職場におけるAI、従業員は”慎重に楽観視”

世界の多くの国で、労働者は職場における人工知能(AI)対して用心深くも楽観的だが、恐怖や懸念の主な要因は、自身の企業からAIのインパクトなどに関して透明性が十分に示されていないことだと考えているという。

Posted in 未分類

日々

毎日、糊置き(-_-;)今年も始まりました〜という感じで、、 型紙も何年も前に彫った一品達が、使われるのを待っているように見えます^ ^ 展覧会まで1ヶ月。 今年は秋田展から始まります^ ^

分野研究家

第2ペナルティマーク: ゴールポストの中央から10m地点。 #フットサル#サッカー#ユニフォーム#グラデーション#カスタマイズ#高品質#着心地#保障#ロンヨン
Posted in 未分類

BXD、HTML5プラットフォーム名称を「enza」に–新作ゲーム3タイトルを体験

BXDは2月20日、同社が今春からサービスを行うのHTML5を活用したプラットフォームについて、名称を「enza(エンザ)」と発表。また、開発を進めているスマートフォン向けブラウザゲーム「ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ」、「プロ野球 ファミスタ マスターオーナーズ」、「アイドルマスター シャイニーカラーズ」の3タイトルについて、メディア向けの体験会を行った。

Posted in 未分類

BDX、HTML5プラットフォーム名称を「enza」に–新作ゲーム3タイトルを体験

BXDは2月20日、同社が今春からサービスを行うのHTML5を活用したプラットフォームについて、名称を「enza(エンザ)」と発表。また、開発を進めているスマートフォン向けブラウザゲーム「ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ」、「プロ野球 ファミスタ マスターオーナーズ」、「アイドルマスター シャイニーカラーズ」の3タイトルについて、メディア向けの体験会を行った。

Posted in 未分類

世界4大IT企業“GAFA”に学ぶ次世代の働き方 (前編) -コーポレートキャンパスの実態を探る

corporate campus
仕事の作業スペースに留まらず、生活に必要なほぼすべての機能を広大な敷地に内包するコーポレートキャンパス。 スポーツ設備や娯楽施設、カフェテリア、ヘルスケア施設に移動手段となる通勤バス等をすべて無料で社員に提供し、カジュアルな格好に自由な就労時間という環境を整えたこの「キャンパス型オフィス」は、今日のワークスペースの中でも最高レベルの施設だろう。 今回はそんなコーポレートキャンパスについて、前後編の2部作にわたってお送りする。世界の大企業が社員の働き方改善のために取り入れたワークプレイスとはどのようなものだろうか。本記事では、コーポレートキャンパスの紹介とその歴史について触れていく。 関連記事:これからの企業に不可欠な三種の神器とは

コーポレートキャンパスとは

googleplex 「コーポレートキャンパス」と聞いた時に一番に思い浮かぶのが、カリフォルニア州マウンテンビューにあるGoogle本社のGoogleplexだろう。「キャンパス」という言葉が入っているように、コーポレートキャンパスには大きく次の3つの特徴がある。

1. 広大な敷地と仕事用作業スペース

「キャンパス」と呼ばれる所以は、ある程度の人数がそこで共同作業を行えるというところにあり、実際にここで紹介する企業も1つのキャンパスに数万人単位の作業スペースを充実させている。比較的に大きなワークスペースになるので最低でも数百人単位になる。 郊外にあるキャンパスならばそれを実現しやすいし、都市部にあるものでも高層ビルや近い建物とのツギハギでキャンパス化を行うことができる。この広いスペースはもちろん仕事の作業以外のスペースにも充てられる。

2. 娯楽・生活スペース

次にキャンパス要素として挙げられるのは、生活スペースや、それを通じて人とのつながりを作る社交的な環境だ。大きな企業になればなるほど社員同士のコラボレーションや共働というのは大きな課題となる。 カフェテリアやジム、運動場等が学校キャンパスにあるように、社員が集まってミーティングをする場所だけではなく、予期せぬ場所での社員同士の偶然の出会いが起こるような動線設計も必要だ。またクリニックのように、社員の健康維持をサポートする施設もコーポレートキャンパスに見られる特徴の1つである。

3. 自然豊かな公園施設

他の単なる巨大オフィスには無くてコーポレートオフィスにある特徴は、庭があること。室内や室外にかかわらず、自然豊かな公園スペースを確保し、社員のインスピレーションの源となるような環境があることもコーポレートキャンパスと呼ばれる条件の1つだ。 google-newcampus BIG & Heatherwick StudioによるGoogleの新キャンパスのデザイン こうして他に類を見ない充実した施設とそこでの社員の自由な働き方はこの種のオフィスの最大の特徴だ。そして、先述のGoogleを含めた世界の4大テクノロジー企業と言われているGAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)の本社はすべてこのコーポレートキャンパスの形態を取っている。 そんなコーポレートキャンパスはどのように成り立ってきたのだろうか?

コーポレートキャンパスの歴史

BL-TransitorTeam Bell Labsのトランジスタチーム(写真はComputer History Museumより) もともとコーポレートキャンパスは、アメリカ国内においてリサーチサイエンティストやエンジニアのための研究開発施設として誕生した。最初に作られたのは、アメリカ最大手の電話会社、AT&Tがニュージャージー州に1942年に建てたとされるBell Labs。 初期のコーポレートキャンパスはアイビーリーグの大学キャンパスのように、草木が生える自然豊かな中庭が存在し、穏やかで安全な場所で研究開発に集中できるように設計されたワークプレイスだった。 当時のコーポレートオフィスは、インダストリアルパーク、リサーチパーク、もしくはテクノロジーパークと呼ばれ、その名が表す通り産業と科学の融合を実現させる先進的な設備であると同時に、自然を享受する場所であった。 このBall Labsに続き、1950年代にはGeneral Motors、General Electric、IBMそしてGeneral Life Insuranceといった企業が、広い敷地が確保できる郊外に同様のコーポレートキャンパスを建設した。 bell-labs Bell Labs(写真はTypology: Corporate campusより) radcllife-quad アイビー・リーグを代表するハーバード大学の中庭、ラドクリフクアッド それまで都市部にオフィスを持っていた大企業が少し離れた郊外にコーポレートキャンパスを建てたことは、当時の人口移動問題に繋がった。1950年代、戦後のアメリカにおいて都市部の人口は溢れ、さらに市民は人種ごとに分かれて暮らし、不安定な治安状態であった。その中で中流・上流階級の白人が、非白人の多い都市部から郊外へ移る、いわゆる「ホワイトフライト」が発生。 コーポレートキャンパスには高学歴の白人研究員が多く集められたこともこのホワイトフライトを起こした要因の1つとなった。

キャンパスで育まれる企業文化

その後、コーポレートキャンパスは物理的に設備の整ったワークプレイスであるという点以外にも、「文化的、そして社交的な場所」、つまり社員同士が仕事以外にもつながりを構築できる場所だという認識が形成されていった。 アメリカの大学キャンパスが単に勉学を行うだけの場所ではなく、時には課外活動や、スポーツ、社交的活動を通じて学生生活そのものを豊かにする場所であるように、コーポレートキャンパスもただ仕事をするためだけの場所ではなかった。社員の共同体意識や地域社会的意識を育むには最適で、彼らの生活全般を良くするものだったのである。 関連記事:オフィスデザインの軸となる“企業文化への理解”とは 実はコーポレートキャンパスが持つ文化的な側面は、今日テクノロジー企業が多く集まるサンフランシスコ・ベイエリアの文化と密接な関係があると言われている。それはコーポレートキャンパスの誕生の背景が、1960年代にサンフランシスコで発祥したヒッピー文化の考え方に非常に近いということ。 当時ヒッピー達はすでに文化が出来上がっている先進地域から離れて、自然のある場所で近しいマインドセットをもつ人々と独自の集落を作り、自らのルームを決め、自分を解放した。その姿が、テクノロジー企業が郊外に自らの企業文化で固めたキャンパスを作る姿と重なるというのである。 機能的な部分で評価されることが多いコーポレートキャンパスだが、実は企業のマインドセットを社員に反映させる上でも重要な役割を担うことが時代とともに認識されるようになった。このように社員の包括的なオフィス体験を高め社員の成長を実現させるにつれて、コーポレートキャンパスは進化を遂げながら、研究職以外の一般社員用のオフィスにも適用されていった。 オフィスはそれまであった従来のワークプレイスの常識から抜け出し、レクリエーション施設やカフェテリア、ソーシャルスペース、簡単な買い物やサービス施設を含むところまで拡大。社員がコーヒーを飲んだりテニスをしたりすることはあくまで企業が提供するワークスタイルをこなしているに過ぎない、という考え方が一般的になっていった。

21世紀のキャンパス

そのように少しずつ改善を続けてきたコーポレートキャンパスだったが、1990年代から在宅勤務の考え方や一部作業のオフショアリングが少しずつ広まるようになり、「社員が常にオフィスにいる」こと自体が少なくなった。それに合わせ、コーポレートキャンパスの機能にも変化が見られるようになった。 企業は社員にオフィスに来たいと思わせるような工夫として、上に挙げた施設以外に実際に食事を作れるスペースやリビングルームのような生活空間を漂わせるような空間づくりを行った。 さらに自身で運転する代わりにインターネットに接続可能な企業専用通勤バスも提供し、自宅にいてもオフィスにいても時間を有効に使いながら仕事と生活行動のほぼ全てを行うことが可能になった。そして今日のコーポレートキャンパスは私たちがGoogleplex等で知る仕様になっている。 企業が現代のコーポレートキャンパスに求めるものは、最終的には社員同士の出会いと共働である。今キャンパスに置かれている公園や娯楽施設、生活スペースは自宅にいても同機能を利用することができる。しかし、同僚に会えるのはこのコーポレートキャンパスなのだ。 これこそ今日のコーポレートキャンパスがワークライフインテグレーションを支える理由であり、そのキャンパスがオフィスの仕様を超える目的である。仕事と生活の一体化こそ、コーポレートキャンパスが実現する新たなワーク/ライフスタイルだ。 lego-campus デンマーク・ビルンに2019年完成予定のLEGO Campus ここに現時点で企業のコーポレートキャンパスが提供する施設・スペースを並べてみた。このリストを見てみると、現代のコーポレートキャンパスがもはや単純に「オフィス」とは呼べないほどの施設になっているのがわかる。
  • カフェテリア
  • バー
  • 保育施設
  • 美容室・ヘアスタイリングルーム
  • ランドリールーム・クリーニングサービス
  • 温泉・スパ・サウナ
  • 病院
  • ゲームルーム
  • 仮眠ルーム
  • マッサージルーム
  • ジム
  • スイミングプール
  • バスケットボールコート
  • ハイキング・ジョギングコース
  • 自転車修理
  • 公園
  • 映画館
  • 植物用温室
このような巨大キャンパスを持てるのは世界でも一握りの企業ではあるが、世界的に著名なテクノロジー企業GAFAを中心とした資金力のある企業は次々と建設を進めている。彼らが持つコーポレートキャンパスから見えてくるものは何か?後編で触れていくことにする。 参考: "The New Corporate Campus" "Modernism, Postmodernism, and corporate power: historicizing the architectural typology of the corporate campus" "The rise of the corporate campus" "Upbeat Site Furnishing – A LOOK INSIDE WHAT’S SHAPING THE NEW CORPORATE CAMPUS" *本記事はフロンティアコンサルティング様のブログ、Worker’s Resortより転載いたしました。

ぶらっと♪ぎょうだ (@A3ajLVRV0jeg8Fs )

2月25日(日)行田市商工センターにて『音楽と菓子の祭典』を開催します。 ステージイベントや菓子の販売他、はにわづくり体験など盛りだくさん。ご家族で楽しめます。憩いの広場では、ゼリーフライ、パスタなども食べられますので楽しみにして下さい☆ 

Posted in 未分類

200社超が参戦した”グルーポン型”共同購入クーポンビジネス、今は1ケタ(国内企業インサイド)

一時代を築いた有名雑誌の休刊が報じられると、「そういえば最近は読んでいなかった」といった感想ツイートが飛び交い、「ネットに取って代わられた」という“分析”で締めくくられる。多くの場合、その通りであろう。では飛ぶ鳥を落とす勢いのネットオリエンテッドなサービス群は、果たして長く人気を保っているのだろうか。

ブレインパッド「Rtoaster」を刷新、キャンペーン機能など追加(サプライヤー動向)

企業のデータ活用支援を手がけるブレインパッドが、今年2月下旬、主力商品の1つであるプライベートDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)「Rtoaster(アールトースター)」の大幅バージョンアップを実施した。最大のポイントは、これまでなかった「キャンペーン機能」を追加したことだ。

【良いデザインを作るなら】

いつもお世話になっております、ロンヨンジャパンの上田です!

 

はじめに皆様へお知らせをさせて頂きます、

誠に勝手ながら2月21日(水)から2月23日(金)は社員研修のため営業を一時停止させて頂きます!

その間に頂いたメール等につきましては、来週2月26日(月)から順次ご返信をさせて頂きます!

予めご了承下さいませm(_ _)m

 

ではでは、本日のブログに参りたいと思います!

 

唐突ですが皆様は担当者とデザイン等について話し合う際は、

メールかお電話を多用しますよね!?

 

意外と知らない方もいらっしゃるのではないかと思うのですが、
実は上記の方法以外に弊社へ直接ご来社頂いて打ち合わせを行う事も可能なんです!

 

メールや電話ですと、どうしても中々伝わらない…伝えにくい…そんな経験有りますよね??

そんな内容も直接打ち合わせすれば伝えるのも簡単になります!

実物のサンプルも有りますので、オリジナルデザインを作成する上でも大変ご参考になると思います!

先日、ご来社してくださったお客様がいらしたのですが、

チーム結成の経緯や歩みといった深い部分まで伺えたので、よりデザインが良くなったりもします(^^)

 

 

実物のサンプルも色々な商品、デザインでご用意しております!

デザインで迷っている…サイズ感が気になる…実際の製品はどんなだろう…そういった諸々の疑問、来て頂ければ解決します(^^)

折角のオーダーユニフォームなので、クオリティを高めるためにも直接打ち合わせして頂きたい所です!

 

ご来社が可能なのは下記の東京、大阪事務所の2箇所です!

平日の月~金曜日(祝日除く) 9:30~18:30の間は開いておりますので、

事前に弊社へ日程を相談の上、是非ご来社下さい!

 

【株式会社ロンヨンジャパン 】

・東京営業所

〒102-0082

東京都千代田区一番町13-1 新半蔵門ビル3F

Tel: 03-6712-2217

 

・大阪本社

〒564-0052

大阪府吹田市広芝町9-28 江坂三生ビル3F

Tel:06-4708-6636

 

皆様に一層満足して頂ける対応が出来れば何よりです(^^)

それでは、今日はこの辺で!

三セクというといろいろありそうな。。。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01zaisei06_02000180.html

 

まず7503もあるのにびっくりですね。社団法人とか財団法人とか自分で一般のところ借りればいいのにというのは素人考えでしょうか。一般で借りてペイしなかったら儲かることを考えるというのは普通のことじゃないですかね。素人考えかな。。。。

 

分野研究家

ゴールキーパーが保持していたボールを離した後、相手側のプレーヤーに当たる前に、ボールをゴールキーパーが受ける行為 #フットサル#サッカー#ユニフォーム
Posted in 未分類

あめひろ (@ame_hiro )

オヤツは通りがかった焼き芋屋さんで安納、紫安納、紅はるか買ったけど…スーパーマーケットと同じレベルだった。トホホー残念すぎる。 と言うか、焼き芋屋さんの「五郎とはるか」で最高の焼き芋を味わってしまったから、もう後戻り出来ない口になっちゃったのね。 はるかー!好きだー!笑笑

Posted in 未分類

http://khc.sourceforge.net/

KH Coderというソフトが面白い。

テキスト型(文章型)データを統計的に分析するためのフリーソフトで、アンケートの自由記述・インタビュー記録・新聞記事などテキストマイニングするのに適してる。と言いながらまだ使ったことないのだが。前々からすごく気になっていた。

今まではエクセルのアドインやWinChaで分析していたんだが、エクセルの方はエクセルがバージョンアップすると使えなかったり使えたりでしかも結構高い。WinChaの方はそれなりということでその後が大変。。。という具合である。

テキストマイニングは非常に面白い、ぱっと読んで得た印象とマイニングをかけた内容とが結構違うし、人って言葉の意味を結構読みこなせてないなあと思うことしきりだったりする。そういった意味ではしゃべり方も文章の書き方も本位は伝わらないものだと思わなければならないのかもしれない。

シカゴとクリーブランドの500kmを28分で結ぶ「Hyperloop」路線–調査開始へ

新しい高速交通システム「Hyperloop」の実現を目指す企業の1つであるHyperloop Transportation Technologiesは、イリノイ州シカゴからオハイオ州クリーブランドに長さ313マイル(約504km)のHyperloop路線を建設する目的で、実現可能かどうかの調査を始めると発表した。

Posted in 未分類