本日は日本vsコロンビア戦です!

フットサル  オリジナルユニフォーム作成なら ロンヨンジャパン

お世話になっております。

ロンヨンジャパンの斎藤です。

 

まずはじめに、この度の大阪北部地震により被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心より お祈り申し上げます。

 

 

さて本日21時から、W杯 日本VSコロンビア戦です!

 

コロンビアは2012年から指揮を執るホセ・ぺケルマン監督のもと、

バイエルン・ミュンヘンのハメス・ロドリゲスや

ユベントスのフアン・クアドラード、

アーセナルのダビド・オスピナ、

そしてモナコのラダメル・ファルカオがいます・・!!!

 

やばい、名前だけでやばい!!!

 

FIFAランクでいうと、日本61位に対し、コロンビアが16位です。

 

また前大会でもコロンビアと日本は対戦しており、1-4で敗れております・・!

その際の監督もペケルマン監督。

PKを許し失点後に岡崎慎司のゴールで同点、後半で立て続けに失点するという、

なんとも言えない試合だったのを覚えています。。

そして当時レアルマドリードにいたハメス・ロドリゲスがかっこよかったです←

 

そして前回の対戦では欠場していたラダメル・ファルカオが今回は健在・・!

ファルカオは髪が長いイメージでしたが、最近見たら髪が短くなってましたwあれ?ww

ちなみにファルカオはコロンビア代表の歴代通算最多得点記録を保持するストライカーらしいです。

 

欲を言えば勝ってほしいですが、なんとか同点で抑えてほしいですね・・!

 

みんなで日本代表を応援しましょう!!!

【遂にFリーグ開幕しました!!】

フットサル オリジナル ユニフォームはロンヨンジャパン!

 

いつもお世話になっております、ロンヨンジャパンの上田です!

 

近頃は梅雨で雨ばかりですが、それを吹き飛ばすシーズンがやってまいりました!

 

タイトルでも記載させて頂きましたが、
遂にFリーグの新シーズン開幕しました(^^)

 

という訳で、早速我らが湘南ベルマーレ様の初戦が行われる、駒沢セントラルに行ってまいりました!!

中に入ると双方のチームのサポーターの方々が既に集まり、決起集会の様相…

既に勝負は始まっていますね!

 

そして遂に選手の入場が始まります、

その間は証明が暗転して選手にスポットライトが当てられます、

何となくBリーグの様なエンターテイメント性を意識しているのでしょうか!?

 

所詮独特の緊張感が漂う中、遂に試合スタート!

序盤はベルマーレのペース、

相手のコートでボールを回し、相手を押し込む展開!

しかし、それは相手の戦術の範囲内なのか、段々とペースに慣れてきたのか?

時折ワンツーでベルマーレの選手が明けた裏やサイドをついてきます…汗

 

ただ、ベルマーレの早いプレスやFPばりのフィウーザ選手のカバーにより、

上手く相手に繋げさせません!

 

DSC_1411

 

段々と拮抗してきた中、近郊を破るゴールが生まれます!

ゴールを決めたのは、エースであり10番のロドリゴ選手!!

そろそろ点が欲しい…そう思っていた時間帯なだけに、尚更嬉しいゴール(^^)

 

相手をドリブルでかわし、ゴールへと迫り…

 

DSC_1412

 

更に切り込んで、倒れながらシュート!!

非常に美しいプレーでした(^^)

 

DSC_1413

 

サポーター、選手と皆で喜びを分かち合います!

 

DSC_1414

 

その後も互いに戦い方は変えず、両者のスタイルがぶつかり合う展開のまま前半は1-0で

湘南ベルマーレのリードで折り返しました!!

 

但し、相手もスキを狙っており、まだまだ勝敗の行方は分かりません、

気になる後半戦はまた次回書かせて頂きます(^^)

 

今日はこの辺で失礼致します!

一人でできる、サッカー上達練習方法

こんにちは!いかがおすごしですか? 練習の方ははかどっているでしょうか? 毎日の練習でモチベーション維持していくことは難しいですが、たまにロンヨンの記事を読んだりして、やる気をアップさせてくださいね。 みなさまの練習の手助けになるような情報をどんどん発信していきます。 今日は一人でできる練習方法について書いていこうと思います。 サッカーはチームスポーツ。 ディフェンスがいて、チームメイトがいて成り立つものですが、もちろん一人の時間も無駄にはできません。 一人だから何もできないというわけではないんです。 逆にいうとこの一人の時間、自主練習のおかげで、どんどん成長していく選手も多いと思います。 ということで、一人の練習で役立つ情報を書いていきますので、特に初心者の方はよく参考にしてください!

ボールタッチの練習

一人でできる練習といっても色々あります。 ボールタッチの練習はやっぱり基本で、短時間でもやっておきたいところ。 特に小学生など初心者は、ボールタッチの基本で大きく差が付きます。 基本ができているだけで、試合でも活躍できたり。 また一流の選手もアップがてら、ボールタッチの練習をする意味は大いにあります。 初心者はボールに触れる時間を長くすることで、ボールを転がす感覚をつかんでいくことを重視しましょう。 サッカーでは、足の裏で舐めるように触ったり、足の甲やインサイドなどいろんな場所を使ってボールを転がすようにしていくことで、足がボールを触る感覚を覚えて、うまくなっていくのです。 このようにボールタッチの練習は、初心者一人でもできますし、少しの時間でもできるので、練習方法としておすすめできます。

まずは基本のボールタッチから。
左右交互の足裏でリズムよくタッチしましょう。

ボールタッチ①

リズムを意識しながら、右左とやっていきましょう。

左右のインサイドで交互にタッチするのもいいですね。

ボールタッチ②

簡単そうにみえますが、リズム感をつかむまでは難しいですよ~
繰り返しやることで、効果も大きくなります。
ぜひ日々の練習に取り入れてみてください。

 リフティングの練習

リフティングも一人でできる練習の代表例ですよね。
サッカーでボールをうまく蹴るためには、ミートが大事になりますが、そのためにおすすめな練習方法がリフティングになります。
リフティングは一人で遊ぶもののようにとらえられることもありますが、実際には様々な技術がなければうまく回数をこなすことができません。
初心者は、きちんとボールをミートすることができないので、まっすぐにボールが上がらないことでしょう。
サッカーでは、パスやドリブル、シュートも正しくボールを足に当てることから始まりますので、リフティングをうまくこなすことで、正しいボールタッチを身に着けていく必要があります。

リフティングをいきなりやるのは難しいので、順を追ってやっていきましょう。
例えば初めてなら、利き足で2回上げてキャッチというのを繰り返します。
ポイントとしては、一度蹴り上げた足はその都度地面につけるということです。
これができるようになれば、逆足でもできるように練習していきます。
これでリフティングの基本がだいぶ整うと思います。

リフティング③

基本ができれば、1バウンドさせて5回キック&キャッチというのをやってみましょう。
ここではボールをしっかり真上に上げることを意識してください。
このようにリフティングは、一人でできる練習の中でも大きな意味があります。
どんどん練習してミートが上達すれば、活躍できる範囲も増えるはずです。

ドリブル練習

最後はドリブル練習です。
サッカーでは多くの技術が必要になってきますが、ドリブルもその一つです。
ドリブルであれば、1人でも練習して上手くなることができます。
ドリブル練習をする時は、細かいタッチで行うことが大事になってきます。
細かなタッチのドリブル練習を繰り返すことで、上手く方向転換をしたり、相手をかわしたりすることができるようになるんです。
ドリブルが上達すれば、周りを見る力も付きますし、パスやシュートにも生かすことができます。
基本中の基本であり、サッカーの中で最も大事な要素の一つ。
初心者から上級者まで絶対に取り入れたい練習ですね。

おすすめの練習方法は、コーンなどの目印を置いて、それを交わしながら進んでいく練習です。

ドリブル④

インサイドとアウトサイドを使うパターン。姿勢を気にする、細かいタッチを意識する、など徐々にレベルを上げてやっていきます。いきなり難しいいことはせず、順番にやっていくことが大事です!

一人の練習時間を有意義に!

以上一人でできる初心者向けの練習方法を紹介しました。
特に初心者だと、一人でやる練習も大事になってきます。
今回紹介したように、ボールタッチからドリブル、リフティングなどいろいろなことができることがわかりましたね。
同じボールタッチでも、やり方次第でいろいろなパターンを作ることができます。
また初心者だけでなく上級者もやる意味があるものばかりです。
一人の時間が有意義になれば、全体の練習もきっとうまくいくはず。
これをいい機会に、一人の練習時間を見直してみてください!

@adidasfun

一口に縫い合せユニフォームといってもパターンがあるので、どちらのパターンかは実際のサイトで確認する必要がある。 #フットサル #サッカー #ユニフォーム #グラデーション #カスタマイズ #高品質 #着心地 #保障 #ロンヨン

@adidasfun

一口に縫い合せユニフォームといってもパターンがあるので、どちらのパターンかは実際のサイトで確認する必要がある。 #フットサル #サッカー #ユニフォーム #グラデーション #カスタマイズ #高品質 #着心地 #保障 #ロンヨン

@adidasfun

フットサル(Futsal)は、基本的には室内で行われる、サッカーに似て非なる競技である。長らく非公式に行われ統一ルールが存在しなかったが、1989年にフットサルも国際サッカー連盟(FIFA)の所管となり、1994年には世界共通の統… twitter.com/i/web/status/1…
Posted in 未分類

W杯開幕!

フットサルユニフォームのロンヨンジャパン

いつもお世話になっております!

ロンヨンジャパンの内田です!!
いよいよワールドカップが始まりますね!
ファーーー!!!!(落ち着いて)

ロンヨンジャパンも何かこの祭りに乗っかりたい、もとい、W杯の雰囲気に参加したい。

という事で、何が出来るんだぃ?社内で観戦するかぃ?ピザとか取るかい?コーラ飲むかい?

あ、深夜だね無理だね!!

まてまて、うちは何屋なんだぃ??

そうだ!!ユニフォーム屋だ!!!

 

というわけで作っちゃいました。(以前ちょっとだけご紹介したアレです)

ロンヨンジャパンオリジナルW杯記念ユニフォーム!

まずはこちらメンズデザイン!!

0531_longyong008

でんっ!

ぜいたくにもボディはハイエンドモデルのプロ仕様!プロが着てバリバリプレーしているユニと同じものです!

遠目に見ればシンプル、よく見ると六角ドットの流線柄!はたまたゼブラなのか虎なのか?!

「何柄かわからないって?俺の近くに来て一緒に観戦しないか?」とかね!(何を言っているんだ)

 

そしてお次はレディース向けデザイン!!

0531_longyong003

どんっ!

ご存じの方は超絶レア、わたくしがほぼ趣味の勢いで大好きなお花を大胆にあしらったデザインです^^

同系列のデザインにて以前何点かアイテムを作成した事あったのですが、こういった場で発表するのは初めてです^^

社内の女性陣に大人気の商品!女子のカワイイを多数頂きました!

「アタシが行くと場が華やぐよ~」なんつって(だから何を言t)

 

どちらもフルオーダーで作成したユニフォームです!

ロンヨンジャパンのユニフォームは想像をカタチに出来るのです!!ででん!!えっへん!!

 

残念ながら、こちらは販売用のアイテムでは無いのですが。

このようなデザインも作れるよ~!というご紹介でした!

 

2022にはオリジナルのユニフォームで遠征!なんて事も!!

それでは皆様W杯を楽しみましょうね~!

 

 

え?
何で28番なんだって?

 

私の誕生日です!

背中見ますか?

 

0531_longyong004

ネーム入り!!笑

 

せっかく作ったので特別ページを作りたいのですが
W杯終わるまでに出来上がりましたらまたお知らせします!!(オイ

 

【オマケ】

実は上下セットで作りました

 

4pata

 

 

それでわ
それでわ!

 

 

足が遅くても使える!ドラッグバックプルを解説

こんにちは!
本格的に暑くなってきましたね。
夏を目前に早くもクーラーをガンガンにきかせています。(笑)
サッカーをするときも暑さは大敵です。
体調には気を付けつつしっかりがんばっていきましょう。
今日はドラッグバックプルというフェイントを解説します。
サッカーをやる上でスピードは武器になります。
やっぱり足が速い選手はそれだけで有利ですよね。
しかし、足が遅いからと言って諦めてはいけません。
スピードがないなら、それなりのテクニックを身に着けて、ほかの人と勝負すればいいのです。
今日はスピードに自信がない人にぜひマスターしてほしいい、ドラッグバックプルという技を紹介しますよ~!

ドラッグバックプルって?

ドラッグバックプルってなんだかかっこいい名前ですけど、いったいどんな技なんでしょうか。
正直言って技というよりは、ちょっとした足の使い方のような感じです。
やり方はいたってシンプル。
相手を誘って、足を出させてそのすきに抜くというものです。
技というと難しく聞こえますが、ボールの動かし方のようなものですので、だれでも挑戦しやすいと思います。
それでは詳しい解説です。

ドラッグバッグプルのやり方

ドラッグバックプルをやるときの状況は、止まった状態でボールを受け、相手のプレッシャーを正面から受けているようなときを考えます。
相手が正面からどっしりと構えているとき、相手をいかに動かすかが勝負ですよね。
このドラッグバックプルはそういうときに有効です。
まず相手から遠い脚でボールをキープします。
このときにディフェンスの意識がボールにいくようにするといいです。
相手から遠い脚でボールをキープしながら、一度足の裏を使ってボールを軸足の後ろにもっていきます。

ロンヨン①

 

そしてインサイドで、斜め前(相手の方)にボールを出します。
ここで相手に足を出させるように、ゆっくりボールを動かすのがポイントです。
ロンヨン②
そして食いついてきたなと思ったら、相手がボールに触れる前に足の裏で引いてかわします。
この突破のときに一気にスピードをつけて、縦に抜ききりましょう。

ドラッグバックプルのポイント

ドラッグバックプルのやり方がわかったところで、ポイントを見ていきます。
ボールを引いて、相手の方へさらす場面です。
ボールをさらすときはゆっくりと行うと言いましたが、ここでディフェンスにボールをとられてしまっては意味がありません。
つつかれないように、ボールのもちだしは、足の届く範囲で、大きくやりすぎないように気を付けましょう。
ゆっくり引いて、つつかれる前にかわす。この感覚を身に着けます。
これは自分の幅がそれぞれあると思いますので、自分ができる最大限の幅をもって行います。
このあたりは練習でよく確認しておきたいポイントです。
また相手との間合いも大事になってきます。
相手との距離が近すぎても、引いたときにつつかれてしまいます。
この距離感も、自分の足の長さや感覚を探って、最適な位置を見つけます。
反転の速いディフェンスや、読みの鋭いディフェンスに対応されないようにするためには、誘った後の引きのスピードが重要です。
ここで遅いと、相手にしっかりつかれてしまいます。
スピードの緩急を大事にしてみてください。
相手より先に前にはいるという意識を持ち、しっかり体も入れていきます。
このときにちょっとでも負けてしまうと相手もついてくるので、ここは重要視してください。
しっかりと体をいれておくと、相手もファール覚悟でつっかかってくるしかありません。
相手にとって嫌なオフェンスができるように意識してみてください。
ポイントをまとめと
・距離感や位置は近すぎず遠すぎず、自分のベストを見つける。
・動きの緩急が大事!抜くときはスピードを出して。
・抜くときは相手に負けないように体を入れる
です。
このあたりは文章で説明するというよりも、自分で練習して極めていくのがいいと思いますので、しっかり練習を積み重ねてください。

テクニック次第でスピード力をカバー

以上、スピードがない人でもできるドラッグバックプルを紹介しました。
この技は動き自体は単純でやりやすいのに、試合でもうまくいけば爆発的な威力を発揮します。
動きが曖昧になってしまっては意味がありませんので、しっかり完璧になるまで極める技にしてほしいです。
実はこの技はロナウジーニョ選手も得意とする技でした。
彼の動画を見てみると、スピードをもって抜くというよりは、なんでこんなゆったりしていて、こんなにフローになるの?と不思議になります。
逆に言うと、それほどテクニック次第で、ディフェンスを突破できるようになるということです。
今スピードに自信がない人もあきらめずに、オフェンス力を高める可能性はいろいろなところにあります。
実際にロナウジーニョ選手の動画なんかを参考にしてみるとよくわかるかもしれません。
サッカー初心者も上級者もできる技ですので、ぜひ今すぐにでも練習をはじめてください!