リーガ首位攻防戦は劇的ドロー…追いついたバルセロナ、A・マドリー戦は17試合無敗に

1-1の引き分けに終わった
[11.24 リーガ・エスパニョーラ第13節 A・マドリー1-1バルセロナ]

 リーガ・エスパニョーラは24日、第13節を各地で行い、アトレティコ・マドリーバルセロナの首位攻防戦が行われた。FWジエゴ・コスタの今季初ゴールでA・マドリーが先行したが、終了間際にバルセロナが追いつき1-1でドロー。バルセロナは同対戦での無敗記録を17試合に伸ばした。

 第12節終了時点での順位は、バルセロナが勝ち点24の首位で、A・マドリーが勝ち点23の3位。過去のリーグ戦では162試合を戦い、バルセロナが73勝39分50敗と勝ち越している。なお、A・マドリーはここまで同対戦で16試合勝ちなし。中断期間に芝生を張り替えたワンダ・メトロポリターノで心機一転の初勝利を狙った。

 A・マドリーはおなじみの4-4-2。GKヤン・オブラク、DFフィリペ・ルイス、DFリュカ・エルナンデス、DFステファン・サビッチ、DFサンティアゴ・アリアスが守備を固める。中盤は左からDFトマ・ルマル、MFサウール・ニゲス、MFロドリゴ、MFコケ。2トップにはFWジエゴ・コスタとFWアントワーヌ・グリエーズマンが並んだ。

 バルセロナは4-3-1-2。守備陣はGKアンドレ・マルク・テア・シュテーゲン、DFジョルディ・アルバ、DFサムエル・ウムティティ、DFジェラール・ピケ、DFネウソン・セメド。中盤はMFセルヒオ・ブスケツ、MFアルトゥール、MFセルジ・ロベルトが並び、MFアルトゥーロ・ビダルがトップ下。FWルイス・スアレスとFWリオネル・メッシが最前線に並んだ。

 立ち上がりは互いに堅い入り。強固な守備ブロックを築くA・マドリーに対し、バルセロナは内部に侵入させてもらえない。A・マドリーもカウンター攻撃を試みるも、早い帰陣を前に有効な攻撃は繰り出せず。前半16分、A・マドリーはT・ルマルが両チーム通じて最初のシュートを放ったが、ミスキックに終わった。

 徐々に敵陣への攻撃回数を増やしたバルセロナは前半37分、ビダルがようやくファーストシュート。同39分にはメッシが直接FKから狙ったが、ボールは大きく外れた。同44分にはアクシデント。S・ロベルトがハムストリングを痛め、プレーを続けることができなくなり、DFラフィーニャがピッチ脇で待機している間にハーフタイムを迎えた。

 後半開始とともにS・ロベルトに代わってラフィーニャがピッチへ。前半と同様にじりじりとした展開が続くも、局面の競り合いは強度を増し、ときおり両チームの選手が言い争うような場面も出てくる。最初の見せ場はA・マドリー。後半15分、中盤で前を向いたグリエーズマンが相手を抜き去り、PA右からグラウンダーで中央に折り返したが、D・コスタには惜しくも通らなかった。

 A・マドリーは後半19分、T・ルマルに代わってMFビトーロを送り込む。同30分には、グリエーズマンのFKがバルセロナのゴール前を襲うと、ヘディングでクリアを試みたビダルの手にボールが直撃。ビデオ・アシスタント・レフェリーが介入するも、PK判定は下されなかった。

 ところが、直後にスコアが動いた。A・マドリーは後半31分、コケのFKが相手のクリアを誘い、右からCKを獲得すると、これをグリエーズマンが左足で蹴り込む。鋭く回転したボールはファーサイドに向かい、合わせたのは今季ここまで無得点だったD・コスタ。力強いヘディングシュートでネットを揺らした。

 後半のファーストシュートで失点したバルセロナは後半35分、アルトゥールに代わってMFウスマン・デンベレを投入。対するA・マドリーはD・コスタを下げてMFホアキン・コレアを入れた。バルセロナは同39分、ビダルに代わってMFマウコムを起用して最後の攻勢を試みる。

 すると後半45分、メッシが起点に同点ゴールが生まれた。左サイドからの浮き玉パスを受けた背番号10は、ドリブルで突破すると見せかけ右サイドに展開。デンベレがドリブルでしかけると、オブラクの動きを見ながら左足でシュートし、R・エルナンデスに阻まれながらもネットに流し込んだ。試合はこのままタイムアップを迎え、互いに勝ち点1を積み重ねた。

●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集

[11月25日 今日のバースデー]

Japan
GK清水圭介(京都、1988)*フィード能力とハイボールの処理能力が高いGK。
DF山田拓巳(山形、1989)*豊富な運動量で攻守に貢献し、クロスも正確なSB。
DF高瀬優孝(熊本、1991)*スピードがあり、何度もオーバーラップできる運動量が武器のDF。
DF高木利弥(柏、1992)*果敢な攻撃参加を武器とするSB。実父は長崎監督の高木琢也。

Former
MFシャビ・アロンソ(元リバプールほか、1981、スペイン)*強靭なフィジカルを生かした守備力と高い戦術眼、正確なパスが持ち味のMF。

Others
寺門ジモン(ダチョウ倶楽部:お笑い芸人、1962)
塚地武雅(ドランクドラゴン:お笑い芸人、1971)
椎名林檎(ミュージシャン、1978)
村本大輔(ウーマンラッシュアワー:お笑い芸人、1980)
伊藤淳史(俳優、1983)
太田雄貴(フェンシング、1985)
武藤十夢(AKB48:アイドル、1994)

「“天才”って、小野伸二さんと梶くんが浮かぶ」太田宏介の記憶に残る梶山陽平の衝撃ゴール

FC東京の選手に胴上げされた梶山陽平
[11.24 J1第33節 FC東京0-2川崎F 味スタ]

 MF梶山陽平(33)の引退セレモニーが味の素スタジアムで行われた。FC東京史上初となるアカデミー出身の10番が今季限りで引退。チームメイトとともに梶山を胴上げしたDF太田宏介(31)は「年も近かったし、引退するっていうのは悲しいニュースでした」と胸の内を明かした。

「僕の中では小野伸二さんとかぶるというか。“天才”っていうと、小野伸二さんと梶くんが浮かびます」(太田)

 稀代のゲームメーカーは独特の間合いで繰り出すパスやドリブル、抜群のキープ力、卓越した技術でファンを魅了した。2008年の北京五輪でも10番を背負い、その能力は広く認められたが、現役生活は度重なる怪我との戦いだった。太田は「今年も怪我でいい状態ではなかったけど、練習の中で見せるプレーは明らかに他の選手と違っていた」と指摘した。

 横浜FCや清水に在籍した当時は対戦相手として脅威を覚え、「一人だけ次元が違うというか、予測できないプレーだった。いやらしい選手だなと思っていた」。2012年にチームメイトになっても、視野の広さと技術を生かした意外性のあるプレーに驚いたという。

 記憶に残るのは、2012年5月12日のJ1第11節札幌戦(○1-0)で開始54秒に決めたゴールだ。左サイドを突破したMF石川直宏からマイナスの折り返しを受けた梶山は、軸足の右足ヒールでアウトサイドにかけた技ありシュートを沈めた。太田は「何だこの人って、一緒に戦っていて思うくらいだった」と当時の衝撃を振り返った。この日の対戦相手、川崎フロンターレのMF中村憲剛(38)は「年下が引退していくことほど寂しいことはない」と引退を惜しんだ。

(取材・文 佐藤亜希子)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第33節 スコア速報

久保が3戦ぶり先発も…数的不利に陥ったニュルンベルク、シャルケに5発完敗

ニュルンベルクFW久保裕也
[11.24 ブンデスリーガ第12節 シャルケ5-2ニュルンベルク]

 ブンデスリーガ第12節2日目が24日に開催され、FW久保裕也が所属するニュルンベルクシャルケのホームに乗り込み、2-5で敗れた。3試合ぶりに先発した久保は、後半34分までプレーしている。

 前半9分、左サイドのDFティム・ライボルトからパスを受けた久保がPA外から強烈な右足シュートを枠内に飛ばすがGKラルフ・フェーマンに弾き出されてしまう。さらに同25分にはカウンターを発動させ、久保がドリブルで運んでPA内に持ち込み相手につぶされると、こぼれ球を拾ったMFハノ・ベーレンスが左足で狙うもシュートはゴール右に外れた。

 すると前半26分、右サイドからゴール前に蹴り込まれたボールをGKクリスティアン・マテニアがクリアミスすると、こぼれ球をFWスティーブン・スクルツィブスキに押し込まれてシャルケに先制を許す。さらに同32分にMFアミネ・ハリトに決められてリードを2点差に広げられるが、同38分に左サイドの久保がゴール前に送ったボールの流れから最後はFWフェデリコ・パラシオスが押し込んでニュルンベルクが1点差に詰め寄った。

 1-2とシャルケにリードを許したまま後半を迎えると、同22分にDFロバート・バウアーが2度目の警告を受けて退場。ビハインドを背負うニュルンベルクが数的不利に陥ってしまう。

 後半25分にFWグイード・ブルクシュタラーに決められてリードを再び2点差に広げられながらも、同34分にFWアダム・ズレラクがネットを揺らして粘りを見せたニュルンベルクだったが、同38分にスクルツィブスキにこの日2点目を許して万事休す。同アディショナルタイムにはDFバスティアン・オチプカに追加点を奪われ、2-5で敗れて2連敗。ここ6戦未勝利(2分4敗)と苦しい状況が続いている。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2018-19特集

久保が3戦ぶり先発も…数的不利に陥ったニュルンベルク、シャルケに5発完敗

ニュルンベルクFW久保裕也
[11.24 ブンデスリーガ第12節 シャルケ5-2ニュルンベルク]

 ブンデスリーガ第12節2日目が24日に開催され、FW久保裕也が所属するニュルンベルクシャルケのホームに乗り込み、2-5で敗れた。3試合ぶりに先発した久保は、後半34分までプレーしている。

 前半9分、左サイドのDFティム・ライボルトからパスを受けた久保がPA外から強烈な右足シュートを枠内に飛ばすがGKラルフ・フェーマンに弾き出されてしまう。さらに同25分にはカウンターを発動させ、久保がドリブルで運んでPA内に持ち込み相手につぶされると、こぼれ球を拾ったMFハノ・ベーレンスが左足で狙うもシュートはゴール右に外れた。

 すると前半26分、右サイドからゴール前に蹴り込まれたボールをGKクリスティアン・マテニアがクリアミスすると、こぼれ球をFWスティーブン・スクルツィブスキに押し込まれてシャルケに先制を許す。さらに同32分にMFアミネ・ハリトに決められてリードを2点差に広げられるが、同38分に左サイドの久保がゴール前に送ったボールの流れから最後はFWフェデリコ・パラシオスが押し込んでニュルンベルクが1点差に詰め寄った。

 1-2とシャルケにリードを許したまま後半を迎えると、同22分にDFロバート・バウアーが2度目の警告を受けて退場。ビハインドを背負うニュルンベルクが数的不利に陥ってしまう。

 後半25分にFWグイード・ブルクシュタラーに決められてリードを再び2点差に広げられながらも、同34分にFWアダム・ズレラクがネットを揺らして粘りを見せたニュルンベルクだったが、同38分にスクルツィブスキにこの日2点目を許して万事休す。同アディショナルタイムにはDFバスティアン・オチプカに追加点を奪われ、2-5で敗れて2連敗。ここ6戦未勝利(2分4敗)と苦しい状況が続いている。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2018-19特集

古巣戦で宇佐美先発のデュッセルドルフ、ルケバキオがハット達成でバイエルンと劇的ドロー

デュッセルドルフが価値あるドロー
[11.24 ブンデスリーガ第12節 バイエルン3-3デュッセルドルフ]

 ブンデスリーガ第12節2日目が24日に行われ、MF宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフは敵地でバイエルンと対戦し、3-3で引き分けた。3試合連続で先発した宇佐美は左サイドハーフの位置に入り、後半25分までプレーした。

 立ち上がりは宇佐美が攻撃の起点となり、前半1分、カウンターから中央を持ち上がってスルーパスを通し、FWドディ・ルケバキオが左足シュート。前半3分には宇佐美が左サイドからカットインして右足シュートを放ったが、これはGKがセーブした。

 しかし、先手を取ったのはバイエルンだった。前半17分、CKの流れから相手のクリアボールに反応したDFニクラス・ズーレが左足でゴール左下隅に突き刺し、先制に成功。その3分後、前半20分にもDFジェローム・ボアテングからのフィードで裏に抜け出したFWトーマス・ミュラーがジャンプしながら右足トラップでおさめると、GKをかわしてゴールに押し込んだ。

 0-2に突き放されたデュッセルドルフだったが、前半のうちに1点を返す。前半44分、アーリークロスに反応したDFジャン・ツィマーのオーバーヘッドはミートしなかったが、粘ってパスをつなぐと、ルケバキオが右足で決め、1-2で前半を折り返した。

 後半6分、左サイドで体勢を崩した相手に宇佐美がプレスをかけてボールを奪取したが、チャンスにはつなげられず、後半13分に失点。FWロベルト・レワンドフスキのポストプレーからミュラーが左足ミドルを沈め、ドッペルパック(1試合2得点)を達成。宇佐美は後半25分にベンチに下がった。

 再び2点差に突き放されたデュッセルドルフだったが、ここから反撃に出る。後半32分、スルーパスで背後に抜け出したルケバキオがGKとの1対1を制し、2-3。後半アディショナルタイムにもカウンターからルケバキオが劇的同点弾を挙げ、ハットトリックを達成。3-3の引き分けに持ち込んだ昇格組デュッセルドルフ。バイエルンは今季2度目の連敗を喫し、3試合未勝利と苦戦している。

●ブンデスリーガ2018-19特集
●海外組ガイド

岡崎が今季リーグ戦初先発のレスター、退場者出すもバーディのPK弾で勝ち点1獲得

岡崎慎司が今季プレミアリーグ初先発
[11.24 プレミアリーグ第13節 ブライトン1-1レスター・シティ]

 プレミアリーグは24日、第13節を行った。FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは敵地でブライトンと対戦し、1-1で引き分けた。岡崎は今季リーグ戦初スタメン。後半25分までプレーした。

 5勝2分5敗で10位につけるレスターは、10日のバーンリー戦から3人を変更。FWジェイミー・バーディとMFウィルフレッド・エンディディ、MFラシド・ゲザルに代え、岡崎とMFビセンテ・イボーラ、MFジェームス・マディソンが起用された。

 レスターは前半4分、PA手前でパスを受けた岡崎が反転して縦に仕掛け、PA内で倒されたが笛は鳴らず。12分には、最終ラインの横パスを奪われてMFベラム・カヤルに決定的なシュートを打たれたが、GKカスパー・シュマイケルがファインセーブ。しかし、15分にCKからFWグレン・マレーにヘディングシュートを決められ、先制点を許してしまった。

 1点ビハインドのレスターは前半28分、マディソンがPA内で倒れるが、シミュレーションと判定されて2枚目のイエローカードにより退場。さらに32分には、イボーラが右足を痛め、エンディディとの交代を余儀なくされた。数的不利で押し込まれる時間が続き、0-1のままハーフタイムに入った。

 1人少ない状況だが、早い時間帯に追いつきたいレスターは後半11分にMFデマライ・グレイに代えてバーディを投入。さらに25分には岡崎に代えてFWケレチ・イヘアナチョを送り込み、交代カードを使い切った。すると、33分にPKを獲得。これをバーディが右足で豪快に決め、1-1と試合を振り出しに戻した。

 その後、スコアは動かず1-1でタイムアップ。レスターは数的不利の中、勝ち点1を獲得し、4試合負けなし(1勝3分)とした。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2018-19特集

互いにネット揺らすが幻に…マンU、クリスタル・パレスに苦しみスコアレスドロー

ロメル・ルカクのゴールはオフサイドと判定された
[11.24 プレミアリーグ第13節 マンチェスター・U 0-0 クリスタル・パレス]

 プレミアリーグは24日、第13節を行った。マンチェスター・ユナイテッドはホームでクリスタル・パレスと対戦し、0-0で引き分けた。

 27日にUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第5節ヤングボーイズ戦を控えているユナイテッドは、11日のマンチェスター・シティ戦(1-3)から4人を変更。FWマーカス・ラッシュフォードとMFアンデル・エレーラ、MFマルアン・フェライニ、DFルーク・ショーに代え、FWロメル・ルカクとMFポール・ポグバ、MFフアン・マタ、DFマッテオ・ダルミアンがスターティングメンバーに名を連ねた。

 試合はユナイテッドがボールを支配するものの、なかなか崩し切ることができない。対するパレスは前半20分、ユナイテッドのパスミスから最後は古巣対決のMFウィルフレッド・ザハが右足ミドルシュートを放つが、わずかにゴール左へ逸れる。さらに25分、カウンターからフリーで攻め上がったDFパトリック・ファン・アーンホルトがザハのパスを受けて右足シュート。決定的なシーンだったが枠を捉えきれなかった。

 パレスに押し込まれるユナイテッド。前半29分、PA左からDFアシュリー・ヤングが折り返したボールをニアに飛び込んだMFジェシー・リンガードが右足で合わせるが、GKウェイン・ヘネシーに阻まれる。パレスは43分、左サイドのFKからMFルカ・ミリボイェビッチが左足でクロスを供給。MFシェイク・クヤテがヘディングシュートでゴールネットを揺らしたが、オフサイドと判定され、得点は認められなかった。

 ユナイテッドはスコアレスで迎えた後半12分、右サイドからのクロスがPA左手前へ流れ、ヤングが低い弾道のシュートを打ち込む。GKヘネシーが弾いたボールをルカクが右足で押し込んだが、こちらもオフサイドと判定された。14分には、2枚替えを敢行。リンガードとマタを下げ、フェライニとFWマーカス・ラッシュフォードを入れた。

 さらにユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は後半23分にポグバを下げ、FWアレクシス・サンチェスを投入。あと22分を残して交代カードを使い切った。しかし、29分にパレスにチャンス。ハーフェーライン付近からMFアンドロス・タウンセンドがドリブルで運び、相手をスルスルとかわしてGKと1対1の状況から右足を振り抜く。だが、枠を外れて先制のチャンスを逃した。

 その後はユナイテッドが前に出たが、最後までスコアを動かすことができないまま0-0でタイムアップ。マンチェスター・ダービーに続く連敗は免れたが、欧州CLへ弾みをつけることができなかった。

●プレミアリーグ2018-19特集

大島&守田は「超えなきゃいけない存在」J初先発の田中碧、プレスで先制点の起点に

初先発でフル出場を果たしたMF田中碧
[11.24 J1第33節 FC東京0-2川崎F 味スタ]

 初先発はクラシコの舞台となった。MF大島僚太が負傷で離脱し、プロ2年目のMF田中碧が初先発。川崎フロンターレの下部組織で育った生え抜きの20歳は「クラシコは普通の試合とは違う雰囲気もあるし、楽しみな試合だった。楽しんでプレーできた」と快勝を喜んだ。

 序盤は固さもあったが、持ち味を発揮した。前半19分、MF橋本拳人にボールが入ると、背後から猛然とプレッシャーをかけた。前からはMF中村憲剛が圧力をかけて挟み込み、相手のパスミスを誘発。これがFW知念慶の先制点につながった。

「自分で奪い切れはしなかったけど、ミスを誘って入ったのはいい形の先制点だったと思います」

 鬼木達監督は「彼が普段やっていることをそのままピッチで出してくれた。自信を持ってプレーしていたのですごく良かった」と評価。指揮官からも及第点を得たが、「まだまだ自分の中では課題もある。カウンターのこぼしもあったし、ボールを失うシーンもあった」と反省も忘れなかった。

 チームのボランチに君臨するのは日本代表の大島とMF守田英正。出場機会が限られる中、9月15日のJ1第25節札幌戦(○7-0)ではJ1初出場と同時に初ゴールを記録。この日はリーグ戦出場3試合目で初先発し、フル出場も達成。出場ごとにアピールを続けている。定位置争いは熾烈だが、「上にいくためには超えていかなきゃいけない存在。僚太君や守田君を超えていきたいと思う」と野心を燃やす。

(取材・文 佐藤亜希子)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第33節 スコア速報