グリエーズマンのバルセロナ移籍が決定! 24年までの5年契約に

FWアントワーヌ・グリエーズマンがバルセロナへ
 バルセロナは12日、アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリエーズマン(28)を獲得したことを発表した。2024年までの5年契約となる。

 ソシエダの下部組織出身のグリエーズマンは2009年にトップチームに帯同すると、同年9月にリーガデビュー。その後にレギュラーの座を獲得し、14年夏に6年契約でA・マドリーへ完全移籍していた。

 以前からバルセロナ移籍が囁かれていたグリエーズマンは今年5月に退団の意思をクラブに伝達。すでに3月の時点でバルセロナと個人条件面で合意していたことが、クラブの声明により明らかにされている。アトレティコは強い不快感を示していたものの、結果としてクラブのエースはライバルクラブへと渡ることになった。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集

強豪校の練習施設に潜入取材。昨年関東出場、全面人工芝グラウンドへ改修された立教新座の練習場は?

立教新座高の人工芝グラウンド
 高校サッカーの強豪校はどのような環境でトレーニングしているのか。グラウンド、部室、サッカー部寮……。各校の協力によって、高校進学を控えた中学生たちにとっても貴重な情報を教えてもらってきたぞ。第22回は昨年、関東大会埼玉県予選で準優勝し、立教高時代以来55年ぶりの関東大会出場、またインターハイ予選で4強入りするなど存在感を示した立教新座高のグラウンドなどを紹介する。

■今年、全面人工芝グラウンドへ改修!




 2019年3月にクレーのサッカー場が全面人工芝のグラウンドに改修された。ピッチサイズは日本サッカー協会の主催する大会で原則として使われる105×68m。ホームグラウンドで公式戦も開催される。待望の人工芝化。DF清水昭希は「練習の時に雨でもできるというのが大きいですし、ボールの走り方が違うので、より本番に近い形で練習できるようになったのがデカイと思います」とコメントしていた。

■今年も上を狙えるチームに





 昨年は埼玉県内で上位に食い込み、関東大会出場。インターハイまであと1勝に迫るほど強さを示した。今年のインターハイ予選ではPK戦の末、V候補の正智深谷高に敗れたが、選手権予選へ期待が高まるチームだ。GK清水翼は「これからはリーグとか選手権とかでもチーム力、関係性とか、クレバーなプレーとかで上回っていきたい」

■立教新座中出身の選手たちに、外部からの実力者たちが加わる




 立教新座は高校サッカー部の選手たちの隣で中学サッカー部の選手たちがトレーニングしていた。立教新座中出身のDF南口周矢が「高校のトレーニングを見ていましたね。パスの速さとかレベルが違うなと思っていました。高校の選手たちは自主的にトレーニングを始めていた」と語っていたが、高校サッカー部に憧れ、入学した彼らが高校に進学してレギュラーに。加えて、外部から進学してきた実力者たちがチームをレベルアップさせている。

■人工芝グラウンドで質の高いトレーニング






 人工芝グラウンドで質の高いトレーニング。隣は400mのトラックにインフィールドが人工芝のセントポールズ・フィールド。

■武南OBの前田監督が指揮






 武南高時代に選手権に出場し、日体大を経てドイツでのプレー経験を持つ前田和伸監督が指揮を執る。自由な校風で、ウォームアップの際や、Bチームのトレーニングでは笑顔も。DF小堀慶和主将は「選手権ではまずシード入れなかった。今回のインハイみたいに相手強いところを破れば上までいける」。近年、力を付けて来ている進学校が、選手権で全国出場に挑戦する。

(取材・文 吉田太郎)

鳥栖、今夏引退のF・トーレスのファンサイト公開&引退セレモニーを発表

今夏引退するFWフェルナンド・トーレス
 サガン鳥栖は12日、今夏限りで現役引退を表明しているFWフェルナンド・トーレス(35)のファンサイト公開、および引退セレモニーについて発表した。

 ファンサイトは13日に公開。クラブ公式サイトは「選手として最後の日をサポーターの皆さまと分かち合うため、また選手を引退して以降もサポーターの皆さまとの時間を共有するための特設サイトになります」と説明している。

 引退セレモニーは8月23日に行われるJ1第24節・神戸戦後に行われる。公式サイトは「駅前不動産スタジアムにお集まり頂いた方へフェルナンド・トーレスから選手として最後のインビテーションになります。最高の時間を常にともに過ごしたサポーターの皆さまと、8月23日もともに喜びを分かち合いたい。明日のインビテーションをどうぞお楽しみにお待ちください」と伝えている。

 セレモニーの詳細は13日公開のファンサイトにて発表される。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

【動画】ナイキ「マーキュリアルヴェイパー13 エリート FG」最新スパイクの開封&紹介!

【動画】ナイキ「マーキュリアルヴェイパー13 エリート FG」最新スパイクの開封&紹介!
 サッカースパイクを紹介するゲキサカスパイク企画、通称「ゲキスパ」。スパイクマイスターKoheiが「マーキュリアル13」のトップモデルを開封して紹介。ヴェイパー13の機能性は?前作モデルとの違いは?マーキュリアルの特長は?すべて分かりやすく解説。

【Kohei プロフィール】
日本初のスパイクマイスター。日本全国の部活プレイヤーがサッカースパイク選びの参考にする「Kohei's BLOG」の運営者。これまでに1000足以上のスパイクを着用し、その最新情報や機能性を独自の視点で紹介している。国内でも有数のスパイク目利き力を持ち、プレイヤーの生の足を見れば、その人にマッチするスパイクが何かを見抜くことができる。身長180cm、体重72kg。ポジションはFW、ときどきMF。中学、高校、大学とサッカー部に所属し、現在も社会人チームでプレー。

金沢のアカデミーGKコーチに落合貴嗣氏が就任

 ツエーゲン金沢は12日、落合貴嗣氏(30)がアカデミーGKコーチに就任したことを発表した。

 落合は2010年に現役引退後、指導者の道へ。2012年からドイツに渡り、ブリュールやフォルトゥナ・ケルンのGKコーチを務めると、2017年から1年間はドイツサッカー協会でビデオアナリストを務めた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

神戸DF西大伍の「デート企画後編」が公開! 最後は2人きりのノエスタで…「どちらかと言うと見ないでほしい」

DF西大伍が特別企画に出演
 ヴィッセル神戸は12日、DF西大伍(31)が出演する『DAZN(ダゾーン)YouTube』での恋愛リアリティショー『金J特別デート企画』後編の公開を発表した。

 相手役はセント・フォース所属で、情報番組のお天気キャスターとして出演もしていたCanCam it girlの今井美桜さん(22)。西を案内役に、初対面の2人が神戸の街をデートする企画で、9日には前編(https://youtu.be/5MO-vkelHh8)が公開されていた。

 後編ではドライブデートからスタート。2人の好みのタイプなどを話しながら須磨海浜公園に到着すると、釣りが趣味の西は興奮した様子。写真を撮り合ってすっかり打ち解けた2人は、デートの最後に神戸の本拠地「ノエビアスタジアム」へと向かう。

 西は12日に自身のツイッター(@daigonishi22)を更新。9日には「絶対見ないでくれ」と伝えていたが、今回は「どちらかと言うと見ないでほしい」とコメントしている。

■以下、恋愛リアリティショー『金J特別デート企画』後編
https://youtu.be/pIxWKTovPw0


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

2人の天才、バルサが獲得するのは…シャビ「彼は正直に言えば難しい」「彼は来るだろう」

シャビ・エルナンデス氏が2選手の移籍に言及
 元バルセロナのシャビ・エルナンデス氏は、古巣のFWネイマール獲得について現実的ではないと考えている。11日、スペイン『マルカ』が伝えた。

 ネイマールは2017年8月に2億2200万ユーロ(約270億6400万円)でバルセロナからパリSGに移籍。しかし、パリSGの悲願であるUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)制覇はいまだ成し遂げられず、サポーターの批判の矛先はネイマールへ。27歳のブラジル代表FWは古巣への復帰も仄めかしているという。

 例年のごとく、今夏の移籍市場でもネイマールの去就は注目を集めている。そんな中、昨季限りで現役引退を表明し、指導者の道を歩み始めたバルセロナのレジェンド・シャビはネイマールの移籍に言及。「素晴らしい補強になる」と語りつつも、「だけど正直に言えば難しいだろうね」と本音を口にした。

「あり得ないと思っていたような出来事を僕らはいくつも見てきた。たとえばパリSGが2億2200万ユーロを支払ったときのように。だから様子を見なければならない」

「彼が世界で最高峰の選手なのは間違いない。だけどバルセロナがどう動くかも注視しないと」

 一方、バルセロナが獲得を狙うもう一人のスター、FWアントワーヌ・グリエーズマンについては、シャビも好意的な意見。「彼はすごい選手だし、世界クラスのスターだ。アトレティコ・マドリーやフランス代表では違いを生み出す存在だった。飛び抜けていると思うよ」と絶賛し、「彼はバルセロナに来るだろう。実現したらとてもいい補強だと思う」と移籍実現を後押ししている。

「どう起用するかはバルベルデに聞かなければならない。彼ならうまくチームを組み立てるだろう。だけどもしグリエーズマンをとるなら、それはバルベルデがいけると判断したということだ」

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●フランス・リーグアン2019-20特集

「ウイイレ2020」にバイエルン搭載決定、スタジアムや選手が高精度再現! コナミが長期パートナーシップ契約

「ウイイレ2020」にバイエルン搭載決定、スタジアムや選手が高精度再現! コナミが長期パートナーシップ契約
 株式会社コナミデジタルエンタテインメントは12日、バイエルンとの長期パートナーシップ契約を締結したことを発表した。9月12日に発売される『eFootball ウイニングイレブン 2020』(以下、ウイイレ2020)にもホームスタジアムや現役・レジェンド選手が搭載予定となっている。

 バイエルンはブンデスリーガで通算28回の最多優勝を誇るドイツ屈指の名門クラブで、現在も7連覇と連続優勝記録を更新中。また、ドイツクラブで最多となる5度の欧州制覇も成し遂げている。

 バイエルンのホームスタジアム「アリアンツ・アレナ」は、スイスの建築家によって設計されたユニークな外観や、試合を行うチームに合わせて色を変えて光り輝く特徴から、ミュンヘンの観光名所にもなっている人気スタジアム。ウイイレ2020にはこの本拠地が高精度3Dスキャンにより細部に至るまで美麗な再現で搭載される。

 また、高精度3Dスキャンで撮影された11選手のリアルフェイスも搭載。さらに柔らかいボールタッチと爆発的なスピードを武器にサイドを制圧し、バイエルンファンが選ぶ昨シーズンの年間最優秀選手にも選ばれた若手MFセルジュ・ニャブリがアンバサダーに就任している。

 ウイイレ2020では、圧巻のテクニックでサッカー界を席巻し続けるアンドレス・イニエスタをアドバイザーに迎え、さらに現実のサッカーに近い駆け引きを実現。狭いエリアを抜け出して局面を打開する新操作“フィネスドリブル”、個性の際立つボールタッチや激しさを増したディフェンス、刷新された人気モード「Master League」、世界のビッグマッチを初心者から上級者までが一体となって楽しめる新モード「Matchday」など、新たな魅力が満載となっている。

■ウイイレ2020公式「バイエルン」トレーラー
https://www.youtube.com/watch?v=mbXsFKFRVHk


■『eFootball ウイニングイレブン 2020』公式サイト
https://www.konami.com/wepes/2020/

「葛藤」経て鹿島からバルサへ…安部裕葵「チャレンジする以外の選択肢はなかった」

鹿島MF安部裕葵がバルセロナへ完全移籍
 鹿島アントラーズMF安部裕葵は12日、バルセロナへの完全移籍がクラブ間合意に達した。クラブ公式ツイッター(@atlrs_official)で安部の動画が公開され、「この度はバルセロナに移籍することが決まりました。いろんな葛藤があった中で皆様のサポート、声援、そしてチームメート、スタッフがいて、自分自身、このタイミングで海外移籍という挑戦するチャンスを与えられたと思っています」と報告した。

 決断に至った胸中を語った安部は「チャレンジ」という言葉を繰り返した。

「絶対にチャレンジする機会だと思うし、やっぱり一生のなかでこういうタイミングっていうのは何回来るか分からない。もちろん、ない人もいると思いますし、自分自身はこういうチャレンジできる立場にいるので、チャレンジする以外の選択肢はありませんでした」

「このチームを離れることになりますが、プロのキャリアを始めるチームがこの鹿島アントラーズですごい幸せだったし、このチームが大好きでした。でも、バルセロナに行くことでこのチーム(鹿島)だったり、ファン・サポーター、家族に良いニュースが届けられるように」

「たった2年半でしたけど、僕が高校生の時を考えたら今の状況なんて考えられない。次は何年後かは分からないですけど、2年半とは言わないし、もっと短いかもしれない。何があるか分からないので期間は分からないですけど、今、自分が想像できないような立ち位置にいるために日々努力して成長しようと思っています。2年間と半年、ありがとうございました」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

俊輔、安西、天野ら抹消…G大阪ユースのU-17日本代表FW唐山ら2種登録

磐田を去ったMF中村俊輔
 Jリーグは12日、登録選手の追加・抹消を発表した。横浜FCに加入したMF中村俊輔、海外挑戦が決まったDF安西幸輝、MF天野純らが抹消となったほか、U-16アジア選手権得点王のFW唐山翔自(G大阪ユース)らが2種で追加された。

▽J1追加選手
【ガンバ大阪】
MF伊勢航(2種)
DF大串昇平(2種)
DF大野榛里(2種)
FW唐山翔自(2種)

▽J1抹消選手
【鹿島アントラーズ】
22 安西幸輝

【横浜F・マリノス】
10 天野純
26 イッペイ・シノヅカ

【清水エスパルス】
33 ヴァンデルソン
36 西村恭史

【ジュビロ磐田】
10 中村俊輔

【ヴィッセル神戸】
24 三原雅俊

▽J2追加選手
【ファジアーノ岡山】
37 MF西村恭史

▽J2抹消選手
【柏レイソル】
22 パク・ジョンス

【ツエーゲン金沢】
16 毛利駿也

▽J3追加選手
【ガンバ大阪U-23】
MF伊勢航(2種)
DF大串昇平(2種)
DF大野榛里(2種)
FW唐山翔自(2種)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

長野一筋6年半DF西口諒がレンタル移籍「行くことを決断しました」

DF西口諒
 AC長野パルセイロは12日、DF西口諒MIOびわこ滋賀に期限付き移籍したことを発表した。

 西口は京都産業大から2013年に長野(当時JFL)に入団。7シーズン目の今季はここまで公式戦の出場はなかった。移籍期間は15日から2020年1月31日まで。クラブを通じて、以下のコメントを発表した。

「この度、MIOびわこ滋賀に期限付き移籍することになりました。チームが難しい状況の中で、貢献ができずに離れる事になり、申し訳ありません。

 6年半クラブに在籍させていただいて、今回の決断は簡単なものではありませんでした。このまま皆さんと一緒に闘って、今年こそ昇格したい気持ちもあったのですが、一人のサッカー選手としてピッチに立ちたい気持ちが強く、行くことを決断しました。

 今の自分があるのは、チームメイト、スタッフ、クラブ関係者、そしてファン、サポーターの皆様のおかげです。感謝しかありません。向こうで活躍してまたパルセイロに帰って来られるように頑張ってきます」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

2人目の「馬渡」加入! 川崎Fが愛媛の24歳GKをレンタルで獲得

川崎F加入が決まったGK馬渡洋樹
 川崎フロンターレは12日、愛媛FCに所属するGK馬渡洋樹を期限付き移籍で獲得したことを発表した。

 東福岡高、鹿屋体育大を経て2017年に愛媛に加入。J2リーグは通算1試合、天皇杯は通算3試合に出場しているが、今季はここまで出番がなかった。今季加入したDF馬渡和彰に続く、2人目の「馬渡」加入が決まった。

 移籍期間は7月12日から2020年1月31日まで。契約により、期限付き移籍期間中は愛媛と対戦するすべての公式戦に出場できない。背番号は「36」に決定した。クラブを通じて、以下のコメントを発表している。

「川崎フロンターレに関わる全ての皆様、初めまして、愛媛FCからきましたGKの馬渡洋樹です!シーズン途中からの加入になりますが、日本一のチームの一員になれてとても嬉しく思います!1日でも早く顔と名前を覚えてもらって、川崎フロンターレの力になれるように頑張ります!応援よろしくお願いします!」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

鹿島MF安部裕葵、バルサ完全移籍クラブ間合意「バルセロナで新たな挑戦をしたい」

MF安部裕葵のバルサ移籍がクラブ間合意
 鹿島アントラーズは12日、MF安部裕葵バルセロナへの完全移籍がクラブ間合意に達したことを発表した。今後は現地でのメディカルチェック等を経て、正式契約が結ばれる予定。スペイン3部リーグ所属のバルサBチームに所属することになる。

 安部は瀬戸内高から2017年に鹿島に入団。18年は主力に成長し、Jリーグベストヤングプレーヤー賞に輝くと、ACL制覇にも貢献した。プロ3年目の今季は10番を付けたが、6日に行われたJ1第18節の磐田戦がラストマッチとなった。6月のコパ・アメリカでA代表デビューも果たしている。

 クラブを通じて、安部は以下のコメントを発表した。

「高校卒業から2年半という月日を鹿島アントラーズで過ごし、プロサッカー選手として、人間として大きく成長することができました。チームメイト、スタッフ、フロント、そしてサポーターの皆様、すべてのアントラーズファミリーと勝利のために戦えたことは、自分の誇りであり、財産です。

 今回、シーズン途中でチームを離れることは難しい決断でしたが、FCバルセロナで新たな挑戦をしたいと強く思い、移籍を決めました。これから直面する様々な困難や壁も、自分の成長には絶対に必要なことだと信じています。鹿島アントラーズというクラブで経験したすべてを糧に、これからも一日一日、一瞬一瞬を大切にして、フットボールと向き合っていきたいと思います。本当にありがとうございました」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

柴崎岳「思った以上に素晴らしい式」真野恵里菜さんと挙式2ショットが初投稿

MF柴崎岳がインスタグラムで挙式を報告
 日本代表MF柴崎岳が自身の公式ツイッターとインスタグラムを開設し、昨年7月に入籍した女優真野恵里菜さん(28)との挙式写真を公開した。

 インスタグラム(@official_gaku)に2枚の写真をアップし、1枚目は白いタキシード姿の柴崎とウェディングドレスに身をまとった真野さんのバストアップ写真、2枚目はビーチ撮影で、手をつないで歩く2ショット。柴崎は「いつも応援してくださる皆様へ。先日、妻と挙式を行いました。自分が思った以上に素晴らしい式となり、やってよかったと思いました。これからもよろしくお願い致します。柴崎岳」と投稿した。

 2人は昨年のワールドカップロシア大会後に入籍を発表。2018-19シーズンはスペインに渡り、新婚生活を送った。

●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●海外組ガイド
●柴崎、乾の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

イタリアとのPK死闘制した!ユニバ代表“有終連覇”目指しブラジルとの決勝へ

ユニバ代表がイタリアとのPK戦を制して決勝に勝ち上がった
 ユニバーシアード日本男子代表は11日、準決勝でホスト国のイタリアと対戦し、3-3から突入したPK戦を5-4で制して、決勝に進出した。

 13日の決勝はブラジルとの対戦が決定。キックオフは日本時間14日早朝4時。オリンピック公式サイト「オリンピックチャンネル」で無料生配信される。

 イタリア戦は一進一退の攻防となった。前半24分におCKからオウンゴールで失点した日本だったが、同28分にMF児玉駿斗(東海学園大3年/名古屋内定)がFW小柏剛(明治大3年)のクロスを合わせて同点。後半13分にはDFラインからのロングフィードで抜け出した小柏がゴールネットを揺らして逆転に成功する。

 さらに日本は後半17分にMF金子拓郎(日本大4年/札幌内定)のミドルで追加点を決めたが、イタリアも同34分にビットゥリーニのゴールで反撃。そして後半アディショナルタイムにDF中村帆高(明治大4年)がエリア内でのハンドを取られてPKを献上。GK阿部航斗(筑波大4年/新潟内定)も触ったが、ラストプレーで同点に追い付かれてしまった。

 決勝進出の行方はPK戦に委ねられることに。先攻の日本は、2人目で蹴ったMF明本考浩(国士舘大4年)がGKに止められて失敗。しかしイタリアも2人目が枠外に外してスコアはタイになる。その後は両チームともしっかりと決めていったが、イタリアの6人目で蹴ったビットゥリーニのシュートが左ポストを直撃。日本が歓喜の輪を作った。

 ナポリで開催されるユニバーシアードだが、サッカー競技は今大会が最後になる。日本は前回2017年の台北大会に続く連覇を目指しており、有終の美を飾ることが出来るかに注目が集まっている。

[先発]
GK:阿部航斗
DF:山原怜音、山川哲史、本村武揚、角田涼太朗
MF:金子拓郎(70分→中村帆高)、明本考浩、山本悠樹、児玉駿斗(83分→高嶺朋樹)
FW:小柏剛(88分→上田綺世)、林大地(79分→森下龍矢)

[控え]
GK:オビ・パウエル・オビンナ
DF:田中駿汰
MF:三笘薫、紺野和也
FW:旗手怜央

アーセナル退団、母国リーグ復帰か…コシールニーは契約解除料“自払”も検討

プレシーズン帯同を拒否したDFローラン・コシールニー
 元フランス代表DFローラン・コシールニーはアーセナルを退団し、フランスに戻りたいと考えている。そのためには契約解除料を自ら支払うつもりのようだ。英『メトロ』が伝えている。

 アメリカで行われるプレシーズンツアーへの参加を拒否したコシールニーは今夏で退団する予定だという。アーセナルは公式サイト上で「ローランの行動にとても失望している。これは私たちの指示に反している」などと声明を出し、コシールニーの行動に対して遺憾の意を表している。

 コシールニーに関心を持っているクラブは母国リーグのボルドーレンヌリヨンだ。だが、アーセナルはいずれのクラブからも正式なオファーを受け取っていない。契約は来年6月まで。業を煮やしたコシールニーは、900万ポンド(約12億円)の契約解除料を自ら支払う可能性もあるという。

 コシールニーがアーセナルに不満を抱いている一因として、30歳を越えていることから1年契約のオファーしか来なかったことが挙げられる。その点、『イブニング・スタンダード』によると、ボルドーは3年間の長期契約を提示する予定だと伝えている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●フランス・リーグアン2019-20特集

アーセナル退団、母国リーグ復帰か…コシールニーは契約解除料“自払”も検討

プレシーズン帯同を拒否したDFローラン・コシールニー
 元フランス代表DFローラン・コシールニーはアーセナルを退団し、フランスに戻りたいと考えている。そのためには契約解除料を自ら支払うつもりのようだ。英『メトロ』が伝えている。

 アメリカで行われるプレシーズンツアーへの参加を拒否したコシールニーは今夏で退団する予定だという。アーセナルは公式サイト上で「ローランの行動にとても失望している。これは私たちの指示に反している」などと声明を出し、コシールニーの行動に対して遺憾の意を表している。

 コシールニーに関心を持っているクラブは母国リーグのボルドーレンヌリヨンだ。だが、アーセナルはいずれのクラブからも正式なオファーを受け取っていない。契約は来年6月まで。業を煮やしたコシールニーは、900万ポンド(約12億円)の契約解除料を自ら支払う可能性もあるという。

 コシールニーがアーセナルに不満を抱いている一因として、30歳を越えていることから1年契約のオファーしか来なかったことが挙げられる。その点、『イブニング・スタンダード』によると、ボルドーは3年間の長期契約を提示する予定だと伝えている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●フランス・リーグアン2019-20特集

川崎F、GK藤嶋栄介が今季絶望…右膝前十字靭帯損傷で復帰まで約7か月

GK藤嶋栄介(写真は山口時代)
 川崎フロンターレは12日、GK藤嶋栄介が9日に手術を行い、右膝前十字靭帯損傷で復帰まで約7か月と診断されたことを発表した。

 6月28日のトレーニング中に負傷。藤嶋は今季、レノファ山口から期限付き移籍で加入。ここまで公式戦の出場はなかった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

G大阪エースがボルドー移籍か…現地紙「クラブ間では合意済み」

ガンバ大阪FWファン・ウィジョ
 ガンバ大阪所属の韓国代表FWファン・ウィジョがフランスのボルドーへ移籍するようだ。フランス大手紙『レキップ』は4年間の契約に向けて「両クラブはすでに合意している」と報じている。

 2017年夏にG大阪へ加入したファン・ウィジョは現在26歳。持ち味の推進力と力強いシュートを活かし、昨季はJ1リーグ27試合16得点、今季は全18試合で4得点を記録するなど、堂々たるエースとして君臨している。

 しかし、初の欧州挑戦が近づいているようだ。オーバーエイジ枠として出場した昨年のアジア大会では韓国代表を優勝に導き、兵役免除の資格を獲得。4年間の長期契約にも問題はなく、昨季14位に終わったボルドーからの白羽の矢が立った。

 なお、G大阪は夏のウインドーにおいて、DFオ・ジェソク(→FC東京)、MF田中達也(→大分)の移籍が決定済み。2度目の復帰を果たしたFW宇佐美貴史の補強は心強いが、現エースが流出となれば大きな痛手となる。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「画期的な出来事」久保建英レアル加入で“5大州”コンプリート

レアル・マドリーに加わった日本代表FW久保建英
 レアル・マドリー史上初のアジア出身選手となった日本代表FW久保建英だが、スペイン紙『アス』が「画期的な出来事だ」と報じている。久保が加入したことにより、世界5大州すべての選手が所属したことになるのだという。

 R・マドリーは1902年に創設。当初は自国スペインを中心としたヨーロッパ州の選手だけで戦っていたが、1932-33シーズンにプエルトルコ出身のエドゥアルド・オルドネスが加入したことで、初めてアメリカ州の選手に門戸が開かれた。

 その後、1997-98シーズンにはオセアニア州のニューカレドニア出身MFクリスティアン・カランブーが加入。さらに1999-2000シーズン、アフリカ州カメルーン出身のMFジェレミ・ヌジタップも加わった。

 世界5大州のうち4州が揃って20年、残されたアジア州からはなかなか選手が加わることはなかったが、久保の加入でようやくコンプリート。記事では「マドリーは5大州から選手を持つというマイルストーンを完了した」と伝えられている。

 なお、日本では世界6大州と呼び、北アメリカ州と南アメリカ州を分けることが多い。しかし、欧州ではイタリア人宣教師マテオ・リッチが作成した世界地図などをもとに、南北アメリカ州を一体とした5大州の区分が一般的となっているようだ。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集

「画期的な出来事」久保建英レアル加入で“5大州”コンプリート

レアル・マドリーに加わった日本代表FW久保建英
 レアル・マドリー史上初のアジア出身選手となった日本代表FW久保建英だが、スペイン紙『アス』が「画期的な出来事だ」と報じている。久保が加入したことにより、世界5大州すべての選手が所属したことになるのだという。

 R・マドリーは1902年に創設。当初は自国スペインを中心としたヨーロッパ州の選手だけで戦っていたが、1932-33シーズンにプエルトルコ出身のエドゥアルド・オルドネスが加入したことで、初めてアメリカ州の選手に門戸が開かれた。

 その後、1997-98シーズンにはオセアニア州のニューカレドニア出身MFクリスティアン・カランブーが加入。さらに1999-2000シーズン、アフリカ州カメルーン出身のMFジェレミ・ヌジタップも加わった。

 世界5大州のうち4州が揃って20年、残されたアジア州からはなかなか選手が加わることはなかったが、久保の加入でようやくコンプリート。記事では「マドリーは5大州から選手を持つというマイルストーンを完了した」と伝えられている。

 なお、日本では世界6大州と呼び、北アメリカ州と南アメリカ州を分けることが多い。しかし、欧州ではイタリア人宣教師マテオ・リッチが作成した世界地図などをもとに、南北アメリカ州を一体とした5大州の区分が一般的となっているようだ。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集

アフリカ杯ベスト4決定!! 初出場マダガスカルの躍進止まる

PK戦を制したアルジェリア
 アフリカネイションズカップは11日、準々決勝2試合を行い、大会ベスト4が出揃った。準決勝ではセネガルチュニジア、アルジェリアとナイジェリアがそれぞれ対戦する。

 悲願の初出場となったマダガスカルの躍進が止まった。準々決勝のチュニジア戦ではなかなか好機を作れず、合計シュート数は相手の1/3にとどまる6本。前半は無失点で持ちこたえたものの、後半に失点を重ねて0-3で敗れた。昨年春の予選を勝ち抜き、グループリーグではナイジェリアを破った島国の挑戦は8強で終わった。

 アルジェリアは前々回王者のコートジボワールと対戦した。互いに攻め合った120分間を終えて1-1で迎えたPK戦、コートジボワールはFWウィルフリード・ボニとMFセレイ・ディエが失敗。一方、アルジェリアは4人が決め、4-3で勝利した。

【準々決勝】
(7月10日)
セネガル 1-0 ベナン
ナイジェリア 2-1 南アフリカ

(7月11日)
[1]マダガスカル 0-3 チュニジア
[2]コートジボワール 1-1(PK3-4) アルジェリア

【準決勝】
(7月14日)
セネガル vs チュニジア
アルジェリア vs ナイジェリア

女子W杯優勝の立役者ラピノーに…プロ野球選手「アメリカを出て行け」「わかる」

MFミーガン・ラピノー
 女子ワールドカップでアメリカ女子代表を通算4度目の優勝に導き、得点王と大会最優秀選手も受賞したMFミーガン・ラピノー(@mPinoe)に対し、日本国内で活躍する北アメリカ出身のプロ野球選手からツイッターを通じて批判の声が上がっている。

「ヘイ、@mPinoe。アメリカをそんなにひどく憎んでいるなら、出て行け! 誰も止めたりしない」(福岡ソフトバンクホークス デニス・サファテ @dsarfate)

「@dsarfate わかる。他のところがどうなのか見に行け」(読売ジャイアンツ スコット・マシソン @mathieson_scott)

 レズビアンであることを公言しているラピノーはこれまで、LGBTの権利を認めないドナルド・トランプ大統領をたびたび批判。W杯前のインタビューで「(優勝しても)クソみたいなホワイトハウスには行かない」と発言したのをきっかけに、トランプ大統領が「喋る前にまず勝つべきだ」と反論する事態に発展していた。

 また、ラピノーは大会後の優勝スピーチで「もっとたくさんの愛を持って、もっとヘイトを減らさないといけない。もっとたくさんのことを聴いて、もっと喋ることを減らさないといけない。一人一人、全員がこの世界をより良くするための責任を負っていることを知らないといけない」と熱弁。大きな拍手喝采を受けた一方、地下鉄のポスターが汚される事件も発生していた。

 アメリカ『ハフィントンポスト』によれば、ポスター事件には地元警察が「ヘイトクライム」として捜査を開始。LGBTだけでなく、多様な少数者の権利を求めるラピノーには、母国からも心ない発言や行為が向けられているが、その一端は日本国内にも及んできている。

●女子ワールドカップ2019特集

千葉U-15の坂本監督、東京Vユースの永井監督にS級ライセンス

千葉U-15の坂本將貴監督(写真左)、東京Vユースの永井秀樹監督(同右)
 日本サッカー協会は11日、第7回理事会を行い、ジェフユナイテッド千葉U-15坂本將貴監督(41)、東京ヴェルディユース永井秀樹監督(48)にS級コーチライセンスを認定したと発表した。

 両氏は昨年度のS級コーチ養成講習会を修了。これに伴い、Jクラブのトップチームや日本代表の監督を務められるようになる。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

[7月12日 今日のバースデー]

Japan
MF永島悠史(岐阜、1996)*高いテクニックを持つアタッカー。キープ力やパスセンスに優れる。
MF佐藤尚輝(沼津、1996)*湘南U-18、産業能率大出身のサイドアタッカー。1年目から徐々に出番を掴んでいる。

World
MFハメス・ロドリゲス(バイエルン、1991、コロンビア)*左足から繰り出される長短のパスは精度が高く、得点能力にも優れる。
DFルーク・ショー(マンチェスター・U、1995、イングランド)*ドリブル突破を積極的に仕掛けていく攻撃的SB。
FWビニシウス・ジュニオール(R・マドリー、2000、ブラジル)*レアル期待のアタッカー。スピードあふれるドリブルでサイドを切り裂く。

Former
FWクリスチャン・ビエリ(元インテルほか、1973、イタリア)*元イタリア代表のストライカー。力強さだけでなくスピードとテクニックも持ち合わせていた。
DF新井場徹(元鹿島ほか、1979)*献身的な守備が光ったSB。現在は代理人を務める。
FWアントニオ・カッサーノ(元サンプドリアほか、1982、イタリア)*柔らかなボールタッチから繰り出されるドリブルやパス、一瞬の閃きで局面を打開するFW。

Others
森永卓郎(評論家、1957)
片平なぎさ(女優、1959)
渡辺美里(シンガー・ソングライター、1966)
イ・ビョンホン(俳優、1970)
小林麻耶(アナウンサー、1979)
南條愛乃(声優、1984)
亀田和毅(ボクシング、1991)
石橋杏奈(女優、1992)
百田夏菜子(ももいろクローバーZ:アイドル、1994)

U-17W杯の組合せ決定!! アジア制した日本、欧州王者オランダと同組に

U-17ワールドカップはブラジルで開催
 国際サッカー連盟(FIFA)は11日、スイス・チューリヒのFIFA本部で、U-17ワールドカップの組み合わせ抽選会を行った。D組に入った日本はグループリーグでアメリカ、セネガル、オランダと対戦する。

 当初はペルーで行われるはずだったU-17W杯は代替地ブラジルで開催。日程も当初のスケジュールから変更され、10月26日に開幕する。

 アジア予選にあたる昨年のAFC U-16選手権を制した日本は2大会連続6回目の参戦。北中米カリブ海予選2位のアメリカ、ヨーロッパ王者のオランダという強豪国に加え、アフリカ予選を勝ち抜いたギニアの規定違反によって代わりに出場が決まったセネガルと同じD組に入った。

 他の顔ぶれを見る限り、スペイン、アルゼンチン、カメルーン、タジキスタンが並んだE組と並ぶ“死の組”。アジア最優秀選手賞を受賞したFW西川潤(桐光学園高)、アジア得点王に輝いたFW唐山翔自(G大阪ユース)を擁するU-17日本代表が過去最高のベスト8以上を目指す。

 なお、グループリーグは4チーム総当り戦。各組2位以上に加えて、3位グループの上位4チームも決勝トーナメントに進むことができる。決勝トーナメントは16強で争い、決勝は11月17日に行われる。

組み合わせは以下のとおり

▼A組
ブラジル
カナダ
ニュージーランド
アンゴラ

▼B組
ナイジェリア
ハンガリー
エクアドル
オーストラリア

▼C組
韓国
ハイチ
フランス
チリ

▼D組
アメリカ
セネガル
日本
オランダ

▼E組
スペイン
アルゼンチン
タジキスタン
カメルーン

▼F組
ソロモン諸島
イタリア
パラグアイ
メキシコ