[MOM2509]東山FW久乗聖亜(3年)_2G2Aの活躍!鎌田の母校に要注目のアタッカー

“気合の”丸刈りで出場した東山高FW久乗聖亜は2得点2アシストの活躍
[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[5.20 総体京都府予選準々決勝 東山高 8-0 洛南高 東山高総合G]

「全然申し訳ないくらい。凄く鎌田くんとは比べ物にならないと思うんですけれども、そう言ってもらえるからには恥じないプレーをしたいですし、勝たせるプレーをしたい」。

 東山高の先輩でドイツ・フランクフルトに在籍するMF鎌田大地と比較される声に対し、本人はとても謙虚な口調で期待に応えるプレーを誓う。この日のインターハイ京都府予選準々決勝、そのFW久乗聖亜(3年)は抜きん出た動きでチームを快勝へと導いた。

 177cmの高さと足下の技術の高さを活かして前線でボールを収める一方、タイミングの良い動き出しからハイサイドへの抜け出しを繰り返す。そして右クロス、左クロスでそれぞれゴールを演出。スペースを縫うドリブルやDFを巧みな切り返しで外すなど多彩な動きを見せた10番はPAでの勝負強さも見せてチームの3点目と5点目を叩き出した。

 福重良一監督は「スルーパスで見ているところが似ている」と鎌田を彷彿とさせる部分について語っていたが、確かにパスの出しどころも面白い。前方をほぼ塞がれた状況から相手の致命傷になるようなパスを通す巧さも印象的だった。

 ただし、本人はもっと得点できたこと、また「まだ自分の中でボール来た時に焦っていたり、ヘディング勝てないところだったり、パスミスもあったり、未熟なところがある。改善していきたい」と課題も口にしていた。クロスでゴールを演出した左足についても「シュートの威力は上のレベルでは入らないと思うので強くしていきたい」と自身の現状に納得していない。

 それでも、京都U-15時代まで小柄なボランチで、身体の成長とともにポジションを前線へ移していった久乗は柔らかさと鋭さを兼ね備えた注目のタレントだ。中学入学は140cm台だった身長は3年間で約20cm伸び、高校でさらに成長して現在177cm。クレバーなパサーだったという中学時代の良さを残したまま、シュートへの意識や競り合いの身体の使い方を身に着けて飛躍を遂げようとしている。

 福重監督は「一番は走れるようになった」と変化のポイントについて説明する。プレースタイルは強引ではないものの、動きの量と質が向上し、ヘディングで決める力強さも身に着いてきている。「春は潰されて逃げるようなプレーを選んでいた」(福重監督)という部分も変化。プリンスリーグ関西で戦ううちに本人が「自分が行った方が効果的かなと思うようになってきたり、抜けるという自信もついている」と意識を変え、自分で勝負する部分も増やしたことが、より周囲を使う巧さを引き立てている。

 自分の特性をより伸ばして、「行けるならば挑戦したい」というプロへ。「自分、強引に行くタイプではないと思っています。でも、周りを見て、落ち着いて仲間を活かすプレーとか、キックで決めきる決定力は自分の良さだと思っている。ネイマールのように、テクニックも多彩でシュートも巧いという選手になりたい」という姿により近づき、チームを勝たせてインターハイでスカウトたちにアピールする。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校総体2018

東山が京都準々決勝で圧巻のゴールラッシュ。8-0で大目標の日本一へ一歩前進

前半20分、東山高FW長坂大陸が右足ダイレクトで決めて2-0
[5.20 総体京都府予選準々決勝 東山高 8-0 洛南高 東山高総合G]

 平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」サッカー競技(三重)京都府予選は20日に準々決勝を行った。府新人戦優勝の東山高は洛南高に8-0で快勝。東山は26日の準決勝で京都共栄高と対戦する。

 勝った東山の選手たちも「ここまで圧倒できるとは思っていなかった」と驚く8-0快勝。洛南の4回戦が雷によって延期され、17日に組まれたことによる疲労面も少なからず影響を及ばしたようだ。それでも、東山は存分に強さを見せつけ、インパクト十分のスコアで全国まであと2勝とした。

 立ち上がりは日本代表GK東口順昭(現G大阪)の母校で京都府随一の進学校、洛南がチャンスを作る。5バックを敷いた洛南は10番MF早坂千紘(3年)がテンポよくボールをさばき、5分にはFW伊藤僚冶(3年)と早坂のクロスが立て続けにゴール前を横切る。先にあわやのシーンを作り出された東山だったが、直後にこの日非常に印象的な動きを見せていたMF倉貫直人主将(3年)のパスからFW長坂大陸(3年)が右足シュート。これは洛南GK小泉愛斗(3年)にストップされたものの、この攻撃で得たCKでゴールラッシュの口火を切る。

 8分、MF宇賀神拓世(3年)が右サイドから左足CK。ゴール前を抜けたボールをファーサイドのMF中山翔(2年)が押し込んで先制すると、20分には右サイドを抜け出した“鎌田2世”の注目タレントFW久乗聖亜(3年)の折り返しを長坂が右足で合わせる。さらに22分にはMF片岡宥人(3年)の仕掛けから久乗が加点。25分には左サイドを抜け出した久乗のクロスのこぼれを中山が押し込んで4-0とした。

 東山はスピーディーなパスワークでフリーの選手を作り出し、中盤、最終ラインで前を向いた選手が精度ある縦パス。そして、タイミングの良い動き出しからサイドへ抜け出す久乗や長坂、中山が決定機に絡んでいく。対する洛南はGK小泉がビッグセーブを連発。5バックから4バックへスイッチした洛南は何とか相手の猛攻を凌ぎ、反撃しようとしていたものの、東山は後半も攻撃の手を緩めない。

 後半3分、東山は右SB木下誠太(2年)の折り返しから久乗が豪快な右足シュートを決めて5-0。19分には交代出場したFW大八木陽一(3年)の突破から長坂が決めると、28分には久乗の左クロスをCB井上竜稀(3年)が頭で決めて7点目を奪う。そして32分には交代出場のFW中村将吾(3年)の右クロスを宇賀神が決めてゴールラッシュを締めた。

 洛南の最後まで諦めずに攻め続ける姿勢は特筆に値するもの。点差が開いても1点を奪い取るために攻め続け、クロス、シュートまで持ち込もうとしていた。だが、東山は緩めることなく守って8-0で勝利。FW鎌田大地(現フランクフルト)が1年生だった12年以来となるインターハイ出場へ一歩前進した。

 東山の福重良一監督は大量8得点を奪い取ったチームを讃える一方で「もう少し幅を使った攻撃がしたかった。もう少し最後の精度を上げられると思っている」とコメント。選手たちもシュート29本を放ちながら8得点に終わったことを反省していた。

 ただし、関西で評判のFW久乗や1年時から出場を続ける倉貫だけでなく、宇賀神、長坂、片岡らが台頭してきていることが心強い。守備もGK荒木光汰(3年)を中心に声を絶やさず、無失点で試合を終えた。個に頼るのではなく、連動性を特長とするチームの中で、複数の柱も育ってきている印象だ。この日際立った強さを示したチームは準決勝、決勝でもその強さを発揮することができるか。

 倉貫は「きょうの試合では満足してはいけないと分かっているんですけれども、上手くいったないうのが正直な感想です。次の試合でも同じような戦いができれば勝つ自信はあります。新人戦で優勝してその景色を見ることができたので、それをもう一回インターハイで見て、全国にも繋がっているので結果を残して伝統を作っていきたい」と語り、久乗は「先生たちから京都は通過点で、日本一を目指さないといけないと話をして頂いています。(目標は)日本一です。みんな予想していないことをしたいですし、最終的には先生や親に結果で恩返ししたい」と力を込めた。目標は京都一ではなく、日本一。現時点ではまだその力が無いと認識している選手たちは、貪欲に力を磨いて次の試合を迎える。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校総体2018

U-17W杯まであと半年…U-17日本女子代表候補メンバーが発表

 日本サッカー協会(JFA)は22日、静岡県内で28日~31日に行われるU-17日本女子代表候補メンバーを発表した。JFAアカデミー福島U-15の男子チームとトレーニングマッチを行う。

 今年11月からウルグアイで行われるU-17女子W杯に出場する世代。28日午後にトレーニングを開始し、練習試合2試合を行う予定となっている。

メンバーは以下のとおり

▼スタッフ
監督:楠瀬直木
コーチ:宮本ともみ
GKコーチ:小林忍

▼GK
松井里央(藤枝順心高)
福田史織(浦和レディースジュニアユース)
大場朱羽(JFAアカデミー福島)

▼DF
根津茉琴(JFAアカデミー福島)
松田紫野(日テレメニーナ)
後藤若葉(日テレメニーナ)
富岡千宙(JFAアカデミー福島)
菊池まりあ(神村学園高)
大熊環(千葉レディースU-18)
長江伊吹(藤枝順心高)
善積わらい(C大阪堺レディース)

▼MF
瀧澤千聖(十文字高)
吉田優菜(藤枝順心高)
高原天音(大商学園高)
中尾萌々(千葉レディースU-18)
山本柚月(日テレメニーナ)
岩﨑心南(日テレメニーナ)
木下桃香(日テレメニーナ)

▼FW
水野蕗奈(追手門学院高)
神谷千菜(聖カピタニオ高)
大澤春花(千葉レディースU-18)
門脇真依(JFAアカデミー福島)
田中智子(セレッソ大阪堺レディース)
城和怜奈(JFAアカデミー福島)
山崎愛海(INAC神戸レオンチーナ)

2日連続別調整の岡崎「今は心肺を上げて…」

2日連続で別調整となったFW岡崎慎司
 左足首を痛めている日本代表FW岡崎慎司(レスター・シティ)は2日連続で別メニュー調整となった。練習冒頭のランニングは一緒にこなしたが、その後、メニューがサーキットトレーニングに移ると、チームメイトと離れ、一人でランニングを続けた。

 4月14日のバーンリー戦で左足首を負傷し、シーズン終盤の5試合を欠場。1か月以上、実戦から遠ざかる中、30日のガーナ戦(日産ス)に照準を合わせ、慎重に調整を続けている。

「今は心肺(機能)を上げて、足の状態がいけるってなったときに、さっとチーム練習に入れるようなコンディションにしておきたい」。合宿初日からチームに合流しているのは海外組の11人のみ。今後、順次合流し、全27人がそろうのは25日となっている。本格的な戦術練習もそれ以降になる見通しで、それまでに合流の目途を立てたいところだ。

 招集された27人のうち、4月に32歳となった岡崎は4番目の年長者。W杯でのベテラン選手の重要性について聞かれると、「もちろんそういう選手も必要だし、いなかったら自分がやるべき。臨機応変にやれる年齢だし、自分がこれまで続けてきたことをプレーでも存在でも出せたら」と話した。

(取材・文 西山紘平)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

ガーナ戦まで1週間、W杯初戦まで約1か月…原口元気が意識するのは“うまく抜く”こと

日本代表MF原口元気
 代表合宿2日目。海外組10人がピッチ上に姿を現してトレーニングが行われ、ランニングやサーキットトレーニング、ミニゲームをこなして約1時間半汗を流した。日本代表MF原口元気(デュッセルドルフ)は「練習のときはしっかりやる」と答える一方、30日のガーナ戦まで一週間の期間があることで、「今から張りつめてもあれなんで。自分的にはあえてゆっくり、うまく抜くことを意識してやっている」と話した。

 在籍4シーズン目となったヘルタ・ベルリンでは苦しんだ。序盤は途中出場でピッチに立ち、第7節バイエルン戦で初先発初アシストを記録しながらも、2試合連続先発出場を果たした翌節のシャルケ戦で一発退場。その後は思ったように出場機会をつかめず、18年から2部のデュッセルドルフに期限付き移籍を決断した。

 だが、移籍直後に初出場を果たすと、続くカイザースラウテルン戦で1得点1アシスト、さらに翌節のザントハウゼン戦で1アシストを記録。脳震盪の影響で数試合は欠場したものの、その後は攻撃の軸の一人としてピッチに立ち、13試合1得点3アシストという結果以上のインパクトを残してチームの2部優勝、そして1部昇格に大きく貢献した。

「(ヘルタ・ベルリンでの)最初の10試合くらいは良くて、半年は(試合を)やっていなくて、デュッセルでも最初の10試合くらいは良かったけど、最後の2、3試合はちょっとしんどかった。けど、5日間でだいぶリフレッシュできて、うまく抜けたので今は良いですね」。シーズンの疲労を“うまく抜く”ことで、コンディション良く日本代表に合流。そして、今後も“うまく抜く”ことで、コンディションを維持してガーナ戦、そしてW杯本大会に臨もうとしている。

 ロシアW杯メンバーに選出されれば、自身にとって初の大舞台に挑むことになる。「プレッシャーが強い方がやりやすいし、自分の感覚が冴えればいい。それが一番大事だと思うので、うまくそういう状態に持っていきたい」と静かに牙を研ぎ続ける。

(取材・文 折戸岳彦)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

【チーム紹介 ~湘南ベルマーレ~】

フットサル オリジナル ユニフォームはロンヨンジャパン!

 

いつもお世話になっております、ロンヨンジャパンの上田です!

ブログを閲覧して頂き有難うございます!

 

さてさて、もうすぐでFリーグが開幕しますね(^^)

個人的にも大変心待ちにしております!

 

そこで余りご存知ない方もいらっしゃると思い、湘南ベルマーレ様についても触れさせて頂きます!!

 

bellmare_all_2OG_3503

 

 

集合写真からも強さがにじみ出ていますね!

弊社は湘南ベルマーレ様のご使用されるウェア類を毎年作らせて頂いており、

大変光栄な事に今年は私がユニフォームの作成をさせて頂きました!

 

昨年はリーグで3位と飛躍の年を迎えただけに、今年の活躍に期待しております(^^)

選手、監督、戦術、サポーターの作り出す会場の雰囲気等といった、最強チームへの条件は揃ったのではないでしょうか!

是非とも頂点を目指して頑張って頂きたい!!

 

この記事を見て興味を持たれた方は是非試合に足を運んでみて下さい、

トップレベルの試合はとても刺激になりますし、皆で応援する一体感も楽しいですよ(^^)

 

因に記念すべき初戦は下記の日程で試合が行われます!

相手は昨季にチャンピオンシップ決勝ラウンドで惜しくも破れたバルドラール浦安とは!!

因縁ですね~、是非とも前回の借りを返して頂きたい!

 

▼試合情報

対戦相手:バルドラール浦安

開催日時:6月16日(土) 19時kick off

会場:駒沢オリンピック公園 体育館  

 

今後も随時、湘南ベルマーレ様の活動等をブログでご紹介させて頂きます!

 

満員1万人の願い届かず…昨季3部H・キールが1部昇格逃す、ボルフスブルクが再び残留

プレーオフで敗れたホルシュタイン・キールの選手たち
[5.21 ブンデス1部2部入れ替えPO ボルフスブルク 1-0 H・キール]

 ブンデスリーガ1部16位のボルフスブルクは21日、入れ替えプレーオフ第2戦で2部3位のホルシュタイン・キールと対戦した。後半30分の得点で1-0の勝利を挙げ、2戦合計スコアは4-1。来季の1部残留を死守した。

 2014-15シーズンはリーグ2位、DFBポカール優勝の好成績を残し、翌シーズンには欧州CLに出場したボルフスブルク。だが、16-17シーズンはプレーオフ圏内の16位に沈み、ブラウンシュバイクとの決戦に勝利したものの、今季は再び降格の窮地に陥っていた。

 相手は優勝したデュッセルドルフに、第33節で勝利したH・キール。かつてはレギオナル・リーグ(4部相当の地域リーグ)所属が続き、昨季の3部2位でようやく2部昇格。そんな勢いままに1部昇格を狙った気鋭のチームを待ち受けた。

 だが、1996-97シーズン以来となる2部降格となってしまうボルフスブルクが意地を見せた。ホームで迎えた第1戦は3-1で振り切ると、小さなスタジアムを1万人の相手サポーターが埋め尽くした敵地でも、後半30分に先制点。2戦合計3点のリードを守り切り、1部リーグにかろうじてとどまった。

 AFP通信によると、3部から2年連続での昇格を狙ったH・キールのマルクス・アンファング監督は試合後、人目もはばからず涙を流し、「試合終了の笛を聞いて感情があふれ出てしまった」と話したという。

●ブンデスリーガ2017-18特集

3バック併用の可能性に麻也「3枚と4枚では全然違う」

ヘディングするDF吉田麻也
 限られた時間の中で選手の対応力も求められている。西野朗監督が就任した日本代表は合宿2日目のトレーニングを終えたが、まだ海外組11人しか合流できていないこともあり、全体ミーティングも戦術練習も行っていない。DFリーダーであるDF吉田麻也(サウサンプトン)も指揮官と「戦術的な話はまだしていない」という。

 西野監督は18日のメンバー発表会見で「固執したシステムやポジショニングではなく、ポリバレントに複数をこなす選手がこのリストの中にもたくさんいる」と説明。「たくさんのオプションを考えて選手にも伝えていきたい」と、複数のシステムを使い分ける考えも示唆している。

 4バックだけでなく、3バックとの併用も念頭にあると見られるが、日本代表ではアルベルト・ザッケローニ元監督時代に3-4-3をオプションとしてテストしたぐらいで、長らく4バックをベースにしてきた。クラブでは3バックもこなす吉田でさえ、「3枚と4枚では全然違う」と話すように、チームとして一朝一夕に習得できるものでもない。

「(3バックに)だれが入るかにもよるし、3バックなのか、5バック気味なのかでも変わる。そこはやってみないと分からない」。そう慎重に話した吉田は「全員がそろってからチームを構築しないといけない。1日も無駄にできないし、質の高いものが大事になる」と表情を引き締めた。

(取材・文 西山紘平)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

湘南ベルマーレのトップチームメンバー全34名の着用スパイクリスト

湘南ベルマーレのスタメン
 湘南ベルマーレの2018シーズンのトップチームメンバー全34名の着用スパイクを一挙に紹介する。(2018年5月時点での着用スパイク)

 着用スパイクのメーカー毎の内訳は、ミズノ11名、ナイキ8名、アディダス7名、プーマ3名、アシックス2名、ニューバランス1名、アンブロ1名、アンダーアーマー1名、となっている。

 全34名の中での最多着用スパイクは、8名が着用しているミズノ「モレリアNEO2」。

全選手の着用スパイクは以下の通り。

GK 1 秋元陽太
ナイキ「マジスタオーパス2」

GK 21 富居大樹
ニューバランス「ビザロ2 PRO」

GK 31 後藤雅明
アシックス「DSライト X-FLY3 SI」

GK 33 真田幸太
ナイキ「ティエンポレジェンド7」

DF 3 岡崎亮平
アンブロ「Uメデューサ2 PRO」

DF 4 アンドレ・バイア
ミズノ「モレリア2 SI」

DF 8 大野和成
ミズノ「モレリアNEO2」

DF 13 山根視来
プーマ「エヴォパワーVIGOR1」

DF 20 坂圭祐
ミズノ「モレリアNEO2」

DF 28 石原広教
ナイキ「ティエンポレジェンド7」

DF 29 杉岡大暉
ナイキ「ティエンポレジェンド7」

DF 30 島村毅
ミズノ「モレリアNEO2」

DF 36 岡本拓也
ナイキ「ティエンポレジェンド7」

MF 2 菊地俊介
ミズノ「モレリアNEO2」

MF 5 小林祐介
プーマ「エヴォタッチ J2 HG」

MF 6 石川俊輝
ミズノ「モレリアNEO2」

MF 7 梅崎司
アディダス「ネメシス17.1」

MF 10 秋野央樹
ナイキ「ティエンポレジェンド7」

MF 11 高橋諒
ミズノ「モレリアNEO2」

MF 14 藤田征也
アシックス「メナス3」

MF 16 齊藤未月
アディダス「エックス17+」

MF 18 松田天馬
アディダス「エックス17.1」

MF 32 新井光
アディダス「エックス17.1」

MF 34 金子大毅
アディダス「エックス17.1」

MF 35 柴田壮介
ミズノ「モレリア2」

MF 41 ミキッチ
ナイキ「ハイパーヴェノムファントム3」

FW 9 イ・ジョンヒョプ
アディダス「エックス17+」

FW 15 野田隆之介
ナイキ「ハイパーヴェノムファントム3」

FW 17 端戸仁
アディダス「エックス16.1 LE」

FW 19 アレン・ステバノヴィッチ
ミズノ「モレリアNEO2」

FW 23 高山薫
プーマ「エヴォスピード SL II FG」

FW 24 表原玄太
ミズノ「モレリアNEO2」

FW 26 山口和樹
ミズノ「モレリア2」

FW 27 鈴木国友
アンダーアーマー「マグネティコ PRO」


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

浅野拓磨を知り尽くす恩師2人と元同僚「信頼関係があると勝手に思っている」

森保一コーチとFW浅野拓磨
 15年の東アジア杯でA代表デビューを飾り、その後もコンスタントに日本代表に名を連ねてきたFW浅野拓磨(シュツットガルト)。当然、日本代表のチームメイトも浅野の持ち味は十分に理解しているだろうが、今回のメンバーにはより彼を生かす術を知る男が招集され、選手たちを見守るコーチ陣にも彼を直接指導した男たちの姿があった。

 13年に四日市中央工高から広島に加入すると、同年にデビューを飾り、翌年以降は出場機会を増やす。15年には32試合に出場し、すべて途中出場ながらも8ゴールを記録して、チームの年間順位1位に大きく貢献。翌年は背番号10を背負ってシーズン途中までプレーし、14試合4得点という記録を残して海外へと羽ばたいていった。

 広島在籍時にチームメイトとして、正確なパスで浅野の持ち味を生かしたMF青山敏弘が、ガーナ戦に臨む日本代表に約3年ぶりに招集されることになった。初めて代表でチームメイトとなる浅野が、青山への信頼を語る。「僕のプレースタイルを知っている人が入るのは、すごくポジティブなこと。僕自身もやっぱりアオ君(青山)を信頼しているし、2人で崩せるプレーもあると思う。信頼し合える関係はあると僕は勝手に思っています」。

 そして、西野朗新監督が率いる日本代表のコーチには、広島時代に指導を受けた森保一氏が就任。プロ1年目から自身を知る森保氏のコーチ就任は、「それが僕にとってプラスなのか、どうかは正直分からない」と話しつつも、「アオ君と同じように僕自身、すごく信頼している人だし、森保さんも僕が持っているもの、そうではないものを分かってくれている理解者の一人だと思う。僕の出したいことを出させてくれるような存在の人がいるのは、ポジティブなこと」と続けた。

 さらに、リオデジャネイロ五輪をともに戦った手倉森誠氏もA代表コーチを務めており、「僕にとってすごく大きな存在の人たちがいるので、その分の緊張感もある」と苦笑しながらも、「でも、僕にとってすごく良い状況だと思っている」と恩師たちの目の前で自身の持ち味を発揮していこうとしている。

(取材・文 折戸岳彦)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

W杯目前だが疑いなし…スペイン代表のロペテギ監督、EURO2020まで契約延長

契約延長を勝ち取ったスペイン代表フレン・ロペテギ監督
 スペインサッカー連盟(RFEF)のルイス・レビアレス会長は22日、スペイン代表のフレン・ロペテギ監督との契約を2020年まで延長したと発表した。欧州分散開催となる欧州選手権(EURO)まで指揮を執るようだ。

 スペイン代表は21日、ロシアW杯に臨む代表メンバーを発表。MFアンドレス・イニエスタ、GKダビド・デ・ヘア、DFセルヒオ・ラモス、DFジェラール・ピケらを始め、2010年の南アフリカW杯以来、2大会ぶりの優勝を目指している。

 グループBに入ったスペインは、6月15日にポルトガル、20日にイラン、25日にモロッコと対戦する。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送 

ハリル体制からの変化語る宇佐美、通訳なしの“オールジャパン”に「そこはメリット」

笑顔で練習するMF宇佐美貴史
 監督交代による変化も感じている。日本代表MF宇佐美貴史(デュッセルドルフ)は合宿2日目の練習後、「楽しくやれていると思う」と、雰囲気の良さを口にした。

 招集された27人のうち、チームに合流したのは海外でシーズンを終えたばかりの11人。負傷を抱えるFW岡崎慎司、MF乾貴士が別調整ということもあり、日程的にも人数的にも戦術練習に入れるわけがなく、コンディショニングを重視したメニューをこなしている。

 それでも「フィジカルトレーニングや走りのトレーニングもあるけど、ボールを使った練習が多い。素走りよりボールを使って(コンディションを)上げたほうが選手としてはうれしい。楽しみながらできていると思う」と前向きに話す宇佐美は、コミュニケーションの面でも前体制との違いを実感している。

 バヒド・ハリルホジッチ前監督が解任されると、外国人コーチ3人もそろって契約解除となった。一方で手倉森誠コーチ、早川直樹コンディショニングコーチ、浜野征哉GKコーチは続投し、新たに森保一コーチ、小粥智浩コンディショニングコーチ、下田崇GKコーチが加わった。

 西野監督が「オールジャパン」と表現したように、新体制のコーチングスタッフは全員が日本人。宇佐美は「ドイツでやっていてもそうだけど、(通訳を)一人通すことで表現も変わる。テンションであったり、状況に適した表現でダイレクトに受けられる。そこはメリットというか、いいことしかない」とポジティブに受け止めた。

 宿舎での過ごし方については「ハリルさんのときと普段のルールはあまり変わっていない」というが、宿舎の食事会場に関しては「縦テーブルが丸テーブルになって、食事のタイミングが少し変わった」と説明。「まだ2日だけど、すごくいい状態でやれていると思う」と手応えを口にした。

(取材・文 西山紘平)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

分野研究家

メンバーが増えた場合などには枚数を追加する可能性がある。 #フットサル#サッカー#ユニフォーム#グラデーション#カスタマイズ#高品質#着心地#保障#ロンヨン
Posted in 未分類

9日前に指揮官交代の柏、GKコーチの交代も発表

 柏レイソルは22日、これまでアカデミーを指導していた井上敬太GKコーチがトップチームのコーチを務めると発表した。トップチームの松本拓也コーチがアカデミーに移る。

 井上コーチは1983年生まれの34歳。大津高時代はテゲバジャーロ宮崎MF田中英雄や元川崎FなどでプレーしたMF原田拓(引退)の1学年下、元甲府のGK時久省吾(引退)や元熊本DF矢野大輔(引退)の1学年上にあたる。

 柏は今月13日、下平隆宏監督(現・強化チームダイレクター)の退任を発表し、加藤望ヘッドコーチが指揮官に就任していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

モイーズ退任のウエスト・ハム、名将ペジェグリーニ監督の就任を発表! レアル、マンCを指揮

ウエスト・ハムの新監督に就任したマヌエル・ペジェグリーニ氏
 ウエスト・ハムは22日、河北華夏のマヌエル・ペジェグリーニ監督(64)が新指揮官に就任すると発表した。同クラブはすでに、今季途中から就任していたデイビッド・モイーズ監督の退任を発表していた。

 チリ出身のペジェグリーニ氏は2005-06シーズン、ビジャレアルの監督として欧州CL4強入りを達成。MFファン・ロマン・リケルメやMFサンティ・カソルラら、テクニシャンを生かして一時代を築いた。

 その後、09-10シーズンはレアル・マドリーの監督に就任。獲得した勝ち点96は当時のクラブ最多記録、現在でも11-12シーズンの100に続く2位の好成績を残したが、1年間限りで解任された。その後はマラガを経てマンチェスター・シティを指揮し、3年間で1度のリーグ制覇、2度のカップ優勝を果たした。

 同氏はクラブの公式ツイッターを通じて、「このプロジェクトに興奮しているよ。これまでのクラブではいつも欧州カップ出場権を獲得しているので、それが目標になる」と、今季13位のクラブを6位以上に浮上させることを誓っている。

●プレミアリーグ2017-18特集

「また始まってから」本田は取材応じず、練習中に西野監督と話も

西野朗監督とMF本田圭佑が言葉をかわす
 ロシアW杯の壮行試合となる30日のガーナ戦(日産ス)に向けて合宿中の日本代表は22日、千葉県内で合宿2日目の練習を行った。

 この日の練習には合宿初日となった前日21日と同じくMF本田圭佑(パチューカ)、FW岡崎慎司(レスター・シティ)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、MF香川真司(ドルトムント)、FW大迫勇也(ブレーメン)、FW武藤嘉紀(マインツ)、DF酒井高徳(ハンブルガーSV)、MF原口元気(デュッセルドルフ)、MF宇佐美貴史(デュッセルドルフ)、FW浅野拓磨(シュツットガルト)の海外組10人が参加。足首を痛めている岡崎は前日に続いて冒頭のランニング以外は別メニューで調整し、右太腿を痛めているMF乾貴士(エイバル)はこの日もグラウンドに姿を見せず、宿舎でリハビリに専念した。

 練習冒頭は2グループに分かれ、本田、香川、浅野、吉田の4人は遅めのペースでランニング。岡崎を含めた残り6人も周回を重ねるごとに徐々に差が付き、武藤が最も速いペースで走るなどコンディションの良さをうかがわせた。

 ランニングを終え、選手がそれぞれストレッチをしていると、本田の横に西野朗監督が立ち、数分間、2人だけで言葉をかわすシーンもあった。その後、岡崎は別調整となり、ランニングを継続。残る9人はサーキットトレーニング、6対3のボール回し、ミニゲームなどで汗を流した。

 練習後、選手は報道陣が待つミックスゾーンを通ったが、本田は記者の呼びかけに「また始まってから」と答え、立ち止まることはなかった。前日21日はテレビ局の共同インタビューに応じた本田だが、ペン記者の取材には2日連続で応じず、大迫も2日連続で取材対応をしなかった。

 代表チームには今後、19日にDFBポカール決勝を終えたMF長谷部誠(フランクフルト)のほか、スペイン、フランス、トルコの海外組および国内組が順次合流。25日に全27選手がそろう予定となっている。

(取材・文 西山紘平)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

「自分が点決めて流れ変えてやろう」三重代表するMF藤村、交代出場で流れ変えて同点ヘッドも

後半19分、三重高MF藤村祐世が同点ヘッド
[5.19 総体三重県予選決勝リーグ第1節 三重高 2-2(PK6-5)伊賀白鳳高 三重交通Gスポーツの杜 鈴鹿]

 三重高は負傷明けで交代出場した大黒柱・MF藤村祐世(3年)が試合の流れを変えた。0-1の後半7分に投入された藤村は「前で起点をつくって、自分が点決めて流れかえてやろうと思っていました」という考えを持ってピッチに入ると、中盤の底の位置にまで下がってボールを受けながら攻撃を組み立てる。

 1点ビハインドの状況。前半、ピッチの外から試合を見て、チームメートたちが慌てて攻めてしまっているという印象を感じていた。それだけに「自分が落ち着いてやることで周りの選手も落ち着いてできるかなと」と意図的に攻撃をスピードダウンさせ、ポゼッションを高めていく。

 後半、ボールを支配する時間を増やした三重は19分、右クロスをファーサイドのMF坂井涼真(3年)が頭で折り返す。最後は中央へ飛び込んだ藤村が頭で同点ゴールを決めた。「入った瞬間、嬉しかったです」と振り返った藤村は後半27分の同点ゴールにも絡んで、PK戦勝利に貢献した。

 ケガ明けということで、出場時間が30分程度に限定される中で結果を残した。だが、試合後は「(得点に絡み、)供給もできたんですけれども、まだもっと周り見てやらないといけないと思いました」と反省。1年時から先発を務めてきた注目MFはより、違いを見せて、試合を決定づけるような活躍を目指していく。

 週3回の筋力トレーニングなどによって本人も実感するほど身体の厚みが増した。昨年は夏冬連続で全国出場も、未勝利。課題を改善し、全国でより武器を発揮しなければ強豪に勝つことはできない。「全国出たら相手も上手い人はいると思うんですけれども、自分の特長出して違いを出せたら。周りの目にも留まるようにしたい」と語る三重を代表する実力派MFが持ち味のショートパス、ロングキックの精度と強化してきた部分を発揮して全国出場を決め、その舞台で目立つ活躍をする。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校総体2018

四中工撃破にも慢心無し。伊賀白鳳が逆転での三重決勝L2位以内、“全国初出場”目指す

前半33分、伊賀白鳳高FW津野充都起が右足で先制ゴール
[5.19 総体三重県予選決勝リーグ第1節 三重高 2-2(PK6-5)伊賀白鳳高 三重交通Gスポーツの杜 鈴鹿]

「自分たちの良さは出せたかなという手応えがある。次に繋がる試合だった」。伊賀白鳳高の下田祐輔監督はPK戦の末、三重高に敗れた決勝リーグ初戦について、そう振り返った。

 個々の良さが上手く合致している印象の伊賀白鳳は序盤からFW藤岡翔太(3年)とFW津野充都起(3年)の強力2トップを中心とした攻撃。スピードとセンスのある藤岡とボールの収まる津野のレフティー2トップへ左利きの司令塔・繁田晃喜(3年)やMF三井錬(3年)が配球し、チャンスを作り出していた。

 そして33分には中盤でボールを奪うと、繁田が巧みな切り返しでDFを外し、DFラインとGKの間へループパス。これに走り込んだ津野がDFの前方で上手くボールに右足を当てて先制ゴールを奪った。

 後半は三重にボールを支配され、18分に追いつかれたものの、前線からのプレッシングでボールを奪って決定機を作り出す。そして25分、カウンターから右サイドを駆け上がったMF吉田雄太(3年)がグラウンダーのクロス。ニアで藤岡が潰れ、最後は津野が右足で勝ち越しゴールを決めた。

 再び追いつかれ、PK戦では6人目、7人目が失敗して敗戦。だが、CB嶌本武蔵(3年)が抜群の高さを発揮し、PK戦ではGK福留海音(3年)が1本ストップするなど、それぞれが良さを出した試合でもあった。

 伊賀白鳳は選手権出場12回の古豪・上野工高と上野農高、上野商高が統合し、09年4月に開校。今年のインターハイは地元・三重開催で出場枠が2枠あるだけに、新しい伊賀白鳳の名を全国に知らしめるチャンスだ。「(地元インターハイについては)彼らが1年生のときから言い続けてきた。これに合わせてきたことが良いプレーに繋がっている」と指揮官。2回戦では下田監督の母校である名門・四日市中央工高を破り、全国にインパクトを残したが、選手たちはそこで満足することなく、上を目指してきた。

 この日は2連覇中の王者・三重を苦しめながらも敗戦。だが、「下を向いている暇はない。2回勝つしかない」と下田監督が話すように、ここからもう一度切り替えて“逆転”での2位以内浮上、そして伊賀白鳳として初の全国切符獲得を目指す。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校総体2018

ドルトムントの新監督が決定!! ニースのルシアン・ファーブル監督、かつては大津祐樹を指導

ドルトムントの新監督に就任したルシアン・ファーブル氏
 ドルトムントは22日、ニースを指揮していたルシアン・ファーブル氏(60)が来季の新監督に就任すると発表した。契約期間は2020年までの2年間となっている。

 スイス出身の同氏はクラブの公式ツイッター(@BVB)を通じて、「ボルシア・ドルトムントとても魅力的な仕事だ。喜んでこなしてみせるよ」とコメントしている。

 ドルトムントは今季途中から就任していたペーター・シュテーガー監督との契約が満了。後任探しを続けており、かつてヘルタ・ベルリンボルシアMGでの経験を持つ60歳に白羽の矢を立てた。

 ボルシアMG時代の2011-12シーズンにはMF大津祐樹(横浜FM)を指揮した経験を持つファブレ氏。今度は同じく20年までの契約を残すMF香川真司と共にブンデスリーガを戦うこととなった。

●ブンデスリーガ2017-18特集
●海外組ガイド

[プリンスリーグ東北]指揮官も認める「尚志のストロング」加瀬直輝が2Aで仙台ユース撃破の立役者に

尚志高MF加瀬直輝は2アシストの活躍
[5.19 プリンスリーグ東北第8節 仙台ユース 0-2 尚志高 マイナビベガルタ仙台泉パークタウンサッカー場]

 プリンスリーグ東北前半戦の大一番、4位・ベガルタ仙台ユース(宮城)と2位・尚志高(福島)の上位対決は、2-0でアウェーの尚志が制し、2位をキープした。勝利の立役者となったのは後半、右サイドから何度も精度の高いクロスを上げ、2アシストを記録したMF加瀬直輝(3年)だ。

 前半は仙台ユースにボールをキープされ、守勢に回った。加瀬も縦への突破を狙ったが「前半は縦を切られる対応をされました」と得意のドリブル突破をなかなか見せられずにいた。ハーフタイムで尚志・仲村浩二監督より「アーリークロスを上げていけ」との指示を受け、縦突破だけでなくアーリークロスを入れ始めると、徐々に加瀬を起点に決定機が生まれ始めた。

 そして後半20分、CKのこぼれ球を右サイドで拾った加瀬がファーサイドへクロスを入れる。「練習もやっている形がうまくいきました」と振り返ったクロスを受けたのはDF黒澤誓哉(3年)。「ファーサイドにいて、ボールが流れた時も折り返しのボールが来る場合があることを意識していました」とうまくヘディングで合わせて先制に成功した。

 この先制点で勢いに乗った尚志は27分、今度が加瀬が深く相手陣内に切れ込んでクロス。FW二瓶由嵩(3年)がフリーで合わせ、試合を決定づけるヘディングシュートを決めた。「(二瓶は)練習でも自分のクロスからゴールを決めてくれていて、クロスを上げようと思った時に必ず中にいてくれます。ピンポイントで合わせられたのは良かったと思います」と精度の高いクロスを上げられたことを喜んだ。

 仲村監督は「加瀬はうちのチームのストロングです。中央の選手は仙台ユースの方が強いのですが、うちはサイド攻撃がストロングです。よく後半も足を残してくれました」と豊富な活動量で攻守に奮闘した加瀬を讃えた。

 昨年から公式戦には出場していたが途中出場が多かった。「3年生になって自分が主力として出るようになって、チームの勝利をより意識するようになりました。自分の力で勝てるようにと監督からも言われているので個の部分を磨いています。1試合1試合、ゴールやアシストでチームの勝利に貢献するのが目標です」。先発出場が増え、責任感が増し、より勝利を強く渇望するようになった。

 大舞台で2アシストの大活躍だったが、まだまだ自身のプレーに満足していない。「縦突破を読まれることが多くなってきたので、縦を切られても止められないスピードや、フェイントを覚えたいです。カットインしてのシュートも決めたいですね」とスキルアップにも貪欲だ。翌週より始まる福島県高校総体に向けては「守備は無失点を心掛けてやってくれているので、攻撃陣は毎試合3点は必ず取る気持ちでやっています」と、どの試合も大量得点で優勝したいと意欲を見せる。尚志のストロングが、今後どれだけゴールを演出できるか注目だ。
  
(取材・文 小林健志)
●2018高円宮杯プリンスリーグ特集

[プリンスリーグ東北]指揮官も認める「尚志のストロング」加瀬直輝が2Aで仙台ユース撃破の立役者に

尚志高MF加瀬直輝は2アシストの活躍
[5.19 プリンスリーグ東北第8節 仙台ユース 0-2 尚志高 マイナビベガルタ仙台泉パークタウンサッカー場]

 プリンスリーグ東北前半戦の大一番、4位・ベガルタ仙台ユース(宮城)と2位・尚志高(福島)の上位対決は、2-0でアウェーの尚志が制し、2位をキープした。勝利の立役者となったのは後半、右サイドから何度も精度の高いクロスを上げ、2アシストを記録したMF加瀬直輝(3年)だ。

 前半は仙台ユースにボールをキープされ、守勢に回った。加瀬も縦への突破を狙ったが「前半は縦を切られる対応をされました」と得意のドリブル突破をなかなか見せられずにいた。ハーフタイムで尚志・仲村浩二監督より「アーリークロスを上げていけ」との指示を受け、縦突破だけでなくアーリークロスを入れ始めると、徐々に加瀬を起点に決定機が生まれ始めた。

 そして後半20分、CKのこぼれ球を右サイドで拾った加瀬がファーサイドへクロスを入れる。「練習もやっている形がうまくいきました」と振り返ったクロスを受けたのはDF黒澤誓哉(3年)。「ファーサイドにいて、ボールが流れた時も折り返しのボールが来る場合があることを意識していました」とうまくヘディングで合わせて先制に成功した。

 この先制点で勢いに乗った尚志は27分、今度が加瀬が深く相手陣内に切れ込んでクロス。FW二瓶由嵩(3年)がフリーで合わせ、試合を決定づけるヘディングシュートを決めた。「(二瓶は)練習でも自分のクロスからゴールを決めてくれていて、クロスを上げようと思った時に必ず中にいてくれます。ピンポイントで合わせられたのは良かったと思います」と精度の高いクロスを上げられたことを喜んだ。

 仲村監督は「加瀬はうちのチームのストロングです。中央の選手は仙台ユースの方が強いのですが、うちはサイド攻撃がストロングです。よく後半も足を残してくれました」と豊富な活動量で攻守に奮闘した加瀬を讃えた。

 昨年から公式戦には出場していたが途中出場が多かった。「3年生になって自分が主力として出るようになって、チームの勝利をより意識するようになりました。自分の力で勝てるようにと監督からも言われているので個の部分を磨いています。1試合1試合、ゴールやアシストでチームの勝利に貢献するのが目標です」。先発出場が増え、責任感が増し、より勝利を強く渇望するようになった。

 大舞台で2アシストの大活躍だったが、まだまだ自身のプレーに満足していない。「縦突破を読まれることが多くなってきたので、縦を切られても止められないスピードや、フェイントを覚えたいです。カットインしてのシュートも決めたいですね」とスキルアップにも貪欲だ。翌週より始まる福島県高校総体に向けては「守備は無失点を心掛けてやってくれているので、攻撃陣は毎試合3点は必ず取る気持ちでやっています」と、どの試合も大量得点で優勝したいと意欲を見せる。尚志のストロングが、今後どれだけゴールを演出できるか注目だ。
  
(取材・文 小林健志)
●2018高円宮杯プリンスリーグ特集

激震ペルーに救いの手が…厳罰ゲレーロのW杯出場へ、ライバル3か国が嘆願書を提出

ロシアW杯出場が絶望視されているペルーFWパオロ・ゲレーロ
 ドーピング問題でロシアW杯出場が絶望視されているペルー代表FWパオロ・ゲレーロについて、ペルーとW杯グループリーグで対戦する3か国が出場許可を求める嘆願書を提出したようだ。宛先は国際サッカー連盟(FIFA)。国際プロサッカー選手会(FIFPro)が21日、発表した。

 嘆願書を提出したのは、ペルーと共にC組に入ったフランス、デンマーク、オーストラリアの3か国。GKウーゴ・ロリス(フランス)、DFシモン・ケアー(デンマーク)、MFミル・ジェディナク(オーストラリア)の3選手が代表してサインした。

 34歳のゲレーロは同国のレジェンド的存在。昨年のW杯南米予選の最中、体内からベンゾイルエクゴニン(コカインの代謝産物)が検出され、ドーピング陽性と判定された。6か月間の謹慎期間を経て一時は復帰したが、その後処分が14か月間に延長。W杯の出場が絶望的となっていた。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

横浜FCタヴァレス監督がベンチ入り停止…出停リストには契約解除済DFギレルメの名も

ベンチ入り停止処分が下された横浜FCのタヴァレス監督
 Jリーグは22日、次節以降の出場停止、ベンチ入り停止処分を発表した。J2第15節の千葉戦で退席処分となった横浜FCのタヴァレス監督が26日の京都戦でベンチ入りできない。

 前節で一発退場、あるいは累積警告4枚となった選手がリストに並ぶなか、今季2度目の退場処分となった北海道コンサドーレ札幌DFキム・ミンテは2試合の出場停止。すでに契約解除、登録抹消が済んでいる元ジュビロ磐田DFギレルメも4試合の出場停止処分を残している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

韓国代表に負傷者連鎖の試練…イ・グノがW杯出場困難に

FWイ・グノのW杯出場が困難になった
 韓国代表FWイ・グノ(江原FC)の連続W杯出場が難しくなった。『スポーツソウル』は大韓サッカー協会(KFA)が22日に同選手が右膝内側靭帯を断裂し、全治6週間と診断されたと発表したと報じている。

 イ・グノは前回大会のブラジルW杯も出場。33歳になった今も韓国を代表するストライカーとして活躍。また過去にはジュビロ磐田やガンバ大阪でプレー経験があり、日本でも高い人気を誇っている。

 しかし今月14日に発表された予備登録メンバー28人にも名を連ねていたが、19日に行われたKリーグの慶南戦で右膝を負傷。21日にソウル市内の病院で検査をし、症状が明らかになった。

 韓国代表は、今季フランスのリーグ1で11得点を決めたMFクォン・チャンフン(ディジョン)がアキレス腱を負傷。そしてイ・グノの離脱と、負傷者が続いている。ただ23日からの代表合宿は、代替招集はなく、26人で行われるという。

 同代表はW杯本大会で、ドイツ、メキシコ、スウェーデンと同組のF組を戦う。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

[MOM529]日本体育大FW及川翔五(2年)_逆境の中で勝ち越し弾、今季躍進を誓う新たなストライカー

日本体育大FW及川翔五(2年=東海大福岡高)
[大学サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[5.19 関東大学L2部第6節 日本体育大2-1東京農業大 保土ヶ谷公園]

 日本体育大は2-1で東京農業大を撃破。1部昇格を目指す上で価値ある勝利となったが、矢野晴之介監督は「攻守ともに収穫がなかった」と言及するほど、同点に追いつかれてからは東農大の勢いに圧される展開となった。しかし、FW及川翔五(2年=東海大福岡高)が流れを変える。後半35分、日体大はカウンターから波状攻撃を仕掛け、最後に及川が渾身の右足シュートで決勝点を決めた。

 及川は前節の東海大戦で今季初出場。後半17分にはチーム2点目を決め、連敗ストップに貢献していた。矢野監督もその能力を買っており、「ボールの状況を見極めた動き出しは日体大で一番」と絶賛。「前節の得点から今日も先発かと思ったかもしれないが、今節はベンチスタート。それでも彼のずっとやり続ける姿勢はすごく評価していますし、今節も困っているときこそやってくれるんじゃないか、という期待に応えてくれました」と2年生FWの労をねぎらった。

 自身の特長を「背後に抜けるのが得意」と語る及川。今季初出場となった前節から2試合連続で得点を決め、好調をアピールした。ルーキーイヤーの昨季はFW太田修介(現甲府)の影に隠れて出番はなし。「悔しさがありましたけど、今季からチャンスをもらえているので、そこは応えていきたい」と今季に懸ける思いは強い。

「まずは、コンスタントに出場していきたい。個人的には1試合1試合で絶対に点を取りたいと思っている」と目標を明かす。具体的な数字については言及せず、甲府に加入した太田の得点(昨季リーグ戦9得点)超えを目指すという。「そういう数字を超えたら自分も一皮剥けられると思う」。控えめにはにかみつつ、日体大の新たなストライカーは活躍を誓った。

(取材・文 石川祐介)
●第92回関東大学L特集

イングランド代表、W杯の主将は24歳ハリー・ケインに決定! 「素晴らしい人間性」と指揮官

昨年10月のスロベニア戦でアームバンドを巻いたFWハリー・ケイン
 イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督は21日、トッテナムFWハリー・ケインがロシアW杯でのキャプテンを務めると発表した。イギリスメディア『BBC』などが報じている。

 サウスゲイト監督は「ハリーはとても素晴らしい人間性を持っている」とケインを称賛。最近はMFエリック・ダイアー(トッテナム)、MFジョーダン・ヘンダーソンらもアームバンドを巻いていたが、その大役は24歳の絶対的ストライカーに委ねられたようだ。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

[MOM528]神奈川大DF白井達也(3年)_壁を乗り越えたDFリーダー、待望の今季初完封

神奈川大DF白井達也(3年=市立船橋高)
[大学サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[5.19 関東大学L2部第6節 神奈川大2-0東海大 保土ヶ谷公園]

 まるで同じシーンを2度見ているかのような神奈川大DF白井達也(3年=市立船橋高)の2得点だった。白井は後半13分、MF久保田歩(4年=東北学院高)の右CKを右足で合わせて先制点を決めると、37分にも同様に、久保田の右CKを右足で振り抜く。「得点は狙い通りでしたけど、デジャブ来たな…って」と本人も驚くほど1点目と似た形で、再びゴールネットを揺らした。

 自らの得点でチームを今季初勝利に導いた白井だが、本職は最終ラインを束ねるDFリーダー。名門・市立船橋高で培った守備力は大学初年度から発揮され、1年時はリーグ戦12試合出場で新人賞を受賞し、2年時はリーグ戦全22試合に出場した。今節では今季初の無失点に貢献。関森悟監督も「白井はDF石渡旭(4年=静岡学園高)とともに経験値のあるメンバー。苦しい状況でもチームのマネジメントができる2人なので、この2人中心に今日は本当に頑張ってくれた」と称賛した。

 2部降格から3年目となる神大は今季開幕5試合で未勝利(4敗1分)。開幕戦・青山学院大戦で2-3の逆転負けを喫すると、第2節でも立正大に1-4と完敗した。第3節(1-1)、第4節(1-2)でも勝利を挙げられず、前節・中央大戦も1-2で逆転負けとなっていた。

 白井は開幕から全5試合に出場したものの、持ち前の守備力をフルに発揮できない。球際で戦い切れず、コーチ陣からも「お前がそこで戦わないと」と叱咤されたという。「勝てていないし、DFとして行けていない。ボールを奪うという長所が出せていない」と課題を突き付けられた白井は、「薄々感じていたけど、そこで気づかされた」とすぐに意識改善に取り組む。関森監督も「そんな簡単に変わるものでもないんですけど、今年の2月から見ていて一番成長している」とDFリーダーの成長に手応えを掴んでいた。

 そして今節、今季初完封での初勝利。白井は「この1週間で、守備は細かい部分を徹底した。球際で、チャレンジとカバーを厳しくして潰していこうという狙いだったので、それが前半立ち上がりから出て、こぼれ球も拾えた。そこが無失点になった要因だと思います」と試合を振り返った。

 自らの長所を「前でパスカットし、前でヘディングで触って奪うというところ。まだ変わっている段階ですけど、良くなってきている」と語る白井。大学生活も折り返しとなる3年目を迎えたが、「意識は1年のころから変わっていないです。もともとプロを目指して2年間やり続けているので」と更なる高みを目指す。「長所をさらに伸ばして、短所はアベレージまで上げて。それを長所で隠せるようにしていきたい。あと2年間…いや、あと1年間でやり遂げたいです。4年生になって、最後に成長したんじゃ遅いんで」。壁を乗り越えたDFリーダーが、待望の今季初となる完封勝利で新たな一歩を踏み出した。

(取材・文 石川祐介)
●第92回関東大学L特集

JFAが観客を処分…昨夏日本代表W杯決定試合で警備スタッフに「深刻な怪我」を負わせる

昨年8月31日のオーストラリア戦で観客による暴力行為が確認された
 日本サッカー協会(JFA)は22日、昨年8月31日に埼玉スタジアムで行ったW杯アジア最終予選のオーストラリア戦で発生したサポーターによる暴力行為の処分を決定した。

 暴力行為を行ったのは埼玉スタジアムの北サイドスタンドで観戦していた2名で、警備スタッフに怪我を負わせたのだという。同試合は日本代表がロシアW杯への出場を決めた試合だった。

 JFAはそのうち1名に、「暴力行為により深刻な怪我を負わせた」としてJFA主催試合への無期限入場禁止処分。もう1名も「威嚇行為及び暴力行為」があったとして、18年5月30日から同10月16日までのJFA主催試合への入場禁止処分を科した。

 JFAは「誰もが安全に試合観戦のできる環境を提供することが責務であり、この度の違反
行為を受け、セキュリティ体制強化やさらなる観戦ルールの周知徹底をしていく所存です」とコメントしている。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

U-19日本代表候補発表、中村敬斗ら31人…大学選抜と練習試合実施

U-19日本代表候補にMF中村敬斗らが選ばれた
 日本サッカー協会(JFA)は22日、U-19日本代表候補31人を発表した。同メンバーは今月28日より6月1日までJ-GREEN堺で合宿を実施。期間中は大学選抜との練習試合も予定されている。

 U-19日本代表は来月にもロシア遠征を予定。6月17から28日までの予定でW杯日本代表のベースキャンプ地に入る。

▽監督
影山雅永

▽コーチ
秋葉忠宏

▽GKコーチ
高橋範夫

▽GK
茂木秀(C大阪)
猿田遥己(柏)
大迫敬介(広島)
若原智哉(京都)
谷晃生(G大阪)

▽DF
渡邊泰基(新潟)
松田陸(G大阪)
杉山弾斗(千葉)
中川創(柏)
宮本駿晃(柏)
生駒仁(横浜FM)
中村勇太(東洋大)
川井歩(広島)
阿部海大(岡山)

▽MF
堀研太(横浜FM)
中島元彦(C大阪)
伊藤洋輝(磐田)
滝裕太(清水)
品田愛斗(FC東京)
横山塁(東洋大)
平川怜(FC東京)
福岡慎平(京都U-18)
喜田陽(C大阪U-18)
中村敬斗(G大阪)
上月壮一郎(京都U-18)

▽FW
原大智(FC東京)
福元友哉(岡山)
安藤瑞季(C大阪)
佐々木大樹(神戸)
飯島陸(法政大)
山田寛人(C大阪)

ルヴァン杯POステージのスカパー!放送スケジュールが決定

ルヴァン杯POステージのスカパー!放送スケジュールが決定
 ルヴァン杯プレーオフステージの放送スケジュールが決定した。全試合がスカパー!で中継される。第1戦は6月2日、第2戦は同9日に行われる。

[第1戦]
横浜FM 14:00 神戸 [ニッパツ]
スカパー!/スカパー!プレミアムサービス

甲府 15:00 浦和 [中銀スタ]
フジテレビONE/スカパー!/スカパー!プレミアムサービス

G大阪 16:00 磐田 [吹田S]
フジテレビNEXT/スカパー!/スカパー!プレミアムサービス

湘南 19:00 仙台 [BMWス]
スカパー!/スカパー!プレミアムサービス

[第2戦]
神戸 14:00 横浜FM [ノエスタ]
スカパー!/スカパー!プレミアムサービス

仙台 15:00 湘南 [ユアスタ]
スカパー!/スカパー!プレミアムサービス

浦和 16:00 甲府 [埼玉]
フジテレビTWO/スカパー!/スカパー!プレミアムサービス

磐田 16:00 G大阪 [ヤマハ]
フジテレビNEXT/スカパー!/スカパー!プレミアムサービス


●ルヴァン杯2018特設ページ

千葉10番町田也真人が手術実施…全治3か月

千葉10番町田也真人が手術実施…全治3か月
[故障者情報]

 ジェフユナイテッド千葉は22日、MF町田也真人が左肩関節脱臼のため、同日手術を行ったと発表した。全治は3か月。12日の新潟戦で負傷していた。

 現在18位に低迷している千葉。ここまで11試合に出場している背番号10の離脱は痛手だ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

国体で「ウイイレ」日本一を決定!19年より青年の部と高校生の部を開催

ウイイレ日本一が国体で決まる
 19年秋に茨城県で開催される「いきいき茨城ゆめ国体」(第74回国民体育大会)で「eスポーツ」が本格導入されることが分かった。

 eスポーツはエレクトロニック・スポーツの略で、対戦型ゲームなどを使って競技を行う。全世界で競技人口は1億人を超えているといわれ、視聴人口も爆発的に増えている。

 スポーツとしての認識も徐々に広まっており、22年のアジア競技大会や、24年パリ五輪でも導入しようとする動きがある。

 そして今回、茨城国体で使用されるゲームは、ゲームソフト大手の「コナミ」が販売するサッカーゲーム『ウイニングイレブン』に決定。1チーム3人のチーム戦で争われ、青年の部と少年の部(高校生)の2クラスを設ける。

 今後は今年9月に県内でプレ大会を開催。19年2月より各県の予選が開始され、決勝大会は19年秋に茨城県内の会場で3日間の開催を予定している。

分野研究家

ハーフウェイラインからそれぞれ5m地点から始まり長さ5m幅80cmのエリア。長さ80cmのマーキングで示す。 #フットサル#サッカー#ユニフォーム#グラデーション#カスタマイズ#高品質#着心地#保障#ロンヨン
Posted in 未分類

G大阪DF菅沼駿哉、フル出場した12日の横浜FM戦で腎損傷

12日の横浜FM戦で菅沼はフル出場していた
[故障者情報]

 ガンバ大阪は22日、DF菅沼駿哉が検査の結果、左外傷性腎損傷と診断されたことを発表した。12日の横浜FM戦で負傷した。

 同選手は今季より山形から6年ぶりにG大阪に復帰。ここまでJ1リーグ戦2試合に出場していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

@adidasfun

フットサル・サッカーユニフォームに関する問い合わせ注文は、カラーシミュレーターからのが便利だ。 #フットサル #サッカー #ユニフォーム #グラデーション #カスタマイズ #高品質 #着心地 #保障 #ロンヨン

日本の活躍を願って…ガーナ戦後にW杯壮行セレモニーを開催、ウカスカジーも登場

キリンチャレンジ杯ガーナ戦後に壮行セレモニーを開催
 日本サッカー協会(JFA)は21日、サムライブルー(日本代表)応援プロジェクト「夢を力に 2018」の一環として、今月30日に日産スタジアムで行われるキリンチャレンジ杯ガーナ戦終了後に壮行セレモニーを開催することを発表した。なお、壮行セレモニーの様子は、JFATVにて独占ライブ配信される。

 ロシアW杯前の国内最終戦で“仮想セネガル”と戦う日本。壮行セレモニーでは、全国のサッカーファンからロシアに向かうサムライブルーへの応援メッセージが書き込まれた、日本史上最大となるピッチサイズの応援フラッグを初披露。さらに、Mr.Childrenの桜井和寿とGAKU-MCの2人から成る人気ユニット、『ウカスカジー』がライブパフォーマンスを行う。また、セレモニーの最後には西野朗監督、キャプテンからのスピーチ、両名への花束贈呈を予定している。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

ポドルスキ、神戸での共演に期待「イニエスタが来たら…」

ルーカス・ポドルスキとアンドレス・イニエスタが神戸で共演?
 ヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)が、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)との共演を心待ちにしている。

 下部組織に12歳で加入し、22年間バルセロナ一筋だったイニエスタは、今季限りでの退団を表明。今月20日に“愛するクラブ”でのラストマッチを終えた。移籍先として一時は中国行きが盛んに取り沙汰されたが、バルセロナと同じ楽天株式会社をメインスポンサーに持つヴィッセル神戸入りが濃厚に。今週中にもイニエスタが来日すると報じられている。

 現在、怪我の治療のためドイツに一時帰国しているポドルスキは、ドイツ『エクスプレス』で「僕たちは何度も対戦してきたし、お互いのことを知っている」とイニエスタについて言及。「イニエスタは素晴らしい選手だ。世界中のどこに行っても歓迎されるだろう。彼が来たら、とてつもなく熱いことだ。彼のような選手と対戦することは魅力的だが、チームメイトになれば、僕にとってもう1つのハイライトになるね」と語り、加入を期待した。

「名前だけでクラブを頂点に導くことはできない。中国での現状がそれを物語っている。常にコンセプトがなければいけない。クラブは僕やイニエスタが去った後も安定を維持しなければいけない。だから、神戸は多くのインフラ整備に努めているんだ」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

豪華メンバー集結のピルロ引退試合、インザーギのハットなど計14ゴールで記憶に残る一戦に

試合終了後に胴上げされたアンドレア・ピルロ
 21日、元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ(38)の引退試合「ラ・ノッテ・デル・マエストロ(マエストロの夜)」がサン・シーロで開催され、計14ゴールが決まるなど“稀代のレジスタ”の引退試合をド派手に彩った。

 試合は、カルロ・アンチェロッティとアントニオ・コンテ、ロベルト・ドナドーニが率いる『ホワイトスターズ』、マッシミリアーノ・アッレグリとマウロ・タソッティが率いる『ブルースターズ』が対戦。開始早々にアンドリー・シェフチェンコがゴールネットを揺らすと、アレシャンドレ・パトが2ゴールを挙げるなど、前半だけで計8ゴールが生まれた。

 後半に入ると、ピルロの盟友フィリッポ・インザーギがハットトリックを達成。後半35分には、ピルロが息子のニコロ・ ピルロ君との交代を告げられると、スタジアムのサポーターはスタンディングオベーションでピルロを称えた。試合は7-7で終了。ピルロに得点はなかったが、歴代のチームメイトから胴上げされるなど、記憶に残る引退試合となった。

▼得点
1分:アンドリー・シェフチェンコ(W)
6分:ファビオ・クアリアレッラ(W)
14分:アレシャンドレ・パト(B)
30分:アントニオ・カッサーノ(W)
33分:クリスティアン・ビエリ(B)
35分:カフー(W)
42分:アレシャンドレ・パト(B)
45分:クラレンス・セードルフ(W)
47分:クリスティアン・ブロッキ(W)
71分:ルカ・トニ(W)
75分:フィリッポ・インザーギ(B)
77分:アレッサンドロ・マトリ(B)
79分:フィリッポ・インザーギ(B)
84分:フィリッポ・インザーギ(B)

▼ホワイトスターズ
クリスティアン・アッビアーティ
ジダ
レオナルド・ボヌッチ
ジョルジョ・キエッリーニ
アレッサンドロ・コスタクルタ
ジュゼッペ・ファバッリ
マレク・ヤンクロフスキ
パオロ・マルディーニ
アレッサンドロ・ネスタ
マッシモ・オッド
ダリオ・シミッチ
ジャンルカ・ザンブロッタ
ハビエル・サネッティ
ロベルト・バローニオ
マウロ・カモラネージ
ジェンナーロ・ガットゥーゾ
フランク・ランパード
レオナルド
シモーネ・ペペ
アンドレア・ピルロ
ルイ・コスタ
マルコ・ベッラッティ
ロベルト・バッジョ
アレッサンドロ・デル・ピエロ
アントニオ・ディ・ナターレ
ビンチェンツォ・イアクインタ
フィリッポ・インザーギ
アレッサンドロ・マトリ
アレシャンドレ・パト
ロナウド
フランチェスコ・トッティ
クリスティアン・ビエリ

▼ブルースターズ
ジャンルイジ・ブッフォン
マルコ・ストラーリ
ダニエレ・アダーニ
アンドレア・バルザーリ
ダニエレ・ボネーラ
カフー
アイモ・ディアーナ
チーロ・フェラーラ
カハ・カラーゼ
マルコ・マテラッツィ
セルジーニョ
アンドレア・ピルロ
デメトリオ・アルベルティーニ
マッシモ・アンブロジーニ
クリスティアン・ブロッキ
ダニエレ・デ・ロッシ
アレッサンドロ・ディアマンティ
クラウディオ・マルキージオ
シモーネ・ペロッタ
クラレンス・セードルフ
マルコ・ボッリエッロ
アントニオ・カッサーノ
ファビオ・クアリアレッラ
ロナウジーニョ
アンドリー・シェフチェンコ
カルロス・テベス
ルカ・トニ
ニコラ・ベントラ

※敬称略

●セリエA2017-18特集

シャペウ系ヒールリフトを一気に公開

みなさんこんにちは。 最近は暑い日が続きますので、しっかり水分補給をしながら練習に励んでくださいね! 今日はシャペウ系ヒールリフトの技をいくつか紹介していこうと思います。 同じシャペウ、ヒールリフトでもちょっとの工夫ややり方次第で、全然違う技になります。 さっきは効かなかった技も、このパターンなら効果があったなど、相手に合わせて臨機応変に活用できたらいいですね! 1つでも自分の使える技を多く磨いておけば、試合本番でも有効活用できること間違いなし。 まずは基本的なシャペウ、ヒールリフトからマスターし、できるようになったらどんどんバリエーションを増やしていきましょう。 それでは具体的にみていきます。

ヒールリフト

まずは基本のヒールリフトについて書いていきます。 ヒールリフトができなければ、これからの解説も意味がありませんので、まずは基本から練習していきましょう。 ヒールリフトは巻き上げて蹴り上げ、相手の頭上を通り越して、抜くという技です。

ヒールリフト1

このかかとの使い方がはじめは難しいかもしれません。 定番の抜き技ですので、色々な解説動画が公開されていると思います。 参考にしてみてください。

ネイマール風ヒールリフト

それではヒールリフトにアレンジを加えていきましょう。 世界的に有名なネイマール選手が技の名前になっています。 その名の通り、ネイマール選手が得意とする技なんです。 普通のヒールリフトと違うところは、はさみあげるようなヒールリフトになっているということ。

ヒールリフト2

先ほどは勢いよくドリブルしてきて、その流れでヒールリフトを行いましたが、これは様子を見ながら止まっているときに仕掛けるのに向いています。 相手も警戒していない状態ですので、これを上手に仕掛けると、一発で抜けるようになります。 難易度も普通のヒールリフトとあまり変わりませんので、気軽にはじめてみてほしいです。

クロスヒールリフト

続いてはクロスヒールリフト。 一度フリックで食いつかせて、一気にヒールリフトで抜ききります。

ヒールリフト3

ヒールリフトに加えて、フリックも食いつかせるように行わなければなりません。 一度ヒールリフトを仕掛けて、その後もう効果がなくなったときに、こういうアレンジ技を使うと、相手も意表を突かれて抜きやすくなると思います。 一見難しそうに見えますが、基本のヒールリフトができていれば、比較的簡単にできると思います。 しっかり上から抜ききるような球をあげるのがポイントです。

 トルネードヒールリフト

回転を加えたヒールリフトです。 実践で使える度合いは低いですが、おもしろいのでチャレンジしてみる価値はあると思います。 やり方としては、ヒールリフトでボールを上げた後、回転してからボールを足元で受け止める流れです。 回転という複雑な動きが入るので、想像以上に何度があがるかもしれません。 実践おすすめ度も低いので、まずは基本をマスターしてから、ちょっと息抜きにチャレンジしてみたい人は、練習してみてはいかがでしょうか。

サンバフリック

続いてはサンバフリックという技です。 こちらの技は、実践でのおすすめ度も高めなので、ぜひチャレンジしてほしいです。

ヒールリフト4

やり方としては、つま先でフリックして、アウトで蹴りだすという流れです。 アウトのキックは技術もいるので、慣れないと難しいですが、相手にとっては嫌なプレーです。 フリックして相手を揺さぶり、アウトで一気に蹴りだしましょう。

グイデッティフリック

どんどんと名前がややこしくなっていきますね。(笑) 技どころか、名前を覚えるだけでも大変そうです。 これは試合で使う技というよりは、遊び感覚でチャレンジする技です。 隙間時間に、仲間と楽しく難しい技にチャレンジするのもいいですよね。

ヒールリフト5

ボールをタッチしながら後ろに下がり、下がりきったところで、ヒールリフトで前に突破します。 実践で後ろがガラガラということもほとんどないので、この技は見た目的にも、おもしろい程度で楽しみましょう。

ソンブレロフリック

ソンブレロフリックは比較的有名な技なので、知っている人も多いと思います。 ひざを使ってリズミカルに2タッチで行うものです。

ヒールリフト6

ディフェンスとの位置関係は画像を参考にしてください。 ひざをしっかり持ちあげて、思いっきり相手の頭上を通り越します。
実践では使えないこともありませんが、なかなか難しいですね。
技の難易度も高めなので、すぐにうまくできないと思いますが、頑張ってみてください。

いろんなヒールリフトをマスターしよう

以上、色々な種類のヒールリフトを紹介しました。
種類が多いので、頭がややこしくなってしまったかもしれません。
試合では使いにくいものもありますが、自分が使える技を多く持っていると、それだけで自信につながります。
まずは基本のヒールリフトをマスターして、楽しくなってきたらいろんな技に挑戦するのがいいですね!

相手DFの頭に重い一撃…イブラ、暴力行為によりMLS移籍後初の一発退場に

ズラタン・イブラヒモビッチが一発退場
 アメリカMLSのLAギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(36)が“愚行”により一発退場となった。

 イブラヒモビッチ21日、敵地でのモントリオール・インパクト戦に先発出場。事件はスコアレスで迎えた前半41分に起きた。モントリオールのDFマイケル・ペトラッソが前方のボールを見ながら、後ろに足を進めると、後方にいたイブラヒモビッチの足を踏んでしまう。すると、すかさずイブラヒモビッチが右手でペトラッソの頭を叩いた。

 主審はこれに気付いていなかったが、両者がピッチに倒れ込んだため、ビデオ判定が行われ、ペトラッソにイエローカード、イブラヒモビッチには暴力行為によりレッドカードが提示された。なお、試合は後半30分にFWオラ・カマラが決勝点を決め、1人少ないLAギャラクシーが勝利した。

 今年3月にLAギャラクシーに加入したイブラヒモビッチは、ここまで8試合で3ゴール1アシストを記録。キャプテンマークを巻くなどチームに欠かせない存在となっていた。

アルゼンチンに“あのクラブ”の選手がいない!イカルディ落選で24年ぶりの珍事

W杯メンバーから落選したマウロ・イカルディ
 21日、アルゼンチンサッカー協会がロシアW杯に向けてアルゼンチン代表の暫定メンバー23人を発表。このままメンバーが変わらなければ、アルゼンチンは24年ぶりにインテル所属の選手なしでW杯に臨むこととなる。

 今月14日に予備登録メンバー35人を発表していたアルゼンチンは、そこから12人を削り、23人を選出。FWリオネル・メッシ(バルセロナ)やFWパウロ・ディバラ(ユベントス)らが残った一方、今季29ゴールでセリエA得点王に輝いたFWマウロ・イカルディ(インテル)ら12人が外れた。

 これにより、リストからインテル所属の選手が1人もいなくなった。『フットボールイタリア』によると、アルゼンチンのW杯メンバーでインテルから誰も招集されなかったのは、1994年のアメリカW杯以来、24年ぶりのことだという。

 セリエAで18回の優勝を誇るインテルには、これまでハビエル・サネッティ氏やワルテル・サムエル氏、エステバン・カンビアッソ氏といった多くのアルゼンチン人が所属。イタリアの名門クラブを支えていた。

▽GK
セルヒオ・ロメロ(マンチェスター・U)
ウィリー・カバジェロ(チェルシー)
フランコ・アルマニ(リバー・プレート)

▽DF
ガブリエル・メルカド(セビージャ)
クリスティアン・アンサルディ(トリノ)
ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・C)
フェデリコ・ファシオ(ローマ)
マルコス・ロホ(マンチェスター・U)
ニコラス・タグリアフィコ(アヤックス)
マルコス・アクーニャ(S・リスボン)

▽MF
ハビエル・マスチェラーノ(河北華夏)
エドゥアルド・サルビオ(ベンフィカ)
ルーカス・ビリア(ミラン)
ジョバニ・ロ・セルソ(パリSG)
エベル・バネガ(セビージャ)
マヌエル・ランシーニ(ウエスト・ハム)
マクシミリアーノ・メサ(インデペンディエンテ)
アンヘル・ディ・マリア(パリSG)
クリスティアン・パボン(ボカ・ジュニアーズ)

▽FW
リオネル・メッシ(バルセロナ)
パウロ・ディバラ(ユベントス)
ゴンサロ・イグアイン(ユベントス)
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

右足を失う寸前だったカソルラ、今季限りでアーセナル退団へ

サンティ・カソルラが退団へ
 アーセナルは21日、MFサンティ・カソルラ(33)が契約満了に伴いクラブを退団することを発表した。

 2012年8月にマラガからアーセナルに加入したカソルラは、持ち前のテクニックでチームの主力として活躍。6年間で公式戦180試合に出場し、29ゴールを記録した。しかし、2016年10月にアキレス腱を負傷して手術を受けると、一時は感染症によって右足を失う可能性もあった。それでも、今年4月にトレーニングに復帰していた。

 イバン・カジディスCEOは、「サンティは私の大好きな選手の一人だ。持って生まれた両足の能力に加え、素早い思考と動きで近年の我々のベスト・パフォーマンスにとって中心的な存在だった。我々は彼の今後が幸せなものになることを願っており、クラブへの貢献に感謝している」と、“ムードメーカー”に別れを告げた。

●プレミアリーグ2017-18特集

アーセナルの新監督は元パリSG指揮官で決定?今週末に正式発表か

ウナイ・エメリ氏がアーセナルの新監督か
 アーセナルの新監督はウナイ・エメリ氏で決まりのようだ。英『BBC』が伝えている。

 エメリ氏は、2016年夏にヨーロッパリーグ史上初の3連覇に導いたセビージャを離れ、フランスの強豪パリSGの監督に就任。昨シーズンは2位でリーグ5連覇を逃したが、今シーズンは王者に返り咲き、2年ぶりの国内3冠を達成。リーグ1の最優秀監督賞を受賞した。しかし、UEFAチャンピオンズリーグでは期待された結果を残せず、今シーズン限りでパリSGを退任していた。

 アーセナルは、22年間指揮を執ったアーセン・ベンゲル氏の後任を探しており、ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督やルイス・エンリケ氏らの名前が候補に挙がっていたが、現在マンチェスター・シティのコーチを務め、元アーセナル主将のミケル・アルテタ氏の就任が濃厚とみられていた。

 しかし、幹部の全会一致によりエメリ氏が来シーズンからアーセナルを指揮する模様。エメリ氏はスペイン人で英語は流暢ではないが、問題はないとみられている。正式発表は今週末を予定している。

●プレミアリーグ2017-18特集

いよいよ神戸入り決定か?スペイン代表合流前にイニエスタが来日へ

アンドレス・イニエスタが来日するようだ
 バルセロナでのラストゲームを終えたスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が来日するようだ。これは、今後の去就を決めるための動きとみられている。

 下部組織に12歳で加入し、22年間バルセロナ一筋だったイニエスタは、公式戦674試合で57得点をマークし、32個のタイトルを獲得。その間、レッドカードは1枚もなかった。生涯契約を結んだイニエスタだったが、先月27日に会見を開き、今季限りでの退団を表明。今月20日に“愛するクラブ”でのラストマッチを迎え、試合終了後には盛大にセレモニーが行われた。その後、静寂のカンプノウに戻り、別れを惜しんだ。

 去就が注目される中、21日に発表されたロシアW杯に臨むスペイン代表にイニエスタが招集された。スペイン『アス』は、W杯に向けて集中するため、イニエスタが同代表に合流する前に来日すると報道。「ヴィッセル神戸が彼の将来のチームになります」と記し、バルセロナと同じ楽天株式会社をメインスポンサーに持つ神戸への加入が濃厚であると伝えた。

 また、楽天の三木谷浩史社長は自身のツイッター(@hmikitani)で「新しい情報はここにアップするかな?」と、楽天グループが展開する無料通信アプリ『Viber(バイバー)』のアカウントを添付して投稿。今後、大きな発表があることを示唆している。

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集

プレミア6シーズンの経験をぶつける時…吉田麻也「勝ちへのこだわりが大事」(8枚)

ディフェンスリーダーとしての役割が期待されるDF吉田麻也(サウサンプトン)
 ロシアW杯に向けた最終選考の場となる日本代表合宿が21日、千葉県内でスタートし、初日の練習にはシーズン終了後に帰国した海外組10選手が参加した。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

ポジション争うブンデス組…名門加入の大迫勇也&今季8ゴール武藤嘉紀(8枚)

エース争いを一歩リードしているFW大迫勇也
 ロシアW杯に向けた最終選考の場となる日本代表合宿が21日、千葉県内でスタートし、初日の練習にはシーズン終了後に帰国した海外組10選手が参加した。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

西野ジャパン初合宿には多くの報道陣…“五輪監督”の森保コーチも帯同(8枚)

日本代表指揮官として初の活動を迎えた西野朗監督
 ロシアW杯に向けた最終選考の場となる日本代表合宿が21日、千葉県内でスタートし、初日の練習にはシーズン終了後に帰国した海外組10選手が参加した。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

自信をつかんでロシアへ…デュッセルドルフ2部優勝コンビ原口元気&宇佐美貴史(12枚)

今年1月、ヘルタ・ベルリンからデュッセルドルフに移籍したMF原口元気
 ロシアW杯に向けた最終選考の場となる日本代表合宿が21日、千葉県内でスタートし、初日の練習にはシーズン終了後に帰国した海外組10選手が参加した。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

ブンデスリーガでの悔しさは日本代表で晴らす浅野拓磨&酒井高徳(8枚)

昨年11月の欧州遠征以来の日本代表となったFW浅野拓磨(シュツットガルト)
 ロシアW杯に向けた最終選考の場となる日本代表合宿が21日、千葉県内でスタートし、初日の練習にはシーズン終了後に帰国した海外組10選手が参加した。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

合宿初日は別メニュー調整…“ビッグ3”の1人・岡崎慎司は「100%」を目指す(8枚)

約9か月ぶりに日本代表復帰したFW岡崎慎司(レスター・シティ)
 ロシアW杯に向けた最終選考の場となる日本代表合宿が21日、千葉県内でスタートし、初日の練習にはシーズン終了後に帰国した海外組10選手が参加した。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

[5月22日 今日のバースデー]

Japan
GK高木駿(大分、1989)*明治大出身。瞬発力と反応の鋭さ、左足キックの精度も高いGK。
FW安柄俊(熊本、1990、北朝鮮)*高い跳躍力を生かした空中戦の強さに加え、技術的にも優れる万能型のストライカー。
DF河津良一(盛岡、1992)*鋭い読みと対人の強さが持ち味。
DF永坂勇人(水戸、1994)*長身で空中戦に絶対の自信を誇るCB。
DF麦倉捺木(相模原、1996)*柏U-18出身。スピードあるドリブル突破と左足でチャンスを演出する。
GK原田岳(横浜FM、1998)*横浜FMユース出身。安定したキャッチングが持ち味。
MF濱口草太(讃岐、1999)*クラブ史上初めて讃岐U-18からトップチームに昇格。出身は高知県。

World
MFアルトゥーロ・ビダル(バイエルン、1987、チリ)*視野が広く、運動量とボール奪取能力が高いMF。

Former
FWジョージ・ベスト(元マンチェスター・Uほか、1946、北アイルランド)*60年代後半のマンチェスター・Uを支えた伝説的ドリブラー。
FWイゴール・レディアコフ(元スパルタク・モスクワほか、1968、ロシア)*ロシア代表経験もある攻撃的MF。
DFカルロス・アギレラ(元A・マドリーほか、1969、スペイン)*A・マドリーで長らくキャプテンとして活躍した。

Others
嶋大輔(俳優、1964)
ナオミ・キャンベル(モデル、1970)
ゴリ(ガレッジゼール:タレント、1972)
田中麗奈(女優、1980)
原史奈(女優、1981)
高木美帆(スピードスケート、1994)

[5月22日 今日のバースデー]

Japan
GK高木駿(大分、1989)*明治大出身。瞬発力と反応の鋭さ、左足キックの精度も高いGK。
FW安柄俊(熊本、1990、北朝鮮)*高い跳躍力を生かした空中戦の強さに加え、技術的にも優れる万能型のストライカー。
DF河津良一(盛岡、1992)*鋭い読みと対人の強さが持ち味。
DF永坂勇人(水戸、1994)*長身で空中戦に絶対の自信を誇るCB。
DF麦倉捺木(相模原、1996)*柏U-18出身。スピードあるドリブル突破と左足でチャンスを演出する。
GK原田岳(横浜FM、1998)*横浜FMユース出身。安定したキャッチングが持ち味。
MF濱口草太(讃岐、1999)*クラブ史上初めて讃岐U-18からトップチームに昇格。出身は高知県。

World
MFアルトゥーロ・ビダル(バイエルン、1987、チリ)*視野が広く、運動量とボール奪取能力が高いMF。

Former
FWジョージ・ベスト(元マンチェスター・Uほか、1946、北アイルランド)*60年代後半のマンチェスター・Uを支えた伝説的ドリブラー。
FWイゴール・レディアコフ(元スパルタク・モスクワほか、1968、ロシア)*ロシア代表経験もある攻撃的MF。
DFカルロス・アギレラ(元A・マドリーほか、1969、スペイン)*A・マドリーで長らくキャプテンとして活躍した。

Others
嶋大輔(俳優、1964)
ナオミ・キャンベル(モデル、1970)
ゴリ(ガレッジゼール:タレント、1972)
田中麗奈(女優、1980)
原史奈(女優、1981)
高木美帆(スピードスケート、1994)

久々に見せた元気な姿…負傷に苦しんだ香川真司、合宿初日でフルメニュー消化(12枚)

合宿初日に臨んだMF香川真司(ドルトムント)
 ロシアW杯に向けた最終選考の場となる日本代表合宿が21日、千葉県内でスタートし、初日の練習にはシーズン終了後に帰国した海外組10選手が参加した。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

ピッチ内外で注目集まる本田圭佑、合宿初日は口を開かず(12枚)

合宿初日に合流したMF本田圭佑(パチューカ)
 ロシアW杯に向けた最終選考の場となる日本代表合宿が21日、千葉県内でスタートし、初日の練習にはシーズン終了後に帰国した海外組10選手が参加した。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

西野ジャパン初の合宿開始!! 海外組10人が合流、アップでは“スポーツウォッチ”を着用(12枚)

キリンチャレンジ杯ガーナ戦に向けた合宿がスタート
 ロシアW杯に向けた最終選考の場となる日本代表合宿が21日、千葉県内でスタートし、初日の練習にはシーズン終了後に帰国した海外組10選手が参加した。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

前回準VアルゼンチンがW杯メンバー23名発表! メッシら選出も今季セリエA得点王が選外に

アルゼンチン代表が暫定メンバー23名を発表した
 アルゼンチンサッカー協会(AFA)は21日、ロシアW杯に向けたアルゼンチン代表の暫定メンバー23名を発表した。

 AFAは14日に予備登録メンバー35名を発表しており、その中からFWリオネル・メッシ(バルセロナ)やFWパウロ・ディバラ(ユベントス)、4月に膝の手術に踏み切ったFWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)らがメンバー入り。その一方で、今季セリエAで29ゴールを挙げて得点王に輝いたFWマウロ・イカルディ(インテル)など12人が外れた。

 ホルヘ・サンパオリ監督率いる前回準優勝のアルゼンチンは南米予選を3位で突破し、12大会連続17回目の出場。本大会ではグループDに所属し、6月16日にアイスランド、21日にクロアチア、26日にナイジェリアと対戦する予定となっている。

以下、アルゼンチン代表メンバー

▽GK
セルヒオ・ロメロ(マンチェスター・U)
ウィリー・カバジェロ(チェルシー)
フランコ・アルマニ(リバー・プレート)

▽DF
ガブリエル・メルカド(セビージャ)
クリスティアン・アンサルディ(トリノ)
ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・C)
フェデリコ・ファシオ(ローマ)
マルコス・ロホ(マンチェスター・U)
ニコラス・タグリアフィコ(アヤックス)
マルコス・アクーニャ(S・リスボン)

▽MF
ハビエル・マスチェラーノ(河北華夏)
エドゥアルド・サルビオ(ベンフィカ)
ルーカス・ビリア(ミラン)
ジョバニ・ロ・セルソ(パリSG)
エベル・バネガ(セビージャ)
マヌエル・ランシーニ(ウエスト・ハム)
マクシミリアーノ・メサ(インデペンディエンテ)
アンヘル・ディ・マリア(パリSG)
クリスティアン・パボン(ボカ・ジュニアーズ)

▽FW
リオネル・メッシ(バルセロナ)
パウロ・ディバラ(ユベントス)
ゴンサロ・イグアイン(ユベントス)
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

前回準VアルゼンチンがW杯メンバー23名発表! メッシら選出も今季セリエA得点王が選外に

アルゼンチン代表が暫定メンバー23名を発表した
 アルゼンチンサッカー協会(AFA)は21日、ロシアW杯に向けたアルゼンチン代表の暫定メンバー23名を発表した。

 AFAは14日に予備登録メンバー35名を発表しており、その中からFWリオネル・メッシ(バルセロナ)やFWパウロ・ディバラ(ユベントス)、4月に膝の手術に踏み切ったFWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)らがメンバー入り。その一方で、今季セリエAで29ゴールを挙げて得点王に輝いたFWマウロ・イカルディ(インテル)など12人が外れた。

 ホルヘ・サンパオリ監督率いる前回準優勝のアルゼンチンは南米予選を3位で突破し、12大会連続17回目の出場。本大会ではグループDに所属し、6月16日にアイスランド、21日にクロアチア、26日にナイジェリアと対戦する予定となっている。

以下、アルゼンチン代表メンバー

▽GK
セルヒオ・ロメロ(マンチェスター・U)
ウィリー・カバジェロ(チェルシー)
フランコ・アルマニ(リバー・プレート)

▽DF
ガブリエル・メルカド(セビージャ)
クリスティアン・アンサルディ(トリノ)
ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・C)
フェデリコ・ファシオ(ローマ)
マルコス・ロホ(マンチェスター・U)
ニコラス・タグリアフィコ(アヤックス)
マルコス・アクーニャ(S・リスボン)

▽MF
ハビエル・マスチェラーノ(河北華夏)
エドゥアルド・サルビオ(ベンフィカ)
ルーカス・ビリア(ミラン)
ジョバニ・ロ・セルソ(パリSG)
エベル・バネガ(セビージャ)
マヌエル・ランシーニ(ウエスト・ハム)
マクシミリアーノ・メサ(インデペンディエンテ)
アンヘル・ディ・マリア(パリSG)
クリスティアン・パボン(ボカ・ジュニアーズ)

▽FW
リオネル・メッシ(バルセロナ)
パウロ・ディバラ(ユベントス)
ゴンサロ・イグアイン(ユベントス)
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送