらトラップしてボールを蹴るという練習をしていきます。
このとき、自分の勢いがボールにそのまま伝わってしまうと、ボールをはじいてしまいます。

トラップ②

 

こうならないためにも、動きながらでもボールをトラップするときに、少し引くように意識します。
引きすぎてしまうと、ボールが真下に収まってしまうので、力加減を練習していきます。
このようにパターンを変えながら、次の行動へ移行するためのトラップを練習していきます。
動きをつけながら、できるようになれば、次はアウトサイドでのトラップもやってみましょう。
また片足だけ使えても意味がないので、練習するときは、両足やっていきましょう。

どんな場面でも使えるようにする

基本邸な練習をこなすと、ある程度できるようになってきます。
しかし試合中にまっすぐ、自分の足元にボールが飛んでくることって逆に少ないんですよね。
浮いたボールがきたり、体勢を崩してしまったりそういうシチュエーションばかりだと思います。
そういうときにしっかり対応できるように、基本をしっかり押さえます。
焦らずに、どういうトラップをしたら、自分の蹴りやすい位置にしっかり出せるのか、その感覚を徹底的に体に覚えさせましょう。

トラップ次第で大活躍

今日は初心者向けの、トラップ方法について書いてみました。
トラップでとっても大事な技なのに、あまり練習時間を割かない人が多いです。
練習もワンパターンではなく色々なパターンを用意して、やっていかなければ、基礎を固めることはできません。
初心者だからこそ、こういうところに練習時間を使い上達を目指しましょう。
若いうちにトラップがしっかりできるようになれば、将来大活躍すること間違いなしです。
練習したことは試合でも使えるように、どんどんと試していってくださいね。
今日紹介したように、まずは基本のトラップのやり方を覚え、自分の感覚とすり合わせていくのがいいと思います。
慣れてきたら、いろいろなシチュエーションを想定して、積極的に練習していきましょう。

オシャレなフットサル大会【LE BALLON PATRICK】に行ってきました!

フットサル オリジナル ユニフォームはロンヨンジャパン!

 

いつもお世話になっております、ロンヨンジャパンの上田です!

 

最近は本格的に寒くなってきましたね~

皆さん風邪をひかない様に気を付けて下さいね(^^)

さてさて、それでは本日のブログに参りましょう!

 

11月18日、東京の豊洲で行われたフットサル大会、ル バロン パトリック(LE BALLON PATRICK)へ行ってきました!

 

1

 

スニーカーブランド『パトリック(PATRICK)』がパリのフットボールリーグ『ル バロン(LE BALLON』と協業して開催した大会です!

パトリック様と、その繋がりの有る企業様とで集まって大会を盛り上げました(^^)

 

DSC06992

 

参加したチームは15チーム、お洒落なブランドの企業様ばかり!

 

Le Ballon FC

BARK in STYLe

FC mita sneakers

numerals by niko and…

FC HOUYHNHNM

DOORS

TRANSIT GENERAL OFFICE FC

Styles

1LDK

SHUKYU Magazine

CLUB PATRICK

BEAMS

LIGA TOQUIO

BAYCREWS`S

ルノー・ジャポン

 

この大会のユニフォーム、すべて弊社で作成させていただきました(^^)

ありがとうございます!!

 

8

どれも、それぞれの個性の光る素敵なデザインばかりなので、ご紹介させて頂きます(^^)

 

88CLUB PATRICK

 

92BEAMS

 

138 1BAYCREWS`S

 

143 1LIGA TOQUIO

 

167 1Styles

 

207ルノー・ジャポン

 

212 1SHUKYU Magazine

 

DSC07320BARK in STYLe

 

DSC07329Le Ballon FC

 

DSC07560TRANSIT GENERAL OFFICE FC

 

DSC07571DOORS

 

DSC07866numerals by niko and…

 

DSC081181LDK

 

DSC08282FC mita sneakers

 

DSC08575FC HOUYHNHNM

 

 

皆様アパレルやファッションに関連した方々なので、流石どれも素敵なデザインですね(^^)

 

DSC07200-2

集合写真も壮観の一言…

 

しかもユニフォームだけでなく試合自体もレベルが高くてビックリしました!

試合開始前の風景…

 

DSC07126

このトロフィーを巡ってハイレベルな戦いを繰り広げました(^^)

 

22

どんな試合が待っているのでしょうか…その模様は、また次回!

本日は、この辺で失礼いたします!!

スルーパスを得意に。キックの種類を紹介

こんにちは。
最近は気温の変化に体がついていかない状況です。
特に朝と夜は冷えますので、しっかり暖かい布団で寝るようにしてくださいね!
今日はスルーパスについての記事を書いていきます。
スルーパスとは、相手と相手の間にボールを通して、味方にパスをすることです。
試合でも頻繁に出てきますし、プロの試合だとスルーパスのおかげでゴールにつながるシーンなんかをよく見かけるのではないでしょうか。
スルーパスが上手になれば、ゴールの確立があがります。
ということでスルーパスはとても大事なんです。
ここでスルーパスをするためにはいろいろな技術が必要になります。
状況を把握し、適切なタイミングでちょうどいいパスを出さなければなりません。
だからこそ日々、色々なキックができるように練習しなければならないのです。
今日はスルーパスをするためにできるキックの種類とその練習やポイントについてまとめていきます。

基本のインサイドキック

まずは基本のインサイドキックです。
ドリブルからまっすぐに相手の間を通すことができます。
初心者にありがちなのが、キックの際にボールを上からたたきつけているから、ボールがバウンドするような動きになってしまうことです。
ボールの下を蹴る感覚で、押し出し、軸足も深く踏み込むことでインサイドキックは滑らかに速いボールになってくれます。
ゆるい球はスルーパスでは難しいので、このインサイドキックができるように練習しましょう。
練習は正面からばかりするのではなく、斜めから走ってきて正面にパスを出す練習など、変化を加えていきましょう。
慣れてきたらインサイドキックでカーブ球が蹴れるようにしていきましょう。
サッカーで障害があるのは当たり前。
カーブ球が蹴れると、それだけプレーの幅が広がります。

浮かせるような球

一通りインサイドキックができるようになったら、浮かせる球も練習しましょう。
浮かせるボールって意外と難しいので、普段から慣れて置く必要があります。
ボールの真下につま先を差し込むことができていないと、うまくボールは浮きません。

スルーパス①

ボールが浮かないという人は、つま先がまっすぐボールの下に入っているのかチェックしてみてください。
このようにボールをチップして浮かせることができるようになったら、すくうような球にもチャレンジしていきましょう。
蹴るという感覚ではなく、足でしたからすくいあげるということ。
先ほどの球と同じような軌道ではなく、かなり高く上がります。
すくいあげる練習も、一度インサイドでボールを転がして、アウトサイドですくい上げるような練習も可能です。
アウトサイドになると急にすくい上げるのが難しくなります。
大事なのは、インサイドでボールを転がしてきてアウトサイドですくいあげるときに、自分がしっかりボールを投げる方向に体を向けなければならないというところです。

スルーパス②

 

浮かうというよりすくいあげるという感覚がアウトサイドでもわかれば、キックの種類は増えますよ。

動いている人にパス

ここで基本に戻りますが、スルーパスは動いている人に対してパスをします。
今まではキックの種類を練習していたのでコーンやゴール相手に練習したと思いますが。ある程度いろいろなキックができるようになったら、動いている人に向かってパスするような練習も取り入れていきましょう。
スルーパスは人に向かって蹴るというより、スペースに向かって蹴るという言葉のほうがしっくりくると思います。
ランしている相手に、ぴったり目印のところでボールが受けられるようなボールを蹴る練習を取り入れていきましょう。
このときにスピードを活かせるタイミング、ディフェンスの間を通してベストな位置に蹴ることができているかをしっかり確認してみるといいですね。
特にスルーパスでは相手にボールが届くだけでは意味がありません。
次の行動につながるような、最高の精度のパスをすることが求められています。
スルーパスの練習方法はたくさん考えられます。
コーンの置き方から人の動き方まで色々なパターンを用意すれば、それだけの練習になり、試合で対応する力もつくでしょう。
スルーパスは難しい技術なので、パターンを変えつつ段階を踏んで練習を積み重ねていってください。

キックの種類を使いこなせるようになろう

今日はサッカーのスルーパスに関することをまとめました。
スルーパスを使いこなせるようになるにはたくさんの練習が必要です。
そのためにキックの種類をたくさんもっておくことはやはり大事ですね。
ただインサイド、アウトサイドでまっすぐ蹴れるだけでは不十分です。
特にこすりながらカーブをかけたり、浮かせるにしてもちょっと浮かせるのか、すくい上げるように浮かせるのかなど、使い分けが細かくできればできるほどいいです。
実践でもそれが生きてきます。
走っている流れでスペースへパスができるようにしつつ、キックの種類を使い分けて、色々なシーンでスルーパスが出せるように練習していきましょうね。

【チャレンジファンド】なごや環境大学とコラボしました!

こんにちは!魅農里です!

11月25日になごや環境大学とコラボした自然栽培についての講座を開催しました。

自然栽培とは無肥料・無農薬で野菜をつくるものです。

農業生産法人みどりの里野中さんの畑をお借りし、小学生低学年を対象に、実際に野菜を収穫する体験、

野菜を売っているやまのぶさんの見学、野菜に関するクイズを行いました。

子どもたちは自分たちで収穫したカブを喜んで持って帰っていきました!

また、収穫するときに生で食べれると言われ、気に入ってたくさん食べている子がいました!

子どもたちの嬉しそうな顔はこっちまで嬉しくなりますね(^o^)

昼食は自然栽培で作った野菜のクリームシチュー、体にやさしいパン、ピーナッツバターでした。

ピーナッツバターは濃厚でピーナッツが口いっぱいに広がりました!

子どもたちだけでなく、親御さんそして私たちも勉強になった1日でした!

 

(文責)三浦真梨乃

 

粘りで負けない、1対1のディフェンス特訓

みなさんこんにちは。
本日はディフェンスについての記事を書いていきます。
ディフェンスって、具体的に頭で考えてやるというより、練習をただひたすら積み重ねていくということをしていませんか?
オフェンス練習のついでのディフェンス練習をやるという作業になりがちです。
特にチームのディフェンスではなく、1対1の練習なんかだと、考えることをおざなりにしてしまいがちです。
しかしディフェンスについてもしっかり頭で考え、どうやったら抜かれないのかといことがわかれば、さらにレベルが上がります。
今日はそういう意味で、1対1のディフェンスで簡単に抜かれないように、考えて練習していくということをやっていきます。
ディフェンス力に自信がない人はぜひ最後まで見てみてください。

 どんな時に抜かれる?

ディフェンスですぐに抜かれてしまう。
こういう悩みを抱えている人、多いと思います。
簡単に抜かれてしまうときというのはどんなときなんでしょうか。
その理由を考えてみましょう。
スピードに乗ってドリブルしてくる相手に対して、やみくもに距離を詰めてしまうと振り切られてしまいます。
また、正面から足だけでボールを奪おうとしたとき、成功したらそのまま攻撃できますが、横にかわされたとき、出遅れ抜かれてしまいます。

1つ注意

それでは簡単に抜かれる理由がわかったところで、どうしたら抜かれないのか考えていきましょう。
と言いたいところですが、その前に一つ注意点をあげます。
ボールを持った選手が利用できるスペースが広ければ広いほど、ディフェンスは難しくなります。
オフェンスに広いスペースがある場合に、ボールを奪うことができればいいですが、絶対にやりたくないことが、相手に抜かれてしまうこと。
つまりディフェンスとしては、ボールを奪わなくても、攻めを遅らせることができたら、成功だということ。
ここが一つのポイントになります。
奪いきらずとも、ディフェンスの動きを遅らせ、味方の戻りを待つことも念頭に置いてみましょう。

 簡単に抜かれないようにするために

この注意点も踏まえた上で、簡単に抜かれないようにするためのポイントを見ていきましょう。
相手に対してしっかり正面から体をいれるのではなくて、同じ方向を向いたうえで体を入れます。

ディフェンス①

 

1対1のディフェンスは正面から守りに行くと、左右どちらにいくかわからず、守りにくくなってしまいます。
円を描くように相手に近づき、どちらかのサイドに相手を誘導するようなディフェンスをこころがけましょう。
こうすることにより、方向を絞ることができ、守りやすくなります。
前に出すぎて抜かれてしまうことは避けなければなりません。
ドリブルのスピードに応じた距離感を身に着けるように意識しましょう。
多くの人はディフェンスとの距離を詰めたらそのままボールを奪おうとしてしまいます。
そうではなく、相手と適度な距離をつめ、方向を絞り、相手を誘導するようなディフェンスができたところで奪う。
これを意識してください。
距離を埋めたら、下がって奪う、この意識を徹底的に頭に叩き込みます。
下がるときは両足は揃えず半身になって下がります。

ディフェンス②

 

これができたら次に、同じ方向に下がりながら体を入れる練習をします。
そしてサッカーボールを奪うときは外側の足で!
内側の足でボールを奪ってしまうと、内側から来た相手に再びボールを奪われてしまいます。
体がしっかり入っていないと、ボールは奪うことができないので、練習でその都度確認してくださいね!
体を入れるときは自分が思っているよりも、大きく踏み出す感じで!
特にサッカー初心者は、体を入れるといっても全然入りきっていなことが多いので、指導者の方はしっかりみてあげましょう。
練習するときはイメージを定着させるために、前に出る→下がる→体を入れて奪うという動作を何度も繰り返します。
イメージが定着したら、しっかりとスピードをつけて実践でもできるようにやっていきます。
一度イメージがついていると、試合でスピードが出ているときもできるようになったりします。
イメージの定着化って思っているよりも重要です。
まずは近い距離ではじめてどんどん距離も長くとって練習していくといいですね!
練習を積み重ねていくうちに、不思議と簡単に抜かれるという感覚が抜けてくると思います。
基本中の基本ですが、初心者は特にこの練習を一通りマスターできるようにやってみてください。

抜かれない方法を定着させる

今日は簡単に抜かれないようにするためのサッカーポイントを書いてみました。
抜かれないためには、どうして抜かれてしまうのかということを理解した上で、その対策となるやり方を徹底的に体に覚えさせることが大事です。
初心者なら適応能力も高いので、はじめのうちからこういうサッカーのディフェンスを覚えておくだけで、今後もディフェンスが強みになってくると思います。
地味な練習にはなりますが、根気よくつづけてみましょう!

【本日は日本代表vsキルギス戦】

フットサル オリジナル ユニフォームはロンヨンジャパン!

 

いつもお世話になっております、ロンヨンジャパンの上田です!

 

さてさて、表題にも有ります様にアジアカップに向けて最後の代表試合になります、

キルギス代表との試合が本日開催されます!

皆で応援しましょう(^^)

 

これまでの練習試合の相手とは異なり、主に自陣で引いてカウンターを狙う戦い方をしてくると思うので、

これから臨むアジアカップに向けて良いシミュレーションになるのではないでしょうか!

ウルグアイ等の真っ向から戦いに来るのとは全く異なるサッカーに日本代表がどの様に対応し、

結果に結び付けるのか個人的に楽しみにしています(^^)

ワールドカップ予選含と本選の相手で戦い方が180度変わったりするので、難しいところですね…

 

また、森保監督が会見でスタメンを大幅に変えると明言しているので、山中選手が代表デビューなるか個人的に注目しております!

新戦力やレギュラーを狙う選手にも活躍してもらう事でチーム内の競争を活発化し、

アジアカップに向けて良い勢いのまま臨んで欲しいですね!!

 

 

お約束、対戦国について少し検索してみました、

キルギスは中央アジア(中国やウズベキスタンのお隣)にある国で、なんと国土の40%以上が標高3000mを超えるそうです!

 

src_11243727

 

有名な観光地の【イシク・クル湖】美しい風景ですね…

 

img_0

 

【ブラナの塔】日本では中々見ない不思議な地形

 

こうした高知や自然に溢れた、キルギスでサッカーをやっていると思うと、なお手強そうに感じますね。。笑

勝利を願って応援しましょう!!

第31回会議

おはようございます!
今日は金曜日♪週末ですねーー!

昨日は第31回会議でした!
今回も11代目の南帆がブログ担当ですー^ ^


流れとして
①一人一言
②情報共有&調査班共有
③集客タイム
➃チーム共有
⑤ラスイベについて
⑥人事部の大好評企画!1対1トーク!
という会議でした!

集まったメンバーが少なかったのですが、ラスイベについてしっかり考えました!!楽しみにしていてください!
⑥の1対1トークは大好評なんです(*´꒳`*)‼︎‼︎楽しかった!またやりたい!

年末が近づくにつれてイベントが増えていきます!!詳細はWorldFutのSNS、HP等をご覧ください。
皆さまのご参加お待ちしております!!

今週最後のの授業も頑張るぞーでは^ ^

【本日は日本代表戦】

フットサル オリジナル ユニフォームはロンヨンジャパン!

 

いつもお世話になっております、ロンヨンジャパンの上田です!

 

表題にも有ります様に皆さん、本日は日本代表の試合ですね(^^)

皆で応援しましょう!

 

個人的には好調が続いている中島選手、南野選手、堂安選手が今回の試合でも引き続き活躍する事、

コンビネーションの更なる進化を期待しています(^^)

二列目は他にも原口選手や伊藤選手もいて、層が厚いですね~

 

所属クラブで出場機会が得られていない柴崎選手もベネズエラ戦に出場すると予想されている様ですが、

ウルグアイ戦のパフォーマンスは見ていて不安定だったので今回も気がかりな所…

是非、ロシアW杯時の様なゲームを組み立て、コントロールするプレーを期待したいです!

また、鹿島アントラーズ所属の三竿選手もACLを獲得して充実している今季、

代表の試合に出た時にどの様なパフォーマンスを見せるのか個人的に見てみたいと思います(^^)

 

試合は本日19時半よりキックオフ予定です、皆で応援しましょう!!

 

 

<プチ情報>

ベネズエラを調べていて分かったのですが、凄く壮大な自然の有る国の様ですね、行ってみたい…

 

cul-es-el-nombre-de-la-meseta-que-tiene-un-punto-donde-se-unen-tres-pases-de-sur-amrica

ロライマ山

 

 

450px-Kerepakupai_Vena_(Salto_Angel)

エンジェル・フォール(最大落差979m)

但し、世界で1番危険な国とも言われている様なので、行かれる方はくれぐれもお気をつけ下さい…笑

それでは、本日はこの辺で失礼します!

第31回会議


おはようございます!
今日は金曜日♪週末ですねーー!

昨日は第31回会議でした!
今回も11代目の南帆がブログ担当ですー^ ^

流れとして
①一人一言
②情報共有&調査班共有
③集客タイム
➃チーム共有
⑤ラスイベについて
⑥人事部の大好評企画!1対1トーク!
という会議でした!

集まったメンバーが少なかったのですが、ラスイベについてしっかり考えました!!楽しみにしていてください!
⑥の1対1トークは大好評なんです(*´꒳`*)‼︎‼︎楽しかった!またやりたい!

年末が近づくにつれてイベントが増えていきます!!詳細はWorldFutのSNS、HP等をご覧ください。
皆さまのご参加お待ちしております!!

今週最後
の授業も頑張るぞーでは^ ^

見た目がすごい!ボラシーフリックのやり方解説

こんにちは!
最近はどんどん気温も低くなってきて、いよいよ冬という感じがありますね!
寒いと体調も崩しやすくなりますので、しっかり体を温めて、体調管理をしながら、生活してくださいね!

今日はボリシーフリックというかっこいい技を紹介したいと思います。
あまり有名な技ではありませんが、かっこいいですし、見た目重視で試してみてはいかがでしょうか。
私自身、あるコツを掴んでその意識を変えただけで急激にできるようになりました。
みなさんもいち早くボリシーフリックができるように、このコツを紹介したいきたいと思います。

ボリシーフリックとは?

まずボリシーフリックとはどんな技なのかを解説していきます。
聞いたことがない人も多いはずです。
ボリシーフリックはルーレットの応用技だとイメージしていただければわかりやすいと思います。
ルーレットの状態から最後、つま先にボールを当ててディフェンスの足を超えていくような抜き方をするフェイントです。
シンプルそうな技ですが意外と苦戦する人が多いです。
しかしこの技は練習あるのみというよりは、あるコツや意識がわかっていれば一瞬でできる技だと思っています。
私自身最初は何度練習してもうまくいかなかったんですが、急にある意識をしただけでできるようになりました。
そういう観点から解説していこうと思います。

 ボリシーフリックを使うシーン

ボリシーフリックがどういう技なのかわかったところでまず使うシーンを書いてみます。
どういうときに使う技なのかがわかると、試合を想定しながら練習することができますね。
どんな練習も始める前に、試合で使うことをイメージしながらやるとはかどると思います。
だいたい普通のルーレットは、突っ込んできた相手と入れ替わるような場合がほとんどです。
しかしボリシーフリックの場合は、目の前のディフェンスに対して、足を超える形になるので、そこが少し違います。
この違いを理解すると使うシーンもわかってきます。
使うシーンとして、ディフェンスに密着しすぎないときというのが前提です。
ディフェンスの前で回ってそのまま上を超すようなイメージを持つようにしましょう。
普通のルーレットと使い分けることができたら、相手にとってもかなり怖い選手になります。
相手との距離感で今はボリシーフリックの方がいいなと判断できるように、海外選手の動画なんかを見るのもいいでしょう。

最後にボールが上がらない

それでは実際にボリシーフリックのコツを紹介していきます。
だいたいボリシーフリックをやろうとして、ほとんどの人が最後にボールを上げるところで苦戦すると思います。
それはどうしてでしょうか?
まず多くの人がボールを上に上げようとして股関節から足を振りにいってしまいます。
これがなかなかうまくいかない原因です。
足を振り上げるのではなく、ひざ下の動きを使って、高めた足にぶつかってそのままボールが上にあがるようなイメージをもちます。
膝から下を伸ばして固めたときのスナップでボールが上がります。
足を振ろうとすると、足が動くので、ボールがつま先にもあたりません。
しっかりひざ下を伸ばす必要があるので、回転し、ボールを持ち換えたら、軸足は曲げられる位置におきましょう。

ボラシーフリック①

そしてボールがミートする瞬間につま先を跳ね上げるようにします。

ボラシー②

 

ボールを上げるには、ボールのスピードよりもスピンが大事です。
この理論を生かして、ボールを引いてくるときにしっかり縦回転をかけることを意識します。
縦回転が強いと、ボールは当たった瞬間、反発してそのまま上にあがります。
これができると自然と足を振り上げようとしなくても、ボールがあがってくるのがわかりますよね。
つま先のポイントにまっすぐ向かう回転がかかるように、ボールの上部をたたきます。
つま先はまっすぐではなく、やや開いてセットし、親指の付け根を向けましょう。
丁度親指の付け根にボールが回転しながら当たることを意識します。
これらのポイントを全部つかみながらできたら簡単にボラシーフリックができるようになります。
このように何度も練習してやるというよりは、普段の技術を応用させて、頭で理解しながらやると意外とすぐにできるようになる技です。
普段ボリシーフリックのようにボールを上げる技をするとき、どういう風に足を使っているかなと振り返ってみてください。
はじめてやる技なので、頭が混乱して足を振り上げようと無意識になってしまう人がほとんどです。
しかしボールの上げ方がわかっている人なら、初心に返ってやり方を思い出すという意識の持ち方だけでできるようになります。
またルーレットや上げる技をやったことがないという人も、ボリシーフリックは覚えていて損はないはずなので、練習してみましょう!

案外簡単にマスターできるかも?

以上、ボリシーフリックのやり方を紹介しました。
今日は新しい技に挑戦するにも意識ひとつで簡単にできるよということを特に伝えたくてこの記事を書きました。
新しいことにチャレンジするときは、いつもはやらないことをやっていたり、余計な力を使っていたりしますので、他の技にチャレンジするときもこの記事を参考にしていただければと思います。

【Jリーグが盛り上がってますね!】

フットサル オリジナル ユニフォームはロンヨンジャパン!

 

いつもお世話になっております、ロンヨンジャパンの上田です!

 

表題にも有りますが、最近はJリーグで景気の良い話題が多いですね!

まずは鹿島アントラーズがACLで優勝

Jリーグのチームは暫くACLの舞台で良い成績が残せず苦戦していましたが、

昨年の浦和レッズに続き二年連続でJリーグ勢が連覇するなんて嬉しいですね(^^)

これでクラブワールドカップへの出場権を獲得したので、初戦を突破すればレアル・マドリーとの再戦が…

今から楽しみです、今度こそ勝って前回のリベンジをして欲しいですね!

 

そして、Jリーグでは川崎フロンターレ二連覇!!

序盤から中盤にかけてはサンフレッチェ広島が頭一つ抜けて1位でしたが、

ジワジワと差を縮めていき逆転、その後も勢いを落とさずに優勝するとは!

来季は3連覇は勿論、ACLやカップ戦等、どれだけタイトルを獲得するのか目が離せません(^^)

今季は残留争いもかつてない程の肉迫ぶりを見せ、ヴィッセル神戸によるワールドクラスの補強、

巻き返す浦和やガンバにACL優勝の鹿島アントラーズといった充実ぶりで来季は一体どうなるのか予想が難しい…

まさに群雄割拠の戦国時代といった様相で、楽しみな事この上ないですね(笑

 

それでは本日はこの辺で失礼します!

11月10日ゴジカラ村での演奏♪

こんにちは☀Fsus4です!

ぼんやりしていたらうっかり11月になってしまい、前回の更新から5ヶ月が経っていてびっくりしました……。

更新が無くても活動はあり、9月には同じチャレンジファンドであるなごやかさんとコラボをしたり、ゴジカラ村さんで演奏をさせていただいたりしました✨

なごやかさんとのコラボ、楽しかったです✌

10月はお休みをいただいていたので今回は久しぶりの活動です。

新たなる1年生メンバーを加え、今までとは少し違った楽器編成での演奏になりました🎷

 

トロンボーンの大きさに利用者さんたちはびっくり!音のおもしろさ、かっこよさにも楽しんでもらえたようです◎

そしてリコーダーの温かい音色に合わせて歌っていただいている利用者さんたちの姿にほっこりしました💓

少し時間に余裕があったので今回は少し多めに演奏をさせてもらいました。人気曲、歌う曲もりもりセットリストで臨んだためかなかなかの盛り上がりが✌

ただ、盛り上がる曲や歌う曲ばかりではなくしっとりのんびり聞ける曲も演奏してほしいとお願いされたので、また色々と考えてきます😎🎶

来月はもう12月!2018年最後の活動も楽しく元気にやっていこうと思います💪🎅❄

 

そういえばFsus4のTシャツ、できました。

〜今回の演奏曲〜

  • 虫の声
  • 瀬戸の花嫁
  • 四季の歌
  • ちいさい秋みつけた
  • もみじ
  • イパネマの娘
  • リンゴの唄
  • ふるさと

〜アンコール〜

  • 瀬戸の花嫁
  • もみじ
  • 聖者の行進
  • I’ll close my eyes
  • リンゴの唄

(文責)山田華江

 

【日本代表が発表されましたね!】

フットサル オリジナル ユニフォームはロンヨンジャパン!

 

いつもお世話になっております、ロンヨンジャパンの上田です!

 

久しぶりの投稿になります!

皆様体調は崩されておりませんでしょうか、

大分寒くなってきたので暖かくして過ごして下さい!

 

さてさて、本題に移りますが昨日に森保ジャパンのメンバーが発表されましたね、

基本的な顔触れは前回の招集メンバーから変わっていませんが、

数名初選出の選手もいるので更にどの様な変化が有るか楽しみですね!

鈴木優磨、山中亮輔といった勢いの有る選手が更にチームを活性化させ、

本人にとっても更にレベルアップすると良いなと思います(^^)

 

アジアカップに向けた最後のテストになるので、

チームの質を高めていくと同時に連勝した勢いのまま臨んで頂きたい!

そして個人的には香川、乾辺りがこのまま絡まないのか、気になっております…

 

それでは、本日はこの辺りで失礼します!

部分別リフティング攻略法

こんにちは!
練習ははかどっていますか?
季節の変わり目は体調も変化しやすいです。
体温調整をしながら、水分をしっかりとって、体調を崩さないようにしてくださいね!
今日はリフティングについての記事を書こうと思います。
リフティングはボールを操る練習に最適です。
あまり意味ある練習じゃないという人もいるかもしれませんが、毎日コツコツと練習前にでもリフティングを取り入れることで、ボールタッチが上手になったり、キープ力があがったりします。
今日は頭や肩など部分別でリフティングの練習方法や攻略法を書いていきますので自分にあったものを参考にしてください。

 ヘディングリフティング

まずはヘディングリフティングです。
ヘディングは苦手とする人も多いと思いますが、サッカーをやっていく上で絶対に必要なプレーです。
頭を上手に使いこなすことができれば、できるプレーも増えていきます。
例えばハイボールをヘディングするときの動作は、リフティングで鍛えることができます。
固めるべき関節やミートのタイミングなど多くが共通しているからです。
特にサッカー初心者や若い人は、そういう基本的な要素を固めるためにも、ヘディングリフティングの練習は積極的にやっていきましょう。
一番へたくそな人で多いのは、腰がおり曲がっていて、オデコが斜めになり、下からの力でボールを支えられないパターンです。
つまりミートポイントが重要になってきます。

ヘディング①

 

画像のように上体を反って上をみることで、おでこの面は水平になり、ミートの瞬間に垂直に突き上げられます。
軽く状態を反ることで、ミートポイントとかかとの接地点が一直線になり、また首・胸・膝・腰の関節が伸びていることで、勢いを吸収することなく上に跳ね返すことができます。
関節を伸ばすということは非常に重要です。
関節が伸びた姿勢でミートできるだけで、立っているだけでも6~7割は真上に跳ね返すことができます。
次に大事なのが、膝で無理にあげようとしないことです。
一歩間違えると勢いを吸収してしまい、ボールが跳ねなくなります。
膝は立っている状態から軽く伸ばすような感じにするだけでいいのです。
起立している状態から、突っぱねて膝を固める瞬間にあてます。
このときしっかり固めるということを意識してやってみましょう。
ボールが前後にずれてしまったときは、後退時は上体はさらに後ろに反らして顎を引きます。
前進時は背中が丸まらないように注意して腰から折り、顎を突き出します。
これらのポイントをしっかり守りつつ、あとは慣れなので練習あるのみです。
練習を繰り返す中でしっかりポイントが守れているのか振り返りながらやってみてください。

 肩リフティング

続いては肩のリフティングです。
結構難しいので100回も200回もできるという人は少ないかもしれませんね。
まず意識するべきなのが、立っている姿勢です。
肩のラインを一直線に保ち、片方を盛り上げて、迎えに行かないように意識します。
肩が斜めになってしまうと、ボールはサイドに飛んで行ってしまいます。
リフティング②

画像のように体の軸はまっすぐのまま、左右の肩のラインを平行に保ちつつ傾けます。
また脇を広げると肩の筋肉の部分がへこんでしまうので、脇をしっかり閉じ、ポイントの部分が平になるようにしましょう。
以上が意識するポイントです。
ボールが左右にずれてきたときは、肩を動かしてボールをとろうとするのではなく、腰からしっかり動かして、体の軸はまっすぐを保ちます。
位置が変わると急にできなくなるという人も多いので、連続でできるようになるまでやってみましょう。
肩は硬いので、反動で振り上げず、肩のラインを意識して傾けるだけでリフティングはできます。
意識して跳ね上げようとしている人は逆にミスをしてしまうかもしれませんね。
どれだけ上手な人でも、連続でやっていると、脇が開きがちになってしまうということがやっぱり多いようです。
脇だけはしっかり意識して閉じようとしないと、自然と開いてくるので注意して下さい。
このあたりの細かい体の使い方は幼少期の練習が大きく影響してくると思います。
小さいお子さんやサッカー初心者の方はこれがチャンスだと思い、今から意識して練習を積み重ねていきましょう。

リフティングをなめてはいけない

今日は頭と肩のリフティングについて解説しました。
苦手にしている人も多いと思いますので、頑張って練習してみましょう。
リフティングはあまり役に立たないと練習しない人も多いですがそんなことはありません。
試合で役立つ体の使い方やボールタッチの仕方の基本が結構詰め込まれています。
これをしっかり練習すると、特に若い人は後々役立ってくると思いますので、がんばってくださいね!
またリフティングは頭や肩以外にもたくさん種類があります。
かかとなんかは課題としている人が多いようなので、また後日にでも解説したいと思います!

部分別リフティング攻略法

こんにちは!
練習ははかどっていますか?
季節の変わり目は体調も変化しやすいです。
体温調整をしながら、水分をしっかりとって、体調を崩さないようにしてくださいね!
今日はリフティングについての記事を書こうと思います。
リフティングはボールを操る練習に最適です。
あまり意味ある練習じゃないという人もいるかもしれませんが、毎日コツコツと練習前にでもリフティングを取り入れることで、ボールタッチが上手になったり、キープ力があがったりします。
今日は頭や肩など部分別でリフティングの練習方法や攻略法を書いていきますので自分にあったものを参考にしてください。

 ヘディングリフティング

まずはヘディングリフティングです。
ヘディングは苦手とする人も多いと思いますが、サッカーをやっていく上で絶対に必要なプレーです。
頭を上手に使いこなすことができれば、できるプレーも増えていきます。
例えばハイボールをヘディングするときの動作は、リフティングで鍛えることができます。
固めるべき関節やミートのタイミングなど多くが共通しているからです。
特にサッカー初心者や若い人は、そういう基本的な要素を固めるためにも、ヘディングリフティングの練習は積極的にやっていきましょう。
一番へたくそな人で多いのは、腰がおり曲がっていて、オデコが斜めになり、下からの力でボールを支えられないパターンです。
つまりミートポイントが重要になってきます。

ヘディング①

 

画像のように上体を反って上をみることで、おでこの面は水平になり、ミートの瞬間に垂直に突き上げられます。
軽く状態を反ることで、ミートポイントとかかとの接地点が一直線になり、また首・胸・膝・腰の関節が伸びていることで、勢いを吸収することなく上に跳ね返すことができます。
関節を伸ばすということは非常に重要です。
関節が伸びた姿勢でミートできるだけで、立っているだけでも6~7割は真上に跳ね返すことができます。
次に大事なのが、膝で無理にあげようとしないことです。
一歩間違えると勢いを吸収してしまい、ボールが跳ねなくなります。
膝は立っている状態から軽く伸ばすような感じにするだけでいいのです。
起立している状態から、突っぱねて膝を固める瞬間にあてます。
このときしっかり固めるということを意識してやってみましょう。
ボールが前後にずれてしまったときは、後退時は上体はさらに後ろに反らして顎を引きます。
前進時は背中が丸まらないように注意して腰から折り、顎を突き出します。
これらのポイントをしっかり守りつつ、あとは慣れなので練習あるのみです。
練習を繰り返す中でしっかりポイントが守れているのか振り返りながらやってみてください。

 肩リフティング

続いては肩のリフティングです。
結構難しいので100回も200回もできるという人は少ないかもしれませんね。
まず意識するべきなのが、立っている姿勢です。
肩のラインを一直線に保ち、片方を盛り上げて、迎えに行かないように意識します。
肩が斜めになってしまうと、ボールはサイドに飛んで行ってしまいます。
リフティング②

画像のように体の軸はまっすぐのまま、左右の肩のラインを平行に保ちつつ傾けます。
また脇を広げると肩の筋肉の部分がへこんでしまうので、脇をしっかり閉じ、ポイントの部分が平になるようにしましょう。
以上が意識するポイントです。
ボールが左右にずれてきたときは、肩を動かしてボールをとろうとするのではなく、腰からしっかり動かして、体の軸はまっすぐを保ちます。
位置が変わると急にできなくなるという人も多いので、連続でできるようになるまでやってみましょう。
肩は硬いので、反動で振り上げず、肩のラインを意識して傾けるだけでリフティングはできます。
意識して跳ね上げようとしている人は逆にミスをしてしまうかもしれませんね。
どれだけ上手な人でも、連続でやっていると、脇が開きがちになってしまうということがやっぱり多いようです。
脇だけはしっかり意識して閉じようとしないと、自然と開いてくるので注意して下さい。
このあたりの細かい体の使い方は幼少期の練習が大きく影響してくると思います。
小さいお子さんやサッカー初心者の方はこれがチャンスだと思い、今から意識して練習を積み重ねていきましょう。

リフティングをなめてはいけない

今日は頭と肩のリフティングについて解説しました。
苦手にしている人も多いと思いますので、頑張って練習してみましょう。
リフティングはあまり役に立たないと練習しない人も多いですがそんなことはありません。
試合で役立つ体の使い方やボールタッチの仕方の基本が結構詰め込まれています。
これをしっかり練習すると、特に若い人は後々役立ってくると思いますので、がんばってくださいね!
またリフティングは頭や肩以外にもたくさん種類があります。
かかとなんかは課題としている人が多いようなので、また後日にでも解説したいと思います!

ショートバウンドのトラップを研究

みなさんこんにちは。
だんだん秋らしい気候になってきて、練習もしやすい季節ですね。
この気候をうまく利用して、どんどん上達していきましょう。
本日はショートバウンドのトラップを状況別に書いていこうと思います。
ロングボールをトラップして収めるとき、ショートバウンドでおさめるという技術があれば、それだけでいろいろなチャレンジができるようになります。
これを機会にショートバウンドを足元に収めるトラップを練習していきましょう。

 

足元におさめる

自分の丁度足元に来るボールを、ショートバウンドでおさめるときのやり方です。
これは、トラップの方向にスピードに乗りたいときに有効なやり方だと思います。

 

どういうときに有効なのか

同じロングボールが来た時でも、侵入したいときは、ショートバウンドでの処理は有効になりますので、この選択ができるよう練習していきましょう。
ショートバウンドでトラップすると、バウンドを収めるために自然に前傾姿勢になり、スピードに乗りやすくなります。

トラップ①

ワンバウンドでトラップしようとすると、画像のように、上体が前に行くような姿勢をとることができるので、次のアクションへ速く移動することができます。
ノーバウンドでトラップしようとすると、上体が反った状態になるので、次のアクションが遅れます。
一度反った状態と足をトラップしてからもとに戻して、次のアクションに移行しなければなりません。
早く任意の場所に運びたい場合は、ノーバウンドのトラップよりも、ワンバウンドのトラップの方が断然いいということがわかりますね!
逆に落ち着いて、自分の周りにボールを収めたいというときは、ノーバウンドのトラップがいいです。
そのときの状況に合わせて、トラップの方法を使い分けられるようにしましょう。

 

うまくトラップするためのコツ

ショートバウンドでのトラップが有効だということがわかったところで、どのようにすればうまくいくのかというところを見ていきます。
待つときの足の構えは、バウンドして跳ね上がる先に、面をセットするようにします。

トラップ②

ボールに上から膝をかぶせて、抑え込むことでバウンドを抑えるようにします。
膝をかぶせないと、面が上を向くため、ボールが跳ね上がってしまいます。

トラップ③

大きく跳ね上がってしまっては、次のプレーもうまくいきませんし、時間もかかります。
そしてしっかりとこれができたら、跳ね上がるボールに、膝を伸ばして側面を切ってスピンをかけます。
側面を切ると同時に着地させることで、次のプレーに早く移行することができます。
しっかり膝を伸ばすというところを意識してみてください。
以上が足元におさめるワンバウンドトラップでした。
なかなかうまくいかないかもしれませんが、コツを意識しながらやってみてください。

 

懐深くまで引き込む

次に懐深くまで引き込むようなトラップについて書きます。
こういったトラップでは、体が自然と開くので、視野を広く持ち、状況に応じたトラップをすることができます。
目視してから、前を向いたり、軸足裏を通して外へ逃げる選択も取れます。
このトラップをやるためには、ぎりぎりまで軸足に重心を残しておいて、最後ボールを足に収める瞬間に体重を移動させることがポイントです。
先ほどのトラップと同様、ひざをかぶせてボールの側面を切るところは意識しましょう。

 

前に走りながら

続いて前に走りながら、ショートバウンドトラップをする方法についてみていきます。
基本的に今までのトラップと共通していますが、注意しなければいけないのは、大きく踏み込まないようにすることです。
前に走りながらのトラップで、踏み込んでしまうと、ボールは大きく離れてしまいます。

トラップ④

画像のようにトラップの瞬間に足を延ばして、前に進行しながら抑え込みましょう。
これでボールが前のほうに飛んで行ってしまうことは回避されます。

 

場面によってつかいわけることが大事

同じショートバウンドでトラップするにしても、シーンによって使い分けが大事だということがわかりました。
足元に収めるトラップ、懐深くまで引き込むトラップ、前に走りながらのトラップ、どれもやり方は似ていますが、使い分けることで、より臨機応変に対応できるプレーヤーになっていきます。
サッカーは常に次の行動を考え、相手の動きを予測していかなければなりません。
だからこそ攻め方もワンパターンになってしまうと、ディフェンスにすぐ守られてしまいます。
単にやり方をマスターするだけでなく、このトラップはこういうシーンで使おうと頭を働かせながら練習することで、どんどん実践でも使えるプレーになっていきます。
頭を使うか使わないかだけでも大きく変わってきますね!
技の形ができるようになったら満足するのではなく、練習試合なんかでも積極的に試していきましょう。
失敗したらなぜ失敗したのか、成功したら次もやってみよう!と前向きにとらえることができます。
マスターするとかなり有効だと思いますので、今日から練習をはじめてみてください。

第28回会議

こんばんわ!11代目の南帆です



本日、第28回会議を行いました。

5人見学者が来てくださいました!ありがとうございます!



本日は

◎1人一言

◎情報共有

◎チーム、部共有

◎ジャパンビジョン&ラスイベ共有

◎イベントシンキングタイム

◎イベント仮決定 

◎顔合わせ



の流れで行いました!!

主にラストイベントについて自分のやりたいことのチームに別れてプレゼン準備を行いました。



ラストイベントに向けてメンバー一同楽しみに企画を考えています



なので、皆様にも楽しみにしていただけたらなと思います!(^^)



回転を使って無敵になれ!

こんにちは。

だんだんと涼しくなってきて、練習もしやすい季節になりましたね。しかし季節の変わり目は体調も崩しやすいので、体を温めて、水分を摂って、万全の状態で練習していきましょう。

 

さて、今日は蹴るときの回転を生かすことで、パスやシュートの可能性が広がる…という、ボールの回転に重きを置いたお話をしたいと思います。 特にシュートはどれだけ強いキックでも、コースが甘かったり単純なシュートだったりすると、簡単にキーパーに止められてしまいます。 そんなときにボールの回転をうまく使って、軌道が変わるようなシュートが打てれば、それだけでレベルが一段階上にあがりますし、キーパーに止められにくくなります。 最近シュートが決まらないな、上手に回転を使えるようになりたいなという人は必見です!

 

ジャイロ回転シュート(スクリューショット)

まずはキーパーが反応しにくいジャイロ回転シュートです。このシュートをマスターできたら、シュートの決定率も上がると思います!

ジャイロ回転シュートは、利き足側(アウト側)へ曲がるようなシュートで、ゴールキーパーが反応しにくいコースなんです。 ボールを蹴って、最高打点に到達してから、右下に落ちていくようなシュートになります。この場合利き足は右足を想定しています。

蹴り始めの軌道に対して、キーパーの重心が動いた方向の逆をつくようなシュートになるので、止めにくいのは当然ですよね!

それでは詳しい蹴り方を見ていきましょう。

まず蹴り足を振り上げるときは、足全体を使って 振り上げるのではなく、膝関節のみで行うことを意識しましょう。

回転①

ミートは、足の甲のほんの少し右寄りで行います。 ミリ単位の話なので感覚的に少し右かなという意識を持っていてください。 このとき、しっかり足首を立てて蹴るようにします。 ボールの蹴る位置は、真ん中から少しだけ斜めのラインでとらえるようにしましょう。

回転②

膝関節を伸ばした状態で、まっすぐ振り抜きましょう。 押し出すのではなく、弾き出すイメージです。 スーパーボールが壁に当たって、跳ね返るようなそんなイメージで。 蹴り上げた足を瞬時に引いてくることで、弾き出すようなキックができますよ。キックが うまくいかない人は、こういうイメージを持ってやってみるといいかもしれません。

以上がスクリューショットでした。 急に軌道が変わって、右に落ちていくことから、キーパーも止めにくいシュートです。 ぜひマスターしちゃいましょう。

ブレ球ドライブシュート

続いてはブレ球ドライブシュートです。 こちらは、先ほどのスクリューシュートの応用版で、スクリューにブレを合わせたような技だと思ってください。

球はぶれますが、右下への落ち方は控えめになります。 ブレとスクリューの比率をコントロールできるようになれば、落ち方の調節もでき、シーンに合わせて使い分けることができるようになります。 力加減でブレ幅や落ち方を調節できてしまうので、慣れるまでは難しいですが、しっかりコツコツと練習していきましょう!

それでは蹴り方です。 足にボールの当てる位置を、ほんの少しだけ真ん中に調節するだけで、先ほどのスクリューとは球質が変わってきます。 当てるポイントが違うだけで、蹴り方はスクリューと一緒です。 これを知っているだけで、プレーの幅が広がりますよ。 また、練習するときはボールが止まった状態でやると思いますが、試合の流れの中でできるように、動きながらスクリューショットができるようにも練習してみましょう。

 

無回転シュート

回転をうまくかけられるようになったら、無回転にも挑戦してみましょう。 コレが出来るようになれば、フリーキックやパスで一段階上のレベルにあがれると思います。 ドライブ無回転シュートを打つとき、結構後ろから助走をします。 だいたい後ろに5歩、左右に2歩くらいが理想でしょう。

回転③

助走は前傾姿勢を意識して、 つまさきで助走をつけます。 蹴るときは、スパイクの紐のあたりでインステップで蹴ります。 蹴るときもつま先立ちを意識するようにしてください。 ボールを蹴る位置は、ボールの中心から上に向かうことを意識して。 振り切るときは、足を振り切るのではありません。 足を振り切ってしまうとボールに回転がかかりやすくなってしまいますので、注意が必要です。

以上が無回転シュートの流れです。 最初は回転がかかってしまったり、力が入らなかったりすると思います。 慣れるまでは難しいですが、できるようになると強力な武器になるので、頑張って練習していきましょう。

 

回転を武器にする

回転を上手に操ることができれば、かなり強い味方になってくれることがわかったかと思います。 一言で回転といっても、色々なやり方がありますし、無回転も使いこなすことができれば、さらに技が増えます。 キックの方法一つでここまで違うんだと、実感してください!

回転についてはシュートからパスまでいろいろな場面で利用することができるので、練習する価値は大いにあります。

まずは一番はじめに紹介した、ジャイロ回転シュートなんかからはじめてみるといいのではないでしょうか。

みんなで回転を武器に、より一層技術をもった選手へと進化しちゃいましょう♪

第27回会議

本日 第27回会議を行いました!



先週から引き続き後期体制に向けて
*資金調達
*広報
*他団体・他企業との関係性

の3グループに分かれて複数の項目に沿ってプロジェクト出しを行い企画を提案し合いました。

今回で各チームのプロジェクトが確定したので次回会議からそれぞれに分かれ活動開始です。


会議終盤にはラストイベントにおけるJICAとの合同プロジェクトについて暑い議論を交わしました。


来週から後期体制本格始動なのでメンバー一同頑張っていきます!!

強烈なラボーナを蹴る方法を解説

こんにちは。
夏も終わり、秋を感じる季節になってきました。
この季節は比較的気候もいいので、サッカーの練習もはかどるのではないでしょうか?
季節を味方に、今日も練習頑張っていきましょう!

本日はラボーナについて解説したいと思います。
特に今日は強烈なラボーナを蹴ろうということで、サッカーのハーフコート越えや時速90キロ以上出すための方法を書いていこうと思います。
強いラボーナを蹴りたいという人は必見です。

 

ラボーナとは

まずラボーナとはどういう技なのか説明していきます。

ラボーナ①

ラボーナはこの画像のように軸足後ろを回って蹴り足を交差させボールを蹴る技術です。
スペイン語でラボーナは「ずる休みをする」という意味だそうですよ!
決まるとかっこいいし、なにより気持ちのいい技で、あのネイマール選手も使っているんだから憧れは強いですよね。
ラボーナは左利きのプレイヤーが競技場の右サイドでプレーしている時、はじめにターンすることなくクロスを送ることができます。
実践でも工夫をすれば効果的な技になりますので、練習していて損はないと思いますよ。

 

強いラボーナを蹴るためのポイント

ラボーナについてわかったところで本題に入ります。
強いラボーナを蹴るためにはポイントがあってそれさえ守っていれば、誰でも蹴れるようになります。

 

軸足とボールの距離を取るべし!

はじめのポイントです。
そのポイントとは軸足からやや離れた位置にボールをセットすること。

ラボーナ②

軸足をボールから遠ざけることで、蹴り足が深く入り、蹴り足の膝で軸足の膝裏を強打することがなくなります。
画像のようにボールと軸足の間にスペースを作ってあげて蹴り足の逃げ道を作ってあげるようにしましょう。
ボールと蹴り足の位置が近いと、蹴り足が浅くしか入らず、ボールに伝えるはずの力が軸足の膝裏に奪われてしまいます。
これがわかっていれば、強いラボーナにぐんと近づきます。

 

軸足はボールに対して平行におくべし

続いてのポイントです。
軸足はボールに対して平行か、やや前に置くようにしてみてください。
ラボーナ③

画像の軸足とボールの関係を見てみてください。
平行やや前目になっているのがわかると思います。
これが意外にできていない人が多く、ちょっと意識するだけでラボーナのスピード感が変わってきます。

 

 蹴り足のアウトサイドを地面に寝かせるべし

蹴り足のアウトサイドを地面に寝かせるようにするのがポイント。
これをすることでボールの下を深くとらえることができますが、インサイドでは強くボールを打つことが難しいです。
だからこそボールを深くとらえることで、強いボールを蹴ることが可能になります。

 

上半身の使い方が大事

ポイントをいくつか紹介しましたが、これらはあくまでもある程度飛ばす技術です。
以上の3つのことをしっかりやっていればある程度飛ばすことはできると思います。
しかし大事なのはここから!
もっと強く、より遠くへ飛ばすためには腕の振り、すなわち上半身の使い方が最も大事になってきます。
コツとしては腕の反動をしっかり足に伝えることを意識してください。
この力がしっかり伝わらないと、強く蹴れるものも蹴れなくなります。
コツをつかむまでは難しいかもしれませんが、力が伝わるという感覚がわかればどんどん強いキックができるようになると思います。

 

軸足を残すこと

最後に最も大事なポイントを書きたいと思います。
これができないと、より強く遠くへ飛ばすラボーナができないのでしっかり覚えておいてくださいね。
ラボーナ④

そのポイントとは蹴った後の軸足を残すこと。
軸足を抜いてしまうと、せっかく腕の振りで伝えた力が逃げてしまいます。
腕の振り、助走の勢いなどを軸足で最後までぐっと耐えることで、蹴り足の速度が増します。
実際に自分でやってみるとわかりやすいと思いますが、軸足を抜いてしまうと、力が外に逃げてしまうんです。

また軸足を強打することを恐れて軸足を浮かせてしまうという人は、防衛本能が働いて本能的に蹴る力を弱めてしまっているのが主な原因です。
つまりはしっかりと力を伝えようとしても、伝わらなかったら意味がないんですよね。
力が伝わりきらない原因は、上に書いたようなものがほとんどです。
自分はしっかりと力を伝えることができているのか、それを練習で確認しながらやってみてください!

 

 強いラボーナは誰でも蹴ることができる

以上強いラボーナを蹴るためのポイントを紹介しました。
しっかり足の位置などのポイントを守って、力を伝えることができれば誰でも強いラボーナを蹴ることはできます。
ラボーナは難しいキックなのでなかなかうまくいかなくて困っている人もいると思います。
しかし今日お伝えしたポイントの中に、うまくいかない原因のヒントが隠されているんです。
自分の弱点はどこなのか、なぜ強くできないのか、まずそれを考えてみて、ポイントを忠実に再現してみてください。
そうすれば強いラボーナはすぐに蹴れるようになりますよ!

夏のお楽しみ会を実施しました😊 うぃるく

 

8月4日にcccで子どもたちを招いて夏のお楽しみ会を行いました😊

今年は猛暑の影響でキャンプ場でのキャンプは出来ませんでしたが、学生たちが子どもたちに喜んでもらうため、様々な企画を考えました。

内容としては人間知恵の輪やジェスチャーゲームなどのレクリエーション、水遊びや、手巻き寿司などを行いました。

子どもたちの元気で楽しそうな姿がとても印象的で、学生たちもみんな楽しそうに取り組んでくれました😊 今後もこのようなイベントを通してたくさん子どもたちや地域の人と関わっていきたいと思います☺

フェイントにはスピードが必要?!パターン別で紹介

みなさんこんにちは。
夏も終盤に差し掛かってきました。
涼しくなると練習もはかどりますよね。
この季節を利用して、しっかり上達しちゃいましょう!

そこで今日は、フェイントをいくつかご紹介していきたいと思います。
ここでサッカーといったらスピードって重要ですよね。
スピードを生かしたフェイントができると効果も抜群です。
同じフェイントでも、スピード感があるのとないのとでは全然違います。
しかしスピードに自信がない人もいるかと思います。
そういう人のためにも今日はスピードがなくても効果があるフェイントも併せて紹介したいと思います。
スピードに自信がある人はスピード系フェイントを、自信がない人はスピードがなくても大丈夫なフェイントを中心に見てみてください。

 

スピード系フェイント

まずはスピード系フェイントです。
スピードに自信があるならこれから紹介するフェイントは抜群に効果があると思います。
ぜひぜひやってみてください。
スピード系フェイントは、特にサイドで効果的です。
ポジション的にもサイドでプレーすることが多い人は要チェックですよ。

ドラッグシザース

まずはドラッグシザースです。
重心を揺さぶるシザースはみなさんご存知だと思いますがドラッグシザースはその応用編です。
基本のシザースができている人はこちらも有効的なのでチャレンジしてみてください。

それではやり方の説明です。
まず親指の付け根あたりでボールを引きずるようにタッチします。

フェイントの画像

運ぶ際に軸足も運ぶ方向へステップします。
ひっかけた足でボールを追い越してシザースを行います。
シザースの前にちょっとアレンジを加えた感じですね。
基本のシザースができていれば、十分できるようになると思います。
よく最初のシザースをする前のひっかける足でそのまま軸足の前にクロスしてしまいがちになるのですが、軸足もステップすることを意識すると自然とボールを追い越すようになるため、その後シザースもすんなりできるようになります。
このポイントを意識してみてください。

またこれはスピードが重要になるフェイントです。
試合では、主にサイドで突破するときに使えるフェイントだと思います。
縦へ行くと見せかけカットインに行くと見せかけ更に縦に突破するという2段階のフェイントになるため、ディフェンスは一瞬止まってしまい、次の動作が遅くなってしまいます。
そこを狙ってスピードをつけて一気に抜き去りましょう。

 

スピード不要なフェイント

さぁここからはスピードが不要なフェイントを紹介します。
テクニック次第で、スピードがなくても相手を突破することはできるんだと知っていただきたいです。

クライフターン

クライフターンは有名なフェイントなので、できる人も多いと思います。
実はこのフェイントにおいて、スピードは重要ではないんです。
なんでも速くやればいいというものではありません。

その前に、クライフターンのやり方を説明します。
クライフターンは簡単に言うとキックフェイントからのターンです。
深く踏み込んで、軸足の後ろで切り返しするのが流れです。
まずドリブルで相手ディフェンダーに近づいて、技をかけるタイミングをはかります。
足元のボールの真横よりも進行方向側の位置へ軸足を踏み込み、蹴り足でボールを前方に蹴ろうとするキックフェイントをします。

クライフターンの画像

蹴り足をボールの外側横で止めて、足のインサイドまたはインフロントを使って、ボールを軸足の裏側に通して、横方向へ押し出します。
ボールが体の後ろを通って横に動くのに対し、体は前方から回転させて、ボールの進む横方向へとターンします。
以上がクライフターンの流れです。

言葉で説明すると難しそうにも見えますが、動画なんかで確認しながらやると割とシンプルなフェイントなので、動画を見ながらやってみてください!
クライフターンはスピードが重要ではありません。
逆に速いスピードでドリブルしているときは使うことができないと言ってもいいでしょう。
スピードをつけてドリブルしてきたときは、いったん速度を落として、緩急をつけておこないます。
クライフターンで大事なのはスピードではなく、タイミングと動き方なんですね!
スピードに自信がない人も、しっかり極めれば相手を抜き去ることができるフェイントです。
比較的難易度も低く、試合でも使いやすいので練習して損することはまずありません。
スピードで負けちゃうという人はぜひこういったスピードを利用しないフェイントを習得してくださいね。

 

自分にあったフェイントを極めよう

以上、スピード別のフェイントを紹介しました。
基本的にスピード感がカギになるサッカーですが、フェイントに関しては、スピードだけじゃない部分が多いです。
相手の様子を伺いつつ、タイミングや動き方、味方とのチームワークなど色々考えて、臨機応変に動ける選手になってください!
今回のフェイントは自分の能力に合わせて練習してみてくださいね。
またいろいろなフェイントを紹介していきますので、全国のサッカープレイヤーはぜひロンヨンのブログをのぞきに来てください。

第23回会議


[photo:01]
[photo:01]

こんにちは!11代目のさきです!
今回の木曜会議は、メンバーのWorldFutへの思いを知ることができたとても貴重な会議でした。
メンバーの人生経験や色々な思いを知れて、この団体ってすごいと感じました!

まず、前半に
DCCについて~夢の原体験とは?
DCCについて~なぜ原体験が必要なのか~
を話し合いました!

後半は
① (前期、スタツアを振り返り、価値観や考えがかわった瞬間を思い出して)あなた自身が感じたモヤモヤや気づきはなんですか??
②(12月下旬には)あなたはどんな状態でいたいですか?
③後期、あなたがWFTで活動する目的は??
を各自で考えて、3人が発表しました!

みんなの意見を聞いて、私もしっかり目標を持って活動に取り組みたいなと思います!

みんなが憧れるおしゃれな技に挑戦

こんにちは♪
練習のほうははかどっていますか?
どんどん涼しい季節になっていきますので、練習もやりやすいですよね。
この機会にどんどん練習をして、チームとしても個人としても実力を伸ばしていきましょう!

今日はちょっとおしゃれな技について解説していきます。
試合で使えるかどうかは別にして、おしゃれな技が一つでもできるとなんだか得意な気分になりますよね。
まわりにも自慢したくなっちゃいます。
ということで、おしゃれな技を習得してまわりに見せつけちゃいましょう♪

 

 おしゃれ股抜き

まずはおしゃれな股抜きを紹介します。
特にフットサルなんかでよく使えると思いますので、サッカーに限らずフットサルをしている方も必見になっています。
それではやり方をみていきましょう!
まず自分の後方にボールを引き、相手に反転または相手の横に交わすと思い込ませるフェイントを仕掛けます。

股抜きの画像

すると相手は右足でボールを止めに行こうと、股が大きく開きます。
そこをすかさず、ボールを引いた足のインサイドにボールを当てて、相手の股にボールの方向を変えます。
相手の股を抜き、サイドを体がすり抜けていれば完成です。

ボールを引いたときに軸足(左足)が邪魔になるので、ボールを右足のインサイドに当てると同時に左足を引き、軸足を入れ替えるのがコツです。
試合の画像

試合で決まると見た目もインパクトがあるのでかっこいいです。
軸足のスライドするところはすこし難しいので、重点的に練習してみてください。

 

オシャレシュート

続いてはおしゃれシュートについて解説です。
フェイントはおしゃれでインパクトがあるものも多いですが、シュートでおしゃれってイメージがないですよね。
今日紹介するのはAKKAシュートという技です。
簡単にできますので、ぜひチャレンジしてみてください。
それではやり方を見ていきましょう!

まず右足でボールをコントロールして、ボールを左へ交わすフェイントを入れます。
AKKAの画像

次にコントロールしたボールを軸足の左足で右側に弾くように当てたら、相手の横をボレーキックのイメージで横を通すようにシュートします。
これでAKKAシュートの完成です。
最後はボレーシュートのような形になりますが、その手前でいろいろ仕掛けることによってインパクトがあり、おしゃれな技に仕上がります。
これはシュートですが、このままパスに変えることもできます。
試合で使うときは、ゴール手前でディフェンスと向き合ったときに仕掛けていけるんです。
先ほどの手順を思い出して、体に染みつくまで練習しましょう。

 

AKKAフェイント

先ほどはAKKAシュートを解説しましたが、次はAKKAフェイントです。
そもそもAKKAとは一度に2回以上ボールをタッチする技術です。
厳密にはボールが1タッチ目の加速を失う前に次ぎのタッチを行う技術で、これを利用すればシュートに限らずフェイントやパスなどいろいろなかっこいい応用技ができるんです。

AKKAフェイントはまず、手前に引きながらつま先を内側に向け、甲ではなくアウトサイドで持ち上げます。

akkaフェイントの画像

 

このときボールと軸足を置いたまま状態を突っ込み、横へ交わす意識を見せます。
このままだとボールは飛んで行ってしまうので、2タッチ目に入ります。
つま先をしっかり立てて、ボールの進行方向の先にインステップで壁を作ります。
一つ一つのタッチを分解して、細かく練習していくことがおすすめです。
それぞれがしっかりできるようになったら、一連の流れをスムーズにできるように、練習していきます。
このフェイントは1タッチ目、2タッチ目とすばやく切り替えて、首の動きが追い付かないほど角度をつけて行わなければ成功しません。
最初は足の動きが全然追いつかないと思います。1タッチ目2タッチ目それぞれができても、スムーズにやるためにはまた別のテクニックが必要です。
クオリティが高いフェイントにするためには、入念な練習が必要ですが、くじけずに頑張りましょう。

また見逃しがちなのが最初のボールを上げるシーンです。
ディフェンスの目がボールにくぎ付けになるように、真上にポーンとあげることを意識しましょう。
難しいですが決まればかっこいいし、気分は爽快です!
プロでも試合でやる人はなかなかいませんが、気分転換がてら練習してみるのもおもしろいでしょう。

 

おしゃれなプレーにチャレンジ

本日はおしゃれなプレーをいくつか紹介しました。
おしゃれなプレーといったらフェイントを思い浮かべますが、シュートやパスもテクニックを使った技がたくさんあります。
実践向けかどうかは置いておいて、こういった技ができるようになるとやっぱり気持ちがいいですし、気分もあがります。
特にフットサルなんかではおしゃれなプレーも使うことができると思いますので、やっている方はぜひ挑戦してみてくださいね!
練習に行き詰ったときに息抜きとしてやってみるのもおすすめです。

【チャレンジファンド】8月25日(土)に夏祭りをしました

こんにちは!コミュカフェです!

私たちは8/25㈯にいつもカフェでお世話になっている藤美苑さんで初めて夏祭りを行いました。

コミュカフェのブースでは魚つりとペットボトルボウリングをやりました。ゲームの道具はすべて私たちが手作りしました!

 

魚たちもダンボールや画用紙を使ってゲームが楽しくなるようにかわいく仕上げました。

当日、メンバーも配られたお祭りはっぴを着て「まさに夏祭り!」って感じでした。近所の子どもたちや施設を利用している高齢者の方もたくさん遊びに来てくれました。親御さんに「この魚かわいいですね」と言われたときはとても嬉しかったです。

初めての企画でどうなるか心配でしたが、私たちも参加者さんと一緒に楽しんで素敵なイベントになりました!

(文責)大口綾佳

 

エラシコを極めるコツを徹底解説

こんにちは。
今日もサッカーに役立つ情報を書いていこうと思います。
練習に行き詰ったときや、どうしようと悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。
本日はみなさんよくご存知のエラシコについて解説しようと思います。

エラシコといったら、サッカーの中でも基本のフェイントですよね。
ロンヨンでも何度かエラシコについて解説してきましたが、今日は基本の解説というより、より一層エラシコを極めようと思っている方向けの解説をしていきます。
エラシコって、動きは簡単なので多くの人ができると思いますが、試合ではほとんど使わない技ですよね。
限られた場面で2~3試合に一回使えるときがあるかないかではないでしょうか。
あまり使えるフェイントではありませんが、意外性があって相手の意表をつけるフェイントなので、決まればかなりダメージを与えることができる技です。
これを機会にエラシコを徹底的に極めるのもいいのではないでしょうか。
それでは実際に解説していきます。

 

 基本の動作

まずはエラシコの基本のやり方について書いていきます。
エラシコは1回のタッチのタイミングに素早くボールに2回触れるフェイント技です。
1度目のタッチはアウトサイドで外側へ、この時、足でボールを追い越します。
ボールを追い越したら2度目のタッチでインサイドで逆方向に切り返すだけ!
とってもシンプルな動きですよね!
コツとしては1タッチ目でひざをボールにかぶせることです。

エラシコ①

ひざを突き出すことで足がボールを追い越しやすくなりますので、意識してやってみてくださいね。
トントンと2拍でタッチするのではなくトトンと1拍で2回タッチするイメージです。

 

試合で使おう

エラシコは動きは簡単ですが、試合で使うのはなかなかタイミングが難しいという話をしました。
それでは実際どういう場面で使うのがいいのでしょうか?
使うエリアは基本的に奪われてもリスクが低いエリアがおすすめです。
例えばサイドの深い位置なんかは安全だと思います。
技術が必要なフェイントなので成功率を考えると自陣で使うことはあまりおすすめできないです。
エラシコをやるときはディフェンスと対峙しているか、ゆっくりドリブルをしているときが、成功率を高めることができます。
エラシコ②

 

 

なぜ抜けるのかを考える

今日の目標はエラシコを極めるということでした。
ただエラシコができるだけではいけません。
きちんと考えたいのが、なぜエラシコで抜けるのかというところです。
そこがわかれば、どういう風にエラシコをすればいいのか、自然にわかってくると思います。
より効果的なエラシコをするために、「なぜ抜けるのか」を考えることは重要です。

エラシコは1拍で2度ボールの方向を動かします。
ディフェンスはまず1タッチ目の動きにつられてしまうので、ディフェンスは動きをとめてしまうか重心が傾きます。

エラシコ③

この瞬間に2タッチ目の切り返しで抜き去るのが理想です。
1タッチ目でディフェンスは対応しようとして反応してしまうので、股抜きも可能だと思います。

エラシコは対応するディフェンスが二人でも、時には有効です。
2人で対応する場合ぶつかることを恐れてディフェンスはお互いの間への対応が遅れがちです。
その心理的な隙をうまく利用しましょう。
エラシコという技でこの方法を習得すると試合で使える場面も増えますよ。

先ほどは静止状態、またはゆっくりのドリブルの時でしたが、コントロールの自信があれば、素早く縦に抜くことも可能です。
技術的にはかなり高いものが要求されますが、アタッキングエリアで仕掛けたいときにトライすれば、相手の予想を上回ることができます。
エラシコの抜き方を考えると、このようにエラシコの可能性が増えますね!

 

エラシコの応用編

エラシコを使った応用フェイントも沢山あります。
例えばプルバックエラシコというのを解説します。
プルバックエラシコは一度ボールを引くことで深さを作ります。
引くというたった一つの動作ですが、相手からするとかなり意表を突かれた技になります。
エラシコは定番技でディフェンスも警戒していると思いますが、プルバックエラシコなら見破られる可能性もぐんと下がります。
エラシコを極められた人は応用のフェイントもチャレンジしてみてください。

 

エラシコを極めよう

以上エラシコを極めるという観点で解説してみました。
エラシコというフェイントは動きが単純なのでやりやすいと思われがちです。
確かにできる人は多いかもしれませんが、試合できちんと使えるという人は少ないはずです。
それをしっかり試合でも使える技に仕上げるために、今日のようにエラシコについて深く考えてみるのもいいでしょう。
今日の解説だけでエラシコの可能性がぐんと広がったと思いませんか?
できる人は応用技も挑戦してみましょう。
ほかにもいろいろな応用エラシコがありますのでそれもまた解説したいと思います。
エラシコを試合で使いこなして、相手から嫌われるプレーヤーを目指してください!

【学生スタッフ企画】コミュ校☆開催☆

こんにちは(*’▽’)

学生スタッフの伊藤奈央人です。

学生の方々は夏休みがもう終わってしまいますよね…(´;ω;`)

今回、後期が始まる前に「CCCのことを学生団体のみなさんにもっと予習して欲しい!!」との想いで、学校をイメージした『コミュ校』を9月12日(水)に行いました!

星が丘と長久手のCCCに所属する約10団体のみなさん、総勢40人の学生のみなさんに参加していただきました(^O^)今からそこでの内容を少し振り返っていきたいと思います!

1時間目 社会 (星が丘CCCのスタッフ紹介、アイスブレイク、秋田さんによる「CCCの歴史について」)☆

学生スタッフの青砥くんが考えた個性あふれる星が丘CCCのスタッフ紹介やアイスブレイクを行いました!

 

 

 


アイスブレイクで体を動かしてまーす!

 

 

みんな、名前を覚えるのに必死ですww

 

 

 

1時間目の最後は秋田さんと一緒にCCCの12年間を簡単に振り返り、CCCで活躍されていたOGのお2人からもお言葉をいただきました。CCCという温かみあるセンターを築き上げてきた歴史を感じ、CCCを通じて成長していってほしい秋田さんの熱い気持ちを受け取ることができ、とてもいい時間を過ごさせていただきました!

2時間目は技術・家庭(学生団体さんによるワークショップ)☆

美浜町の竹林整備を中心に活動されいる『エコのつぼみ』、御園通商店街の活性化に取り組んでいる『Teamみその』、貿易のことや国際のことを子どもたちに楽しく教えている『ほし☆ちる』、被災者支援を主として、子どもたちに関わるボランティア活動を行っている『うぃるく』計4団体のみなさんにご協力いただいてワークショップを実施しました。

日頃、体験できてなかった他の学生団体のワークショップにみなさん真剣にやっていました!あっという間に30分間が終わってしまいましたがみなさん満足そうでした(^O^)

3時間目 体育(チーム対抗戦)☆

この時間ではみんなで楽しく遊べるような企画を考え、『CCCカルタ』、『ボール運びゲーム』の2競技で楽しく過ごしました!

みんな必死に協力し合いながら頑張っていました!(^^)!

ここでコミュ校は終わりましたがその後の交流会にも多くの学生が参加していただきました。そして、『共同料理なごやか』がみたらし団子を用意してくださったのでみんなで仲良くいただきました(*^▽^*)

このコミュ校を楽しく無事に終えることができとてもよかったです。

 

(文責)ビジネス学部 4年 伊藤奈央人

初心者からプロまで行う基礎練習

こんにちは。
練習は順調に進んでいますか?
気温も暑いので、なかなかうまくいかないこともあるかもしれません。
練習は裏切らないので、つらいときは休みながら、今日も頑張っていきましょう!

本日は基礎練習を色々解説していきたいと思います。
基礎練習といっても、初心者だけがやるものではなく、プロでも練習はじめに取り入れたりするものばかりです。
基礎が一番大事なので、初心者じゃないからといってないがしろにするのではなく、しっかり取り入れてみてください。

 

ウォーミングアップ編

まずは基礎のウォーミングアップから、練習前に積極的に取り入れてみましょう。

それではやり方の解説です。
このウォーミングアップは友達に手伝ってもらって、2人でやるようにしましょう。
二人で正面に向かい合うような形になって、友達にボールをもってもらいます。
まず、そのボールをタッチします。

タッチの画像

 

タッチした後バックで戻り、投げられたボールをインサイドで当てて、投げてが取りやすいように返します。

インサイドの画像

そしてまた最初のボールをタッチする段階に戻り、これを繰り返します。
やり方としてはとても簡単です。

 

ポイントなど

この基礎練習するときのポイントを解説していきます。
1つは先ほども言った通り、ボールを返すとき、しっかり相手が取りやすいボールを投げるということ。もう一つのポイントは、ボールを手でタッチするとき、試合を想定して後方の状態を知るようにします。
後方の状態を確認するために、後ろを振り返りながらタッチする形になります。
とってもシンプルな動きですが、ウォーミングアップで取り入れることで、その日の動きもよくなります。
またただ動作としてやるのではなく、ポイントを意識して、なぜこのウォーミングアップを行うのかを考えながらやると、内容も全然違ってくると思います。
ぜひこの基礎練習を取り入れてみてください。

 

 ももトラップ編

続いてはももトラップです。
ももトラップも初心者からベテランまで絶対に使うもの!
基礎練習として、さっそく取り入れてみてください。

練習方法

これは先ほどのウォーミングアップをアレンジした方法です。
セットで行うとより効果が高くなると思います。
先ほどと同じように友達にボールの投げ役をお願いし、後ろの確認をしながらボールをタッチします。
先ほどは投げてもらったボールをインサイドで蹴っていたところを、ももトラップに変えます。
ももトラップの画像

トラップしたボールを右足へコントロールし、インステップでうまく相手に返します。
この繰り返しですが、次は右足太ももでトラップ→左足のインステップで返すという風に足を逆に変えていきましょう。
これを交互に繰り返していきます。

先ほどとほとんど同じに思えますが、トラップが入る分難易度もあがりますし、練習のポイントも変わってきます。
ここではしっかりトラップの練習を意識してやってみてください。

 

ディフェンス編

最後はディフェンス編です。
実際の試合でマンツーマンで相手についていたとき、相手に振り向かせないようなディフェンスをする基礎的な方法についてです。
ディフェンスにもそのシーンによってやり方が全然違います。
ゴール間際で競るようなシーン、パスコースを絞るシーンなど様々ですが、まず相手に余裕をもって振り向かせないディフェンスをすることは基礎的なことです。
常にこれは意識してできるといいですね。

 

ポイント

まず相手がボールをもらうときに、相手のトラップを狙って体を寄せます。
この時、相手がトラップして前を向かないようにしっかりプレッシャーをかけます。これができたら相手はとても嫌なはずです。
そしてそのまま相手を追い詰めていき、ミスを誘い出すようにします。
あとはボールを奪うまでいけば完璧ですが、しっかりプレッシャーをかけてミスを誘うだけでも最高でしょう。

プロの選手の動画なんかを見ると、常にこのプレッシャーが行われることに気づくと思います。
うまくなればなるほど、相手もしっかりトラップしてキープしてくるので、ボールを奪うというところまでは難しくなりますが、プレッシャーをかけるのかかけないのかでは全然違います。
逆に初心者は、しっかりプレッシャーをかけるディフェンスができるだけで、かなりのチャンスを生み出すことができるはずです。
このディフェンスはどんなポジションでも、しっかりとやりたい基礎的なことです。

初心者からプロまで、自分のレベルに合わせて練習を取りいれてください。

 

基礎が一番大事

今日は初心者からプロまで使える基礎練習をまとめました。
基礎ってやっぱり一番大事で、経験が長いプレイヤーでも絶対に取り入れるべきものです。
初心者からの積み重ねが生きてきますので、これらの基礎練習をさっそく取り入れてみませんか?
パスやドリブルについてもまた基礎練習をまとめていきたいと思います。

しっかり基礎を固めて、優秀なプレイヤーを目指そう!

 

8/10せとせとツアー開催!

こんにちは!CCC学生団体の「せとせと」です!

「せとせと」は、愛知県瀬戸市の新しい魅力発信を目標に活動している団体です。

8月10日に瀬戸市にて「せとせとツアー」を開催しました!

 

当日は、尾張瀬戸駅に集合してゴールの窯横カフェまで、末広町商店街や窯垣の小径を通り瀬戸の街並みと瀬戸物について学びました。

 

今から立ち寄ったお店や施設を順番にご紹介!!

■末広町商店街

70余りの店舗が軒を連ねる市内で最大規模の商店街です。私は、小学生の頃に社会科見学でお世話になりました…懐かしい…

■瀬戸ノベルティ倶楽部

 

末広町商店街にある、ノベルティーの販売・保存活動を行うお店です。

ノベルティは、やきもので作られた置物、装飾品のことで、そのほとんどが輸出品でした。最盛期には世界80か国以上に輸出され、洋食器と合わせて瀬戸のやきもの出荷額の70%近くを占め、瀬戸の町に陶都史上最大の繁栄をもたらした瀬戸の特産品でした

■窯垣の小径

焼き物が最盛期の頃のメインストリート。わざと積み上げて壁を作った訳ではなく、廃材を廃棄する場所がなくたまたま積み上げていってできたそうです。

■窯垣の小径資料館

 

明治後期の「本業焼」の窯元をそのまま活かす形で改修した趣のある資料館。母屋や離れを見学して、歴史や文化に触れました。

■釜横カフェ

 

釜横カフェさんは、最後に紹介する瀬戸本業窯の直ぐ横にあるカフェです。こちらでお昼を食べました!

うつわから、料理までこだわりを教えていただき、とても勉強になりました。こちらの味ご飯は、瀬戸では「ごも」というそうで、焼き物を窯で焼くときは休憩できないため、おかずを混ぜて食べたことからお店で出しているそうです。美味しかった!

■瀬戸本業窯

 

瀬戸本業窯とは、磁器、ノベルティー、セラミックなど新しいものでなく、鎌倉時代からの伝統である本業焼きを作る窯であるということ。

その窯主後継の8代目半次郎さんに、実際に焼き物を作る作業場や展示施設を案内していただきました。過去の作品説明や仕事に対する熱い思い、民芸運動の話などたくさんのお話を聞くことができとても勉強になりました。私が驚いたのは、作品がBeamsなどのセレクトショップで取り扱いがあることです。資料館には、新宿にあるBeams Japanで販売される作品が置かれていました。

とても気になったので後日、Beams Japanを個人的に見学しに新宿まで行ってきました!

日本全国からたくさんの焼き物が集まり販売されていました!秋から本業焼きが販売されるようなので、もし新宿に行かれたらぜひ訪れてみてください!

ツアーは、せとものづくしの1日になりました(*^^*)

「せとせと」は星が丘キャンパスを中心に活動している団体です!

興味を持っていただけた方はぜひCCCにお尋ねください!

お待ちしています!!

(文責)せとせと代表 伊藤禎人

サッカー初心者向けパス特集

こんにちは。 みなさんサッカーを楽しんでいますか?

ワールドカップもあり今年はサッカー界が盛り上がりましたね!

そんな今年からサッカーを始めたという人も多いのではないでしょうか。 学校のクラブや地域のチームなどサッカーをするチャンスはたくさんあります。

まだはじめていない人も遅くはありません。今からでもサッカーを始めてみましょう!

 

ということで今日は初心者向けの記事です。 初心者の練習の方が覚えること、やることがたくさんあって工夫も必要ですね。

基本的なことばかりですが、しっかりとマスターできるように工夫をこらして練習していきましょう。

今日は初心者向けの、特にパスの練習について解説していきます。

パスが苦手な人はもちろん、パスとは試合で舌苔に使うものですので、日々の練習として取り入れてみるのも効果は絶大です!

正確なパスを出すためのインサイドキック

パスの中でも超基本的なところからはじめていきます。 まずは、インサイドキックができなければなにもはじまりませんね! 初心者ならばここは丁寧に習得しておきたいところ。 インサイドキックは試合でもかなりの頻度で使われる、足の内側の広い部分を使ったキックのことです。

インサイドの画像ボールに当てる足の面積が広いため、強くて正確なキックができるのが特徴。

 

練習方法やポイント

それでは具体的な練習方法やポイントを解説していきます。 練習するときは、友達に立ってもらって、パス交換をするように練習するといいですね。

まずはポジションの確認です。 多くの人の場合はボールの少し手前に軸足が来るイメージだと思います。

ポジションの画像

このポジションは人によって多少の差がありますが、だいたい画像のような位置にくると思いますので、このポジションを取ったらインサイドで正確なパスを出していきましょう。

最初の練習では止まっているボールを蹴っていきます。

止まっているボールを蹴るのに慣れてきたら、次は強いボールを蹴る練習です。

強いボールを蹴るということは、ある程度助走が必要になってきます。 ということで、ボールを少し前に転がして、助走をつけてから蹴るように。

前にボールを少し転がすことで助走幅を作り、そのまま助走の勢いを使って強く蹴ります。 ポイントとしては、足だけで蹴るイメージではなく、体の前に移動する力で体全体を押し出すイメージでやってみましょう!

助走しているのになかなか強く蹴れないと思う人は、体が使えていないのかもしれません。

 

以上がインサイドのパス練習です。 本当に基本中の基本なので、ここは毎日のように練習しておきたいところですね!

 

ダブルタッチパス

基本をみてきましたが、少しおしゃれなパスについても解説したいと思います。

見た目も華やかで、相手もおっと驚くようなパス。 基本も大事ですが、華やかな技もちょっと練習してみたいですよね!

ダブルタッチパスは名前からもわかるように、2タッチでパスすることを言います。 具体的なやり方を見ていきましょう!

練習方法とやり方

まずやり方からです。 左足を使って少しボールを浮かせます。

浮かせる画像

そして浮かせたボールの下を右足のつま先でさらにすくいあげます。

慣れてきたら、距離や高さ、強さや高さを調節して、パスに仕上げていきましょう。 まさかダブルタッチでパスが来るとは相手も予想しないはず。

隙を狙ってパスすることもできますし、なんといっても華やかなのが魅力的ですよね。

このパスが成功した際には、会場も大盛り上がりすること間違いなし。 少し難しそうにも見えますが、意外とコツをつかんだら簡単にできちゃうかもしれません!

またパスとして使うのではなく、ループシュートを狙うときにも使ってみたりと応用の効く技なんです。

普段からこの練習ですくいあげるという動作に慣れておけば、いざループシュートを打とうというときにも役立ちます。 またこういうパスを練習しておくことによって、普段のパス力も自然と上がってくるはずです。

試合で使えなさそうだから練習を後回しにしてしまうとは思いますが、空いた時間にちょっと挑戦するだけでも全然違いますよ!

ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

パスを制する者が試合を制す

本日はパスについて解説をしていきました。

基本的なパスから少し華やかなものまで、飽きずに見ていただけたら嬉しいです。

パスって本当に基本中の基本で、パスが通らなければゴールも決まりませんし、試合にも勝てません。 だからこそパスの練習は大切にしてほしいんです。

また、初心者は特にしっかりとパス練習をする必要があります。 初心者の段階でパスの基本ができているのとできていないのでは大違い! その後の成長の幅が違ってくると思います。

パス練習は隙間時間や朝の軽い練習なんかでも取り入れやすいですね。

だからこそ積極的に、今すぐにでもパス練習を始めていきましょう!

柔らかく吸い付くようなトラップをマスター

みなさんこんにちは。
体調は壊していませんか?
こんな暑い日が続いていますので、自覚がないうちに体力も消耗していきます。
しっかり気を付けて仲間同士声をかけながら、健康的な練習にしていきましょう。

さて今日は、柔らかく足元に吸い付くようなトラップについて解説していきたいと思います。
トラップがうまい選手って試合でも活躍しますよね?
サッカーでは一瞬のタイミングが勝負ですが、その一瞬のチャンスは、トラップで生み出すことができます。

しっかりトラップの練習をしない人は意外にも多いので、その隙に完璧なトラップを練習しちゃいましょう!
それでは実際にポイントを書いていきたいと思います。

 

 吸い付くようなトラップの解説

実際にポイントや練習方法を見ていきます。
順を追って解説していきますので、しっかりと自分ができているのか確認しながらやっていきましょうね。
この確認作業が適当にならないよう、気を付けてください!

スタート位置

まずはスタート位置の確認から。
ポジションはボールが真上に来るような位置でとります。

位置の画像

練習するときは、ボールを真上に投げて練習するようにしてください。

トラップ直前の足の形

柔らかいトラップには足の形が重要です。
つま先を上に向け、インステップでボールをトラップするように意識します。ここでつま先をしっかり立てることがポイント!
実はトラップのときにつま先が上に向いていなかったりする人が多いポイントなので、しっかり意識してみてください。
インターネットで世界的プレイヤーの動画を見てみると、しっかりつま先が上を向いているのがわかると思います。
動画を見ながらイメージトレーニングするって思ているよりもとても大切なので、ぜひやってみてくださいね。

足の使い方

続いて足の使い方です。
足の画像
足はトラップするとき少し浮かせた状態になっています。
地面にべたっとついていたり、足を上げすぎていても吸い付くようなトラップにはなりません。
またこの画像でもしっかり足のつま先が上を向いていることがわかりますね。
足の形は使い方とセットでしっかりできているかチェックしてください。

うまくいくためのコツ

全体的なポイントは以上ですが、それでもうまくいかないという人多いと思います。
そのほかに多くの人が間違えているようなところや、改善できるポイントをご紹介!

まず意識してほしいのが、ボールが落ちてくるスピードと同じ速度で足を下すということです。
そうすることでしっかりボールの勢いを吸収しつつ、足元に柔らかく収まるようなトラップになります。
勢いがあまりすぎるトラップをしていませんか?

よくある失敗

ポイントは色々ありますが、結構多くの人が勘違いしているところや、できていないところがあります。
それはつま先がしっかり固定できていないということです。
つま先が固定できていないと、ボールの勢いが吸収されずうまくいきません。
トラップするときに、つま先がぶれていたり、上を向いたまま固定できていなければ失敗してしまいます。
先ほども足の形を説明した通り、できていると思っている人もいると思いますが、実は自分はトラップ直前につま先が固定できていないということが多々あるそう。
こういう失敗をなくすために、友達に見てもらったり、動画を撮ってもらって確認する作業をしたほうがいいでしょう。

試合中のコツ

このトラップはせっかく練習したからには試合でしっかり使いたいですよね。
しかし、試合だとその時の状況によって全然様子が違ってきます。
試合中だと次の動作へ移るためのトラップになるので、ボールが少し前に転がるようにすることを意識します。
ただただ柔らかくトラップすれば満点ということではありません。試合の流れを意識して、次の動作を考えながら練習に取り組みましょう。
足元に収めることができても、次の動作にスムーズに移行できなければ意味がありません!あくまでも試合で使うためのトラップです。
そこを意識しながらこの練習をしていければ、かなりいいプレイヤーに成長することでしょう。

吸い付くようなトラップで試合も活躍

以上、柔らかく足元に吸い付くようなトラップのコツでした。
サッカーをやったことがある人ならこのようなトラップがとても難しいことがわかると思います。
ロナウジーニョやメッシなどのトラップを見てみると、しっかり足で吸収しつつ、前に落として次の動作へ最大限生かしたトラップをしていることがわかると思います。
つまり一流のプレイヤーはトラップがうまい!
難しいからこそしっかり練習しないとはじまらないんです。

なんとなくトラップってできるものだから、練習も適当になりがち。
だからこそ基本からしっかり見直して、自分のトラップはどんなレベルなのか常に確認してみてください。
また練習でトラップが上達したら積極的に試合でもやっていきましょう。
そこでできてこそ自分のものになったと言えます。

みなさんもトラップをマスターして、一流のプレイヤーに!

強いシュートを打つためのトレーニング方法

こんにちは。
暑い日が続いていますね。
夏はやっぱり体調管理が重要になってきます。
全力で練習したい気持ちもわかりますが、健康第一でやっていってください。
逆にここで気を緩めずに、しっかり努力できた人が来年再来年と成果をだしていくはずです。
気を引き締めてがんばりましょう!

本日は強いシュートを打つためのトレーニング方法を紹介したいと思います。

なかなか強いシュートが打てなくて悩んでいる人って多いですよね。
シュートはもちろん角度や位置も大事ですが、その強さがあるだけで全然違います。
特に小中学生だと強いキックがなかなか蹴れないという人も多いと思いますが、これってなかなか普通にシュート練習をしているだけは解決しないことが多いんです!
しかしこのトレーニングをやって改善したという人も多いので同じような悩みを抱えている人はぜひ実践してみてください。

トレーニング①

まずはじめのトレーニングです。
今日は何種類かのトレーニングを紹介していきます。
リフティングの画像

まずはじめにインステップでリフティングをします。
サッカー初心者だとリフティングが苦手だという人も多いと思うので、できない人は、蹴ってキャッチしてを繰り返すというのもいいですよ。
当てる位置に注意しながらやってみましょう。
足の甲の真ん中くらいで、つま先よりになりすぎず、しっかりリフティングしていきましょう。
このとき音にも注目です。
カンという高い音がしている人はまだまだ良くなります、ボフと音が鳴るようになったらうまくいっている証拠ですね。
この辺はなんとなくの感覚で分かってくると思います。

トレーニング②

次のトレーニングです。
先ほどのリフティングをアレンジしてやっていきます。
先ほどと違ってワンバウンドを加えてリフティングをしていきます。
ワンバウンドが入るので、しっかりミートしてやることを意識します。
変な回転がかからないように意識し、理想は無回転です。
ここでできたつもりになって次の段階に行かないように注意!
しっかり回転がかからず、ミートをしながらできているか、チェックしつつやっていきましょう。
だんだんと位置が変わってくるかもしれませんが、足の当てる位置は変わらないように気を付けます。
これはトレーニング①の段階でしっかり定着していたらできることなので、やっぱり基本から順番に積み重ねるのが大事ですよ。

そしてどんどん慣れてきたらボールを高く上げるように意識。
しっかり基本ができていれば、ボールを高く上げてもぶれずに回数をこなすことができると思います。

トレーニング③

さて次のステップへ進みましょう。
ダイレクトでリフティングをしていきます。
リフティングといったらちょんちょんと上にあげるイメージですが、今回は違います。
3の画像

なんとなく小さい子がリフティングをやるときのようなイメージです。
高ーく上にボールを上げましょう!
高くボールを蹴ると自然と回転もかかってきてしまいます。
このとき縦回転なら大丈夫なんですが、横回転なら修正してください。
ずっとここまで練習してくると、足の甲が暖かくなってきます。これはしっかりとミートができている証拠なので、一つの基準にしてみてくださいね。
逆にできていなければ、しっかりミートしながら正しい位置でできているのか確認が必要です。
今まで強いボールを蹴れていなかった人は、当てる位置を見直すチャンスといってもいいでしょう。
しっかり確認しながらやることを忘れずに。
高く上げる→吸収→高く上げるの繰り返しになります。
ただ強いボールを蹴る練習だけでなく、コントロールの練習にもなるので、一石二鳥です。
練習の前後にグラウンドを借りて、堂々と練習していきましょう。

練習の成果を確認

さてしっかり強いキックができるようになっているのか、確認していきます。
今のところ直接蹴る練習はしていないと不安に思っている人もいるかもしれませんが、ここで確認していくことが大事です。
今までのトレーニングで意識していた足の当てる位置。
ボールをその位置を意識しながら蹴っていきます。

シュートの画像
スライスでも当てる瞬間はストレートと同じです。
今までとカーブのかかり方や強さが全然違うことに気づくと思います。
それが感じられたら色々なシュートをやってみます。
直接シュートの練習はしていませんが、ここまで変わるのかと私はびっくりしました。
こういう基本練習がしっかりと生きてくるので、確認の作業はついうれしくなっちゃいますよ!

強いシュートを武器に

以上、強いシュートを打つためのトレーニング方法でした。
本当にこんな方法で?リフティングしかしてないと思った人も多いと思います。
しかしこれがしっかりできてたら全然違ってくるんです。
逆にできなかった人は、足の当てる位置や回転など、書いたポイントがしっかりできているのかもう一度確認しましょう。
強いシュートをしっかりマスターして、試合でも輝ける選手になりましょう!

強いシュートを打つためのトレーニング方法

こんにちは。
暑い日が続いていますね。
夏はやっぱり体調管理が重要になってきます。
全力で練習したい気持ちもわかりますが、健康第一でやっていってください。
逆にここで気を緩めずに、しっかり努力できた人が来年再来年と成果をだしていくはずです。
気を引き締めてがんばりましょう!

本日は強いシュートを打つためのトレーニング方法を紹介したいと思います。

なかなか強いシュートが打てなくて悩んでいる人って多いですよね。
シュートはもちろん角度や位置も大事ですが、その強さがあるだけで全然違います。
特に小中学生だと強いキックがなかなか蹴れないという人も多いと思いますが、これってなかなか普通にシュート練習をしているだけは解決しないことが多いんです!
しかしこのトレーニングをやって改善したという人も多いので同じような悩みを抱えている人はぜひ実践してみてください。

トレーニング①

まずはじめのトレーニングです。
今日は何種類かのトレーニングを紹介していきます。
リフティングの画像

まずはじめにインステップでリフティングをします。
サッカー初心者だとリフティングが苦手だという人も多いと思うので、できない人は、蹴ってキャッチしてを繰り返すというのもいいですよ。
当てる位置に注意しながらやってみましょう。
足の甲の真ん中くらいで、つま先よりになりすぎず、しっかりリフティングしていきましょう。
このとき音にも注目です。
カンという高い音がしている人はまだまだ良くなります、ボフと音が鳴るようになったらうまくいっている証拠ですね。
この辺はなんとなくの感覚で分かってくると思います。

トレーニング②

次のトレーニングです。
先ほどのリフティングをアレンジしてやっていきます。
先ほどと違ってワンバウンドを加えてリフティングをしていきます。
ワンバウンドが入るので、しっかりミートしてやることを意識します。
変な回転がかからないように意識し、理想は無回転です。
ここでできたつもりになって次の段階に行かないように注意!
しっかり回転がかからず、ミートをしながらできているか、チェックしつつやっていきましょう。
だんだんと位置が変わってくるかもしれませんが、足の当てる位置は変わらないように気を付けます。
これはトレーニング①の段階でしっかり定着していたらできることなので、やっぱり基本から順番に積み重ねるのが大事ですよ。

そしてどんどん慣れてきたらボールを高く上げるように意識。
しっかり基本ができていれば、ボールを高く上げてもぶれずに回数をこなすことができると思います。

トレーニング③

さて次のステップへ進みましょう。
ダイレクトでリフティングをしていきます。
リフティングといったらちょんちょんと上にあげるイメージですが、今回は違います。
3の画像

なんとなく小さい子がリフティングをやるときのようなイメージです。
高ーく上にボールを上げましょう!
高くボールを蹴ると自然と回転もかかってきてしまいます。
このとき縦回転なら大丈夫なんですが、横回転なら修正してください。
ずっとここまで練習してくると、足の甲が暖かくなってきます。これはしっかりとミートができている証拠なので、一つの基準にしてみてくださいね。
逆にできていなければ、しっかりミートしながら正しい位置でできているのか確認が必要です。
今まで強いボールを蹴れていなかった人は、当てる位置を見直すチャンスといってもいいでしょう。
しっかり確認しながらやることを忘れずに。
高く上げる→吸収→高く上げるの繰り返しになります。
ただ強いボールを蹴る練習だけでなく、コントロールの練習にもなるので、一石二鳥です。
練習の前後にグラウンドを借りて、堂々と練習していきましょう。

練習の成果を確認

さてしっかり強いキックができるようになっているのか、確認していきます。
今のところ直接蹴る練習はしていないと不安に思っている人もいるかもしれませんが、ここで確認していくことが大事です。
今までのトレーニングで意識していた足の当てる位置。
ボールをその位置を意識しながら蹴っていきます。

シュートの画像
スライスでも当てる瞬間はストレートと同じです。
今までとカーブのかかり方や強さが全然違うことに気づくと思います。
それが感じられたら色々なシュートをやってみます。
直接シュートの練習はしていませんが、ここまで変わるのかと私はびっくりしました。
こういう基本練習がしっかりと生きてくるので、確認の作業はついうれしくなっちゃいますよ!

強いシュートを武器に

以上、強いシュートを打つためのトレーニング方法でした。
本当にこんな方法で?リフティングしかしてないと思った人も多いと思います。
しかしこれがしっかりできてたら全然違ってくるんです。
逆にできなかった人は、足の当てる位置や回転など、書いたポイントがしっかりできているのかもう一度確認しましょう。
強いシュートをしっかりマスターして、試合でも輝ける選手になりましょう!

木曜定例会議

こんにちは! 今回はWorldFut10代目 2年のいつきがブログを書かせていただきます!

本日のアジェンダは、スタツア勉強会カンボジアを知ろう!・DCCセクPVセクからの進捗情報共有・ビジョンダイアログです!

まず、2年生サッカー大好き真っ黒少年らいきがカンボジアの歴史・現在の経済状況などを発表してくれました!👨‍💻
カンボジアの現状を理解することは自分たちの行動を決める上でとても大切です!
メンバー全員集中して聞きました!
スライド作成ありがとう、らいき!早く風邪治せよー!🙆‍♂️


次にビジョンダイアログです!
ビジョンに含まれる、「好きなこと、やりたいことができる人・夢や目標に向かって頑張る人」とはどういう人なのか、またそれらの人々は周りにどういう影響を与えられるのかなどを考えました!🙂
みんな苦戦していましたが楽しみながら考えられました!

そして最後に、、、

新メンバーが3人も入ってくれました!!
1年生のカメラ大好き あやね!
2年生の野球大好き少年 ゆーすけ!
2年生の最近彼女と海に行ってホワホワのゆーたろう!

彼ら3人の活躍に今後も期待です!!
以上!!

夏季休業のお知らせ  【8月11日~8月16日】

平素よりロンヨンジャパンをご利用いただき、誠にありがとうございます。
誠に勝手ではございますが、下記の期間、夏季休業とさせていただきますのでご案内申し上げます。

【8月11日(土)〜8月16日(木)】

ホームページ、メール、FAXからのお問い合わせは休業中も受付しておりますが、
通常営業日、8月17日より順次ご対応させていただきます。

お客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 ロゴ-1

株式会社ロンヨンジャパン

組み合わせ技「INAZUMA」を解説

こんにちは! 日本は異例の暑さでなかなか運動もできない状況ですね。なにをせずとも体調を悪くしている人が続出しています。

こんな気候ですので体調第一で、サッカーをやっていきましょう!

さて今年はサッカーワールドカップでますますサッカー界も盛り上がりを見せてくれました。今までサッカーに興味がなかった人もこれをきっかけに興味をもったのではないでしょうか?サッカー好きが増えるのは嬉しいことですね。 日本代表も今年は大活躍してくれました。 また次回のオリンピックで日本が輝けるよう、私たちも頑張っていかなければなりませんね。

サッカーをしている人は自分が日本代表になってやるという気持ちで練習頑張ってみませんか?

そんな今日はエラシコとダブルタッチの組み合わせ技「INAZUMA」というものを紹介したいと思いますが、名前がかっこいいだけでやってみたくなりませんか?

組み合わせ技は、一つ一つの技を習得していれば比較的簡単にできるものの、ディフェンスからするとかなり嫌な技に変化しますので練習する意味が大いにあります。 エラシコやダブルタッチなど基本的なフェイントは習得しているというならば、ぜひINAZUMAにチャレンジしてみてください!

動作解説

まずは動作解説からです。

一言でやり方を説明すると

①利き足でエラシコ
②直後に逆足のインサイドで股抜き

の2つの動作の組み合わせになります。

股抜きも肝心になってきますので、練習するときは二つコーンを並べてそれをディフェンスの足だと思ってやってみましょう。 練習は段階にわけてやるとやりやすいです。

元々エラシコや股抜き、ダブルタッチができる人ならばすぐになじんでくると思います。 まずは利き足でエラシコの部分。

股抜きの画像

エラシコは相手を誘い込むようにゆったりやるのがポイントです。 しっかり利き足側に体重をかけて相手を誘い込みます。

まずはここを重点的に練習して、慣れてきたら逆足から股抜きの動作を加えていきましょう。 このときは先ほどとは違って、カウンター気味にスピードをつけます。

このスピードの緩急が大事になってきますので、ゆったりから全速力というのを一番意識しましょう。

INAZUMAのポイント

やり方がわかったところでポイントを見てみましょう。まず第一ステップの部分です。

第一ステップは利き足のアウトサイドで軽くタッチし、ボールを追い越してインサイドで切り返します。 インサイドで切り返すときは、やや後ろの方向にボールを蹴るのがポイントです。

エラシコの幅は大きすぎても失敗しやすいので、適度な幅を見つけてください。 失敗してしまうという人は、エラシコの幅が広すぎるのかもしれませんよ。 またエラシコで急ぎすぎないのも重要です。

この技は相手ディフェンスの食いつきを狙って股抜きをするものです。 エラシコで焦ってしまって、相手が食いつく前に仕掛けてしまってはまったく意味がありません。

 

次に第二ステップです。 切り返したら、逆足のインサイドでタッチし、カウンター気味に相手の股を抜きます。 ここの部分は先ほども言いましたがスピードです。

形的には股を抜いて蹴りだすだけなので、簡単だとは思いますが、スピードだけで全然精度が違ってきます。 先ほどのエラシコをゆったりするのもこのスピードの差をつけるため。

エラシコで相手がうまい具合に食いついてくれても、ここのスピード感がなければ相手を抜き去ることはできないのでしっかりめに練習してくださいね!

また、動作解説の部分では、コーンを置いてやりましたが慣れてきたらディフェンスを実際に置いて練習するようにしましょう。

ディフェンスを置くことで、エラシコの部分での食いつきや、股抜きの部分のスピード感をしっかり確かめることができます。

コーンを置いた練習では、形については練習できますが、本当に相手を抜き去るようなINAZUMAには仕上がっていません。 実際にディフェンスとの距離感、スピード感を感じて、エラシコってこんなにゆったりしたほうがいいんだ、もっとスピードを上げないと相手を抜き去れないなと感じることができます。

このように段階を踏んで練習していけばきっと精度の高いものになっていくと思いますので、動作ができたからといって満足せず、試合で使える技に仕上げていきましょう。

組み合わせ技で無敵に!

本日はエラシコとダブルタッチ、股抜きの組み合わせ技を紹介しました。

やっぱり技は単体でやるより、組み合わせてやるほうが何倍の力にもなります 基本ができていれば難しいことはあまりありませんので、チャレンジする価値は大いにありますよ。

むしろ早い段階で組み合わせ技を習得しておけば、かなり有利だと思います。

今日本を超えて、世界中でサッカーが話題です。この勢いに乗って自分も練習をがんばっちゃいましょう!

そしていつかオリンピックに出場できるような選手が出てくるといいですね! ロンヨンはこれからも、日本中のサッカープレイヤーを応援します。

第18回会議

こんにちは!
最近やっと活動理念<幸せと笑顔で溢れる世界を作るために、 サッカーを通してすべての人々にキラキラ笑って暮らすキッカケを提供します。>を覚えた11代目のきほです!

今回は~キラキラ笑って暮らす~とは、ということで私がいた班では
①キラキラってどういう状態?
②WorldFutとしてどの層にキラキラ笑っていてほしいのか?
という2つのテーマを決めて自分の価値観を見つめ直しました!

まず、キラキラとはどういう状態か。私は「意志に素直な人」や「夢中になれる人」など沢山意見が出た中で、「自信がある人」にビビッと来ました。私には自信がないので、羨ましいです。

そして、どの層にキラキラしていてほしいのか。私はWorldFutとして、やはり1番はサポート地、それだけではなくサポート地に関わる全ての人にキラキラ笑っていてほしいと思いました。感情は伝染します。特に幸福感はより他人に影響します。なので私は、サポート地の子供たちに直接関わるWorldFutメンバーにも、キラキラ笑っていてほしいと思いました。


【採択プロジェクト】津島愛を取り戻すために~若者だからできること~

こんにちは!いちゑです!私たちは、愛知県の津島市を活性化させるため活動しています。津島市には、四季折々の祭りがあります。どれも伝統のある祭りで、祭り当日は、多くの人が津島市を訪れます。しかし、それ以外の日で津島市がにぎわうことがありません。私たちは、この現状を打開するために、いちゑ独自のイベントを企画していきます!そして、津島を毎日にぎわう“街”にしていきたいです!

私たちいちゑは結成一年目なので、津島について知らないことがたくさんあります。そ・こ・で!まずは、私たち自身が津島を知るところから始めたいと思います!!具体的には、津島の名所を集めたオリジナルのカルタを作ります。もちろんいちゑだけで作るわけではありません。地元の高校である津島北高校と協力して作ります。津島の人と交流しながら作りあげることですばらしいカルタができあがることは間違いなしです!!

いちゑは、結成してわずかですが、様々な人と協働して一つのものを作り上げることができます。ここで紹介したのは活動予定の一部ですが、私たちはこの先もいろいろなことを経験していきます。そして、それが津島市の活性化につながったらと考えています!

これからもよろしくお願いします!!!

ドリブルで交わす技、コツと練習方法

こんにちは!
練習の調子はいかがですか?
どんどん気温も暑くなってきていますので、体調管理には気を付けてくださいね。
今日はドリブルで交わすフェイントについてやり方のコツから練習方法まで紹介していきます。
色々なフェイントを詳しく見ていきますので、ドリブルからのフェイントを極めたい人はぜひ最後まで見ていってください。

ドリブルからの簡単にできるフェイント

それでは具体的にみていきましょう。
相手のチームが守りが固い場合、チームの中でドリブルで切れ込む力がある選手がいるかどうかは重要なポイントになってきます。
自分がそんな存在になって硬い守備を切り崩せるようになりましょう。
簡単にはじめやすいドリブル技がいくつかありますので、紹介していきます。

 ステップオーバー

ステップオーバーは数あるドリブル技の中でもシンプルかつポピュラーなものです。
細かいボールタッチが必要ないので、初心者でも簡単におこなうことができます!

ドリブルの画像

 

その方向に本気で突破するぞと見せかけてしっかり重心を傾けることがポイントです。
できるだけスピードにのって大きなモーションで行うことを心がけ、相手ディフェンスの重心が傾いた瞬間にアウトサイドを使って一気に突破します。

クライフターン

オランダのクライフ選手が得意としていたことからこの名前がついたフェイント。
スピードにのってドリブルし、相手ディフェンスを十分に引き付けてターンします。
スピードと引き付けることをしっかり意識することで、急ターンしたときに相手ディフェンスを置き去りにすることができます。
また相手とボールの間に自分の体があるため、ボールを奪われにくいというメリットもあります。
状況に合わせて使い分けてみてください。

ルーレット

ルーレットは元フランス代表のジダンが愛用していたフェイントです。
対峙する相手からボールを守るように回転させながら突破するのが特徴です。
ルーレットの画像

ルーレットのポイントはボールをまっすぐ引くという最初のコントロールを確実に行うことです。
ボールとの距離感を意識し、相手がボールに寄せてきた瞬間にボールを引いて回転しながら交わすようにしましょう。
ルーレットもボールをブロックしながら突破するので、ボールが奪われにくいという特徴があります。

ドリブルテクニックを向上させるための秘策

みなさんが一番知りたいところだと思います。
一体どうやったらドリブルテクニックが向上するの、というところです。
ドリブル技やフェイントのスキルを高めるためには、ボールに触れる時間を多くすることが何よりも大事です。
ボールを触り続けていれば自分がボールを扱う癖を知ることができます。
その癖が最終的に自分のドリブルのパターンとなり、そのパターンをもとにバリエーションを増やしていくのが一番上達が早いと思います。

まずは模倣から

最初のうちは他の人のプレーを真似ることが上達への一番の近道です。
動画で世界のトッププレイヤーのドリブルをみて、イメージを膨らませながら練習するといいでしょう。
案外、実際にボールを触っていないときもイメージトレーニングしておくことが役に立ったりします。
イメージトレーニングを行うことにより、理移送的なドリブルのイメージが脳の潜在意識の中に刷り込まれていきます。
その刷り込まれたイメージに体が反応して試合でプレーできたりします。

体幹を鍛えるべし

ドリブルというと、ロナウド選手やメッシ選手などを思い浮かべて、巧みなフェイントを習得することが大事だと思っている人が多いかもしれません。
しかしドリブルを上達させたいと思ったときにまず一番にやるべきことは、体幹を鍛えることだと思っています。
どのようなドリブルも体幹の安定性なしではぜったいにうまくいきません。
体幹がしっかりしていないと、仮にドリブル技でディフェンスをかわしても、体の重心が後ろに残ってしまい次の動作にスムーズ転じることができず、別のディフェンスにつぶされるということが多々あります。
ドリブルを得意とする選手は体幹を鍛えて、どんな方向にもターンできるようにバランスをとれた状態を保っているので、フェイントをかけた後もボールを置き去りにすることがありません。
フェイントができても体幹がしっかりしていないと意味がないということですね。
もし体幹が弱いと思う人がいれば、体幹を鍛えてみてはいかがでしょうか。

 ドリブルフェイントを使いこなそう

以上基本的なドリブルと上達のコツを紹介しました。
基本的なドリブル技は練習して積極的にできるようにしていきましょう。
そして上達のためのコツも色々書きましたので、なかなかうまくならないなと思ったら実践してみてくださいね。
特にフェイントのやり方について試行錯誤する人は多いと思いますが、体幹なんかは気にしている人が少ないかもしれません。
フェイントはせっかくできているのに、体幹がなっていないと台無しです。
色々な面から自分のフェイントを見直して、上達までがんばっていきましょう。

【採択プロジェクト】ゴミゼロでより美しい佐久島へ~「サクマイモ」の可能性を追い求めて~

こんにちは!Step In佐久島です!

突然ですが皆さんは佐久島を知っていますか?佐久島は「アートの島」とも呼ばれ、三河湾のほぼ真ん中に位置する自然豊かで歴史のあるとても素敵な離島です。人口は252人でその内142人が高齢者です。

そこで、愛知県さんから愛知県の離島活性化を大学生もやってみませんか?とお誘いを受け、去年私たちの団体は発足しました。元々依頼がより佐久島への観光者を増やし、最終的には島の人口を増やしたいとのことでした。

しかし、私たちが島民の方のお話を聞く中で、島民の特に高齢者の方々は、自分たちの生活圏内に観光客が入ってくるためもう観光客を増やさないでほしいという言葉を耳にしたことがありました。そこで私たちは当初の目的であった島の人口を増やすことから、島民の方々と観光客がより良い関係を築けるようになることを目的としました。

そこで、今回のプロジェクトは佐久島の特産品を作り、今まで以上に佐久島の魅力を伝えて観光客を増やすこと、島民の方々と観光客との関係をより良いものにする事を目標としています。具体的には特産品を購入して頂く方に、特産品の食材を作っている方の紹介をしたり、実際に生産者の方とあって直接お話ししたりしてもらうことを目的としています。

(文責)青砥 祐太

 

【採択プロジェクト】こども応援団

~学生団体 アミーゴ~

私たちは外国にルーツを持つ子どもたちを対象に活動を行っています。多動活動や就学前指導などに取り組んでいます。

多読活動では、子どもたちが本を読み、感想を書き、みんなの前で発表するということを行っています。このことが、一冊の本を読み切ることができたという達成感や、自分の思いを日本語で表現できたという子どもたちの自信につながると考えています。日本語で自分の気持ちを表すことが苦手だった子が、少しずつできるようになったという成長も見られました。また、本を通じて大学生や他の子どもたちと交流することで、自分らしさとは何かを見出し、日本での生活が楽しいと思えるようになってくれることを望んでいます。

就学前活動では、就学前の子どもとその保護者に向けて小学校の紹介をしています。日本の学校に対する不安や疑問を少しでも取り除くことができるような場をつくります。

私たちは今まで行ってきた活動の中で、不安や孤独、自分の本音など誰にも言えていない思いを抱える子どもたちの実際の声を聞いてきました。彼(彼女)らにとって私たちとの交流が、楽しみや刺激であったことを身をもって感じることができました。大学生という存在が子どもたちの気持ちに何か変化をもたらすことができるのだと実感しました。これからも多くの子どもたちと交流していきます。

(文責)梶 愛莉

【採択プロジェクト】ワン for all all for ワン~みんなで学ぼう介助犬~

こんにちは!チームわんわんです!私たちは介助犬の認知度を広めるために様々な活動をしています。介助犬とは、手足の不自由な人のお手伝いをするわんちゃんのことです。日本で介助犬を必要としている人が15000人いるにも関わらず、実際に活躍している数は69頭です。だから、たくさんの人に介助犬のことを知ってもらいたいのです!! 

チームわんわんは、日本介助犬協会さんと一緒に活動したり、チームわんわん単独で活動したりとイベントによって様々です。

チームわんわんの魅力は、何といっても介助犬と接する機会があるところではないでしょうか!一生懸命お仕事をする介助犬の姿は何度見ても心が温かくなります。一生懸命といっても、彼らは楽しんでお仕事をしているんです!本当に素敵ですよね!私たちはそんな介助犬が大好きです。

 魅力は、どのボランティア活動の中でもいえることですが人々との交流です!自分と立場や状況、考え方の異なる人たちと交流することで学ぶことはたくさんあると思います。そこが難しいところではあるけれど、得られるものはたくさんあります。なんだか熱くなりますね!

個性豊かな仲間たちとこれからも頑張っていきます!

文責水谷 麻美

第17回会議

こんにちは!
ブログ初担当します!11代目かれんです!

今回 第17回会議ではなんといっても、、

DCC3rd に向けた クラウドファンディングが達成しました!!!


メンバーの声掛けはもちろんのことOBOGの方々や私たちWorldFutの活動理念に共感をして頂き暖かいご声援やご支援のおかげで達成することが出来ました。本当にありがとうございました!


そして今回の会議では先週の会議で行った共感度チャートを経て出た課題についての話し合いや5要素まとめなどを行いました。


それ以外にもカンボジアPV開催場所などの話もあり今週も着実とスタツア本番に近づいています!

そしてメンバーのいずみさんが今回の会議でフランス留学前最後ということでしょうごさんからのお花の贈呈がありました。メンバーみんな笑顔で送り出すことが出来ました!


支援者の方々の期待と希望を胸に残り1ヶ月本番の成功を目指してメンバー突っ走っていきます!!

サッカーに欠かせないフェイント、上達のコツ

みなさんこんにちは。
今年はワールドカップで盛り上がりましたね。
世界中の一流プレイヤーのプレーを見るのはやっぱり刺激になります。
上手な選手のプレーをどんどん見て、真似て、自分のプレーにも磨きをかけていきましょう。
本日はサッカーをする上で欠かせないフェイントの上達のコツについて書いていきます。
フェイントはサッカーとは切り離せないもので、種類もたくさんあります。
そんなフェイントが上達すれば、試合でも輝けますし、一歩レベルアップするでしょう。
詳しくコツを書いていきますので、フェイントに自信がない人はぜひ最後まで見ていってください。

まずは基本が大事

フェイントってどんなものを思い浮かべますか?
左右に揺さぶったり、シュートに見せかけたり、色々な種類があります。
でもやっぱり憧れるのは、プロの選手がやるような華麗なものではないでしょうか。
確かに憧れる気持ちはわかります。しかしまずは基本のシンプルなフェイントをしっかりマスターするようにしましょう。
実はプロの選手が華麗に使いこなすかっこいいフェイントも、シンプルなものの連続だったり、スピードがとんでもなく上がったものを上手に使いこなしているだけだったりします。
つまり基本ができていれば、プロがやっていることと変わらないことができるんです。

具体的な練習方法

基本が大事ということですが、具体的にどうすればいいのでしょうか。
例えばまたぎ系のフェイントに限って言えば、まずは1回スムーズにできるようになることが大事です。

フェイントの画像

1回できるまでに時間をかけ、スムーズにできるようになることを目標としてください。
それができるようになれば、ドリブルしながら左右で1回ずつ、続いてディフェンスに立ってもらってドリブルしながら右に抜けるマタギを一回、続いてディフェンス付きで2回跨いで抜いてみる、というように段階を踏んでやっていきましょう。
ただただ回数をこなすだけでなく、基本からしっかり、そしてどんどんレベルアップしていくような練習がいいと思います。

フェイントを仕掛けるタイミングを意識

しっかりと基本ができれば、フェイントを試合で使うということを意識していきましょう。
試合ではどれだけフェイントを使いこなせるかということも大事ですが、「いつ実行するか」というのも重要なポイントになってきます。
ディフェンスがどこから、どんなスピードで接近してくるかによって、フェイントも繰り出すタイミングを見定めなければなりません。

フェイントを仕掛けるタイミングとは?

それではフェイントを仕掛けるべきタイミングとはいつなのでしょうか。
例えばディフェンスが近づいていない状況でフェイントをしても効果は薄く、逆に近づきすぎてフェイントしてもボールを取られるリスクはあがってしまいます。距離感の画像

 

ちょうどいいタイミングをつかみ、相手が足を出してきそうなタイミングで実行することではじめて相手をだますフェイントになるはずです。
フェイントは試合で成功しなければ意味がありません。
ただ動きの練習をするだけではなく、ディフェンスとの距離感を意識した練習を積極的に取り入れていきましょう。

複数のフェイントを組み合わせる

シザース、ダブルシザース、ステップオーバー、マシューズなどフェイントの数は数えてもきりがありません。
だからこそ全部を覚え100%完成形に持ち込んで実行するということは不可能なんですね。
もちろんプロの選手でもそんな力はもっていません。
はじめのうちはいろいろなフェイントにチャレンジしたくなると思います。
確かにより多くの種類のフェイントを持つことは大事ですが、先ほどから書いていることを見てもらえば、クオリティが低いフェイントは意味がないということがわかると思います。
だからこそ確実に自分の武器となるフェイントを数種類もつことが大事です。
さらにそれらを状況に合わせて組み合わせることができれば、よりフェイントに強くなると思います。
組み合わせは自由自在でいろいろな技に変形させることができます。
それが自分がしっかりマスターした技であれば、基本はできていますし、クオリティも問題なし。
数とクオリティの両方を上げるためにフェイントの組み合わせというのは有効的です。
いきなり組み合わせたフェイントをすることは難しいので、組み合わせの練習もしておくといいでしょう。
相手もシンプルなフェイントよりは組み合わさったフェイントのほうが対応しにくいこと間違いなしです。
基本がしっかりできてきたのならば、こういうことにチャレンジすることも上達のコツです。

フェイント上達もすぐ目の前

以上フェイント上達のコツを紹介しました。
いかがでしたか?
きっと基本がしっかりできていないのにいろいろな技にチャレンジしたり、試合で使えないようなフェイントになっていたりする人も多いはずです。
どれも当たり前のことのように思えるかもしれませんが、しっかりできているのとできていないのでは大違い。
この記事のことをすぐにでも実践してみてくださいね♪

【採択プロジェクト】僕らの気持ち~みんなと同じ服がきたいんだもん!!~

私たちユニこまPlus+は、バリアフリーやユニバーサルデザインの理解を深めることや被服に対して困りごとを抱えている人たちが、既製のものに工夫を加えることで「みんな」と同じものや環境で生活を楽しむことを目指すという理念で活動しています。

そして、今回のプロジェクトでは、ユニクロ星が丘テラス店さんにご協力いただき、障がいのある人も「着たい」と思う服を着ることができる環境の実現を目指します。つまり、みんなが着ているものと同じユニクロ製品を加工して、「デザインはみんなと同じだけど、必要な加工が施されている服」を目標としています。

今回のプロジェクトに先立ち、特別支援学校(団体代表者 出身校)や障がい者支援を行うNPO法人にアンケートを実施しました。このアンケートには当事者の方々の被服に対する悩みが数多く書かれていました。このアンケート結果をみて改めて「このプロジェクトにチャレンジしなくては」と感じました。

このチャレンジは厳しい局面もたくさんあるかもしれませんが、誰しもが「着たい」と思う服を着ることができる環境の実現に向けて精一杯活動します。私たちユニこまPlus+の応援をよろしくお願いします!

(文責)唐田 宏樹

新 STAFF紹介

 

ブログ画像

はじめまして
この度、ロンヨンジャパンに入社しました簑輪と申します。

前職ではサッカー・フットサルウェア関連で働いておりました。
また前職と同様にサッカー・フットサルに関われる事に喜びを感じております。

サッカーはもちろん好きで、学生時はサッカー、社会人からはフットサルをやっておりますが、
どちらかというとプレーするよりも観戦の方が好きです。
好きなチームはJリーグ開幕時から浦和レッズです。

多くの皆様にロンヨンジャパンのウェアの良さを伝え、
より良いウェアをご提供できるように
日々精進致しますので、皆様何卒よろしくお願い致します。

【採択プロジェクト】歴史を通してつなげる

こんにちは!長久手ストーリー伝承プロジェクトです。

今の長久手市は若い人たちが増えつつあり子どもの人数も増加しています。数年後、今の子ども達の中には他県に行ってしまう人たちが多いかと思われます。そこで私たちは子ども達が大人になった時、またこの町に戻ってこようと思ってもらえるよう、楽しみながら長久手の歴史について知ってもらえるようなイベントを考えています!

内容は長久手市内の歴史について、長久手市郷土史研究会の方に教えてもらいながら、写真を撮ったりして長久手市内を歩きます。ルートは長久手市郷土資料室をはじめに勝入塚、武蔵塚…などを巡ります。最後に撮った写真をまとめて、その日にあった出来事を後日見返した時、思い出として形に残るものになるようにしたいと考えています。

現在、9月23日(日)に主に小学生を対象としたイベントを長久手古戦場付近で開催する予定をしています!興味を持っていただけた方はCCCへ足を運んでいただき「長久手ストーリー伝承プロジェクトに興味がある」と伝えてもらえると嬉しいです。お待ちしてます!

(文責)山中 隆寛・伊藤 麻衣

【採択プロジェクト】みその映え!土曜日も活性化

こんにちは!Teamみそのです!

私たちは伏見にある御園通商店街で毎月11日に「みその楽市」を開催しています。みその楽市は地域の方や、御園座に観劇に来てくださった方、サラリーマンの方などに利用していただいていて徐々に知名度も上がってきました。来ていただいた方々に「元気になった!」と言っていただいています。

しかし、みその楽市は平日開催のため、長期休みでなければ学生も参加しづらいという現状があります。そこで私たちはチャレンジファンドを利用して「プチ楽市」を学生が参加しやすい8月18日土曜日に開催することにしました。

何をするかというと、①歌舞伎隈取のお面づくり ②土岐の陶器を使った写真たて ③インスタ写真撮影 ④御園通商店街マップ作成 をします。学生に知ってもらうことで日本の伝統文化継承になるような企画を考えました。学生に興味を持ってもらいたい、学生に商店街の良さを知ってもらいたい、学生が頑張ることで古くからある店舗と新しい店舗の架け橋になりたい、そんな思いで活動しています。

皆さんもぜひ8月18日の「プチ楽市」参加してみてはいかがでしょうか?そしてTeamみそのに興味を持ってもらえると嬉しいです!

(文責)杉浦 郁美

【採択プロジェクト】音楽というコミュニケーションで1つになろう

こんにちは!Fsus4です🎶

私達は「音楽というコミュニケーションで1つになろう」ということで、普段はデイサービスセンターや障害者施設で演奏をしています💃

両施設ともに童謡を中心に、またそれぞれのニーズに合わせて、デイサービスセンターではリンゴの唄や青い山脈などの昭和歌謡曲やジャズを演奏し、障害者施設では80年代アイドルソングを演奏することもあります👏

これまでは利用者さんがリクエストしてくれる曲を積極的に取り入れるなど、「楽しさの提供」に力を入れてきました。

今年度はどうしたら楽しんでもらえるかだけでなく、どうしたら一緒に楽しむことができるかにより焦点を当て、“共に音楽をつくる”活動を行っていきたいです。

踊るとか💃

楽器を鳴らしてもらうとか💡

楽しんでくれている顔を見られるのがなによりの楽しみです😀これから1年間利用者さんたちも私達も「心を1つに」楽しめる活動になるよう、試行錯誤を重ねていこうと思います。

がんばります☀

(文責)山田華江

第16回会議

 

 

こんにちは!

ブログ初担当の1年の彩音です!

 

 

本日の会議には他団体のNEIGHBORさんが来てくださいました!素敵な活動をされている団体でとても興味深いものがありました。

 

夏には国際スポーツフェスティバルということで体育祭を開催するそうです。

興味のある方は是非チェックしてみて下さい!

 

 

 

 

その後は、

まず始めにカンボジアで行うPV(パブリックビューイング)とDCC(ドリームチャレンジカップ)の進行状況の共有を行いました。

 

カンボジアのスタディーツアーまで残り1ヶ月半を切り、各チームの仕事もなかなか忙しくなってきました。

スタディーツアーが成功するように

引き続きメンバー全員で最高のものを作っていきたいと思います!

 

 

 

 

次に団体が掲げるビジョンと5つの要素についてメンバー間の共感度を計りました。

 

ビジョンと5つの要素に対して

メンバーそれぞれの共感度を数値化し話し合いを進めることで、理解度を深める事と不足している課題点を明確化する事ができました。

それぞれのメンバーと話しを共有することができたのでとても充実した時間となりました。

 

 

各大学の方も前期の授業が終わろうとしており

期末試験などで忙しいメンバーも多いですが、カンボジアの子供たちのために

残りの活動の方にも熱を注いで頑張りたいと思います!

 

 

 

 

 

ペットボトルロケット準備(子どもとすごそうプロジェクト)

こんにちは。CCC学生スタッフの長﨑里菜です。

最近とても暑い日が続いていますね。私も、水分補給をこまめにするよう気を付けています。

さて、今日は、先日のCCCのほっこりした様子をお伝えしたいと思います。

子どもとすごそうプロジェクトさんが、8月19日(日)に開催される、「ペットボトルロケットを飛ばそう!」の事前準備をしていました。

メンバーで集まり、実際に和気あいあいとペットボトルロケットを制作する姿から、見ていてとても楽しそうだなぁと感じました。

何より、メンバーが楽しそうに作り、当日を心待ちにしていることが素敵だなと思います☆

どんな方向に飛ぶのか、どんなロケットができるのか、ワクワクいっぱいの学生さんたちと楽しい時間になりそうですね♪

当日の天気が晴れるといいなと思う今日この頃です。

(文責)長﨑里菜

【採択プロジェクト】AGRI START

~学生団体 魅農里(みのり)~

ここが海外であったならば、身体に害がないのか、毒が入っていないかなど、口に運ぶとき多少なりとも考えると思います。しかし、日本で食べる食品に対し日本人は何も考えません。さらに、食べ物を廃棄することに対してもあまり罪悪感を持たないように思います。

そこで、畑に実際に行くことで食への関心を高めていくプロジェクトを考えました。1年を通し、植物の成長を見守り、愛着を持った野菜や食べ物を調理し、販売まで見守るというものです。

具体的には、農業法人をはじめ、様々な形で農業をされている方の所へ行き、農業への想いを聞いたり、農業体験ををさせていただきます。他には、自分達で調理をして、好きな味を見つけたり、自分達が手伝ったものが実際に売られている現場を見て、身近に食を感じてもらいたいです。その後、この学びを生かして自然食品の提案や、親子を対象にした講座を行います。

自分達だけではなく、食の大切さをより多くの人に感じてもらうことを目標にしています!

(文責)堀部 沙也加

 

【採択プロジェクト】食を通した多世代交流

こんにちは!共同料理なごやかです。とても笑顔が多い団体です。私たちは長久手市に住んでいる高齢者の方と一緒にお菓子などを作り、交流会を行っている団体です。現在、4年生7人、2年生5人、1年生18人で活動しています。福祉貢献学部、心理学部、文学部や健康医療科学部、人間情報学部など様々な学部の人がいます。それぞれの学部の良さを活かして、料理を計画しています!

今年からはCCCに所属している他の学生団体とのコラボレーションを行い、交流会で行う催しを料理だけでなく、音楽など今までになかったツールを取り入れ、さらにパワーアップしたものにしていきます。また、前年度から引き続き、なごやかの根幹でもある孤食へのアプローチとして、丁子田地域のシニアクラブ活動に関われない1人暮らし高齢者への働きかけを行う予定です。

次に、主な活動について説明します。夏休み(9月)に料理交流会を行います。また、10月28日に行われる長久手福祉祭りに出店します。昨年の交流会ではぜんざいや蒸しパン、すいとんを作りました。このように、私たちは高齢者の方と楽しく活動しています。

人と関わることが好きな方、高齢者の方とお話しすることが好きな方、料理することが好きな方、どなたでも大歓迎です!毎週金曜日のお昼休みにCCCでお昼ご飯を食べながらまったりミーティングをしています。ぜひお気軽に見学しに来てください!

(文責)小森 千華

【採択プロジェクト】世代を超えたつながりを深めようプロジェクト

【採択プロジェクト】吹奏楽で伝える東北の今

こんにちは!愛知淑徳大学ウィンドオーケストラは、長久手キャンパスにある唯一の吹奏楽団体です!四季4回の演奏会はもちろんのこと、学内での演奏、依頼公演にも取り組んでいます。

今年度で第4回目となる東北演奏活動では、昨年度に引き続き東日本大震災によって被害を受けた石巻市・気仙沼市・陸前高田市を実際に訪問します。震災の影響を受けた施設を見学し、東北のまちについての知識を深めた後、現地の中学校、高校の吹奏楽部のみなさんと合同の演奏会を開催します。吹奏楽部のみなさんとの交流を通して今後の吹奏楽による復興支援の在り方を考える機会をつくり、私たちが出来る復興支援のより良い形を見つけていきます。

今年度は、昨年度新たに始めた取り組みをより拡大していくこと、現地での吹奏楽活動をより充実させていくことを中心に、昨年度の活動+αの取り組みを行うことを目標としています。演奏会で交流した学生や東北滞在中関わった現地の方々との印象に残った会話…実際に足を運び、肌で触れあったからこそ感じることのできた、東北で暮らす方たちが今『何を思い、何を伝えたいのか』を愛知淑徳大学の学生を始め、より多くの人に知ってもらえるような活動に取り組みます!

(文責)松下 詩帆