20年前の偉業を再現!!激闘制したクロアチアが準決勝へ(20枚)

PK戦を制し、ベスト4進出を果たしたクロアチア
 ロシアW杯準々決勝が7日に行われ、ロシア代表クロアチア代表が対戦し、2-2のまま迎えたPK戦をクロアチアが4-3で制した。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

スタンドを彩ったロシア&クロアチアのサポーターたち(20枚)

多くの美女サポーターが集結した
 ロシアW杯準々決勝が7日に行われ、ロシア代表クロアチア代表が対戦し、2-2のまま迎えたPK戦をクロアチアが4-3で制した。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

栄冠へのラストスパート…“2大スター時代”を終わらせるのはこの男か(20枚)

クロアチアの躍進を支えるMFルカ・モドリッチ
 ロシアW杯準々決勝が7日に行われ、ロシア代表クロアチア代表が対戦し、2-2のまま迎えたPK戦をクロアチアが4-3で制した。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

最後はラキティッチ! 5人目PK成功で20年ぶり4強導く(12枚)

激闘に終止符を打ったのはMFイバン・ラキティッチ
 ロシアW杯準々決勝が7日に行われ、ロシア代表クロアチア代表が対戦し、2-2のまま迎えたPK戦をクロアチアが4-3で制した。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

ヘディング2発…一時逆転を導いたDFビダ&FWクラマリッチ(8枚)

延長前半11分に逆転ゴールを挙げたDFドマゴイ・ビダ
 ロシアW杯準々決勝が7日に行われ、ロシア代表クロアチア代表が対戦し、2-2のまま迎えたPK戦をクロアチアが4-3で制した。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

起死回生の同点弾も…M・フェルナンデスは痛恨のPK失敗(6枚)

PK戦で3人目のキッカーを務め、枠を外してしまったDFマリオ・フェルナンデス
 ロシアW杯準々決勝が7日に行われ、ロシア代表クロアチア代表が対戦し、2-2のまま迎えたPK戦をクロアチアが4-3で制した。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

FIFA絶賛の芸術弾! チェリシェフは得点ランク2位で大会去る(8枚)

前半31分に先制点を挙げたMFデニス・チェリシェフ
 ロシアW杯準々決勝が7日に行われ、ロシア代表クロアチア代表が対戦し、2-2のまま迎えたPK戦をクロアチアが4-3で制した。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

8強敗退も下馬評覆す大躍進のロシア…指揮官は「みんな我々を愛している」(20枚)

PK戦の末にベスト8敗退となったロシア
 ロシアW杯準々決勝が7日に行われ、ロシア代表クロアチア代表が対戦し、2-2のまま迎えたPK戦をクロアチアが4-3で制した。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

吉田麻也、“業界の権力者”主催の食事会に参加「師匠、ご馳走様でした!」

吉田麻也が笑福亭鶴瓶主催の食事会に参加
 日本代表DF吉田麻也(29)が自身のインスタグラム(@mayayoshida22)を更新し、落語家・笑福亭鶴瓶(66)の主催した食事会に招かれたことを明かした。

 ロシアW杯に参戦した日本は、コロンビアとの初戦を2-1で競り勝つと、1勝1分1敗の2位でグループリーグを突破。決勝トーナメント1回戦で“タレント軍団”ベルギーと戦い、一時は2点のリードを奪ったが、まさかの逆転負けを喫し、初のベスト8進出とはならなかった。

 5日に帰国した吉田は、8日にインスタグラムを更新。「業界の権力者(笑)にご飯連れてってもらいました」と切り出し、「正しく鶴の一声でたくさんの方に声をかけてくださったみたいで新しい素晴らしい出会いもたくさんありました! 師匠、ご馳走様でした!」と労いに感謝した。

 また、鶴瓶のインスタグラム(@shofukuteitsurube)によると、この食事会には吉田のほか、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜と女優・森矢カンナも参加した模様。鶴瓶は吉田との2ショット写真を掲載し、「吉田麻也、よく頑張りました!これからも日本のために頑張れー!」とエールを送った。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

わずか25日…スペイン、W杯直前就任のイエロ監督の辞任発表

フェルナンド・イエロ監督が辞任
 スペインサッカー連盟(RFEF)は8日、フェルナンド・イエロ監督(50)が辞任したことを発表した。

 スペインはロシアW杯開幕直前の先月13日にフレン・ロペテギ前監督を解任。同連盟に許可を得ず、W杯後にレアル・マドリーの指揮官就任を決めたロペテギ氏に対し、ルイス・マヌエル・ルビアレス会長が激怒。衝撃の解任劇に至った。

 そして、後任にスポーツディレクターを務めていたイエロ監督が急遽就任した。突然の事態ではあったが、1勝2分でグループリーグを突破。対戦相手にも恵まれたかと思われたが、決勝トーナメント1回戦で開催国ロシアにPK戦の末に敗れ、早々の敗退となってしまった。

 同連盟は、イエロ監督が続投しないことを発表。さらにイエロ監督がスポーツディレクター再任を断ったことも明かした。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

堂安律の兄・憂が大暴れ!プロ初弾含む2ゴール1アシスト

2ゴール1アシストを記録した堂安憂
 AC長野パルセイロのMF堂安憂(22)がプロ初ゴールを含む、2ゴール1アシストを記録した。

 J3リーグ第17節が8日に行われ、長野はホームでカターレ富山と対戦。3試合連続の先発出場となった堂安は前半9分、FW松村亮のパスをPA内で受け、GKとの1対1を冷静に制して先制点を挙げた。今季びわこ成蹊スポーツ大から加入した22歳がリーグ戦11試合目の出場でうれしいプロ初ゴールを記録した。

 さらに堂安は前半38分にDF松原優吉の追加点をアシストすると、3-0で迎えた後半44分にFW勝又慶典の横パスを左足で流し込んで2点目。その後、1点を加えたチームの5-0快勝に大きく貢献した。

 試合終了後のインタビューで堂安は、「ホームでなかなか勝てなかったので、大量得点で勝つことができて素直にうれしい。今シーズン、チャンスがあった中で結構外していたので、今回やっと決めることができてホッとしている。サイドハーフなのでアシストも求められている。アシストもできて良かった。今シーズン連勝できていないので、次も必ず勝って連勝したい」と、15日の群馬戦へ意気込んだ。

 東京五輪世代のMF堂安律(フローニンゲン)を弟にもつ堂安憂の快進撃がここから始まる。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

堂安律の兄・憂が大暴れ!プロ初弾含む2ゴール1アシスト

2ゴール1アシストを記録した堂安憂
 AC長野パルセイロのMF堂安憂(22)がプロ初ゴールを含む、2ゴール1アシストを記録した。

 J3リーグ第17節が8日に行われ、長野はホームでカターレ富山と対戦。3試合連続の先発出場となった堂安は前半9分、FW松村亮のパスをPA内で受け、GKとの1対1を冷静に制して先制点を挙げた。今季びわこ成蹊スポーツ大から加入した22歳がリーグ戦11試合目の出場でうれしいプロ初ゴールを記録した。

 さらに堂安は前半38分にDF松原優吉の追加点をアシストすると、3-0で迎えた後半44分にFW勝又慶典の横パスを左足で流し込んで2点目。その後、1点を加えたチームの5-0快勝に大きく貢献した。

 試合終了後のインタビューで堂安は、「ホームでなかなか勝てなかったので、大量得点で勝つことができて素直にうれしい。今シーズン、チャンスがあった中で結構外していたので、今回やっと決めることができてホッとしている。サイドハーフなのでアシストも求められている。アシストもできて良かった。今シーズン連勝できていないので、次も必ず勝って連勝したい」と、15日の群馬戦へ意気込んだ。

 東京五輪世代のMF堂安律(フローニンゲン)を弟にもつ堂安憂の快進撃がここから始まる。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

岐阜vs愛媛 試合記録

【J2第22節】(長良川)
岐阜 1-2(前半1-0)愛媛


<得点者>
[岐]阿部正紀(10分)
[愛]前野貴徳(61分)、有田光希(70分)

<警告>
[岐]ビクトル(90分+6)

観衆:5,787人
主審:佐藤誠和
副審:関谷宣貴、阿部将茂

<出場メンバー>
[FC岐阜]
先発
GK 25 ビクトル
DF 2 阿部正紀
DF 15 田森大己
DF 3 竹田忠嗣
DF 16 福村貴幸
MF 23 小野悠斗
(83分→FW 24 難波宏明)
MF 31 宮本航汰
MF 30 中島賢星
FW 7 田中パウロ淳一
(71分→FW 9 山岸祐也)
FW 14 風間宏矢
(66分→FW 19 薮内健人)
FW 11 古橋亨梧
控え
GK 21 原田祐輔
DF 26 長沼洋一
DF 34 北谷史孝
MF 6 三島頌平
監督
大木武

[愛媛FC]
先発
GK 1 岡本昌弘
DF 3 玉林睦実
DF 23 林堂眞
DF 4 西岡大輝
DF 5 前野貴徳
MF 7 近藤貴司
MF 6 野澤英之
MF 16 田中裕人
(90分+1→DF 2 山崎浩介)
MF 17 小暮大器
FW 15 丹羽詩温
(81分→FW 20 河原和寿)
FW 26 上原慎也
(53分→FW 9 有田光希)
控え
GK 22 原裕太郎
MF 11 神田夢実
FW 18 西田剛
FW 28 吉田眞紀人
監督
川井健太

長野vs富山 試合記録

【J3第17節】(長野U)
長野 5-0(前半2-0)富山


<得点者>
[長]堂安憂2(9分、89分)、松原優吉(38分)、宇野沢祐次(50分)、三上陽輔(90分+5)

<警告>
[富]差波優人(58分)、川上エドオジョン智慧(62分)

主審:俵元希
副審:松本瑛右、手塚優
堂安律の兄・憂が大暴れ!プロ初弾含む2ゴール1アシスト

<出場メンバー>
[AC長野パルセイロ]
先発
GK 21 小澤章人
DF 19 三上陽輔
DF 3 大島嵩弘
DF 5 寺岡真弘
DF 2 松原優吉
MF 25 有永一生
(59分→FW 30 萬代宏樹)
MF 6 岩沼俊介
MF 14 東浩史
MF 23 堂安憂
FW 28 松村亮
(69分→MF 22 國領一平)
FW 10 宇野沢祐次
(83分→FW 13 勝又慶典)
控え
GK 1 田中謙吾
DF 15 西口諒
DF 26 遠藤元一
FW 7 佐藤悠希
監督
阪倉裕二

[カターレ富山]
先発
GK 1 永井堅梧
DF 24 前嶋洋太
(54分→FW 41 木村裕)
DF 4 楠元秀真
DF 5 今瀬淳也
DF 3 代健司
(72分→DF 19 柳下大樹)
MF 6 差波優人
MF 22 椎名伸志
MF 7 佐々木陽次
MF 10 新井瑞希
MF 14 川上エドオジョン智慧
FW 11 才藤龍治
(46分→FW 9 苔口卓也)
控え
GK 21 太田岳志
DF 16 弓崎恭平
MF 15 ルーカス・ダウベルマン
MF 17 稲葉修土
監督
安達亮

イブラ、ベッカムとの“賭け”に敗北…屈辱的な罰ゲーム実行へ

ズラタン・イブラヒモビッチが罰ゲーム実行へ
 元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(LAギャラクシー)が、元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏との“賭け”に敗れた。イブラヒモビッチは屈辱的な罰ゲームを実行する羽目になりそうだ。英『デイリー・メール』が報じている。

 賭けの対象は、7日に行われたロシアW杯準々決勝のスウェーデン対イングランドだった。この試合は、イングランドがDFハリー・マグワイアとMFデレ・アリのゴールにより2-0で完封勝利。1990年のイタリア大会以来、28年ぶりの4強入りを果たした。

 この一戦を前に2人のSNS上でのやり取りが話題となっていた。イブラヒモビッチが「もし、イングランドが勝ったら世界中のどこかでディナーをご馳走するよ。その代わり、スウェーデンが勝ったら、『IKEA』で俺が望むものを買ってくれ」と提案すると、ベッカム氏がこれを了承。その上で「イングランドが勝ったら、ウェンブリー・スタジアムでイングランド代表のユニフォームを着て観戦してもらいたいね。ハーフタイムには(イングランドの郷土料理の)フィッシュ&チップスを楽しんでくれ」と返答した。

 スウェーデン発祥の家具量販店『IKEA』を持ち出し、賭けを提案したイブラヒモビッチだったが、母国の敗戦により罰ゲームが決定。ベッカム氏に「I’m coming(今行くよ)」と返事し、約束を果たす姿勢を示した。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

「神戸一筋で活躍することは夢の一つでした…」FW小川慶治朗が湘南へ期限付き移籍

小川慶治朗が湘南へ期限付き移籍
 湘南ベルマーレは8日、ヴィッセル神戸FW小川慶治朗(25)が期限付き移籍で加入することを発表した。期間は今シーズン終了までとなっている。なお、契約上の理由で神戸と対戦する全ての公式戦に出場することはできない。

 クラブ公式サイトを通じて小川は「僕の売りである走力が、湘南ベルマーレの連動した動きにフィットしたときに、チームの躍進につながると確信しています!早くチームに馴染んでゴールに向かって走り続けますので、応援よろしくお願いします」と新天地のサポーターに挨拶した。

 また、神戸を通じ、「ヴィッセル神戸ジュニアユース、ユースで育ちプロになり、クニさん(北本久仁衛)の背中を見て育ってきたので、神戸一筋で活躍することは夢の一つでした。プロの世界で成功するため、とても悩みましたが、今回移籍することを決めました。J1のライバルとしてより良い成績をおさめるために頑張ります」と意気込みを語った。

 なお、湘南では背番号『50』をつける。

●FW小川慶治朗
(おがわ けいじろう)
■生年月日
1992年7月14日(25歳)
■身長/体重
170cm/67kg
■出身地
兵庫県三田市
■経歴
神戸Jrユース-神戸U-18-神戸
■代表歴
2007年:U-15日本代表
2008年:U-16日本代表
2009年:U-17日本代表
2010年:U-19日本代表
■通算出場記録
J1リーグ:137試合23得点
J2リーグ:39試合16得点
リーグ杯:33試合
天皇杯:7試合1得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

[球蹴男児U-16リーグ]上位対決は首位・東福岡が7発快勝!!:Division1第8節

東福岡高の先発イレブン
2018 球蹴男児U-16リーグ

【Division1】
第8節
6月23日(土)
[神村学園高人工芝]
神村学園高 3-2 鹿児島城西高
[神]下川床勇斗(39分)、外原颯(44分)、沖田陸(47分)
[鹿]中川洋輔(22分)、山下玲(26分)
[MOM]吉山太陽(神村学園)

7月8日(日)
[十八銀行フィールド]
大津高 1-0 長崎総合科学大附高
[大]半代将都(32分)
[MOM]大島清(大津)

[タイガーフィールドスタジアム]
筑陽学園高 3-0 九州国際大付高
[筑]中島翼(26分)、大嶋遥人(60分)、岩崎巧(85分)
[MOM]上甲隼輔(筑陽学園)

東福岡高 7-2 東海大福岡高
[東福]日高駿佑3(11、23、35分)、野口明(19分)、青木俊輔2(40.50分)、上田瑞季(87分)
[東海]瀬川瑠樹2(33、47分)
[MOM]青木俊輔(東福岡)

未定
[未定]
日章学園高(未定)熊本学園大付高
▼関連リンク
2018 球蹴男児U-16リーグ特集ページ

神戸DF藤谷壮が右足関節外側靭帯損傷

藤谷壮が右足関節外側靭帯損傷
[故障者情報]

 ヴィッセル神戸は8日、DF藤谷壮(20)が今月2日の練習中に負傷し、神戸市内の病院にて検査を行った結果、右足関節外側靭帯損傷と診断されたことを発表した。全治は約6週間の見込み。

 東京五輪世代の藤谷は、今季リーグ戦6試合、ナビスコ杯4試合に出場している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

秋田vs相模原 試合記録

【J3第17節】(A-スタ)
秋田 1-2(前半1-0)相模原


<得点者>
[秋]藤山智史(40分)
[相]ジョン・ガブリエル(63分)、谷澤達也(77分)

<警告>
[秋]中村亮太(73分)
[相]保崎淳(73分)

観衆:2,391人
主審:長谷拓
副審:小出貴彦、大橋侑祐

<出場メンバー>
[ブラウブリッツ秋田]
先発
GK 1 清水慶記
DF 5 千田海人
DF 24 山田尚幸
DF 17 韓浩康
DF 3 堀田秀平
(83分→DF 2 尾本敬)
MF 7 前山恭平
MF 13 平石直人
MF 6 藤山智史
MF 10 古田寛幸
(71分→MF 9 中村亮太)
FW 18 藤田祥史
(83分→FW 16 遊馬将也)
FW 29 田中智大
控え
GK 21 松本拓也
MF 11 久富賢
MF 15 江口直生
MF 20 青島拓馬
監督
杉山弘一

[SC相模原]
先発
GK 29 田中雄大
DF 2 丹羽竜平
DF 3 工藤祐生
DF 4 米原祐
(61分→DF 15 辻尾真二)
DF 5 梅井大輝
DF 17 保崎淳
DF 35 森本大貴
MF 8 谷澤達也
MF 38 千明聖典
(90分+2→MF 7 北井佑季)
FW 9 ジョン・ガブリエル
FW 39 松本孝平
(61分→FW 14 チッキーニョ)
控え
GK 1 川口能活
MF 10 菊岡拓朗
MF 21 徳永裕大
FW 37 大塚翔平
監督
西ヶ谷隆之

関根貴大の新天地はベルギー?早ければ週明けに正式契約へ

関根貴大の新天地はベルギー?
 インゴルシュタットに所属するMF関根貴大(23)の新天地はベルギーになりそうだ。ベルギー『HBVL』が伝えた。

 2017年8月に浦和レッズからインゴルシュタットに完全移籍した関根は、指揮官の信頼を勝ち取れず、公式戦2試合の出場にとどまっている。そのため、アンジェロ・フィアSDは「出場機会を得るため、彼を欧州のクラブに送り出すことを望む」と明言し、今夏レンタルの可能性が高まっていた。

 同紙によると、新天地はDF冨安健洋が所属するシント・トロイデンになる模様。メディカルチェック後、早ければ9日にも正式契約を結ぶ見通した。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2017-18特集

岐阜vs愛媛 スタメン発表

[7.8 J2第22節](長良川)
※18:00開始
主審:佐藤誠和
副審:関谷宣貴、阿部将茂
<出場メンバー>
[FC岐阜]
先発
GK 25 ビクトル
DF 2 阿部正紀
DF 15 田森大己
DF 3 竹田忠嗣
DF 16 福村貴幸
MF 23 小野悠斗
MF 31 宮本航汰
MF 30 中島賢星
FW 7 田中パウロ淳一
FW 14 風間宏矢
FW 11 古橋亨梧
控え
GK 21 原田祐輔
DF 26 長沼洋一
DF 34 北谷史孝
MF 6 三島頌平
FW 19 薮内健人
FW 24 難波宏明
FW 9 山岸祐也
監督
大木武

[愛媛FC]
先発
GK 1 岡本昌弘
DF 3 玉林睦実
DF 23 林堂眞
DF 4 西岡大輝
DF 5 前野貴徳
MF 7 近藤貴司
MF 6 野澤英之
MF 16 田中裕人
MF 17 小暮大器
FW 15 丹羽詩温
FW 26 上原慎也
控え
GK 22 原裕太郎
DF 2 山崎浩介
MF 11 神田夢実
FW 18 西田剛
FW 20 河原和寿
FW 28 吉田眞紀人
FW 9 有田光希
監督
川井健太

●[J2]第22節2日目 スコア速報

“幸運の女神”がいなかったから開催国ロシアが負けた?英紙が報道

世界中が注目するナターリャ・ ネムチノワさん
 “幸運の女神”がいかなかったからロシア代表が敗れたと、英『サン』が報じた。

 7日、ロシアはW杯準々決勝でクロアチア代表と対戦。“史上最弱の開催国”と言われながらも8強に勝ち残ったロシアだったが、2-2で突入したPK戦を3-4で落とし、大会から姿を消すこととなった。

 英『サン』によると、悲しみに暮れるサポーターの中に、世界中で『最もセクシーなサポーター』として大きな話題を集めた“幸運の女神”がスタンドにいなかったという。

 彼女の名前はナターリャ・ ネムチノワさん。彼女は否定しているが、セクシー女優ではないかと報じられたほどのセクシーな女性サポーターだ。サウジアラビアとの開幕戦でカメラマンに写真を撮られると、話題のサポーターとして世界中から注目を集めていた。

 これまでロシア戦全試合を観戦していたが、この試合は彼女の姿が確認できなかったとのこと。同紙は“幸運の女神”の不在が敗退に影響したのではないかと伝えている。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

長野vs富山 スタメン発表

[7.8 J3第17節](長野U)
※17:00開始
主審:俵元希
副審:松本瑛右、手塚優
<出場メンバー>
[AC長野パルセイロ]
先発
GK 21 小澤章人
DF 19 三上陽輔
DF 3 大島嵩弘
DF 5 寺岡真弘
DF 2 松原優吉
MF 25 有永一生
MF 6 岩沼俊介
MF 14 東浩史
MF 23 堂安憂
FW 28 松村亮
FW 10 宇野沢祐次
控え
GK 1 田中謙吾
DF 15 西口諒
DF 26 遠藤元一
MF 22 國領一平
FW 13 勝又慶典
FW 30 萬代宏樹
FW 7 佐藤悠希
監督
阪倉裕二

[カターレ富山]
先発
GK 1 永井堅梧
DF 24 前嶋洋太
DF 4 楠元秀真
DF 5 今瀬淳也
DF 3 代健司
MF 6 差波優人
MF 22 椎名伸志
MF 7 佐々木陽次
MF 10 新井瑞希
MF 14 川上エドオジョン智慧
FW 11 才藤龍治
控え
GK 21 太田岳志
DF 16 弓崎恭平
DF 19 柳下大樹
MF 15 ルーカス・ダウベルマン
MF 17 稲葉修土
FW 41 木村裕
FW 9 苔口卓也
監督
安達亮

●[J3]第17節2日目 スコア速報

分野研究家

スペインでは、フットサルは「フットボル・サラ」と呼ばれており、スペイン代表チームは2000年・2004年のFIFAフットサルワールドカップ、2005年のヨーロッパ選手権などで優勝した。 #フットサル#サッカー#ユニフォーム#グラデ… twitter.com/i/web/status/1…
Posted in 未分類

秋田vs相模原 スタメン発表

[7.8 J3第17節](A-スタ)
※15:00開始
主審:長谷拓
副審:小出貴彦、大橋侑祐
<出場メンバー>
[ブラウブリッツ秋田]
先発
GK 1 清水慶記
DF 5 千田海人
DF 24 山田尚幸
DF 17 韓浩康
DF 3 堀田秀平
MF 7 前山恭平
MF 13 平石直人
MF 6 藤山智史
MF 10 古田寛幸
FW 18 藤田祥史
FW 29 田中智大
控え
GK 21 松本拓也
DF 2 尾本敬
MF 11 久富賢
MF 15 江口直生
MF 20 青島拓馬
MF 9 中村亮太
FW 16 遊馬将也
監督
杉山弘一

[SC相模原]
先発
GK 29 田中雄大
DF 2 丹羽竜平
DF 3 工藤祐生
DF 4 米原祐
DF 5 梅井大輝
DF 17 保崎淳
DF 35 森本大貴
MF 8 谷澤達也
MF 38 千明聖典
FW 9 ジョン・ガブリエル
FW 39 松本孝平
控え
GK 1 川口能活
DF 15 辻尾真二
MF 10 菊岡拓朗
MF 21 徳永裕大
MF 7 北井佑季
FW 14 チッキーニョ
FW 37 大塚翔平
監督
西ヶ谷隆之

●[J3]第17節2日目 スコア速報

[Rookie League]前橋商が韮崎を5発撃破:B group第5節

前橋商高の先発イレブン
2018 Rookie League

【B group】
第5節
-
[-]
武南高 - 暁星高

7月7日(土)
[グリーンフィールド]
韮崎高 1-5 前橋商高
[韮]村松壮(36分=補・小泉拓也)
[前]伊藤健(10分=補・本間輝)、本間輝(13分=補・伊藤健)、坂本治樹2(68分=補・上野大空、71分)、須賀隆貴(90分+2)

7月8日(日)
[桐光学園高G]
桐光学園高(10:00)帝京高

7月16日(月)
[西武台高第2G]
西武台高(13:00)佐野日大高
▼関連リンク
2018 Rookie League特集ページ

“選手権ヒーロー”を逆輸入…インゴルシュタットMF渡邊凌磨が新潟に完全移籍

渡邊凌磨が新潟へ
 アルビレックス新潟は8日、インゴルシュタット(ドイツ2部)よりMF渡邊凌磨(21)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は『18』をつける。

 クラブを通じて「アルビレックス新潟はJ1にいなければならないクラブだと思っています。シーズン途中からの加入となりますが、少しでもチームの力になって、昇格を目指してプレーしたいと思います。得点やアシストでこのチームに貢献できるように頑張ります」と意気込みを語った。

 渡邊は2013年にU-17日本代表の一員としてU-17W杯に出場し、3ゴールを記録。2014年度の全国高校選手権では前橋育英高(群馬)のエースとして準優勝に貢献し、優秀選手に選出された。

 2015年には早稲田大へ進学したが、4月に日本高校選抜として参加したデュッセルドルフ国際ユースサッカー大会で優秀MFに選出されたことをきっかけに欧州のクラブから注目を集め、本人も海外挑戦を決意。当時ブンデスリーガ1部へ初昇格したインゴルシュタットに入団した。

●MF渡邊凌磨
(わたなべ りょうま)
■背番号
18
■生年月日
1996年10月2日(21歳)
■身長/体重
176cm/70kg
■出身地
埼玉県
■経歴
前橋育英高-早稲田大-インゴルシュタットⅡ-インゴルシュタット
■代表歴
U-16日本代表
U-17日本代表(U-17W杯)
U-18日本代表
U-19日本代表
■出場記録
レギオナルリーガ(ドイツ4部):72試合12得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

朝までゲームに熱中!? W杯早期敗退のドイツに衝撃事実が発覚

ドイツ代表が朝までゲームに熱中?
 これが事実であれば、ドイツ代表はグループリーグを甘くみていたのかもしれない。ドイツ『ビルト』が驚きの噂話を報じた。

 連覇を期待されてロシアW杯に臨んだドイツ。メキシコとの初戦を0-1で落とすと、第2節のスウェーデン戦は後半アディショナルタイムの劇的ゴールで辛くも勝利をおさめたが、最終節で韓国に0-2で敗れ、まさかのグループ最下位で早々に敗退が決まった。

 優勝候補にも挙げられていたドイツが醜態をさらす形となったが、それに追い打ちをかけるような“奇妙な噂”が話題となっている。

 同紙によると、TVゲームに熱中する選手がいたため、ドイツサッカー連盟が合宿所のネットを遮断する事態に発展した模様。選手たちは、『FIFA18』や『コール・オブ・デューティ』、『フォートナイト』を早朝までやっていたようで、同連盟が少なくとも1回はネットを遮断したという。

 早朝までゲームに熱中していたことが原因で寝不足となり、パフォーマンスに影響したとなれば、国民も黙っていないだろう。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

【W杯クイズ】Q.2002年日韓大会で誕生…最速ゴールは何秒?

【W杯クイズ】Q.2002年日韓大会で誕生…最速ゴールは何秒?
A.11秒

 元トルコ代表FWのハカン・シュキュル氏が2002年日韓大会の3位決定戦・韓国代表戦(3-1)で決めた開始11秒のゴールが歴代最速記録。それまでは1962年チリ大会で元チェコスロバキア代表のバクラフ・マシェク氏が記録した15秒が最速だった。

 ハカン・シュキュル氏の電光石火の先制点を皮切りに計3ゴールで韓国との打ち合いを制したトルコだが、3位に入賞した日韓大会以降、4大会連続で出場権を逃している。

※ゲキサカではロシアW杯期間中、大会にちなんだクイズを出題。更新は毎日12時。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

乾貴士、“W杯ブレイク選手”で堂々2位に!「30歳でも遅くないと証明した」

乾貴士がブレイク選手に
 ロシアで開催中のW杯は、7日に準々決勝が終了。ベスト4が出揃った。そんな中、英誌『フォー・フォー・トゥー』は今大会で強烈なインパクトを残した“ブレイクスター10人”を紹介。日本代表MF乾貴士が堂々2位に選出されている。

 前回王者ドイツから決勝点を奪ったメキシコ代表FWイルビング・ロサノ(22)、サウジアラビアとの開幕戦で1ゴール2アシストを記録したロシア代表MFアレクサンドル・ ゴロビン(22)、フランス代表DFベンジャマン・パバール(22)と若手が多く選出された中、30歳とベテランの域に差しかかっている乾がなんと2位にランクインした。

 同誌は、「ベティスは乾がロシアでスター街道を駆け上がる数週間前にフリーで彼を(エイバルから)獲得するという、今夏最高のバーゲンに恵まれた。このリストの中で最年長の30歳だが、グループリーグとベルギー戦での活躍により、W杯でインパクトを残すのに遅すぎるということはないことを証明してくれた」と高評価を与えた。

 さらに「ウインガーは驚くほど精密なコントロール、絶妙なパス、パワフルなドライブシュートで相手を驚かせた。このすべてはブンデスリーガ、リーガ・エスパニョーラの中間クラブでプレーしていた選手によるものだ」と、目覚ましいパフォーマンスを披露した乾を称えた。

 以下、『フォー・フォー・トゥー』が選出した10人

1位:イルビング・ロサノ(メキシコ)
2位:乾貴士(日本)
3位:アレクサンドル・ゴロビン(ロシア)
4位:アンテ・レビッチ(クロアチア)
5位:フアン・フェルナンド・キンテロ(コロンビア)
6位:ベンジャマン・パバール(フランス)
7位:ロドリゴ・ベンタンクール(ウルグアイ)
8位:ムサ・ワゲ(セネガル)
9位:チョ・ヒョンウ(韓国)
10位:ビクトル・クラーソン(スウェーデン)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

長友佑都に“恩師”から一通のメール「君たちの監督だったことを誇りに思う」

長友佑都が恩師のメールを明かす
 日本代表DF長友佑都が、ベルギー戦後に元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏から一通のメールを受け取っていたことを明かした。

 ロシアW杯に出場した日本は、グループリーグを2位通過。2日に行われた決勝トーナメント1回戦では、0-2とベルギーを追いつめたが、まさかの逆転負けを喫し、初のベスト8進出を逃した。

 ツイッター(@YutoNagatomo5)を更新した長友は、「ベルギー戦が終わった後、ザックさんから一通のメールが届いた。『君たちの監督だったことを誇りに思う』。ブラジルW杯から4年。成長した姿で、恩返しできたなら嬉しく思う」と、“恩師”に感謝の言葉を送った。

 ザッケローニ氏は2010年から14年まで日本代表監督を務め、アジア杯優勝などの成績を残したが、2014年ブラジルW杯ではグループリーグ敗退に終わった。現在はUAE代表監督を務めており、来年1月にUAEで開催されるアジア杯で日本と対戦する可能性もある。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

20年ぶりの4強に導いた“手負い”の守護神

MFルカ・モドリッチと喜びを爆発させるGKダニエル・スバシッチ
[7.7 ロシアW杯準々決勝 ロシア2-2(PK戦3-4)クロアチア ソチ]

 守護神がまたもや魅せた。PK戦まで持ち込まれた準々決勝ロシア戦。チームに勝利をもたらす活躍を見せたのがクロアチア代表GKダニエル・スバシッチだった。

 同じくPK戦にもつれ込んだ決勝トーナメント1回戦デンマーク戦では、驚異的な反応を見せた。1人目のMFクリスティアン・エリクセンのシュートを右に飛んで弾き出すと、4人目のMFラセ・シェーネも同じく右に飛んでストップ。さらに5人目のDFマティアス・ヨルゲンセンが真ん中に蹴り出したシュートに対し、スバシッチは左に飛んでいたものの、残っていた足で阻む。3本のシュートをストップする活躍で20年ぶりのベスト8へと導いた。

 そして、迎えたロシア戦。2試合連続でPK戦を迎えると、ロシア1人目のFWフョードル・スモロフのシュートに対し、右に飛ぶ。ボールは飛んだ自身よりも内側に来たが、残っていた左手を瞬時に伸ばしてストップした。クロアチア2人目MFマテオ・コバチッチがGKイゴール・アキンフェエフに阻まれ、ロシア3人目DFマリオ・フェルナンデスが枠を外し、3-3で迎えたクロアチア5人目のはMFイバン・ラキティッチ。

 スバシッチはゴール脇にヒザをついて、背番号7の成功を祈る。そして、右足から蹴り出されたボールがゴールネットを揺らした瞬間に、両手を広げて歓喜を爆発させた。

 この試合の後半アディショナルタイムだった。後方に流れてきたボールを処理した際、スバシッチは右太腿を痛めた素振りを見せていた。その時点で交代カードは3枚使っており、交代はできない。90分間を終え、延長戦を迎える前にはトレーナーから念入りなマッサージを受けていた。そして、延長前半7分には負傷したDFシメ・ブルサリコが交代を余儀なくされ、延長に入って使える4枚目のカードも切ってしまう。だが、守護神はピッチに立ち続け、チームにベスト4行きの切符をもたらした。

 この試合におけるスバシッチの貢献度の高さを理解しているからこそ、両手を広げた守護神の胸にすぐさまラキティッチが飛び込む。そして、2人がピッチに倒れ込んだ直後にはハーフウェーラインから走り込んだチームメイトが次々と飛び込んだ。

(取材・文 折戸岳彦)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

失意のネイマール「僕のサッカー人生において最も悲しい瞬間」

ネイマールがインスタグラムを更新
 ブラジル代表FWネイマールが、ロシアW杯敗退から一夜明け、自身のインスタグラム(@neymarjr)を更新した。

 優勝候補だったブラジルは、スイスとの初戦こそ1-1で引き分けたが、2勝1分でグループリーグを首位通過。2日の決勝トーナメント1回戦では、前回王者ドイツに勝利したメキシコを2-0で退け、7大会連続の8強入りを果たした。

 そして迎えた6日の準々決勝ベルギー戦。FIFAランキング上位同士の対決ということで注目が集まったが、オウンゴールで先制されると、高速カウンターからさらに失点。0-2の後半31分にMFレナト・アウグストが1点を返したが、追いつくことはできなかった。

 今年3月に骨折した足の手術を受け、今大会で復帰を果たしたネイマールは、2ゴールを記録したものの、ピッチに倒れ込んで大袈裟にファウルをアピールする姿に批判が集まった。母国の敗退とともに、ネイマールにとって後味の悪い幕切れとなった。

 インスタグラムを更新したネイマールは、「僕のサッカー人生において最も悲しい瞬間だ。僕たちは歴史を作ることができると分かっていたからこそ、痛みは大きい。だけど、今回は僕たちの大会ではなかったようだ」と、今大会を振り返った。

「もう一度フットボールをプレーしたいと思うのは難しい。だけど、神様がそれを与えてくれると信じている。このチームの一員になれてとても幸せだった。みんなを誇りに思う。僕たちの夢は終わってしまったけど、すべてを奪い取られたわけじゃない」

 現在26歳のネイマールは、4年度のカタールW杯で30歳を迎える。幼稚とまで言われた“悪癖”を治し、今度こそサッカー王国に歓喜をもたらす。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

分野研究家

スポーツ以外で使用できるシーンでも、デザインをお揃いにするだけでなく自分の名前もプリントすると団結力がさらに高まりそう。 #フットサル#サッカー#ユニフォーム#グラデーション#カスタマイズ#高品質#着心地#保障#ロンヨン
Posted in 未分類

終わりを迎えた“史上最弱”の快進撃…開催国ロシア散る

ベスト8で姿を消すことになったロシア代表
[7.7 ロシアW杯準々決勝 ロシア2-2(PK戦3-4)クロアチア ソチ]

 後攻で5人目のキッカーとなったクロアチア代表MFイバン・ラキティッチのシュートがゴールネットを揺らす。この瞬間、自国開催となったロシア代表の2018年W杯の旅は終わりを迎えた――。

 開催国でありながらも、ロシアの前評判は決して高くなかった。W杯直前に発表された。FIFAランクでは出場32か国中最下位となる70位。FIFAランキングの発表が始まった93年以降、ホスト国が出場国中最下位で大会に臨むのは初となり、“史上最弱のホスト国”とのレッテルを貼られてしまう。W杯イヤーに入っても結果がついてこず、3月に対戦した優勝候補のブラジル、フランスにはともに3失点を喫しての完敗。大会直前にはW杯不出場のオーストリア、トルコと対戦したものの1分1敗の結果に終わり、18年の白星がないまま本大会を迎えた。

 だが、本大会に入ると、汚名返上となるような快進撃を続けた。開幕戦となったサウジアラビア戦で5-0の大勝を収めて白星スタートを切ると、続く試合でエジプトを3-1で下して早々とグループリーグ突破を決める。グループリーグ最終戦のウルグアイ戦こそ0-3で落としたものの、決勝トーナメント1回戦では優勝候補の一角であるスペインをPK戦の末に下し、70年大会以来、48年ぶりのベスト8進出を果たした。

 そして66年大会以来、52年ぶりのベスト4進出を賭けた準々決勝クロアチア戦でも地元サポーターを沸かせる。前半31分、FWアルテム・ジューバとのワンツーで前線に上がったMFデニス・チェリシェフの鮮やかなミドルシュートで先制に成功。同39分にクロアチアに追い付かれ、延長前半11分には逆転ゴールを許したものの、延長後半10分にMFアラン・ジャゴエフのCKをDFマリオ・フェルナンデスがヘディングで叩き込み、試合を振り出しに戻した。だが、粘りを見せたもののPK戦を3-4で落とし、準決勝に駒を進めることはできなかった。

 PK戦の末にベスト8で姿を消すこととなり、“史上最弱”の快進撃を後押しし続けたサポーターの中には涙を流す人、呆然と立ち尽くす人の姿も目立ったが、惜しみない拍手が贈られたことが今大会のロシアが「いい意味」で期待を裏切ったことを十分に証明していた。

(取材・文 折戸岳彦)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

ロシアW杯は佳境に!4強は欧州勢のみ、それぞれの対戦成績は…

ワールドカップを手にするのはどのチームか
 ロシアW杯は7日、準々決勝2試合が行われ、ベスト4が出揃った。準決勝では10日にフランス代表ベルギー代表、11日にクロアチア代表イングランド代表が戦う。

 最新FIFAランキング7位のフランスは、グループリーグを2勝1分の首位で通過。決勝トーナメントでは、アルゼンチン、ウルグアイと南米勢を連破し、2006年ドイツ大会以来、3大会ぶりのベスト4入りを果たした。好調のチームを引っ張るFWアントワーヌ・グリエーズマンの助けもあり、19歳FWキリアン・ムバッペがブレイク中。彼が生まれた年、1998年フランス大会以来の優勝も見えてきた。

 対するFIFAランキング3位のベルギーは、3連勝でグループリーグ首位通過。決勝トーナメント1回戦では0-2から日本を敗退へと追い込むと、6日の準々決勝では一段ギアを切り替え、サッカー王国ブラジルを2-1で退けた。各ポジションに世界最高峰のプレイヤーが揃い、過去最高の4位越えに王手がかかった。

 世界最高の中盤コンビ、MFルカ・モドリッチとMFイバン・ラキティッチを擁するFIFAランキング20位クロアチアは、アルゼンチンらを下してグループリーグ3連勝。続く決勝トーナメントでは、2試合連続でPK戦までもつれ込んだがデンマーク、開催国ロシアをギリギリのところで破り、準決勝まで勝ち進んだ。過去の最高成績は3位。初の決勝進出を目指す。

 イングランドは1990年のイタリア大会以来、28年ぶりの4強入り。FIFAランキング12位のサッカーの母国は、グループリーグでベルギーに敗れ、2位通過となったが、決勝トーナメント1回戦でPK戦の末にコロンビアを下すと、“ダークホース”スウェーデンを2-0で破り、準決勝に駒を進めた。キャプテンでエースのFWハリー・ケインが好調で、今大会ここまで6得点。母国開催の1966年大会以来の優勝とともに、得点王輩出なるか注目が集まる。

 なお、フランスとベルギーの対戦成績は、ベルギー側からみて30勝19分24敗。また、クロアチアとイングランドは過去7度対戦しており、イングランドが4勝1分2敗と勝ち越している。

【準決勝】
▼7/10(火)
フランス 27:00 ベルギー [サンクトペテルブルク]

▼7/11(水)
クロアチア 27:00 イングランド [モスクワ/ルジニキ]

【3位決定戦】
▼7/14(土)
未定 23:00 未定 [サンクトペテルブルク]

【決勝】
▼7/15(日)
未定 24:00 未定 [モスクワ/ルジニキ]

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

[Rookie League]相川2発!前橋育英が静岡学園に4-0快勝:A group第5節

前橋育英高の先発イレブン
2018 Rookie League

【A group】
第5節
5月12日(土)
[矢板中央高G]
鹿島学園高 5-1 矢板中央高
[鹿]石井想(14分=補・小西慶太郎)、エゼトベチク(20分=補・荒木駿輔)、菊谷大地(34分=補・エゼトベチク)、遠藤聖矢(37分=補・菊谷大地)、鳴海友介(62分=補・土井紅貴)
[矢]小川心(31分(補・大嶋温人)

6月9日(土)
[グラスポ]
市立船橋高 1-0 日大藤沢高
[市]木内拓海(41分=補・井原充葵)

6月23日(土)
[時之栖スポーツセンター]
清水桜が丘高 1-4 帝京三高
[清]和田波季(59分=補・木下耀涼)
[帝]吉崎毎流(37分)、平野元稀(61分)、高橋快(71分=補・平野元稀)、山岡崇翔(87分)

6月24日(日)
[流通経済大柏高G]
流通経済大柏高 3-1 水戸商高
[流]森山一斗2(15分=補・田村陸、19分)、並木爽(30分)
[水]巻田有生(35分)

7月7日(土)
[前橋育英高G]
前橋育英高 4-0 静岡学園高
[前]相川陽葵2(14分=補・熊倉弘達、45分=鈴木雄太)、中村草太(57分=補・安藤優人)、 両角開(62分)
▼関連リンク
2018 Rookie League特集ページ

ロシアvsクロアチア 試合スタッツ

【W杯準々決勝2日目】(ソチ)
ロシア 2-2(前半1-1、PK3-4)クロアチア


試合終了時の主なスタッツ
■シュート数
ロシア 13 : 17 クロアチア

■枠内シュート
ロシア 7 : 3 クロアチア

■パス本数
ロシア 402 : 763 クロアチア

■パス成功率
ロシア 69%:81% クロアチア

■走行距離
ロシア 148km:139km クロアチア

■オフサイド
ロシア 1 : 0 クロアチア

■コーナーキック
ロシア 6 : 8 クロアチア

■ファウル数
ロシア 25 : 18 クロアチア

■イエローカード
ロシア 1 : 4 クロアチア

■レッドカード
ロシア 0 : 0 クロアチア

■ボール支配率
ロシア 36%:64% クロアチア

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

ベスト4最後の椅子はクロアチア!! 開催国との死闘制して20年ぶり4強

ベスト4最後の椅子はクロアチア!! 開催国との死闘制して20年ぶり4強
[7.7 ロシアW杯準々決勝 ロシア2-2(PK戦3-4)クロアチア ソチ]

 ロシアW杯は7日、準々決勝2日目を行い、ソチのフィシュトではロシア代表クロアチア代表が対戦。前半に1点ずつを取り合った試合は、後半はスコアが動かずに延長戦に突入。延長戦でも1点ずつを奪い合って2-2のまま迎えたPK戦を4-3で制したクロアチアがベスト8を突破した。98年大会以来、20年ぶりの4強入りを決めたクロアチアは、11日に行われる準決勝でイングランドと対戦する。

 ロシアは決勝トーナメント1回戦スペイン戦から先発1人を入れ替え、MFユーリ・ジルコフに代わってMFデニス・チェリシェフを先発起用。一方のクロアチアも決勝T1回戦デンマーク戦から先発1人を入れ替え、MFマルセロ・ブロゾビッチに代えてFWアンドレイ・クラマリッチらがスターティングメンバーに名を連ねた。

 序盤こそともにフィニッシュに持ち込む場面を創出したものの、MFルカ・モドリッチとMFイバン・ラキティッチの2枚看板を軸としたパスワークで攻撃を組み立てるクロアチアが徐々にベースを握り始める。しかし、ロシアはブロック内に入ってきたクロアチアの選手に複数人が激しく寄せて自由を与えず。ボールを奪取してカウンターを発動させれば、たとえボールが自陣にあろうとも大観衆が大きな声を届け、「ロシア!」コールで選手たちを後押しした。

 すると、完全ホームのロシアが強烈な一撃で先制に成功。前半31分、左サイドから中央にボールを運んだチェリシェフがFWアルテム・ジューバとのパス交換で前線に上がると、PA外から左足の鮮やかなミドルシュートを叩き込んでスコアを1-0とした。だが同40分、左サイドからボールを運んだFWマリオ・マンジュキッチのラストパスをクラマリッチがヘディングで叩き込み、クロアチアが試合を振り出しに戻す。

 1-1のまま後半を迎えると、後半7分にクロアチアがゴールに迫るが、DFシメ・ブルサリコのクロスの流れからクラマリッチが放ったバイシクルは、GKイゴール・アキンフェエフの守備範囲に飛んでしまう。さらに同15分、右サイドからクラマリッチが送ったクロスからFWイバン・ペリシッチが決定機を迎えるが、至近距離から放った右足シュートはポストを叩いて勝ち越しゴールとはならなかった。

 その後も圧力を強めるクロアチアが押し込む時間帯が続くが、時には1トップのジューバ以外のフィールドプレーヤー全員がPA内に入って守備をこなすロシアを崩し切れない。後半27分にはロシアが久々にフィニッシュまで持ち込むも、DFマリオ・フェルナンデスのクロスからMFアレクサンドル・エロヒンが放ったヘディングシュートは枠上に外れた。

 両チームともに勝ち越しゴールを狙いながらも、スコアが動かないまま前後半終了を迎え、試合は延長戦に突入。すると延長前半11分、モドリッチが蹴り出したCKをDFドマゴイ・ビダががヘディングで合わせたボールが、そのままゴールマウスに吸い込まれてクロアチアが勝ち越しに成功。その後、ロシアが猛反撃に出ると、延長後半7分にMFダレル・クズヤエフが放った弾丸シュートがGKダニエル・スバシッチに防がれながらも、同10分にMFアラン・ジャゴエフが蹴り出したFKをDFマリオ・フェルナンデスがヘディングで突き刺し、土壇場で試合を振り出しに戻した。

 2-2のままPK戦を迎え、先攻のロシア1人目のFWフョードル・スモロフ、3人目のM・フェルナンデス、クロアチア2人目のMFマテオ・コバチッチが失敗。3-3で迎えた後攻5人目となったラキティッチがきっちり沈めて、クロアチアが4-3でPK戦を制した。

(取材・文 折戸岳彦)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

ロシアvsクロアチア 試合記録

【ロシアW杯準々決勝】(ソチ)
ロシア 2-2(PK3-4)クロアチア


<得点者>
[ロ]デニス・チェリシェフ(31分)、マリオ・フェルナンデス(115分)
[ク]アンドレイ・クラマリッチ(39分)、ドマゴイ・ビダ(101分)

<警告>
[ロ]ユーリ・ガジンスキー(109分)
[ク]デヤン・ロブレン(35分)、イバン・ストリニッチ(38分)、ドマゴイ・ビダ(101分)、ヨシプ・ピバリッチ(114分)

終わりを迎えた“史上最弱”の快進撃…開催国ロシア散る
ベスト4最後の椅子はクロアチア!! 開催国との死闘制して20年ぶり4強
[プレビュー]リーガ2強コンビ擁するクロアチア、強固なホスト国を攻略なるか!?
20年ぶりの4強に導いた“手負い”の守護神


<出場メンバー>
[ロシア]
先発
GK 1 イゴール・アキンフェエフ
DF 2 マリオ・フェルナンデス
DF 3 イリヤ・クテポフ
DF 4 セルゲイ・イグナシェビッチ
DF 13 フョードル・クドリャショフ
MF 6 デニス・チェリシェフ
(67分→FW 10 フョードル・スモロフ)
MF 7 ダレル・クズヤエフ
MF 11 ロマン・ゾブニン
MF 17 アレクサンドル・ゴロビン
(102分→MF 9 アラン・ジャゴエフ)
MF 19 アレクサンドル・サメドフ
(54分→MF 21 アレクサンドル・エロヒン)
FW 22 アルテム・ジューバ
(79分→MF 8 ユーリ・ガジンスキー)
控え
GK 12 アンドレイ・ルニョフ
GK 20 ウラジミール・ガブロフ
DF 5 アンドレイ・セミョノフ
DF 14 ウラジミール・グラナト
DF 23 イーゴリ・スモリニコフ
MF 15 アレクセイ・ミランチュク
MF 16 アントン・ミランチュク
MF 18 ユーリ・ジルコフ
監督
スタニスラフ・チェルチェソフ

[クロアチア]
先発
GK 23 ダニエル・スバシッチ
DF 2 シメ・ブルサリコ
(97分→DF 5 ベドラン・チョルルカ)
DF 3 イバン・ストリニッチ
(74分→DF 22 ヨシプ・ピバリッチ)
DF 6 デヤン・ロブレン
DF 21 ドマゴイ・ビダ
MF 7 イバン・ラキティッチ
MF 10 ルカ・モドリッチ
FW 4 イバン・ペリシッチ
(63分→MF 11 マルセロ・ブロゾビッチ)
FW 9 アンドレイ・クラマリッチ
(88分→MF 8 マテオ・コバチッチ)
FW 17 マリオ・マンジュキッチ
FW 18 アンテ・レビッチ
控え
GK 1 ドミニク・リバコビッチ
GK 12 ロブレ・カリニッチ
DF 13 ティン・イェドバイ
DF 15 ドゥイェ・チャレタ・ツァル
MF 14 フィリップ・ブラダリッチ
MF 19 ミラン・バデリ
FW 20 マルコ・ピアツァ
監督
ズラトコ・ダリッチ

ロシアvsクロアチア スタメン発表

[7.7 ロシアW杯準々決勝](ソチ)
※27:00開始
<出場メンバー>
[ロシア]
先発
GK 1 イゴール・アキンフェエフ
DF 2 マリオ・フェルナンデス
DF 3 イリヤ・クテポフ
DF 4 セルゲイ・イグナシェビッチ
DF 13 フョードル・クドリャショフ
MF 6 デニス・チェリシェフ
MF 7 ダレル・クズヤエフ
MF 11 ロマン・ゾブニン
MF 17 アレクサンドル・ゴロビン
MF 19 アレクサンドル・サメドフ
FW 22 アルテム・ジューバ
控え
GK 12 アンドレイ・ルニョフ
GK 20 ウラジミール・ガブロフ
DF 5 アンドレイ・セミョノフ
DF 14 ウラジミール・グラナト
DF 23 イーゴリ・スモリニコフ
MF 8 ユーリ・ガジンスキー
MF 9 アラン・ジャゴエフ
MF 15 アレクセイ・ミランチュク
MF 16 アントン・ミランチュク
MF 18 ユーリ・ジルコフ
MF 21 アレクサンドル・エロヒン
FW 10 フョードル・スモロフ
監督
スタニスラフ・チェルチェソフ

[クロアチア]
先発
GK 23 ダニエル・スバシッチ
DF 2 シメ・ブルサリコ
DF 3 イバン・ストリニッチ
DF 6 デヤン・ロブレン
DF 21 ドマゴイ・ビダ
MF 7 イバン・ラキティッチ
MF 10 ルカ・モドリッチ
FW 4 イバン・ペリシッチ
FW 9 アンドレイ・クラマリッチ
FW 17 マリオ・マンジュキッチ
FW 18 アンテ・レビッチ
控え
GK 1 ドミニク・リバコビッチ
GK 12 ロブレ・カリニッチ
DF 5 ベドラン・チョルルカ
DF 13 ティン・イェドバイ
DF 15 ドゥイェ・チャレタ・ツァル
DF 22 ヨシプ・ピバリッチ
MF 8 マテオ・コバチッチ
MF 11 マルセロ・ブロゾビッチ
MF 14 フィリップ・ブラダリッチ
MF 19 ミラン・バデリ
FW 20 マルコ・ピアツァ
監督
ズラトコ・ダリッチ

●[ロシアW杯]準々決勝2日目 スコア速報

『黄金世代』を超えた新生イングランド、目指すは“3世代”での世界制覇

3世代W杯制覇を目指すイングランド代表
[7.7 ロシアW杯準々決勝 スウェーデン0-2イングランド サマーラ]

 2000年代の欧州サッカー界を盛り上げた『黄金世代』が届かなかった場所に、平均年齢26歳弱の新生イングランド代表がたどり着いた。準決勝進出は1990年のイタリア大会以来28年ぶり3回目。昨年は育成年代が猛威を振るったサッカーの母国が、再び世界の頂点を見据え始めている。

 MFポール・スコールズ、MFデイビッド・ベッカム、DFソル・キャンベルの74~75年組。そしてDFリオ・ファーディナンド、MFフランク・ランパード、FWマイケル・オーウェン、DFジョン・テリー、DFアシュリー・コール、MFスティーブン・ジェラードの78~80年組。

 2000年代のイングランド代表を支えてきたのは、上記の『ゴールデン・ジェネレーション』。日本の“79年組”とは趣を異にするが、10年間単位の『世代』という意味合いで付けられたネーミングだ。

 だが、彼らの世界挑戦は決して満足のいくものではなかった。W杯での成績は常にベスト16からベスト8止まり。欧州選手権では08年に本大会への出場機会も逃すなど、大きな期待どおりの結果は一度も残すことができなかった。

 そんな黄金世代の壁を、若き代表チームがついに破ってみせた。エースに君臨するのはFWハリー・ケイン、3バックを統べるのはDFジョン・ストーンズ、長年にわたる最後尾の弱点を埋めたのはGKジョーダン・ピックフォード。全員が1993~94年生まれの24歳だ。最年長の32歳MFアシュリー・ヤングが働き屋に徹しているのも“新生”の気風を高めている。

 3-1-4-2の新システムも伝統との決別を示すものだが、何より脅威となっているのはゴール前で意図的に混戦をつくりだすセットプレー戦術。伝統的な競り合いの強さにテクニカルなポジショニングが相まって、ここまで11得点のうち大半の8得点を導いている。

 今大会での快進撃を予告するかのように、昨年行われたU-20W杯、U-17W杯ではそろって優勝。選手育成には時間がかかるため、現代表チームへの好影響を信じ込みすぎてはならないが、「勝てるイングランド」を世界に見せた効果は少なくないだろう。そこで目指すは“三世代”でのW杯制覇。この目標を成し遂げた時、新たな『黄金世代』が誕生するのは間違いないだろう。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

ミランの新ユニフォームはプーマ!伝統の赤と黒のストライプ

20年ぶりにブランド変更したミランのユニフォーム
 スポーツブランドのプーマは、ミランの2018-19シーズンのホームユニフォームを発表した。
 
 1998-99シーズンから続いたアディダスのユニフォームから20年ぶりに新ブランドに変更した。プーマに変更した最初のホームキットは、クラブの「歴史と伝統」を表現している。クラブ設立間もない1900年代初頭に採用していたボタンダウンのクラシックな雰囲気にインスピレーションを受け、これまでと変わらぬ赤と黒のストライプを採用。襟首には伝説的な 「Diavolo Rossonero(赤と黒の悪魔)」のアイコンが施されている。ちなみに、このアイコンはクラブ創業者であるハーバート・キルピンの有名な『私たちは悪魔のようなチームになることでしょう。私たちは魂を揺さぶる炎のような赤と相手チームを恐怖に陥れるような黒になることでしょう』というフレーズを表現している。

 また、ホームキット発表にあわせて、プーマ フットボールは「A NEW MILAN」と題したソーシャルキャンペーンを実施。街の若々しい盛り上がりと創造性、新しい時代の若者やクラブ内のエネルギーに反映されたファンの情熱を表現した動画を作成した。

スウェーデンvsイングランド 試合スタッツ

【W杯準々決勝2日目】(サマーラ)
スウェーデン 0-2(前半0-1)イングランド


試合終了時の主なスタッツ
■シュート数
スウェーデン 7 : 12 イングランド

■枠内シュート
スウェーデン 3 : 2 イングランド

■パス本数
スウェーデン 384 : 532 イングランド

■パス成功率
スウェーデン 73%:79% イングランド

■走行距離
スウェーデン 107km:110km イングランド

■オフサイド
スウェーデン 2 : 1 イングランド

■コーナーキック
スウェーデン 1 : 6 イングランド

■ファウル数
スウェーデン 10 : 7 イングランド

■イエローカード
スウェーデン 2 : 1 イングランド

■レッドカード
スウェーデン 0 : 0 イングランド

■ボール支配率
スウェーデン 44%:56% イングランド

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

“100kg”砲が炸裂!! 新生イングランド、スウェーデン破って28年ぶりベスト4

決勝点を決めたDFハリー・マグワイア
[7.7 ロシアW杯準々決勝 スウェーデン0-2イングランド サマーラ]

 ロシアW杯は7日、準々決勝2日目を行い、平均年齢26歳未満の若きのイングランドスウェーデンと対戦した。登録体重100kgのDFハリー・マグワイアが決勝ヘッドを決め、イングランドが2-0で勝利。1990年のイタリア大会以来、28年ぶりの4強入りを果たした。

 決勝トーナメント1回戦のコロンビア戦で史上初めてPK戦を制したイングランドは、120分間を戦い抜いた後の中3日だったが全員が同じスターティングイレブン。対するスウェーデンはボランチのMFセバスティアン・ラーションが出場停止から復帰し、DFミハエル・ルスティグが累積警告でメンバーを外れた。

 立ち上がりは互いに動きの少ない展開。イングランドの3-1-4-2(5-3-2)に対し、スウェーデンの4-4-2は噛み合わないが、ボールを支配する気を見せない両チームは前線にとにかく放り込み続ける。流れの中から可能性のあるシュートが見られたのは、こぼれ球を拾ったFWハリー・ケインの1本だけだった。

 しかし、セットプレーで均衡が破られる。前半30分、左CKをMFアシュリー・ヤングが蹴り込むと、中央でハイジャンプを見せたマグワイアが高打点ヘッド。MFエミル・フォルスベリとの身長差14cmを生かし、上から一気に叩き込んだ。これが代表初ゴール。イングランド代表にとっては今大会8つ目のセットプレーからの得点となった。

 後半立ち上がりはスウェーデンが優勢。2分、DFルドウィグ・アウグスティンソンの左足クロスにFWマルクス・ベリが頭で合わせたが、GKジョーダン・ピックフォードが横っ飛びでストップした。イングランドは9分、ヤングのFKをマグワイアが落とし、FWラーヒム・スターリングがこぼれ球を狙うも大きく枠を外れた。

 後半14分、イングランドが追加点を奪った。MFジェシー・リンガードのミドルが相手にブロックされ、こぼれ球がDFキーラン・トリッピアーのもとへ。これをリンガードにつなぎ、右PA角からふんわりとしたクロスを送ると、ファーサイドで反応したMFデレ・アリが頭で押し込んだ。

 2点を追うスウェーデンは後半17分、右サイドを駆け上がったFWオラ・トイボネンのクロスをベリが落とし、MFビクトル・クラーソンが狙ったが、またしてもピックフォードがビッグセーブ。同27分、ゴール前でベリがボレーシュートを放つも、これもピックフォードが片手で枠外にかき出した。

 スウェーデンは後半20分、DFマルティン・オルソンとFWヨン・グイデッティを一気に投入。イングランドは同32分、コロンビア戦では出産立ち会いのためチームを離脱していたDFファビアン・デルフがデレ・アリに代わって入った。だが、戦況はそれほど変わらず。スウェーデンのロングボール攻勢が得点に結びつくことはなく、20年ぶりの4強進出はならなかった。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送 

スウェーデンvsイングランド 試合記録

【ロシアW杯準々決勝】(サマーラ)
スウェーデン 0-2(前半0-1)イングランド


<得点者>
[イ]ハリー・マグワイア(30分)、デレ・アリ(59分)

<警告>
[ス]ヨン・グイデッティ(87分)、セバスティアン・ラーション(90分+4)
[イ]ハリー・マグワイア(87分)

“100kg”砲が炸裂!! 新生イングランド、スウェーデン破って28年ぶりベスト4
『黄金世代』を超えた新生イングランド、目指すは“3世代”での世界制覇
28年ぶり4強のイングランド、勝負を決めたデレ・アリ「勝利をファンに捧ぐ」


<出場メンバー>
[スウェーデン]
先発
GK 1 ロビン・オルセン
DF 3 ビクトル・リンデレフ
DF 4 アンドレアス・グランクビスト
DF 6 ルドウィグ・アウグスティンソン
DF 16 エミル・クラフト
(85分→DF 18 ポントゥス・ヤンソン)
MF 7 セバスティアン・ラーション
MF 8 アルビン・エクダル
MF 10 エミル・フォルスベリ
(65分→FW 11 ヨン・グイデッティ)
MF 17 ビクトル・クラーソン
FW 9 マルクス・ベリ
FW 20 オラ・トイボネン
(65分→DF 5 マルティン・オルソン)
控え
GK 12 カール・ヨハン・ヨーンソン
GK 23 クリストファー・ノルフェルト
DF 14 フィリップ・ヘランデル
MF 13 グスタフ・スベンソン
MF 15 オスカル・ヒリェマルク
MF 19 マルクス・ローデン
MF 21 ジミー・ドゥルマズ
FW 22 イサーク・キーセ・テリン
監督
ヤン・アンデション

[イングランド]
先発
GK 1 ジョーダン・ピックフォード
DF 2 カイル・ウォーカー
DF 5 ジョン・ストーンズ
DF 6 ハリー・マグワイア
DF 12 キーラン・トリッピアー
DF 18 アシュリー・ヤング
MF 7 ジェシー・リンガード
MF 8 ジョーダン・ヘンダーソン
(85分→MF 4 エリック・ダイアー)
MF 20 デレ・アリ
(77分→DF 17 ファビアン・デルフ)
FW 9 ハリー・ケイン
FW 10 ラヒーム・スターリング
(90分+1→FW 19 マーカス・ラッシュフォード)
控え
GK 13 ジャック・バトランド
GK 23 ニック・ポープ
DF 3 ダニー・ローズ
DF 15 ガリー・ケーヒル
DF 16 フィル・ジョーンズ
DF 22 トレント・アレクサンダー・アーノルド
MF 21 ルベン・ロフタス・チーク
FW 11 ジェイミー・バーディ
FW 14 ダニー・ウェルベック
監督
ガレス・サウスゲート