学法石川の2年生CB大津が注目FW染野相手に健闘:福島(4枚)

注目FW染野相手に食い下がったCB大津平嗣(2年)
 6月2日、令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)福島県予選決勝が行われ、尚志高学法石川高が対戦。延長後半の決勝点によって尚志が2-1で競り勝ち、10年連続12回目の全国大会出場を決めた。
●【特設】高校総体2019

PK戦で3人ストップ、シティ下したウルブスが初優勝!3位決定戦は武藤嘉紀がV弾

武藤嘉紀が決勝点
 中国で開催されているプレミアリーグ・アジアトロフィー2019は20日、決勝および3位決定戦が行われた。

 プレミアリーグ・アジアトロフィーはマンチェスター・シティニューカッスルウエスト・ハムウォルバーハンプトンの4チームが参戦。17日の準決勝ではウォルバーハンプトンがニューカッスルを4-0で下し、シティはウエスト・ハムに4-1で勝った。

 シティとウォルバーハンプトンとの決勝は、スコアレスのまま90分間で決着がつかずPK戦に突入。先攻のウォルバーハンプトンは1番手DFコナー・コーディがGKクラウディオ・ブラーボに止められ、3番手DFマックス・キルマンが枠を外したが、守護神ルイ・パトリシオがシティの1番手MFイルカイ・ギュンドガンと2番手MFダビド・シルバ、5番手FWルーカス・ヌメチャの3人のシュートを止め、PK3-2で大会初優勝を果たした。

 また、3位決定戦はニューカッスルがウエスト・ハムに1-0で勝利。前半34分、右サイドからDFジェイミー・ステリーがクロスを送り、フリーでゴール前に飛び出したFW武藤嘉紀が左足で合わせ、スティーブ・ブルース新監督にアピールした。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2019-20特集

学法石川は背番号25の大型守護神・井浦がビッグセーブを連発:福島(4枚)

学法石川は背番号25の大型守護神、井浦拓磨(3年)がビッグセーブを連発
 6月2日、令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)福島県予選決勝が行われ、尚志高学法石川高が対戦。延長後半の決勝点によって尚志が2-1で競り勝ち、10年連続12回目の全国大会出場を決めた。
●【特設】高校総体2019

仲間たちの思い乗せて…学法石川FW清水が後半ATに同点PK:福島(6枚)

0-1の後半アディショナルタイム、FW清水大成(3年)が右足でPKを決める
 6月2日、令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)福島県予選決勝が行われ、尚志高学法石川高が対戦。延長後半の決勝点によって尚志が2-1で競り勝ち、10年連続12回目の全国大会出場を決めた。
●【特設】高校総体2019

横浜FC斉藤光毅がビューティフルV弾!! 「悔しさ」ぶつける復帰後2戦連発

ゴールを挙げたFW斉藤光毅とMFレアンドロ・ドミンゲス
[7.20 J2第23節 横浜FC 2-1 栃木 ニッパツ]

 美しいコントロールショットでゴールを射抜いた。横浜FCに決勝点をもたらしたのはFW斉藤光毅だった。1-1で迎えた後半26分、ロングボールのこぼれ球に反応したFW皆川佑介が後方に落とすと、PA左手前の位置で斉藤が右足を一閃。回転のかかった鋭いミドルシュートがゴール右隅に突き刺さった。

「皆川選手から良い落としが来て、うまく右のコースにいった。狙っていましたが、自分でもびっくりしました」。ビューティフルゴールが決勝点となり、チームは4連勝。アシストした皆川は「スーパーなシュートを決めてくれた光毅に感謝です」と称賛したが、殊勲の17歳は「気持ちよかったですが、今日はゴールだけだった」と満足しなかった。

 U-20日本代表の主力として、5月にポーランド開催のU-20ワールドカップに挑んだ。予選3試合に先発したが、決勝トーナメントを前に無念の負傷離脱。怪我明け初戦となった前節の新潟戦でゴールを挙げ、復帰後2戦連発と結果を残した。

「図り知れないほど悔しい思いをした。その悔しさが(結果に)つながったのかなと思いますが、自分自身ではまだまだ。疲労も出ました」。気温27.4度、湿度82%と高温多湿な時期に、復帰後初のフル出場。まずはトップフォームを目指しつつ、「もっとゴール前で強い選手になっていきたい」と再スタートを切った。

(取材・文 佐藤亜希子)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

名古屋9戦ぶり白星スルリ…宮原「自分の責任」新戦力太田「ネガティブな内容じゃない」

名古屋は土壇場でドローに持ち込まれた
[7.20 J1第20節 名古屋2-2G大阪 豊田ス]

 9戦ぶりの勝ち点3がスルリと指先をすり抜けた。チケットは前売りで完売。名古屋グランパスの豊田スタジアムのホームゲームでは史上2番目となる4万2975人を集めた試合だったが、後半アディショナルタイムの失点によってドロー。サポーターに勝利を届けることは出来なかかった。

 ただし連敗が止まり、連敗中にあった絶望感は払拭できた。開始4分に生まれたFW前田直輝のゴールによって9試合ぶりとなる先制点が奪えたことも大きく、常に試合を優位に進めることが出来た。風間八宏}}監督は「チームで一つになって勝つことにこだわって戦ってくれた」とイレブンを評価。しかし「前でもっとボールが持てるはず。もっと前線を押し上げることが出来た場面はたくさんあった。前線の選手たちにもう一つ質を上げてもらいたい」と課題を上げることも忘れなかった。

 新戦力をいきなり試した。今夏の補強で名古屋はFC東京からDF太田宏介を獲得。左足の精度に定評のあるベテランを、3バックの左で先発起用した。見せ場は同点に追いつかれた試合最終盤の後半アディショナルタイム6分。ゴール正面で獲得したFKを直接狙うが、GK東口順昭の好セーブに阻まれてしまった。

 太田が「自分のゾーンだったし、東くんの逆はついたと思う。もうすこしスピードがあれば…悔しいです」と唇を噛んだ場面。しかし風間監督が「宏介のところは馴染んで来れば。特にセットプレーでは期待値が高い」と話したように、“デビュー戦”で可能性を示せたことは大きい。太田も「手ごたえはありましたよ。流れの中から崩されるシーンもそんなになかったと思う。決してネガティブになる内容じゃない」と前向きに話した。

 前半44分にチーム2点目を記録し、守備でも存在感を見せていたDF宮原和也は「勝ち切れなかったのがね…」と無念さをにじませる。特に宇佐美貴史に許した同点弾の場面は、宮原が競り負けたことで生まれたこともあり、「自分の責任なので、そこは反省しています。マーク?上がってくるなというのはあったんですけど、動画を観てないので分からないけど、そこはしっかりと観て次に活かしたいです」と猛省していた。

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

鳥栖の18歳松岡大起「何ができたかと言われたら何もできなかった」

鳥栖MF松岡大起
[7.20 J1第20節 鹿島2-1鳥栖 カシマ]

 サガン鳥栖は2連敗で3試合勝ちなし(1分2敗)となり、最下位からも脱出できなかった。鹿島とのアウェー戦を終えた18歳のMF松岡大起は「相手はうまくファウルを取ったり、そういう部分はしたたかだった。奪うところでうまく奪えず、思うようなビルドアップもできなかった」と率直に振り返った。

 チームとして3試合ぶりの得点が生まれたのは前半23分。左サイドから中に切れ込んだFW金崎夢生が右足でシュートを放つと、これに逆サイドから松岡が飛び込み、ボールはそのままゴール右隅に吸い込まれた。松岡の位置がオフサイドだったとして副審の旗が上がったが、家本政明主審は越智新次副審と協議の上、松岡はボールに触れておらず、その飛び込みも相手のプレーに影響は与えていないとして鳥栖の得点を認めた。

 得点シーンについて松岡は「クロスに対しては常に全力で入ることを意識している。ゴールはゴールだし、思い切ったプレーは良かったと思う」と納得していたが、試合全体を通してのパフォーマンスにはまったく満足していなかった。

 この日は右サイドハーフで先発し、後半15分からはボランチに移った。「サイドハーフとボランチをやって、何ができたかと言われたら何もできなかった。試合の中で存在感を出さないといけない」。ピッチに立てば年齢は関係ない。今年6月、高校3年生でトップチーム昇格を果たした松岡は「まだシーズンは全然ある。自分たちのやるべきことをやれば絶対に勝っていける」と、残留争いからチームを引き上げるプレーを誓った。

(取材・文 西山紘平)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第20節 スコア速報

鹿島の新たな顔へと…2戦連発のMF白崎「出て行った選手が安心してチャレンジできるように」

決勝点のMF白崎凌兵
[7.20 J1第20節 鹿島2-1鳥栖 カシマ]

 ゴールへの執念が足を伸ばした。鹿島アントラーズは1-1の前半35分、DF永木亮太からの浮き球のパスにMFレアンドロが反応。右サイド深い位置からの折り返しに逆サイドからMF白崎凌兵が飛び込んだ。

 DF原輝綺と競り合いながら後ろから右足を伸ばすと、ギリギリで捉えたボールはワンバウンドしてGKの頭上を越え、ゴールマウスへ。「逆サイドから崩したときは絶対に中に入るというのは意識している。DFに一番いいコースを取られていたけど、足を伸ばしたらいい感じで入った」と、決勝点のシーンを振り返った。

 ボールは「あんまり見えていなかった」そうで、「必死に走って、足を伸ばして、ラッキーだった」と照れ笑い。ワンバウンドしたシュートについても「狙ってない。しっかり当たっていたらGKに止められていたと思う。イレギュラーだったからうまくゴールに吸い込まれた」と率直に認めた。

 チームはこれで3連勝で6試合負けなし(4勝2分)。最後に負けたのが5月26日にアウェーで行われた鳥栖戦(●0-1)で、「前回の鳥栖戦は不甲斐ない試合だった。自分自身、思うように動けなかったし、絶対に借りを返したいと思っていた」とリベンジに燃えていた。

 DF安西幸輝、MF安部裕葵、FW鈴木優磨の3選手が今夏に海外へ移籍。ケガ人も多数いる中で、それでも常勝軍団はしっかりと勝ち点を積み上げている。3選手の移籍について白崎は「逆に言えば、今までチャンスのなかった選手にはチャンス。競争という意味ではもう一度激しくなる」と歓迎したうえで、「出て行った選手が安心して新しい環境でチャレンジができるように、今いる選手たちでしっかり結果を残したい」と、新たなモチベーションをも得ているようだった。

(取材・文 西山紘平)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第20節 スコア速報

メッシ不在も安部裕葵が帯同! バルサが来日メンバー発表

バルセロナが来日メンバーを発表
 バルセロナは20日、『Rakuten CUP Supported by スカルプD』に向けた遠征メンバーを発表した。

 コパ・アメリカに参戦したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシをはじめ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダル、ブラジル代表のMFコウチーニョとMFアルトゥールらは招集外。一方、新加入のオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング、フランス代表FWアントワーヌ・グリエーズマン、日本代表FW安部裕葵などがメンバー入りした。

 バルセロナは23日に埼玉スタジアムでチェルシー、27日にノエビアスタジアム神戸でヴィッセル神戸と対戦する予定となっている。

以下、遠征メンバー

▽GK
1 マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン
13 ネト
25 イグナシオ・ペーニャ

▽DF
2 ネウソン・セメド
3 ジェラール・ピケ
6 ジャン・クレール・トディボ
15 クレマン・ラングレ
18 ジョルディ・アルバ
23 サムエル・ウムティティ
26 ロナルド・アラウージョ
28 ギエム・ハイメ

▽MF
4 イバン・ラキティッチ
5 セルヒオ・ブスケツ
7 カルレス・ペレス
8 リカルド・プイグ
12 ラフィーニャ
16 オリエル・ブスケツ
19 カルレス・アレニャ
20 セルジ・ロベルト
21 フレンキー・デ・ヨング
22 モンチュ
24 アレックス・コリャード

▽FW
11 ウスマン・デンベレ
14 マウコム
17 アントワーヌ・グリエーズマン
27 安部裕葵

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集

G大阪ラストマッチは不完全燃焼…オランダ移籍の中村敬斗「モチベーションが難しかった」

21日にオランダに出発する中村敬斗
[7.20 J1第20節 名古屋2-2G大阪 豊田ス]

 オランダ・エールディビジのトゥエンテに期限付き移籍することが決まったFW中村敬斗が、ガンバ大阪でのラストマッチに臨んだ。しかし6戦連続となる先発出場を果たしたが、後半11分で途中交代。復帰したFW宇佐美貴史との“最初で最後”の共演となっていたが、特に見せ場を作ることも出来ず、不完全燃焼でベンチに下がった。

 中村自身、「どういうモチベーションで行くべきかが正直難しかった」という。「不甲斐ないプレーをしてしまった」と反省すると、「気持ちいい感じで有頂天で行くより、気持ちが引き締まる結果になった。これをプラスに捉えて頑張りたい」と話してスタジアムをあとにした。

 中村は明日21日に渡欧する予定でいる。

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

同僚から敵エースに…鹿島DF町田、金崎との心理戦も「ふざけてしゃべりかけてくるので」

FW金崎夢生をチェックするDF町田浩樹
[7.20 J1第20節 鹿島2-1鳥栖 カシマ]

 昨季途中までチームメイトだった敵エースとのマッチアップにも冷静に対応した。鹿島アントラーズDF町田浩樹は「球際でしっかり負けないように。ロングボールを蹴ってくるので、そこで起点をつくらせないことを意識した」と試合を振り返った。

 鳥栖の2トップはFW豊田陽平とFW金崎夢生。昨年7月に鹿島から鳥栖へ電撃移籍した金崎にとっては移籍後初の“カシマ凱旋”だった。立ち上がりの前半6分にはボールのないところでポジション取りしていた町田の手が顔に当たったとして金崎がピッチに倒れ込み、ファウルをアピールするシーンもあった。

 激しい球際の攻防でさまざまな駆け引き、心理戦を仕掛けてくる相手エースの存在。「できるだけ厳しくいこうと思っていた。ふざけてしゃべりかけてくるので、そこはうまくいなしながらできたと思う」と冗談交じりに明かした。だからこそ「(金崎)夢生くんに取られたのは悔しいですね」と唯一の失点を悔やんだが、試合全体としては完勝と言えた。

 失点シーン以外では鳥栖に決定機らしい決定機をつくらせず、「前線からのいい守備があるから後ろもやりやすいし、チームとしていい守備ができているから(相手の)決定機も少ない。全体としての出来が良かったと思うし、そこは継続してやっていきたい」と力説。「1対1というより全体でうまくコースを限定して、挟みに来てくれていた。一人ひとりがサボらずにできた。そういう成果だと思う」と、チームとしての守備に手応えを口にした。

(取材・文 西山紘平)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第20節 スコア速報

「こういう試合をもう一試合できるか」…千葉MF熊谷アンドリューが挙げた課題

[7.20 J2第23節 千葉3-0福岡 フクアリ]

 ピッチを切り裂くような鮮やかなスルーパスを届け、ダメ押しゴールを演出。3-0の快勝に喜びを表したジェフユナイテッド千葉MF熊谷アンドリューだが、視線はすぐに次戦へと向けられている。

 前半11分にFW船山貴之の得点で先制すると、その後もサイドから好機を生み出した。「間でタカさん(船山)やホリくん(堀米勇輝)が受けてくれる分、サイドのタメ(為田大貴)や(下平)匠が相手くるので、そこは自分たちの狙いでもあった。今日は良い連係ができたと思う」とサイド攻撃に手応えを得たようだ。

 そして後半14分にはDF鳥海晃司からパスを呼び込むと、距離の長いスルーパスを前線へと供給。このボールに反応して最終ライン裏に抜け出したFWクレーベが、チーム3点目となるダメ押しゴールを記録した。自身にとっては、今季初アシストとなったようで「初ですね。多分。良かった」と喜びを表した。

 3-0の快勝に「一試合を通して自分たちがゲームを支配できたと思う」と胸を張りながらも、視線は次戦へと向けられている。今季の連勝は第6節、第7節の1度だけということもあり、「こういう試合をもう一試合続けるのが課題だと思うので、しっかりと次の試合につなげていきたい」とホームで迎える次戦・横浜FC戦で、約4か月ぶりとなる連勝を狙う。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

宇佐美にはG大阪が似合う!3か月ぶり実戦も90分フル出場でAT同点弾「個人的には明るい材料」

宇佐美貴史が復帰戦でゴールを奪った
[7.20 J1第20節 名古屋2-2G大阪 豊田ス]

 お帰り、宇佐美!ガンバ大阪に復帰したFW宇佐美貴史が後半アディショナルタイム1分にMF小野瀬康介のクロスを頭で合わせて劇的弾を記録。自身でも復帰弾が「予想外」と振り返るヘディングでの得点となったが、土壇場でチームをドローに導く流石の活躍をみせた。

 やはりこの男には青黒のユニフォームが似合う。16年夏の移籍でアウクスブルクに移籍。2度目のドイツ挑戦を果たしていたが、1度目同様に結果を残すことは出来なかった。

 だがJリーグの夏の移籍ウインドーが開いて迎えた直後の試合、超満員の敵地での一戦に先発出場すると、23分にGKランゲラックの好セーブに阻まれたが、前半から強烈シュートをお見舞い。後半はポジションを下げたことでゴール前に顔を出す機会は減ったが、勝負どころではしっかりと結果を残せる位置に上がっていた。

「あそこはいないといけないところ。(渡邉)千真さんが(途中から)入ったことで中に厚みがあった。僕も入ったら注意は分散するかなと思いましたし、いいボールが来て、最後の最後に点取れて良かったです」

 約3か月ぶりの実戦となったが、結果的には90分フル出場。宇佐美自身も「90分出れたことはポジティブに捉えられる」と手ごたえとして感じている。あとはコンディションをどこまで上げられるか。「一つ目がスムーズに出れたことは、個人的には明るい材料。順位的にもあのまま負けるよりは、勝ち点1を拾えたので、ポジティブに捉えたい」。主力級の大量流出が心配されるG大阪だが、背番号33の復帰がすべてを解決させる。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

3度の決定機を好守に阻まれ「イライラもあった」千葉FWクレーベが意地のゴール

[7.20 J2第23節 千葉3-0福岡 フクアリ]

 立て続けに決定機が訪れる。そして、自身が放った鋭いシュートは枠を捉えた。しかし、ゴールが生まれない。ジェフユナイテッド千葉FWクレーベは「イライラしたところもあった」と苦笑した。

 前半を1-0とリードして折り返して後半を迎えると、立ち上がりにクレーベが好機を迎える。まずは後半7分、左サイドを突破したDF下平匠のクロスからヘディングシュートを放ち、同9分にはFW船山貴之のFKをDF増嶋竜也が折り返したボールに反応して再びヘディングシュート。さらに1点を加点して迎えた同12分には、またもや下平のクロスから三度ヘディングでゴールを脅かした。

 3本のシュートは枠を捉えたものの、そのすべてを福岡GKセランテスの好セーブに阻まれてしまう。「イライラしたところもあった」ようだが、集中力が途切れることはなかった。それは、今までの経験があったからこそだ。

「今日みたいな日は今までにもあったよ。それに、今日は完全に外したというよりも、相手GKが本当に良かったんだ」

 すると後半14分、待望の瞬間が訪れる。MF熊谷アンドリューの鮮やかなスルーパスから抜け出してPA内に侵入すると、「高めの強いボールを狙った」と右足のシュート。ついにセランテスの壁を破り、チーム3点目を記録した。「今日はなかなか入らないなという気持ちだったけど、最後にチャンスが来て、そこで決められて安心した」と安堵の表情を浮かべた。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

「絶対的な自信がある」クリスティアーノの武器炸裂で3位柏が金沢に完封勝ち

決勝点を挙げた柏MFクリスティアーノ
[7.20 J2第23節 柏1-0金沢 三協F柏]

 J2第23節が20日に行われ、3位柏レイソルはホームに8位ツエーゲン金沢を迎え、1-0の勝利を飾った。前半23分に決まったMFクリスティアーノのゴールが決勝点。5連勝で暫定2位に浮上した。

 首位京都、2位山形と勝ち点40で並んでいた柏は、前半23分に先制する。左サイドからMF江坂任が送ったクロスがクリアされ、PA手前中央でボールを収めたクリスティアーノが右足を一閃。抑えの利いたシュートがゴール左に突き刺さり、今季6得点目を挙げた。

 金沢は徐々にチャンスを増やして得点機会をうかがったが、柏の守備を最後まで攻略できず。9試合ぶりの黒星を喫し、暫定10位に後退した。

 柏の勝利をもたらしたクリスティアーノは試合後のインタビューで「シュートには絶対的な自信を持っている」と語り、「得点を決めるのはいつでも気持ちいい」と喜びのコメント。今後に向けて「チーム一丸となって戦っていきたい」と意気込んだ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第23節1日目 スコア速報

意表を突いたと思いきや…千葉FW船山、直接FK弾は「狙ってない」

[7.20 J2第23節 千葉3-0福岡 フクアリ]

 右足から蹴り出したボールは鮮やかな軌道を描いてネットを揺らした。値千金の先制点を奪ったジェフユナイテッド千葉FW船山貴之だったが、試合後に狙い通りではなかったと明かした。

 前半11分だった。左サイドで得たFK。ボールにはMF堀米勇輝と船山が向かったが、最終的に船山がキッカーを務める。右足から蹴り出したボールは、飛び出したGKセランテスに触れられることなくゴールマウスへと収まったが、本人は「狙ってない」と一言。

「うまくいけばいいなと思ったけど、狙ってはない、思ったよりも伸びたから良かった」

 この得点で勢いに乗るかと思われたチームだったが、前半22分には福岡に決定機を創出される。ポストとクロスバーに救われて得点を許さなかったこともあり、「今日は相手が外してくれて助かった。そこの部分に尽きるかなと思う」と振り返った。

 後半に2点を加点したチームは3-0の完封勝利を収め、5試合ぶりの白星を獲得。船山自身は今季の得点数を10に伸ばし、2年連続二ケタ得点を達成した。だがチームが下位に沈んでいることもあり、「順位が順位なんで。個人よりもチームが大事」と表情を引き締め直した。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

PK戦勝利で福島3位の福島工、10年ぶりとなる東北大会へ(17枚)

MF齋藤怜(3年)は判断良く左足でボールを動かした
 6月2日、令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)福島県予選の3位決定戦が行われ、福島工高磐城高が対戦。1-1で突入したPK戦の末、5-4で福島工が勝ち、10年ぶりとなる東北大会進出を決めた。

●【特設】高校総体2019

C大阪vs仙台 試合記録

【J1第20節】(ヤンマー)
C大阪 0-0(前半0-0)仙台


<警告>
[仙]松下佳貴(90分)

観衆:15,574人
主審:笠原寛貴
副審:馬場規、今岡洋二
仙台の新守護神が好セーブ!C大阪はチャンス活かせずスコアレスドロー

<出場メンバー>
[セレッソ大阪]
先発
GK 21 キム・ジンヒョン
DF 2 松田陸
DF 14 丸橋祐介
DF 15 瀬古歩夢
DF 22 マテイ・ヨニッチ
MF 3 木本恭生
(86分→DF 23 山下達也)
MF 5 藤田直之
(62分→MF 6 レアンドロ・デサバト)
MF 7 水沼宏太
MF 10 清武弘嗣
FW 20 ブルーノ・メンデス
FW 25 奥埜博亮
(62分→FW 13 高木俊幸)
控え
GK 1 圍謙太朗
DF 16 片山瑛一
MF 32 田中亜土夢
FW 34 山田寛人
監督
ロティーナ

[ベガルタ仙台]
先発
GK 24 ヤクブ・スウォビィク
DF 4 蜂須賀孝治
DF 23 シマオ・マテ
DF 13 平岡康裕
DF 2 永戸勝也
MF 17 富田晋伍
MF 8 松下佳貴
MF 18 道渕諒平
(78分→MF 6 兵藤慎剛)
MF 7 関口訓充
(70分→MF 14 石原崇兆)
FW 11 石原直樹
(85分→FW 29 ジオゴ・アコスタ)
FW 9 ハモン・ロペス
控え
GK 22 川浪吾郎
DF 39 金正也
MF 3 飯尾竜太朗
MF 5 椎橋慧也
監督
渡邉晋

仙台の新守護神が好セーブ!C大阪はチャンス活かせずスコアレスドロー

古巣戦に臨んだFW奥埜博亮
[7.20 J1第20節 C大阪0-0仙台 ヤンマー]

 J1リーグは20日、第20節を行った。ヤンマースタジアム長居ではセレッソ大阪ベガルタ仙台が対戦し、スコアレスドローに終わった。

 4試合負けなし(3勝1分)の6位C大阪は、13日のJ1第19節・名古屋戦(3-0)と同じ11人を起用した。一方、2連敗中の13位仙台は、鹿島戦(0-4)から3人を変更。シントトロイデンに移籍したGKシュミット・ダニエル、DF大岩一貴、FW長沢駿に代え、DFシマオ・マテとFWハモン・ロペス、そして新戦力のGKヤクブ・スウォビィクが先発に名を連ねた。

 前半はスコアレスに終わった。C大阪は前半15分、右サイドをFWブルーノ・メンデスが強引に突破を図り、クロスを供給。ファーサイドにフリーで走り込んだMF清武弘嗣がボレーで合わせるが、枠を外れる。仙台は36分、右クロスのこぼれ球に反応したFWハモン・ロペスがPA中央から右足シュート。しかし、枠を外してしまい、先制点とはならなかった。

 C大阪は後半14分、敵陣中央の左でFKを獲得し、MF水沼宏太が右足で強烈なシュートを放つ。遠い位置から枠内に飛ばしたが、GKスウォビィクに止められてしまう。22分には、左クロスからファーサイドの水沼が厳しい体勢から何とか折り返し、ゴール前に詰めていたFW高木俊幸が右足で合わせるが、GKスウォビィクのファインセーブに阻まれた。

 一進一退の攻防が続く中、仙台は後半40分に新戦力FWジオゴ・アコスタを投入。互いに疲労も見られ、決定機を作り出せないままタイムアップを迎えた。仙台は連敗を止めたが3戦未勝利(1分2敗)。C大阪は連勝こそ逃したが、5戦無敗(3勝2分)となっている。

 試合後のフラッシュインタビューで「お互いにチャンスがある中で決めきれずという試合でしたけど、ああいうところで決めきれると強いチームになれるのかなと思います」と古巣との一戦を振り返ったFW奥埜博亮。「ゴールやアシストという結果を残したかった。残念。すごい楽しみにしていた。試合をやっていても楽しかった。引き分けだったので、またいい準備をして戦っていきたい」と気持ちを切り替えた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第20節1日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

東京Vvs愛媛 試合記録

【J2第23節】(味スタ)
東京V 3-2(前半0-2)愛媛


<得点者>
[東]小池純輝(50分)、レアンドロ(63分)、永田拓也(68分)
[愛]藤本佳希(32分)、ユトリッチ(39分)

<警告>
[愛]山崎浩介(86分)

観衆:4,086人
主審:清水勇人
副審:小椋剛、秋澤昌治
“教え子”たちが躍動!! 東京V永井新監督、初陣は愛媛に3発大逆転勝利

<出場メンバー>
[東京ヴェルディ]
先発
GK 21 上福元直人
DF 19 小池純輝
DF 17 李栄直
DF 5 平智広
DF 22 永田拓也
MF 6 井上潮音
(37分→MF 16 森田晃樹)
MF 4 藤本寛也
MF 7 渡辺皓太
FW 33 河野広貴
(46分→MF 20 山本理仁)
FW 10 レアンドロ
(82分→FW 11 林陵平)
FW 38 梶川諒太
控え
GK 1 柴崎貴広
MF 14 澤井直人
MF 24 奈良輪雄太
MF 8 内田達也
監督
永井秀樹

[愛媛FC]
先発
GK 1 岡本昌弘
DF 2 山崎浩介
DF 50 ユトリッチ
DF 5 前野貴徳
MF 8 長沼洋一
MF 16 田中裕人
MF 6 野澤英之
(66分→MF 33 山瀬功治)
MF 39 下川陽太
FW 14 吉田眞紀人
(60分→FW 15 丹羽詩温)
FW 19 藤本佳希
(74分→FW 10 神谷優太)
FW 7 近藤貴司
控え
GK 22 原裕太郎
DF 4 西岡大輝
FW 18 西田剛
FW 9 有田光希
監督
川井健太

東京Vvs愛媛 試合記録

【J2第23節】(味スタ)
東京V 3-2(前半0-2)愛媛


<得点者>
[東]小池純輝(50分)、レアンドロ(63分)、永田拓也(68分)
[愛]藤本佳希(32分)、ユトリッチ(39分)

<警告>
[愛]山崎浩介(86分)

観衆:4,086人
主審:清水勇人
副審:小椋剛、秋澤昌治
“教え子”たちが躍動!! 東京V永井新監督、初陣は愛媛に3発大逆転勝利

<出場メンバー>
[東京ヴェルディ]
先発
GK 21 上福元直人
DF 19 小池純輝
DF 17 李栄直
DF 5 平智広
DF 22 永田拓也
MF 6 井上潮音
(37分→MF 16 森田晃樹)
MF 4 藤本寛也
MF 7 渡辺皓太
FW 33 河野広貴
(46分→MF 20 山本理仁)
FW 10 レアンドロ
(82分→FW 11 林陵平)
FW 38 梶川諒太
控え
GK 1 柴崎貴広
MF 14 澤井直人
MF 24 奈良輪雄太
MF 8 内田達也
監督
永井秀樹

[愛媛FC]
先発
GK 1 岡本昌弘
DF 2 山崎浩介
DF 50 ユトリッチ
DF 5 前野貴徳
MF 8 長沼洋一
MF 16 田中裕人
MF 6 野澤英之
(66分→MF 33 山瀬功治)
MF 39 下川陽太
FW 14 吉田眞紀人
(60分→FW 15 丹羽詩温)
FW 19 藤本佳希
(74分→FW 10 神谷優太)
FW 7 近藤貴司
控え
GK 22 原裕太郎
DF 4 西岡大輝
FW 18 西田剛
FW 9 有田光希
監督
川井健太

“教え子”たちが躍動!! 東京V永井新監督、初陣は愛媛に3発大逆転勝利

[7.20 J2第23節 東京V3-2愛媛 味スタ]

 J2リーグは20日、第23節を各地で行い、東京ヴェルディ愛媛FCを3-2で破った。前半に2点を先制される苦しい展開となったが、MF藤本寛也、MF森田晃樹、MF山本理仁といった永井秀樹新監督の“教え子”たちが躍動。見事な逆転劇を披露し、新体制初陣を白星で飾った。

 ホームの東京Vは前節の金沢戦(△1-1)後にギャリー・ジョン・ホワイト監督を解任し、2017年から東京Vユースを率いていた永井監督を抜擢。前節から先発5人を入れ替え、ベンチには“教え子”たちを入れて初陣に臨んだ。対する愛媛は前節の甲府戦から1人を変更し、FW神谷優太に代わってFW藤本佳希が入った。

 立ち上がりは東京Vが主導権を握る場面もあったが、先にスコアを動かしたのは愛媛。前半32分、東京Vは自陣でポゼッションを強いられたところでDF平智広がパスを奪われると、愛媛はMF長沼洋一が奪った勢いでクロスを送り込み、これを藤本がヘディングで合わせてネットを揺らした。

 東京Vは前半37分、MF井上潮音に代わって東京Vユース出身のプロ1年目MF森田晃樹を投入。ところが同39分、愛媛はDF前野貴徳のFKにDF山崎浩介が高い打点でヘディングシュート。これはゴールポストに当たったが、こぼれ球にDFユトリッチが詰め、落ち着いたシュートでリードを2点に広げた。

 苦しい展開となった東京Vは後半開始時、MF河野広貴に代わって高校3年生世代の山本を入れる。すると同5分、右CKのキッカーを務めた山本がニアサイドにパスを送ると、渡辺が斜めの浮き球をゴール前に供給。これは相手守備陣に阻まれたが、こぼれ球からMF小池純貴が左足でねじ込んだ。

 先制点を奪った東京Vは後半18分、左サイドを攻め上がった平が低い位置からクロスを入れ、やや遠い距離からFWレアンドロがヘディングで決めて同点。さらに同22分、ゆったりとした縦横のボール回しから渡辺がミドルシュートを狙うと、GK岡本昌弘のセーブに詰めたDF永田拓也が右足で流し込み、瞬く間に逆転に成功した。そのまま試合を締めた東京Vが3試合ぶりの白星を収めた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

“教え子”たちが躍動!! 東京V永井新監督、初陣は愛媛に3発大逆転勝利

[7.20 J2第23節 東京V3-2愛媛 味スタ]

 J2リーグは20日、第23節を各地で行い、東京ヴェルディ愛媛FCを3-2で破った。前半に2点を先制される苦しい展開となったが、MF藤本寛也、MF森田晃樹、MF山本理仁といった永井秀樹新監督の“教え子”たちが躍動。見事な逆転劇を披露し、新体制初陣を白星で飾った。

 ホームの東京Vは前節の金沢戦(△1-1)後にギャリー・ジョン・ホワイト監督を解任し、2017年から東京Vユースを率いていた永井監督を抜擢。前節から先発5人を入れ替え、ベンチには“教え子”たちを入れて初陣に臨んだ。対する愛媛は前節の甲府戦から1人を変更し、FW神谷優太に代わってFW藤本佳希が入った。

 立ち上がりは東京Vが主導権を握る場面もあったが、先にスコアを動かしたのは愛媛。前半32分、東京Vは自陣でポゼッションを強いられたところでDF平智広がパスを奪われると、愛媛はMF長沼洋一が奪った勢いでクロスを送り込み、これを藤本がヘディングで合わせてネットを揺らした。

 東京Vは前半37分、MF井上潮音に代わって東京Vユース出身のプロ1年目MF森田晃樹を投入。ところが同39分、愛媛はDF前野貴徳のFKにDF山崎浩介が高い打点でヘディングシュート。これはゴールポストに当たったが、こぼれ球にDFユトリッチが詰め、落ち着いたシュートでリードを2点に広げた。

 苦しい展開となった東京Vは後半開始時、MF河野広貴に代わって高校3年生世代の山本を入れる。すると同5分、右CKのキッカーを務めた山本がニアサイドにパスを送ると、渡辺が斜めの浮き球をゴール前に供給。これは相手守備陣に阻まれたが、こぼれ球からMF小池純貴が左足でねじ込んだ。

 先制点を奪った東京Vは後半18分、左サイドを攻め上がった平が低い位置からクロスを入れ、やや遠い距離からFWレアンドロがヘディングで決めて同点。さらに同22分、ゆったりとした縦横のボール回しから渡辺がミドルシュートを狙うと、GK岡本昌弘のセーブに詰めたDF永田拓也が右足で流し込み、瞬く間に逆転に成功した。そのまま試合を締めた東京Vが3試合ぶりの白星を収めた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

山口vs新潟 試合記録

【J2第23節】(みらスタ)
山口 2-2(前半0-0)新潟


<得点者>
[山]山下敬大(48分)、工藤壮人(90分+3)
[新]レオナルド2(56分、76分)

<警告>
[山]菊池流帆(42分)
[新]新井直人(29分)、高木善朗(60分)

観衆:3,662人
主審:池内明彦
副審:村井良輔、金井清一

<出場メンバー>
[レノファ山口FC]
先発
GK 17 吉満大介
DF 6 前貴之
(86分→DF 15 ドストン)
DF 13 楠本卓海
DF 49 菊池流帆
DF 26 川井歩
(80分→FW 19 工藤壮人)
MF 18 高木大輔
MF 29 三幸秀稔
MF 14 吉濱遼平
MF 4 高井和馬
FW 24 山下敬大
FW 38 宮代大聖
控え
GK 50 廣末陸
DF 16 瀬川和樹
MF 40 小野原和哉
MF 5 佐藤健太郎
MF 8 佐々木匠
監督
霜田正浩

[アルビレックス新潟]
先発
GK 1 大谷幸輝
DF 32 新井直人
DF 35 岡本將成
DF 4 大武峻
DF 15 渡邊泰基
MF 6 戸嶋祥郎
MF 17 カウエ
MF 13 フランシス
MF 33 高木善朗
(86分→MF 18 渡邊凌磨)
MF 11 渡邉新太
(51分→FW 19 矢野貴章)
FW 9 レオナルド
控え
GK 30 田口潤人
DF 2 広瀬健太
MF 10 加藤大
MF 20 本間至恩
FW 38 チョ・ヨンチョル
監督
吉永一明

山口vs新潟 試合記録

【J2第23節】(みらスタ)
山口 2-2(前半0-0)新潟


<得点者>
[山]山下敬大(48分)、工藤壮人(90分+3)
[新]レオナルド2(56分、76分)

<警告>
[山]菊池流帆(42分)
[新]新井直人(29分)、高木善朗(60分)

観衆:3,662人
主審:池内明彦
副審:村井良輔、金井清一

<出場メンバー>
[レノファ山口FC]
先発
GK 17 吉満大介
DF 6 前貴之
(86分→DF 15 ドストン)
DF 13 楠本卓海
DF 49 菊池流帆
DF 26 川井歩
(80分→FW 19 工藤壮人)
MF 18 高木大輔
MF 29 三幸秀稔
MF 14 吉濱遼平
MF 4 高井和馬
FW 24 山下敬大
FW 38 宮代大聖
控え
GK 50 廣末陸
DF 16 瀬川和樹
MF 40 小野原和哉
MF 5 佐藤健太郎
MF 8 佐々木匠
監督
霜田正浩

[アルビレックス新潟]
先発
GK 1 大谷幸輝
DF 32 新井直人
DF 35 岡本將成
DF 4 大武峻
DF 15 渡邊泰基
MF 6 戸嶋祥郎
MF 17 カウエ
MF 13 フランシス
MF 33 高木善朗
(86分→MF 18 渡邊凌磨)
MF 11 渡邉新太
(51分→FW 19 矢野貴章)
FW 9 レオナルド
控え
GK 30 田口潤人
DF 2 広瀬健太
MF 10 加藤大
MF 20 本間至恩
FW 38 チョ・ヨンチョル
監督
吉永一明

京都vs大宮 試合記録

【J2第23節】(西京極)
京都 3-2(前半2-0)大宮


<得点者>
[京]仙頭啓矢(17分)、オウンゴール(30分)、福岡慎平(55分)
[大]ロビン・シモヴィッチ(75分)、大前元紀(90分+1)

<警告>
[京]本多勇喜(9分)
[大]ロビン・シモヴィッチ(76分)、大山啓輔(90分+3)

観衆:6,860人
主審:上田益也
副審:清水崇之、渡辺康太
逃げ切った首位京都、上位対決を制して3連勝!大宮は大前1G1Aも及ばず

<出場メンバー>
[京都サンガF.C.]
先発
GK 1 加藤順大
DF 5 黒木恭平
DF 6 本多勇喜
DF 16 安藤淳
DF 30 石櫃洋祐
MF 10 庄司悦大
MF 14 仙頭啓矢
MF 22 小屋松知哉
(69分→MF 50 藤本淳吾)
(82分→FW 13 宮吉拓実)
MF 31 福岡慎平
(74分→MF 8 重廣卓也)
MF 41 金久保順
FW 23 一美和成
控え
GK 21 清水圭介
DF 28 冨田康平
DF 3 宮城雅史
FW 19 大野耀平
監督
中田一三

[大宮アルディージャ]
先発
GK 32 加藤有輝
DF 2 菊地光将
DF 6 河面旺成
MF 26 小島幹敏
(57分→MF 18 イッペイ・シノヅカ)
MF 8 茨田陽生
MF 5 石川俊輝
MF 15 大山啓輔
MF 33 奥抜侃志
MF 11 ダヴィッド・バブンスキー
(35分→FW 10 大前元紀)
FW 36 吉永昇偉
FW 22 フアンマ・デルガド
(67分→FW 9 ロビン・シモヴィッチ)
控え
GK 21 塩田仁史
DF 3 河本裕之
MF 39 嶋田慎太郎
FW 28 富山貴光
監督
高木琢也

京都vs大宮 試合記録

【J2第23節】(西京極)
京都 3-2(前半2-0)大宮


<得点者>
[京]仙頭啓矢(17分)、オウンゴール(30分)、福岡慎平(55分)
[大]ロビン・シモヴィッチ(75分)、大前元紀(90分+1)

<警告>
[京]本多勇喜(9分)
[大]ロビン・シモヴィッチ(76分)、大山啓輔(90分+3)

観衆:6,860人
主審:上田益也
副審:清水崇之、渡辺康太
逃げ切った首位京都、上位対決を制して3連勝!大宮は大前1G1Aも及ばず

<出場メンバー>
[京都サンガF.C.]
先発
GK 1 加藤順大
DF 5 黒木恭平
DF 6 本多勇喜
DF 16 安藤淳
DF 30 石櫃洋祐
MF 10 庄司悦大
MF 14 仙頭啓矢
MF 22 小屋松知哉
(69分→MF 50 藤本淳吾)
(82分→FW 13 宮吉拓実)
MF 31 福岡慎平
(74分→MF 8 重廣卓也)
MF 41 金久保順
FW 23 一美和成
控え
GK 21 清水圭介
DF 28 冨田康平
DF 3 宮城雅史
FW 19 大野耀平
監督
中田一三

[大宮アルディージャ]
先発
GK 32 加藤有輝
DF 2 菊地光将
DF 6 河面旺成
MF 26 小島幹敏
(57分→MF 18 イッペイ・シノヅカ)
MF 8 茨田陽生
MF 5 石川俊輝
MF 15 大山啓輔
MF 33 奥抜侃志
MF 11 ダヴィッド・バブンスキー
(35分→FW 10 大前元紀)
FW 36 吉永昇偉
FW 22 フアンマ・デルガド
(67分→FW 9 ロビン・シモヴィッチ)
控え
GK 21 塩田仁史
DF 3 河本裕之
MF 39 嶋田慎太郎
FW 28 富山貴光
監督
高木琢也

磐田vs浦和 試合記録

【J1第20節】(エコパ)
磐田 1-3(前半0-3)浦和


<得点者>
[磐]上原力也(69分)
[浦]興梠慎三(10分)、橋岡大樹(22分)、長澤和輝(32分)

<退場>
[浦]柴戸海(85分)

<警告>
[浦]柴戸海2(76分、85分)

観衆:23,060人
主審:福島孝一郎
副審:中井恒、数原武志
関根が復帰戦でアシストの浦和、退場者出すも3-1勝利! 磐田は17位後退

<出場メンバー>
[ジュビロ磐田]
先発
GK 21 カミンスキー
DF 3 大井健太郎
DF 4 新里亮
DF 24 小川大貴
(63分→DF 25 大南拓磨)
DF 41 高橋祥平
MF 7 田口泰士
MF 14 松本昌也
MF 17 森谷賢太郎
MF 30 上原力也
FW 22 大久保嘉人
(74分→MF 27 荒木大吾)
FW 32 中山仁斗
(46分→MF 15 アダイウトン)
控え
GK 36 三浦龍輝
MF 19 山田大記
MF 23 山本康裕
MF 8 ムサエフ
監督
鈴木秀人

[浦和レッズ]
先発
GK 1 西川周作
DF 27 橋岡大樹
DF 31 岩波拓也
DF 2 マウリシオ
DF 5 槙野智章
MF 7 長澤和輝
(87分→MF 22 阿部勇樹)
MF 29 柴戸海
MF 16 青木拓矢
FW 30 興梠慎三
(82分→FW 12 ファブリシオ)
FW 9 武藤雄樹
(64分→MF 10 柏木陽介)
FW 41 関根貴大
控え
GK 25 福島春樹
MF 18 山田直輝
MF 46 森脇良太
FW 24 汰木康也
監督
大槻毅

柏vs金沢 試合記録

【J2第23節】(三協F柏)
柏 1-0(前半1-0)金沢


<得点者>
[柏]クリスティアーノ(23分)

<警告>
[柏]田上大地(58分)
[金]沼田圭悟(75分)

観衆:8,081人
主審:谷本涼
副審:西橋勲、塚田健太
「絶対的な自信がある」クリスティアーノの武器炸裂で3位柏が金沢に完封勝ち

<出場メンバー>
[柏レイソル]
先発
GK 23 中村航輔
DF 13 小池龍太
DF 15 染谷悠太
DF 3 田上大地
DF 4 古賀太陽
(66分→DF 20 上島拓巳)
MF 7 大谷秀和
(70分→MF 5 小林祐介)
MF 9 クリスティアーノ
MF 27 三原雅俊
MF 10 江坂任
FW 18 瀬川祐輔
FW 26 オルンガ
(70分→FW 31 ジュニオール・サントス)
控え
GK 1 桐畑和繁
MF 17 手塚康平
MF 25 田中陸
FW 22 マテウス・サヴィオ
監督
ネルシーニョ

[ツエーゲン金沢]
先発
GK 23 白井裕人
DF 24 長谷川巧
DF 27 廣井友信
DF 2 山本義道
DF 45 沼田圭悟
MF 14 金子昌広
(56分→MF 13 大石竜平)
MF 6 大橋尚志
MF 8 藤村慶太
MF 17 加藤大樹
(80分→MF 18 窪田稜)
FW 10 垣田裕暉
(76分→FW 22 クルーニー)
FW 30 山根永遠
控え
GK 1 後藤雅明
DF 25 小島雅也
DF 4 石尾崚雅
MF 32 島津頼盛
監督
柳下正明

逃げ切った首位京都、上位対決を制して3連勝!大宮は大前1G1Aも及ばず

京都が逃げ切った
[7.20 J2第23節 京都3-2大宮 西京極]

 J2リーグは20日、第23節を行った。西京極総合運動公園陸上競技場では京都サンガF.C.大宮アルディージャが対戦。京都が3-2で勝利をおさめ、3連勝とした。一方、大宮は2試合ぶりの黒星を喫した。

 13日に行われた山形(1-0)との首位攻防戦を制して首位に浮上した京都は、序盤こそ大宮に押し込まれたが、前半17分に先制点。PA左からFW一美和成が中央へ折り返すと、MF金久保順がスルーしてボールを受けたMF仙頭啓矢が相手をかわして冷静に右足シュートを沈めた。

 さらに京都は前半30分、敵陣の左サイドでプレスをかけてボールを奪い、MF小屋松知哉がそのままPA左深くに進入して中央に折り返す。これがDF菊地光将に当たってコースが変わり、GK加藤有輝も弾き出せずゴールネットを揺らした。

 前節・鹿児島戦でクラブ史上最多の6ゴールを記録した4位大宮だが、開始30分で2点ビハインド。前半35分、MFダヴィッド・バブンスキーを下げてFW大前元紀を投入する。38分にはMF茨田陽生の横パスからFWフアンマ・デルガドが左足で狙うが、惜しくもゴール左。1点を返すことができなかった。

 2-0で後半を迎えた京都は10分、金久保が右サイドに展開し、仙頭がPA右脇あたりからグラウンダーのクロスを入れる。これを金久保がスルーし、ペナルティーアーク内からMF福岡慎平が右足を一閃。ゴール右隅に突き刺し、リードを広げる。18分にも仙頭の折り返しを福岡が右足を振り抜き、豪快なシュートを放つ。しかし、これはクロスバーを直撃した。

 なかなかチャンスを作り出せない大宮だが、後半30分に意地をみせる。右CKから大前が右足で高精度のクロスを供給。途中出場FWロビン・シモヴィッチが打点の高いヘディングシュートを叩き込み、1-3とする。一方、京都は24分に新天地デビューを果たしたMF藤本淳吾が負傷。37分にピッチを後にした。

 大宮は後半アディショナルタイム1分、MF奥抜侃志がドリブルで左サイドを突破し、PA左から中央に折り返す。これを大前が右足で合わせ、相手に当たってゴール左に吸い込まれる。しかし、反撃もここまで。京都が3-2でなんとか逃げ切った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第23節1日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

PK戦勝利で福島3位!大興奮の福島工イレブン(6枚)

8人目までもつれ込んだPK戦を勝利
 6月2日、令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)福島県予選の3位決定戦が行われ、福島工高磐城高が対戦。1-1で突入したPK戦の末、5-4で福島工が勝ち、10年ぶりとなる東北大会進出を決めた。

●【特設】高校総体2019

関根が復帰戦でアシストの浦和、退場者出すも3-1勝利! 磐田は17位後退

浦和が磐田に3-1で快勝
[7.20 J1第20節 磐田1-3浦和 エコパ]

 J1第20節が20日に行われ、暫定10位の浦和レッズはアウェーで16位ジュビロ磐田に3-1で勝利した。前半10分にFW興梠慎三、同22分にDF橋岡大樹、同32分にMF長澤和輝がそれぞれ得点をマーク。後半24分に磐田のMF上原力也に1点を返されたが、リードを守り切り、2試合ぶりの白星を手にした。

 浦和は今夏に2年ぶりのJリーグ復帰を果たしたFW関根貴大をさっそく先発起用。前半10分、長澤のスルーパスからPA内右に抜け出した興梠が右足で冷静にGKカミンスキーの股を抜き、今季7点目で均衡を破った。

 前半22分には興梠のパスを受けた関根がPA内左から折り返し、ニアのFW武藤雄樹がスルー。フリーでファーに走り込んだ橋岡が右足で蹴り込む。さらに同32分、PA内中央へのこぼれ球に長澤が反応し、粘り強く右足で押し込んだ。

 橋岡の今季初ゴール、長澤の今季2得点目で一気に3-0とした浦和。後半も攻撃の手を緩めずに追加点を狙っていく。

 一方、苦しい時間が続いた磐田は後半22分、途中出場のMFアダイウトンがPA内中央でDF槙野智章にスライディングで倒されるが、ファウルの笛は鳴らない。

 それでも後半24分、左CKの流れからPA手前中央の上原が豪快なダイレクトシュートをゴール右隅に突き刺し、今季2得点目を挙げる。その後も反撃を図り、同40分には浦和MF柴戸海の退場で数的優位に立ったが、1-3で終了のホイッスル。他会場で勝ち点1を積み上げた松本に抜かれ、J2自動降格圏内の17位に順位を下げた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第20節 スコア速報

清水vsFC東京 試合記録

【J1第20節】(アイスタ)
清水 0-2(前半0-2)FC東京


<得点者>
[F]大森晃太郎(16分)、永井謙佑(30分)

<警告>
[清]竹内涼(56分)

観衆:15,750人
主審:高山啓義
副審:唐紙学志、熊谷幸剛

<出場メンバー>
[清水エスパルス]
先発
GK 1 西部洋平
DF 18 エウシーニョ
DF 2 立田悠悟
DF 26 二見宏志
DF 25 松原后
MF 22 ヘナト・アウグスト
MF 6 竹内涼
(67分→MF 7 六平光成)
MF 17 河井陽介
(80分→MF 34 滝裕太)
MF 16 西澤健太
(46分→FW 20 中村慶太)
FW 23 北川航也
FW 49 ドウグラス
控え
GK 21 高木和徹
DF 27 飯田貴敬
DF 3 ファン・ソッコ
MF 30 金子翔太
監督
篠田善之

[FC東京]
先発
GK 33 林彰洋
DF 2 室屋成
DF 32 渡辺剛
DF 3 森重真人
DF 25 小川諒也
MF 39 大森晃太郎
MF 8 高萩洋次郎
MF 18 橋本拳人
MF 10 東慶悟
(90分+2→MF 45 アルトゥール・シルバ)
FW 9 ディエゴ・オリヴェイラ
(67分→MF 7 三田啓貴)
FW 11 永井謙佑
(89分→FW 16 ジャエル)
控え
GK 1 児玉剛
DF 14 オ・ジェソク
DF 29 岡崎慎
MF 28 内田宅哉
監督
長谷川健太

清水vsFC東京 試合記録

【J1第20節】(アイスタ)
清水 0-2(前半0-2)FC東京


<得点者>
[F]大森晃太郎(16分)、永井謙佑(30分)

<警告>
[清]竹内涼(56分)

観衆:15,750人
主審:高山啓義
副審:唐紙学志、熊谷幸剛

<出場メンバー>
[清水エスパルス]
先発
GK 1 西部洋平
DF 18 エウシーニョ
DF 2 立田悠悟
DF 26 二見宏志
DF 25 松原后
MF 22 ヘナト・アウグスト
MF 6 竹内涼
(67分→MF 7 六平光成)
MF 17 河井陽介
(80分→MF 34 滝裕太)
MF 16 西澤健太
(46分→FW 20 中村慶太)
FW 23 北川航也
FW 49 ドウグラス
控え
GK 21 高木和徹
DF 27 飯田貴敬
DF 3 ファン・ソッコ
MF 30 金子翔太
監督
篠田善之

[FC東京]
先発
GK 33 林彰洋
DF 2 室屋成
DF 32 渡辺剛
DF 3 森重真人
DF 25 小川諒也
MF 39 大森晃太郎
MF 8 高萩洋次郎
MF 18 橋本拳人
MF 10 東慶悟
(90分+2→MF 45 アルトゥール・シルバ)
FW 9 ディエゴ・オリヴェイラ
(67分→MF 7 三田啓貴)
FW 11 永井謙佑
(89分→FW 16 ジャエル)
控え
GK 1 児玉剛
DF 14 オ・ジェソク
DF 29 岡崎慎
MF 28 内田宅哉
監督
長谷川健太

首位FC東京が“元監督”に貫禄白星!! 大森豪快ミドルが決勝点、完封勝利は8試合ぶり

先制ゴールを決めたFC東京MF大森晃太郎
[7.20 J1第20節 清水0-2FC東京 アイスタ]

 J1リーグは20日、第20節を各地で行い、首位のFC東京清水エスパルスを2-0で破った。先発復帰のMF大森晃太郎が豪快な左足ミドルシュートで先制点を奪うと、FW永井謙佑がダメ押しゴール。守れば8試合ぶりの無失点で、首位をガッチリとキープした。

 ホームの清水は前節のG大阪戦(●0-1)と同じスターティングイレブン。篠田善之監督は古巣との初対戦となった。対するFC東京も長谷川健太監督が古巣対決。前節の川崎F戦(●0-3)から1人を入れ替え、MFナ・サンホに代わって大森が先発に入り、新加入のDFオ・ジェソク(←G大阪)、MF三田啓貴(←神戸)もベンチ入りした。

 立ち上がりは清水が主導権を握った。前半2分、右サイドを駆け上がったFW北川航也が大外にクロスを送ると、DF松原后のダイレクトシュートは枠外。同8分、FWドウグラスのスルーパスに抜け出した北川の右足シュートもわずかに外れた。同13分にはドウグラスのオーバーヘッドキックが枠を突いたが、GK林彰洋に阻まれた。

 すると前半16分、劣勢だったFC東京が先制に成功した。右サイドでDF室屋成がボールをキープし、内側に立っていた大森にボールを渡すと、カットインから左足を一閃。豪快なミドルシュートがクロスバーに直撃し、跳ね返ったボールがゴールネットを揺らした。

 さらに前半30分、FC東京はDF小川諒也、室屋が立て続けにクロスを送ると、エリア内で競り勝ったFW永井謙佑がボールにアプローチ。FWディエゴ・オリヴェイラのシュートはGK西部洋平に阻まれたが、こぼれ球に永井が反応し、リードを2点に広げた。
清水はその後は反撃に出られず、0-2でハーフタイムに入った。

 清水は後半開始時、MF西澤健太に代わってFW中村慶太を投入。それでもFC東京が主導権を握り続け、約15分間で永井、D・オリヴェイラが立て続けに決定機を迎えた。清水は後半22分、MF竹内涼に代わってMF六平光成を投入。FC東京はD・オリヴェイラを下げて三田を入れ、4年ぶりの古巣での出場を迎えた。

 FC東京は後半44分に永井と代わってFWジャエル、同アディショナルタイムにMF東慶悟に代わってMFアルトゥール・シルバを入れ、試合をシャットアウト。前節の“多摩川クラシコ”では3失点で痛い敗戦を喫していたが、堅守を印象付ける8試合ぶりのクリーンシートで見事に立ち直った姿を見せた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第20節 スコア速報

首位FC東京が“前監督”に貫禄白星!! 大森豪快ミドルが決勝点、完封勝利は8試合ぶり

先制ゴールを決めたFC東京MF大森晃太郎
[7.20 J1第20節 清水0-2FC東京 アイスタ]

 J1リーグは20日、第20節を各地で行い、首位のFC東京清水エスパルスを2-0で破った。先発復帰のMF大森晃太郎が豪快な左足ミドルシュートで先制点を奪うと、FW永井謙佑がダメ押しゴール。守れば8試合ぶりの無失点で、首位をガッチリとキープした。

 ホームの清水は前節のG大阪戦(●0-1)と同じスターティングイレブン。篠田善之監督は古巣との初対戦となった。対するFC東京も長谷川健太監督が古巣対決。前節の川崎F戦(●0-3)から1人を入れ替え、MFナ・サンホに代わって大森が先発に入り、新加入のDFオ・ジェソク(←G大阪)、MF三田啓貴(←神戸)もベンチ入りした。

 立ち上がりは清水が主導権を握った。前半2分、右サイドを駆け上がったFW北川航也が大外にクロスを送ると、DF松原后のダイレクトシュートは枠外。同8分、FWドウグラスのスルーパスに抜け出した北川の右足シュートもわずかに外れた。同13分にはドウグラスのオーバーヘッドキックが枠を突いたが、GK林彰洋に阻まれた。

 すると前半16分、劣勢だったFC東京が先制に成功した。右サイドでDF室屋成がボールをキープし、内側に立っていた大森にボールを渡すと、カットインから左足を一閃。豪快なミドルシュートがクロスバーに直撃し、跳ね返ったボールがゴールネットを揺らした。

 さらに前半30分、FC東京はDF小川諒也、室屋が立て続けにクロスを送ると、エリア内で競り勝ったFW永井謙佑がボールにアプローチ。FWディエゴ・オリヴェイラのシュートはGK西部洋平に阻まれたが、こぼれ球に永井が反応し、リードを2点に広げた。
清水はその後は反撃に出られず、0-2でハーフタイムに入った。

 清水は後半開始時、MF西澤健太に代わってFW中村慶太を投入。それでもFC東京が主導権を握り続け、約15分間で永井、D・オリヴェイラが立て続けに決定機を迎えた。清水は後半22分、MF竹内涼に代わってMF六平光成を投入。FC東京はD・オリヴェイラを下げて三田を入れ、4年ぶりの古巣での出場を迎えた。

 FC東京は後半44分に永井と代わってFWジャエル、同アディショナルタイムにMF東慶悟に代わってMFアルトゥール・シルバを入れ、試合をシャットアウト。前節の“多摩川クラシコ”では3失点で痛い敗戦を喫していたが、堅守を印象付ける8試合ぶりのクリーンシートで見事に立ち直った姿を見せた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第20節 スコア速報

福島工は福島屈指のGK熊田と「PKストッパー」GK鷹屋の好守で勝利(6枚)

福島工GK熊田秀紀(3年)は福島屈指の守護神
 6月2日、令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)福島県予選の3位決定戦が行われ、福島工高磐城高が対戦。1-1で突入したPK戦の末、5-4で福島工が勝ち、10年ぶりとなる東北大会進出を決めた。

●【特設】高校総体2019

福島工FW齋藤主将が先制点、迫力ある突破と豪快シュートも(5枚)

FW齋藤慧主将(3年)は突破力、豪快なシュートで存在感
 6月2日、令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)福島県予選の3位決定戦が行われ、福島工高磐城高が対戦。1-1で突入したPK戦の末、5-4で福島工が勝ち、10年ぶりとなる東北大会進出を決めた。

●【特設】高校総体2019

鹿島vs鳥栖 試合記録

【J1第20節】(カシマ)
鹿島 2-1(前半2-1)鳥栖


<得点者>
[鹿]レアンドロ(20分)、白崎凌兵(35分)
[鳥]金崎夢生(26分)

<退場>
[鳥]高橋祐治(90分)

<警告>
[鹿]犬飼智也(42分)、レアンドロ(55分)、永木亮太(59分)
[鳥]高橋祐治2(20分、90分)、金崎夢生(81分)

観衆:25,173人
主審:家本政明
副審:越智新次、西村幹也
金崎夢生が古巣からゴールも…鹿島が最下位・鳥栖に競り勝ち3連勝
同僚から敵エースに…鹿島DF町田、金崎との心理戦も「ふざけてしゃべりかけてくるので」
鹿島の新たな顔へと…2戦連発のMF白崎「出て行った選手が安心してチャレンジできるように」
鳥栖の18歳松岡大起「何ができたかと言われたら何もできなかった」


<出場メンバー>
[鹿島アントラーズ]
先発
GK 21 曽ヶ端準
DF 6 永木亮太
DF 39 犬飼智也
DF 28 町田浩樹
DF 26 小池裕太
MF 20 三竿健斗
MF 30 名古新太郎
(87分→DF 27 ブエノ)
MF 11 レアンドロ
(83分→MF 25 遠藤康)
MF 41 白崎凌兵
FW 18 セルジーニョ
FW 15 伊藤翔
(90分+2→FW 14 金森健志)
控え
GK 29 川俣慎一郎
DF 23 小田逸稀
MF 17 平戸太貴
FW 19 山口一真
監督
大岩剛

[サガン鳥栖]
先発
GK 18 高丘陽平
DF 22 原輝綺
DF 15 パク・ジョンス
DF 3 高橋祐治
MF 6 福田晃斗
(60分→MF 25 安庸佑)
MF 41 松岡大起
MF 4 原川力
MF 2 三丸拡
FW 44 金崎夢生
FW 11 豊田陽平
(84分→FW 9 フェルナンド・トーレス)
FW 7 イサック・クエンカ
(83分→MF 14 高橋義希)
控え
GK 1 大久保択生
DF 13 小林祐三
MF 24 安在和樹
MF 36 高橋秀人
監督
金明輝

金崎夢生が古巣からゴールも…鹿島が最下位・鳥栖に競り勝ち3連勝

決勝点のMF白崎凌兵がDF小池裕太と抱き合う
[7.20 J1第20節 鹿島2-1鳥栖 カシマ]

 鹿島アントラーズはホームでサガン鳥栖と対戦し、2-1で競り勝った。1-0の前半26分、昨季途中まで所属したFW金崎夢生に同点ゴールを決められた鹿島だが、同35分にMF白崎凌兵が決勝点。リーグ戦3連勝で6試合負けなし(4勝2分)となった。

 2連勝中の鹿島は前節の仙台戦(○4-0)から先発3人を変更。GKクォン・スンテ、MFレオ・シルバ、MF土居聖真の3人が欠場し、代わってGK曽ヶ端準、MF名古新太郎、FW伊藤翔が先発した。曽ヶ端は12試合ぶり、名古は4試合ぶり、伊藤は2試合ぶりのスタメンとなった。
 最下位の鳥栖は前節の広島戦(●0-2)から先発4人を変更。FWフェルナンド・トーレス、MF高橋秀人、MF安庸佑、DF小林祐三がベンチスタートとなり、柏から期限付き移籍で加入したDFパク・ジョンスが移籍後初先発を果たしたほか、MF福田晃斗が2試合ぶり、MF三丸拡が4試合ぶり、FW豊田陽平が6試合ぶりに先発した。[スタメン&布陣はコチラ]

 鹿島は前半12分、伊藤の強烈な右足ミドルが右ポストを直撃して真横に飛び、左ポストを叩いて跳ね返った。わずかなところでゴールとはならなかったが、同19分にカウンターからMFレアンドロがドリブルで持ち上がると、ゴール前にパスしたこぼれ球に自ら詰めたところでDF高橋祐治のスライディングタックルに引っかかった。これがPKの判定となり、自らキッカーを務めたレアンドロが冷静にGKの逆を突いてゴール右に流し込んだ。

 先制を許した鳥栖だが、失点から3分後の前半23分、同点に追いつく。左サイドでボールを受けた金崎がドリブルで中央に切れ込み、右足でシュート。これに逆サイドからMF松岡大起が飛び込んだが、ボールはそのままゴール右隅に吸い込まれた。松岡の位置がオフサイドだったとして副審の旗が上がったが、家本政明主審は越智新次副審と協議の上、松岡はボールに触れておらず、その飛び込みも相手のプレーに影響は与えていないとして鳥栖の得点を認めた。

 鹿島の選手たちは激しく抗議したが、金崎の同点ゴールで試合は振り出しに。昨年7月に鹿島から鳥栖に移籍した金崎は、移籍後初のカシマスタジアムで古巣からゴールを奪う形になった。試合が激しさを増す中、2点目を決めたのは鹿島。前半35分、DF永木亮太からの縦パスにレアンドロが反応し、右サイド深い位置からマイナスに折り返すと、白崎がDF原輝綺と競り合いながら右足を伸ばした。難しい体勢からのシュートがGKの頭上を越え、必死にカバーに戻った高橋祐もクリアし切れず。白崎の2試合連続今季5得点目で鹿島が2-1と勝ち越した。

 1点ビハインドで前半を折り返した鳥栖は後半15分、福田に代えて安を投入。安は中盤の右サイドに入り、松岡がボランチにポジションを変えてMF原川力とダブルボランチを組んだ。鹿島は同19分、白崎の右クロスをレアンドロが落とし、FWセルジーニョが反転しながら右足ボレーで狙ったが、GK高丘陽平が至近距離でセーブ。試合を決定づける3点目が取れず、試合は1点差のまま推移した。

 鳥栖は後半37分、FWイサック・クエンカに代えてMF高橋義希、同39分に豊田に代えてフェルナンド・トーレスを送り込む。交代枠を使い切って同点ゴールを目指すが、終盤も鹿島に押し込まれる時間が続き、後半45分には高橋祐が2枚目の警告で退場。最後は10人となり、チャンスらしいチャンスをつくれないままタイムアップを迎えた。

(取材・文 西山紘平)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第20節 スコア速報

@bookfun155 分野研究家

サッカー大国の中では唯一フットサル代表チームを持たないほど、ドイツではフットサルの普及が遅れていた。しかし2006年に、第1回ドイツフットサル選手権が開催されている。 #フットサル#サッカー#ユニフォーム

Posted in 未分類

神戸vs横浜FM 試合記録

【J1第20節】(ノエスタ)
神戸 0-2(前半0-1)横浜FM


<得点者>
[横]エジガル・ジュニオ(38分)、マルコス・ジュニオール(78分)

<退場>
[横]チアゴ・マルチンス(59分)

<警告>
[神]郷家友太(76分)、ダビド・ビジャ(89分)
[横]伊藤槙人(85分)

観衆:20,269人
主審:今村義朗
副審:大川直也、武部陽介
エジガル負傷、チアゴ退場も…“攻守の軸”欠いた横浜FMが3連勝! 神戸は3連敗

<出場メンバー>
[ヴィッセル神戸]
先発
GK 1 前川黛也
DF 22 西大伍
(79分→FW 13 小川慶治朗)
DF 25 大崎玲央
DF 15 宮大樹
(79分→FW 21 田中順也)
DF 19 初瀬亮
MF 5 山口蛍
MF 8 アンドレス・イニエスタ
MF 35 安井拓也
(70分→MF 27 郷家友太)
MF 16 古橋亨梧
FW 7 ダビド・ビジャ
FW 17 ウェリントン
控え
GK 29 荻晃太
DF 3 渡部博文
DF 34 藤谷壮
MF 6 セルジ・サンペール
監督
トルステン・フィンク

[横浜F・マリノス]
先発
GK 1 朴一圭
DF 18 広瀬陸斗
DF 13 チアゴ・マルチンス
DF 44 畠中槙之輔
DF 5 ティーラトン
MF 6 扇原貴宏
(61分→DF 15 伊藤槙人)
MF 8 喜田拓也
MF 9 マルコス・ジュニオール
FW 23 仲川輝人
(82分→MF 7 大津祐樹)
FW 30 エジガル・ジュニオ
(54分→MF 41 三好康児)
FW 11 遠藤渓太
控え
GK 21 飯倉大樹
DF 33 和田拓也
MF 14 山田康太
FW 20 李忠成
監督
アンジェ・ポステコグルー

秋田vs鳥取 試合記録

【J3第17節】(ソユスタ)
秋田 0-2(前半0-2)鳥取


<得点者>
[鳥]魚里直哉(6分)、フェルナンジーニョ(28分)

<警告>
[鳥]大屋翼(2分)、可児壮隆(83分)

観衆:1,357人
主審:松澤慶和
副審:淺田武士、船橋昭次

<出場メンバー>
[ブラウブリッツ秋田]
先発
GK 21 松本拓也
DF 5 千田海人
DF 24 山田尚幸
DF 2 尾本敬
(46分→DF 31 田中雄大)
MF 20 青島拓馬
(57分→MF 22 沖野将基)
MF 15 江口直生
MF 26 垣根拓也
MF 29 夛田凌輔
FW 16 藤沼拓夢
FW 18 北脇健慈
FW 8 和田昌士
(70分→FW 9 中村亮太)
控え
GK 1 渡辺泰広
DF 17 韓浩康
MF 39 小谷光毅
MF 7 前山恭平
監督
間瀬秀一

[ガイナーレ鳥取]
先発
GK 21 井上亮太
DF 15 上松瑛
DF 4 井上黎生人
DF 2 石井光輝
MF 41 魚里直哉
MF 8 三沢直人
(90分→DF 3 アドリエル)
MF 20 大屋翼
MF 7 可児壮隆
MF 27 福村貴幸
FW 13 林誠道
(65分→FW 39 鈴木国友)
FW 10 フェルナンジーニョ
(72分→MF 16 星野有亮)
控え
GK 29 市川暉記
DF 26 世瀬啓人
DF 37 内山裕貴
FW 9 ユリ
監督
高木理己

長崎vs甲府 試合記録

【J2第23節】(トラスタ)
長崎 1-0(前半0-0)甲府


<得点者>
[長]ビクトル・イバルボ(89分)

<警告>
[長]亀川諒史(73分)
[甲]武岡優斗(65分)

観衆:4,872人
主審:西山貴生
副審:福岡靖人、日比野真
大竹→加入直後イバルボのホットラインで決勝弾!!10位長崎が6位甲府に劇的勝利

<出場メンバー>
[V・ファーレン長崎]
先発
GK 30 徳重健太
DF 13 亀川諒史
DF 26 イ・サンミン
DF 4 高杉亮太
DF 2 香川勇気
MF 20 大竹洋平
MF 40 カイオ・セザール
(69分→MF 19 澤田崇)
MF 15 島田譲
MF 16 吉岡雅和
(90分+3→MF 28 翁長聖)
FW 11 玉田圭司
(66分→FW 32 ビクトル・イバルボ)
FW 33 呉屋大翔
控え
GK 21 富澤雅也
DF 22 徳永悠平
MF 27 新里涼
FW 17 長谷川悠
監督
手倉森誠

[ヴァンフォーレ甲府]
先発
GK 1 河田晃兵
DF 3 小柳達司
DF 22 小出悠太
DF 6 エデル・リマ
MF 41 武岡優斗
(76分→MF 40 小椋祥平)
MF 8 新井涼平
MF 26 佐藤和弘
MF 39 内田健太
FW 11 曽根田穣
(90分+2→FW 19 宮崎純真)
FW 9 ピーター・ウタカ
(80分→FW 18 佐藤洸一)
FW 10 ドゥドゥ
控え
GK 31 岡西宏祐
DF 34 今津佑太
DF 4 山本英臣
MF 14 横谷繁
監督
伊藤彰

千葉vs福岡 試合記録

【J2第23節】(フクアリ)
千葉 3-0(前半1-0)福岡


<得点者>
[千]船山貴之(11分)、増嶋竜也(54分)、クレーベ(59分)

<警告>
[福]喜田陽(32分)、松田力(78分)

観衆:8,541人
主審:柿沼亨
副審:穴井千雅、若槻直輝
船山!! 増嶋!! そしてクレーベ!! 千葉、福岡に3発快勝で5戦ぶり白星
意表を突いたと思いきや…千葉FW船山、直接FK弾は「狙ってない」
3度の決定機を好守に阻まれ「イライラもあった」千葉FWクレーベが意地のゴール
「こういう試合をもう一試合できるか」…千葉MF熊谷アンドリューが挙げた課題


<出場メンバー>
[ジェフユナイテッド千葉]
先発
GK 1 鈴木椋大
DF 2 ゲリア
DF 16 鳥海晃司
DF 5 増嶋竜也
(73分→DF 4 エベルト)
DF 49 下平匠
MF 8 堀米勇輝
(64分→MF 14 小島秀仁)
MF 20 矢田旭
MF 18 熊谷アンドリュー
MF 13 為田大貴
FW 10 船山貴之
FW 9 クレーベ
(81分→FW 21 アラン・ピニェイロ)
控え
GK 23 佐藤優也
DF 33 安田理大
MF 39 見木友哉
FW 11 佐藤寿人
監督
江尻篤彦

[アビスパ福岡]
先発
GK 1 セランテス
DF 3 石原広教
DF 5 實藤友紀
DF 36 菊地直哉
(43分→FW 9 ヤン・ドンヒョン)
DF 39 篠原弘次郎
MF 6 ウォン・ドゥジェ
MF 17 松田力
MF 19 田邉草民
MF 26 喜田陽
FW 13 木戸皓貴
(59分→MF 14 前川大河)
FW 15 森本貴幸
(62分→FW 21 村田和哉)
控え
GK 31 山ノ井拓己
DF 22 輪湖直樹
DF 29 吉本一謙
MF 25 北島祐二
監督
久藤清一

横浜FCvs栃木 試合記録

【J2第23節】(ニッパツ)
横浜FC 2-1(前半0-1)栃木


<得点者>
[横]レアンドロ・ドミンゲス(50分)、斉藤光毅(71分)
[栃]大崎淳矢(30分)

<警告>
[栃]キム・ヒョン(32分)、森下怜哉(39分)、藤原広太朗(57分)

観衆:4,733人
主審:三上正一郎
副審:櫻井大輔、田島宏則
俊輔&カズ観戦、皆川フル出場の横浜FCが4連勝!! 後半2発で栃木に逆転勝利
横浜FC斉藤光毅がビューティフルV弾!! 「悔しさ」ぶつける復帰後2戦連発


<出場メンバー>
[横浜FC]
先発
GK 18 南雄太
DF 14 北爪健吾
DF 33 川崎裕大
DF 20 カルフィン・ヨン・ア・ピン
DF 17 武田英二郎
(40分→DF 26 袴田裕太郎)
MF 22 松井大輔
(87分→MF 8 佐藤謙介)
MF 5 田代真一
MF 40 レアンドロ・ドミンゲス
FW 9 戸島章
(65分→MF 27 中山克広)
FW 16 皆川佑介
FW 23 斉藤光毅
控え
GK 36 辻周吾
DF 2 藤井悠太
MF 7 松浦拓弥
FW 13 瀬沼優司
監督
下平隆宏

[栃木SC]
先発
GK 50 ユ・ヒョン
DF 7 菅和範
DF 4 藤原広太朗
DF 15 森下怜哉
MF 37 浜下瑛
MF 26 枝村匠馬
MF 31 三宅海斗
MF 16 榊翔太
(61分→DF 27 久富良輔)
FW 21 大崎淳矢
(84分→FW 9 大黒将志)
FW 47 キム・ヒョン
(70分→MF 10 西谷和希)
FW 19 大島康樹
控え
GK 23 川田修平
DF 18 坂田良太
MF 11 平岡翼
MF 32 荒井秀賀
監督
田坂和昭

名古屋vsG大阪 試合記録

【J1第20節】(豊田ス)
名古屋 2-2(前半2-1)G大阪


<得点者>
[名]前田直輝(4分)、宮原和也(44分)
[G]アデミウソン(8分)、宇佐美貴史(90分+1)

<警告>
[G]金英權(75分)、高尾瑠(90分+2)

観衆:42,975人
主審:荒木友輔
副審:八木あかね、権田智久
復帰の宇佐美がAT劇的弾!!G大阪が土壇場でドローに持ち込む、名古屋優勢も未勝利は9戦に
宇佐美にはG大阪が似合う!3か月ぶり実戦も90分フル出場でAT同点弾「個人的には明るい材料」
G大阪ラストマッチは不完全燃焼…オランダ移籍の中村敬斗「モチベーションが難しかった」
名古屋9戦ぶり白星スルリ…宮原「自分の責任」新戦力太田「ネガティブな内容じゃない」
不調名古屋で風間監督も喜ぶ若手の台頭…ルーキーDF藤井陽也「楽しかった」超満員豊スタで堂々デビュー
高尾瑠、G大阪のレギュラーとして憧れの豊スタ名古屋戦のピッチに立つ


<出場メンバー>
[名古屋グランパス]
先発
GK 1 ランゲラック
DF 34 藤井陽也
DF 20 中谷進之介
DF 36 太田宏介
MF 6 宮原和也
MF 21 エドゥアルド・ネット
MF 8 ジョアン・シミッチ
MF 23 吉田豊
FW 25 前田直輝
(61分→FW 10 ガブリエル・シャビエル)
FW 7 ジョー
(74分→MF 9 長谷川アーリアジャスール)
FW 29 和泉竜司
(89分→FW 27 相馬勇紀)
控え
GK 16 武田洋平
DF 31 金井貢史
MF 4 小林裕紀
FW 32 赤崎秀平
監督
風間八宏

[ガンバ大阪]
先発
GK 1 東口順昭
DF 13 菅沼駿哉
DF 19 金英權
DF 27 高尾瑠
MF 7 遠藤保仁
(68分→FW 40 食野亮太郎)
MF 10 倉田秋
MF 21 矢島慎也
MF 34 福田湧矢
FW 9 アデミウソン
(82分→FW 39 渡邉千真)
FW 33 宇佐美貴史
FW 38 中村敬斗
(56分→MF 8 小野瀬康介)
控え
GK 23 林瑞輝
DF 30 青山直晃
MF 28 高宇洋
MF 29 高江麗央
監督
宮本恒靖

松本vs広島 試合記録

【J1第20節】(サンアル)
松本 2-2(前半0-0)広島


<得点者>
[松]前田大然(70分)、パウリーニョ(90分+5)
[広]柏好文(51分)、パトリック(85分)

<警告>
[広]ドウグラス・ヴィエイラ(32分)、野上結貴(76分)、ハイネル(90分+3)

観衆:14,907人
主審:村上伸次
副審:聳城巧、松井健太郎
パウリーニョが起死回生の一発!新戦力2人起用の松本、広島に2度先行許すもドロー決着

<出場メンバー>
[松本山雅FC]
先発
GK 1 守田達弥
DF 5 今井智基
DF 4 飯田真輝
DF 18 當間建文
MF 3 田中隼磨
MF 14 パウリーニョ
MF 35 宮阪政樹
(90分→MF 32 安東輝)
MF 42 高橋諒
(86分→DF 39 高木利弥)
MF 20 杉本太郎
FW 9 高崎寛之
(59分→FW 50 阪野豊史)
FW 7 前田大然
控え
GK 16 村山智彦
MF 13 中美慶哉
MF 47 岩上祐三
MF 6 藤田息吹
監督
反町康治

[サンフレッチェ広島]
先発
GK 1 林卓人
DF 2 野上結貴
DF 23 荒木隼人
DF 19 佐々木翔
MF 44 ハイネル
MF 40 川辺駿
MF 15 稲垣祥
MF 18 柏好文
MF 30 柴崎晃誠
(79分→MF 17 松本泰志)
MF 14 森島司
(86分→FW 16 渡大生)
FW 20 ドウグラス・ヴィエイラ
(75分→FW 10 パトリック)
控え
GK 38 大迫敬介
DF 13 井林章
MF 27 清水航平
MF 7 野津田岳人
監督
城福浩

北九州vs八戸 試合記録

【J3第17節】(ミクスタ)
北九州 1-1(前半0-0)八戸


<得点者>
[北]池元友樹(53分)
[八]上形洋介(90分)

<警告>
[北]ディサロ燦シルヴァーノ(87分)

観衆:3,744人
主審:堀格郎
副審:村田裕介、角田裕之

<出場メンバー>
[ギラヴァンツ北九州]
先発
GK 13 高橋拓也
DF 2 新井博人
DF 5 寺岡真弘
DF 6 岡村和哉
DF 15 野口航
MF 4 川上竜
MF 14 新垣貴之
(77分→MF 8 内藤洋平)
MF 22 藤原奏哉
MF 25 國分伸太郎
(90分+3→MF 7 茂平)
FW 9 ディサロ燦シルヴァーノ
FW 11 池元友樹
(81分→FW 16 佐藤颯汰)
控え
GK 21 後藤大輝
DF 20 河野貴志
DF 3 福森健太
MF 17 加藤弘堅
監督
小林伸二

[ヴァンラーレ八戸]
先発
GK 1 山田賢二
DF 16 小牧成亘
(59分→MF 25 宮崎泰右)
DF 39 近石哲平
DF 22 穂積諒
MF 27 國分将
MF 4 前田柊
(21分→MF 24 貫名航世)
(72分→FW 9 上形洋介)
MF 10 新井山祥智
MF 33 佐藤和樹
MF 7 中村太一
MF 20 三田尚希
FW 18 谷尾昂也
控え
GK 31 花田力
MF 5 酒井大登
監督
大石篤人

パウリーニョが起死回生の一発!新戦力2人起用の松本、広島に2度先行許すもドロー決着

ともに一点目を決めた広島MF柏好文と松本FW前田大然
[7.20 J1第20節 松本2-2広島 サンアル]

 J1リーグは20日、第20節を行った。サンプロアルウィンでは松本山雅FCサンフレッチェ広島が対戦し、2-2で引き分けた。

 6試合勝利から遠ざかっている17位松本は(2分4敗)、13日のJ1第19節・磐田戦(0-1)から1人変更。MF藤田息吹に代えてMFパウリーニョを起用した。4試合負けなし(2勝2分)の7位広島も鳥栖戦(2-0)から1人を入れ替え、FWパトリックに代わってFWドウグラス・ヴィエイラが先発に名を連ねた。

 果敢にゴールに迫ったのは広島だった。前半8分、PA右でD・ヴィエイラがくさびのパスを受け、一度は失ったが、こぼれ球を拾って相手をかわして右足を振り抜く。しかし、これは惜しくもゴール左に外れる。20分には、MF川辺駿がD・ヴィエイラに預けてゴール前に走り込み、PA内からループパスを右足で合わせるが、クロスバー上に外れた。

 集中した守備で耐え抜く松本。前半23分、MF杉本太郎がディフェンスラインの裏にスルーパスを送り、FW高崎寛之がフリーで抜け出すが、オフサイドと判定されてしまう。逆に広島は30分、右サイドからD・ヴィエイラが上げたクロスをペナルティーアーク内で受けたMF柴崎晃誠が右足を振り抜く。フリーで放ったシュートだったが、惜しくも左ポストを叩いた。

 試合は動いたのは後半6分だった。敵陣中央でパスを受けたD・ヴィエイラがスルーパスを送り、MF柏好文が背後へ抜け出す。柏はそのままPA左に進入し、左足シュートをニアに突き刺して広島が先制点。過去、松本とのリーグ戦全試合(3戦3勝)で得点している柏が“松本キラー”ぶりを発揮した。

 しかし、松本が意地をみせる。後半14分、FW高崎寛之に代えて、山形から加入のFW阪野豊史を投入。25分には、こぼれ球を回収したMF田中隼磨が右サイドを強引に突破し、PA右深くからマイナスへ折り返す。これをFW前田大然が体勢を崩しながら右足シュートを放ち、ゴール左に流し込んだ。

 追いつかれた広島は後半30分、D・ヴィエイラに代えてFWパトリックを投入。攻勢を強めると、37分のMFハイネルの右足シュートはクロスバーを叩いたが、40分に決勝点が生まれる。自陣センターサークル右脇からDF野上結貴がロングパスを送り、うまく抜け出したパトリックがPA右から右足シュート。これがGK守田達弥の頭上を越えてゴールに吸い込まれ、2-1と勝ち越した。

 松本は後半41分に新戦力のDF高木利弥をピッチに送り込んだが、追いつくことができず、そのままタイムアップを迎えると思われた。しかし、諦めなかった松本はアディショナルタイム5分、ペナルティーアーク手前からパウリーニョが左足を一閃。松本が2-2と同点に持ち込んだ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第20節1日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

復帰の宇佐美がAT劇的弾!!G大阪が土壇場でドローに持ち込む、名古屋優勢も未勝利は9戦に

復帰の宇佐美がアディショナルタイムにドローに持ち込むゴールを決めた
[7.20 J1第20節 名古屋2-2G大阪 豊田ス]

 名古屋グランパスのホームで行われたガンバ大阪との一戦は、2-2の引き分けに終わった。名古屋は連敗が止まった4で止まったものの、9戦未勝利となった。

 夏の移籍ウインドーが開いての初戦。名古屋はFC東京から加入したDF太田宏介が3バックの左で先発。下部組織出身のルーキーDF藤井陽也も初先発となった。対するG大阪は主力級が大量流出。オランダ1部のトゥエンテにレンタル移籍するFW中村敬斗もこの試合を最後に渡欧する。ただし3年ぶりに復帰したFW宇佐美貴史が先発メンバーに名を連ね、2トップの一角で出場した。[スタメン&布陣はコチラ]

 スコアは前半から激しく動いた。まずは名古屋が開始4分、FWジョーのポストプレーからヒールパスを受けたMFエドゥアルド・ネットがエリア内に侵入。横パスを出すと、フリーになっていたFW前田直輝が流し込んで先制に成功する。名古屋が先制点を決めるのは、5月17日の川崎F戦以来で8試合ぶり。

 しかしG大阪も直後の前半8分、MF遠藤保仁のロングパスで抜け出したFWアデミウソンがGKランゲラックを引き出す。右に流れたが、再びランゲラックをかわしてゴールネットに突き刺した。アデミウソンのゴールは3月30日の神戸戦以来で15試合ぶり。

 前半26分ごろにはスタジアムでアクシデントが発生。照明が演出時のように点灯。試合は直後に給水タイムのために中断したが、アナウンスで「誤作動によるもの」と説明があり、「心よりお詫び申し上げます」と謝罪があった。

 試合は名古屋ペースで進んでいた。すると前半終了間際の44分、MF和泉竜司のアーリークロスをファーサイドでDF宮原和也が押し込んで勝ち越しに成功。前半終了時の名古屋サポーターの拍手、G大阪サポーターのブーイングが示すように、内容でも名古屋が上回る前半になった。

 後半に入ると11分にG大阪は中村を下げてMF小野瀬康介を投入。“G大阪ラストゲーム”はやや不完全燃焼で終わった。名古屋は同15分に前田に代えてFWガブリエル・シャビエルをピッチに送り込んで更なる攻撃の活性化を目指す。

 さらにG大阪は後半23分に遠藤を下げてFW食野亮太郎を投入してリズムの変化を求める。対する名古屋も同29分にジョーを下げてFW長谷川アーリアジャスールを出場させて、前線に変化を付けた。

 G大阪復帰戦となった宇佐美はフル出場した。しかし前半は抜け出してシュートを打つ場面があったが、後半はなかなかチャンスに絡むことが出来ない。だが後半アディショナルタイム1分、宇佐美が魅せる。小野瀬の右クロスに頭で飛び込みゴールネットを揺らす。チケット完売の注目試合で、名古屋の豊田スタジアムでの試合では史上2番目の観衆4万2975人を集めた試合は、2-2の引き分けに終わった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

大竹→加入直後イバルボのホットラインで決勝弾!!10位長崎が6位甲府に劇的勝利

長崎が甲府に1-0で勝利
[7.20 J2第23節 長崎1-0甲府 トラスタ]

 J2第23節が20日に開催され、10位V・ファーレン長崎はホームで6位ヴァンフォーレ甲府に1-0で勝利した。後半44分にMF大竹洋平のアシストから途中出場のFWビクトル・イバルボが決勝ゴールを奪取。3試合ぶりの白星で連敗を2で止めた。

 甲府は開始早々にビッグチャンスを迎える。前半2分、左サイドのMF内田健太からのボールをFWピーター・ウタカが胸で落とすと、受けたFW曽根田穣が巧みなファーストタッチでDFイ・サンミンを抜き去り、PA内左に進入。しかし、右足のシュートはゴール右へ外れた。

 長崎も前半4分にMF吉岡雅和の強烈なミドルシュートが左ポストを叩くなどゴールに迫ったが、甲府が多くのシュートシーンを作り出して前半終了。ハーフタイム明けもアウェーチームがペースを握る。

 後半3分、左後方のFKからキッカーの内田が左足でクロスを送ると、ファーのDFエデル・リマがヘディングでネットを揺らす。だが、オフサイドで得点は認められない。

 長崎は後半21分にFW玉田圭司を下げ、16日に鳥栖から期限付き移籍したばかりのイバルボを投入。同24分には先発で同じく新天地デビューを果たしていたMFカイオ・セザールに代え、MF澤田崇をピッチへ送り出した。

 甲府も交代策などで打開を試み、ウタカやFWドゥドゥを軸に好機を創出していく。後半35分にはウタカに代えて元長崎のFW佐藤洸一を投入したが、なかなかゴールを奪えない。

 すると後半44分に長崎が均衡を破る。大竹のスルーパスからイバルボがPA内右に走り込み、右足でシュート。見事にニアを破り、長崎デビュー戦で貴重なゴールを挙げた。

 試合は4分と表示されたアディショナルタイムを経てタイムアップ。甲府は2試合ぶりに敗戦を喫し、連勝を逃した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第23節1日目 スコア速報

GK小松がPK3本ストップも、磐城はPK戦で敗れて福島4位に(22枚)

GK小松裕(2年)はPK戦で3本ストップ
 6月2日、令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)福島県予選の3位決定戦が行われ、福島工高磐城高が対戦。1-1で突入したPK戦の末、5-4で福島工が勝ち、10年ぶりとなる東北大会進出を決めた。

●【特設】高校総体2019

俊輔&カズ観戦、皆川フル出場の横浜FCが4連勝!! 後半2発で栃木に逆転勝利

横浜FCが逆転勝利をおさめた
[7.20 J2第23節 横浜FC 2-1 栃木 ニッパツ]

 J2リーグは20日、第23節を行い、ニッパツ三ツ沢球技場では横浜FC栃木SCが対戦した。栃木がFW大崎淳矢のPKで先制したが、後半、MFレアンドロ・ドミンゲス、FW斉藤光毅がゴール。横浜FCが2-1で逆転勝利をおさめ、4連勝を飾った。

 横浜FCは13日に行われた新潟戦(2-0)から3人を変更し、広島から新加入のFW皆川佑介がいきなりスタメン入り。対する栃木も前節の山口戦(2-1)から3人を入れ替え、今夏加入したFWキム・ヒョン、MF三宅海斗の新戦力2人が先発した。[スタメン&布陣はコチラ]

 横浜FCは186cmの皆川と191cmのFW戸島章のツインタワーを前線に据え、前半23分、2トップの連携で崩すと、皆川のスルーパスでエリア内に抜け出した斉藤が切り返してマイナス方向にクロス。走り込んだMF松井大輔が左足ダイレクトで狙ったが、枠を捉えたコントロールショットはGKユ・ヒョンが右手一本で弾き出した。

 栃木は守勢が続いたが、絶好の先制機を生かした。前半28分、FW大島康樹が松井のファウルを誘い、PKを獲得。キッカーは大崎。右足で冷静にGKの逆を突き、ゴール左隅に蹴り込んだ。横浜FCは前半のうちに交代カードを切り、DF武田英二郎を下げてルーキーDF袴田裕太郎を左サイドバックに投入した。

 0-1で前半を折り返した横浜FCは後半立ち上がりにスーパーゴールで試合を振り出しに戻す。後半5分、PA右手前の位置でFKのチャンスを獲得。キッカーのレアンドロ・ドミンゲスが直接狙い、ゴール左上に突き刺した。

 1-1に追いついた横浜FCは後半26分、松井が蹴り入れたロングボールは相手にクリアされたが、こぼれ球に反応した皆川が落とす。斉藤がPA左手前の位置で右足を振り抜くと、鋭いミドルシュートがゴール右上を射抜いた。斉藤は2試合連続ゴール。中村俊輔と三浦知良が見守る中、横浜FCが2-1で逆転勝利をおさめた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

エジガル負傷、チアゴ退場も…“攻守の軸”欠いた横浜FMが3連勝! 神戸は3連敗

決勝ゴールを決めた横浜F・マリノスFWエジガル・ジュニオ
[7.20 J1第20節 神戸0-2横浜FM ノエスタ]

 J1リーグは20日、第20節を各地で行い、後半途中に退場者を出した横浜F・マリノスヴィッセル神戸を2-0で破った。FWエジガル・ジュニオの今季11ゴール目が決勝点。E・ジュニオは10ゴールで並んでいた対戦相手のFWダビド・ビジャを上回り、得点ランキング単独トップに立ったが、後半途中に負傷交代した。

 ホームの神戸は前節の湘南戦(●1-3)から先発1人を変更。アカデミー出身のプロ3年目MF安井拓也が昨年7月22日以来1年ぶりの先発入りを果たした。対する横浜FMは前節の浦和戦(○3-1)と同じスターティングメンバーを並べ、新加入DF伊藤槙人(←水戸)が初めてベンチ入りした。

 立ち上がりは自陣でボールを握る横浜FMに対し、神戸がマンツーマン気味の布陣で待ち受ける構図。神戸は高い位置でボールを奪うと、MF古橋亨梧、FWウェリントンが立て続けにシュートを放った。対する横浜FMも徐々にペースを取り戻し、前半10分ごろから両サイドアタッカーの突破が見られるようになった。

 それでも前半19分、神戸は序盤からたびたび見せた左サイド攻撃からDF初瀬亮がクロスを送ると、ウェリントンがヘディングシュート。これはネットを揺らしたが、オフサイドの判定が下された。同30分にはMFアンドレス・イニエスタのフィードにビジャが抜け出すも、カットインシュートはDF広瀬陸斗が阻んだ。

 横浜FMは前半32分にようやく最初のシュート。E・ジュニオがミドルレンジから豪快に狙ったが、GK前川黛也が横っ飛びで防いだ。ところが同38分、前川の組み立てミスを突いた横浜FMはMFマルコス・ジュニオールのパスからFW仲川輝人が相手を巧みにかわすと、ラストパスをE・ジュニオが落ち着いて決め、先制に成功した。

 横浜FMは後半7分、得点ランキング単独首位に立っていたE・ジュニオにアクシデント。ペナルティエリア内の競り合いで足首を痛め、MF三好康司との交代でピッチを退いた。さらに同14分、パスミスを突いた古橋を止めようとしたDFチアゴ・マルチンスが決定機阻止でイエローカードを提示され、10人で戦うことになった。

 横浜FMは後半16分、直前の場面で痛いパスミスを犯したMF扇原貴宏に代わって伊藤を投入。思わぬ形での新天地デビューとなった。ところがその後も1人少ない横浜FMが主導権を握り続け、同22分には広瀬のミドルシュートのこぼれ球から三好が、同23分にはM・ジュニオールが惜しいシュートを放った。

 1点が遠い神戸は後半25分、安井に代わってMF郷家友太を投入。それでも同32分、エリア内に飛び込んだ仲川を前川が倒し、横浜FMにPKを献上してしまう。これを同33分、M・ジュニオールに決められて2点差。神戸はそのまま反撃に出ることはできず、これでリーグ戦3連敗となった。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第20節 スコア速報

船山!! 増嶋!! そしてクレーベ!! 千葉、福岡に3発快勝で5戦ぶり白星

先制点となる直接FKを沈めたジェフユナイテッド千葉FW船山貴之
[7.20 J2第23節 千葉3-0福岡 フクアリ]

 J2は20日に第23節を開催し、フクダ電子アリーナでは17位のジェフユナイテッド千葉(5勝9分8敗)と19位のアビスパ福岡(5勝5分12敗)が対戦。前半11分にFW船山貴之のゴールで先制した千葉が、後半9分にDF増嶋竜也、同14分にFWクレーベの得点で加点して3-0の完封勝利で5試合ぶりの白星を獲得した。

 ここ4戦未勝利(2分2敗)の千葉は14日の第22節岐阜戦(△2-2)から先発の入れ替えはなく、同じ11人を先発起用。一方、前節町田戦(○2-0)で7試合ぶりの白星を獲得した福岡は同試合から先発1人を入れ替え、MF喜田陽らがスターティングメンバ―に名を連ねた。[スタメン&布陣はコチラ]

 前半11分に試合を動かしたのはホームの千葉だった。左サイドを突破しようとしたMF為田大貴がDFウォン・ドゥジェのファウルを誘い、FKを獲得。キッカーを務めたFW船山貴之が右足から蹴り出したボールは、飛び出したGKセランテスの伸ばした手に触れることなく直接ネットに突き刺さり、スコアを1-0とした。

 前半21分には千葉に追加点のチャンスが訪れるが、MF堀米勇輝のCKに反応したDF鳥海晃司のヘディングシュートはポストに阻まれる。同22分には福岡が波状攻撃を仕掛けるが、喜田の浮き球のパスから抜け出したFW木戸皓貴のボレーシュートはポストに弾かれ、こぼれ球に反応したFW松田力のシュートはクロスバーを叩いてネットを揺らすには至らなかった。

 1-0と千葉がリードしたまま後半を迎えると、後半7分、為田のパスで左サイドを駆け上がったDF下平匠のクロスをファーサイドのFWクレーベがヘディングで合わせるも、シュートはセランテスに弾き出されてしまう。さらに同9分には船山のFKをファーサイドのDF増嶋竜也が折り返し、クレーベがヘッドで狙うがこれもセランテスにストップされる。しかし、この流れから左サイドの下平が送ったクロスをゴール前に走り込んだ増嶋がヘディングで叩き込み、千葉がリードを2点差に広げた。

 後半12分には下平のクロスから、またもやクレーベが好機を迎えるが、ヘディングで合わせたシュートは好反応を見せたセランテスに弾き出されてしまう。しかし同15分、MF熊谷アンドリューの鮮やかなスルーパスから抜け出したクレーベが右足のシュートで、ついにネットを揺らしてスコアは3-0となった。

 その後、千葉に追加点こそ生まれなかったものの、福岡の反撃を許さずに逃げ切って3-0の完封勝利を収めた。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

磐城はFW渡部が終了1分前に同点ゴール:福島(5枚)

後半34分にFW渡部智也が同点ゴール
 6月2日、令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)福島県予選の3位決定戦が行われ、福島工高磐城高が対戦。1-1で突入したPK戦の末、5-4で福島工が勝ち、10年ぶりとなる東北大会進出を決めた。

●【特設】高校総体2019

F東23vs讃岐 試合記録

【J3第17節】(味フィ西)
F東23 1-1(前半0-1)讃岐


<得点者>
[F]矢島輝一(74分)
[讃]池谷友喜(30分)

<警告>
[F]丹羽大輝(41分)、安部柊斗(65分)、ユ・インス(84分)

観衆:891人
主審:藤田優
副審:篠藤巧、津野洋平

<出場メンバー>
[FC東京U-23]
先発
GK 13 波多野豪
DF 22 中村拓海
DF 5 丹羽大輝
DF 43 木村誠二
DF 47 岡哲平
(64分→MF 50 金誠敏)
MF 36 安部柊斗
MF 44 品田愛斗
MF 21 ユ・インス
(88分→FW 52 久保征一郎)
MF 19 宮崎幾笑
FW 24 原大智
FW 23 矢島輝一
控え
GK 51 飯塚欣士
FW 31 ナッタウット
監督
長澤徹

[カマタマーレ讃岐]
先発
GK 1 清水健太
DF 20 柳田健太
DF 30 竹内彬
(58分→DF 3 ペ・スヨン)
DF 5 麻田将吾
DF 10 高木和正
(76分→FW 11 森川裕基)
MF 18 鈴木拳士郎
MF 28 渡辺悠雅
MF 17 池谷友喜
MF 14 佐々木渉
MF 23 西弘則
FW 13 木島徹也
(81分→FW 21 福家勇輝)
控え
GK 16 服部一輝
DF 4 荒堀謙次
MF 7 永田亮太
FW 33 木島良輔
監督
上村健一

前回優勝校撃破の北越、決勝も制して12年ぶりの全国へ:新潟(14枚)

MF浅野俊輔(3年)は中盤を幅広くカバー
 令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)新潟県予選準決勝が1日に行われ、12年ぶりの全国出場を目指す北越高が前回大会優勝の新潟明訓高に3-1で勝利。北越は決勝も勝って全国大会出場を決めた。
●【特設】高校総体2019

北越はドリブラーの安藤、司令塔・加藤の2年生コンビが全3ゴールを演出(7枚)

MF安藤颯士(2年)は切れ味鋭いドリブルで存在感
 令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)新潟県予選準決勝が1日に行われ、12年ぶりの全国出場を目指す北越高が前回大会優勝の新潟明訓高に3-1で勝利。北越は決勝も勝って全国大会出場を決めた。
●【特設】高校総体2019

J2第23節・鹿児島vs岐阜が雷雨で試合中止

 Jリーグは20日、同日19時に白波スタジアムで開催される予定だったJ2第23節・鹿児島ユナイテッドFCFC岐阜が雷雨の影響により、試合中止となったことを発表した。代替日やチケットの扱いについては決定次第、発表するとしている。

以下、中止となった試合

第23節
7月20日(土)
鹿児島 19:00 岐阜 [白波スタ]

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第23節1日目 スコア速報

北越はFW庄内と左SB土田もゴール:新潟(8枚)

前半14分、FW庄内碧(3年)が勝ち越しヘッド
 令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)新潟県予選準決勝が1日に行われ、12年ぶりの全国出場を目指す北越高が前回大会優勝の新潟明訓高に3-1で勝利。北越は決勝も勝って全国大会出場を決めた。
●【特設】高校総体2019

マンチェスターCがやってくる!試合チケット&選手に会えるイベント参加券をプレゼント!

マンチェスター・シティがやってくる!
 7月27日に日産スタジアムで「EUROJAPAN CUP 2019」横浜F・マリノスマンチェスター・シティが開催される。

 ゲキサカでは試合開催を記念し、「試合観戦チケット&マンチェスター・シティ選手ミート&グリート イベント参加券」を1組2名様にプレゼントします。Twitterでの応募方法はゲキサカの公式Twitter「@gekisaka」をフォローしたうえで、こちらの「該当ツイート」をリツイート(RT)するだけ。RTいただいた方の中から抽選で1組2名様にプレゼントします。

応募期間は7月23日(火)23時59分まで。詳細は下記をご参照ください。皆さまのご応募をお待ちしております。

※27日の試合観戦、26日の選手ミート&グリートイベントと練習見学、両日参加できることが条件になります。
※当日の様子はゲキサカ及びSNSに記事等が掲載されますのでご了承いただける方のみご応募ください


■応募期間
2019年7月20日(土)~7月23日(火)23:59
■参加方法
応募期間内にゲキサカの公式Twitter @gekisaka をフォローし、こちらの「該当ツイート」をリツイート(RT)してください。

■当選発表
当選者様にゲキサカよりTwitterのDMにて、ご連絡させていただきます。

【利用規約】
・投稿にはTwitterへの登録が必要となります。
・投稿頂いた内容はTwitterタイムラインに投稿されます。
・「該当ツイート」のリツイート(RT)のご投稿して頂いたお客様のみ、キャンペーンの当選権利がございます。
・当選者の決定前に@gekisakaのフォローを解除されると抽選、選考の対象外となります。
・すでに@gekisakaをフォローされている場合は、抽選、選考の対象となります。
・記載メンション、#タグ、URLの変更・削除は抽選、選考の対象外となります。
・プログラム等による自動投稿は抽選、選考の対象外とさせて頂く場合がございます。
・当選した権利を第三者に対し譲渡・転売することはできません。オークションへの出展等転売行為は固く禁止させていただきます。
・当選者には、DM(ダイレクトメッセージ)にてご連絡いたします。
・賞品のお届け先は、日本国内に限らせて頂きます。
・Twitterもしくは当サイトの外部サーバー、ネットワーク環境などの不具合により投稿できなかった場合、本キャンペーンの一切の責任を負いかねますので、予めご了承ください。

北越は先発抜擢のMF五十嵐が先制ヘッド:新潟(5枚)

前半10分、MF五十嵐翔(3年)が先制ヘッド
 令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)新潟県予選準決勝が1日に行われ、12年ぶりの全国出場を目指す北越高が前回大会優勝の新潟明訓高に3-1で勝利。北越は決勝も勝って全国大会出場を決めた。
●【特設】高校総体2019

新潟代表・北越の注目プレーヤー、快足右SB藤吉主将(5枚)

右SB藤吉玲依主将(3年)は全国大会でもトップレベルのSB
 令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)新潟県予選準決勝が1日に行われ、12年ぶりの全国出場を目指す北越高が前回大会優勝の新潟明訓高に3-1で勝利。北越は決勝も勝って全国大会出場を決めた。
●【特設】高校総体2019

新潟明訓は前半の3失点で敗退、連覇ならず(19枚)

CB薗部太郎(3年)はFWとしてもプレー
 令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)新潟県予選準決勝が1日に行われ、12年ぶりの全国出場を目指す北越高が前回大会優勝の新潟明訓高に3-1で勝利。北越は決勝も勝って全国大会出場を決めた。
●【特設】高校総体2019

柏vs金沢 スタメン発表

[7.20 J2第23節](三協F柏)
※19:00開始
主審:谷本涼
副審:西橋勲、塚田健太
<出場メンバー>
[柏レイソル]
先発
GK 23 中村航輔
DF 13 小池龍太
DF 15 染谷悠太
DF 3 田上大地
DF 4 古賀太陽
MF 7 大谷秀和
MF 9 クリスティアーノ
MF 27 三原雅俊
MF 10 江坂任
FW 18 瀬川祐輔
FW 26 オルンガ
控え
GK 1 桐畑和繁
DF 20 上島拓巳
MF 17 手塚康平
MF 25 田中陸
MF 5 小林祐介
FW 22 マテウス・サヴィオ
FW 31 ジュニオール・サントス
監督
ネルシーニョ

[ツエーゲン金沢]
先発
GK 23 白井裕人
DF 24 長谷川巧
DF 27 廣井友信
DF 2 山本義道
DF 45 沼田圭悟
MF 14 金子昌広
MF 6 大橋尚志
MF 8 藤村慶太
MF 17 加藤大樹
FW 10 垣田裕暉
FW 30 山根永遠
控え
GK 1 後藤雅明
DF 25 小島雅也
DF 4 石尾崚雅
MF 13 大石竜平
MF 18 窪田稜
MF 32 島津頼盛
FW 22 クルーニー
監督
柳下正明

●[J2]第23節1日目 スコア速報

東京Vvs愛媛 スタメン発表

[7.20 J2第23節](味スタ)
※19:00開始
主審:清水勇人
副審:小椋剛、秋澤昌治
<出場メンバー>
[東京ヴェルディ]
先発
GK 21 上福元直人
DF 19 小池純輝
DF 17 李栄直
DF 5 平智広
DF 22 永田拓也
MF 6 井上潮音
MF 4 藤本寛也
MF 7 渡辺皓太
FW 33 河野広貴
FW 10 レアンドロ
FW 38 梶川諒太
控え
GK 1 柴崎貴広
MF 14 澤井直人
MF 16 森田晃樹
MF 20 山本理仁
MF 24 奈良輪雄太
MF 8 内田達也
FW 11 林陵平
監督
永井秀樹

[愛媛FC]
先発
GK 1 岡本昌弘
DF 2 山崎浩介
DF 50 ユトリッチ
DF 5 前野貴徳
MF 8 長沼洋一
MF 16 田中裕人
MF 6 野澤英之
MF 39 下川陽太
FW 14 吉田眞紀人
FW 19 藤本佳希
FW 7 近藤貴司
控え
GK 22 原裕太郎
DF 4 西岡大輝
MF 33 山瀬功治
FW 10 神谷優太
FW 15 丹羽詩温
FW 18 西田剛
FW 9 有田光希
監督
川井健太

●[J2]第23節1日目 スコア速報

アディダススパイクにネオンカラーをあしらった新色「HARDWIRED PACK」が登場!

アディダススパイクの新色「HARDWIRED PACK」
 アディダスは20日、フットボールスパイクの新たなカラーコレクション「HARDWIRED PACK(ハードワイヤードパック)」を発表した。4シリーズともアッパーのベースカラーに鮮やかなネオンカラーが採用されているのが特徴。


 しなやかなレザータッチを求めるプレーヤー向けの『COPA(コパ)』はカンガルーレザーとニットをシームレスに融合したフュージョンスキンテクノロジーによる抜群のフィット感が特長のスパイク。


 ボールコントロールを重視するプレーヤー向けの『PREDEATOR(プレデター)』はニットアッパーに凸凹フィン加工を搭載したコントロールスキンアッパーによるボールコントロール性能と柔らかなフィット性が特長。


 縦へのスピードにこだわるプレーヤー向けの『X(エックス)』は軽量なメッシュアッパーを使用し軽量スプリントフレームアウトソールが組み合わさることでスピードにフォーカスしたスパイク。


 アジリティを武器にするプレーヤー向けの『NEMEZIZ(ネメシス)』は高伸縮なテンションテープをアッパーに取り入れたことで抜群のホールド力を発揮しプレーヤーの敏捷性をサポートするのが特長のスパイク。上記4シリーズがラインナップされている。

 新色「HARDWIRED PACK」のスパイクは7月31日(水)より全国のアディダス取扱店舗にて一般発売される。
★ADIDAS HARDWIRED PACKの詳細はこちら

スルーパス、キックでチャンスメークした新潟明訓の10番MF田中&左SB渡邊(6枚)

スルーパスなどでチャンスメークしたMF田中想人(3年)
 令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)新潟県予選準決勝が1日に行われ、12年ぶりの全国出場を目指す北越高が前回大会優勝の新潟明訓高に3-1で勝利。北越は決勝も勝って全国大会出場を決めた。
●【特設】高校総体2019

岩手vs群馬 試合記録

【J3第17節】(いわスタ)
岩手 2-2(前半2-0)群馬


<得点者>
[岩]福田友也(19分)、米原祐(28分)
[群]高澤優也(68分)、青木翔大(88分)

<警告>
[岩]福田友也(21分)、吉田直矢(76分)
[群]佐藤祥(46分)、飯野七聖(90分+5)

観衆:1,308人
主審:田中玲匡
副審:阿部将茂、池田一洋

<出場メンバー>
[いわてグルージャ盛岡]
先発
GK 1 土井康平
DF 3 福田友也
DF 4 米原祐
DF 22 深井脩平
MF 23 太田賢吾
MF 5 石井圭太
MF 20 江頭一輝
MF 7 麦倉捺木
(70分→MF 19 吉田直矢)
FW 17 廣田隆治
(79分→FW 13 梅内和磨)
FW 18 宮市剛
FW 10 谷口海斗
(70分→FW 16 平川元樹)
控え
GK 21 射庭康太朗
MF 8 菅本岳
FW 11 薮内健人
FW 9 菊池将太
監督
菊池利三

[ザスパクサツ群馬]
先発
GK 23 吉田舜
DF 19 吉田将也
DF 2 舩津徹也
DF 32 渡辺広大
DF 24 光永祐也
(57分→DF 22 飯野七聖)
MF 6 佐藤祥
MF 8 窪田良
(81分→MF 14 田中稔也)
MF 7 加藤潤也
MF 50 坂井大将
(57分→FW 9 岡田翔平)
FW 10 青木翔大
FW 17 高澤優也
控え
GK 21 キム・チョルホ
DF 28 福田俊介
DF 5 青木翼
MF 15 金城ジャスティン俊樹
監督
布啓一郎

山口vs新潟 スタメン発表

[7.20 J2第23節](みらスタ)
※19:00開始
主審:池内明彦
副審:村井良輔、金井清一
<出場メンバー>
[レノファ山口FC]
先発
GK 17 吉満大介
DF 6 前貴之
DF 13 楠本卓海
DF 49 菊池流帆
DF 26 川井歩
MF 18 高木大輔
MF 29 三幸秀稔
MF 14 吉濱遼平
MF 4 高井和馬
FW 24 山下敬大
FW 38 宮代大聖
控え
GK 50 廣末陸
DF 15 ドストン
DF 16 瀬川和樹
MF 40 小野原和哉
MF 5 佐藤健太郎
MF 8 佐々木匠
FW 19 工藤壮人
監督
霜田正浩

[アルビレックス新潟]
先発
GK 1 大谷幸輝
DF 32 新井直人
DF 35 岡本將成
DF 4 大武峻
DF 15 渡邊泰基
MF 6 戸嶋祥郎
MF 17 カウエ
MF 13 フランシス
MF 33 高木善朗
MF 11 渡邉新太
FW 9 レオナルド
控え
GK 30 田口潤人
DF 2 広瀬健太
MF 10 加藤大
MF 18 渡邊凌磨
MF 20 本間至恩
FW 19 矢野貴章
FW 38 チョ・ヨンチョル
監督
吉永一明

●[J2]第23節1日目 スコア速報

鹿児島vs岐阜 スタメン発表

[7.20 J2第23節](白波スタ)
※19:00開始
主審:吉田哲朗
副審:岡野宇広、桜井大介
<出場メンバー>
[鹿児島ユナイテッドFC]
先発
GK 13 アン・ジュンス
DF 14 西岡謙太
DF 7 赤尾公
DF 23 水本勝成
DF 24 砂森和也
MF 38 中原秀人
MF 40 野嶽寛也
MF 11 五領淳樹
MF 20 酒本憲幸
MF 16 枝本雄一郎
FW 28 韓勇太
控え
GK 1 山岡哲也
DF 19 堤俊輔
DF 26 田中奏一
MF 4 平川怜
FW 10 米澤令衣
FW 30 萱沼優聖
FW 9 薗田卓馬
監督
金鍾成

[FC岐阜]
先発
GK 43 ヤン・オレ・ジーバース
DF 17 藤谷匠
DF 2 阿部正紀
DF 3 竹田忠嗣
DF 4 甲斐健太郎
MF 9 山岸祐也
MF 31 宮本航汰
MF 38 塚川孝輝
MF 5 川西翔太
FW 10 ライアン・デ・フリース
FW 11 前田遼一
控え
GK 21 原田祐輔
DF 36 タビナス・ジェファーソン
MF 14 風間宏矢
MF 28 永島悠史
MF 37 市丸瑞希
MF 8 フレデリック
FW 33 ミシャエル
監督
北野誠

●[J2]第23節1日目 スコア速報

京都vs大宮 スタメン発表

[7.20 J2第23節](西京極)
※19:00開始
主審:上田益也
副審:清水崇之、渡辺康太
<出場メンバー>
[京都サンガF.C.]
先発
GK 1 加藤順大
DF 5 黒木恭平
DF 6 本多勇喜
DF 16 安藤淳
DF 30 石櫃洋祐
MF 10 庄司悦大
MF 14 仙頭啓矢
MF 22 小屋松知哉
MF 31 福岡慎平
MF 41 金久保順
FW 23 一美和成
控え
GK 21 清水圭介
DF 28 冨田康平
DF 3 宮城雅史
MF 50 藤本淳吾
MF 8 重廣卓也
FW 13 宮吉拓実
FW 19 大野耀平
監督
中田一三

[大宮アルディージャ]
先発
GK 32 加藤有輝
DF 2 菊地光将
DF 6 河面旺成
MF 26 小島幹敏
MF 8 茨田陽生
MF 5 石川俊輝
MF 15 大山啓輔
MF 33 奥抜侃志
MF 11 ダヴィッド・バブンスキー
FW 36 吉永昇偉
FW 22 フアンマ・デルガド
控え
GK 21 塩田仁史
DF 3 河本裕之
MF 18 イッペイ・シノヅカ
MF 39 嶋田慎太郎
FW 10 大前元紀
FW 28 富山貴光
FW 9 ロビン・シモヴィッチ
監督
高木琢也

●[J2]第23節1日目 スコア速報

攻守で全国レベルの力示した新潟明訓MF高橋一誠(5枚)

MF高橋一誠主将(3年)が中盤を強引に突破する
 令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)新潟県予選準決勝が1日に行われ、12年ぶりの全国出場を目指す北越高が前回大会優勝の新潟明訓高に3-1で勝利。北越は決勝も勝って全国大会出場を決めた。
●【特設】高校総体2019

C大阪vs仙台 スタメン発表

[7.20 J1第20節](ヤンマー)
※19:00開始
主審:笠原寛貴
副審:馬場規、今岡洋二
<出場メンバー>
[セレッソ大阪]
先発
GK 21 キム・ジンヒョン
DF 2 松田陸
DF 14 丸橋祐介
DF 15 瀬古歩夢
DF 22 マテイ・ヨニッチ
MF 3 木本恭生
MF 5 藤田直之
MF 7 水沼宏太
MF 10 清武弘嗣
FW 20 ブルーノ・メンデス
FW 25 奥埜博亮
控え
GK 1 圍謙太朗
DF 16 片山瑛一
DF 23 山下達也
MF 32 田中亜土夢
MF 6 レアンドロ・デサバト
FW 13 高木俊幸
FW 34 山田寛人
監督
ロティーナ

[ベガルタ仙台]
先発
GK 24 ヤクブ・スウォビィク
DF 4 蜂須賀孝治
DF 23 シマオ・マテ
DF 13 平岡康裕
DF 2 永戸勝也
MF 17 富田晋伍
MF 8 松下佳貴
MF 18 道渕諒平
MF 7 関口訓充
FW 11 石原直樹
FW 9 ハモン・ロペス
控え
GK 22 川浪吾郎
DF 39 金正也
MF 14 石原崇兆
MF 3 飯尾竜太朗
MF 5 椎橋慧也
MF 6 兵藤慎剛
FW 29 ジオゴ・アコスタ
監督
渡邉晋

●[J1]第20節 スコア速報

磐田vs浦和 スタメン発表

[7.20 J1第20節](エコパ)
※19:00開始
主審:福島孝一郎
副審:中井恒、数原武志
<出場メンバー>
[ジュビロ磐田]
先発
GK 21 カミンスキー
DF 3 大井健太郎
DF 4 新里亮
DF 24 小川大貴
DF 41 高橋祥平
MF 7 田口泰士
MF 14 松本昌也
MF 17 森谷賢太郎
MF 30 上原力也
FW 22 大久保嘉人
FW 32 中山仁斗
控え
GK 36 三浦龍輝
DF 25 大南拓磨
MF 15 アダイウトン
MF 19 山田大記
MF 23 山本康裕
MF 27 荒木大吾
MF 8 ムサエフ
監督
鈴木秀人

[浦和レッズ]
先発
GK 1 西川周作
DF 27 橋岡大樹
DF 31 岩波拓也
DF 2 マウリシオ
DF 5 槙野智章
MF 7 長澤和輝
MF 29 柴戸海
MF 16 青木拓矢
FW 30 興梠慎三
FW 9 武藤雄樹
FW 41 関根貴大
控え
GK 25 福島春樹
MF 10 柏木陽介
MF 18 山田直輝
MF 22 阿部勇樹
MF 46 森脇良太
FW 12 ファブリシオ
FW 24 汰木康也
監督
大槻毅

●[J1]第20節 スコア速報

夏でも冬服で汗ダラダラの韓国・光州FC指揮官…彼を救う方法は1つだけ?

光州FCのパク・ジンソプ監督(クラブ公式インスタグラムより)
 Kリーグチャレンジ(韓国2部)開幕無敗で首位を独走する光州FCにおいて、指揮官のファッションが注目を集めている。

 チームを率いるのは、元韓国代表DFのパク・ジンソプ監督。クラブ公式サイトや韓国メディアによると、2018年に就任した指揮官は今季リーグ開幕戦の勝利後、「負けるまで(勝ち運の宿った)冬のスーツを脱がない」と公言したという。

 パク監督のスタイルは現地でも連日話題となっているようだ。3月から蒸し暑い今の時期までワイシャツにニットを重ね、その上からジャケットを着用。下着や靴下まで同じタイプのものを着続けている。

 韓国のサッカーファンはパク監督の冬用スーツを「魔法の鎧」と呼んでおり、多くのチームが脱がそうと挑戦したが、ことごとく失敗に終わった。光州FCは第19節終了時点でリーグ新記録の開幕19試合連続無敗中(13勝6分)。2位に7ポイント差をつけて首位を快走している。

 汗を流しながら指揮を執り続けるパク監督は「暑さは何の関係もない」と、まだまだ記録を止めるつもりはない。第20節は20日に行われ、アウェーで3位のFC安養と対戦する。

 韓国『朝鮮日報』は試合を前に、FC安養のファンの声を紹介。「パク・ジンソプ監督を生かさなければならない」と敵将を“救う”ため、必勝を誓っているようだ。

新潟明訓は失点直後にCB竹内が同点ヘッド(4枚)

前半12分、CB竹内豊(2年)が同点ヘッド
 令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)新潟県予選準決勝が1日に行われ、12年ぶりの全国出場を目指す北越高が前回大会優勝の新潟明訓高に3-1で勝利。北越は決勝も勝って全国大会出場を決めた。
●【特設】高校総体2019

清水vsFC東京 スタメン発表

[7.20 J1第20節](アイスタ)
※19:00開始
主審:高山啓義
副審:唐紙学志、熊谷幸剛
<出場メンバー>
[清水エスパルス]
先発
GK 1 西部洋平
DF 18 エウシーニョ
DF 2 立田悠悟
DF 26 二見宏志
DF 25 松原后
MF 22 ヘナト・アウグスト
MF 6 竹内涼
MF 17 河井陽介
MF 16 西澤健太
FW 23 北川航也
FW 49 ドウグラス
控え
GK 21 高木和徹
DF 27 飯田貴敬
DF 3 ファン・ソッコ
MF 30 金子翔太
MF 34 滝裕太
MF 7 六平光成
FW 20 中村慶太
監督
篠田善之

[FC東京]
先発
GK 33 林彰洋
DF 2 室屋成
DF 32 渡辺剛
DF 3 森重真人
DF 25 小川諒也
MF 39 大森晃太郎
MF 8 高萩洋次郎
MF 18 橋本拳人
MF 10 東慶悟
FW 9 ディエゴ・オリヴェイラ
FW 11 永井謙佑
控え
GK 1 児玉剛
DF 14 オ・ジェソク
DF 29 岡崎慎
MF 28 内田宅哉
MF 45 アルトゥール・シルバ
MF 7 三田啓貴
FW 16 ジャエル
監督
長谷川健太

●[J1]第20節 スコア速報

鹿島vs鳥栖 スタメン発表

鹿島vs鳥栖 スタメン発表
[7.20 J1第20節](カシマ)
※18:30開始
主審:家本政明
副審:越智新次、西村幹也
<出場メンバー>
[鹿島アントラーズ]
先発
GK 21 曽ヶ端準
DF 6 永木亮太
DF 39 犬飼智也
DF 28 町田浩樹
DF 26 小池裕太
MF 20 三竿健斗
MF 30 名古新太郎
MF 11 レアンドロ
MF 41 白崎凌兵
FW 18 セルジーニョ
FW 15 伊藤翔
控え
GK 29 川俣慎一郎
DF 23 小田逸稀
DF 27 ブエノ
MF 17 平戸太貴
MF 25 遠藤康
FW 14 金森健志
FW 19 山口一真
監督
大岩剛

[サガン鳥栖]
先発
GK 18 高丘陽平
DF 22 原輝綺
DF 15 パク・ジョンス
DF 3 高橋祐治
MF 6 福田晃斗
MF 41 松岡大起
MF 4 原川力
MF 2 三丸拡
FW 44 金崎夢生
FW 11 豊田陽平
FW 7 イサック・クエンカ
控え
GK 1 大久保択生
DF 13 小林祐三
MF 14 高橋義希
MF 24 安在和樹
MF 25 安庸佑
MF 36 高橋秀人
FW 9 フェルナンド・トーレス
監督
金明輝

●[J1]第20節 スコア速報

名古屋vsG大阪 スタメン発表

名古屋vsG大阪 スタメン発表
[7.20 J1第20節](豊田ス)
※18:00開始
主審:荒木友輔
副審:八木あかね、権田智久
<出場メンバー>
[名古屋グランパス]
先発
GK 1 ランゲラック
DF 34 藤井陽也
DF 20 中谷進之介
DF 36 太田宏介
MF 6 宮原和也
MF 21 エドゥアルド・ネット
MF 8 ジョアン・シミッチ
MF 23 吉田豊
FW 25 前田直輝
FW 7 ジョー
FW 29 和泉竜司
控え
GK 16 武田洋平
DF 31 金井貢史
MF 4 小林裕紀
MF 9 長谷川アーリアジャスール
FW 10 ガブリエル・シャビエル
FW 27 相馬勇紀
FW 32 赤崎秀平
監督
風間八宏

[ガンバ大阪]
先発
GK 1 東口順昭
DF 13 菅沼駿哉
DF 19 金英權
DF 27 高尾瑠
MF 7 遠藤保仁
MF 10 倉田秋
MF 21 矢島慎也
MF 34 福田湧矢
FW 9 アデミウソン
FW 33 宇佐美貴史
FW 38 中村敬斗
控え
GK 23 林瑞輝
DF 30 青山直晃
MF 28 高宇洋
MF 29 高江麗央
MF 8 小野瀬康介
FW 39 渡邉千真
FW 40 食野亮太郎
監督
宮本恒靖

●[J1]第20節 スコア速報

長崎vs甲府 スタメン発表

[7.20 J2第23節](トラスタ)
※18:00開始
主審:西山貴生
副審:福岡靖人、日比野真
<出場メンバー>
[V・ファーレン長崎]
先発
GK 30 徳重健太
DF 13 亀川諒史
DF 26 イ・サンミン
DF 4 高杉亮太
DF 2 香川勇気
MF 20 大竹洋平
MF 40 カイオ・セザール
MF 15 島田譲
MF 16 吉岡雅和
FW 11 玉田圭司
FW 33 呉屋大翔
控え
GK 21 富澤雅也
DF 22 徳永悠平
MF 19 澤田崇
MF 28 翁長聖
MF 27 新里涼
FW 17 長谷川悠
FW 32 ビクトル・イバルボ
監督
手倉森誠

[ヴァンフォーレ甲府]
先発
GK 1 河田晃兵
DF 3 小柳達司
DF 22 小出悠太
DF 6 エデル・リマ
MF 41 武岡優斗
MF 8 新井涼平
MF 26 佐藤和弘
MF 39 内田健太
FW 11 曽根田穣
FW 9 ピーター・ウタカ
FW 10 ドゥドゥ
控え
GK 31 岡西宏祐
DF 34 今津佑太
DF 4 山本英臣
MF 14 横谷繁
MF 40 小椋祥平
FW 18 佐藤洸一
FW 19 宮崎純真
監督
伊藤彰

●[J2]第23節1日目 スコア速報

北九州vs八戸 スタメン発表

[7.20 J3第17節](ミクスタ)
※18:00開始
主審:堀格郎
副審:村田裕介、角田裕之
<出場メンバー>
[ギラヴァンツ北九州]
先発
GK 13 高橋拓也
DF 2 新井博人
DF 5 寺岡真弘
DF 6 岡村和哉
DF 15 野口航
MF 4 川上竜
MF 14 新垣貴之
MF 22 藤原奏哉
MF 25 國分伸太郎
FW 9 ディサロ燦シルヴァーノ
FW 11 池元友樹
控え
GK 21 後藤大輝
DF 20 河野貴志
DF 3 福森健太
MF 17 加藤弘堅
MF 7 茂平
MF 8 内藤洋平
FW 16 佐藤颯汰
監督
小林伸二

[ヴァンラーレ八戸]
先発
GK 1 山田賢二
DF 16 小牧成亘
DF 39 近石哲平
DF 22 穂積諒
MF 27 國分将
MF 4 前田柊
MF 10 新井山祥智
MF 33 佐藤和樹
MF 7 中村太一
MF 20 三田尚希
FW 18 谷尾昂也
控え
GK 31 花田力
MF 24 貫名航世
MF 25 宮崎泰右
MF 5 酒井大登
FW 9 上形洋介
監督
大石篤人

●[J3]第17節2日目 スコア速報

秋田vs鳥取 スタメン発表

[7.20 J3第17節](ソユスタ)
※18:00開始
主審:松澤慶和
副審:淺田武士、船橋昭次
<出場メンバー>
[ブラウブリッツ秋田]
先発
GK 21 松本拓也
DF 5 千田海人
DF 24 山田尚幸
DF 2 尾本敬
MF 20 青島拓馬
MF 15 江口直生
MF 26 垣根拓也
MF 29 夛田凌輔
FW 16 藤沼拓夢
FW 18 北脇健慈
FW 8 和田昌士
控え
GK 1 渡辺泰広
DF 17 韓浩康
DF 31 田中雄大
MF 22 沖野将基
MF 39 小谷光毅
MF 7 前山恭平
FW 9 中村亮太
監督
間瀬秀一

[ガイナーレ鳥取]
先発
GK 21 井上亮太
DF 15 上松瑛
DF 4 井上黎生人
DF 2 石井光輝
MF 41 魚里直哉
MF 8 三沢直人
MF 20 大屋翼
MF 7 可児壮隆
MF 27 福村貴幸
FW 13 林誠道
FW 10 フェルナンジーニョ
控え
GK 29 市川暉記
DF 26 世瀬啓人
DF 3 アドリエル
DF 37 内山裕貴
MF 16 星野有亮
FW 39 鈴木国友
FW 9 ユリ
監督
高木理己

●[J3]第17節2日目 スコア速報

神戸vs横浜FM スタメン発表

[7.20 J1第20節](ノエスタ)
※18:00開始
主審:今村義朗
副審:大川直也、武部陽介
<出場メンバー>
[ヴィッセル神戸]
先発
GK 1 前川黛也
DF 22 西大伍
DF 25 大崎玲央
DF 15 宮大樹
DF 19 初瀬亮
MF 5 山口蛍
MF 8 アンドレス・イニエスタ
MF 35 安井拓也
MF 16 古橋亨梧
FW 7 ダビド・ビジャ
FW 17 ウェリントン
控え
GK 29 荻晃太
DF 3 渡部博文
DF 34 藤谷壮
MF 27 郷家友太
MF 6 セルジ・サンペール
FW 13 小川慶治朗
FW 21 田中順也
監督
トルステン・フィンク

[横浜F・マリノス]
先発
GK 1 朴一圭
DF 18 広瀬陸斗
DF 13 チアゴ・マルチンス
DF 44 畠中槙之輔
DF 5 ティーラトン
MF 6 扇原貴宏
MF 8 喜田拓也
MF 9 マルコス・ジュニオール
FW 23 仲川輝人
FW 30 エジガル・ジュニオ
FW 11 遠藤渓太
控え
GK 21 飯倉大樹
DF 15 伊藤槙人
DF 33 和田拓也
MF 14 山田康太
MF 41 三好康児
MF 7 大津祐樹
FW 20 李忠成
監督
アンジェ・ポステコグルー

●[J1]第20節 スコア速報

千葉vs福岡 スタメン発表

千葉vs福岡 スタメン発表
[7.20 J2第23節](フクアリ)
※18:00開始
主審:柿沼亨
副審:穴井千雅、若槻直輝
<出場メンバー>
[ジェフユナイテッド千葉]
先発
GK 1 鈴木椋大
DF 2 ゲリア
DF 16 鳥海晃司
DF 5 増嶋竜也
DF 49 下平匠
MF 8 堀米勇輝
MF 20 矢田旭
MF 18 熊谷アンドリュー
MF 13 為田大貴
FW 10 船山貴之
FW 9 クレーベ
控え
GK 23 佐藤優也
DF 33 安田理大
DF 4 エベルト
MF 14 小島秀仁
MF 39 見木友哉
FW 11 佐藤寿人
FW 21 アラン・ピニェイロ
監督
江尻篤彦

[アビスパ福岡]
先発
GK 1 セランテス
DF 3 石原広教
DF 5 實藤友紀
DF 36 菊地直哉
DF 39 篠原弘次郎
MF 6 ウォン・ドゥジェ
MF 17 松田力
MF 19 田邉草民
MF 26 喜田陽
FW 13 木戸皓貴
FW 15 森本貴幸
控え
GK 31 山ノ井拓己
DF 22 輪湖直樹
DF 29 吉本一謙
MF 14 前川大河
MF 25 北島祐二
FW 21 村田和哉
FW 9 ヤン・ドンヒョン
監督
久藤清一

●[J2]第23節1日目 スコア速報

横浜FCvs栃木 スタメン発表

横浜FCvs栃木 スタメン発表
[7.20 J2第23節](ニッパツ)
※18:00開始
主審:三上正一郎
副審:櫻井大輔、田島宏則
<出場メンバー>
[横浜FC]
先発
GK 18 南雄太
DF 14 北爪健吾
DF 33 川崎裕大
DF 20 カルフィン・ヨン・ア・ピン
DF 17 武田英二郎
MF 22 松井大輔
MF 5 田代真一
MF 40 レアンドロ・ドミンゲス
FW 9 戸島章
FW 16 皆川佑介
FW 23 斉藤光毅
控え
GK 36 辻周吾
DF 2 藤井悠太
DF 26 袴田裕太郎
MF 27 中山克広
MF 7 松浦拓弥
MF 8 佐藤謙介
FW 13 瀬沼優司
監督
下平隆宏

[栃木SC]
先発
GK 50 ユ・ヒョン
DF 7 菅和範
DF 4 藤原広太朗
DF 15 森下怜哉
MF 37 浜下瑛
MF 26 枝村匠馬
MF 31 三宅海斗
MF 16 榊翔太
FW 21 大崎淳矢
FW 47 キム・ヒョン
FW 19 大島康樹
控え
GK 23 川田修平
DF 18 坂田良太
DF 27 久富良輔
MF 10 西谷和希
MF 11 平岡翼
MF 32 荒井秀賀
FW 9 大黒将志
監督
田坂和昭

●[J2]第23節1日目 スコア速報