Posted in 見所・観光・定番スポット

「長岡天満宮・八条ヶ池」キリシマツツジは満開

IMG_8625.jpg

《八条ヶ池に広がる深紅の回廊》

今、長岡天満宮の八条ヶ池では、長岡京市が天然記念物に指定する
「キリシマツツジ」が見頃を迎えています。


IMG_8665.jpg

《中堤は参道》

八条ケ池は、 寛永15年(1638)に当時の領主・八条宮が造るように命じた、
灌漑用の池です。 外周は約1㎞。
池は中央に中堤が通り、左右に分かれています。

中堤は長岡天満宮への参道となっています。
参道は、満開を迎えたツツジの回廊が見事です。


IMG_8660.jpg


中堤の太鼓橋は、加賀・前田 候の寄進と伝わっています。

IMG_8639.jpg

《花言葉は「燃え上がる愛」》

今年のキリシマツツジの見頃は、例年に比べて10日ほど早いそうです。
長岡天満宮の「キリシマツツジ」は、樹高が約2.5㍍あり、樹齢は130年前後。
キリシマツツジは、九州の山ツツジとミヤマキリシマを
交配して生まれたツツジ。花言葉は「燃え上がる愛」。
青空の下、新緑の木々とキリシマツツジの赤色が映えています。

IMG_8614.jpg


池を少し歩いてみました。
中堤から天満宮に向かって右には、水上橋。

IMG_8648.jpg

そして六角舎があります。

IMG_8641.jpg

四月初めの、夜桜ライトアップでは、
六角舎の丸い窓から、幻想的な夜景風景が広がっていました。

IMG_8643.jpg

中央の中堤に戻ります。

IMG_8611.jpg

《青空と新緑の中の錦水亭》

中堤から参道向かって左側の池には、明治14年創業・筍料理の老舗の料亭。
「錦水亭」があります。

IMG_8626.jpg


風情ある「錦水亭」の建物を見ながらの散策もお勧めです。

IMG_8627.jpg


長岡天満宮・八条ヶ池のキリシマツツジ。
今、満開です。


IMG_8656.jpg


≪長岡天満宮≫
◎ 住所 京都府長岡京市天神2丁目15-13
◎ アクセス 阪急京都本線「長岡天神」駅下車徒歩約10分
◎ 散策自由。

Posted in 自然・風景

「比叡山ドライブウェイ」に見る関西ラストの桜風景

《新緑と桜》
関西では、ほぼラストの桜を見に4月15日、比叡山ドライブウェイへと向かいました。
比叡山は滋賀と京都にまたがる、南北に連なる山。(高さは848.m)

IMG_8580.jpg

《夢見ヶ丘に咲く桜》

比叡山ドライブウェイには、一千本を超える桜の木の並木道が続いています。
この日、大津市の田の谷峠のゲートから夢見ヶ丘までの桜は、殆ど散っていました。
もう桜は全て散ったのかと思いながら、夢見ヶ丘の駐車場に着きました。
おおっ。。。咲いています。咲いています。
新緑の中に桜が咲いていました。

IMG_8576.jpg


《比叡山ドライブウェイの歴史》

比叡山ドライブウェイは、眼下に雄大な琵琶湖を眺めながら走る
素晴らしいドライブウェイで、滋賀県大津市の田の谷峠から 延暦寺と比叡山頂を結ぶ有料道路です。
1958年に開通しています。


この先の延暦寺から堅田間では、これから八重桜が咲くそう事です。


IMG_8584.jpg


道路沿いには、赤いシャクナゲ。


IMG_8602.jpg


ツツジも咲いています。

IMG_8597.jpg


新緑の中に咲く桜。
比叡山ドライブウェイに咲く桜でした。

《比叡山ドライブウェイ》
HP http://www.hieizan-way.com/
《奥比叡ドライブウェイ》
HP http://www.hieizan.co.jp/

IMG_8589.jpg

Posted in 見所・観光・定番スポット

3000株の山吹が見頃「松尾大社」

見頃を迎えた山吹の花

西京区の松尾大社では山吹が見頃を迎えています。

IMG_8522.jpg

お酒の神様としても有名
京都で最古の神社(創建701年)として知られる「松尾大社」は
酒造の神として全国からの崇敬を集める神社です。


IMG_8520.jpg

境内に湧く「亀の井」の水を
元水に加えて酒を醸造すれば腐らないといわれ、酒造の神様として
全国的に知られています。

IMG_8517.jpg


境内には酒造業者が奉納した酒樽がたくさん
奉られています。

IMG_8546.jpg


3000株の群生

松尾大社は、関西でも随一とされる山吹の名所。
境内を流れる一の井川沿いを中心に数約3000本と言われる
山吹咲く風景は素晴らしいです。


IMG_8550.jpg


フォトジェニックな風景

山吹が群生している一の井川の川側沿いには
山吹と水車とか、写真映えする風景に出会えます。

IMG_8529.jpg


見頃を迎えた松尾大社の山吹。

IMG_8557.jpg

山吹の花

「花の命は短くて・・・・」と言いますが、桜と共に山吹の花も咲いたと思ったら、
すぐに散り始めて行く花です。
山吹の花の見頃期間は約十日位だそうです。

IMG_8538.jpg

≪松尾大社≫

○所 京都市西京区嵐山宮町3
○アクセス     バスは・・・ 京都駅から京都市営バス28号系統「松尾大社前」下車。
                京都駅から京都バス73, 83系統「松尾大社前」下車。
         電車は・・・・阪急嵐山線「松尾大社」下車。

○駐車場 無料 バス10台 自家用車100台
〇境内散策  自由
〇松風苑庭園  大人500円

IMG_8530.jpg

Posted in エンターテイメント・音楽・ショー

こころのふるさと―平安神宮 紅しだれコンサート2018

平安神宮 紅しだれコンサート
京都の春を彩る「平安神宮 紅しだれコンサート」が4月5日~4月8日(日)まで行われています。
四日間の出演は、下記のアーティストの方々です。
▽4月5日(木) 東儀秀樹 <雅楽師>
▽4月6日(金) 宮本笑里 <ヴァイオリニスト>
▽4月7日(土) 藤原道山 <尺八演奏家>
▽4月8日(日) DEPAPEPE <アコースティックギターデュオ>

P1520065.jpg


栖鳳池の畔で聴くコンサート

今年の桜は、ここ平安神宮・神苑でも早足で、紅枝垂れ桜も満開の時を迎えています。
紅しだれコンサートは、ライトアップされた南神苑と東神苑の桜を愛でながら
栖鳳池の畔で音楽を聴くコンサート。
座る椅子や席はありません。
皆さん立ちながら、栖鳳池の畔で聴きます。

P1520002.jpg


色は紅色、花は八重「八重紅枝垂桜」

この夜は久しぶりの雨に、霧も降りて来て
何とも幻想的な神苑。
雨に濡れた紅枝垂れ桜も綺麗です。

P1520037.jpg

紅しだれ桜の正式名称は「八重紅枝垂桜」。
平安神宮・苑内には約250本の桜がありますが、
そのうち150本が紅しだれ桜。

P1520068.jpg

紅の雲の様な桜

紅枝垂れ桜の事を文豪・谷崎潤一郎さんは、
小説『細雪』の中で

「忽(たちま)ち夕空にひろがっている紅(くれない)の雲」
 の様と表現されています。

P1520004.jpg


東神苑のステージからは、素晴らしい音楽が
栖鳳池を渡り春の夜空へと響きます。


P1520049.jpg

「こころのふるさと-紅しだれコンサート2018」

会場は18時15分に開門。
演奏は1日2回(1回目:午後6時40分~7時20分、
2回目:午後7時50分~8時30分)。
4月8日(日)まで行われています。

P1520047.jpg

《紅しだれコンサート2018》
〇 会場 平安神宮
〇 開催日・期間  4/5(木)~8(日)
          最終入場は午後8時30分
          雨天決行演奏時間:1回目=午後6時40分~7時20分
          2回目=午後7時50分~8時30分 ※回遊式コンサート。客席なし
〇チケット     1人2,000円(前売1,700円=前売券は入場日指定)
          小学生以上有料

Posted in イベント・行事・お祭り

降り注ぐ桜POWER!これぞ桃源郷「原谷苑」

IMG_8306.jpg

百花繚乱「原谷苑」

これぞ桃源郷と称される、「原谷苑」の桜が満開です。
原谷苑は、洛北の原谷にある個人所有のさくら園。

IMG_8428.jpg


原谷の地は、金閣寺から一つ峠を越えた所にあります。
昭和32年から花好きの苑主が、景色のよい丘に数百本の桜や紅葉を植樹した事から
始まりました。
IMG_8312.jpg


降り注ぐ桜POWER


当初、原谷苑を運営している村岩農園は、いろんな植物をこの地に植えて行きましたが、
土地の養分が足りなかったのか、最初は殆ど根付かなかったそうです。

IMG_8330.jpg

しかし努力の末、今の様な桃源郷とも例えられる素晴らしい所となりました。

IMG_8315.jpg


最初は身内の方達だけで花見を楽しんでおられたそうですが、
その美しさに評判が広がり、桜の時期には一般公開されるようになりました。

IMG_8380.jpg


見渡す限りの桜景色
桜の隠れ里とも例えられる原谷苑は、約4千坪の敷地に樹齢60年をこえる
紅枝垂れ桜が200本以上も植えられています。

IMG_8333.jpg

今年の京都の桜は早足で、市内の桜では散り始めている所もありますが、
ここ「原谷苑」の桜は満開です。

IMG_8337.jpg

苑内を巡ると、降り注ぐ桜に圧倒されます。

IMG_8345.jpg

春爛漫の桜風景
多くの方が口々に「わぁ~~~」「凄い!!」と歓声を上げておられます。
入苑料は桜の開花状況によって変わり、満開時には1500円です。
京都の桜処でも1500円の料金は、あまりありませんが、花々の咲く素晴らしい
景色は納得します。

IMG_8362.jpg

満開の紅しだれ桜

満開の紅しだれ桜。
そして足元に咲くユキヤナギやツツジ、レンギョウ、ボケなどの花々。
見わたす限りの、花花花!!百花繚乱の世界が広がっています。

IMG_8449.jpg


桜のスコール
春爛漫の「原谷苑」視界を包み込むほどの桜と、咲き誇る花々の景色。
その桜密度は群を抜き、感嘆の声しか出て来ません。

IMG_8372.jpg

≪原谷苑≫

○所      京都市北区北山原谷乾町36。
○入苑料    1500円。
○アクセス   桜の期間、3月31日からシャトルバス運行。
       バスの出ている所は、西大路通り沿いにある【わら天神バス停】の
        原谷行きM1バス停付近からピストン運転しています。
○タクシー    金閣寺付近から約15分位。

○駐車場    桜の期間はありません。

Posted in 天気・気候・気温

今年は早い「御室桜も満開」

IMG_8482.jpg

仁和寺・御室桜4月4日
今年の桜は連日の陽気続きで、一斉開花となっています。
京都の桜で、一番遅く咲く仁和寺の御室桜も「満開」です。
去年は4月18日に「満開」の仁和寺に行ったのですが、今年は本当に早いです。

IMG_8462.jpg


目の高さに咲く御室桜

御室桜の木の高さは2~3メートルと低く、目の高さでお花見が出来ます。


IMG_8475.jpg


境内ではミツバツツジも見頃を迎えています。

IMG_8494.jpg

「春への義理」と表現された御室桜

御室桜は見頃の期間がとても短く、昔から京の人にとって、
ここの桜を見ないと「春への義理」が立たないと言われた桜。
川端康成さんは小説「古都」の中で、御室の桜の事を「春の義理」と表現され
「ひと目見たら、春への義理は済む」と書かれていました。
御室桜は満開です。

IMG_8484.jpg

《仁和寺》
〇 所 京都市右京区御室大内33

〇アクセス  電車
         JR京都駅から市バス26号系統約40分「御室仁和寺」下車徒歩すぐ。
         京福電鉄御室駅下車徒歩すぐ。

〇アクセス  車 
         名神高速京都南ICから約40分   名神高速京都東ICから約40分
         駐車場   500円

〇観桜参拝   大人 500円 子供 200円   AM8:30-PM17:00

Posted in イベント・行事・お祭り

長岡天満宮「八条が池の夜桜風景」

八条が池の夜桜風景

京都府長岡京市『長岡天満宮』の「八条が池」では
4月3日から4月8日(日)まで夜桜ライトアップが行われています。


IMG_8503.jpg

長岡天満宮の「八条が池」と言いますと、新緑の季節に咲くキリシマツツジが有名ですが、
ここは桜の名所でもあります。

IMG_8498.jpg

明かり灯る水上橋

水上橋から眺める水面には、美しい水鏡の世界が広がっています。
「八条が池」の外周は約一Km。
池は、寛永15年(1638年)に作られているそうです。

IMG_8507.jpg

今年の桜は早足

今年の桜は、ここでも早足で青葉が夜風に揺れています。


《長岡天満宮・八条が池・桜ライトアップ》
◎ 住所    京都府長岡京市天神2丁目15-13

◎ アクセス  阪急京都本線「長岡天神」駅下車徒歩約10分
◎期間    4月3日~4月8日(日)
◎時間    午後6時~午後九時

IMG_8497.jpg

Posted in イベント・行事・お祭り

長岡天満宮「八条が池の夜桜風景」

八条が池の夜桜風景

京都府長岡京市『長岡天満宮』の「八条が池」では
4月3日から4月8日(日)まで夜桜ライトアップが行われています。


IMG_8503.jpg

長岡天満宮の「八条が池」と言いますと、新緑の季節に咲くキリシマツツジが有名ですが、
ここは桜の名所でもあります。

IMG_8498.jpg

明かり灯る水上橋

水上橋から眺める水面には、美しい水鏡の世界が広がっています。
「八条が池」の外周は約一Km。
池は、寛永15年(1638年)に作られているそうです。

IMG_8507.jpg

今年の桜は早足

今年の桜は、ここでも早足で青葉が夜風に揺れています。


《長岡天満宮・八条が池・桜ライトアップ》
◎ 住所    京都府長岡京市天神2丁目15-13

◎ アクセス  阪急京都本線「長岡天神」駅下車徒歩約10分
◎期間    4月3日~4月8日(日)
◎時間    午後6時~午後九時

IMG_8497.jpg

Posted in 見所・観光・定番スポット

十石船が行き交う「伏見濠川の桜景色」

IMG_8155.jpg

4月1日の伏見濠川(ほりがわ)桜風景

歴史と酒造りの街として栄えてきた伏見の町。
京阪電車の中書島駅を出ると、すぐに太閤秀吉が伏見城の
城下町として発展させた伏見の街が広がります。
今年の桜は早足で、川沿いの風の強い所では青葉の見えて来た桜もあります。


IMG_8144.jpg

桜景色の水路

豪川は伏見城築城のために宇治川から引かれた水路です。
桜の咲くこの時期、酒蔵と桜の景色は
京都市内で見る桜風景とは、また違った趣があります。

IMG_8195.jpg

城下町・伏見

伏見は豊臣秀吉が建てた「伏見城」の城下町として大名が屋敷を
構えて発展した町でもありました。
江戸時代には参勤交代の西国大名が淀川から伏見に入り
大名屋敷で支度を整え伏見街道から江戸へ向かったそうです。

IMG_8158.jpg


歴史の町・伏見を流れる濠川

濠川には、十石舟、三十石船が行き交い、濠川周辺には、
坂本龍馬が襲撃された寺田屋のほか、歴史ある町並みが広がっています。

江戸時代の伏見は、大阪と京都を結ぶ淀川の舟運の港町として栄えた町で、
寺田屋のような船宿は何件も軒を連ねていました。


IMG_8167.jpg


元の濠川は、伏見城の外堀でしたが
龍馬の生きた時代には、ほぼこの様な水路だったそうです。
寺田屋事件の時、濠川を使って島津屋敷まで龍馬は逃れたとも言われています。


IMG_8169.jpg

酒の町、伏見
そして、伏見と言いますと日本酒ですね。
古くから酒造の街として栄えてきた伏見は、豪川沿いに月桂冠や黄桜をはじめとする
伏見の名水で造られた酒造が並んでいます。

十石船が桜景色の中を進んで行きます。


IMG_8187.jpg

今週は金曜辺りに雨予報が出ていますから、
桜散らしの雨にならないと良いですね。

IMG_8164.jpg



《伏見、濠川水路》
〇アクセス  京阪本線「中書島駅」徒歩5分
       「伏見桃山」駅徒歩10分

Posted in 自然・風景

月と桜とかがり火・嵯峨野にて・・・

IMG_8263.jpg

嵯峨野・平安郷の桜


良い天気が続き、京都の桜も一斉開花となっています
嵯峨野・広沢の池へと向かいました。
この夜は、一年で数日間だけ一般開放される「平安郷」の観桜会の夜でした。

門を入ると、左に桜並木、右に竹林が続きます。

IMG_8258.jpg


嵯峨野は、観月の広沢の池をはじめとして、平安時代の面影を
残している所と言われています。

その一角にあるのが平安郷。敷地面積は約3万坪。

広々とした庭園(約1万5千坪)には、2本の小川が流れ
季節毎に美しい花が咲きます。

IMG_8277.jpg


庭園を進むと、かがり火と光に浮かび上がる
夜桜の世界が広がっていました。



IMG_8264.jpg

桜は満開

浮かび上がる夜桜に、ただただ見入ってしまいました。


IMG_8268.jpg

小川に映る夜桜。

IMG_8266.jpg


月が、雲間から上って来ました。
月と桜とかがり火・・・・・・
神秘的な桜を見た嵯峨野の夜でした。

IMG_8267.jpg


Posted in 文化・芸術・美術

月と桜とかがり火・嵯峨野にて

嵯峨野・平安郷の桜

IMG_8263.jpg

良い天気が続き、京都の桜も一斉開花となっています
嵯峨野・広沢の池へと向かいました。
この夜は、一年で数日間だけ一般開放される「平安郷」の観桜会の夜でした。

門を入ると、左に桜並木、右に竹林が続きます。

IMG_8258.jpg


嵯峨野は、観月の広沢の池をはじめとして、平安時代の面影を
残している所と言われています。

その一角にあるのが平安郷。敷地面積は約3万坪。

広々とした庭園(約1万5千坪)には、2本の小川が流れ
季節毎に美しい花が咲きます。

IMG_8277.jpg


庭園を進むと、かがり火と光に浮かび上がる
夜桜の世界が広がっていました。



IMG_8264.jpg

桜は満開

浮かび上がる夜桜に、ただただ見入ってしまいました。


IMG_8268.jpg

小川に映る夜桜。

IMG_8266.jpg

月が、雲間から上って来ました。
月と桜とかがり火・・・・・・
神秘的な桜を見た嵯峨野の夜でした。

IMG_8267.jpg

Posted in 見所・観光・定番スポット

「嵐山」桜景色の渡月橋

IMG_7948.jpg

阪急電車嵐山線で嵐山へ桜を見に行きました。


阪急嵐山線は、阪急桂駅から嵐山駅までを結ぶ路線。
路線距離は、4.1km。
駅は、桂→上桂→松尾→嵐山。

IMG_8046.jpg

今、上桂駅・松尾駅・嵐山駅の各ホームでは桜が満開です。

IMG_8053.jpg


阪急嵐山駅から中ノ島公園へと歩きました。

渡月橋を眺める中之島公園は、(別名・嵐山公園)は桂川の中州にあり、
東西約400m南北約100mで、観光地・嵐山の中心です。

IMG_8067.jpg

嵐山に流れる川は、亀岡から嵐山までは保津川。
嵐山の上流から渡月橋までは大堰(おおい)川。
渡月橋から下流は桂川。
桂川はその後、天王山の近くで鴨川、木津川、宇治川と合流して淀川となります。

IMG_8057.jpg

嵐山の桜は日本の桜百選にも選ばれていて、ヤマザクラやソメイヨシノなど約1,500本が咲いています。
嵐山の桜は、後嵯峨天皇(在位1242年〜1246年)が「亀山殿」造営の際に
吉野の桜を嵐山に移植したことから始まるそうです。
そして、この後に亀山殿の跡地に天龍寺が造営されました。

IMG_8073.jpg

また、後嵯峨天皇の第3皇子が亀山天皇であり、亀山天皇が嵐山で舟遊びをされた際に、
舟から見える橋を「くまなき月の渡るに似る」と申されたので渡月橋と名付けられたそうです。
その時代は、鎌倉時代から室町時代で、この頃から嵐山の風景が確立されたと伝わっています。
時を経て、明治時代には岩倉具視により嵐山の保全会が組織され、今日の桜の名所となっています。

桜満開の嵐山
今週は良い天気ですから、この週末は沢山の人がお花見に
来られるでしょうね。

IMG_8075.jpg


《嵐山・中ノ島公園》
〇電車アクセス  阪急嵐山線「嵐山」駅下車、徒歩5分
         嵐電嵐山本線「嵐山」駅下車、徒歩5分
〇所       京都府京都市右京区嵯峨中ノ島町

Posted in 見所・観光・定番スポット

白川「祇園をよぎる桜月夜」

IMG_7942.jpg

今週は天気の良い日が続いています
桜を眺めながら木屋町から祇園白川へと歩きました。
木屋町通には、二条(二条通)から五条(五条通)まで高瀬川沿いに
染井吉野など約320本の桜の木があり、桜の咲く期間はライトアップされています。

IMG_7907.jpg


どんぐり橋から鴨川の眺め。

川べりの桜も満開です。

IMG_7911.jpg

南座前を通って祇園白川に入りました。

祇園白川には染井吉野・枝垂桜・山桜・里桜があり、
3月下旬頃から4月上旬頃に見ごろを迎えます。

IMG_7932.jpg

見上げると桜は満開。

IMG_7939.jpg

白川沿いには、祇園をこよなく愛した明治の伯爵歌人、
吉井勇の歌碑があります。

「かにかくに

祇園はこひし 寝るときも

枕の下を 水のながるる」   (吉井勇)

IMG_7923.jpg


桜の中に月が見えました。
かつて、歌人・吉井さんも祇園の月を眺めておられたのでしょうか。

IMG_7900.jpg

続いて、明治の歌姫・与謝野晶子の句。

「清水へ 祇園をよぎる 桜月夜 こよひ逢ふ人 みな美しき」 与謝野晶子。

宵月夜の祇園界隈の桜景色が伝わって来ます。

IMG_7941.jpg

祇園から清水へと夜桜見物に出かけ、夜空に浮かぶ月を愛でながら
詠まれたのでしょうね。

IMG_7930.jpg


祇園白川の桜は満開です。

《祇園白川》アクセス

〇アクセス 京阪祇園四条駅、阪急河原町駅から徒歩5~6分。
〇散策自由

Posted in 見所・観光・定番スポット

過ぎた時を語りかける「大石桜」

京都市山科区の大石神社では、御神木の枝垂れ桜「大石桜」が見頃を迎えています。
大石神社は、赤穂藩の家老であった大石内蔵助を祀る神社。
大石神社は、昭和初期、赤穂義士・大石内蔵助を崇敬する全国の人々によって、
彼が仇討ちの機会を待って過ごした京都・山科の地に創建されました。

IMG_7809.jpg

「大願成就」の桜とも言われる大石桜は
地面に届くほどの見事な枝垂れ桜。

IMG_7813.jpg


石段横に並ぶ提灯には、大石倉之助が通ったと伝わる、
祇園のお茶屋・一力亭や祇園甲武歌舞伎界などの名が連なります。


IMG_7823.jpg

赤穂浪士による討ち入りは、元禄15年12月14日(1703年1月30日)。
あれから315年の時が流れています。
過ぎた時を語りかける大石桜。

満開です。
IMG_7815.jpg

《大石神社》

〇所     京都市山科区西野山桜ノ馬場町116
〇電話番号  075-581-5645
〇拝観時間  境内自由・宝物館は10~16時
〇駐車場   あり
〇交通アクセス JR山科駅よりバス乗車、大石神社前下車徒歩すぐ


IMG_7816.jpg

Posted in 見所・観光・定番スポット

言葉も忘れて見上げる一本桜「本満寺」

同志社大学近く、寺町今出川上ルの「本満寺」では一本桜が満開です。
本満寺は、近衛家とゆかりある、日蓮宗京都八本山のひとつ。
山門をくぐると、「この桜の前で言葉はいらない」と例えられる
大きな桜があります。

IMG_7790.jpg

樹齢約90年、円山公園の有名な「祇園しだれ」の姉妹樹です。
境内に入ると、満開の一本桜に圧倒されます。


IMG_7787.jpg


「おおっ」。。。
桜ドームの中に入ると 降り注ぐ桜シャワーに
ただただ、言葉も忘れます。

IMG_7771.jpg


本満寺は観光寺院ではありませんから、ガイドブックにも載らず
桜の隠れた名所でしたが、桜の時期は沢山の人が来られています。
本満寺へのアクセスは、京阪電車「出町柳駅」から徒歩で約10分位の距離です。

IMG_7773.jpg

言葉も忘れて見上げる、本満寺の一本桜。
満開です。

IMG_7795.jpg


《本満寺》

〇所 同志社大学近く、寺町今出川上ル
〇散策自由

〇拝観時間 9:00~17:00
〇アクセス △市バス「葵橋西詰」下車徒歩約3分
△京阪鴨東線「出町柳駅」下車徒歩約10分

Posted in 見所・観光・定番スポット

さまざまなこと思い出す桜かな「京都御所・糸桜」

IMG_7732.jpg

24日の朝、京都御苑(御所)へ「糸桜」を見に行きました。
糸桜は、ほぼ満開。
京都御苑は、平安京遷都以降、約1200年にわたり歴史を紡いできた
京都の街の真ん中にあります。

IMG_7691.jpg


御所は南北朝時代より500年もの間、天皇のお住まいとなり、
その周囲には200余の宮家や公家の邸宅が立ち並び、雅やかな都の中心でした。
明治になり、天皇が東京に移られた後には、数多くの樹木が植えられ、
昭和24年(1949)、国民公園となりました。


IMG_7707.jpg


京都御苑はとても広くて、東西約700メートル。
南北は丸太町駅から今出川駅のひと駅分に相当する距離で、
緑豊かな公園は、京都の人々にとって憩いの場です。

IMG_7702.jpg


御苑には次々と桜が咲いて来ますが、近衛邸跡に咲く「糸桜」は御苑に咲く桜の中で
一番早く咲きます。ここでは、約60本もの大小の桜が一帯を埋め尽くしています。
「糸桜」の咲く場所は、京都御苑の北側、今出川御門を入ってすぐの所。


IMG_7719.jpg


ここには鎌倉時代から天皇に仕える朝廷近衛家の邸宅がありました。
明治維新で天皇が東京に移られる同時期に近衛家も東京に転居されました。
以来、糸桜と近衛池のみが149年間、残っています。


IMG_7738.jpg


糸桜は名の通り、絹糸が枝垂れる様な繊細な桜です。
光の中、風に揺れる糸桜は、まさしく平安の雅を再現したようです。
約60本ある糸桜の木。
花の色も白、淡ピンク、紅、と様々。


IMG_7702.jpg

「近衛池」に糸桜が枝垂れています。
さまざまなこと思い出す桜かな・・・・・
糸桜を見ながら、遠い時へと思いを馳せたくなりました。


IMG_7721 (2).jpg


≪京都御所≫
〇境内散策自由
〇「糸桜」の咲く場所。 京都御苑の北側今出川御門を入ってすぐの所。

〇アクセス        今出川駅6出口から徒歩約8分。
            丸太町(京都市営)駅2出口から徒歩約12分。
            出町柳駅4出口から徒歩約20分。

〇駐車場         有り 有料。


Posted in 見所・観光・定番スポット

河津桜が見頃です。「清凉寺」

今週の京都は、冬に戻った様な気温の低い日が続いていますが
右京区の清凉寺では河津桜が見頃を迎えています。
咲いている所は多宝塔の横です。
IMG_7669.jpg

三月の初めに、清凉寺に寄せて頂いた時は、梅の花が満開でした。
清凉寺は、嵐山から真っ直ぐに進んだ所にある寺院。
建てられたのは寛和3年(987年)。

IMG_7662.jpg


河津桜咲く多宝塔の裏には、源氏物語・光源氏のモデルとも言われる
源融(みなもとのとおる)の墓もあります。

IMG_7671.jpg

河津桜咲く清凉寺。
今週末、嵐山散策に来られた時、寄ってみて下さいね。

IMG_7684.jpg

≪清凉寺≫

〇所  京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町
〇   拝観時間 9:00-16:00
〇   拝観料・境内自由
    本堂の拝観料400円 釈迦如来立像の拝観料1000円。 霊宝館の入館料400円。
〇アクセス(電車)は、JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅より徒歩15分。
           京福電鉄嵐山駅より15分。
     (徒歩)は、渡月橋から徒歩15分位

IMG_7679.jpg

Posted in 自然・風景

梅の花は満開です「北野天満宮」

早咲きの桜が咲き始めて来ましたが、上京区の北野天満宮では、梅の花が満開です。
「北野天満宮」は全国12,000の天満宮、天神社の総本社であり、
京の都を守護する大城鎮護の社でもあります。


IMG_7607.jpg

境内の梅は約1,500本。

IMG_7592.jpg


満開の時を迎えた梅。
梅の花からは良い香りが流れて来ます。


IMG_7594.jpg

『東風吹かば 匂ひおこせよ梅の花 主なしとて 春を忘るな』
道真公の和歌が浮かんで来ました。

IMG_7598.jpg


《北野天満宮》
〇所 京都市上京区御前通今出川上がる馬喰町

アクセス 
〇 京都駅から京都市営バス50, 101号系統「北野天満宮前」下車
〇 四条河原町から京都市営バス51号系統「北野天満宮前」下車
〇 京阪三条から京都市営バス10号系統「北野天満宮前」下車
〇 駐車場 無料 9:00~17:00(毎月25日は縁日のため駐車できません。)


IMG_7610.jpg

Posted in 見所・観光・定番スポット

見頃を迎えた長徳寺の「オカメ桜」

京阪電車・出町柳駅近くの長徳寺では、「オカメ桜」が見ごろを迎え
多くの方が訪れています。

IMG_7638.jpg

長徳寺は観光寺院ではないので、普段に訪れる人は少ないのですが
京都で桜が咲き始める頃になると、長徳寺の門前で足を止めて
多くの方が、ここに咲く「おかめ桜」に、見とれておられます。

IMG_7620.jpg

「おかめ桜」は、花弁がびっしりと密集して、
まるで金平糖の様に細かくて可愛い花びらが特徴的です。

この桜は、イギリスの桜研究家イングラムが1947年に寒波桜と豆桜を交配して
作出したものだそうです。
おかめ桜の開花時期は比較的早くて、河津桜の咲き出す頃と同じく3月中旬からです。

IMG_7625.jpg

こちらは、
おかめ桜とカンヒザクラ。

IMG_7648.jpg


ページラストは、長徳寺さんの言葉。
「自分の 思い一つで 人生は変わる」。
IMG_7635.jpg

≪長徳寺≫
○所     京都市左京区田中下柳町34-1
○アクセス  京阪 出町柳駅より徒歩1分
       地下鉄 今出川駅より徒歩20分。

Posted in イベント・行事・お祭り

いよいよ桜の季節が始まります

京都の桜も、気温の上昇と共に早咲き桜から咲き始めて来ました。
現在咲いているのは、前回の記事でご紹介した車折神社や平野神社。
淀の水路では河津桜も咲いて来ました。
この感じですと、桜の見頃は三月下旬から四月上旬と
なりそうな感じです。
京都では桜の見頃に合わせて、夜桜ライトアップも行われます。
ここで幾つが紹介させて頂きます。

2018桜と舞妓さん.gif

《京都桜ライトアップ 2018年》

〇高台寺・夜桜ライトアップ 3月19日~5月6日 日没後~22:00
 高台寺は高台寺桜など約50本の桜が植えられ、4月上旬頃に見ごろを迎えます。
 高台寺の塔頭・円徳院でもライトアップが行われます。

〇東寺・夜桜ライトアップ 3月17日~4月15日 18:30~21:30
 東寺は不二桜(八重紅枝垂桜)や染井吉野など約200本の桜が植えられ、
 4月上旬頃に見ごろを迎えます。

東寺夜桜.jpg

〇円山公園・夜桜ライトアップ 3月24日~4月9日 日没~00:00
 円山公園は2代目・祇園の枝垂桜や染井吉野など約680本の桜が植えられ、
 4月上旬頃に見ごろを迎えます。

〇二条城・夜桜ライトアップ  3月23日~4月15日 18:00~21:00
 二条城は染井吉野など約50種・約400本の桜が植えられ、
 4月上旬頃に見ごろを迎えます。

〇京都府立植物園・夜桜ライトアップ 3月25日~4月8日 日没~21:00
 京都府立植物園は染井吉野・しだれ桜など約500本の桜が植えられ、
 3月下旬頃から4月中旬頃に見ごろを迎えます。


〇清水寺・夜桜ライトアップ 3月30日~4月8日 18:00~21:00
 清水寺は染井吉野など約1,500本の桜が植えられ、4月上旬頃に見ごろを迎えます。
 現在、本堂(清水の舞台)の檜皮葺きの葺き替え工事が行われていて
 終了までには3年ほど掛かるそうです。

〇岡崎疏水・桜ライトアップ 3月30日~4月10日 18:00頃~21:30
 岡崎疏水は染井吉野など約400本の桜が植えられ、
 4月上旬頃に見ごろを迎えます。

〇平野神社・夜桜ライトアップ 3月25日~4月20日 日没~21:00頃
 平野神社は染井吉野など約50種・約400本の桜が植えられ、
 4月上旬頃に見ごろを迎えます。

〇鴨川左岸・夜桜ライトアップ 3月25日~4月15日 日没~21:30(荒天中止)
 鴨川左岸は御池から五条までの約1.8キロに染井吉野・枝垂桜など約160本の桜が植えられ、
 4月上旬頃に見ごろを迎えます。

木屋町 夜桜.jpg


〇平等院・夜桜ライトアップ 4月5日~9日 18:30~21:00
 平等院は枝垂桜・染井吉野などの桜が植えられ、
 3月下旬頃から4月上旬頃に見ごろを迎えます。

〇嵐電・桜のトンネル・ライトアップ 4月7日~9日 18:30~20:20頃
 嵐電桜のトンネルは嵐電・北野線の鳴滝駅から宇多野駅までの約200メートルの桜並木です。
 桜が見頃を迎える時期に夜桜電車が運行されます。

※この他にも、桜の開花時期に合わせて、多くの所で夜桜ライトアップが行われます。
 いよいよ桜の季節が始まりますね。

Posted in 見所・観光・定番スポット

早咲き桜は「車折神社」へ

3月も半ばとなり、京都でも河津桜をはじめ早咲きの桜が咲いて来ました。
中でも右京区の車折(くるまざき)神社は、早咲きの桜処としてお勧めです。

IMG_7551.jpg


車折神社は、清原頼業(よりなり)をご祭神とする神社で、境内にある芸能神社は、
芸能人が多数玉垣を奉納されている事でも有名です。

IMG_7525.jpg

朱色の玉垣と、早咲き桜の風景。

IMG_7537.jpg

ここだけの華やかな春景色です。

IMG_7543.jpg


青空の中、今年初めて見る桜・・
一年ぶりに見る桜の花に
ただただに見入ってしまいました。

IMG_7567.jpg

早咲き桜とウグイス。


IMG_7522.jpg

3月半ばの今、車折神社に咲いている桜は、河津桜にカンヒザクラ。
早咲き八重桜などが咲いています。


IMG_7547.jpg


また境内では、しだれ梅も見頃を迎えています。


IMG_7558.jpg


車折神社では早咲きから遅咲きまで、約15種・40本の桜が次々と咲き、花を長く楽しむ事が出来ます。
車折神社へのアクセスは、京福電鉄嵐山線「車折神社駅」が、神社に横付けですから
電車がとても便利です。

IMG_7560.jpg

《車折神社》
〇所 京都市右京区嵯峨朝日町23
〇拝観時間  境内自由 (社務所受付9:00〜17:00)
〇拝観料   境内無料
〇アクセス 
       電車   京福電車嵐山線「車折神社」駅下車 徒歩すぐ
〇アクセス
       バス   京都駅から→京都バス 71・73・74系統「車折神社前」下車 徒歩すぐ

Posted in イベント・行事・お祭り

京に春を呼ぶ「東山花灯路2018」

東山では、「東山花灯路」が行われています。
東山花灯路は、京都に春を呼ぶ風物詩として平成15年から
「灯り」をテーマに始められています。
開催期間は、3月9日(金)~3月18日(日)。点灯時間は、午後6.00~9.30。
灯りの小径は、青蓮院から八坂神社。円山公園。八坂通りから二年。そして三年坂。
ねねの道。清水寺へと続いています。

花灯路.jpg


散策路約5kmには、京焼・清水焼、京銘竹、北山杉磨丸太など、京の伝統技術の粋を凝らした
LED電球による露地行灯や、いけばな作品が飾られ、華やかな早春の宵が演出されています。

京都の気温は、日中は暖かくなって来ましたが、夕方から夜は、まだまだ冷えますので
ほかほかカイロが役に立ちます。

2018.jpg

《東山花灯路2018》

〇期間    3月9日(金)~18日(日)   18:00~21:30 ※雨天決行
〇開催場所  京都市東山地域(青蓮院~円山公園~清水寺の周辺一帯)
〇料金    散策自由、寺院・神社は拝観有料の場合あり